広告
Singin' in the Rain 「ヒア アフター」 (2010年・米)

「ヒア アフター」 (2010年・米)

大好きなマット・デイモン。

こんな役だったのか~。ジェイソン・ボーンはどこへ行った~?
クリント・イーストウッド監督に頼まれて断れなかったのかしら~?
個人的には、マットでなくても良かったのでは・・・?的な役柄だと思いました。
霊能者の苦悩・・・というものは感じたけれど、何せ3つのシチュエーションがあって
言わば3人の主役がいるせいで、どうしてもひとりひとりが希薄になりがち。
特に、3人の中では、マットの役が一番テキトーな気がした。
お相手の女性は、相変わらずちょっと残念な感じで、どんぴしゃなイケテル女じゃない。
でもまあ、かわいいほうかなあ?
料理教室で、ナインハーフを思わせるようないい雰囲気を醸し出していたけど
彼女が無理矢理霊視をさせたものだから、二人の関係は何も始まらないままジ・エンド。
お母さんを若くして亡くして、実の父から性的虐待をされてたってことかなあ?
そんな身の上なのに、なんで霊視させたかなあ?

マットの役で一番気に入ったシーンは、大好きな朗読家とご対面するところ。
あとは・・・ジャーナリストと会ってまさにビビビ・・・ときたみたいだったけど
そこも、いまいち唐突で、なんだかなあ~?だった。

そうそう、この映画で話題になったのは、冒頭の津波のシーンでしょうか?

すごかったです。さすがに胸が痛いです。
日本でも現実に起きたことですからね。
あの勢いで水にのまれたら・・・車やら建築物にぶつかったらひとたまりもない・・・
と感じました。主人公も実際海に投げ出され、激しくぶつかったりしたけど奇跡的に生還。
その臨死体験が、彼女の人生を変えたわけで・・・

彼女があの世の世界を見るシーンは、美しく、すばらしい映像だと思いました。
・・・本当に死んでるみたいだった・・・。

もう1人の主人公は、ジャンキーの母親を持つ双子の男の子。

この男の子たち、とってもかわいかった。
でもさ、死ななきゃストーリーにならないとはいえ、あの展開はガチすぎてなんだかな~
ちょっと萎えた。
印象にのこったシーンは、「ゴースト」を思い起こさせる、地下鉄のシーン。
死んだ兄弟の帽子をかぶってた弟が、大混雑の中、帽子を蹴飛ばされ電車に乗れないという・・・
がっかりしていると、その電車はテロに遭い大爆発!
・・・なんと過激な・・・
兄がわざと帽子を飛ばして、助けてやった、ということだったけど。
テロのほうも大変な出来事ですよね・・・筋からはずれるから軽くスルーだったけどね~

双子のおにいちゃんの話によると、むこうの世界は楽しいところらしい。
それは救われる話ではありますね。残されたほうは、そう思いたいですよね。

全編、音楽はほとんどなし。静寂です。
全然飽きるような展開ではないけど、深いところをえぐってくるような話でもなかったです。
なんか、軽いんですよね。
あと、しっくりこない部分もちょこちょこあったし。

観た人がおかれてる状況によって、感じる部分が違うかもしれません。

少なくとも私にとっては、「クリント・イーストウッド?マット・デイモン?
・・・にしてはなあ~?」 って映画でした!




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: