広告
Singin' in the Rain 2015年04月

「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」 (2005・米)

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 [DVD]ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 [DVD]
(2012/09/05)
ホアキン・フェニックス、リーズ・ウィザースプーン 他

商品詳細を見る


おもしろかった!感動した!

ずっと前に録画してたんだけどまともに観てなかった作品。
Yシャツのアイロンがけをしながら、放送していたこの作品を観る。(シャツなんと16枚!!)

ホアキン・フェニックス、いつもヒトクセある役が多いけど、ジョニーはすてきだった。
子ども時代に仲が良かった兄を、綿花栽培をしている家業の手伝い中に事故で亡くし
ず~っと、その悲しみ&贖罪の気持ちを背負って生きてきた人。
実の父に「神はできる人間のほうを奪った。」などと言われてはたまりません。
父には反対されていたけど、兄と好んで聴いていたカーターファミリーの曲。
その次女であるジューンに最初から惹かれていたんだけど、数年後の舞台裏で運命的な出会いをする。
お互いに結婚し、子どもをもうけながらも、後に親友と語ったように、同じツアーを回ったりしながら
特別な存在だと認識し合う。
ジョニーは最初の妻とは4人も子どもを持つが、ツアー続きだったり、明らかにすれ違いの中離婚。
もちろん、一番の原因はジョニーのジューンへの想いを知ってから。
ジョニーは何度も何度もジューンへ求婚する。
しかし、自分も離婚で傷ついており、麻薬におぼれている弱い人間のジョニーを伴侶とする決意は
なかなかできない。
しかし、ジューンのご両親はいい人なんだなあ。
娘の本心を理解し、彼が立ち直るまで一緒に手助けをしてやる。
そんなこんなで出会ってから13年が経ったツアーのライヴ中、あの、伝説的なプロポーズとなる。

舞台上で、歌を止めて、「結婚してくれ」

申し出を何十回も断ってきたジューンは、戸惑いながらも目に涙をためて「イエス」と言う。

感動だぁ~!

本当に映画も2時間超えるけど、長い長い道のりだったわけですよ。
いろんな障害はあったけど、一緒になれてよかったね!って。
その後2003年に二人が相次いでなくなるまで、35年間音楽活動を続けたんですね。
この映画は2005年作だから、わりと亡くなってすぐに追悼的な意味合いで作られたのかな?

リース・ウィザースプーンはこの役でオスカーの主演女優賞をとる。
リースは大好きな女優さんだけど、この頃は本当にキレイだし、表情が豊かでとっても魅力的だった。
すごく好ましい女性像なんですよね~。

最初の妻ジニファー・グッドウィンも良かった!
割と最近観た、ラブコメではちょっと年齢を感じてしまったけど、この作品ではふっくら若い!
かわいらしいいい奥さんですけどね。やはりすれ違いは難しいかな。お金だけあってもね・・・

冷酷な?お父さんに、T1000のロバート・パトリック
いいよね~、冷たい感じと、気難しい感じと、不器用な感じと・・・
ぴったりでした。

二人が本当に歌ったという歌も、なかなかすてきだった。
とにかく、すてきな作品だった。
似たような作品に、「あの頃ペニー・レインと」やジェフ・ブリッジスの「クレイジ・ハート」があるけど
アメリカの音楽業界の歴史を垣間見れておもしろい。
ツアーにしてもスケールが違いますからね。なんてったってアメリカは広い!!
ライヴ会場がどんどん大きく立派になっていくのも見ものですね。家も豪華になるしね。

しかも、エルビスも出てきたけど、麻薬や女との関わりね。これは切っても切れない・・・
熱狂的なファンはついて回って、娼婦のように楽屋を訪れては浮気を楽しみ・・・
麻薬と酒におぼれてギターを壊したり、舞台上で倒れてツアーをつぶしたり・・・
どこか退廃的で破滅的なのに、いい作品はどんどん生み出されていく・・・
不思議な世界です。

ジョニーの場合、刑務所での無料ライヴが印象的ですね。
歌詞の内容が過激ではありますが、彼らの心のよりどころになっていたようで。
痛みや悲しみを知ってくれている・・・って感じなのかなあ?
機会があれば、ホンモノの歌を聴いてみなくては(エンドロールには流れてたけど)と思っとります。



関連記事
スポンサーサイト

タニタで元気に?

連日ハードな毎日を送っているのりゴローです。

昨日はついに、残業後ご飯食べたら寝てしまい、5時ごろ起きてお風呂入ったりする始末・・・

それがオナカのカゼなのか、朝も食べられず、
昼は仕事が入り込んできてゆっくり食べられず、
夜は21時ごろまで食べられず・・・

と、めちゃくちゃな食生活を送っていたのです。
食欲もないんですよね・・・。

今日は昼当番で、13時から外に行けたので、思い立ってほっともっとへ。
宣伝で目についた「タニタ弁当」を買ってみる!
550円っていうのは後で知る・・・(苦笑) ちょっとお高め。
3種日替わりらしく、今日はコレ!

http://www.hottomotto.com/tanita/tanita_detail01.html

付け合わせも、酢どり・・・?鶏の野菜あんかけも、とっても美味しかったです!
バランスもよかったせいか、午後はとても調子よく・・・
夜の残業まで元気に過ごせました!
これはタニタのお弁当のおかげではないかと思っています。
やっぱりちゃんとした食事は大事ですね! 脳にも栄養あげないとね。

夜のドカ食いをしなければ、もっと痩せる気がするけど・・・
ストレス解消に仕方ありませんっ!
お酒もずっと飲んでない・・・。
リラックスして飲めるのはいつの日か・・・
あっ、明日は週末、♪の~も~う♪

(って、森高さんのCM、復活したんですね!いつまでもお若くって!!)
関連記事

瞬発力&吸収力=0ナリ

はあ~・・・・・情けない。
今日(13日)も残業でした。今日はなんと22時過ぎまで!
18時からミーティングがあったので、自分の仕事ができなかったのもあるのですが

今はまだ、実際の仕事をこなしつつ、初めてのことを教えてもらってる状態。
元々パソコンなんて習ってないし。
学生の頃は授業でなんかなかったし~。
大学の時、情報処理って、ちらっと聞いたぐらいで、携帯だってなかった時代だし・・・

パソコン触りだしたのが、ブログを始めたのと、PTAで広報委員になって新聞を作ってから。
正式に習ってないので基本的なところがわかってなかったりします。
この間エクセルの中級の講座に行ったけど、難しい操作はちっとも身についてない。
今の仕事も、事務は同じことの繰り返しなところがあるので慣れればなんとかなるのでしょうが
今は教えてもらいながらモタモタ・・・ 自分でもどかしいです。
教えてくれる方にも申し訳ない。
一回で覚えられるわけないけど、ゆっくりメモできるわけではなく、何度も聞いたら悪いので
必死なのですが、修得するまでに時間がかかりそうです。

はあ~、情けないっちゃん!

しかしぃ、仕事の性質上、いろんなプロセスを経て、きっちり経過を残していくわけですよ。
今の私には、その細かい段取りが、余計にミスを誘いそうでコワイです。
内容だけだったら、そんなに難しいことじゃないんですけどね。
段取りがね。最初はあってるのに、いろいろ扱って最後には間違ってた・・・なんてね。
気をつけなくては・・・。

早く慣れて、もっと他の仕事も手伝えるようにならなくては。
今日のミーティングでも、人はいっぱいいるけどいろんな権限上、実際背負ってるのが数名で・・・
「いくら残業しても、事務作業は追いつかない。」と訴えておられました。
事実、連日最終ギリギリは当たり前のようです。彼らは。
なんとかしていかなくてはいけませんね~。
私も、とんでもないところにきちゃったなあ!!(苦笑)
他の人が良かった・・・って言われないようにがんばらなきゃ・・・(泣)

予定外の残業でしたが、早く帰ったルミが、なんと、初めて、ご飯を作ってくれました!
野菜スープと卵焼き♪
うれしいサプライズでした~!
普段も洗濯干したり畳んだり、手伝ってくれているんですよね。
バイトを始めたらこうはいかないだろうけど、大変助かるなあ~。

しばらくは、仕事を覚えるまで迷惑かけそうです・・・!

もうすぐ朝がやってくる。 寝なくては!!!おやすみなさい!



関連記事

青くて深い海の底に

残業ですよー。今日は20時まで。
本当にやることがあるから残ってます!(笑)
でも引き継ぎ時に残っていた申請書が、今日数十件処理できて・・・めどが立ってきました。

要領がわかって、自分が一から処理するなら、もっと手早くできると思う。
ミスはできないので、効率よく工夫して、自分の仕事は管理していきたいですね~。

そんなこんなでクタクタなんですが、日曜日の夢のような時間を振り返ります。

『ミュージカル タイタニック 大千秋楽』

お席は藤岡くんサイドから購入。
後方サイドだったけど、さえぎるものなく、めちゃくちゃ観やすかったです!ありがとう!
今一つはっきり見えなかったのは、乱視の私の目のせいだからして・・・

イスメイの鈴木綜馬さん。
ご存知、元四季の方です!
17~8年前は『美女と野獣』のビーストとか、WSSのトニーとかもされてましたよね?
最近では「サウンドオブミュージック」の大佐にも客演?で出ていらっしゃいました。
冒頭イスメイの歌があるのですが、あれ?こんなお声だったかな~って・・・
イスメイって、一番イヤ~な憎まれ役ですよね。
それを見事に演じ切っていらっしゃいました。傲慢で名誉や名声にこだわって。

元四季つながりで、栗原英雄さん。
エドガーってひょうひょうとしてて、なんだか栗原さんに合ってた気がしました。
ワルツなどのダンスはお手の物ですよね。何しろあの「コーラスライン」で踊ってらしたんですから!
踊れない男ワイリーもされましたが、私にとって一番の思い出は、「人間になりたがった猫」
のライオネル! 歌もダンスももちろんあって、とってもかわいいキャラなのです。
大好きでした。久しぶりにお会いできてうれしかったです。

またまた元四季で、だ~~~いすきなおみつさんこと、光枝明彦さん。
お痩せになった気がしたけど、相変わらずすてきでした。
特に、後半衝突が起きてからのやりとりは、船長らしい威厳と、軽妙な語り口で
さすがだと思いました。

お笑いが好きという、佐藤隆紀さん、もちろんお初でした~。
クールな印象だったチャールズ、話している声を聴いてドッキリ!
ちょっと・・・独特の、今までに出会ったことがないような声だな~って思いました。
妻がキャピキャピしてるから、余計に落ち着いて聞こえます。
もちろん、いい声です♪ 
そして歌のすごさは、船を降りる人たちとの別れの場面で発揮されます。
深くって太くってまっすぐで、うおー、もっと聴きたいな~!って思わされました。

エッチスの戸井勝海さんも舞台は初めて拝見しました。
う~ん、いいお声にすてきなルックス。この世界の王道を歩いてこられたような・・・?
役もピッタリだと思いました。

マードック役の津田英佑さん。
彼も四季がらみありました!「マンマ・ミーア!」のスカイです。
あれは典型的な今風の若者の役ですから。セクシーな歌もありますからね!
今回は・・・私としては地味に感じました。ごめんなさい、目立つ場面もあったのかな?
なかなか1回では把握できなくて・・・

古川雄大さんはすら~っとひとり体型が違ってて、一目惚れされるような役でしたが納得。
まあ、もっと彼の良さを発揮できるような作品があるのでしょうね!麗しい方でした。

見張り役が印象深い、入野自由さん。
・・・みんな名前が難しいですね・・・簡単には読めない名前ばかりです(苦笑)
声で勝負されてるだけあって、すっごくいい声ですね。
役がキビキビ、しっかりした感じなので、カターい声質で発せられたセリフ、滑舌も見事でした。

シルビアさんは「アイーダ」のアムネリス王女もされましたね。
なんちゅうか、天真爛漫なアリス・ビーンはぴったりな感じがしましたが。
最初はなんだかうるさいし「うざ~・・・・」って思ったのですが、憎めない人物でした。
パンフの「高嶋丸」にわろた~。

若い女性陣はみんな良かったなあ~!
控えめで可愛らしい菊地さん・・・。ケイト役の則松さんは特にすてきでした。
宝塚にいらしたんですね。凛として前向きで、魅力的な女性でした。これから活躍されそうですね。

通信士ブライドの上口耕平さんも、印象に残る、すてきな人物でした。
バレットとの場面もとってもいい場面。
二人のやりとりに思わずひきこまれました。歌も良かったです。彼も要注目ですね!

設計士アンドリュースの加藤和樹さん。
本当に、この作品はキャスティングが見事にはまっていると思う!
アンドリュースのあのぐらいの登場シーンで、観客に印象付けるなら、加藤さんはカンペキ。
言い争い部分も、歌も、ちゃんと伝わってきたし違和感なかったと思う。
筋トレ部の写真で、常にお父さんが着てるような下着?白シャツで写っていらっしゃったのが
却って好感と親しみを持ちました(笑) 肉体は本当にすばらしいですねっ

本当に好みの問題だと思うのだけど、私はずっと劇団四季を観てきて・・・
「セリフはこういう風に言うもの」というのが、滑舌だけの問題じゃなく、ある理想を持っています。
きちんとした発声練習をしている人は、セリフも響きます。
舞台上で口先でごしゃごしゃ喋ってるように聴こえる人は、残念に思います。
歌も・・・あまりビブラートをきかせない素直な歌が好きだなあ。
出演者(特にちょっとベテラン)の方にはビブラート仕上げの方が多かった気がする。
まあ本当に好みの問題です。

そして最後、バレットの藤岡くん。

最初の一声からすてきでしたが、スコップで火をくべながら歌う歌、すばらしかったです。
プロポーズの歌ももちろん良かったですが・・・
バレットにはいろいろ深い言葉を言わせてますね。重要な代弁者ですね。
「あいつらが俺たちの給料を払ってるから・・・」と身を引いたり、「未亡人にしなくてよかった」とか
なかなか泣かせてくれます。
本当にいい役!!
衣装もいいし。体の線が出るようにちっちゃめに作ってあるんでしたっけ?
筋トレ部の成果か、ピタピタ感もなく、労働者のたくましさもありつつ、若々しくて
大成功!!って感じでした。

にしても、ちょっとこき使いすぎじゃないですか?(苦笑)
あらゆる場面に出ていらした感じ。いろんな役で。そりゃヘトヘトになりますよね。
ファンとしてはたくさん見れてうれしいですけれども。

この前に観た、「TRAILS」は、藤岡くんの魅力は出ていたけど歌が少なくて物足りなかったので
バレットは歌もキャラクターも最高でした。
バレットなら何度でも観たいし、こういう役の作品にどんどん出て欲しいです。
個性的な役もいいけど、正統派な歌をしっかり歌うことができる貴重な人材なんですから
ミュージカル界は見逃さないでほしいなあ~(笑)

何度も観れた方がうらやましいです。
でもあれ、見れば見るほど、感情移入しちゃって、最初から泣けてきちゃうんじゃないですか?
序盤からグズグズいってる人多数でした。
結末がわかってるだけに、切なくなるんでしょうねえ~。
「ああ、こういうこと言ってるのに・・・」ってね。

全く迷いなく、夫婦で最期まで添い遂げる選択をしたストラウス夫妻の姿は感動でした。

誰もが、「自分はあんな風にできるだろうか?」って思ったんじゃないですかね?
思いやりにあふれた、美しい姿でした。
本当に愛する人を失い、悲しみながら生きるのと、運命を共にするのと、どちらが幸せなんでしょう。

選択することさえできずに、人生の幕を下ろさずにはいられなかった人々には
本当にご冥福をお祈りします。

最後に、この作品の再演を期待します!

シンプルな舞台セットなんですから、ぜひぜひ、地方にもきてくださーい!




関連記事

タイタニック大千秋楽

お疲れ様ですっ!

大阪ひとりで行ってきました~。
大阪梅田芸術劇場。帰りの新幹線が発車してから、家に着くまでちょうど3時間!
3時間で行けるってすごくないですか?九州からなのに。
「タイタニック」が終わってすぐに帰れば、6時半には家に着いたかもなあ~。
せっかく大阪まで行くんだし、何か楽しいことがあるかも♪・・・と、19時の新幹線をとったのが
間違いでした。観劇以外は、なぁ~んにも楽しいことなんてなかった!
とっとと帰れば良かった・・・

まあ、それはいいとして、あっそうそう、行きの新幹線もトラブルがあってひやっとしたのです。
もうそろそろ着くって時に、新神戸で人身事故らしく、後続だったウチらの列車は停車。
30分以上遅れて新大阪に到着。
おかげで、大阪駅移動までタダだったのに、タクシーで行くはめになりました。

でもね、このタクシー利用、3階の改札出てすぐ乗り場があって、数分で着いて、1,080円だった!
乗換えや徒歩12分?を考えたら、かえって良かったかもしれません。雨だったし。
運転手さん、ひとっこともしゃべらなかった。
関西の人はもっとノリがいいと思ってたけど・・・みんなじゃないのね(笑)
福岡の運転手さんは世間話しない方が珍しいかも。

こういうことを書きたいんじゃなくて、眠くてたまらないけど覚えているうちに新鮮な感動を
少し書いておこうと思います!

藤岡くんたちは、打ち上げから自宅にご帰宅かな?

まず、作品の感想。

なるほど群像劇。
ほとんど前知識なく、皆さん複数キャストをされるということで理解できるか不安だったけど
幸いわけがわからなくなることはありませんでした。
藤岡くんも特に大忙しということがばっちりわかりました。これは・・・2回公演はキツイですよね。

俳優さんたちは、自分が演じる人物に、敬意を払って演じていらっしゃるような気がしました。
実際亡くなった方もいるんですからね。

派手な演出はないけれど、ひとりひとりのキャラクターが掘り下げられていて
観ているこっちも、いろんな人間がいて、生き方があって、人生の選択があるんだなあ~
と非常に考えさせられました。
それが一番かな?

私は藤岡くんを観に行っているので、藤岡くんのバレットについてはたくさん思うことがあります!
本当にすばらしかった。
役としても重要だし、一歩別次元で、とびぬけている感じさえしました。

あー、語りたいけど限界なので、また後日・・・  おやすみなさい・・・
関連記事

最終運航のご案内です

今日は4月5日。

1日からスタートした新生活、新職場、フルタイムでいきなり残業もあって(自分でしただけだけど・・・)

今のところやりながら覚える感じなので、頭の中が全然整理できてなく、

分厚いマニュアルファイルを持ち帰り、目を通しておりました。

フツウに平日やってない家事もあり、そんなこんなで追われていると・・・

ルミとオットが夜出かけている間に寝てしまい・・・ 今に至る。もう寝れない。

なぜなら大阪行きの準備を何もしてないから。

今、劇場までの道とか、新幹線の時間とか確認していました。

帰りはゆっくりだけど、行きはボヤボヤしていられない感じ。早く入っときたいし。

飛行機じゃないから軽く考えてました。

ひとり旅だからさびしいなあ~。新幹線、隣り、ヘンな人じゃなければいいなあ~。

行きは仕事の資料を読むつもりです。帰りは興奮して頭に入らないだろうから。


たった1回きりの、大千穐楽での「タイタニック」観劇ですが、目を皿のようにして

耳を研ぎ澄まして、しっかり浸ってこようと思います。

あと8時間もすれば、藤岡くんに会える~!!!∩(´∀`)∩ワァイ♪

関連記事
     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: