広告
Singin' in the Rain 「We Love!ライオンキング」 (9)

「We Love!ライオンキング」 (9)

ナラが語る王妃の品格

シンバのかけがえのない幼馴染みがナラです。(以下、ナラ役、熊本亜紀さん)

スカーによって滅ぼされた国を救おうとする勇敢なメスライオンです。
芯が強くて、こうと決めたら突っ走るというか、やっぱり一人で群れを離れていくわけですから
命がけで旅立つんですけど、その覚悟というのはすごいと思いますね。

Q. シンバとの関係は?

子どもの頃は、遊び仲間という感じでしたが 大人になってからの再会で
生きているとわかった瞬間に“国を救う同志”という感覚に変わりますね。
この関係は子どもの頃とは全然違う関係だと思います。

Q. 注目して欲しいシーンは?

「シャドウランド」という旅立ちの歌を歌うんですけど、
ふるさとが滅んでしまったわけですから悲しさと、でもやっぱり悲しんでばかりはいられない
という強さ、定めみたいなものをを感じながら、旅立っていきますね。

ラフィキにおまじないをかけてもらうんですが、
あそこは実際に自分に何かが降りてくる感じで
ストーリー的にもうすごく大切なシーンで、見所でもありますね。

たくさん愛のつまった作品です。愛する人とぜひ、観に来てください!


熊本さん、丸みのあるボブヘアで、茶色の透けブラウス。相変わらず細い!
声がかなーり低いですね。
ラフィキにおまじないをかけてもらうシーン、自分ではぼ?っと観てました・・・。
見所だったー!!(笑)

いや、確かにその後のナラの歌の盛り上がりは見せ場ですよね。
今度はもっと神聖な気持ち?で観ようと思います。
旅の無事を祈ってのおまじないだったんでしょうけど、シンバと出会えたのもラフィキのお祈り
のおかげかもしれませんねー。

さ?て、飯村シンバとのコンビではどんな感じでしょうか??
飯村さんはシンバデビューしてから、織田・江畑・上田・田村ナラ・・と組まれたようでようですが
熊本さんとは初めてですよね。
というか、福岡公演は初めてなんだから、月曜はしっかり稽古されたのかな??
博多弁にも馴染んでもらわんと、笑っちゃうんじゃなかぁ????(笑)

飯村さんは、楽しい思い出いっぱいの、この前の「夢から醒めた夢」にメソで出ていらして
すごく印象はいいのでがんばって欲しいです♪
何にしても楽しみですわ?。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: