広告
Singin' in the Rain サークル・オブ・ライフの一員に・・・

サークル・オブ・ライフの一員に・・・

報道ステーション観ました。

伊藤綾祐さんがクローズアップされてました。

レイヨウのソロですっごくアップになって力強い声を響かせていらっしゃると思ったら・・・

ヤングシンバ時代の映像まで。(なんだか初演はふにゃふにゃしてたんですね。笑)

福岡でもLK6枠で拝見したけど、今は6枠ってないんですね。(もう3年まえぐらいから?)

ウィキッドのボックも印象深いです。

そして久しぶりに浅利さんの姿も・・・。何度も聞いたお話でしたが、まだしっかりしてらっしゃる?

「生きていることはすばらしい。」 「子どもたちに感動を」

そういう理念はすばらしいと思います。

かくいう私も、約50年続いている「こころの劇場」、“こどもミュージカル”を子どもの頃テレビで観て

もう、衝撃を受けて食い入るように観て、ミュージカルの虜になったひとりです。

すぐさま小学校から演劇部に入って、自分自身も舞台に立つ経験をしたり、

大人になってからは本格的に観劇にはまりました。

最初に観たのは無料だったけど、今では大金?を観劇に使ってるわけですから、

立派に輪の中に入ってる感じですね(笑)

私が劇団四季を好きな理由は、古館さんが浅利さんの話でちょっと言ってたけど、

作品が、とことん管理して枠にはめて、きっちり作り上げられているっていうこと。

発声法や開口など茶化されることもありますが、観ている側からしたら、脚本(セリフ)がすべて

正確に伝えられるというのは、当たり前のようでありがたいことだと思います。

枠にはめられていても決して無個性ではないし、演じる人によって違いを楽しめるのは

レミゼ等他の舞台の複数キャストの楽しみ方と一緒です。

四季は厳しい稽古をされているからこそ、努力の積み重ねが見えるから、こちらも感動する。

「ああ、ここまで合わせるのって、相当練習したんだろうなあ~。」とかね。

やっぱり四季以外の舞台で、そういう努力が見えるような感動は、正直なかなかありません。

(役者の魅力とか、パフォーマンスに感動することはありますけど・・・)

10000回を超えた今、東と西のキャストを見てみると、7年前に福岡で観た方ももちろんいるし

ず~~~~っと支えてこられた役者さんたちがいること、本当にすごいことだと思います。


劇団内にいると、矛盾だとか、許容できない面はいろいろあるかと思うんです。

でも、今のシステムでしか作り得ない舞台があるのも事実です。

そして10000回というLKを初め、キャッツなどもそうですが、公演されてきた“歴史”が

クオリティを下げず、むしろレベルアップしていく、大きな支えになっている気がします。

先輩たちが作り上げてきた土台を崩せない、情熱を引き継ぎたい、という想いは

役者さんにあるんじゃないかなあ?

そんなお話を役者さんの口から聞いたこともあります。

決してトップからの押し付けだけではできないことですよね。

私はそこが、「劇団」のすばらしいところだと思います。


今ではめっきり観る機会もなくなりましたが、四季にはこれからも感動を与える舞台を

作り続けて欲しいと願っています。


   
関連記事
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: