広告
Singin' in the Rain デスパレートな妻たち6 #6

デスパレートな妻たち6 #6

第6回 浮世のルール

ブリーは食べ方も汚く、モラルも節操もないカールに、本気になりそうな自分が怖い。
ついに別れを切り出すが、祖母からもらった大切なブローチを渡され、「愛してる」
と言われれば、なかなか別れの踏ん切りがつかない・・・。
ある日、オーソンとスーザンの家を訪ねたら、目ざとくブローチに気づかれる。
カールはスーザンにも渡しており、離婚前にこっそり奪っては「失くしたな!」
とスーザンを罵っていたというのだ・・・。
愛想を尽かしたブリーだったが、カールは片膝ついて「結婚してくれ!」とプロポーズ。
そしてスーザンにカールの聞いていなかった“いい面”を尋ねる。
「キスが上手いこと、笑いのツボを押さえているところ・・・」
そしてちょっぴりスーザンには心残りも・・・。
それを聞いて十分に満足したブリーは結婚の申し出を保留。
返事は自分の立場がはっきりしてから・・・と。そして改めて贈る様にとブローチを返す。

オーソンはブリーがブローチを見つけたというアンティークショップへ行き、
妻のために同じようなブローチを求めに行く。
・・・ところが店主はそんなもの扱ってないと言い・・・・


ガブリエルとカルロスはホワニータの学芸会へ。
セリフの覚えもイマイチだったホワニータは、舞台上でいらついて禁句を発してしまう!
規則に厳しい校長はカンカンになって厳罰を言い渡す。
納得いかないガブリエルはそれに噛み付き、「子育て法が悪い」と言う言葉にブチギレ。
校長を罵った上、自ら退学宣言!
やむをえずしばらくは自宅学習に・・・。
と言っても全然勉強みる気なしのガブリエル。ホワニータは言うこと聞きやしない。
しかし、あの横暴な校長を好きだったというホワニータの言葉を聞いて
自分が勇み足だったと反省するガブリエルだった。


トムは大学での友人を夜中に家に連れて帰ってくる。とんだ酔っ払いだ。
パーティーにお酒を持っていったり行動が目に余ったリネットはパーティーに乗り込む。
知り合いを見つけ問い詰めると、トムは試験の答えを教えてもらうため
彼らと付き合っていることがわかる。
カンニングという不正が許せないリネットはトムを責めるが、トムはトムで
妊娠していることを友人に隠しているリネットを「清廉潔白と言えるのか?」と応戦。
場合によっては、ルールを破ることも必要なのか・・・


スーザンのもとに、キャサリンがけろっとして訪ねてくる。
「挙動不審はもう卒業!」と言うが、彼女の言葉が信じられないスーザンは態度を変えず。
それを見て、むっとしたキャサリンは、スーザンの立場が危ういことをほのめかす。
外野を黙らせるにはキャサリンの協力は必要・・・。
スーザンは「ブランチなら一緒に・・」と一度は譲歩したのだが・・・
マイクがスーザンとラブラブな夜を過ごそうとしていたところにキャサリンから電話。
無視しようとするマイクだったが、スーザンは無碍にもできないと一緒についていく。
すると、寝室はバラの花、キャンドル、バブルバスで用意周到設えてある。
おまけに自分はセクシーランジェリーをまとっている。
魂胆がわかったスーザンはキャサリンと取っ組み合いになりバブルバスの中へ!!





ブリーもカールも相変わらずでおかしい。

二人はお似合いですわ。

ブリーは自分は違うと思ってるだろうけど、保身のためなら何でもやるし

モラルがあるようで、簡単に破ることもあるし・・・同じ穴のムジナではないですか?

スーザンがカールを褒めたところはちょっと新鮮でした。

だけどマイクがいいに決まってる!!カールは魅力的な男だとしても節操なさすぎ。

少なくとも、マイクのほうが誠実そうだ。

オーソンがブローチからブリーの嘘に気付きそうな展開だったけど・・・

前も同じようなことあったよねぇ~。ブリーが大事にしてたお面だっけ?

そういえば、ジュリーが入院してる時、カールとブリーがキスしてるところを見てたけど

結局ジュリーは覚えてなかったってことなのかな?


ガブリエルのエピソードはピー!ピー!だらけでしたっ!

どんだけ禁止用語やねん・・・(苦笑)


リネットのスッピン・・・勇気ある~。

“トムスカ”に笑った。

トムはそりゃ年取ってるけど、大学生の中でもそんなに違和感なかった(笑)


マイクとスーザンのいちゃいちゃ(未遂?)シーンよかった。

キャサリンの寝室・・・・すごかった!!!

スーザン、私もよろめきそうだったって・・・(笑)

マイクもてもて!まあそれだけの価値がある男!・・・よねえ?


ナゾ多しのアンジー。

お母さんとの写真を眺め、そのお母さんに電話。何か意味が?

キャサリンにはニックの親だとごまかしてたようだけど・・・。

アンジーはキャサリンが作ったパイナップルケーキを持ってスーザンのところへ。

ジュリーを襲ったのはキャサリンじゃないかと話す。スーザンと間違って・・・。

「まさか・・・」と信じられないスーザンだったが・・・


ルールねえ~。


オトナはルールを守らない・・・かぁ~。


そうかもしれませんねぇ~。


隠さなきゃいけないこと、隠していたほうがいいこと・・・いろいろありますから。


清廉潔白に生きることはすばらしいんでしょうけど、


そうしたくてできるもの?それともそれを破る誘惑がないってこと?


・・・人間生きていく上で、いろんな誘惑があるものです。


それに打ち勝つのが正しい生き方なのか、身を任せていろんな体験をして行くのが


幸せな生き方なのか・・・


私にはまだわかりません。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: