広告
Singin' in the Rain 「ブレイブ ワン」 (2007・米)

「ブレイブ ワン」 (2007・米)

ブレイブ ワン 特別版 [DVD]ブレイブ ワン 特別版 [DVD]
(2008/12/10)
ジョディ・フォスターテレンス・ハワード

商品詳細を見る


「フライトプラン」と同じくジョディ・フォスターかっこいいねぇ?!
ブルーのコンタクトかなぁ?冷たい氷のようなキレたナイフのような表情が抜群。
こういう映画にしては珍しいラストですね。
普通なら絶対主人公は・・・・・なんですけどね。
内容はどうあれ、最後までひきつけられるのは、彼女の魅力でしょうか?


エリカ・ベインジョディ・フォスター)は囁きかけるような独特の語り口、鋭い感性に、
固定ファンがいるほどの人気ラジオDJだった。
仕事だけでなく私生活も順調。医師のデイビッド・キルマーニナヴィーン・アンドリュース)
と結婚を間近に控え、招待状の準備などでわくわくした日々を過ごしていた。

ブレイブワン3


しかし悲劇は突然やってきた。
二人で夕闇の中愛犬カーティスを散歩させていると、3人の暴漢に襲われたのだ。
金を渡すと言っているのにも関わらず、3人はゲームのようにかわるがわる二人を殴りつけた。
一人はふざけて動画を録画していた。
病院に運ばれたがデイビッドは死亡、エリカは3週間の昏睡の後ようやく意識を回復した。

自宅に戻っても思い出されるのはデイビッドがこの部屋で過ごしていた姿ばかり。
外に出る気もおきなかったが、意を決して警察へ向かう。
事件の捜査状況を聞くが、同じような被害者が待合室に増えるばかりで埒が明かない。
“正義の味方は助けてくれなかった・・・”
そして、これからもきっと。絶望感を感じ、彼女が向かったのはgunショップだった。

ブレイブ・ワン1

店では銃所持申請に30日かかると言われたが、話を聞いていた男から1000ドルで
銃を譲ってもらう。9ミリ口径のオートマチック。

刑事のショーン・マーサー(テレンス・ハワード)はずっとマロー(ゴードン・マクドナルド
を追っていた。マローは自分の欲のためにはなんでもする男だった。
今回も有罪の切り札だった彼の妻を自殺に見せかけ殺していた。
弁護士をしている元妻ジャッキーにマローの娘の後見人について相談する。
ジャッキーはすでに恋人がいるようだった。マーサーはこの離婚を今でも悔いていた。

エリカがコンビニで買い物をしていると、男が入ってきてレジにいた女店主を
いきなり撃ち殺した。二人は夫婦で男は務所帰りだった。
それを目撃して息を潜めていたエリカは携帯が鳴って男に気付かれてしまう。
男は獲物を見つけたかのようににやにやと近寄ってきた。
その時。エリカは陳列棚越しに男に向け発砲していた。
3発。当たったのはそのうち1発。男は死んだ。
エリカは監視カメラのテープを引き出し、上着を捨て、家に戻ってシャワーを浴びた。
そしてもう一人の自分の存在に気付くのだった。

エリカはジェームズの死から立ち直れない中でも仕事は続けていた。
NYの街へ出ていろんな音を拾う。
友人でもあるラジオ局のキャロル(メアリー・スティーンバージェン)はもう少し休めと言った。
しかし彼女のNYに対する恐怖・怒りを素直に表したメッセージはそれなりに反響があった。

夜型生活のエリカが地下鉄に乗ってる時だった。
黒人二人組がi-podを聴く若者にからむ。車両の客は次の駅で慌てて降りてしまった。
エリカは座っていた。男はナイフをちらつかせ卑猥な言葉を浴びせながら近づいてきた。
今回ははずさなかった。
弾はすべて命中し二人は床に倒れた。エリカは何食わぬ顔で誰もいない終点に降りた。

マーサーはコンビニに続いて地下鉄の事件も同一犯だと考えた。
そして現場の野次馬の中にいた見覚えのある女性に声をかける。エリカだった。
エリカが襲われて入院していた時に病室で見ていたのだった。
そしてマーサーはエリカの番組のリスナーでもあった。
エリカは声をかけられると逆に取材を申し込む。

ブレイブ・ワン2


エリカはマーサーに捜査の手順などを聞く。
マーサーはちょうど流れていたニュースの映像を見て、マローの話をする。とんだ悪党だと・・・。
そして銃を撃てるのは法の番人のみが持つ権利だ・・・と意味ありげに言う。

エリカは今度は車の中から男に声をかけられる。
すでに後部座席にはぐったりした若い女が乗っていた。
クロエという女性はもう4日も監禁されていると言う。
エリカは男に銃を向けると、クロエに対して金を支払わせて車を降りた。
しかし男はそれではすまなかった。急発進して二人めがけて突っ込む。
クロエははねられて重傷を負う。エリカは身構えて迷わず運転席の男を撃ち殺した。

エリカの葛藤は続いていた。
「なぜ誰も止めてくれない?」 耐え切れず警察に行くがのらりくらりした警察の対応は
自首する気持ちも失せさせる。
そして夜中にマーサーに電話した後、エリカはマローを尾けた。
駐車場で「なぜ人に暴力をふるうのか?」と声をかけると、紳士的に見えた様相は
一変し、バールで攻撃してきた。
エリカは負傷しながらもマローを屋上から突き落とす。

マーサーらはi-podを盗まれたイーサンを見つけ話を聞く。
するともう一人の乗客が女だったことがわかる。
マーサーはある確信を持ってエリカの家を訪れる。そして暴漢に盗まれていた指輪を返す。
「例え親しい人でも証拠さえ見つけたら逮捕する。」

指輪の件で犯人のめぼしが立った。しかしエリカは面通しでは犯人だと認めなかった。
エリカは犯人が指輪を持ちこんだ質屋を探す。自分自身でケリをつける気でいた。
質に入れた犯人の元カノから、アジトの住所と撮影した犯行の動画が送られてくる。
それをマーサーに転送し、男たちのアジトへひとりで向かう。

そこにはカーティス(犬)もいた。
エリカは見覚えある男を一人、また一人と復讐していった。
しかし最後の3人目にやられそうになった時、マーサーが到着する。
エリカは指示に従いおとなしく銃をマーサーに渡す。「非合法の銃を使うな。」
そうマーサーは言って、自分の銃をエリカに渡す。
エリカはその銃で最後の復讐を無事遂げた。

マーサーはエリカに自分の肩を撃たせた。
これで悪党3人は仲間割れで殺し合いをし、マーサーの正当防衛も成り立つ。
エリカは夜のNYの街へカーティスと共に消えていった・・・。


「恐ろしい街だな、ニューヨーク!!」

最初の感想はこれですよ・・・。
確かにエンディングは変わってました。優しい結末といってもいいと思う。
だけど病んだ闇の部分、おちおち外も歩けないような危険なNYの実態ばかりで
主人公の行動も仕方ないのかな?と思ってしまいました。
まぁ?自らわざわざ危険なところに出向いていってるところもあるんですけどね。

コンビニに地下鉄に夜中の側道・・・。
こんなに簡単に何度も人間のクズのような凶悪犯に出くわしていいものか・・・。

エリカは幸せの絶頂から地獄を見た。
“もっとも安全な街ニューヨーク” かつては事件など自分には関係ないと思い、
街を愛し無防備だった自分がいた。今はもうあの頃には戻れない。
警察は無能。もはや自分で身を守るしかない。
そんな彼女が善と悪の境界線に立ち、復讐の鬼となった・・・。

暴力を暴力で片付けることは反対です。
銃で身を守ることなんてできないと思っています。むしろ銃社会が危険を作ってる。
この映画の場合は、エリカが遭遇する人間たちが、明らかに生きる価値のないような
クズたちで、その時やらなければ自分がやられてしまう・・・という状況でした。
しかもエリカは決して自分を正当化はしていない。
人を殺めるという罪悪感と許せないという怒りでギリギリのところで揺れている。
だから自首しようとしたり、被害者の女性に会う時もためらわなかったり
(ばれてもいいと思ってたんでしょうね。)同じアパートの女性に罪を告白したりした。

最後も結局は刑事に気持ちを汲んでもらったような形でしたね。
う?ん釈然としない気持ちもあるけど、相手が明らかに悪党でしたからね・・・。
だけどこういうことを認めていると、それこそ間違いで被害者を出してしまったり
があるからなぁ?。(「フリーズ!」事件のように。)
基本的には法の番人以外は銃を使ってはだめですね。(番人も怪しいんですけど・・・)

テレンス・ハワ?ドと相棒が、まったりとして雰囲気を和らげていていい感じでした。
なんか説得力のある演技をする人です。「クラッシュ」でも良かった。

「LOST」でおなじみのナヴィーンが恋人役でほんのちょっと・・・。すぐにボコボコに。(苦笑)
でもセクシーな感じでよかったです。ジョディ・フォスターのラブラブ場面って
あんまり見ない気がするから・・・不思議な感じでした。
彼は私がだ?いすきな映画「イングリッシュ・ペイシェント」のキップ役をしてました。
ずっとターバンを巻いていた・・・。元々セクシーなんですね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: