広告
Singin' in the Rain 「紙の月」 (2014)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「紙の月」 (2014)

20150526213315347.jpg

WOWOWで観ました。

観ながら、宮沢りえ演じる梨花に、感情移入できるのかどうか・・・ばかり考えていました。
銀行の契約社員。彼女にとってはパートから試験を受けてのステップアップ。
夫はちゃんとした会社員でマイホームもあるが、梨花には今一つ関心がない。
というか、傍から見ると十分いい夫なのだろうが、ある意味今の状況に安心しきっていて
梨花の本当の望みなどには気づいていない。

仕事にやりがいを感じながらも、謙虚に誠実に仕事をしていた梨花だったが・・・
ある日歯車が狂い始める。

梨花の転機のキーマン、平林が石橋蓮司。
もうこれが、怪しさ満点。彼の今までの役柄からいって、舐めまわすように見つめる視線に
「ヤられるっ!!」と思うのだが・・・ これが最終的には「あれ?」って結果になる。
まさか梨花自ら、シャツのボタンをはずそうとはね・・・

彼の孫光太が、我らが地元の星、池松壮亮くん。
彼も謎めいている。
いい子なの?騙してるの?はっきりせずモヤモヤする。
でも梨花と出会ったとき、明らかにふたりはシンパシーを感じる。
お互いに求めているものを確認してしまう。
そんな関係になるんだろうな~とは思っていたけれど、梨花の行動は予想外だった。
確かにうだうだ気持ちを伝えあう段取りなんて無粋だ。
お互いひとことも発せぬまま、ホテルのベッド上にいるという、なかなかの演出だった。

梨花にちょっとでも淫乱な部分を感じたら、あの行動も感じ方が違うんだろうけど・・・
宮沢りえが演じるから、「貞淑な妻が…何か理由があるんだろう。」と思わされてしまう。
しかし光太との行動は常軌を逸していく。
銀行のお金に手を出していくんだけど、こちらは彼女に恐れや後悔、自責の念を見出したい。
ところがそれがまったくないんだなあ~。
まじめそうな顔をしてそれが却って怖いのです。

そういう行動に合点がいくエピソードがちゃんとあった。
梨花が女学生のころ。
厳粛なカソリックで、修道女の先生は恵まれない外国の子どもたちへの寄付を学生たちに募る。
梨花は寄付を受けた男の子からのお礼の手紙を宝物のように大切にする。
周りが寄付の熱も冷めたころ、父親の財布から大金を盗み出しすべて募金箱に入れてしまう。
この行動は先生に叱責を受けるが、梨花は納得がいかない。

ここでわかったこと。
梨花は子どものころから裕福で、ある意味世間知らずで、友だちとの間でもちょっと浮いていた。
父親の財布から金を抜き取るのに、あまり躊躇や罪悪感は感じられない。
自分が正しいと思う目的のためには、手段を選ばないのだ。
何かが、欠落している。そう思った。

光太に対しても、自分の足りない部分を補ってくれる大切な存在だったはずだけれど
同年代の若い女の子と、自分が大金を払って用意した愛の巣にいるところを見てしまう。
でもそれは、いつかは訪れる事態、予想の範囲だったと思われる。
結局は彼女も彼を利用していたのだから・・・。

銀行の同僚、強かな若い女子行員役の大島優子。
上司と不倫はするは、梨花にちょこちょこ入れ知恵してくる。これがなかなかハマリ役で(笑)
さらにお局で周りから煙たがられてるベテラン行員役の小林聡美が超コワイ。
リアル!!本当にリアルである!
この映画、キャスティング、すばらしいな~って思う。

この映画、フィクションだな~って思うのは、横領を認めて警察に捕まるばかりの梨花が
なぜか逃亡に成功して、タイ?にいたこと。
そこで、かつて自分が寄付をして手紙のやりとりをした青年と出会うというね・・・。


果たして梨花という人物に共感できたか。
答えはもちろん、NOです。
正直不気味、気持ち悪かったです。りえちゃんだから、どこか憎めないと思ってしまうんだけど。
特に、寄付云々のくだりは、強者の傲慢さみたいなものを感じて嫌でした。
誰かの助けになることはすばらしいんですけどね。
方法を間違ってはいけませんね。
りえちゃんだからファンタジーっぽく終わったけど、もっと毒のある女優が演じたら
二人や三人は殺される話でもおかしくなかったと・・・
認知が入ってきていた役の中原ひとみさんは危なかったですね(苦笑)

ラストはあれですけど、全体に上質のサスペンスで、よくできた映画だと思いました。
パチパチパチ。

sub1_large.jpg

二人のイチャイチャはこれまたリアルでございます。ごちでした。
関連記事
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。