広告
Singin' in the Rain 2015年05月

もうちょい待って

なんとなく毎日をやり過ごしているのりゴローです。

大切なことと向き合う、じっくり考える・・・ということを避けているかなあ?・・・と思う日々です。

先日の父の一周忌。

父を想う・・・というより、とりあえず手強い親戚たちを納得させるような法事を行うこと・・・

そんな段取り的なことで頭がいっぱい。

父の死のことを考えると、本当に何もできなかった、父に恩返しもしなかった・・・

と心の底から悲しくなるので、あんまり考えないようにしているのです。

でも、そうやって父のことを思い出すのは供養になるのかなぁ~って、親不孝な娘ながら

子どもの頃のこと、父との思い出を反芻するようにしています。

他にも、家を出ているリョウのことを考えると悲しくなる。

休みのたびに帰ってきてはきているけど、就職するとそんなに帰省できないだろうし

もうすっかり離れてしまうんだなあ~って。

母のこともいろいろ心配だけど、とりあえず家を早く建てないと・・・ってことで

細かいお金のことや、そりゃあ新居について決めなきゃいけないこと、準備すること

山ほどあるんだけど・・・ 考えていません。 考えられません。

毎日を過ごすのが精一杯。

他にも真剣に考えなきゃいけないことあるんだけど、考えることを避けています。

立ち止まって考えたら、心の病になりそうだもの・・・

射手座の特徴、“イエー!!集団”として、ノリだけで生きている・・・に徹していきます。

ラクなのです。


いつか、いつか真剣に考えたいと思うので、どうか今のところは許してください。


金曜日、同僚に誘われて行った餃子屋さん(中華?) 激安でどれも美味しかった~!

都会の真ん中、異国のような賑わいでした。

ハッピーアワーとやらの30分間に、生ビール3杯!!(笑)

http://www.ninoni.jp/single.html
関連記事
スポンサーサイト

おう!クレイジー!

久しぶりに劇団四季をチェックしたら、「アラジン」が開幕しており、
ジーニーは瀧山さんだったんだな~って  ぐっちょんもそのうち出るでしょうけどね。
怪我なの~? ハードそうですもんね。心配です。

すっごく評判いいみたいで早く観たいです。
アンサンブルキャスト見ても、がっつり実力派揃えた、って感じですよね。
ダンサーのクオリティの高さは・・・やはりBWものは四季しかできないな、と思います。
だってもう写真だけ見てもポージングといい揃ってて美しいよね。

そして何気なく全国公演をチェックすると・・・
ああーっ、「クレイジー・フォー・ユー」なんだ!!!
福岡はキャナルシティ劇場で9月20日から合計7公演。
超ハッピーで大大大好きなミュージカル♪

しかし気になるキャストはー?
前回の東京公演を見ると、男性は超ベテランがたくさんがんばっちゃってる感あり。
逆に女性は名前を知らない人ばかり。ピチピチをもってきたのかな?
松島さんのボビーは観たことなくて興味あるけど~
わたしゃべっちのボビーも観たことないんですわ。
観れずに死ぬんだろうか? あんなに、いつかはボビー!とワイアットの時から応援していたのに。

まあー、なんにせよ楽しみにしておこう!

6月13日(土)発売開始ですね!

関連記事

夢のツアーの話

1週間がわけがわからないうちに過ぎていく日々を過ごしている私ですが、

その、心の張り合いの一つにしたいと、藤岡くんの旅行を申し込みました。

今の状況では行けるかわからない感じなんですが、何か楽しみもないとね。

やってられないです。

一人参加になります。

お一人参加の方、心細く思っていらっしゃる方、参加予定の方・・・

良かったらご連絡くださいませ~(笑)(;´▽`A``

関連記事

抜け出せない地獄

久しぶりの更新です・・・・・。
昨日も22時過ぎまで仕事して、帰ってちょろっと食べて、ビール飲んだら記憶なし。
たぶん爆睡。
早朝起きてお風呂入って、そうこうしてたらルミが朝帰りしてきて、ご飯食べさせて・・・
今に至っています。

今週は仕事が追いつくチャンスだったんだけど、母親の事件がらみで一日は病院、
一日は警察・・・と二日残業できなかったせいで、まーた積み残しになってしまいました。
新たに来る仕事をこなしていくのが精いっぱい。
1週間サイクルってきつすぎる。
今週の発行分なんて80件を超えてましたよ。みんなケースが違うんです。
これを発送するのに、ひとつひとつチェックして、いろんな段取りくんで封筒準備して。
合わせて申請分も60件ぐらい準備しなくちゃいけないから、気が急いてひとときも休めない。

金曜日はなぜか来客も多く、ものすごく時間をとられるので事務処理が進まない。
17時には書類を持って行かなきゃいけないのに。私一人でやってることなので焦って泣きそうでした。
しかも、発行が遅れている方からの問い合わせで、前任者が受けて、照会に時間がかかってるせいなのに
他の人が私のせいみたいに言って、無性に腹が立って・・・もう何かがプツっときれた。

午前中は気づけばトイレも行かず、お茶も飲まず、ず~っと書類を処理して
郵送でどっさりくる申請はどう考えても業務時間中にできるわけがなく、残業を強いられ
やるしかないのに管理職は、「残業はめりはりをつけてね!!」
なんて見当違いのことを言ってくる。仕事内容を把握してないから言えることだよね。

そりゃ、他の方のほうが複雑な案件を抱えているかもしれないけど、私のは量が多い!
書類が多くてチェックする項目も多いしさ。不備があったりもするしさ。
さすがに4月から何百件も処理してきたから、少しは慣れてきたけれども。

何を言いたいかっていうのは、つまりぃ、大変だってこと!

仕事は楽しくなくはないです。
積み残しが解消されて、自分のペースができたら、もっと楽しいかもです。
でもかなり無理をしないとやっていけない仕事です。
それをわかってくれる人がいるかいないかでは大違い。
わかってはいるけど、自分の方が大変だ、って思ってるんでしょうね。
じゃ、誰か私の仕事やってみてよー!・・・めちゃくちゃ時間とられるから・・・って言いたいところだけど
とにかく乗り切るしかないので、一生続くわけではないので、がんばりますわ。

私の方が精神がおかしくなりそうです。

でも先日の説明会で言ってたけど、精神病患者数は、日本の三大疾患合わせたよりも
数が多いんですって。

頭の中、心の中の問題ですからね。外からはわからないですし。
鬱なんて、もうその数は計り知れずです。

母親に降りかかった事件も、高齢化社会でこれからどんどん増えていきかねない問題です。
そのことはまたいつか書くかもしれません。

給料は3倍になったけれども、仕事の大変さは3倍以上。
元気の源、必要ですねえ~・・・
体壊さないように気をつけます。



関連記事

ピアノがなけりゃ、こっちのもん♪

(笑) そんなことはない、ピアノもすごくいいです!
私はピアノの弾き語りすごく好きだなあ~。藤岡くんも短い練習時間ですごいと思います。
「ぼく、失敗ばっかりだぁ~!!」って声が聴こえてきたのも、めっちゃかわいかった!!
おもしろいこと、一言も言ってない、なんておっしゃってたけど、十分楽しめてます。
いや、それどころか、本当にありがとうございます!って感じですよ。
「はい!おまちどうさん!!」はファンにとってありがたい、すばらしい企画ですよ!

ん?でも1年を区切りに形態が変わるとのこと。
リクエスト方式ではなくなるんですかねえ?
藤岡くんの心意気はすばらしいけど、負担はかなり大きいでしょうからねえ~
私、メッセージ読まれたり、曲を作ってもらったり(思い込んでいる)ラッキーだったなあ~

お子さんを、自分の行きつけの店に連れて行きたいって、ステキですよね。
「これ、うちの、娘♪」
なんて大将に紹介したりして。
藤岡くんがパパだなんて、なんて誇らしくて幸せだろうなあ~娘さんは。
どこかへ遊びに連れて行かなくても、普通の親以上にたくさんのものをもらえる気がする・・・
もちろん、めっちゃかわいがってくれそうですしね!!

「星ニナル日」の歌詞で私がいつも気になってたフレーズ、コメントしちゃった。
藤岡くん、「たまには持たないと!」ってさ! 「そしたら誰かが持ってくれるかも」ってさ!
あはははは。
そういうの期待しとこう♪

GLAYもAIも良かったですねえ~!
藤岡くんに歌えない歌はないな!いつも自分のものにしちゃって。

秋桜は・・・。百恵ちゃん以上に?嫁ぐ娘の気持ちで歌っていらっしゃって、びっくり。
だってすごく重かったですよ?(笑) 親元離れるのは辛い別れなんだな~って思わされて。
今じゃ結構つかず離れずで、「孫の面倒よろしく!」・・・みたいな親子関係多いですよね。
さだまさしさんの世界観はすてきです。

さて、次回、6月21日のテーマは、「雨」だそうで!

雨なら、たくさんあるぞ~~~!
私のブログもRainですけどね。

ぱっと浮かんだのが、大好きだった稲垣潤一さんの『雨のリグレット』

でも、メジャーなのは、『ドラマティック・レイン』のほう?

どちらも好きです。リクエストしよ~っと!!



関連記事

圧倒!!精華パワー!

今日はオットがチケットを持っていたので、福岡サンパレスでの「BRASS POWER 2015」
に行ってきました。

スキャン_20150510 50スキャン_20150510 (2) 50
スキャン_20150510 (3) 50スキャン_20150510 (4)50

所さんの番組でもお馴染み、吹奏楽の名物先生、藤重先生の精華女子高校勇退記念・・・
の感謝祭のようなものです。
60歳になられるなんてね。お若いし、パワフルですからね。
しかもあっさり精華を離れるって、びっくりだったし意外でした。
でも先生にとっては単なる区切りにすぎないのかもしれないなあ~。
もう今まで偉大なことを積み重ねてこられすぎたからなあ~。

コンサートは中学生の上手な団体からずっとあったんだけど、リョウの出身の大濠から観ました。
女子が入って演奏的にはレベルアップ?
「女子が強くて男子が草食系に・・・」という先生のコメントがおもしろかった。
まさにその通りだからだ。
女子は優秀だし、強い。
尻をたたかれる男子、がんばれ~!

得意のマーチング部門も少し披露。ライフルはやっぱり男子ならではの迫力だと思う。
ガードはきっと振り付けは最新?なんだろうけど、ちょっと身についてない感じが・・・
もっとのびのびとできたら最強だろうなあ~

城東はものすごく人数はいるのに音がきれいで・・・ 全然うるさくなくむしろ聴き心地よし。
曲目も玄人っぽい。ちょっと別次元なり。

大牟田はよく統制されてるな~と思う。川口先生の力かな。
演奏とか好きか嫌いかは別にして。ダンスもノリが良かった。本当に各校カラーが違う。

精華女子は、演奏が上手いのは言うまでもないけど・・・
ガード、バトン、ダンス・・・衣装といい風格といい、宝塚か?ってぐらいプロっぽい。
まるで迷いも、不安も見えないしね~。それが一番かな。
自信あってこその余裕だよね。練習と経験に裏付けされた。

全国から集まったというOBバンド。
プロになった人ももちろん多い。藤重先生のために駆け付けたってことらしい。
145名ってものすごい。
ノリもすごかった。楽しんでいらっしゃった。

新入部員も70数名入って全部で172名?ケタが違いますね。競争も激しいってことでしょう。

高校団体は、マーチングで切磋琢磨している仲間なんですよね。ライバルでもある。
大濠は・・・いろんな面で負けてるところもあるけど、文武両道は褒めてやってほしい。
他校が楽器だけやってればいい・・・ってわけではないだろうけど、
おそらく両立は一番大変なんじゃないかな?実際勉学を理由に辞める人もいますしね。
まあ、お互い刺激し合って高め合って欲しいですね!

精華様たちは、まだまだ力が有り余ってる感じがしました・・・・・。
藤重先生はアッサリ終わらせようとしていておかしかったけど。
私たちはかなりオナカイッパイになりました!!

藤重先生、長崎でのご活躍、今後も期待しております。
お体だけは気をつけて!




関連記事

☆お部屋まわり☆

“夏の日2015”     詳細発表されました。

これでもかの出血大サービス内容!! いいんでしょうか?

前もこうだったんでしょうか?

バスで移動して、ツーショット写真撮って、みんなでぞろぞろお散歩して、夕食ライブがあって

お部屋まわり!? 修学旅行的な!?(笑) 

で、ファンミーティングで交流会があって・・・

これはどうしたもんか。 すごすぎる。

しかし、行ける人しか行けないんだよねえ~。当たり前だけど。

定員になってたらお断り・・・とあるから、先着順なんでしょうかねえ。

仕事あるし、スタート時に申し込めないかもしれないなあ~。

一人で参加して、見ず知らずの人と相部屋ってこともあるんだろうか? それはないのか・・・

つうことは8,000円プラスなのね~。

集合・解散時間から言って、前後の日も泊まらないといけなさそうです。

いろいろハードル高すぎです。

でも、ファンなら絶対参加したい企画ですよね~。

あっ!! 今日じゃないか!? 居酒屋まさの日!!

ちょちょちょっとまって~・・・ どうだったのでしょうか!?めっちゃ気になる!!

そして、うらやましすぎるよぉ~。

夏の日・・・も今日の客で埋まっちゃうんじゃないのぉ~? あーあ・・・・・


関連記事

「セッション」 感想つづき

アンドリューのマイルズ・テラー

絶妙なキャスティングでしたね。
アカデミー賞でも舞台裏でドラムセット叩いてたけど・・・
ある程度は叩けてたんですよね。ものすごい手元は別人だとしても・・・

彼はニコール・キッドマンの「ラビット・ホール」で観て、ものすごく印象に残ってました。
この役も独特でした。ちょっと何考えてるかわからないような、不思議な少年で・・・

アンドリューもいわゆる変わり者で。
母親が出ていったのは父親との関係が原因だとしても、かわいい息子を置いていくなんて・・・
母親が自分を捨てた・・・という喪失感、ショックは相当なものだったろうと思う。
父は優しい。
ふたりで映画に行くなんていい関係だ。しかも愛情を注いでくれているし。
だけど親戚同士の集まりで、うまく立ち振る舞えないあたり、コミュニケーション能力は低いのかな~
と思わざるを得ない。

父親の愛があったから、決して精神が歪んではないと思うのです。
ただ、一流の音楽家になりたい、というまっすぐな思いが強すぎて
かわいい彼女を傷つけて、間違った選択をしてしまうし
フレッチャーの言動に一喜一憂し、まんまと振り回されてしまう。

観ているこっちも胸が苦しくなったり、ハラハラドキドキしたり・・・
バスのパンクからレンタカーを借りることになり、しかもスティックを忘れて取りに帰るところ
予想通りにものすごい衝突事故を起こすんだけど・・・

あれ、死んだと思いましたよね。

途中まで亡霊が動いてるのかと思っちゃいました。
あの勢いで左からぶつかったら、ふつう命はないでしょう・・・
「ノーカントリー」のアントン・シガーだって、右からぶつけられて骨がはみ出る骨折してたし。
命があって良かったし、ちゃんとタイコ叩けて良かったです。

彼が最後に舞台でやったパフォーマンス、スカウトマンたちに通じたのかなあ~
元々才能はあったんだから、ちょっとテンポが速いだの、遅いだのにとらわれず
“表現力”や“技術”で、一味違うミュージシャンになって欲しいと思います。
パーカッションだから正確なテンポは大事でしょうが、逆にそれだけが大事か?なんて思います。

アンドリューの発奮材料にあてがわれたというライアン(Austin Stowell )が、ジム・キャリーみたいに
ニコニコしていて対照的な感じでおもしろかった。
もうひとりタナーは医学生になったとか?逆に多才で驚きますよね。

アンドリューが自分の世界に入って演奏している時、幼かった自分の姿が一瞬出てくるんですよね。
きっと、タイコが上手いと褒められて、それだけが心のよりどころとなっていたんだろうな~って。
母親のいない寂しさを、それで紛らわしていたんだろうな~って。
切なくなるんですよね。
あの、超カワイイ彼女と、上手くいって欲しかったなあ~。幸せになって欲しいっす。


関連記事

レ・ミゼラブル 追加予約ぅ

久しぶりの更新です。

連日の残業で疲れがピークにきていたのか、体にいろんな不調が現れてきています。

昨日はなんだか心臓のあたりがズキズキ痛いし・・・
ふと気付けば、右目が痛い・・・ あれ?うっすら赤く濁ってる・・・?
慌てて目薬さして寝たけど、朝起きたら目ヤニと痛みが・・・ 結膜炎かぁ!?

ストレスや疲れからもなるらしい。
あと、あまりに疲れすぎて化粧したまま寝た日が何日かあったので、それが原因かも・・・
目も酷使していたし、思い当たることがありすぎて。
どっちにしても体ボロボロののりゴローです。

今日、遅まきながら、博多座の「レ・ミゼラブル」チケットをとりました。

博多座会とやらの、先行予約など特典があるものに入ったのですが
モタモタしているうちにレミゼの予約はとっくに終わっており・・・
今朝、追加の電話予約というものに賭けたのでした。
博多座会って、一口5万円もして、とんでもないっ!!・・・と思ったけれど、預けているだけで
退会時に戻ってくるそうですね。こちらもリスクないし、上手い商売だと思います。

で、朝10時に電話かけて、最初繋がらなかったけど数分でかかって
最前列のいい席もまだあって、なかなかのお席が確保できました!ヤッホー!

仕事の都合と、もちろんキャストで選んだのですが、まんべんなくいけたかな・・・?

まず、ジャン・バルジャンで観たかったのは、初のヤン・ジュンモさん。
2公演とりました。
福井さん、吉原さんもちゃんと。
ジャベールは岸さんをおさえたかった。取れる日が少なかったので苦労する。でも確保。
あとは吉原さん、川口さん。鎌田さんも観たいんだけどなあ~

エポニーヌはうまいことばらけてとれました!前回と変わらずだったし特に意識してなかったけど。

コゼットはあまり関心がないので誰でもよくて・・・(苦笑)

マリウスはやっぱり海宝くんが観たかった。田村さんも未見だったので今回ちゃんと。

あとは、アンジョルラスの上山さん。そしてなぜか前回当たらなかった上原さん。
アゲアゲコンビですね!!
しっかり押さえました!楽しみです。
他のメインキャストも、なるべく未見で、重ならないようにうまくとったつもりです。
贅沢な1ヶ月だけど・・・まあ年に1回だし、四季はこないし・・・
楽しませてもらいます!

9日が一般発売ですね。
売れ行きどうでしょうね?今日すぐ取れた感じからして、キビシイのでは?
7日に天神のソラリアプラザでイベントがあるそうです。

http://www.hakataza.co.jp/news/detail.php?id=280

福井さん、知念さん、モリクミさん、上原さんだって!! 豪華!! 無料!歌披露!

これは行くしかないでしょう!!

関連記事

「セッション」 (2014・米)



おもしろかったですねえ!!

素直にそう思います。
今年のアカデミー賞レースで興味を持って、「博士と彼女のセオリー」「イミテーション・ゲーム・・・」
に続いて、映画館に足を運んで観てきました。
“引き込まれ度”はダントツでした。
ま・・・ったく飽きることなく、むしろ目を離せない状況で、あっという間の107分。
こういう映画は珍しいです。
だから編集賞を獲ったのも納得。ここまで余計なものを排除して印象的に構成できるって
すばらしい才能&仕事。

ジャズドラムを習った・・・というより、吹奏楽経験者のほうがこの話ピンとくるのではないかな?
鬼コーチのスパルタ指導。
所さんの「吹奏楽の旅」でもやってますね。吹奏楽コンクールで全国大会に導くような指導者は
タダモノじゃない。音楽指導の力量だけでなく、並々ならぬ熱意と、ポリシーと、カリスマ性と
特別なものを持った人でないとなかなか成し遂げられない偉業なのです。

先生が現れる前のただならぬ緊張感。
抜き打ちテスト的な、合奏中の集中攻撃。
できるまでやらせる、という地獄。
ひとりずつ演奏させては、「はい、次!」と目まぐるしく交代していく地獄。
指揮棒やスコアなど、何かが飛んでくる地獄。
合奏中、先生が意味不明にキレる地獄。

そういう恐怖体験をした人は少なくないはずです。
現に若き天才、デイミアン・チャゼル監督もそういう体験をしたそうですね。

しかし正直、フレッチャーは度を超していた。 ネタバレです。

いくら立派な演奏家にさせたくて、誉めたりせず、ムチだけで指導するにしても
陰険すぎる。汚なすぎる。
アンドリューに会った時も、彼からざーっと身の上話を聞きだしますよね。
父親のこと、母親のこと、音楽経験者か・・・
それは親しくなるための知識じゃない。然るべき時に、“より効果的に相手を痛めつける”ための知識なのだ。
「だから母親は出て行った。」とか、父親の侮辱だとか、もっとも傷つくことを言ってはダメージを与える。
まあ、ここが『軍隊の教官』を思わせるところなんだろうな。
それが良い演奏のために何の役に立つ?
フレッチャーの人権無視とも言っていい罵声は、本当に聞いてて不快だった。

生徒の前で、かわいがってた教え子が自動車事故で亡くなった・・・とウソをついたのも
ただの極悪人としかいようがない。
本当は、例のごとく追いつめ、罵り、傷つけて、鬱にさせ自殺に追い込んだのだから。

アンドリューに対しても、逆恨みもいいとこだった。
自殺に追いやった一件で、アンドリューがチクっただろうと思いこんで、ものすごいワナを仕掛ける。
アンドリューには、「バンドでやった、いつものあの曲だよ。」などと安心させておきながら
舞台上で始まったのは見たことも聴いたこともない新曲。

ここで二つのことを思った。

ひとつは・・・ 楽器経験者は練習してない曲をいきなり本番で演奏しなきゃいけない・・という夢を見ること。
一度や二度、見たことがある悪夢ではないでしょうか。
この映画では、その悪夢が現実になったわけです。

もうひとつは、「いかなる場合でもリハーサルしないなんてありえない!」・・・ってこと。

監督は経験者だから、わかった上で、演出上そういうことにしたんでしょうけど
本番前には必ず音出しはするし、そこでちょこっと合せたりするし、ぶっつけ本番はありえない。
舞台上で「えーっ、楽譜が違う~!」・・・なんていうのは非現実的でした。

しかし、ここまであくどいことをやるのか、フレッチャーは。・・・と思わせる演出としては
最高でした。もう本当にぞっとしましたもん。
わくわく、うずうずと演奏に気持ちをあげているアンドリューに浴びせかけた
「なめんなよ!」という言葉。・・・凍り付きました。
アンドリューでなくても、私もびっくりしましたもん。そこまでゲスかと。
カーネギーホールにはスカウトもたくさん来ていて、優秀な演奏者にはデビューが待っている、と。
ここでの演奏を彼らは決して忘れない、と。
フレッチャーの言葉は、これから起きる悪夢の前ふりだったんですねえ~。

しかし、ここからがスッキリポイント!!

アンドリューの逆襲です。
1曲目、全く曲を知らなくて、めちゃくちゃな演奏をしてしまったアンドリュー。
大恥かいて、彼の音楽家の道は閉ざされてしまったのか・・・
いえいえ、彼は再び叩きはじめました。腕は確かなのです。
驚くフレッチャーに、「僕が合図する!」と言い放つ。

かっこいい!!

と心から思う。「やれやれー!!いいぞー!」と心の中で応援する。
やがて舞台は彼の独壇場となる。バンドを率いて「キャラバン」を演奏して、ながーいソロに。

「殺すぞ!」 と脅していたフレッチャーも、やがてアンドリューの陶酔した演奏にのめりこんでいく。
叩きすぎて、はずれかけたシンバルを直してやる。

この最後の場面、二人がひとつになった、フレッチャーも彼を認めた・・・という見方が多いようですね。

そーーーーなのかもしれないけど、私はなんだかそう考えたくない。
フレッチャーがイヤな人間すぎるから。
フレッチャーの指導者としてのカタルシスなんてどうでもいい。
アンドリューのフレッチャーに対するただの復讐と、名誉挽回だけでいい。

フレッチャーは観客に結果的に支離滅裂なことを言って、指揮者として大恥かいた。
一生懸命取り繕おうとしたけど、ドラムにいいようにされ、バンドを乗っ取られ立つ瀬がなくなった。
それでよかったのに。

フレッチャーの人格が汚すぎて、美談には到底なれないし、アンドリューまでもが『セッション』
してしまったら汚れてしまう!
ん~~~しかし、アンドリューもある意味フレッチャーと同類なのだろうか~。
あのハゲ~・・・・・!!

(感想つづく)
関連記事
     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: