広告
Singin' in the Rain サウンド・オブ・ミュージック 福岡初日

サウンド・オブ・ミュージック 福岡初日

初日、初見、観に行ってきました。
発売日には良席とれなかったので、2階最前列を譲っていただきました。
久しぶりの席だったけど、クッションが増えていて目前の手すりバーが邪魔にならなくなっていた!
これでこの席の本来の価値が出るというもの。ストレスフリー。良かった~。

いよいよ開幕。
最近では全国の「夢醒め」以来の四季。シティ劇場ではまさに約1年ぶりです。m(;∇;)m 
冒頭、シスターたちの美しい歌声が響く・・・秋山さん、アンのリンド夫人で見たっけかな?
オペラ座でも拝見したかな? 今までの印象以上に、修道院長はすばらしかったなあ~!!
発声は、まさに声楽の世界。突き抜ける高音。美しい。

続いて張りぼて?の山に智恵マリア登場。
うっ・・・建物はゴージャスになるけど、壮大な自然を狭い舞台で表現するのは難しいなあ。
んーでも雰囲気雰囲気。 智恵さんかわいい!歌声もまっすぐで美しい声。
智恵さんの歌は、アイーダの時は力が入ってたけど、クリスティーヌとかベルとか好きでした。 
ドナまで行った人がマリアもやるんですから、俳優さんってすごいですよね。(≧ω≦)b
シスターたちは・・・「ウィキッド」でお目にかかった保城さんがいるのか~
マルガリータ・・・いや、マルガレッタってどのシスターだっけ?まだ区別がつかず・・・(苦笑)
久居さんはWSSのサムホエアで。音楽祭で2位に食い込んだ人はだれ?
ダンスがほとんどない分、声楽畑出身の方がたくさん出てるんでしょうね。
きれいな歌声で・・・ ここでもさすが四季って感じがします。

院長はおてんばで歌ばかり歌っているマリアに外の世界を見せようとトラップ家に送り出すのだけど
私は勉強させる・・・というより、マリアには普通に恋愛して、幸せになって欲しかったんだろうな~
って思います。後でセリフにも出てくるけれど・・・
マリアは神に仕えると言うより、いい意味で、俗っぽい人間なんですよね。
だけど奉仕の心はしっかりあるし、心は清らか。
院長はマリアをすごく愛しく思っていたんだろうな~ 昔の自分を見ているところもあったのかな?

トラップ家の場面。
家政婦のはにべ・・・さん。好きなんです、彼女の声とかキャラが。
ある意味カチコチでおもしろみのない四季の中で、『色』がある俳優さんのひとりだと思います。
家政婦もいい味が出ています。
フランツは青山さんっ!
相変わらずすら~っとして麗しいこと。(笑)
この役は歌もないしセリフも少ないしもったいない感じもしますが・・・
クールで冷たいキャラがはまっていてイイ感じでした。ちゃんとした人を置くことは大事ですね。
舞台が締まります。

そして待ちに待った子どもたちの登場♪
もう、びっくり!! 階段から足を鳴らしながら、手は直角にピシッと曲げて行進して
ヒヤヒヤするぐらいテンポも速いし、たくさん練習したんだろうな~ってまず思いました。
芝大佐~。
海軍にいたからって、家族を笛で統制とろうなんて・・・ すごいな・・・
心が病んでるのがわかります。
マリアはすぐに異様なことだと指摘して、自分はやらないときっぱり拒絶します。

自己紹介からドレミのところ・・・楽しいですね!見せ場です。
智恵さんは何度も経験されてるというのもあるけど、すっかり自分の物にされて、さらにその上・・・
を行くレベルであるので、観ているほうは安心します。

田野さんエルザは・・・
きれいで、お金持ちで、打算的で・・・ でも完全に悪人ではなく、彼女の行動もしょうがないかな
と思わせるようなうまいお芝居でした。
ルックス的には、「ふたりのロッテ」のイレーネでしたっけ? あのキャラとちょっとだぶります。
お父さんとくっつこうとするところもね。 あっちはかなりイジワルです。

芝さんもさ~、いや大佐もさ~、子どもたちに「新しいお母さんがきまーす!すごいだろう~?」
って報告、ひとごとすぎて笑った・・・ 伴侶に対して形式的に捉えてるだけって感じ。
でもエルザが立ち去る時は、名残惜しげに手にチュウしましたよね。
結婚するぐらいだからキライではなかったんだろうけど、すぐにマリアにプロポーズしてたから
ちょっと・・・・アレでした。

芝さんは、「えっ芝さん?」ってぐらいおとなしい役柄でしたね。(笑)
当たり前だけど、タガーやユダやチェとは全然違う。
でもちゃんとお父さんに見えたし、抑えた中にも信念や愛情が見てとれました。
トラップ大佐に感情移入すると、かなりせつないですね・・・。
7人も子どもがいるのに、愛する奥様に先立たれて・・・
前は歌も歌ってたし、いろいろ楽しいこともやってたのにすっかり人が変わったようになって。
それがマリアの登場で固くなった心が溶けてゆく・・・

また脱線しますが、トラップ大佐はハイジに出てくるクララのお父さんゼーゼマンさんとだぶります。(笑)
ゼーゼマンさんはドイツ、フランクフルトでお金持ち。奥様を亡くされ仕事に忙しくクララはほったらかし。
娘を愛してるんだけど、家に居ないのは、奥様を思い出すからなのか・・・と思ってみたり。
執事や家政婦・・・セバスチャンやチネッテもいます。(笑)
でもあれ、原作は1860年代にできたものなんですね。びっくり。

大佐とマリアがどんどん親密になっていく場面ははしょられています。( ̄ー ̄;
決定的になるのは、ふたりでダンスをする場面です。
マリアったら、「え?」「あら・・・」「ちょっと・・・」って感じにドギマギしてしまいます。
ここがね~・・・ 芝さんと智恵さんでも、もちろんいいんですよ?
でもここだけは、もっと違うふたりで観てみたいような気も・・・しないでもないです。
マリアは何しろ男の人に免疫がないんですから・・・どこまでもフレッシュに!
大佐は・・・オトナの色気と包容力を出して、「そりゃ落ちちゃうぜ!」っていうぐらいな魅力で。
まあ、ここだけをクローズアップしたら、四季以外の団体だと期待もできるのですが・・・
全体の完成度からいったら四季に敵うはずはないので、やっぱりいいです。

こちらでは「アイーダ」のほぼ無表情だったファラオで御馴染み、勅使河原さん
マックスのはじけっぷりに驚き!! お笑い担当でしたね。
すごくはまって見えましたけど~!さすがずっとこの役をされてるだけありますね。
調子のよさに垣間見える狡猾さ・・・? グレーテルの指をなめちゃダメダメ~(笑) フキフキも仕方なし
何度か観てもっと理解したいと思いますが、大佐とは真の友情があったのかな?
しかしあの最後の場面は衝撃的。 マックス、どうなったのぉ~???

ロルフの一和さん!お初だと思います。
かっこいいな~。髪型とか違和感ないな~。
一和さんといえば、「春のめざめ」、最近ではマンマのペッパーですか?
最初はルイーザとの気恥ずかしくなるようなラブラブ場面。
ほとんどダンスがないこの作品の中で、唯一動きがありますね。
くるっくる回ってました。 なんで恋人同士って回るんだろう。(´~`ヾ)
チュッとして逃げ帰る場面でも、人によっては無理がありそうだけど彼は微笑ましかったです。
情勢がキナ臭くなってきて、すっかり人が変わった様子も良かったです。
修道院での庭での場面・・・ほっとした。 悪人になってなかった。

子どもでもない、大人でもない、微妙なお年頃リーズル。
五所さんは「エルコス」以来かな~?
初見だから比べようがないのだけど、大人びたお姉さんで、歌も上手だしかわいくって
私は満足しました。もっと兄弟と年が近い人がすると、雰囲気違うのかな?
他の人で観れるかな~?でもかなりハードル上がってる感じです。

マリアが主役と言うほどは目立たない分、ある意味主役と言ってもいい子どもたち。

私が気に入ったのはクルトです!
人物設定も影響しているかもしれません・・・。
子役の東 倫太郎くんもかわいいこと! 事務所HP事務所HP
エクボが~。ヤンチャそうなところがいいですね。将来は市原隼人風になったり・・・しませんか?(笑)

もうひとり、賢く繊細なブリギッタ、辛島玲奈ちゃん。
セリフがすごく聞き取りやすかった。 クリアに聞こえると気持ちが伝わるものですね!
ドレミの2語のところや、恋してるところをズバッと言い当てるところ、おもしろかった。
でもあそこまで清廉潔白に真実だけを突かれると、実際やりづらいかな・・・(苦笑)
(と、ダーティなオトナが申しています。)


一番オチビちゃんのグレーテル、畠山和心菜ちゃんももちろんかわいかった。
わ・・・こ・・・な・・・ちゃん。 劇団ひまわりの幼稚部所属?
まだ、5・・・5頭身?ちょっとハスキーでね~。 大役が多いんで大変ですね!
でも度胸が座っていて、オバチャン感心しかできないよ!!

ダブルキャストなんで楽しみがありますね~。 驚かせて欲しいな!!

時代背景が・・・ナチスとか・・・まさに暗黒時代なんで・・・どうしても作品に陰を落としますね。
2幕の音楽会なんて、同じ曲を歌っても、せつなくてせつなくて・・・。
あんなに幸せに暮らしていた一家が、何もかも捨てて、なぜ祖国を去らなければならなかったか・・・
戦争について考える時いつもそうなように、もどかしい理不尽さを感じます。

だけど、頼りになる父、明るく温かな母、元気な子どもたち、そんな家族だったから、
苦難にも乗り越えてこられたんでしょうね。
そして何より、「歌の力」
歌ってすばらしい力があるんですね。人を幸福にする。

この作品に対しては、個人的には、果てしなくストレートに近いミュージカルだな~という思いです。
ダンスで表現・・・というのがありませんから。
ストレートプレイでも歌があったり、ダンスがあったりもあるから、むしろそっちでもいい感じです。
喋ってたら突然歌いだす、感情を全部歌詞で言う・・というのが苦手な人にはいいですね。
私はダンスが好きなので、ちょっとさびしい気もしますが。

ありがちなミュージカルだと、ナチス軍が出てくる場面では、ゾーザー軍団ではないけど
兵隊さんの群舞がありそうな感じです。
シスターはあの格好で踊り狂うってわけにはいかないでしょうけど、
舞踏会のシーンではもっとカンペキなダンスがあるかな・・・・?
そこぐらいですよね。あとは子どもたちがかわいく踊ってくれてますから。
舞踏会では全然ヘタな人や、姿勢が悪い人を入れてるあたり、リアリティ重視なんでしょうね。
クラシカルな雰囲気をあくまでも崩さずに・・・ってことかもしれません。

だけどなんだろう、全編にわたる、しみじみとした家族愛とかクリーンな心・・・
忘れかけていたものを思い起こさせてくれるような不思議な感動がありました。
やはり名作なんですね。

イベントにからめて何度か行きたいと思ってますが、今度はいつもの1階前方で。
違う発見をいろいろしたいと思います。
楽しみです。


NEC_0003 20  花スタンドがいつもより多い気がした・・・?入り口から奥までズラ~ッと ロボの会社も(笑)

NEC_0004 20 関係者も多いけど、めっちゃ賑わってるホワイエ やっぱうれしい
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

     

コメント

観に行きたいです。

初めまして、劇団俳優座の田野聖子さんの大ファンで、今回初めて田野さんが「サウンドオブミュージック」に出演しているということを聞き、評判はどうなのかと思い検索していました。レポートを読んで、東京から遠征したいな、という気持ちになりました。
詳細な読み応えのあるレポート、ありがとうございます。チケットと飛行機、取ってみます!

ありがとうございます

はるかぜさま、初めまして

恐縮です・・・。久しぶりの四季観劇に興奮して、ダラダラ長い文になってしまいました。
お読み頂いたとのこと、ありがとうございました。
作品に詳しい方だったら笑われるかもしれませんが、素直な感想を書かせて頂きました。
参考になりましたのならうれしいです。

田野さんのファンでいらっしゃるんですね。
綺麗だし、ステキな女性を演じていらっしゃいました。さすが、劇団俳優座・・・
四季びいきな内容、失礼しました。

福岡は食べ物にはずれがない、と俳優さんにも人気のようですね。
田野さん他キャストの方にも滞在を楽しんで欲しいです。
はるかぜさんも、ぜひ、福岡シティ劇場へおこしくださいね!
来月は山笠で博多の街は盛り上がりますよ。

No title

コメントは久々ですが、ブログは楽しく見てましたよ。
我が家は来月サウンドオブミュージック行きます。
なんて言うとのりゴローさん並みと思われそうですが、劇団四季は美女と野獣と今回の2回目です。
高校生の子供が行きたいと言ったので行くのですが、ストーリーもほぼ知らないのでとても参考になりました。
仕事と体力的危機感によりフィットネスに行くぐらいで、趣味がないんで、のりゴローさんの多趣味は羨ましく参考にしてま~す。

くすんさん、こんばんは♪

コメントありがとうございます。
高校生のお嬢様と観劇ですか?ステキですね!
私の感想が観劇の邪魔にならないといいんですが・・・(苦笑)
「美女と野獣」は舞台も華やかだし、ダンスも美術も凝っていて最後はこの上ないハッピーエンドでしたが
「サウンド~」は全然違った趣向で楽しめると思います。
やっぱり子役さんたちががんばってますからね~。
家庭を持っていると、ぐっとくる内容になってます。

フィットネスだなんて、それこそ私の憧れです!
フィットネスに行くために、体をまず搾りたい・・・ような感じですから・・・私は・・・(笑)
多趣味と言いましても、家族に付き合ってるようなもので・・・
やっぱり観劇が一番の、“My Favorite Things”でしょうか!(・◇・)ゞ

No title

こんばんは。お久しぶりです!
開幕したのでもしかして?と思って来てみました。

SOM、わたしは芝大佐の演技が大好きで、特に2幕、マックスにベルリンからの電話に出るように言うところ「行けよ・・行けよ」のセリフ、毎回泣かされました。
あれ、他の大佐は言い方が違うんですよね・・・
そして、最後のマックスと大佐のアイコンタクトとかたい握手。ここも号泣。
命がけで逃げる手助け。。。友情はあったでしょうね。←わたし的解釈・・・

マリアは智恵さんもよかったけど、江畑さんもとってもかわいいので、また楽しみですよね。
知らなかったんですが、もう千秋楽が決まってるとのことで、子役ちゃんたち、早くデビューしないと終わっちゃいますよね・・・各役4人ずついるし・・・ということが話題になってます。
わたしも1回ぐらい福岡公演観にいけたらいいなって思ってます♪

もしかして・・・でした(笑)

みーさん、こんばんは!
・・・こちらこそ、ご無沙汰しています。(。-人-。)

しばらく四季から離れていましたが・・・早速観てまいりましたよ。

ふむふむ、そういう細かいところ、まだ観れてないかもです。
2階だったし、なかなか表情まで追いつかなくて!
今度みーさんが教えてくれたポイントをしっかり見てきたいと思います♪

江畑さんは私も大好きなので、後半でも観れたらいいなあ~。
歌が上手だけど、かわいくもあり!((((((/´З`)/

あれ、ほんとだ、子役ちゃん4人ずついますね。
期間は最初から10月までと決まってたから、ちゃんと考えてのことでしょうけど
出番が多い少ないは、デビュー次第でどうしてもあるかな?
学校の都合もあるし、体調管理も子どもは大人より難しそうですね・・・

ぜひぜひ、福岡公演も、どんな風か、確かめにきてくださーい!!ヾ(*゚∇^*)ノ~

あっ、ホントだ!!

どこのどなたか存じませんが、お優しい方・・・

ご指摘ありがとうございました。

訂正しておきます・・・ヾ(;´▽`A``>

No title

東輪太郎君と同じ学年なんですv-221                                                                                                        大好きです
Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: