広告
Singin' in the Rain 「JUNO/ジュノ」(2007・米/加)

「JUNO/ジュノ」(2007・米/加)

JUNO/ジュノ<特別編> [DVD]JUNO/ジュノ<特別編> [DVD]
(2009/06/05)
エレン・ペイジ、マイケル・セラ

商品詳細を見る


おもしろーい!!好き?!な映画でした!
アカデミー賞脚本賞を獲った時から目をつけてた作品。(で、今頃観てる・・・)
いつものように、ネタバレです。


まず、オープニングが最高!
古びたソファ、裸の男が座っている。主人公の女の子がパンツを脱いで・・・
「ずっとこうしたかった・・・。」
「知ってる・・・。」

ええ?っ!?ちょっと気になる???!男の顔映んない!

すると高校生の女の子(ジュノエレン・ペイジ)が“スラッシー”のボトルをぐびぐび飲みながら
田舎道を歩く。ここの映像処理と音楽が、この映画らしいこだわりがあっていい!
何度も言ってるけど、オープニングで観たい映画かそうでないかがほぼ決まってしまう。

向かった先は薬局。買ったのは妊娠検査薬。
彼女が買ったのはもうこれで3個目。・・・何度やっても結果は同じ、陽性だ。
そう、彼女は高校生で妊娠しちゃったのです!

とりあえずバーガー型の電話で告げたのは親友のチアリーダーをしているリア(オリヴィア・サールビー)
そして、おなかの子の父、ポーリー・ブリーカー(マイケル・セラ
この子!?
・・・なんとも微妙な感じだったのでびっくりする。彼の反応もキョトンって感じ。
そして二人の間に甘い空気などもなく、どうしてやっちゃったの?という疑問さえ湧く。

juno03.jpg


だってジュノはおよそ女っぽくもなく、サバサバした今時の言葉を使う女子高生。
自分で変わってるヘンな子・・・という認識アリ。
妊娠はしちゃったけど、何度も出てきて嘲笑を買う言葉、sexually active(性的に活発)
では全然ないわけ。ただし、好奇心は人一倍強そうな女の子。
だから試しに1回やってみた・・・というのはわからなくもないのだけど・・・。

そしてお相手のポーリーは、陸上をやってるけど、テラテラの短パンにヘアバンド。
smapが冗談でやる光ゲンジ風のキャラそのもの・・・。
なんでこの子なの??と思うが、二人は1年前のスペイン語講座で知り合い、
お互いに惹かれあったらしい。
ヒーローとは程遠くとぼけた感じだけど、そこそこまじめで勉強もできる
・・・というのが救い。まあ、好感持てる男の子。

妊娠に動揺したジュノだったけど、最初は「さっさと出しちゃえばいい・・・」と
軽く考えて“ウーマン・ナウ”という怪しい婦人科に行く。
ところが病院の前で中絶反対を唱えるスー・チンに、「赤ちゃんには爪も生えてるのよ!」
と聞かされ、それが心に響いて計画変更。とりあえず産む決意をする。

さて、一番の難関、両親への告白だ。
軍人あがりで現在は空調技術士の父(J.K.シモンズ)と継母のブレン(ダ)(アリソン・ジャネイ)が
「退学か?」「ドラッグか?」・・・と固唾を飲んで娘の言葉に耳を傾ける。
(アカデミー賞でもダイジェストで取り上げられてた部分)
でもここはコメディ。妊娠を知って大層ショックな父だが、罵ったりもしないし
大袈裟に騒ぐことはない。むしろ相手を聞いて、「アイツがデキルとは・・・」
なんて言っちゃう・・・(笑)
さらに追い討ちをかけることに、飄々としたジュノは親心を知ってか知らずか

「椅子でね。カレ、スゴイのよ!」

なんて言ってる。・・・正気か? かわいそうな父・・・。(苦笑)

結局、ジュノは産むのは産むけど、子どもは里親に出す・・・ということで
誰もが納得をする展開となる。
フリーペーパーに載っていたステキな夫婦に目をつけ、父と会いに行く。

ジュノの家とは全く違う、ミネソタ州の高級住宅地にある大豪邸を訪ねる。
待っていたのは5年間子どもができず、子どもを待ち望んでいる
ヴァネッサ(ジェニファー・ガーナー)とマーク(ジェイソン・ベイトマン)夫婦。
そしてオカタイ弁護士。
“開放的養子縁組”を求めるヴァネッサに、ジュノは「閉鎖的で問題なし!」と
ドライに言い放つ。おなかの中でできあがったらホイとお渡ししますよ?ってな感じ。
お父さんはお父さんで、いい人だけど知的とは言いがたい・・・。
有能な遺伝子を選んで子どもを欲しがる人もいる中、ヴァネッサは彼女の子でいいのか?
と心配になる・・・(苦笑)
だがヴァネッサの不安は、産みの親が急に気持ちを変えて子どもを渡さなくなる
ということらしかった。以前にそういうことがあったらしい。

縁組の話もそこそこに、大豪邸探検に出たジュノ。
ふと、ギターに目がとまり、様子を見に来たマークと音楽談義に花が咲く。
しっかりした嗜好を持っているジュノは、プロとしてバンド活動をしていたマーク相手に
全然物怖じすることなく自分の好みをぶつけ言い合いをする。
マークも恐らく出会った事がないユニークな女の子との時間を楽しむ・・・。

冬になりジュノのお腹は明らかに目だって大きくなった。
超音波診断に付き添ったリアと継母のブレン。
お腹の中の赤ちゃんの様子に思わず涙ぐむ。
そして「10代の子育て環境は劣悪で無理」と決め付ける検査技師に反論してやりこめる。

img20080707_p.jpg

かっこいい。まったく、いい継母なのだ。
赤ちゃんのために食事にも気を遣ってくれるし、
後でジュノのジーンズのお腹にゴムを入れて改良してくれたりするしね。

ジュノはよくわからない行動に出る。
距離もあるのに、超音波画像の写真を見せに行くという名目でマークに会いに・・・
マークは家でCMの音楽製作をやっていた。
突然のジュノの訪問に戸惑うが、好きな音楽の話で盛り上がったり、怖いホラーを
二人で観たりして楽しく時間を過ごす。

ポーリーとは相変わらずの関係だった。いい友達関係だ。
だけどジュノは「またバンドをやろう、そして俺たちまた付き合おう。」
というポーリーに、「私たち付き合ってた?あの晩だけのことでしょう?」
と冷たく突き放す。

126001820361016223954_juno-01.jpg



春になり、ジュノはポーリーが“スープ臭い”カトリーナをプロムに誘ったことを知る。
ジュノは明らかに動揺する。
そして面と向かって、ポーリーを非難する。
ポーリーも自分が傷ついたこと、今まで言えなかったことをぶちまける。
(Hした晩、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」を観ると言ってジュノが誘った?)


心がざわつくジュノは、リップを塗ってまたマークの元に。
突然の訪問ではあったが、マークは明らかにジュノを待っていた。
二人はプロムのダンスを再現・・・と言いながら肩や腰に腕を回して踊る。
思わずマークの胸に頬を寄せるジュノ。
するとマークから思いもかけない言葉が・・・

「妻とは別れるよ。」

ジュノはわけがわからなくなる。
確かに、二人が一緒にいる時、何がしかのシンパシイは感じていた。お互い。
だけど幸せになって欲しいと思っていた二人が離婚する?
事の重大さに気付くジュノ。
帰って来たヴァネッサに涙を見られ、慌てて家を飛び出していく。

マークとヴァネッサの間にも話し合いが必要だった。
何が何でも子どもを欲しいヴァネッサ。父親になることに決心がつかないマーク。
いつしか二人に気持ちの温度差が生まれていた。
さらにマークは今やっている仕事は自分がやりたいことではなかった。
ヴァネッサは、彼の夢を、いつまでも夢ばかり追いかけている彼を半分呆れていた。
二人に愛はなくなっていたのだ・・・。

運転しながら泣きじゃくるジュノ。

“男女の愛が永遠に続くことは無理なのか?”

ドライな高校生であっても、やっぱり未知の愛については純粋なんだな?と思う。

ジュノはある決心をして広告の裏にメッセージを書く。
そしてそれをヴァネッサに届けるのだった。

どこよりも居心地がいいという家に帰ると父が迎えてくれた。
愛は続かないのかと疑問を投げかけるジュノに言った、お父さんの言葉がいい。
「ありのままの自分を認めてくれる人を探しなさい。そうすればきっと続くだろう・・・。」
この言葉にはっとする。ジュノはそれが自分にとって誰なのかがわかったのだ。
(お父さんは自分のことだと思っていて、これがまたかわいい・・・笑)

ジュノはポーリーのメールボックスにオレンジ・ミントをどっさり100個入れた。
それはジュノの想いがたくさん詰まっていた。
ポーリーに謝り、「あなたが好き!サイコーにクール!!」と告白。
ポーリーもその気持ちを受け止め、二人はグランドの真ん中でキスをする・・・。
(ガッカリする体育会系の男の子の姿あり・・・やっぱり狙ってた?笑)


やがて出産の日がやってきた。
リアと両親が見守る中、ジュノは男の子を無事出産する。
ヴァネッサが駆けつけ、自分の子を胸に抱く・・・。
ジュノは「気持ちが変わらないなら・・・!」と赤ちゃんを渡す意思を告げていたのだ。

父は娘の頭を優しくなでながら、「次はここでお前の子を産むんだ・・・。」
と複雑な心境で、がんばった娘をいたわるのだった。

その時ポーリーは陸上の試合で新記録を出していた。
ジュノの姿が見えないことに気付き、感じ取ったポーリーは産院まで走る!
そしてベッドに横たわるジュノを、何も言わず後ろから抱きしめてやる・・・。
いいねぇ?、こういうところ!!ジュノが好きになる理由がわかる気がする。
いろんな想いがこみあげてきて涙を流すジュノ。


二人の恋はまだこれからなんだよね・・・。

125145076047816432720_juno.jpg








エレン・ペイジがすごい!!


なんて才能、なんて魅力でしょう!!

飛びぬけて美人ではないのに、彼女の軽妙な語り口、クルクル変わる表情に
引き込まれて魅了されてしまいました。
すばらしい・・・・。
ちょっと容姿といい才能といい、日本でいえば大竹しのぶ!?

ellen-page.jpg

この映画も悪人は出ないんですよね。

みんな善良です。
ポーリーのお母さんが唯一(ジュノにホビット族なんて言われちゃうけど・・・)
「あの子は変わってるからキライ!」って毒づいてるけど、ジュノもいい態度じゃないしね。

マイケル・セラはコメディ部門の人ですよね。

Michael+Cera++Ellen+Page+juno+portrait+session+getty.jpg

私の好きな映画「オーロラの彼方へ」では子役で出ていたようです。
最近では「スーパーバッド 童貞ウォーズ」でぴったりの役に出ているようで・・・
ベン・スティラー風なニオイがします。ビッグになるかな?

夢を追いかけちょっとヒモ的な男マークに扮したジェイソン・ベイトマン

jbateman.jpg

彼もいかにも昔アイドルって感じ・・・ にやけてるし・・・
「Arrested Development」(2003?2006)っていうドラマで
マイケル・セラと親子で出てたんですね。
すっごくばかばかしいコメディで、視聴率はよくなかったけど一部にファンもおり、
来年映画が公開されるそうです。エミー賞もかつてとったみたいですけどね。

ジェニファー・ガーナーはど迫力。

jennifer-garner-ben-affleck.jpg

知的できれいで子ども好きで・・・でも面白みがなくて・・・?
そんなにたくさんの出番はないけど、存在感大ですね。
この映画に重みを加えてると思います。

両親の二人もよかった?。

8906.jpg  AllisonJanney preview

アリソンはもう数え切れないぐらい御馴染みのドラマにも出ているけど
J.K. シモンズはだ?い好きなドラマ、「クローザー」のポープ♪
ポープは渋い感じだけど、このドラマでは可愛げがあっていいキャラでした。



脚本賞をとっただけあって、テンポよく、無駄なく、笑わせたりホロリとさせたり
押さえどころが押さえてあってとってもよくできていたと思います。
マークとジュノの場面もちょっとドキドキしましたしね。
どうにかなっちゃったらビックリだったけど・・・よかった。


一番難しいのは子どもを産んで結局のところどうするか・・・だろうけど
まあ、顔も見ず養子縁組に出したのはちょっと残念と言ったら残念かな・・・
ジュノとポーリーならなんとかできたような気がするだけに。
二人の愛がなければ話は別ですけどね。

例え産んでも自分で育てず養子に出したらいい・・・って選択肢があるのは
若者が安易に受け取ったらマズイような気持ちもします。
今回は裕福で子どもが好きで待ち望んだ人の元へ行ったからいいようなものの
子どもにとっては、事情がわかれば複雑な気持ちを持つことになるだろうし・・・


ラストの弾き語り部分、オ?プニングといい、この映画らしくてよかったです。


掛け合いがステキでした。


同じようなコメディタッチでアカデミーがらみというと、「リトル・ミス・サンシャイン」
を思い浮かべます。
まあ?、私は「ジュノ」の方が好きですね。
「リトル・ミス・・・」の方がちょっとぼやけてるかな?登場人物も多いし。
期待はずれなところあったから。
「ジュノ」はコンパクトで、なんと言ってもエレン・ペイジの魅力がずば抜けてた!
マイケル・セラという注目の俳優も見つけたし、楽しかったです?。

そういえば、「インセプション」試写会はずれたけど、エレンが出てますね!





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: