広告
Singin' in the Rain グレイズ・アナトミー3 #2
FC2ブログ

グレイズ・アナトミー3 #2

衝動は嵐のように

クリスティーナバークに下着姿で乗っかっているところをバークの両親に見られる。
バークの母は手強い相手でクリスティーナに「ベイリーのことをナチと呼ぶな。」
「結婚したら仕事を減らせ。」・・などとうるさく干渉してくる。
それもそのはず、彼女にとってプレストンは世界一の自慢の息子なのだ。

進行性肺ガンのため入院していたシーベリー。
生真面目に禁欲的に生きてきたというのに病気の事実を受け止められず、自暴自棄に・・・。
「やりたいことをやるんだ・・。」と押さえつけていたものを解放し、ケーキや酒をドカ食い。
さらにはお互いフリーだというアレックスをトイレに誘う・・・。
おかげで生きる意欲が沸いたシーベリーは手術を受け病気を治す決心をする。

ベンジャミンは脳の腫瘍のせいで思ったことをすべて口にしてしまう。
おかげで周りはズバリと言い当てられることもあり苦笑い。
デレクの手術で性格も元に戻るかと思われたが、病状が思ったより悪く亡くなってしまう。

ハーリー・フェルナンデスは丸太が体に突き刺さったまま運ばれてきた。
内臓の損傷が激しく彼の生存は難しいかに思われていた。
彼の父親は「自分がもっと押さえつけて無茶をさせなければ・・・。」
と後悔していることをベイリーに話す。
それを聞きながら自分のことを振り返るベイリー・・・。

イジーはマフィン作りに没頭していた。
他にすることもなく、作っていれば何も考えずにすむのでやめられない。
あり余るマフィンはジョーの店に差し入れに持っていく。
友人が代わる代わる心配して様子を見に来てくれる生活だった。
そこへベイリーが訪ねてくる。
「自分はたるんでいた。自分にも責任がある。戻ってきて欲しい。」

アディソンは夫のタキシードに入っていた黒いレースのパンティを掲示板に掲げる。
たちまち病院内は失笑に包まれる。「誰のパンティだ!?」
メレディスかクリスティーナか・・・と思われていたところに、
カリーが「自分のです。」と名乗りをあげる。

それに動揺したのはジョージ。嫉妬もあってセクシーな看護士にフラフラしてしまう。
カリーはそんなジョージを見て逆にうれしく思う。しかし病院内に住んでいる事を、同じく家へ帰れずオフィスに寝泊りしていた部長に見つかってしまい追い出されることに・・・。

デレクフィンの間で揺れるメレディス。
デレクは結婚しているし割り込み女は嫌・・・だと思っていたが、デレクから「妻とは終わっている。本気だ。」と告げられる。
しかしフィンの優しさにも感激する。どちらの男も捨てがたい。
結局導き出した答えは、“二人とデートして決める”ことだった。

顔を合わせようとしないアディソンに意を決して会いに行くデレク。
自分が悪かったことを神妙に謝る。
ところが・・・バスルームから裸で出てきたのは・・・あのマークだった!
これと言って動きはなかったけれど・・・。
アレックスは彼らしい働きをしたと言えるだろうか・・・。(苦笑)
彼女にとっては生きる望みをもらったんですからね。
彼しかできなかったことかもしれないなぁ?。
イジーのことも気にかけてベイリーに頼んでいたし・・・今回ポイント高かったかも。

アディソンの荒れっぷりがおかしかった。
登場時のキャラだとツンケンして、もっと陰湿な反撃に出ただろうけど
なにぶんキャラがおちゃらけモードに変わってきてますから・・・
今のほうがずっとおもしろいと思う。スピンオフも納得。
しかしマークがここで登場とは・・・。見せびらかすように裸体を披露してたなぁ?!!(笑)
さばさばして「アホラシ・・・・」って感じで出て行ったデレク・・・(苦笑)

メレディスは贅沢なシチュエーションになってまいりました。
お疲れ気味だった顔も、なんだかツヤツヤ?
いい男独り占めして?!どうせならマークも仲間に入れちゃえ?!(笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: