広告
Singin' in the Rain 「アンデルセン」リハ見

「アンデルセン」リハ見

またです。リョウの「私が何かある時に具合が悪くなる」パターンです。
午前中、仕事してる時にリョウからメールが・・・。今、熱がある?って。
私は「じゃあ帰ってくれば?」って素っ気ないメールを返したのですが。
よく考えたら今日は嘉穂(車で約1時間の距離)までわざわざバスで練習に行ってたんでした。
仕方なく、ロボが車で迎えに行ってくれました・・・。

そんなこんなで、リョウの手当ての準備などをしていたら、いつものようにバタバタ。
だけどリハ見に遅れてはならない・・・と思っていて、鳥栖駅から奮発して
今回はタクシーに乗りました♪800円ぐらいだったかな?

14:40からだったと思ったのですが、まだ外に並んで待ってました。
そしてさらに、我々の後もた?くさん人が並んでました。
JCSの時とずいぶん勝手が違いました。
あの時は中で並んで待ってたと思うのですが(順番に席についていく)
今回はあらかじめ席が決まっており、いったん解散・・・って感じでした。
いつもなぜか席はツイテます。今回も3列目ぐらいだったけど、ど真ん中でした。

全国公演だからリハは場当たり中心です。
重要な場面の立ち位置、はける位置・・・などを細かくチェックしていきます。
ホールによって、端の席での見え方が違うので、立ち位置や体の向きなどを変えて
お客さんがどの席でも見えるように工夫をするそうです。
あと、反響板も曲者で、黒く塗ってあったりするとはけた時に激突!!みたいなことに
なりかねないんですって!だからきちんとどこを抜けるか位置確認。

「ちょっと右・・・もう少し後ろで・・・」など修正していくのですが、あんな感じですぐに
体が覚えるんですね。すごいですよね。
現に、本番では何日も同じ舞台でやってるかのような、スムーズな流れでした。
やっぱりプロ・・・劇団四季はすごいです。

ほんっとに細かく、場当たりの確認をしていて、俳優さんたちはキビキビ動いてるのですが
雰囲気は和やかムード。JCSが殺気立ってた覚えがあるので、
「なんだぁ??雰囲気がなまぬるくないかぁ??」
なんてちょっとイジワルに思っていたのです。
ところがところが、歌と踊りを合わせる・・・となると、今までたらたら見えた動きが
ぴしっと一糸乱れず決まって、完成度が高いのなんの・・・おみそれしやした!

今までの練習風景の動画を見てもわかるように、ここまでくるには一朝一夕ではなく
ものすごい積み重ねがあること、忘れるところでした。
確かな下積みがあるからこそ、俳優さんたちはあんなに自信に溢れて、
堂々としたお芝居(ダンス)ができるんですね。

ダンスは石野さんで歌は有賀さんが指導をしてたのですが・・・。
有賀さんは、「いいと思います。でもコペンHAーゲンのHが聞こえにくいので
母音だけにならないよう意識してください。」・・・と言ってました。

後で川地さんが暴露してたのですが、有賀さんはいつもはもっと厳しいそうです。(笑)
「今日は優しかったですね。」だって。ちょっと意外です。

川地さんのお話は、まるで四季の営業さんのように、劇団という立場を意識した内容でした。
全国公演の一日の流れなどを説明してくださいました。
全国を回る・・・という意味も。お客様がわざわざ高い交通費を払わずに、
身近に舞台を観てもらえるということ。少しでも演劇の裾野を広げていこう・・・という
意義もあることなどなど。
電化製品など“あれば便利で形としてのこるもの”ではなく、観たら終わりなものに、
家族で観れば数万円のお金を使ってくださる・・・。
そのことに感謝をしている・・・というお話でした。
俳優たちみなさんがそう思ってくださってるならすばらしいことですよね。
確かにねぇ?・・・そう思うと2,3時間で数千円が消えていくのは贅沢な感じがしますが
劇場に足を運ぶ人は、きっと電化製品以上に観劇に価値を見出してるんだと思います。
代えがたいものなんですよね。心の栄養なんですから!

川地さん、慣れたもので、話の途中で質問を考えておいて下さいとひとこと。
なんでも東北地方のある場所では、質問というと、シーン・・・となったんですって。
こちらは心配には及びませんでした。(苦笑)

Q、カンパニー全体の人数は?

A、俳優が29名。スタッフはやはり同じくらいいて、60名ぐらいだそうです。

Q、全国公演での楽しみ、つらい事は?

A、楽しみはやっぱりその土地の食べ物とか・・・。
  川地さんみたいにベテランになると、何度も同じ土地に来ることもあるけど
  初旅?の俳優は空き時間に観光を楽しんだりしています!
  つらい事は、ホテルでの環境?昔は6人部屋などざらで、朝起きたら
  全然違うところに寝ている人もいたそうですが・・・(笑)
  今はホテルでも個室が与えられてるそうです。
  それでもやはりベッドのマットレスだとか、枕などしっくりこないものや、
  乾燥がひどいのでお風呂にお湯をはってドアを開けたまま寝たり、ベッド周りに
  濡れタオルを干したりして喉にいいように工夫しているそうです。 

他はお子ちゃまが「どうしたら劇団四季に入れる?」や、「作品の見所は?」
などお決まりの質問をしてました。

まあ、今回のようなリハーサルと俳優さんのお話は、子どもにはキツかったかなぁ?
席も舞台からはかなり後方でしたしね。
小さい子をわざわざ連れてきている人が多かったけど、正直わけわかんなかったと思う。
特に川地さんのお話・・・。大人はためになったけど、子どもは退屈ですよね。
子どもも観る演目なので、もうちょっと配慮してくれたらよかったかも?。

まあ、実際私は隣の兄弟がず?っとじたばた落ち着きなくそわそわしていたので
ナントカしてくれないかなぁー親!・・・と思ってましたけどね!
一応、やったことをいちいち「そんなことしちゃダメよ。」と注意してるんですけど
本人たちは不満が解消されないので最後まで同じことの繰り返しでした。
自分なら・・・とっとと一緒に出て行くかなぁ??
子どもももはや、居たくているわけじゃないんですもの。
お母さんだってせっかくの話、全然聞けてないみたいだったし。
まだ寝てくれたほうが良かったですよね。(苦笑)

こんなハードなスケジュールの中、時間をとってくださった川地さんはじめ
俳優さん&スタッフさんたちには、ひたすら感謝です!

大事なことに触れるのを忘れました。

バレエダンサーたちのタイツ姿です!!(笑)

あの、かつての劇団四季の看板俳優石丸さんが、入団当初(彼は歌で入ったので)
タイツ姿でレッスンしなきゃいけないことを知り逃げたくなったという・・・

そりゃー幼い頃からバレエをやってきた人は慣れてるだろうけど、
大人になっていきなりあの格好は抵抗あるでしょうね・・・。

だって、タイツってあまりにもピッタリ&クッキリなんですもの・・・。(笑)

観る方もどうよ?バレエ慣れしてる人はもう気にならないのか・・・。
ごめんなさい、こっちは気になってしょうがなかったです!!
あ、でもそんな、形とかまでジロジロ凝視はしてませんので・・・
(なんて書くと余計ヘンタイ・・・)

おもしろかったのが、中一のルミの反応。
彼女は最前列で見たのだけど、作品自体は四季作品の中で3番目に入ったそう!
かなりおもしろかったようす。
ただ男性のタイツ姿は・・・・ただ滑稽に見えただけで、
「なに?あの変な格好・・・嫌だった?・・・。」 と拒絶反応。
まあ異様なものに見えたようですね!

私は息子を産んだ経験から言っても、男性ってやっぱり無防備だなぁ?って
ちょっとかわいそうだと思いましたよ。(苦笑)
出ちゃってるし、邪魔ですよね?

バレエでは美しい脚の筋肉、お尻の形・・・など魅せるために必要な格好なんですね。
・・・だけどまあピッタリめのパンツでも良さそうな気がしますけどね・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

     

コメント

形って(笑)

私ったら、誰が誰やらで顔に集中しててそんなにタイツ気にならなかったですけど、
好きな俳優さんがいたらむしろガン見してたかもです、チャンス!とか言って(笑)

そう、貴重な時間を割いてくれて・・・とわかっていてもヘタレな私はまわりの子どもと同様、
ソワソワしてしまいました・・・。
寒かったんですもん!それこそタイツはいてなかったもんで(笑)

あ・・・削除しようかな・・・(汗

あ、そうそうそうそう、私も顔に注目してました!(今更)
だって本当に誰が誰やらわからないんですもん・・・。
(ヘンタイぶりを暴露してしまったようで心配です。)

マーゴさんのタイツのほうも大変でしたね。
そりゃあ寒かったでしょう~~~
いろんな意味でちょっとつらいリハ見でしたね・・・(;´Д`A ```
Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: