広告
Singin' in the Rain 「MUD」 (2012・米)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「MUD」 (2012・米)

MUD -マッド- [DVD]MUD -マッド- [D斜体文斜体文VD]
(2014/06/18)
マシュー・マコノヒー リース・ウィザースプーン  他

商品詳細を見る

マシュー・マコノヒー!! かっこひー!!

「ダラス・バイヤーズクラブ」で激ヤセする前ですよね?
まだいつものマッチョです。
彼はそのルックスからラブコメとか、イケメンカテゴリーの役が多かったですが・・・
この「MUD」は、タフさもあり、危うさもあり、情もあり・・・と魅力的な男を演じています。
内容は、冒頭から故リバー・フェニックスそっくりな男の子が出てきて、まるで「スタンド・バイ・ミー」!!
・・・と思ったら、作品のHPでちゃんとそのようなことが書かれていました(笑)

ネタバレながら感想を・・・。

まあ主役と言ってもいい、タイ・シェリダン(エリス)の演技がすばらしい。
彼の目線で物語は進んでいくんだけど、純粋に男女の愛を信じている彼が、離婚間近の両親や
年上の初恋の女の子、マッドが心から愛していると言ったジュニパーなどの存在により
心を揺り動かされ、深く傷ついていく。
決して清廉潔白に生きてきたわけではない大人からすると、胸が締め付けられる思いなのです。

彼の、怖いもの知らずで、人を信じて疑わない様子は、逆に観客に恐怖を与える。
壮大なミシシッピ川に浮かぶ小さな孤島。
そこへたどり着くまでも、小さな少年ふたりにとっては大冒険な気がする。
最初はアラームをセットして滞在時間を気にしていた二人だったが、その後何度も何度も行き来することになる。
彼らが発見した、木の上に収まったボートの存在はほんのきっかけだった。
そこには殺人を犯して逃げている『逃亡犯』マッドがいたのだ。

最初から懐疑的で慎重なネックボーンと違って、エリスはマッドを「悪い人じゃない。」と信じる。
そして親の目を盗んで食べ物を運んだり、ボート修理に必要なガラクタを集めては持って行く。

エリスがマッドを信用したひとつに、彼のした純愛話があった。
彼には幼馴染のジュニパー(リース・ウィザースプーン)と言う女性がいて、命の恩人だと。
ヘビに噛まれたところを病院へ運んで助けてくれたんだと。
その彼女が悪い男に捕まる度に助けてきた。今回の殺人も、彼女へ男がしたことへの復讐だった。
ボートを直して、彼女とおちあい、二人で逃げるつもりだとマッドは言った。

エリスはその言葉を信じ、町の安モーテルに泊まっているジュニパーを訪ねる。
そこには、マッドが殺した男の家族が、今度はマッドの命を狙って張り込んでいた。
エリスはジュニパーに詰め寄る男のところへ彼女を助けに飛び込んで行って殴られる。
エリスはまだ14歳なのにだ。

初恋の女の子(17歳)とのやりとりも泣ける。
遠くから見ていて、彼女をからかう男友達を殴る。相手は18歳だ。
彼女はエリスにちょっと興味を持つが、まだまだ子供の男の子、もちろん本気ではない。
しかしエリスは「ぼくの彼女になって」と告白し、二人は恋人同士になったと思い込んでいる。

とにかくエリスは純粋で怖いもの知らず。後先考えず、その華奢な腕で何度殴りにいったことか。

今は14歳だけど、もう数年たつと、気は優しくて力持ち・・・のいい男になるんだろうなあ~
と思わされる少年であった。

マッドは最初から胡散臭い男で、その場限りの発言に信ぴょう性などない。
実は毒蛇に噛まれた話もウソだった。
ジュニパーに対する気もちもウソなのか?自分を利用しただけなのか?・・・とエリスは食って掛かる。
マッドは純粋な彼を傷つけてしまったことに深く反省をする。そして・・・恩返しをする。

エリスが小川に落ちてマムシに噛まれたのだ。

マッドは指名手配になっていることも考えず、ボートで本土へ渡り病院へとエリスを運ぶ。

ここの場面が、ちょ~~~~カッコイイ!!

そしてストーリーはまさかの一般人を巻き込むドンパチのエンディングへ・・・。

ヒヤヒヤしましたよ。
誰が死んでもイヤじゃないですか。
ここで、ナゾの男トム(サム・シェパード)が大活躍。
マッドの親代わりだったというトム、元CIAのスナイパーとかで世間を遠ざけボートハウスに住んでいた。
一度はマッドの助けを断るんですよね。
しかし結局は、強力な援護射撃で相手一味を皆殺し。

川に飛び込んだマッドの姿はなく、どこへ行ってしまったのだろう・・・?
というところで終わりでした。 ・・・・あの悪魔と言ってたジョー・ドン・ベイカー扮する父親だけ残ったのね。

エリスは別居になった母親と住むことになり、新たな女の子との出会いにわくわく・・・。
これからいろんな恋をして勉強していくんだろうなあ~。

マッドは・・・・ミシシッピ川の上にいた。
トムと一緒にね。あ~良かった。


リースは好きな女優さん。( リースにレニーほどの変化は見られず!)
『すっげ~美人』って設定だったけど、そんなに出番はなくても存在感ありでした。
さすがね!目力あって、いろんなことを語ってるね!
マッドがエリスを病院に運んだあと、ちょっと彼女の前に姿を見せるんですね。
ふたり、かすかな笑顔で手を振って・・・。
うわ~、せつない!!
やっぱり愛し合ってたのは本当だったんだな~って・・・思いましたがいいんですよね?

両親のいないネックボーンのおじさんゲイレン役のマイケル・シャノンも存在感あります。

サム・シェパードがすっかりおじさ・・・おじいさんになっていてびっくりした。
私の記憶ではこんなですよ?

12-a6f55.jpg

マシューもこんなにかっこよかった。

matthew_mcconaughey1_300_40.jpg

いかんよね。いくらアカデミー賞とったって、役づくりのためだって、あんなに痩せては体にいいはずない。
お子さんも小さいし、これから大事にして欲しいなあ。

スターチャンネルでウディ・ハレルソンと共演の『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』を観たけど
まだ痩せて普通の会社員にさえ見えて、マシューとは思えない容貌。
話もやたら会話が多く、ちょっと見るのに疲れます。


全体に、サスペンス的な、ハラハラドキドキ感はあって引き込まれます。

すごくいい映画だと思う。マシュー・マコノヒーの良さも、存分に出ている!!


関連記事
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。