広告
Singin' in the Rain フォーガットン (2004・米)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーガットン (2004・米)

フォーガットン [DVD]フォーガットン [DVD]
(2008/09/24)
ゲイリー・シニーズドミニク・ウェスト

商品詳細を見る


ええ????っ!? これ、予告を観ておもしろそうだな・・・と思った作品。
ジュリアン・ムーアはいい女優だし、いい演技をしてくれると期待して観てたけど、
何しろ話がSFなんですよね・・・。
どう話を収めるのかと思っていたら、「こんなこと人間には無理・・・。」って話になり、
まさかまさかのHEROESのネイサン状態!!(笑)
しかもカチっとやって忘れてしまうメン・イン・ブラック
誰も覚えちゃいね?、主人公四面楚歌・・・というフライトプランの要素も入ってる・・・。

あらすじ

テリージュリアン・ムーア)は14ヶ月と6日前、9歳の一人息子を飛行機事故で亡くし
毎日息子の遺品を眺めては忘れることが出来ずに暮らしていた。
繰り返し思い出される自分が見た息子の最後の姿・・・
キャンプに参加するため、他の11名の子どもたちと共に、喜んで飛行機に乗り込んでいった・・・。
「サムが死んだなんて・・・信じられない・・・。」

テリーは心療内科のDr.マンスゲイリー・シニーズ)に診てもらっていた。
夫のジムアンソニー・エドワーズ)もテリーがいつまでも息子の死に引きづられている・・・
と心配していた。

ある日、いつものように思い出のチェストを開け息子の思い出に浸ろうとしていると
アルバムが真っ白になっていた。
ビデオは消去され、3人で写った家族写真にサムの姿はない。

サムのことを忘れさせるために、夫が行った仕打ちだと思ったテリーは激しく問い詰める。
しかし夫やDr.マンスの答えは意外なものだった。

「子どもは元々いないのだ。流産だった。君は“記憶錯誤”だ。」

そんな馬鹿な事があるはずはない。自分にはサムとの9年分の思い出がある。
耐え切れず夫から逃げ出すテリー。
図書館で事故の日の新聞記事を探す。しかしどこにもない。
親しくしていた友人にサムのことを尋ねる。そんな子は知らないと言う。

テリーは同じく事故で娘を亡くしたアッシュドミニク・ウェスト)を訪ねる。
彼は有能なホッケー選手だったが、ローレンを亡くしたショックは大きく酒浸りになり、
妻とも別れてしまっていた。
ある程度覚悟はしていたが、やはりアッシュも娘のことは忘れてしまっていた。
がしかし、テリーは彼のオフィスでローレンが存在したという重大な証拠を発見する。
少しめくれていた壁紙をはずすと、そこにはローレンが壁中に描いた絵が現れたのだ。

最初それを見てもまだ信じなかったアッシュだったが、
テリーに“ローレン”と口に出してみて・・・と言われ、改めて部屋を眺めていると
鮮明に娘の姿が浮かび上がってきた。確かに娘はかつてそこにいた。
忘れてしまっていたことが娘に申し訳なく、涙を浮かべるアッシュ。

とにかくとんでもないことが起きているのは事実だった。
二人をなぜか国家安全保障局が追ってくる。
周りは子どもたちの存在さえ忘れている。痕跡も消し去っている。
「これは人間の仕業じゃない・・・。」

テリーとアッシュは子どもたちがどこかで生きていると信じて、何者からか
奪い返すことを模索していた。
空から、身の回りから、常に監視されているような感覚はあった。
気付けばいつも見覚えのある男が側にいる。

その男は車にはねられても血も流さなければ傷ひとつなかった。
銃で撃たれても全くなんともない。
繰り返し思い出すサムを最後に見た場面。その男もその場にいたことに気付く。
男はクエスト航空の社長シニアーだった。

テリーはシニアーとの直接対決に挑む。
Dr.マンスは何らかの事情を知っており、シニアーに「手に負えないから実験を中止しろ。」
と忠告する。やはり子どもたちは生きているのだ。
実験材料として拉致されている?

・・・ところが彼らの目的は子どもではなかった。
彼らが知りたかったのは、地球上での“母と子の絆”についてだった。
親子は深い愛情で結ばれている。その絆を断ち切ることができるのか?
完全に子どもの存在を忘れさせることができるのか?
実験ではほとんどの親が子どもの存在を頭の中から消した。
しかしテリーだけは違った。

ナゾの男は正体を現しながら、テリーに向かって最終宣告をした。「忘れるんだーっ!!」
彼も自分の立場上、結果を出さないと責任をとらされるのだった。
サムを産んだ時の記憶から消し去ろうと試みる。
それは成功したかに思われた。
しかし母の愛は強かった。子どもへの愛は誕生前から、生命を宿した時から始まっていたのだ。

結局テリーに忘れさせることができなかった男は、空の彼方に連れ去られていった・・・。

テリーは確信をこめて家へ戻る。息子の名を呼びながら。
公園へ行きサムを探す。
すると・・・何事もなかったかのように元気に遊ぶ息子の姿があった。
ローレンもいた。
テリーは何年も会ってなかったように息子を抱きしめた。

テリーは側にいたアッシュの元へ行き、初対面の挨拶をする。
アッシュは「初めて会ったとは思えないね・・・。」と微笑んだ。


なんという話でしょう。
そうですよね、とてもじゃないけど、宇宙人の仕業にでもしないと辻褄合わないって・・・。

何が驚いたって、宇宙人(なのか?)の目的が、“親子の絆について調べる”
だもんなぁ?。
それを知って何になるというのだろう?
人間の記憶を消す・・・ということをする場合、一番消し去りにくい部分が
子を想う親の気持ちなので、どうしてもそれだけがネックになってしまう・・・ということ?
彼らにとっては地球を征服するような目的があるわけでなく、単なる好奇心から・・・
だったんでしょうかね?(笑)
まあ?真剣に考えることでもないか・・・。

相変わらずジュリアン・ムーアは良かったと思うんです。
「フライトプラン」のジョディ・フォスターと同じく鬼気迫った演技で。
ドミニク・ウェストも濃?いお顔ですが、愛情溢れる父でいい感じでした。
「28days」では嫌な男だったけれど・・・。セクシーですよね。

さすがに大きな目的があるだけに、二人がどうこうなることはなかったけれど、
危ない雰囲気はありましたね?。
同じ部屋で裸同然で寝てるしね・・・。
お色気場面を作らなかったのはこの映画の良心か?
だけど結局奇想天外なんだから、モラルに縛られず?二人のラブシーンがあっても
良かったと思う!!・・・って私は何を期待してるんだ?(笑)

おも・おも・おもしろかったですよね?!

ドビュシュ――――――――――ン!!

・・・と人間が空へふっ飛んでいくところ!
ネイサンのずっと前にこんなのがあったんだな?。
姿を消すのがグロくなくて非常によかったです!!
とっても友好的な宇宙人で本当によかった。誰一人傷つかず・・・。

他の出演者は
国家安全保障局のデイトンにロバート・ウィズダム
市警でテリーの理解者となりそうだったアン・ポープがアルフレ・ウッダード
彼女、デス妻のアップルワイト家のベティ!この映画の後ですね、2006年だから。
ペタリスもデス妻に出ていたLee Tergesenでした!
短髪だったけどわかった私スゴーイ!(苦笑)
宇宙人?社長?フレンドリーマン・・・がライナス・ローチ

ばかばかしい話とはいえ、愛していた子どもの存在を突然亡き者にされたら・・・
テリーの心情は痛いほどわかりました。
そして彼女のように、どんなことがあっても子どもたちのこと忘れずにいたい。

ゲイリー・シニーズはきっと悪い人・・・と思っていたけれど、
中途半端な存在の人でしたね。味方でもなく敵でもない・・・。

アンソニー・エドワーズは今回はナチュラルヘアーでした。
「ゾディアック」はやっぱりカツラだったんですね?。グリーン先生時代よりおっきくなったなぁ!

ドミニクジュリアン ドミニク・ウェストとジュリアン・ムーア
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

     

コメント

Secre

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。