広告
Singin' in the Rain ブチ込むぞ――――鉄格子♪

ブチ込むぞ――――鉄格子♪

レ・ミゼラブル博多座公演、7月21日ソワレ観てきました~。

昨日書きかけて寝てしまったのですが、寝ぼけてか、妙なタイトルになっています(笑)
光夫ジャベールがあまりにもかっこよすぎたからかな?

アンサンブルさんたちすっかり入れ替わりました!
残念ながら勉強不足で、誰が誰に代わってこう変わった…とは言えないのだけれど
「あれ?こんなだった~?」
というのがちらほら・・・

でもまず船の場面で、いきなり上野さんですからね!(確か)
あ、お元気そう・・・・と。神田さんがちょっと元気がない感じがしたので余計・・・
あと、「誰!?上手い!」・・・と思ったら、西川さんだった。
一言突然歌うのって難しそうです。しかも苦しみながらですもんね。

司教って・・・・・
カフェ・ソングと同様のメロディーで、それが短いフレーズしかないけど、
一声で、「上手い!!」と思わせないといけない(と、私は思います)から、大変な役なんですね。
いい声であることはもちろん、温かい包容力のようなものも欲しいです。
司教の御慈悲は、まず最初にぐっとくるところです。
バルジャンにとっては生き方を変えるきっかけになった出来事だし、
私も、こんなふうに生きられたらと思います。
正直、無念の死が多々ある作品ですが、死の場面より、いくつか出てくる“赦し”の場面に感動します。
人間、人に信じてもらえること、信頼されること、期待されること・・・は生きていく上で
どんなにか張りあいになり、大事なことでしょうね。

バルジャンが、無実の罪の自分の身代わりを救うところは、これまたスカッとします。
彼の中でまた善悪が葛藤するわけですよ。
しかし彼は見かけだけ立派になったわけではなく、心も立派だった。
普通なら今の地位を捨ててまた牢獄に戻ることはなかなかできない決断だろう。
でも人を不幸にしてまで、自分がなんでもなく楽しく生きられるはずもない。
ただ、簡単には捕まらないぞ、と。(笑) あと三日、あと30分・・・なんて言って回避しています。
もちろんコゼットを助け、立派に育てるという使命があってそれを遂行するためなんですけどね。

ちょっと話戻りますが、ファンテーヌはどなたも素晴らしいですね!
3人とも拝見しましたが、それぞれに熱演でステキです。
ストーリーからははずれますが、働くためとはいえ、あんな夫婦に預けて、我が子と離れて
暮らさなきゃいけないって本当にむなしいです。
貧しいながらも、一緒に暮らしながら働けなかったのかと残念に思います。

ジャベールとの対決シーンは大好きな場面になりました!
あの、歌がかっこいい~!
いろいろ舞台観ましたが、全く違う旋律を二人同時に歌う・・・ってなかなかない気がします。
耳が大忙しなんですが、惚れ惚れして聴いています。
クサリを使ったケンカもかっこいいですね。(綱引きか?) バルジャンがやはり圧倒的に強いんですね。
情けないジャベール・・・落ち込んでいくばかり・・・・・

エポニーヌは大好きな昆 夏美ちゃん。
初見の海宝くんと、なんてピッタリなんでしょう!!!
海宝マリウスは、顔立ちがはっきりしているせいか、とても表情豊かに見えました。
親友のような、親しげな間柄の雰囲気がとてもよく出ていたと思います。

コゼットは歌も難しいし、あんな・・・完璧なお嬢様を演じるってハードル高いと思うんですけど
若井さんはもうすっかり自分の物にして、熟なしてあって感心しました。
と言っても、私があまりコゼット自身に関心が薄いのですが・・・(すみません)
他の人がどうなのかわからないのですが、福井パパをベタベタ触っていらっしゃるのはわかりました。
すごく仲良しなんだな~とは思いました。

そして、アンジョルラス!
お初の上山さんだぁ~!
背の高さが・・・ちょっと残念ですが、他の方との違いははっきり!
上原さんは歌はもちろんすばらしくって、リーダー感もオラオラ的にあるように遠目から見えましたが・・・
上山さんは品があるというか、落ち着いて知的なリーダーですね。
声を聴くと、落ち着くというか、冷静で、ウットリって感じ。
だから、彼なら“撤退する”という英断もできたのではないか、とさえ思ってしまいます。
無駄死にですからねえ~・・・

ガブローシュも3人とも観れました!今回はNY生まれ?の北島くん。
みんな上手だぁ~!
ガブは生意気言ってナンボ・・・って感じもしますが、憧れの役ですよねえ~
私も子どもで男だったら、やってみたい役ですぅ~

子役と言えば、のどじまん大会に出ていた、須田拓実くんと優勝した田上彩華ちゃんは
ライオンキングに出ていたヤングたちですよね?おばちゃん当時20回観たからねえ~(笑)
2008年だから、もう7年前なのかあ~。おっきくなったねえ~。
宮脇咲良ちゃんなんか、HKTですごい活躍ですもんね。

福井さん、前回よりは・・・高音とか出てないところもあった気がするけど、やっぱり好きでした。
セリフや歌に、善や優しさがあふれていると感じるのですが・・・。

光夫さんは、バルジャンとジャベール、どっちが合ってるんだろう~?
今回間近で見て、ジャベールすばらしかったぁ~!
若い頃も、橋の上の最期の姿も、えらくかっこいいんですよねえ。
飛び込む前も鬼気迫って、他の方もここまでされてたかなぁ~?って思いました。
今度はもう一回バルジャンを見たかったけど、また次はジャベールです♪
いや、ジャベールも、もう一回観たいです。ヤンさんとはどんな感じなのかめちゃくちゃ楽しみです。

アンサンブルさんたちも、最後もっとしっかり観たいです。
アンサンブル・・・といっても、この作品では・・・ですもんね。
主役級の方はゴロゴロ。

結婚式の退場シーンは、皆さんおどけてはけて行かれますが、毎回動き違うんでしょうか?
パターンを揃えてある気はします。
いつだったか、これ以上ないぐらいヘンな動きというか、はっちゃけてた気がするのですが
気のせいでしょうか?
今度も注目して見たいと思います。


関連記事
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: