広告
Singin' in the Rain 結婚は墓場?

結婚は墓場?

「踊る!さんま御殿」を見て改めてそう思いました・・・。(苦笑)

良妻&悪妻を決めるっていうことだったけど、今までならダントツど迫力だった

松居一代さんがまだかわいく見えた・・・(悪妻NO.1には選ばれたけど)

新入り妻の、西川史子、くわばたりえらの方が恐ろしい。

梅宮アンナもおとなしかったですね。

ANNAさんはお子さんが小さいこともあってすでに夫の存在がめんどくさそう・・・。

常にキレるきっかけを待ってるというのが・・・わからなくもないですけどね(苦笑)

良妻と言われた新山千春はおバカキャラは健在な上に妙にテンションが高く

家でムード作りに励みミニスカートを履いてる・・・というのがさんまにウケたけど

女性陣はかなり冷ややかな目で見ていたように思います・・・・・。

くわばたりえは「頭おかしい」って言ってたけどまあちょっと・・・




とにかく芸能人の彼女たちは自分で十分な稼ぎがあるから、余計夫の存在価値が

薄いんでしょうねぇ?。

働いてるのになんで自分だけ家事を?・・・という思いは強いと思う。

愛情だけを求めるなら結婚しなくても恋人でいいんだし。

他にも男はより取り見取りで、一生この人だけ・・・という感覚もにぶいのかも。


くわばたりえが、夫が荷物を「重い」と言ったことでキレていたけど

このエピソードは、かなり結婚生活のギクシャクポイントを象徴してると思います。


やっぱり女は男に強さや頼りがいを求めるんです。

旅行でケンカになる話はよく聞くけど、何が原因って、パートナーの頼りなさが

露呈するからだと思います。

優柔不断、言葉を話せない、道がわからない・・・etc・・・

荷物を素直に重いと言ったことも、結婚前なら「全然大丈夫だよ!」と言ったかもしれない。

結婚した途端、相手も気遣いがなくなるし、気取りもなくなるし、甘えたくもなる。

ここですよね?。

結婚は"生活"だから、日々こういうイライラと闘っていかないといけないんですね。

これは男の立場から見ても「こんなはずじゃなかった」がいろいろあるだろうけど

なんとなく生活をお世話しているのが女の方なので、女の立場が強いのかな?

男は妻に母親のような部分を求めるし、妻も夫を子どものように見てしまう・・・。

家での強弱関係はここにあると思いますね?。

だから、男の人も対等にふるまうためには家事を率先してやるべきだと思います。

やらされてると思うと情けないから、立場をよくするためにがんばったらどうでしょう。

稼ぎがある人でも、できないよりできるほうが絶対いいでしょうね。

妻は威張るポイントが明らかに減ってしまいますからね。



一般人は、夫が働いてくれて生活が成り立ってる、と感謝している人も多いと思いますよ?

家事は夫にさせられない!と思ってる人もいるだろうし。

三つ指ついていた昔に比べると明らかに数は減ったでしょうけど。(苦笑)



今回ばかりは、さんまさんもタジタジだったように思います。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: