広告
Singin' in the Rain 「スタンド・バイ・ユー ~家庭内再婚~」大千秋楽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スタンド・バイ・ユー ~家庭内再婚~」大千秋楽

IMG_6353.jpg
ラスト、見届けましたー!


わざわざ関門海峡渡って、大野城まで来てくれてありがとーっ。
(完全、郊外だけど、天神も博多も空港までも、30分で行けるのは便利だよ♪)
良席は、ほとんどウチのホールの友の会会員で埋まったであろう状態でしたが・・・
とーっても楽しい内容で、場内も大爆笑、あったかいんだからぁ~って反応で良かったです。

いろいろ面白い趣向の舞台でした。
出演者自ら舞台転換をするし、効果音出したり裏方やるし、常に舞台端に座ってるし・・・
最初の歌、まだ客席があったまってないうちに歌うにはなかなかキビシイ感じで。(苦笑)
「これ、ミュージカルじゃないよね?」
って、ちょっとよぎったのですが、なかなか楽しい曲で、すぐに印象に残りました。

主役のミムラさん。(藤沢ハルカ役)
修道女みたいな首のつまった黒づくめの服。
「すみません。」と腰を深々折り曲げ、謝ってばかり。
顔も声もかわいらしくって、見惚れてしまいました~。
初めての舞台ということでしたが、堂々としたもので、笑わせるって一番難しいと思うんだけど
かなりの熱演でアッパレでした。
しかもちゃんと好ましい人柄で、彼女の言うことに間違いないって説得力ありましたしね。
かわいらしい女性でした。
ミムラさんはきっとクレバーな方で、最後の挨拶も実にしっかりされてました。
すごいよなあ、あんな風に自分の考えをまとめてどんな場面でもきちんと話せる人って、尊敬する。
舞台の大先輩、勝村さんから「お客様の反応を受け取って、芝居を作っていく。」みたいな話をされ、
毎回そういう体験を積み重ねながら、勉強し、舞台を楽しんでこられたそうです。

勝村政信さん。(榊 誠治役)
さすがーっ!!のひとことです。
舞台を自分のものにされてました~。
あんなにドタンバタン、体を張る役なんですね!「もう、最後だからもう一回やっちゃうっ!」
って、相当無理されてた感じでした。(笑) 舞台から落ちたりもされて・・・!
自由自在、とっても笑わせてくれたのですが、最後は愛をタップリ見せてくれてホロリとさせたり
上手いかただなあ~、と思いました。
挨拶のリップサービスも上手かったです。(どこでもおっしゃってるんでしょうね!)

真飛 聖さん。(榊 愛子役)
まとぶ・・・とお呼びするんですね。宝塚トップとあって、男前っ!!
一番役作りなしでできた・・・なんて言われてました。
ペラペラペラッてしゃべるところなんかめっちゃおもしろくて上手でした。
そういえば、宝塚の男役って、時々あんなしゃべり方しますよね。(笑)
欲情する仕草もおかしかった。アッチョンブリケ~って言ってました?脚本家の年齢が・・・
何度も「綺麗じゃない!」と言われていてかわいそうだった。
やっぱり何が一番印象に残ったって、欲情する場面・・・(笑)

戸次重幸さん。(藤沢 英明役)
すごい髪型!!頭ちっちゃ!そしてガタイはよく、スラリと伸びた手足・・・って印象。
ぶっ飛んでましたね。横暴で、見栄っ張りで、ウソつきで・・・
今回の公演も、戸次さんファンが多かったんじゃないですか~?
客席に降りてきて、ハルカとの出会いをパントマイム風に熱演されていて、めちゃくちゃおかしかった。
下心満々なのか、さっさと歯を磨いて、ぺーっとか水を吐き出してるし・・・(客に向けて)
アンガールズ田中もまっつぁおの、カニのように両脇をワシワシする姿・・・(爆笑)

モト冬樹さん。(貸別荘の管理人役)
最初、裏方に徹されてましたね。登場シーンでは背後から光が差して「まぶしいっ!」
とか言われるし、「このハゲっ!!」なんて言われるし・・・
いじられまくりでした。(苦笑) 彼の存在は、マッタリしました。

広岡由里子さん。(管理人の妻役)
冬樹さんの妻だったんですね。インパクト大の女優さんだと思ってましたが・・・
やはりおもしろかったです。
あんな若い男の子と、お願いしたら相手してもらっちゃうなんて、どうなん?(笑)

馬場良馬さん。(アルバイトの町田君)
身長180センチ。すら~っとして、フォーッを連発。(HGじゃないよ)ポォーッだっけ?
バック転はマットを利用。あと、補助があればできるもよう。余裕に見えたけど一人では無理?
後ろ回りに終わったら、「みんなガッカリだよっ!」なんて言われてたけど・・・。
さわやかでした。バック転ができる男は、あそこまでもてはやされるんだろうか?勝者なんだろうか?
ひとつの象徴ではあるのかな。
藤沢が、「浮気してるじゃないかっ!!」と必死に責めているのがおかしかった。確かに。


シチュエーション・コメディのような感じですね。

雪山で男女が一晩ひとつの空間に閉じ込められたら・・・

誰もが妄想を膨らませてしまうようなシチュエーション。

私は「冬のソナタ」をまた思い出してしまいました~。
スキー場のロッジで、一晩明かさなきゃいけないってドキドキの場面がありましたっ!
でも決して色っぽい展開にはならないのですが、この作品ではごくフツーの流れでしたね。
肉食系の元カップルがああなるのも当然だろうし、
風変わりなオタク系?の二人が、ああなるのもまた必然のような気がします。

「右側じゃないと落ち着かない」っていうのは、結局は何かの理由でブレーキをかけたかった
のではないかと思うのですが・・・
あの二人なら納得の展開でした。
元カップルの藤沢&愛子たちは、お互い嫌いで別れたわけではないというのがわかっても
結局は深い感情までにならなかったってことは、真の恋人ではなかったってことでしょうね。
愛してもなかったと。
単に、体の相性は悪くなかった、と。
肉食系のふたりが、「うへへへへへ・・・・」とすぐに発情するところが二人の大きな見せ場だった
気がしますが、合ってますか?(笑)
そうそう、愛子さんのバカっぷりも見せ場でした。漢字読めなぁ~い。
あの二人では、まじめな会話は無理だな・・・と思う。(笑)

榊&ハルカのカップルは逆にほっこりしましたね。
榊の絵って、ロールシャッハですよね?
不気味にも見え、いろんな物にももちろん見えます。
お互いを理解できて、相性もばっちりなようで・・・、似た者同士は恋人同士にはなれない。
結婚も向くとは限らない?不思議なものですね。

ハルカは最終的に、夫の弱みを握って優位に立てたことが幸せだと言います。
浮気したことには目をつぶっているんだから、(榊の方も)不思議ですね。
それは元々関係のあった二人だから、特別な寛容さなのかな?

「夫婦のうた」

は、なかなか鋭かった。
メロディーは帰り道に口ずさみたくなるのにふさわしい曲だったのだけど、歌詞が・・・

『どちらかが先に死ぬ その先は自由』

って、すごい。でも先日観た「Trails」でも結婚観では似たような話が出てたっけ。
結婚決めた時は、「健やかなる時」だったから仕方ないって、おもしろい。
「病める時」にいろいろ気づく・・・って。そんなものかも。
結婚は・・・「孤独死」よりマシか?
何度も結婚、離婚を繰り返す人がいるけど、誰と結婚しても不満はあって問題は起きるものかも。
だけど、伴侶に選んだ瞬間は・・・きっと何か特別なものがあったはず。
そのわずかな光を、感情を、時々思い出したり確認したりしながら、結婚生活続けていくのかなあ。

本当に、深い、歌詞です。 みんな思ってること、だよねえ~!

あっ、ピアノとクラリネットの演奏、良かったです!
クラリネットってやっぱり軽快だったり、おどろおどろしかったり(バスクラ)、ムーディーだったり
表情豊かでステキな楽器!!

それから、1,600円のパンフレット。

まるで写真集(笑)  出演者のいい写真がイッパイ!

いいですよね。こんなの「Trails」の皆さんにも作ってあげたいよ・・・。

字は超読みにくいので、まともに読んでいません。ごめんちゃい。

関連記事
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。