広告
Singin' in the Rain 「6才のボクが、大人になるまで。」(2014・米)

「6才のボクが、大人になるまで。」(2014・米)

Ellar-Coltrane-5-facts-about-Boyhood-actor-through-the-years-Civer.jpg

すごい映画でした。長い映画でした。

まるで魔法を見ているみたいでしたよ。一瞬で本人が成長するんですから。

作品賞、たくさん獲ってますが、映画界ではやっぱり『宝物』のような作品といっていいですね。

そういう点ではアカデミー賞もおかしくないんですが・・・

私としては、もうちょっとパンチのあるドラマが観たかった気がしますが。贅沢ですかね。(笑)

どうしても、「あれはどうなったんだろう?」って細切れなんですよね。

とんでもない時間経過があるから仕方ないですが。

主人公の最後のセリフ、一瞬という定義について、エラーが言うからこそ重みがあります。

身をもって体験したわけですからね。私たちはその貴重な時間を見せてもらいました。

以下、ネタバレです。




母親(パトリシア・アークエット)の男運のなさはひどい。

大学に戻って修士号とって大学で教えるまでになって、周りからは尊敬され好かれてるのに
捕まえた男二人は…最悪。 特にアル中暴力男ね。
正直、最初の夫(イーサン・ホーク)が一番まともなのだ。
最後の方にイーサンが愚痴るところがあるんだけど・・・若いころ彼女がもうちょっと辛抱強かったらって。
私もそう思います。
だって、すごくいい父親だもの。
軽いようで、言ってることはいたってまともだし、正しい。他の男たちよりは全然いいのにね。
オリヴィアとしては、地に足着いた職業だとか、稼ぎだとかが、夫として重要だったのでしょうかね。
メイソンの『高校卒業祝い』の時に、「呼ばれたダンナはおれだけ?」っていうのがおかしかった。
子どもたちはなついていたし、やっぱり本当の父親にそばにいて欲しかったでしょうね。
とにかく、母親の男運のなさ、見通しの悪さのせいで、何度も何度も引越しさせられ
振り回されるんです。子どもたちが気の毒でした。
なのに、サマンサに逆切れして、「暴力振るわれるよりマシでしょ、感謝して!!」って・・・
母親は立派!!っていう流れですが、私はちょっとイライラしてました。
でも、メイソンを家から送り出す時は、自分とダブって涙が出ました。
メイソンのアーティスト気質で穏やかで思慮深い雰囲気は、息子にちょっと似てたので。

まあ、「あとは死ぬだけ」なんて言ってたけど、
彼女なら、あと2~3回は男を変えて強かに生きていけそうです!(笑)

メイソン役のエラーの、少年時代のかわいいこと!

boyhood-review-2.jpg

思春期ぐらいから雰囲気変わってくるんですよね。
スポーツマンでさわやかな男がモテるとすれば、エラーはそのタイプじゃない。
姉の大学時代の彼なんかは多分モテるタイプ。
付き合ってた彼女シーナも心移りしちゃいましたしね・・・ラクロスの男に。
そういう甘酢っぱい経験も、よくあることだと盛り込んであるわけで。
ちゃんと恋の悩みも、イーサン扮する父親が、温かい助言をしていたように思います。
でもメイソンも全然モテなかったわけではなく、彼みたいなタイプを好きな女子ももちろんいます。
最後の彼女ともいい雰囲気でした。

監督の娘だという、聡明な姉役のLorelei Linklater も印象深かったです。
一時髪の毛真っ赤でしたよね。彼女の風貌の変化もすごい。
パトリシアにとっては、彼女のドラマ「ミディアム」の長女だった、アリエル役のソフィア・ヴァジリーヴァと
なんとなくダブらなかったかなあ? 私は雰囲気似てるな~と思ってました。
最後、体が調子悪いってことで終わってましたが、大丈夫だったんかな?
子どもたちに比べて、パトリシアとイーサンはそんなに変わってなくて
いい感じに歳を重ねてましたね。

滑り込みで映画館で観れて良かったです。

KBCシネマという、ちょっとマイナーで渋い映画を昔からやってる映画館。
めちゃくちゃ久しぶりでした。
確か、最初にここで観たのが、名作「ニュー・シネマ・パラダイス」ではなかったかな?

指定席ではなく、入れ替わり制。
今日はレディスデー(1,100円)とあってお客さんも多く、女性が目立ってたのですが
映画が始まってから、スターウォーズの『皇帝』みたいな恰好をしたオジイサンが
私の前の列の女性と女性の間に、「すんません。」と遅れて座ったのでびっくりしました。
いや、前ならまだ空いてるし・・・
そんな、間に入らんでもいいのに・・・
案の定、途中で席を立ったりしてたので、隣の方気の毒でした。集中できないよね。

Lorelei+Linklater+Boyhood+Screening+Reception+Zxl1XeVIxoLl.jpg 
娘役のローレライと母パトリシア。 きょ・・・巨乳!




関連記事
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: