広告
Singin' in the Rain 広島の盛り上がりにアッパレ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島の盛り上がりにアッパレ!

別の作品みたいでした・・・・・。

キャストでこんなに違うんですね?。
なんつうか、舞台からのメッセージをビンビン感じました。

江畑ソフィはやっぱり歌ウマー!!

ナラの時は、正直「老けてる!」という第一印象だったけど、歌や演技は良くて
今回はちゃんとかわいいお嬢さんでもありました。
シンバとの♪愛を感じての続き・・・って感じですよね(笑)

変わったとは聞いていたけど、アリ&リサの登場シーン、普通に上手からだったし
ポーンと投げてたバッグ、隅っこにこそ?っと置いていてなんか笑った・・・。
木内さん、すっかり女の子になっていた。
前観たのがWSSの男の子になりたい女の子だったので、化粧がけばく感じた(苦笑)
この場面、私は前からちょっと苦手?。
お色気な話&歌で、笑いどころなんだけど、四季が品がいいのか観客が大人しいのか
ど?も本来の表現の70%ぐらいしかできてない気がする・・・。
愛ちゃんはもっとおもしろくできていたような気がするけど。
3車線のバージンロードも、もっと笑いがとれてたような。
あんまり下品なのも困りますけどね!

江畑さんが常に下向き加減で、止まっていたり座ったりが多いので、アリ&リサも
それに追従する形になって・・・おとなしめに感じました。

ロージー&ターニャの登場シーン、変わらずほっとする。(笑)
濱田さん、きれい!あの衣装がもの凄くかっこよく見える!驚き。
ジャングルにいたのに、証券取引所から逃げ出して来たと言う、田中スカイ。
登場シーン、日焼けして、精悍な感じでかっこいい!・・・と思いました。

マネーマネーマネーは、さしあたってご挨拶代わりって感じ。
正直この曲は早水さんが絶品でしたからね!
まあ?どの曲も上手いんですけど、特にこの曲は圧巻で毎回大拍手が起こってました。
濱田さんは歌はサラリと「かっこいいな?」っていう感じ。
途中笑い声が入る?・・・今まで気付かなかったです・・・。

ダディーズ登場シーン。あのメンバーにしてもしら?っとさせる場面・・・。
もはや台本の問題だと思う・・・。会話のやり取りが・・・サムい。
だけどその中で阿久津サムはがんばってたと思う!一本調子と違って!
あの味気ないセリフに一生懸命意味を持たせて・・・。
とにかく、阿久津さんと野中さんが、極力オーラを消して、フツーのおじさんの
役作りをしていることに感心しましたわい。(笑)

さらに阿久津さんの「はぁい!」かわいかった!(笑)(=´ー`)ノ

チキチータダンシング・クイーン、あんなにテンポ遅かったっけ???
ロージーとターニャの振りもちょっと変わってたよ?な。・・・まあ長いですしね。
もうね、間延びした手拍子が起こってε-(;ーωーA ・・・でした。
手拍子なんかいいのに・・・・・。
だけどこの3人のやりとりは楽しくて大好き!
ここでも、「私ばかだったわ!」は早水さんのほうがうけていた。
ど?も、ドナの可愛らしい部分の表現は、早水さんが上手だったようですね?。
おもしろいところも・・・。
濱田さんは、怒ってる部分とかっこいい部分が持ち味発揮ですかね?

大好きなレイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー!!
田中スカイ、ちょっとのんびりした始まりだったのでおや?・・・と思う。
ここはゾクゾクするようなセクシーさが欲しいところ♪
でも江畑さんとものすごくお似合いだった・・・。
かっこよさは田邊さんの次ということで・・・。(個人的見解)

そういえば質問が出ていました。シンバの時と、どう感情が違うかって・・・
シンバの時はご存知のようにしっかり者のナラがちょっと優勢なんですよね。
スカイの時は、ソフィより立場的に上に立ってることを意識してるそう。

だけど私はスカイが父親探しについてもあそこまで怒るのがちょっと理解できない。
黙ってたことが怒りのポイント?・・・にしてもねえ?。
あんなことでプリプリするんだったら、同時期に3人と寝たドナみたいな女は
絶対許せないだろうな!スカイのやつ・・・。(やつ?)

「結婚式前夜何をしていた?」という質問には、田中さんは「仲間と酒を飲んでたと思う」
・・・と言ってました。
バチェラーパーティってやつ、実際はヤバイこともやってそう。
まあ、そこは、教科書どおりのお答えに染まった田中さん、うまく答えてました。
どんどん思い出すけど、「シンバの雄たけびをやってください。」というお願いに
「キムくんはデビューの日まで楽しみにしてください。」と言い、
「ボクは、劇場で見てください!」とごまかしていた。
ほんっとにあしらいが上手くなりました!
ああ、それから、結婚式前に持っている紙について、なんて書いてあるのかと・・・
ここが、あっきーらしさ満載でした!

「あれはですね、スピーチの内容です。あれ?なんだっけな・・・???」
って、一生懸命思い出そうとしているけれど・・・出てこず。かわいか?(笑)
優等生べっちなら、すらすら?っと説明しちゃいそう。
なんでも英文らしく、「前の方に座ったら覗いてください!」なんて言ってました。
常にスポーツ選手みたいに?そわそわそわそわ小刻みに動いていたあっきーです。
ソンダンの時より絶対体を絞ったと思う!以上イベントの補足です。

スーパー・トゥルーパーはすら?っとした濱田さんが歌もダンスも
かっこよすぎた!保坂さんもこんな感じだったのかなぁ??
昔を懐かしむというより、本当に『今』かっこいい女性に見えるけれども!

ギミー!ギミー!ギミー!
ダンスかっこいい????!全体にあんまり女性のアンサンブルさん目立たないけど
四季俳優がこういうダンスの表現するって・・・贅沢だと思う。
気になったのは、ビルとソフィのヘンテコダンスの場面・・・。
あれで通じてる? なんだか江畑さんが率先してるように見えたんだけど???
ビルがやるへ?んな踊りを、ソフィが真似してたって認識でしたが。
息の合ったマッタリ感が少なかった・・・。(だから最後の場面でも・・・)

大好きなザ・ネイム・オブ・ザ・ゲーム
江畑さんの歌声に大満足。 (っていうか、今までのソフィでハズレなし・・・)

ヴーレ・ヴー、ペアになってもダンスものすごくかっこいい。
開放的なセクシーダンス、ウットリしちまいます。
ヴー!!・・・でライトが客席にヴァーン!!とくるところ、あんなタイミングでしたっけ?

アンダー・アタック
ベッドの動かし方が控え目に見えた・・・。
相変わらず楽しい場面。演出としても秀逸ですよね?。舞台ならでは!
キムさんが一番好きな・・・衣装・・・だっけ?
「もっと水中にいるように!!」って何度も注意されるそうです。
田中スカイのウェディング姿、めちゃくちゃかわいかった!とぼけた表情もいい♪
田中さんのお母さんも観に来て、「あそこが一番いい!」ウケる・・・とおっしゃってたそうな。
息子のあんな姿を堂々と見れる機会はこれ以外ありますまい。
田邊さんの時は、ポールの女装を見たお母さんぐらい衝撃を受けた私ですが
田中さんはあんまり違和感なく、本当に似合ってました?。
乳首はいっつも出してますしね(これっ下品!)

ワン・オブ・アス
いいわ????。切ない感じがいい???。
バックにいるサムの姿、好きな演出です。本当に大事な人だったんだな?って
強がってるけどドナの愛情が伝わってくるのです。

エス・オー・エス
しかしどんどんシリアスな雰囲気になっていきます。
このふたり・・・息もピッタリ・・・絵になります。それが一番・・・。
今まではなんとなく歌だけ楽しんでいたんだけど、しっかり二人のドラマが見えてきます。
そういえば、サムが製図本?(スケッチブック?)を叩きつけるところ、しないんですね。
うん、私もあれはサムにしてはちょっと違和感があったので感情を飲み込むような
あの解釈、賛成です。キレるのが突然すぎましたもんね。

ダズ・ユア・マザー・ノウ
大塚ペッパーですよ♪ もう長いことやっていらっしゃいますね??。
みっちーすごい!!
ここ最近でも違う役を次から次と・・・
あの役はあり余る性欲を持った若者がやるほうがしっくりくる気もするけど(苦笑)
鎌滝さんはおバカな雰囲気がよく出てたな? トムジェリっぽい・・・
エディだと知的に聞こえるから不思議ですね。
(本当の彼はサービス精神満点のとても感じのよい紳士です!笑)
ここの場面でも、傾斜舞台じゃないのを実感。
ワゴンが転がっていかないように、いつもカチッってロックしてましたもんね。
あれがナシ!(だと思う・・・)

エディが持ってきたバグパイプをサムが見つけた時、ドナは噛み付くのが得意・・・
とかいう話になり、サムが「まだ傷があるよ?見る?」って言いますよね。
この時の阿久津さんの言い方、ラダメスがアイーダに、「わからないのか?」と
優しく切なく言うところに似てる!!・・・と思いました。
ただ単におどけて言ってる感じじゃないんですよね。(にしても、ドナは激しいね!)
アイーダが体を洗う時にラダメスを引っ掻いてしまう場面がありますが
ど?も同じペアなのでいろいろとリンクしてしまいます(笑)
濱田さんは・・・アイーダとちょっと似ちゃってる部分あるけど、阿久津さんは全然変えてますね。

ノウイング・ミー、ノウイング・ユー
コーラスがもっと聞こえてたような気がするのですが・・・
全体的に広島は、歌になると極端にメインの人の音量アップしてます。
まあ、迫力あるほうが私は好きですけどね!福岡はここまでの差はなかったと思う。
逆にコーラスはよく聴こえてたと思うのですが。
この歌脳裏に渡辺さんの姿&歌が焼きついて離れない(苦笑)

アワ・ラスト・サマー
一連の小切手のところ、おもしろいのに、濱田さんあんまりおもしろくない・・・
明戸さんと濱田さん・・・いくら20年前とは言え、私にとって王子って・・・
いったいどんな人が演じればしっくりくるのか・・・?
あっ、飯野さんで観たんだった!かっこいいハリーだった・・・
やまっきーさんもステキだったのかな?
ベッドを前にしても間違いが起きなさそうな二人です。ピクニック気分と
パントマイムを楽しむくらいです♪だけどこの曲好きです♪

スリッピング・スルー・マイ・フィンガーズ
ずこっ!!
CDを聴きながら書いてるんだけど、CDの歌あまりにヘボいのでずっこけた。
四季女優の上手いこと!!まるで別の歌じゃない・・・アレンジも違う気がする。
こんなズンズンチャッ、ズンズンチャッ・・・って間の抜けた伴奏あったっけ?
 しかしこの場面は何度見てもウルウルです。涙こらえた江畑さんの顔・・・プクプク

ザ・ウィナー・テイクス・イット・オール
サムが現れた時から怖い、怖すぎる濱田ドナ!!キレる気満々やん。
もうちょっとサムがつけ入る隙があってもいいと思うんだけど・・・
なんにも言わず立ち去るサム・・・ヘタレ・・・
だけど濱田さん、歌は言うまでもなくすばらしいです!!
ソフィの場面から引き続きウルウルです。
こんな話だったっけ?と思うようなシリアスさ。すごいドラマなんですよ。
二人の愛に見応えたっぷりで得した気分なんです。
それともこれが本来の正しいキャスティングなのでしょうか・・・?

しかしCDひどいなぁ?

テイク・チャンス・オン・ミー
楽しみにしてた野中ビル! 一番の魅せ場♪
あはは、やっぱりコミカルな動き、うま?い。
ん?、だけど野中さんの本領発揮するにはちょっと物足りない役かなあ?
私はやっぱり歴代ビルで栗原さんが一番好きでした?。

アイ・ドゥ、アイ・ドゥ

お姫様抱っこが軽々と・・・高いっ!!

あ・・・ここが一番の強調ポイント?(苦笑)違うよね・・・
でもびっくりしました。あまりにも見事だったので!!
広島で初めて観た方、あんなふうじゃ決してなかったんですよ???!
せいぜい、どっこいせ!って感じでしたから!(どれだけ言うねん!)
阿久津さんぶらぼー!

この最後の結婚式で、サムの告白、ドナの告白、ハリーの告白・・・があり
「なあんだ!あはは!」ってまぁるくおさまるので、やっぱり軽いコメディよね?
って思うんだけど、物語の途中は濱田&阿久津氏のおかげで別物の作品になってます。
それはそれで本当はないかもしれない重みがこの作品に出て、いいと思います。

濱田さん、どの衣装もめちゃくちゃ似合っていてかっこよすぎ。
欲を言えば、おちゃめさがもっとあったらなぁ?って思うけれど・・・
存在感大だったターニャとロージーがこんなにかすむなんて・・・
今のキャスティングが、いかにすごいか!です。

それから驚いたのが広島の人のノリ!

踊ろうイベントなど参加した人も多いせいか、躊躇なく立ち上がって・・・
ダンシングクイーンの前から立ってるんですね。濱田さんも煽ってたか?
イベントでは関西、九州からも結構来てたのがわかったけど、全体的にはねえ?
すごい浸透力ですね。

1階はすみっこまでいっぱいでしたもんね。なんで2階は避けるんだろう?

あと、平日昼間のせいか圧倒的に4?50代の女性が多いこと!
と言っても、福岡のマチネはそうでもなかったと思うけどなあ?。
若い人がほとんどいなかったといっても過言ではありません。これも特徴?
しかしパワーはすごかったです。楽しんでますね?。
(私の周りがたまたま・・・かも。隣の人同じ歳だったし・・・苦笑)

悪い言葉で言えば、この作品、カテコでごまかされてた感じだったのが、
昨日は本当にただのオマケに思えました。それだけ本編がよかったです。
ダディーズのキラキラ衣装も・・・ふふふ、サイコー(さいばんしょ?)

ひとりで行って寂しかったけど、結構気さくに話しかけられました。
広島の方、あったかいですね。
田中さんもイベントで言ってたけど、のんびりした雰囲気ですよね。
なんだか気負わず楽に行こうよ?って雰囲気が出てるような気がしました。
楽しかったです、ありがとー、ひろしまー!!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

     

コメント

お久しぶりです

のりゴローさん、こんばんは。
お久しぶりです。
マンマ広島公演行かれたんですね。
久しぶりに楽しまれたようでよかったです。

〉愛ちゃんはもっとおもしろくできていたような気がするけど。
3車線のバージンロードも、もっと笑いがとれてたような。
あんまり下品なのも困りますけどね!

大阪で初めてマンマを観たとき、この場面はめちゃくちゃうけてました。でも、他の地ではお客さんが控えめなのか、役者のせいか、ちょっと静かめですよね。面白い場面なのにもったいない気がします。
愛ちゃん、宮崎祥子ちゃんは本当に上手かったですね。

8月に東京に行きます。アイーダを観る予定なんですが、2人はエーゲ海から戻ってきてくれないか、期待してます。

吉原光夫さん…本当に大抜擢ですね。実はレミゼとかミスサイゴンとか、東宝系の演目は観たことありません。いつか観てみたいなぁと思ってます。というか帝国劇場に行ってみたいです。

お返事遅くなりました

chizuloveさん、こんばんは

いや~、楽しかったです。
できれば何度も観たかったですけど・・・
遠征の方の気持ちがわかりました。

そうなんですよね~、大人の笑いが結構散りばめられてますよね~。
愛ちゃん、祥子さん、可絵ちゃん・・・みんなキュートではじけてて・・・
江畑さんは歌がいいだけにちょっと残念な部分もあります。

「アイーダ」に行かれるんですか~。
お二人を望む人は多いでしょうね~。声に応えて欲しいですね!

あ、私も東宝系、舞台はありません。
食わず嫌いも多々ありますが、機会があれば是非観たいのです!!
光夫さんの活躍も、興味あります~。

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。