広告
Singin' in the Rain 「恋とニュースのつくり方」 (2010・米)

「恋とニュースのつくり方」 (2010・米)

恋とニュースのつくり方 [Blu-ray]恋とニュースのつくり方 [Blu-ray]
(2012/04/13)
レイチェル・マクアダムス、ハリソン・フォード 他

商品詳細を見る


おもしろかった!!
昨日から、家族みんな出かけているので、私は昼寝したり、録画を観たり・・・
で、ついに久しぶりに映画も観ちゃいました~♪

最初、イマイチ覚悟で、おもしろくなかったら観るのやめようって思ってたんだけど、
小気味いいテンポでぐいぐい引っぱっていってくれたので、眠らずに観れました(笑)

なんと言っても・・・レイチェル・マクアダムスがすばらしい!

彼女じゃなかったら、きっとつまらない映画になっていたでしょう。
他にこの役をできるとしたら、サンドラ・ブロックとか?
今は年齢的には無理だけど、きっといい感じですよね。ジェニファー・アニストンも。
アン・ハサウェイもいけますね。彼女はどんぴしゃ。「プラダ~」でも組んでたから避けたのか・・・
リース・ウィザースプーンもいいけど、とにかく28歳ぐらいの設定だったらみんなキビシイです。
次のラブコメ女王って言ったら、レイチェルになるんじゃないかなあ~?

私はあんまり好きじゃなかったはずなんだけど、「君に読む物語」でちょっと好きになって
他の作品は今ひとつだったけど、これまた、アタリ!
かなり、体当たりです。
彼女の良さが、すべて出ているんですよね~。
かわいらしいところ。
まっすぐで清潔感があるところ。
元気なところ・・・。
そして何より、彼女の得意とする、コメディ部分が秀逸。
表情とか動作とか、最高ですよ。なかなかここまでできる女優さんはいないだろうなあ。
決して軽いだけじゃないんですよね。ちゃんとハートも掴んできます。

脇の俳優さんたちがまた豪華。
なんてったって、ハリソン・フォードですよ!
まあ、名キャスターとして過去の栄光に追いすいがる・・・プライドや理想は果てしなく高い
とんだ偏屈なジイサン役なわけだけど・・・
さすが、それだけでは終わりません。
ちゃんとオイシイとこ持って行っちゃいます。
最初ハリソン演じるマイクがベッキーに向かって「なんだ、その前髪は!!」ってけなすんだけど
前髪がどうだったんでしょう・・・?
長めのパッツン前髪。
あまりにも構わなすぎってこと言いたかったのかな?幼く見えるし。
それがディレクターとしての仕事が実を結んでくると、前髪も洗練されてくるんですよね。
私自身、前髪ぱっつんなので、年相応にかっこよく前髪をキメテイル人に憧れます。
幼い頃から憧れの存在だったマイクに指摘されたことで、ずっと前髪を気にしてるところ
なんだかとっても親近感がわきました。(笑)
で、ずっと偏屈だったマイクが、離れていこうとしたベッキーに向けたメッセージ・・・
不覚にも泣けました。
泣くような映画じゃないと思ってたんだけど。

『大切な人にだけ作る、フリッタータ』

さりげないひとことが嬉しいです。
誠実でまっすぐな想い、情熱は、固く閉ざされた人の心の扉を開け、その人自身を
変えることもできるんだな~って。

レイチェルの健康的で美しい体が、ラストのモーニング☆ランでも活きてます。
実にすがすがしい。

しょうもない邦題にある、恋の部分は、まあ付け足しかな?
同僚たちに、「ステキねえ~!!」と言われていたお相手は、パトリック・ウィルソン
「オペラ座の怪人」のラウルと、「パッセンジャーズ」で観たけれど、はい、好みではありません。
ギリギリ、カッコイイと言っていいかな?って感じ。
ちょっと不気味な雰囲気があるんですよね~。さわやか系じゃない。生え際もきわどい・・・
ベッキーは、常に恋はしたいのだけど、どうでもいいことをペラペラ喋って最後は自爆。
仕事第一なので、恋愛にも身が入らないってところ。
アダムはそれをも理解してくれる救世主だったわけだけど、恋愛部分はアッサリです。
ハリソンがもうちょい若かったら、そっちとくっついて、若い方のアダムはポイ・・・
でもおかしくないかな~なんて思いました。それぐらいの存在。

もうひとり、とってもリアリティのあるキャスターを演じたのが、ダイアン・キートン
おいくつですの・・・?
1946年生まれって言ったら、66歳?ハリソンは・・・な・・・70歳かあ!!
ふたりとも、いい歳のとりかたしてますねえ~。
ダイアン・キートンは相変わらずコメディもいけてて、全然変わらずいい味出してました。
ほら、マーサ・スチュワートにもちょっと雰囲気が似てるし。
キャンディス・バーゲンのほうが似てるかな?・・・まあ同系列って感じ。

マイクとどちらが最後、「さようなら」を言ってしめるかで争ったり、ネチネチと笑顔で嫌味を
言い合ったりもおもしろかったのだけど、最後は仲良さげに二人で部屋に入っていってましたね。
ヒュー、そんな関係になっちゃったんだ!それもよかね~。

とにかく、楽しい映画でした。

視聴率を上げるために絶叫コースターとか体当たりレポをやったり、バカやるのは
この映画の笑いどころなのかもしれないけど・・・私はそこはあんまり・・・(苦笑)

特別な感動はないけれど、観て損はないと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: