広告
Singin' in the Rain 『TRAILS』 キャスト感想③

『TRAILS』 キャスト感想③

ダン隊長・・・いや、警備官/ヴァージル 柳瀬 大輔さん

やなP!!(笑) 本当にお久しぶりでした。
いつか拝見したいと思っていました。
ストーリーテラーの柳瀬さんは、いつものエエ声で、ツーステップやダンスがかわいかったです。
ただ、ヴァージルは、今まで見たことがない柳瀬さんでした。
あんなしわがれた声で、顔をよがませて、くだまいてて・・・
ちょっとブラックな話なんですよね。
でもマイクにからむところは笑いがあって。
まあー、ちょ・・・っとジーザスは入ってたような気もしましたが、あのエエ声の封印は新鮮でした。
警備官は、温かく3人を見守る感じが良かったですね~!

ロアンダ警備官/ママ・ハーレー 荒木 里佳さん

荒木さんのママ・ハーレー最高!
「普段の夏の普段着」を身にまとい、金のぽっくり?たかーい靴を履いて転ばないかヒヤヒヤ。
圧倒されました。
でも、セスの母親になり替わるところは、涙なしでは見れませんでした。
マイクがやってきてすぐに明るく豹変するんだけど、「さっきまで泣いてたのに!」って
こちらの方が気持ちが切り替わりませんよ~。
警備官の時も、舘ひろしみたいなサングラスがおもしろい。
デューク更家みたいな登場シーンも笑いをこらえるので必死。
「バーおまち」の時、荒木さんのすごくいい人柄が垣間見えて、私はすぐに好きになったのですが
やっぱり女優さんとしてもすてきでした。

ロアンダ警備官/ママ・ハーレー 五十嵐 可絵さん

私の中では、「マンマ・ミーア!」のソフィの可絵ちゃん。
だから、エイミーもまだできるんでは!?って思ってしまいました。
ね、全然いけると思います。すごく上手だと思います。

だからあのヒッピーの役は、かなり挑戦って感じですよね?
普段からもうあんな役をこなされているのかな?
ユニークなおせっかいおばちゃんって感じで、大熱演でした。

可絵ちゃんがすごいと思ったのは、2幕冒頭のあの歌でしょう!!
力強い声。山に響き渡るよう。
さすが劇団四季・・・とは言わないけど、声が太いです!!
大ホールの後ろまで響く声です。

ママ・ハーレーの歌は、「道こそ我が家」でしたっけ?
あの、「冬のソナタ」では、ヨン様が、「私の家はあなたの心の中にある」っていう名台詞があります。
それを思い出しました。(違うか~)
いろんなものを背負い込んで捨てられないセスに、違う生き方があることも示します。
「亡くなった彼女たちは、あなたを必要とはしていない」ってきっぱり言う。
そうなんですよね、引きずっているのは自分自身。
忘れないことが、亡くなった人たちへの義理だと思いがちだけど・・・

でもセリフで、エイミーも言うんだけど、「忘れないと次へは進めない」って言葉がある。
私はちょっぴり、「そうなのかな?」って思う。
その記憶が何も手につかないほど生きていくのに支障をきたしているのなら別だけど
亡くなった人の想い出や、その人自身のことを忘れる必要はないと思う。
思い出したときに、温かい気持ちになれることが大事なんだろうけど、ただ、そこまでになるには
時間が必要かもしれませんね。

マイクとセスも、エイミーの話を笑顔で語れる日が来るといいですね。
マイクは・・・エイミーの名前さえも、口に出せなかったんですからね・・・。

モリー警備官/フェイス 水野 貴以さん

水野さん、キュートでした。
声が、きれいで、声優さんみたい。
後半のハーモニーでも、高音がガンガン響いていました。
藤岡くんの話によると、足がちっちゃいんですね。(笑)

モリー警備官/フェイス 岡村 さやかさん

岡村さんのフェイスは絶品でした!!
登場シーンから引き込まれて、セリフ回しが上手くて、笑いもたくさんおきてました。
安宿?の従業員のキャラもすごかった。 まあ、これは二人共ですけど。
ギャップを楽しめましたね!
岡村さんなんて超細いんだけど、あちこちモリーだけに盛ってたらしいです。(笑)

フェイスもちょっとワケアリな役ですね。
彼氏と来てるって言ってたけど、付き合い長いのかな?ちょっと彼のことを達観してるような
クールな感じを受けました。プロポーズを待つ女性って感じではなかったですね。
マリッジブルーってのもあるし、いろいろ考えちゃう時期なのかな~。
マイクとはお互いに波長が合ってそうでした。
「ねえ、聞いて!」という口癖がエイミーに似てるって、マイクも気になっていたし。
フェイスは「結局は最後にはさよならがくる。」「それをわかってて、それに向かって人間は生きる。」
死生観?いろんなこと考えちゃってましたね。
確かに、人間には終わりがあって、愛にも終わりがあって、別れを告げなければいけない時がくる。
でもそれを避けていては、何も起きないし、生きている意味もない。
フェイスの歌もいい歌でした。

主役以外でも、アンサンブルってわけではなくて、みんなバランスよく意味のある人物を演じていて
改めて「TRAILS」いい作品だと思いました。

さて、最後は・・・セスですね!



関連記事
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: