広告
Singin' in the Rain ミディアム3  #18

ミディアム3  #18

心霊相談室

LAに住むアリソンの弟マイケルは失業中の為ちょっとした娯楽兼小遣い稼ぎ。
電話での「心霊相談室」を開いていた。
ある日そのお得意様の一人、ターニャ・キングが電話してきた。
パリ旅行から戻ったら、夫のグレゴリーが死んでおり、犯人を捜して欲しいというのだ。

この殺人事件の捜査に関わることになったアリソンはマイケルに連絡を取る。
姉弟であること、霊能力があることは、知られないようにと念を押す。
すると早朝、マイケルがデュボア家を訪ねてくる。
キング夫人が旅費・滞在費を一切払ってくれるということになったのだ。
さらにホテル代、レンタカー代を浮かすためアリソンにお世話になろうというちゃっかりぶり。

二人でキング家に向かい殺害現場を検証する。
やり手セールスマンだったキング家は裕福そうで、息子ウェスリーはマイケルを
胡散くさそうに見ていた。

そこでアリソンはキング氏がソファで若い女といちゃついているヴィジョンを見てしまう。
一方マイケルは洗面所でキング氏そのもの(の霊)とご対面。
マイケルはキング氏から犯人の特徴を聞いて姉に報告する。

マイケルが言った情報でヘンリー・アロンゾという男が浮かび上がる。
彼は麻薬常習者であり住居侵入の前科もあった。
アロンゾはキング氏の家のダイヤを持っており、質屋に入れようとしたため決定的になる。
お手柄にマイケルもアリソンも心から喜ぶ・・・。

ところがアリソンが次に見た夢は様子が違った。
ソファで乗り気だった女は、飾ってある写真を見て血相を変える。
そしてキング氏を罵りながらナイフをかざす・・・。

マイケルはウェスリーに会いに行き、父親からのメッセージを伝える。
半信半疑だったウェスリーも、当事者しか知らない話をされ、神妙に受け取る。

アロンゾを取り調べると、宝石はある男がゴミ箱に捨てにきたのだという。
腑に落ちないアリソンがマイケルに夢で見た女の話をすると、マイケルは憤慨する。
霊能力に自信があるマイケルは、アリソンが自分に嫉妬しているのだと・・・

ところがマイケルはウェスリーの婚約者だと紹介されたモニカを見て驚く。
アリソンが夢で見た、キング氏の浮気相手だったのだ。

するとまたキング氏が現れる。
セールスで人々を説得し成功してきた自分だが、息子だけは聞かなかったと。
あの女に騙されている・・・と言っても息子は信じず、逆に女の「お父さんに誘惑された」
という言葉を鵜呑みにし、強盗に見せかけ殺したこと・・・
頼りないと思っていた息子が、偽装工作を見事にやってのけたこと・・・

そしてキング氏はマイケルにセールスマンらしく巧みに話を持ちかけてきた。
内緒にしてくれたらスペインにある隠し口座の34万9千ドルを渡すというのだ。
今のマイケルにその大金は喉から手が出るほど欲しいはず。
しかしマイケルは・・・




決して出来がいいとは言えないマイケル。だけど憎めない真っ当な人間です。
ジョーは以前からのアルコール依存を知っていてマイケルが気に食わない。
だけど今回はお金をもらってるとあって、酒も絶って堂々と霊と向き合ってましたね・・・。

グレゴリー・キング役のクリストファー・マクドナルドはベテラン俳優。
たくさんの映画・ドラマに出てますが、今回もいい味を出してました。
いい人なのか悪い人なのか微妙な風貌がいいですね?♪

息子に殺されるなんて、こんな悲劇ってないのに、そこはさら?っと受け止め?
自分が息子に対し厳しくしすぎたこと、よって愛情が伝わってなかったこと、
子育ての反省・・・を今更ながらマイケルを通して謝ったりしてユニークでした。
そこはね・・・湿っぽくしないのがこのドラマのいいところ。
それにしても霊能者を通して言い残したことを伝えたい人も多いことでしょうね!

息子はアホですよね・・・。悪い女に引っかかって、女の言葉を真に受けて。
まさに親の心子知らず。 傷害致死で5年で出てこられるだろう・・・なんて、
どこまでも親ばかというか前向きなお父さんでした。
殺されておきながらもわが子を心配してるんですもんね。
そもそもマイケルに嘘をふきこんでうまく操ったのもそのためなんですが。

マイケルもお姉ちゃんにいいところ見せたくて、お手柄だ!って喜んだんでしょうけど
結果的に自分が間違っていたことになり、悔しかったはず・・・
それでも無実の人に罪を負わせたり、買収されるようなことは避けたんだから
立派ですね。
最後はアリソンと家族のつながりを確認したような場面で終わってよかったです。


もうひとつの話として・・・。
ジョーの車の窓ガラスが割られる事件!
「誰がこんなイジワルするのぉ??」
と、憤っていたブリジットが夢で犯人を見ちゃうんですね。

それはブリジットの算数の先生、ミセス・ウバシャイアーだった!(すごい名前・・・)
確信を持っているブリジーは教室で先生を目の前にして言っちゃう。
当然校長先生に親が呼び出され大目玉。無理やり謝らされる。

ところがジョーは、ウバシャイアー先生がデュボア家と同じ車に乗っていること、
近所に先生の義理の妹が住んでいること・・・を知る。
弟宅に食事に来た先生は、薄暗い通りで車を間違ったんですね。
鍵が開かないっていうんで窓ガラスを割った!?
せっかちで乱暴すぎやしませんかねぇ??(苦笑)こんな先生いないでしょう・・・

ジョーはとりあえず誠意を見せるなら警察沙汰にはしない・・・という寛容さを見せたけど
あのまま教師としてのこったのでしょうか?
嫌だなぁ?人間的に問題ありですもん。
本当にこの学校、ろくな先生がいませんやん!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: