広告
Singin' in the Rain ワンダフル!「アンデルセン」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンダフル!「アンデルセン」

鳥栖公演・・・観てまいりました。
全国公演も2/3を過ぎたんですね・・・。カンパニーの皆さん、本当にお疲れ様です。

「アンデルセン」 なんて穏やかな心がほっくりするお話でしょう。
こんなにバレエを堪能できる作品もないですね。
バレエって本当に美しく優雅で上品。ミュージカルで観れるなんて贅沢だと思いました。

優しい気持ちになるのは、主役のハンス(味方隆司)さんがすばらしいから・・・。
かわいいんですもん。
変わり者の靴職人・・・ではあるんだけど、何より、真心&想像力を大事にしている、
普通の大人なら忘れがちなものを持っている人。

相棒のペーター(有賀光一)さんとのコンビが最高。
ペーターは孤児で、ハンスの元で靴職人の見習いとして働いてます。
ハンスがオーデンセを去ろうとしていた時に、一緒に連れて行ってくれると
わかった時の喜びようがかわいいの・・・。私も抱きしめたくなる!(母性本能)
ハンスの恋についても、すぐ側で見守っているから、ペーターの表情がいろんな場面で
活きていて、よりおもしろくしてくれています。
お金にはガッチリしているしっかり者なんですよね。(笑)
 有賀さんはこういう役、いつまでもはまるなぁ?。
壁抜けの新聞少年が初でしたが、まあメソも子どもだし、赤毛のアンでも子ども、
実際は歌のリーダーもしていらっしゃるのに、いつまでも若いっていい・・・(笑)

マダム・ドーロの斉藤美絵子さん。
楽しみにしてました。
すばらしかったです!!
バレエの動きはもちろんですが、表情まで本当に豊かなんですね?。
幸せそうな表情からシューズが気に入らなくて不機嫌になるとこまで・・・
そして人魚姫での王子に対するせつない表情・・・泣けました。
歌はちょっとひぃぃぃぃ?って思いましたが、まあダンスで補って余りある感じだし
セリフも声は小さいけど、気品があって優しさもあって、すごく良かったと思います。

ニールスの岩崎晋也さん。
これまた楽しみにしてました。
岩崎さんが・・・ということではないのでしょうけど、ニールスの赤いガウン姿、でっかいハット

妙にツボってしまいました・・・。(笑)

全体にまったりしているお話なのに、(まあ病気の子のお話や、いじめなど
考えさせられる場面もありましたが・・・)ニールスとドーロの場面だけ

大人の事情

みたいな感じで、ちょっと恥ずかしかったです。(笑)

あの歌もなんですか?

♪ だ?れより深く愛してる あなたの すべてを・・・

もうあれをいちゃいちゃと言わずして何と言う?

ニールスったら、一緒に食事もしてくれない・・・ってすねたり、
怒ってるかと思ったら「あなたのために用意した・・・」なんて言って喜ばしたり、
仲良くしてたかと思うと、突然頬をはたいたり、オシリペノペンで応戦したり・・・。

そこを偶然目撃したハンスは、暴力だ!虐待だ!って勘違いするのですが
まああれはいわゆるツンデレ状態でもあり、二人のプレイでもあるんですね・・・
お互いに同じダンスの世界にいて尊敬し合い、男女としても愛し合ってる・・・
実際にそういうカップルって多そうですよね。
傍から見ると仲が悪そうでも結びつきは強い・・・ってやつですね。

他にも見所はありましたよ?。
群舞、きれいでした。コペンハーゲンの風景も夜景だとかきれいなんですよね。

困ったのが、パンフのキャスト写真を一生懸命見ていたのですが
全然人物が一致しないこと!!
マーゴさんはすぐにわかったようですが、写真と明らかに違う人もいて・・・
髪を金髪にしてたり、ヘアスタイル&体型が変わってるせいもあるんでしょうかね?
別人に見えた人もいました・・・。
鈴木伶央くんがバレエのシーンなど井上芳雄くんに見えました。
ダンスキャプテンをしてあった廣野さんを見たかったのに、あれえ?あの人??
って感じで最後まではっきりしなかったのが自分に腹が立ちます・・・!
あ、今回リハでダンスリーダーをされてた石野寛子さんはすべての振りを理解していて
初役の方には振り移しをされたそうです。彼女はすぐわかったんだけどな?。

一番ありがたいのは、役の格好で写真をとって、キャストの名前を載せること!
ま・・・実際無理でしょうけど?。
(年月が経って別人に見える人いますからね?・・・・・。)しかも役によって全然違うし。

あっ、アンコウも噂には聞いてたけどかわいかったぁ?!
「はいはい、通りますよ・・・」 って、インパクトありあり?。
今回川地さんでしたが、あれを青山さんもやってたんだ?。なんだか笑える・・・。

カテコもとっても盛り上がりましたが、ひとつ言いたい・・・。

ワルツは手拍子できません。(笑)

笑顔で見守りましょう・・・!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

     

コメント

わかります~!

手拍子!私も笑いが出てしまいましたよ~。
ここいらんっていらんって!って。
しかもえらいスローな手拍子だったし。いやいやいや・・・困惑ですよねw

ソンダンでも、舞台上で俳優さんが裏打ちで煽ってるのに客席は表打ちだし。
むしろ気になって気が散るし歌は聞こえないしで・・・残念な感じです・・・
なので私はそんなときはしないです、断固w

ワンダフル!

ホント心がほんわかするお話ですよね♪わたしは東京で松島×斉藤、全国で岩崎×斉藤で観ました。ドーロに暴力をふるうシーンは松島さんの方が本気っぽい感じがしましたが、岩崎ニールスは本当にドーロを愛していて優しい感じがよくでていてよかったです。

有賀ペーターは初めて(前回は高橋くん)でしたが、有賀くんの表情や演技が細かくなってるのにちょっと驚きでした。成長しましたね・・・(ごめんなさい!上から目線です・・・)

あと前田くんの髪の毛が金髪になっていたのが笑えました。あかぬけたなあ・・・って。(笑)

リハ見の質疑応答はどなたでしたか?こちらは川地さんで、最後に「演劇という文化にお金を払ってくださってるみなさんに感謝します。これからもご期待に沿えるよう、稽古に精進してまいりますので応援よろしくお願いします。」みたいなことをおっしゃって、思わず涙がでてきました。役者さんって、ハードな稽古されてて、「これが仕事なんだから、お金払って見に来てもらうのは当たり前!」と思ってる人が多いのでは?と思っていたので・・・味のある役者さんですよね。もちろんアンコウには注目でしたよ。(笑)

手拍子の件ですが、前LKを福岡で見たとき感じましたが、福岡は客席がなんだかあったかいですよね。ムリでも手拍子したい!って気持ち、なんかわかるような気がします。その気持ちは俳優さんたちに届いてるんじゃないかなあ・・・ソング&ダンスは遠征の人が多そうなので客席がどんな雰囲気なのかわかりませんが、LKの時の何ともいえない心地よさ、今でもしっかり覚えてますよ♪

むふふふふ

マーゴさん

最初何とか表打ちだったけど、ワルツになるとグダグダでしたね(笑)
なんかせないかんって、良心的に思うんでしょうね・・・。
確かに、「するのか?しないのか?」で迷うぐらいなら、ない方がいい気もします。
観客はいらっときますが、俳優さんたちは田舎の人・・・だと微笑ましく思ってくれてそう~?(笑)

遠征準備完了ですか?

みーさん

いいなぁ~、両方ご覧になったんですね!
あーやっぱり、岩崎さんのニールスは良かったですか~!
私もとってもいいなぁ~って思ったんです。
初めてでちょっとだったけど、すごく好きなキャラでした。(笑)

エルコスで観た高橋くんはダンスが好みだったのでペーターでも観たかった・・・。
でも有賀さんで観れたことはラッキーでした。今や彼も中堅どころですよね~!

リハ見は川地さんでした!同じお話されてました。
そのお話に共感されて涙するみーさんがステキです。
後でせっかくだから少し記事に書きますね。

手拍子ですが、確かに博多の人は、「喜ばせたい」「盛り上げたい」
・・・という気持ちが強いかもしれません・・・。
楽しんでるよ~、良かったよ~・・・というのを表したいんでしょうね。
変にすましてるところはないかもですね。(横道モンですから!・笑)
みーさんみたいに好意的に受け止めて頂くとほっとします。
明日は楽しんできてくださいね!





2度おいしい?

のりゴローさん。こんにちは。
アンデルセン…東京で1回観ました。その時は佐野さんがハンス、松島さんと斉藤さんのコンビ
でした。

なんといても、悪者が出てこないところがいいですよね。安心して観ていられるというか、ホッとするというか…。良作だと思います。

斉藤さんの歌…その分バレエでカバーしてますよね?たしか東京の時は酒井はなさんもキャスティングされてて、コンタクトで観たときの印象が残ってたので、酒井さんよりはいいんじゃないかと…酒井さんも新国立劇場のプリマだから歌とセリフは大目にみないといけないのかなぁ。。。
ただ、1回しか観てないから細かいとこは覚えてないかも…。

ミュージカルでありながら、後半は本格的なバレエが堪能できる一度で二度おいしい作品かと思います。拍手?手拍子?するような場面ありましたっけ?正直覚えてないです。また、行く機会があったら観たいと思います。

chizuloveさん、こんばんは!

佐野さんハンス、どうだったんでしょう~?
味方さんは雰囲気がぴったりで、すごくはまってたと思いますが・・・。
悪者・・・いませんねぇ~。最後はハンスを嫌ってた校長まで仲間になってましたからね~。

斉藤さんの歌は、正直おまけ・・というか、別に熱唱する歌でもないし、
かわいかったからいいのかな~?って感じです。(笑)
岩崎さんはなかなかしっかり歌っていらっしゃいましたよね。

本当にバレエの部分が多くてお得感たっぷりでした。2度おいしい(笑)
手拍子はやっぱり九州限定かなぁ~?
何かっていうと、すぐ手拍子がでますよ?
最後のカテコ?の場面です。ないのが普通かもしれません・・・(笑)
Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。