広告
Singin' in the Rain 集まれ!ミュージカル・ワークショップ

集まれ!ミュージカル・ワークショップ

福岡、キャナルシティ劇場を皮切りに、ミュージカル・ワークショップ、始まりました!

私は、出場者には縁もゆかりもないのですが、観覧無料だったし、ゲスト審査員が・・・

レミゼ音楽監督でもある山口琇也氏と、大好きで尊敬してる島田歌穂さんがゲストだったから

すーぐに応募しちゃいました♪

最初にウォーミングアップをかねて、山口さんが出場者に向けて発声練習を開始。
出場者は前の方の座席に座ってたんですね。歌穂さんも含め起立して声出しです。
だんだんに熱がこもってきて、たっぷり20分近くありました。
やっぱり息を吸って吐く・・・ってことが大事なんですね。
“裏声”についてもかなり言及されていて、裏声って地声が出ないから出す声ではなくて
ちゃんと堂々と裏声を響かせる、そうすると、地声もより出るようになる・・・あと使い分け・・・
なんかも話されて、勉強になりました。

喉もあったまったところでお一人目。
全部で20人、10人ずつ舞台に上がってスタンバイ。NHKののど自慢形式です(笑)
若い女の子の歌で、ナンバーワンじゃないかっていうぐらいの人気曲「パート・オブ・ユア・ワールド」
的野さん、フツーにうまい!声がまず、いいしね~。表現力も強弱もあってお褒めの言葉あり。
歌詞は四季版ではなかったですね。使えないのかな。アニメ版?
文句なく上手で代表決定でした。

「見果てぬ夢」は、最初頼りない感じに思えたけど、だんだんに声をはってきたらいい声でした。
若く、誠実な歌声。

「世界が終わる夜のように」はちゃんと男女デュエットで、男性の声は高くて独特、女性はきれいな
声でした。しかしこのカラオケもイマイチ・・。テンポはめちゃくちゃ遅いしさ~。
歌穂さんがおっしゃってたのは、作品の世界観と違ってポップに歌い上げてたってこと。
沖縄の方なので山口さんは海が見えるとも・・・。
作品を観てないのか、そういうことは度外視なのかわからないけど・・・ちょっとフクザツ。
しかももっと丁寧にハモってもいいよね・・・。
ミス・サイゴンも手がけていらっしゃるので説明多かったですが、なんでもアレンジ変わったそうです。
最初のきざみがなくなり、もっと自由に歌っていいことになったって。
ただでさえ、ラブラブの曲ですけどね、もっと見つめ合って語り合うように歌うんでしょうね!

「キャバレー」はシャンソンも極めていらっしゃるというベテランの女性。
すごく楽しそうでカンペキに思えましたが・・・
あそこまで歌えると、もっと上を求められるんですね。
声色変えたり、表情をもっと加えてもいいのでは?ってお話でした。
ん~、確かに、ただきれいに歌う曲って感じではないですよね。ドス?をきかせたり?
しかしレベル高い。

「夢やぶれて」は、歌は上手って言われるんだろうけど、アカンタイプの歌でした・・・。
ビブラートも含め、全部同じように聴こえるし、腹式もまだこれから・・・ってことで。
若い学生さんだったけど、こんな有名な曲でなくても・・・
作品を観て、どういう感情で歌ってるかを知れば、そうそう歌えないと思うけどなあ~

マイ・フェア・レディから「君住む街で」
おっと~、こういうタイプの人もいたんですね!
こういうふうに歌いたいっていうのは十分伝わるパフォーマンスでした。パワーあるしね。
でも何よりおかしかったのが、歌穂さんと同じ年らしく。「念願のロビンちゃんに会えた!」
とおっしゃって、歌穂さんタジタジ・・・(笑)
ロボコン世代!あのロビンちゃんですもんねえ~。あの時から華がありましたね!

屋比久さんの「命をあげよう」は、作品の世界観もそのままに、カラオケもバッチリで
私は感動さえもするすばらしい歌でした。
歌穂さんもおっしゃってたけど、やっぱり天性のもの・・・感じますね。
山口さんはキムというと、どうしても初演の本田美奈子さんと比べてしまうそう。
だけど屋比久さんの歌は、ロンドン初演のレア・サロンガの香りがする・・・とおっしゃってました。
代表です。期待しちゃいますね!

藤岡くんがカラオケバトルで歌ったのも記憶に新しい、「ゴー・ザ・ディスタンス」
中川さん。う~ん、声はいいしルックスも・・・。
ただ、軽いっていうか、カラオケで喉を鳴らしてる・・・って感じに私は聴こえました。
山口さんが上手いこと言ってました。
周りにダンサーがいることでボーカルとして成立してるEXILEみたいだって。
ひとりでももっと表現できるはずって。
でもさ、見事代表です! へ~って感じ!他の曲も聴いていたいですね。

出ました!藤岡くんの?「カフェ・ソング」
こ・・・・これは・・・・感情先走りタイプかな?気持ちは入ってるんですけど、歌を、ちゃんと・・・
やっぱりきちんと歌ってこその、表現力ですからね。
講評も、言葉ひとつひとつを大切に・・・というアドバイスでした。
彼は歌穂さんがレミゼ初演で一緒に舞台に立っていた誰かに教えてもらってると言う話でした。
ちょっと名前聞き取れず・・・。

「ダンスはやめられない」
エネルギッシュ。お好きなんだな~っていうのが伝わるパフォーマンス。
ただ、目をつぶるのはダメ!と山口さんに言われてました。
観客に?伝えることがあるなら、決して目を閉ざしてはいけないんですって。
ふ~ん、歌手ではよく見かけるけど…舞台ってそういうものなんですね。

エリザベートより「私だけに」
難曲らしいです。歌穂さんも怖くてなかなか歌えないらしいです(苦笑)
途中とラスト、ハイトーンですよね。作品観てないので私はあまり語れない・・・。
が、なんだか、シンプルなメロディー、オンナオンナした曲ですね(笑)
声質よくってもっと聴きたくなる歌声でしたが、口が開いてないとのご指摘が。

大好きな「僕の願い」
淡々と・・・お上手なんだけど、心に響かない・・・。最後、決めて欲しい!!
ブレスをしっかりとり、裏声・地声の使い分けも大事だと。
藤岡くんに歌ってほしい~~~。

二人目の「命をあげよう」
これはまた全然違う!講評も、オトナのキム・・・いや、むしろエレンに近いと?
どこまで求められるのかわからないのだけど、キムには青っぽい凛としたものが欲しいなあ。

さてさて、ジャン・バルジャンの「独白」ですよ。
なんと、女性なのでした!名前は吉原さん(笑)
低音響かせてすてきでした。これなら怪人を女性が歌ってもOKじゃない?と思ったり。
なんでも選曲理由は、キム・バルジャンのファンだそうで。
ファンでも歌えるっていうのは別問題なのですごいですよね。
山口さんはこの曲を愛してくれて嬉しい、とおっしゃってました。
男女の歌っていうのは、日本語訳の壁があるとも・・・。


ちょっと・・・眠くなったので、続きは後日・・・。あと6組です!
関連記事
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: