広告
Singin' in the Rain 「リバー・ランズ・スルー・イット」 (1992・米)

「リバー・ランズ・スルー・イット」 (1992・米)

観た・・・と思ってたんだけど、ケーブルでやっているのを観たら未見でした。

リバー・ランズ・スルー・イット [DVD]リバー・ランズ・スルー・イット [DVD]
(2002/08/23)
ブラッド・ピットクレイグ・シェーファー

商品詳細を見る


ロバート・レッドフォード監督だから、ラストは見当がつきました。
大体、死んじゃいけない人が死ぬんだな・・・(苦笑)
自分を殺すのも好きですよね。

モンタナの美しい風景、フライ・フィッシングのおもしろさを満喫し、
何より若きブラッド・ピットの美しさ、魅力にやられます。

R・レッドフォード監督の手腕はいろいろ挙げられるんでしょうけど、
なんでもないエピソードの中にも「くすっ」というような笑いを盛り込んであるところが好きです。
観客を楽しませてくれるんですね。
この映画でもノーマンの彼女が無茶な運転をするところとか(スタンドバイミー風)
嫌な男が誰もが知っている娼婦と釣り場で真っ裸で日焼けするところとか・・・
ご本人がユーモアがお好きなんでしょうね。

破天荒なポールが悲劇に向かっているのはわかったのですが、
最後に父とノーランと3人で釣りに出て、これ以上ないでっかい魚を釣り上げるのです。
巨大鱒を指に引っ掛けて微笑むポールがまぶしい。
この魚と格闘する時に、川の流れに翻弄されながら波の下に見えなくなったりして
ひやっとさせられるんですね。・・・だけど無事だった。

後のことを考えると、この時大好きなモンタナの川で亡くなっていたほうがよかった?

事実はあっけなく告げられます。
ポールはバカな賭け事に首を突っ込んでしまっていたんだけど、その辺の描写は
ドロドロとしたものはなく、あくまでもノーランの心配顔ぐらいで語られます。
だから私たちはポールについてはさわやかな笑顔しか心にのこりません。

牧師で厳格な父といつまでもお嬢さんのような母親。
この二人も印象的でした。
お父さんは「ブラザーズ&シスターズ」のパパじゃないですか!
トム・スケリットですね。母親がブレンダ・ブリシンなんだけど
「つぐない」のロビーのお母さんだったなんて、びっくりした!


ノーマン役はグレイグ・シェイファーで、ブラピほどの活躍はなかったようですね。
何しろまじめだけど今ひとつ面白みのない人間を演じないといけないんですからね・・・


私は実はこの映画で一番印象に残ったのは家族のやりとりです。
本当なら美しい自然やら、フライフィッシングの場面、ブラピの笑顔となるのでしょうが。

この物語は兄ノーマンの目線で語られ、幕を閉じます。
私はもちろん男兄弟ではないけれど、ノーマンの気持ちになるとなかなか切ないものがありました。

なぜなら、両親でさえも、弟ポールの魅力にとり付かれ、贔屓してるんですから。
ポールはお調子者。場の空気を読むのが上手く、人を喜ばすことを忘れない。
だから周りの人は常にいい気分でいられる。
家族4人で囲む食卓の場面。
ポールの屈託のない陽気なおしゃべりにみんなが惹きこまれる。笑顔になる。
彼が去ると文字通り火が消えたよう・・・。次々に席を立つ両親。
ひとりのこされたノーランが私はかわいそうで仕方なかったです。

だけどノーランがひがんでポールに逆恨みして・・・ということはないからよかったです。
それほど、兄弟の結びつきは強かったし、厳格だった父も、聖書の一節を
ノーランとともに口ずさむところ・・・親子の愛がはっきり見てとれました。
釣りの場面で、ポールの様子を伺っている時の、お父さんのポンポンも
何気にジーンときました。

ポールが借金まみれになって危ない目に遭っていること・・・
事情を知っているノーランは助けられなかったのか?と思わないでもないけど
ポールが陰の部分を両親にはまるで見せていなかったから、
逆に打ち明けにくかった・・・ということも言えるかもしれませんね。
失望させないようにと・・・。

帽子をかぶったブラピ、若き日のR・レッドフォードに似ています。
監督は自分に似た人を選んだのかな・・・?
映画を撮って、「これはすごい男を発掘した!」・・・と思っただろうな・・・。
やはりビッグになったディカプリオといい、若い頃はピュアな演技をしてるな?
輝いてるな?って改めて見て思いました!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: