広告
Singin' in the Rain 「ドリームハウス」 (2011・米)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドリームハウス」 (2011・米)

ドリームハウス スペシャル・プライス [Blu-ray]ドリームハウス スペシャル・プライス [Blu-ray]
(2014/10/02)
ダニエル・クレイグ、ナオミ・ワッツ 他

商品詳細を見る


スターチャンネルでずっと前に録画していたやつ~。

ダニエル・クレイグが前髪垂らして、普通の良き夫&父でのスタートだったのでびっくりした。

343472_01_04_02.jpg

しかもかっこいいんだもんね。

ただ・・・・会社を辞めて郊外に越してきたシーンから・・・ある種の違和感はずっとあった。

343472_01_06_02.jpg

家の周りで不審な人影はあるし、家の中には前の住民の存在感があちこちにあるし、
隣りの住人の様子も変だし・・・ 
夜中に声がすると思ったら地下室に若者たちが集まってる。
住んでるのに、地下室の存在を知らなかった?
侵入者がいて警察を呼べども追いかけもしないし、なんにも解決しない。

真ん中ぐらいまで観て、「なんじゃこりゃ、しょうもない映画・・・。」

と呆れましたよ。
キャストはレイチェル・ワイズナオミ・ワッツと豪華なんです。
だから、「これで終わるはずがない!」と信じてはいました・・・。

ネタバレ注意です。

結局、「シックスセンス」にも似たドンデン返しだったように思います。
アン・ハサウェイの「パッセンジャーズ」も・・・現実が見えないところは似てるかな。
ウィル(ダニエル・クレイグ)が希望の家で体験していたことは、彼の妄想・・・幻覚だった。
実際は・・・愛する妻もかわいい娘たちも、殺し屋の手違いによって殺されていたのだった。
一人生き残った一家の父親ピーター(これもダニエル・クレイグ)は後頭部を撃たれたせいで
記憶も不完全で、自分が殺したのかどうかも定かではなかった。
ただ、家族が亡くなったことを受け入れられず、ウィルという別の人物を作り出していた。

精神病院でピーターの顔をウィル自身が確認するシーンは山場でしたね。

そうそう、そこまでもなかなかたどり着かないから、もどかしかったわけですよ。
最初からもしや~?という思いはありましたが。
精神病院を出て、厚生施設に入ったピーターの部屋に家族の写真があったのは納得ですね。
ウィルは、「家に侵入して盗んだな!」・・・と興奮していたけど、
実際は自分自身が家族を思って持ち出してたわけだし
娘たちが前の住人(自分たちだけど)のおもちゃで遊びながら、
「彼女たちは幸せだったのよ!」
と何気なく言うところ、ウィルは、「なんでわかる?」なんて聞いてたけど
真相がわかるととっても切ないですよね。

343472_01_02_02.jpg


家族の誰かが憎みあってたわけでなく、本当に予期せぬことに巻き込まれての悲劇
だったことに、悲しい思いとともにホッともしました。

ただ、ちょっと不透明だったのはナオミ・ワッツ扮するアンの存在。

最初からアンとウィルは、顔を合わせて話す時もビンビン何かを感じあってる様子で。
明らかにウィルはアンと会って浮ついてるし、妻の前でもそれは変わらず。
亡霊であるリビーはそれを見て顔を曇らせてる。
アンは意味ありげに、「私を覚えてない?」とウィルに聞く。
「トータル・リコール」を思い出したのは、私だけでしょう。(笑)

真犯人であるアンの夫ジャック(マートン・ソーカス)は、妻に人生をめちゃくちゃにされた・・・と逆恨みしており
実行犯との会話で、妻の浮気相手の存在をにおわすような発言があったので
それはウィルとのことかな~・・・と思ったんだけど・・・
殺そうとしたのは、単純に親権と保険金と家を手に入れるためだったのかな。
ジャックは最低な人間だったが、ウィル(ピーター)と顔を合わせても、
「間違ってお前の妻子を殺してすまん。」なんて微塵も思ってなかったですよね。
ただただ、再び現れたことが迷惑そうだった。
妻とついでに殺そうとして、自分が死んじゃいましたけどね。実行犯とともに。

火事からアンを助け出すところだけ、007っぽかったです。(笑)
あ、無駄に?入浴シーンと腹毛のサービスショットがあるか・・・

ウィルは街に戻り、執筆活動を続け、「ドリームハウス」という本のベストセラー作家になった。

めでたしめでたし・・・?



ウィル・エイテンテン・・・って何て名前だ!!!と思ったら・・・

ピーター・ウォードが「W1-1L-8-10-10」
という記号から自分で作リ出した名前・・・という種明かし?でした。

他にも家族の名前を略称じゃなくて本名を明かすと・・・真相がわかったり

そこかしこに不思議→実は・・・という謎解きがありました。

アンの娘、クロエがどこかで見た顔・・・と思ったら、「デスパレートな妻たち4」のケイラだった!

リネットを困らせたかわいくないガキ!!(笑) (レイチェル・G・フォックス

この映画の一番の意味は・・・

ダニエル・クレイグとレイチェル・ワイズがこの共演を機に結婚したことじゃないですか!?

343472_01_07_02.jpg

めっちゃ、幸せそうやもん(笑)

まだ・・・うまくいってるかな? お互いに別のパートナーとの子どもがいるみたいですけどね。

ダニエルはめちゃくちゃ女好き・・・的な話が聞こえてきた気がしますが、

レイチェルはすっごく美しいですからね。かわいい系の美しさ。色男も年貢を納めるというもの。

すてきなカップルですよねえ~。
関連記事
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。