広告
Singin' in the Rain 2015年02月

「エージェント・ライアン」 (2014・米)

エージェント:ライアン [Blu-ray]エージェント:ライアン [Blu-ray]
(2014/12/10)
クリス・パイン、ケヴィン・コスナー 他

商品詳細を見る


106分。ざ~っと観た感想は、コンパクト!ってこと。
ライアンってあのライアンですよね?ジャック・ライアン。
何もかもアッサリしてたわぁ~。
たとえば、マット・デイモンのジェイソン・ボーンとか、トム・クルーズのイーサン・ハントなどに比べれば
なんと小粒な・・・
あ、96時間のリーアム・ニーソンの方が、ハラハラ度もタフさも上ですね。
一応有能な海兵隊出身ということはあっても、奥さんに映画の半券ポッケに入れたままにして
怪しまれるなんて、すでにどうしようもなくない?(苦笑)

ジャック・ライアンは今回クリス・パイン
今年のゴールデン・グローブで、プレゼンターがどちらか選ぶのにクリス・パインを即答してたから
人気なんでしょうね。
私は「アンストッパブル」は観ました。
あの時より、ずいぶん洗練されてかわいくなったなあ~・・・と。
キュートなのはわかるけど、本当にそれだけ。

相手役のキーラ・ナイトレイは相変わらずきれいだけどピークは過ぎたかな~って感じで
実はCIA・・・と聞いた時も、「良かった~、浮気じゃないのね!」って・・・

ケヴィン・コスナーが上司的な感じで出てるんだけど、何かあるのかな~・・・とドキドキしてたら
なぁ~んにもありませんでした。
裏切りもないし、特に活躍もないし、死にもしないし・・・

監督兼悪役のケネス・ブラナー
ただの女好きでした。(笑)最後もさ、ぐちゃって潰れるとか、衝撃的なものもなく
身内にアッサリ処分されるなんてね。

悪くはないんですよ。俳優は申し分ないし。
私には実にコンパクトでおいしいとこはあって、楽しめて、ちょうどよかったですよ。
でもどうしても手抜き感というか、やる気あるの~?っていう感じが全体観て感じました。
本当に、アッサリしております。こんな作品もあるんですね。
脚本があまりにもつまらないのかもしれません。スケールが小さいんですね。

エージェントものを難しいことなしに、軽く楽しみたいならぴったりです!
関連記事
スポンサーサイト

これは今の自分?

証明写真 縮小

カッティングボードに乗せた証明写真・・・。

就職用とかなら、修正バリバリで写真館で撮ってもらうのが最近の常識のようですが
これはもう、それ用ではないので。

すぐ近くのスーパーの横にある400円の機械で撮りました。
やっすぅ~!
今日は風が強くて、マジックテープでカーテン閉めてもすーぐはずれて。
手でおさえてましたよ。

髪は結んでます。一応、マジメなふり。(笑)

しかしなあ、目が光なく死んでるし、背景の具合もレトロチックで。
写真じゃなくて絵みたいなんですよ。
ほんと、笑った。

でもさ、最近思うんですよ。

ど~も髪型が決まらない、メイクがイマイチ・・・なんて鏡見て思うじゃないですか。

何かのせいにしてるけど、実は自分自身が劣化してるんですよね。
だから今までとはちょっと違う・・・なんて思っちゃう。
はあ~あ、よくなることはないって、むなしいですね。

10キロ痩せたら、違う顔に会えるかもしれないけれど、今からだとシワシワになりそう・・・。
脂のってるほうがまだマシかなあ~?(笑)

関連記事

「フォックスキャッチャー」 (2014・米)

Foxcatcher.jpg
フォックスキャッチャー

私は、とにかく、この3人の俳優に、賞賛の拍手を贈りたい。
スティーヴ・カレルのアカデミー賞主演男優賞はとれなくて残念だったし、
マーク・ラファロはプレゼンターでもなく、最前列の座席に座ってるだけだったけど
3人を舞台に上げて称えてあげたかったなあ~。それだけ熱演でした。
プレゼンターを務めたテイタムは、レゴのオスカー像をもらってものすごくうれしそうだった。
好感度、かなリ上がりました。(笑)

内容は・・・おもしろかったです。どちらかというと、暗く、静寂の映画でした。
場を盛り上げる音楽もない。かなりの部分を占めるレスリングはホンモノ。
息が詰まるような展開が続く。
能面のように無表情な二人の男。彼らが抱えてる苦しみには共通点があった。
それは人間が生きていく上でもっとも必要なものの欠如だった。
母の愛、温かい家庭、人々の信頼、尊敬、名誉、友人・・・
そして二人は引き合い、一人が去った。
その後には、思いもよらない悲劇が待っていた。

ネタバレです。

続きを読む

関連記事

スター・ウォーズ談義

本日、ホークスタウンにあるユナイテッドシネマで『フォックスキャッチャー』を観てきました。
感想は、後で書きます。いろいろ思うところあります・・・。

SubstandardFullSizeRender (2) まだ閑散・・・

今日もレディスデーで、もしかしたら多いかも?と9時半の回を予約して行ったんだけど・・・
241席あるのに・・・客は20名もいなかったような。
いいのだろうか?
まあ、施設自体が11時オープンでヤフードームとかZeppでイベントがないし、何より平日なんで
仕方ないですよね。
人員削減か、チケットもぎりの人もいないしスタッフが見当たらなかった。ま、いいっす。

終わって売店とか見てたら、ガチャガチャがあり、スター・ウォーズシリーズに目が行く。

すると、すでにそれ目当てで同年代?の女の人がダイヤルを回していた。
「え~っ!!また同じやつ!!こんなことってある~!?」
などと、お友達に言ってる。

私は大好きなストーム・トルーパーシリーズ(200円)を買う。
輪ゴムを引っかけることができる・・・というやつが当たった。(笑)
でもこれ、自力で立たないんですけど~。
もうひとつはやはり200円で、見事C3POをゲット!カードを持てるらしい。や~りぃ~。

すると、例の方、5回ぐらいやってたんじゃないかな、お目当てのやつがやっと出たもよう。
で、私が傍にいたから、

「もしかして、スター・ウォーズお好きです~?私これ二つもいらないから良かったらあげます~。」

と、おっしゃって、いただいちゃいました!!ラッキー!!

ん???
しかし、これ、ちっちゃ・・・
300円で、ルーク、ダース・ベイダー、ストーム・トルーパー、R2ーD2、C3POというラインナップの中・・・
なぜか、ジャワ

もちろん、知ってますよ。かわいいですよ。・・・でもヨーダじゃなくて、ジャワなんだ・・・(笑)

SubstandardFullSizeRender (1)

この件をさっき息子とラインでやりとりしてたら、彼はこの作品が好きで詳しいので
めちゃくちゃ熱く語りだした。
私と違って、打つのも速いし、信じられないスピードで画像も送ってくる。

トルーパーの中にいるおじさんの写真とかさ~。
火をつけちゃいましたね!!
私は昔の作品はよく覚えてるけど、最近のやつはあまり真剣に観てないことが発覚。
DVDで全部持ってるのにね。見直さなくちゃ!!(笑)

※なんと、すっごく丁寧に紹介してる動画があった!! トルーパーまでいるぅ~!(笑)



これですよ、これ。

関連記事

不安と不満と楽しみと

病院なんて何年かに一回ぐらいしか受診しないんだけど、今日は仕方なく・・・
次の勤務先で提出するために健康診断を受けてきました。

高いわ~。11,500円だって。
3ヶ月以内のものが必要で提出が3/6までだなんて、もうどうしようもないもの。今受けるしか。

本当にいつぶりかわからないぐらいだったけど、一番近い病院に行く。
早朝だと重症患者がいたら困ると、11時過ぎに行く。(笑) もちろん飲まず食わずで!
お客さん・・・・患者さんは誰もいなかった!

まず、検尿。
次に心電図。
心電図は結構あられもない姿になる。胸を丸出しだから。
あちこち電極をつけてる時、横で古株っぽいおばちゃん看護師がでかい声で何か言ってる。
「タンパク?これがHDLで、いち、に、さん、し…どれを書いていいかわからん。」

めちゃくちゃ不安になる。明らかにさっきの私の結果よね・・・。
検尿で引っかかったことなんてないのに、と思ってたら、大丈夫だった。
でかい声のコソコソ話やめて欲しいわ!(苦笑)

下着をつけ直してたら、オジサンが入ってきた。おいおい、危ないな。
身長・体重計る。めっちゃ背筋を伸ばす。「縮むのなんて絶対嫌だ!」 163センチ。ほっ。
体重・・・「げ~っ!!」 「1kg引いときますからね。」 まあ。焼け石に水・・・。
次に採血。
チクッ!!いたっ!!・・・・でもベテランさん、上手くいったほうだよね?
次に血圧。
血圧高いんですよね。母親も高くって遺伝性もあるし、病院で測ると特に高い。
家で測るように血圧計を買ったんだけど、まだ1回しか使ってない・・・。

部屋を変わって聴力、視力、胸部レントゲン。
レントゲンでは上を脱いで、羽織物を着た状態で、「ちょっと待ってください。」と放置される。10分ぐらい?
先生待ちだったみたい。

すべて終了して問診。
レントゲンはその場でチェック。こ・・・これが自分の肺か・・・怖い。
マウスを移動させながら、医者は仕切りに首を傾げるから・・・怖い。
「はい、別に異常はありませんね。」
よかったー、よかったー。
心電図も見たけど、問題なし。心臓くん、がんばって動いてくれているようだ。
あれ、あるんですね!
胸を開いて聴診器当てるやつ・・・。体内の雑音なんかを聴くわけ?
しかしこの先生も老けたなあ~。確か私と同年代だったはず。すっかり白髪が増えて・・・

な~んて思っていたら終了。
お金払って帰りました。
血液検査も異常ないといいですけどね・・・。

一旦帰ってお昼ご飯を食べて、今度はハローワークへ。
これもたまたま近くにあるから便利です。歩いて行けますからね!
昨日電話して尋ねることがあったんだけど、ものすごく横柄な対応にびっくりしました。
なんで、そこまで上からの口調で言えるわけ?
前の職場が、電話でも窓口でも、お客様相手としてものすごく丁寧で親切に対応していたから、
余計にこの相手を訝るような、ばかにしたような、愛想もないしゃべり方にいらっときた。
民間じゃないと、こういう態度になるんですかね。

で、今日、言われた窓口に行くと、電話で話したらしき人にご対面。
やっぱり、最低限の愛想。(笑)電話の印象通り。
まあ、ヘコヘコする必要ももちろんないんですけどね。
でもさ、一般人はよくわからない前提で、いろいろ教えて欲しいんだから、不安を拭ってくれるような
親切な対応は必要だと思うんだよね。国の機関でも。彼らはえらいのか?別にえらくはないっしょ。
まあ、そういう人柄までは、採用の時わからないよね。

職務経歴確認のために本当は今までの職場すべてで証明をもらわないといけないらしいんだけど、
それは大変なので、雇用保険の資格喪失確認通知書で代用してくれると言うことだった。
それを出してもらう。
どうも彼女が訝ってるのは、そんな個人情報を職場が要求して、すんなり渡していいんですか?
ってことだったみたい。今までの職歴の証明を・・・
私自身は公的機関が言ってることなんで、なんの不安もありませんでしたが心配してくれてたんですね。
ひとつわかったのは、結婚後にしたパート(半年)は雇用保険に入ってなかったということ。知らんかった~。

あとは、卒業証明書!!
卒業して何十年なんだよぉ~。今更いるなんてね。
職歴も卒業証明も、給与額の決定に必要なんですよね。取らなきゃしょうがない。
郵送でももちろん取れるんだけど、明日は映画を観がてら、大学にも寄って証明もらってきまーす。
天気が悪そうだ・・・。
もう子どもたちが入学する歳なんだもんね。変わったかなあ?
街はすっかり都会になりました。久しぶりで、ちょっと楽しみです♪

関連記事

生中継!第87回アカデミー賞授賞式③

★監督賞

『アレハンドロ・G・イニャリトゥ』

わぁ~、リチャード・リンクレイター、残念でした。
私はまだ「バードマン」は観てないけど、「6才の~・・・」はやっぱり監督に栄誉を与える
べきではないかと思っていたから。
その代わり、作品賞はどうかな~って思ってました。まだわかんないですけど。
「バードマン」はブラックコメディということなんで、個人的に観るのをとっても楽しみにしています。


プレゼンターはニールにいじられまくってるベン・アフレックでした。

★主演男優賞

プレゼンターはケイト・ブランシェット。

『エディ・レッドメイン』

おお~っと、すごーい!!とっちゃったーっ!
良かったね、マリウス♪しかし、こんな順調な人も珍しいですよね。
トム・クルーズやレオナルド・デカプリオみたいに縁遠くなったらなかなか取れない人もいるのに。
活躍していてもですよ。ラッキーな人だけど、すごくマジメそうだし、人柄もよさそうだし
真摯に役に向かっているという感じがしますね。
ちょっと気に食わないのは、結婚したばかりの彼女の存在(笑)ハナさんだっけ?
結婚のタイミングも彼女にとっては最高だったろうけど、共演者のフェリシティ・ジョーンズは
ゴールデングローブの時もそうだったけど、彼女に遠慮してあまり二人で喜べない・・・
みたいな感じになって、気の毒でした。もっと歳いってれば古女房前に平気なんでしょうけどね。
まあ、私の勝手な思い込みです。
これからが楽しみですね。若くして大きな看板引っさげて・・・。どんな役をやっていくか。
彼のことだから、驕ったりはしないと思うけど。

★主演女優賞

プレゼンターはマシュー・マコノヒー。
客席に挨拶させて、「お~け~い!」なんて言ってておかしい。

『ジュリアン・ムーア』

「オスカーとると寿命が延びるそう!夫が年下なので助かる!」なんて言って笑いとってました。
良かったね~。やっととれました。彼女の作品の中での存在感は好きでした。
いい作品たくさんありますよね。

ここで司会者ニールのパフォーマンスタイム!

授賞式で起こる出来事を次々予測していた?あら、不思議、すでに印刷してあるよ?
誰も鍵付きの箱を触ってないのに?
彼は手品が得意だそうです♪

★作品賞

『バードマン あるいは』

イニャリトゥ監督、大はしゃぎ!
仕方ないかなあ~。でも私はまだ観てないから何とも言えません。すごく観たい。
他のノミネート作品、「博士と彼女のセオリー」「グランド・ブダペスト・ホテル」「セッション」
は、絶対観たいと思いました。

プレゼンターはショーン・ペン。監督の「21グラム」に出ていたからちょっと不思議ですね。
受賞者は絶対、明らかにされてないということですが。
ノミネート内に関わってる人ぐらいは選ぶでしょうね。

あー、今年も楽しかった。
特にハプニングもなかったし、サプライズもなかったけど。
歌曲賞の歌はあるけど、(レゴのやつとか賑やかで楽しかった。)
以前は作品の世界観を表したような、大げさなパフォーマンスがあった気がするんですけど・・・。
4時間では終わらなかった気がする。
俳優さんたちを見て思ったのは、スクリーンや作品内で観るより、本物はずっとこぎれいで
お肌も良コンディション、若いってこと。
まあ、当たり前かな、役作りしてるんですからね。
しかし、夢を壊さないようにみんな美しさを保ってあって感心しました。

さーっ、スティーヴは残念だったけど、水曜日は『フォックス・キャッチャー』を観るぞ~。
関連記事

生中継!第87回アカデミー賞授賞式②

歌曲賞

最後のパフォーマンス『セルマ』の“GLORY”があまりにも感動的だったら・・・
やはり受賞しました。アフリカ系の方はもちろん涙、クリス・パインも泣いてました。
プレゼンターがイディナ・メンゼルとジョン・トラヴォルタ。
二人のやりとり、ちょっとおもしろかった。一触即発???

「サウンド・オブ・ミュージック」のトリビュートになぜかレディ・ガガ。

あっ、あの個性的な服ではなくマーメイドスタイルできたよー。
腕にミュート入りトランペットのタトゥー・・・タトゥー多すぎ。ドレッシーな服に合わないなあ。

メドレー
「♪サウンド・オブ・ミュージック」
「♪私のお気に入り」
「♪エーデルワイス」
「♪すべての山に登れ」

おや、おとなしく終わりましたね!でも力強い歌ですてきでしたよ。

そしてジュリー・アンドリュースが出てきました。ガガと熱い抱擁。
そうか~、トニー・ベネットと組んだりして、ミュージカルにも関わってますね。

作曲賞

『グランド・ブダペスト・ホテル』

おお~、この作品も元気だぞ~。
衣装、メイクアップ、美術・・・そして作曲。とっちゃった。
プレゼンターが出てくる入口も、この作品のイメージでドアマンがいて、すてきなのです。
評価高いですね。

★脚本賞

『バードマン あるいは』

とった、とった~!撮影賞に続き、やっと2個目?これは大きい。

★脚色賞

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

良いスピーチでした。

関連記事

生中継!第87回アカデミー賞授賞式①

助演男優賞も助演女優賞も、おおよその予想通りの二人が獲りました。
二人とも、奇しくも私がハマっていたドラマ、「クローザー」と「ミディアム」の登場人物でした。
だからとっても親近感があるので、うれしいなあ~!

助演男優賞は『セッション』http://session.gaga.ne.jp/J・K・シモンズ

トレーラーだけでもかなり怖い。怒鳴りまくってますね。実際は穏やかな方だと思うけど・・・
スピーチは、自分の子どもたちが立派に育って・・・って話と、
「親が生きているなら電話して感謝の言葉を伝えなさい。話を聞いてあげなさい。」
っていうような、まあある意味説教じみていた話・・・
作品には触れないスピーチでしたね。 落ち着いてすごく堂々とされてました。
お肌もツヤツヤ。若いんですねえ~。
主演のマイルズ・テラーはプレゼンテーターとして出てました。
司会のニール・パトリック・ハリスが部屋に入れず着替えられないというジョークで
効果音的に流れていたドラムの音が、実はマイルズが叩いていたという・・・
そして、「テンポが悪い。」なんてケチつけられて。その後、ニールは白ブリーフでステージに。(笑)
マイルズは『ラビット・ホール』の印象が強くて・・・ちょっと不気味な、印象的な演技でした。
あの時からまた大人になりましたね。
おおっと~、『セッション』は録音賞と編集賞を獲りましたよ!
これは・・・すごいことですね。もしかして~?製作費3億円だそうですよ!

助演女優賞は『6才のぼくが、大人になるまで。』のパトリシア・アークエット

パトリシアは紙を広げてスピーチ。
髪の毛が・・・ぐしゃぐしゃのまとめ髪。あれは、わざとだよね?
何年か前、ああいう髪型が流行ってた気もするけれど。
「女性に平等の権利を与えるべき!」と声高に叫んで、メリルやジェニファー・ロペスが興奮してました。
もうすでに30個ぐらい賞をもらってるそうで。いい加減スピーチも困るとは思います。

トリビュートは、わかる人で、マイク・ニコルズ、ボブ・ホーキンス、リチャード・アッテンボロー・・・
そしてロビン・ウィリアムズ。
ケイト・ハドソンが「I can,t let go」を歌いました。
高倉健さんは残念ながらなかったですね。それに写真だけであっさりになりました。
拍手もパラパラだし。昔は出演作品なども映ってたのに。

ちょっと、波乱含みになってきましたが、今のところアッサリ進んでます。

関連記事

メンフィス 大千穐楽

SubstandardFullSizeRender.jpg

ブラボーッ!!!
正直、俳優さん目当てで、内容はそんなに期待していませんでした。
いつものように、あまり予備知識も入れて行きませんでした。

そしたら、もうっ!

オープニングのバンド演奏から、カッコイイーッ!
ジェ・・・ジェロ!? まさに、本物感。 カッコイイーッ!

退団以来お初の、濱田めぐみさんも、迫力ある歌声、健在でした。
思わず、この劇場で、同じぐらいの席で観た、アイーダの熱唱を思い出しました。
フェリシアの歌はもちろんいいんだけど、めぐが歌うならもっと難しくても良かったかなあ~
力が余ってた感じもします。Somedayって曲もかわいいし。ポップスですからね。
でも全体的にステキだったし感激しました。

ジェロさんは、ミュージカルに出られるとか全然知らなかったんですが、リアルすぎて(笑)
本当に妹を大事にしてる感じも出てて良かったです。
セリフがどうしても、たどたどしい感じがちょっと残念でしたが・・・
あのセリフ!泣けましたね。
最後、ヒューイと再会した時、「今度のフィアンセ、嫌なヤツなんだ!」って・・・。
ヒューイはフェリシアに何度も、「お兄さんには好かれてると思う。」と言うんだけど
「それはない。」って否定される。とにかく二人はぶつかってましたからね。
その時のデルレイの本心はわからないけど、きっとヒューイのいいところはわかってたはず。
新しいフィアンセのことをけなしたってことは、ヒューイに対する優しさですよね。くく~っ

すっかり痩せてスリムになられた吉原光夫さんも大注目でした。
しかしボビーって・・・最初目立たず・・・モップ係のところなんて笑った~!
でもそれが後のバクハツになって、めちゃくちゃ面白かったです。
すごんだような、独特のパワフルボイスが聴けて、さらに軽快な動きも!新鮮でした。
何しろレミゼではあんな動きないですからね!(笑)
こういうハッピーなミュージカルって、落差があって気分転換に良さそうですね。

原慎一郎さんはユニークな役でしたねえ~。
声は相変わらずすてきでした。

このミュージカルはしっかりダンスもあるんですね。
久しぶりにダンスを観れた気がします。
だって、先頭に立ってるのが、シティ劇場でも何度も何度も舞台に立って感動をくれた
たかしたん・・こと大塚 俊さんですもん!
ちょっとWSSのアクションっぽい動きもあって、懐かしいやら嬉しいやらで感無量でした。
卓爾さんも目立ってました。かっこよかったです。

楽しみにしていた、石井雅登さん。
おおーっ、ダンスもなかなかしっかりですね!歌の人ってイメージだったんですが。
金髪にピンクのセーターがめちゃくちゃ似合っていてかわいかったです。
ミニソロはありましたが、もっとしっかり歌を聴きたかった~。

とにかく、素晴らしかったのが、山本耕史さん。

初めて舞台を拝見したのですが、こんなに上手い方がいるんだな!!と。
本当に、ヒューイが魅力的で、生き生きしてて・・・。
セリフ回しや、ジェスチャー、コミカルな部分、シリアスな部分・・・とにかく演技がすばらしい。
歌がまたすごい。ノリノリの曲を自由自在に操って、聴かせて・・・。かっこよかったです。
本当に感動しちゃって、1幕から泣きまくってました。
ストーリーも良かったんですけど、こういうミュージカルを観られる幸せを感じて。
肌が黒い歌手が差別に苦しみながら売り出していくところは「ドリームガールズ」にも似てますが
コメディタッチな展開は「クレイジーフォーユー」にも似たところがあって、余計にぐっときました。
曲がどれもいいんですよ~。
本当に、1回しか観てないことを後悔しました。

んー、でも本当に、山本さんのヒューイに感動しました。
誰がしても、あんな風にできる? んー。難しいだろうな。
個性的なDJとして、禁断の世界に飛び込み、どんどんのし上がっていくところも痛快でした。
奔放な割には恋愛経験は乏しいみたいで、フェリシアに一途で真っすぐなところが好感持てたし
恋が実らなかったところはエエーッ!?って思ったけれど・・・最終的にどうなのかな?
微笑ましくて、切なくて、本当に魅力的なキャラクターでした。
私が今まで出会ったキャラクターの中でも、1,2を争う好きな人物になりそうです。
再演の話は出てましたが、もっともっと、たくさんの人に観てもらうべき作品ですね。
最近見た舞台は、みんな同じように思いましたが・・・(笑)

最後の挨拶もおもしろかったです。
山本さん、芸達者な方だった!そういえば。モノマネいろいろできるんですね。
披露する前に、舞台装置が落ちた?のにはビックリ!なんだったんだろう?
本番中とか、事故にならなくて良かった。
めぐちゃんも、最後のステージに上がる時にこけそうになって、「きゃあっ!」って声出たのは
ハプニングでしたが、こけなかったし、その後何事もなかったように歌いきってたのでさすがでした。(笑)
原さん、根岸さんも、歌は歌えるし、いい味出していらっしゃったなあ~!
そして何より、生バンドの生演奏が、最高に舞台を盛り上げていました。
うん、この感動は、音楽によるものも大きいな!
本当に、ステキな舞台をありがとうございました。客席も、ノ~リノリでした!!
「ハッカドゥー!!」
ぜひ、再び!!

関連記事

母の食欲について

今日は父の一周忌のお願いで、母とお寺に行きました。

私の近所のお菓子屋さんで詰め合わせを買って、住職の奥さまに気持ちだけお渡しすると
お孫さんと娘さんかな?ドタバタとトイレットペーパーを抱えて横切られました。
法要があるのかな?お手伝いかな?
お菓子、喜んで食べてくれるといいけど!

無事に希望日に予約を入れて、さてバスで帰ろう・・・としていると(ペーパーDの情けなさ)
ちょうどお昼時で目の前にラーメン屋がある・・・。
「食べて行こうか?」

最初、母は、こってりしたラーメンなんて好かん、って言ってたんですよね。
食べようごとない、って。
インスタントでは、「マルタイラーメンなら食べられるったい。」 と言うのが口癖。
でもある日、ちゃんとしたお店のラーメン食べたら意外に美味しかったらしい。
シソンヌのネタじゃないけど、豚骨ラーメンは、本当に「くせぇ~」やつがありましたからね。長浜とか。
今は気にならないお店が多い気がする。上品になったのかな?

行ったのは、『博多 まんまる』 というお店。

入口に券売機。
前のお客さんが買っていると中に入れない。
でも、機械オンチの我々は、無理矢理中に入り、後ろで操作を盗み見る・・・
券売機はタッチパネルで、大きくわかりやすい風に見えるけど、わかりづらかった。(苦笑)
ちゃんと麺の固さの指定もできるんですね。
元気なお姉さんがいたので、直接言ったほうがラクだわぁ~。

などと思いつつ、カウンター式の席へ。奥はテーブルもあるもよう。
座り心地はいいし、スペースも広いんだけど、荷物も上着も置くところがない。
背もたれのないクッションありの椅子。足元にカゴでもあれば助かるのに。
そういうサービスをしないというのも、逆に不思議なり。このご時世で。
さらに、店の前の道の駅?で買った野菜などの入った袋があって、それはどうしようもないので
窓際に置かせてもらう。見栄え悪いけどメンゴ。

母は、「もう食事はあんまり食べられんくなった。ちょっとですぐおなか一杯になる。」
と言うのが最近のお決まり。でも私が一緒に食事してる時は、いつも完食してるけどね。
三度三度、同じ時間にはきちっと食べてるみたい。

氷入りの水はセルフで、横に辛子高菜ともやしのナムルが取り放題みたい。
とりあえずそれを小皿に入れて母に持っていくと、ラーメン来る前からガツガツ食べだした。
とても食欲ない人に見えない。そして、「辛かぁ~。」と言う。そりゃそうだ。

母はご飯も食べたいと言うのでライスセット。私は二人で食べるつもりで餃子を頼む。

IMG_9611.jpg まんまるラーメン

麺の固さはフツウにしたけど、するするっと飲みこめないほど(私には)硬めでした。
麺も細麺って言ったって、もっと細いやつがある気がする。
そんなに食べ歩いてないからわからないですけど。
でもとっても美味しかったです!!(表現が陳腐)
餃子もいつも食べてるラーメン屋より美味しいと思ったなあ~。
小さい一口サイズですけど、なんというか、旨み&甘みがあるというか。気に入りました。
母は一個しか食べなかった。ご飯は二人で分けました。
するっと入って、替え玉したいぐらいだったけど、さすがに食べすぎなんで・・・(苦笑)

後ろを振り返ったら店主さんかな?目が合って、「ごちそうさまでした。」と言いました。
お客さんはひっきりなしってことはないけど、そこそこ入ってました。店内ゆったりしてますしね。
実家の近くなんで、また来ようと思いました♪
私は大満足だけど、夫なんかはちょっとケチをつけたがるラーメンかもしれないなあ。
もっとシンプルで500円ぐらいの安いのがお好みだから。
確かにラーメン屋で合計1,000円ぐらい払うって、ちょっと高いかもしれない。
私は大好きな高菜ももやしもあるし、いいと思いますけど~。

母はやっぱりきちんと食べきってました。(笑)

家に帰ってこれといってすることもなく座ってると、母は常に何かを探してる。
「あれ、どこへやったかいな?」
って、別に部屋が雑然としているわけでもないのに、思ったところにいつもないらしい。
「同じところ、ひとつのところに置いとけばいいじゃん!」
と言うと、「そうしとうっちゃけど、思ってるところを見たら、ないのよ~。」
私がいる間中、通帳を探してました。保険証も。
昨日病院を2軒ハシゴしたので保険証なんかは持ち出したらしいんですよね。

夕方私が帰ってから、「見つかった。」と電話がありました。
結局通帳は、一度引き出しから取り出して、やっぱり持っていかないと思って、
それを別の部屋にポンと置いていたらしい。元の場所には戻してなかったわけ。
とにかく、何かしていて、他のことが気になって、前のことがやりっぱなしになる・・・
だからそこの記憶がない・・・という繰り返し見たい。年相応なんでしょうか?

私たちぐらいだったら、どこに置いたかと思っても、思い当たるところを何か所か見て
もっと早めに見つかるかもしれませんね。
母の場合、バッグをゴソゴソ、引き出しをゴソゴソ・・・同じところばかり見て柔軟性なし。
心配です。

でも、「おなかがすいてきたけん、しじみでお味噌汁作って、今から食べるよ~。」って。
まだ昼食から4時間ぐらいしか経ってないけど・・・
そこは心配無用の用です。(笑)
関連記事

「ブルージャスミン」 (2013・米)

ブルージャスミン [Blu-ray]ブルージャスミン [Blu-ray]
(2014/10/24)
アレック・ボールドウィン、ケイト・ブランシェット: サリー・ホーキンス 他

商品詳細を見る


うわ~、ケイト・ブランシェット、さすが~!! 主演女優賞、納得ですね。
最後まで、不安定で嫌な女を演じ切りました。
ウディ・アレン監督作品。
上流階級、男と女、皮肉、軽快さ・・・ 彼のいろんな特徴が出ている気がしました。
ケイト演じるジャスミン・・・いや、ジャネットは、なぜ人生が狂ったのか?
鼻もちならない女ではあるけれど、強かに生きた故の何かのしっぺ返しと言うより
どちらかというと、「無知」「世間知らず」が生んだ悲劇といった感じです。

以下、ネタバレです。

ジャスミン(ジャネットから改名した)は決して恵まれた生まれではなく里子に出された子だった。
同じく里子の妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)とは血も繋がっていないのだが、一応絆はあった。
ジャスミンはパークアベニューに住み、別荘を持ち、多額の寄付をするような上流階級の生活をしていたが
それは夫ハル(アレック・ボールドウィン)が非合法的な仕事で得た富であった。
最初は「金融のことはわからない。」と見て見ぬふりをしていたジャスミンだったが
夫が何人もの女と浮気をしていることを知る。
それは友人たちや周りの人間は誰もが知っていることだった。
ジャスミンは夫を愛していたので、泣きながら問いただす。
すると夫は、フランス人留学生との恋は真剣で、結婚するつもりだと言った。
完全に取り乱した彼女は、電話を手にし、FBIへと夫を売り渡すのだった。

夫は路上で逮捕され、刑務所へ。そして後にロープで首を吊った。
優秀だった息子は大学を辞め音信不通に。
ジャスミンは財産をすべて奪われ行くところもなくなり、妹のもとへ転がり込むことになる。
セレブの生活から一転してサンフランシスコの庶民の家へ。
妹ジンジャーも前夫オーギーと離婚していて息子二人と暮らしていたが、チリという恋人がいた。
一緒に住むつもりだったチリはジャスミンの出現におもしろくなく、デリカシーなく接してくる。
ジャスミンもあからさまに、嫌悪感は隠せない。
ジンジャーの前で、「また似たような負け犬の男と付き合って・・・」などと平気でいう。
お人好しで、どこか姉に憧れを持っているジンジャーは、姉の発言にまだ聞く耳を持っていた。

気がおかしくなりそうな時、パニック発作が起こりそうな時、精神安定剤は手放せない。
しかし何よりも効くのは、ウォッカ・マティーニだった。
それを飲ませてくれる男はどこに?

パソコン教室で知り合った友人が、パーティーを勧めてくれる。
妹と連れ立って参加したが、当然彼女のお眼鏡にかなうような人物はおらず退屈なばかり。
しかし、出会いはあった。
外交官をしているという、ドワイト(ピーター・サースガード)に声をかけられたのだ。
彼は海の見える広い家を購入したばかり。2~3年ヨーロッパへ行った後、政界進出を目指すという。
一夜を共にしたジャスミンは彼からプロポーズを受ける。
彼にはいくつか嘘をついていた。
夫とは死別した。職業はインテリアコーディネーターで大きな仕事もいくつかした。夫は外科医だった。
子どもはいない。などなど・・・。

二人で婚約指輪を買いに行った店の前で、オーギーに声をかけられる。
オーギーはジンジャーの前夫。彼は宝くじで当てた200万ドルを、ハルとジャスミンの口車に乗せられ
すべてをふいにししていた。新規事業につぎ込むはずの金だった。
だから彼の恨みは相当のものだった。
ジャスミンにそれをぶつけ、オークランドで息子のダニーに会ったことを告げる。
彼は言うだけ言って去ったが、ドワイトは今の出来事を聞き逃せなかった。

夫は詐欺を働いて刑務所で自殺。子どもはいないと言ったが息子がいる・・・

「嘘をついている時点でとても結婚なんてできない。」
と、ドワイトは去って行った。
ジャスミンは「すべて私が悪いのね!」と逆切れしながら車を降り、オークランドへ向かう。
楽器店で息子と再会。
息子は母親を拒絶した。父親を売ったこと、許すことはできない、恨んでいると。二度と会わないと。

ジャスミンはふらふらとジンジャーの家に帰り、よりを戻したチリを前に「家を出ていく。」と言った。
もう、ジンジャーは引き止めなかった。
何も持たず外へ出たジャスミンは、虚ろな顔でベンチに座り、また独り言をしゃべりだした。
あの、ハルと出会ったときに流れていた「ブルームーン」を思い出しながら・・・


続きを読む

関連記事

真冬の果実

まーた、藤岡くんの動画を聴いています。
今日はちょっと昼寝したから眠くないなあ~ (いい身分)

サザンの曲の中で一番好きなのが「真夏の果実」
桑田さんも好きだって言ってましたよね。
これを藤岡くんが歌ってる。
いいねえ~。

「四六時中も好きと言って」
というサビのところが秀逸ですよね。歌詞もメロディーも。
藤岡くんはファルセット?の部分が特にうまい。 桑田さんより自然ですね(笑)余裕ですかね。
しっとりと、聴かせてくれます。

涙の果実・・・と言ってるぐらいだから、別れの歌なんでしょうね。

「マイナス100度の太陽みたいに からだを湿らす恋をして」

というのは不思議な歌詞ですが、本当の太陽の表面温度は6000度らしい。
マイナス100度というのは太陽にはありえない温度。 
つまり、ありえないような、二度と経験できないような恋ってことかな。
別に冷たくなった云々の意味ではないと思う。 冷たくなったら湿らないよね。
からだを湿らすって・・・ 文字通り、やっぱりそれだけ愛し合ったってことじゃないかな。

「めまいがしそうな真夏の果実は 今でも心に咲いている」

めまいがしそう、はきっといいイメージだろうから、ステキな彼女との思い出のことだと思う。
とにかく忘れられないってことですよね。
真夏の果実って女性を象徴する部分のことらしいですね。

私は女の心情で捉えてたけど、男性目線の歌なんですね。

「また逢えると言ってほしい。」

もう、逢えないふたりなのかな。切ないっすね。



関連記事

ぞくぞく藤岡コレクション

「ファースト・デート」と「イーシャン天国」と「宝塚BOYS」のパンフレット、買っちゃった~!

悪い~!?

そう、それと、CDの「朝靄」も来たよ~! 

さすが、名曲。じーん・・・

この写真も、だ~いすき!

隣りに誰が座るのかな?

み・・・みみずくみたいなものはホンモノ!?

「 Eternal Sunshine 」 初めて聴いた気がする。

コーラスがステキだと思ったら、RiRiKAさんか~。 二人でいつか歌ってほしいな♪

関連記事

「6才のボクが、大人になるまで。」(2014・米)

Ellar-Coltrane-5-facts-about-Boyhood-actor-through-the-years-Civer.jpg

すごい映画でした。長い映画でした。

まるで魔法を見ているみたいでしたよ。一瞬で本人が成長するんですから。

作品賞、たくさん獲ってますが、映画界ではやっぱり『宝物』のような作品といっていいですね。

そういう点ではアカデミー賞もおかしくないんですが・・・

私としては、もうちょっとパンチのあるドラマが観たかった気がしますが。贅沢ですかね。(笑)

どうしても、「あれはどうなったんだろう?」って細切れなんですよね。

とんでもない時間経過があるから仕方ないですが。

主人公の最後のセリフ、一瞬という定義について、エラーが言うからこそ重みがあります。

身をもって体験したわけですからね。私たちはその貴重な時間を見せてもらいました。

以下、ネタバレです。

続きを読む

関連記事

今後の予定などを考えてみる

今日は部活に行く前のルミと、すぐご近所のパン屋さんでランチしました。

10341760_864784643584634_3697303838150214956_n.jpg

私はこのグラタンパンを選択。(写真は店のHPより)
最初にじゃがいものポタージュスープがナミナミつがれてきた。
フタ?のパンで具をすくいながらパクッ。 焼き立てのパンがめちゃくちゃ美味しい♪
そしてベシャメルソースの中に、でっかいぷりぷりのエビがひとつ・・・ふたつ!!
すごい、このこだわり。ブラウンマッシュルームかな、ゴロゴロ入ってました。
飲み物は選べて、私はカプチーノにしたけど・・・もうボリューム満点でした。
これで780円ですよ。

ルミはクラブハウスサンド。これも信じられないぐらいボリュームがすごい。
レタスも昔のモスバーガーみたいにあふれんばかりにたっぷり。セットで680円。
飲み物はいちごミルクのHOTにしていた。写真とは違うけど・・・
これもすごくおいしかったみたい。単品だと380円かな。

10933694_864786680251097_841355725552781307_n.jpg

本当に、近くにいいお店があるわ~♪流行るはずです。  ロンブラージュ・ビガレ

今日は空が鉛色。時々晴れ間が見えますが、PM2.5が多いんですって。
なんというか、すかーっとした青空が見える日が少なくなったこと!!
残念なことです。

博多座のHPを見ていたら、キャナルで9月4~6日は「貴婦人の訪問」が決まったらしい。
そして今のところ7月20日まで公演があるじゃない。
つうことは、四季がやるとしたら8月のみ?
希望は、「コンタクト」「クレイジーフォーユー」だけど・・・
「劇団四季FESTIVAL!扉の向こうへ」とかかなあ?夏休みに合わせて「赤毛のアン」とか。
他にないよねえ~
「アイーダ」「オペラ座の怪人」「ウィキッド」などのロングランものは今のところどこもやってない。
でも今更ロングランは難しいんだろうなあ~
福岡で重宝されてる福岡市民会館は座席が狭いし舞台まで遠くて、とっとと改装してって感じです。
サンパレスは音楽ホールとしてはいいかもしれないけど、無駄に広くて臨場感薄いし・・・
キャナルシティ劇場って、やっぱり一番見やすい気がします。
あと、博多座はもちろんいいですけど。観れるものが限られてる・・・

そうそう、「ミス・サイゴン」2016年のオーディション、どうなったんでしょうね。
第二次がもう終わったみたい。結果は・・・もうすぐかな。第三次はあるのかな?何次まであるのかな?

今年の秋の「RENT」がオーディション情報で公式が終わってるので・・・
発表はまだまだなんでしょうか?その先は決まってるのに、変ですね。
関連記事

『FARGO/ファーゴ』最終話

感想の続きです。 ネタバレですよ。

最終話の何が気に入ったかって、モリーのお父さんです。

fargo-keith-carradine-fx.jpg


キース・キャラダイン演じたルーがめちゃくちゃかっこいい。
元々州警察に18年勤めていた警官で、お尻を撃たれて退職し、ダイナーを経営していた。
決して愛想いい店主ではないけれど、いろんなところを見透かしたような人格者っぽいところがよい。

それが今回、モリーの身に危険が及ぶとわかると、かわいい孫を守らなければと、
凍てつく家の前のポーチにショットガンを構えて、夜通し見えぬ敵と闘っていた。
キュートでしっかりした孫のグレタ、Joey King ちゃんのかわいいこと。
自分もライフル持ってきて、「そいつが来たら目を撃つからとどめを刺して。」なんて、頼もしい。
本当に義理とは言え、おじいちゃんにとってはかわいい孫でしょうね。

このいい家族が誰も犠牲にならず本当に良かったと思う。

第二シーズンでは、このルーが何度か言ってた、1979年の事件の話になるらしい。
もっと昔になるんですね。雪ばっかりの世界だったらわかりにくいけど、
その時代の風景やセットにするのはちょっと大変なのでは?
そのルー役が、何気に不気味さがある(と私は思っている)パトリック・ウィルソン
微妙美人で有名、キルスティン・ダンスト、CSIのテッド・ダンソンジーン・スマートなどなど
結構、豪華メンバーのようです。第一シーズンがこんなに評価されてるんだもの、当然かな。

ゴールデン・グローブ賞の主演男優賞を獲ったビリー・ボブ・ソーントン

B7HPpzcCcAA5F4J.jpg

正直、レスター役のマーティン・フリーマンもかなり良かったのでどっこいの闘いだったと思う。
ビリーはあのニカーッとした笑顔が怖かったですね。
姿勢の悪さなど、爆笑問題の大田を思い出すのは私だけでしょうか。
最後はあっけない印象もありましたが~。罠に挟まって骨折した脚を自分で治療する場面
この監督たちは好きですね。似たようなのありました。ノーカントリーだっけか・・・
4発?撃たれても不死身。防弾チョッキ着てるのかと・・・最後は顔面撃って・・・あー、怖い怖い。

マーティンは、善と悪の両面を見え隠れさせるところが上手かった。
善はないか・・・。ベースは気の弱いような男なんだけど、極悪非道な顔を見せる。
どんどん人格が変わっていくんですよね。(元からあったものなんでしょうけど)
ヘスの未亡人ジーナは、ケイト・ウォルシュが演じてたんだけど、胸を強調したはすっぱな女で
彼女に対してもレスターはどんどん強気な態度に変わっていき、保険屋の立場を利用して
彼女をバックから攻め、言いなりにさせる。(他にもいろいろやらせたもよう。)

fargo-photos-12.jpg グレイズ・アナトミー、プライベート・プラクティスでお馴染み

それからは全国一の保険セールスマンになるほどの活躍を見せる。
なぜか一目惚れされていた、リンダと再婚もし、ラスベガスの表彰式へ。
美しい妻がおりながら、レスターは浮気する気満々。
そこで再会したマルヴォにも強気でガンガンいくんですよね。こっちがハラハラしますよ。
なんの自信なんだ?と。自分が変わったところを見て欲しかったのか?彼の怖さは知ってるだろうに。
案の定、エレベーターの中での容赦ない殺害の場面となる。
レスターまで一気にやらなかったのはなぜ?やれたのにね。

マヌケなFBIと違って、レスターのマルヴォとの闘いは見事だった。
一瞬で何が起きたか、起きるかを判断する。
チャズの狩猟道具から罠を選んで仕掛けたのはさすが。洋服でうまく隠してね。
一応、マルヴォも反撃はした。レスターが1位で表彰されもらった重そうな楯を顔面に投げたのだ。
おかげでまたもや鼻、骨折?
最初に戻る・・・みたいな。
二人の対決は、レスターが勝ったと言っていいですね。

fargo-tv-series-finale-lester-gun-filmencounters_com_.jpg

レスターはマルヴォのテープコレクションでしっかり犯行の自白をしており
2週間後、スノーモービルで逃げていたところを追われ・・・あっけない最期を迎える。

無情にもたくさん人は殺されたけれど、最後はハッピーエンドと言っていいんでしょうか。
後味は悪くなかったです。
温かい家族の絆の部分を、大事に描いてくれていたおかげかもしれません。

そうそう、オオカミ。出てきましたね。
トム・クルーズの映画、「コラテラル」を思い出しました。

おまけ

「True Detective 」は負けちゃった結果になりましたが、共通点も多々あって
私はどちらも観たけれど、“娯楽作”という点で「ファーゴ」が上かな~と思いました。
あっちはセリフのやり取りが多くて・・・楽しめたかというとちょっとね・・・。
「ファーゴ」はいろんな意味でサービス満点です。(笑)
主演の二人は大好きでした。マシューとウッディ!
シーズン2は、コリン・ファレルとヴィンス・ボーンとレイチェル・マクアダムス?
これまた豪華!ぜひ、観たいですねえ~!
関連記事

『FARGO/ファーゴ』#10 モートンの熊手

怖い!おもしろい!  怖い!おもしろいっ!!

『FARGO/ファーゴ』最終話、観終わりました・・・。

感想、今のところ最初と最後しか書いてませんが、これだけは言える。

なんて、おもしろい作品なんだ!!と。

私は正直、全編溢れるスプラッター的場面は好きじゃありません。凝視できません。

が、それを抜きにしても、とにかくおもしろいんです。よくできているんです。

先日の、第72回ゴールデングローブ賞、作品賞と主演男優賞獲りましたけどね。

142104905391848874180.jpg

最終話、とくに、すばらしかったと思いました。

ここまで、期待を裏切らないか、と思いました。

感想、書きたいと思います。 内容知りたくない人は、読まないでください。



続きを読む

関連記事

新曲は3/22(日)に

渋谷LOOP annexのライブどうだったのでせう。

ほやほやの新曲は?

チョコ一個ももらってないなんて、そんな。

でも、手作りパウンドケーキ、良かったですね。

新曲は、きっと次のCYTVで歌ってくれますよね!


感想出てるかとウロウロしてたら、お待ち!の動画をまた観てしまって・・・

「轍」がかなりお気に入りです。

歌はもちろんいいんだけど、歌詞も好きです。

なんていうか、どっしりと落ち着いて、見守ってくれてる感がいい。

おやすみなさ~い★








関連記事

筆跡鑑定人か?

さっきも書いたんですけど・・・。

チケットに同封されていた、藤岡くんのメッセージをまた見てたんですよ~。

ニヤニヤして。

“言霊 2014”のセトリの字と、私が見比べているのを娘がちらっと見て、

「全然違うやんっ!!」

って言うんですよ~。 確かに、全然違うんですよ。サインも、違うんですよ。

でも、角ばったのと、柔らかいのと、いろんなパターンがあるかもしれないじゃないですか~。

じゃあ、誰が書いたって言うんですか~?マネージャーさん?そんなわけないじゃないですか~。

で、懲りずに筆跡鑑定してたんですよ。


すると、前述の、「タイタニック」の「タ」と、「サンタクロース」の「タ」が同じな他に

発見しましたよ~。

「る」が特徴あるんですよ。ちょっと3っぽくて○の部分が大きい。 同じ、同じ。

「の」も一緒。 ちょっと潰れ気味な「の」  「す」は胴長でこれまた一緒。

「た」の縦の棒がほぼまっすぐなのも一緒。

そして、びっくりマークふたつを多用。「!!」 一緒~。

ツリーに書いてある「★」の飾りと、「ご期待下さい」のが一緒。

朝靄の朝の「月」と、期待の期の「月」が、反り方とか一緒~。


つまり、同一人物が書いたものと判明しました。 シャキーン!

って、当たり前やんっ!! 怒られるわっ!!(苦笑)


でもさ、字を見れるって嬉しいね。

こんなにマジマジと見てる人がいるって、怖いよね!

軽い気持ちで書いたのにね!★



関連記事

プロジェクトランウェイ・オールスター2 #9

#09 愛を胸に、ビジネス・チャレンジ!

今回のテーマは既製服。
イスラエル出身でホームレス同然の状況から、五番街にオフィスを持つまでになった
アメリカンドリームを地で行くエリー・タハリ。
進行チェックで的確にアドバイスしながら、「愛を胸に、恐れずに」という最高に温かい励ましを
デザイナーたちに贈っていった。
今回の優勝者の服は彼のブランドで販売されるとあって、デザイナーたちも張り切る。

以前モンドが優勝した時、利益からファッションディストリクトとして何十万ドルも寄付できたんですって。

優勝はまたアンソニー。
また黒っぽい服だったけど、プリントを活かした着やすそうな服でした。ポケットもあるし。
一般人でも手にとれるかなあ。
つうても、500~700ドルって、そこそこの値段ですよね!一流ブランドですしね。

ジョシュアのピンクはきれいだったけど、レースが台無しにしてたとのこと。アバズレ女に見える、と。

エミリオの山吹色は、みんなが手に取る色じゃないよね・・・
見向きもされないってわけではないけど、3番手ぐらいじゃないかな?
いい服という評価は受ける。

ウーリはまた白を選んで地味な生地だったけど、既製服だから間違いじゃない。
評価もなかなか。かわいいし、モデルにも清楚な感じで似合っていた。
奇をてらう必要はないんですよね、既製服なんだから。応用も効きそうだった。

やっと落ちた、アイヴィー。
審査員たちも、「今まで残してやったのに・・・」的なさんざん言い方。
プリントは綺麗だったけど、デザインがなんとも残念。
胸元がなんでいつもあんなスクール水着みたいに味も素っ気もないものなんだろう。
のぺ~っとしていて全然美しく見えないんだよね。
上半身を変えて、エリーさんが言うように丈を短めにしたら全然違っただろうな。

失速気味のエミリオだけど、ちゃんとエリーさんのアドバイスを聞いて、自分のデザインを
さっと変えたから生き残れたと思う。 
柔軟なのか、従順なのか・・・でも勝つためにはプライドを捨て聞く耳を持つことは重要ですよね。

関連記事

「タイタニック」チケットく~る~

ひゃっほーっ!

予約していたチケットが届きました♪

ふ・・・・藤岡くんの直筆メッセージ付きだあ!!

こういうの、嬉しいですよねっ!!!

うんうん、意気込み伝わってきますよ~。

でも疑ってすみません。

字が・・・違うような気がして・・・

この前の弾き語りツアーのセトリを取り出して見比べてしまいました。

やっぱり・・・違う・・・・・



んんっ!?いや、待てよ・・・ 「タ」が全く一緒だ!!



疑ってごめんなさい。藤岡くんの字はカクカクしてたイメージがあって。

筆記用具の違いですね? 筆っぽいので書かれているから丸っこいのかな?

席は・・・思ったより後ろだったけど、通路挟んだ好きな席でした。

前日も取りたかったけど、今更もうチケットないし・・・辛抱強く様子見ますか・・・




関連記事

チョコレートをあげる日

2月14日になりました!
皆さん、バレンタインデーですよー!楽しいですかー!?(笑)

今年は土曜だから、義理は少ないのかな?
でも女性が買うチョコの平均額って5,000円だそうです。結構いってますね!
「自分へのご褒美」ってやつが高いのかな?
まあ、普通にワクワクしますよね。チョコ売り場は。可愛らしくラッピングしてあるし~。
でも一個の値段を割り出すと、「とんでもないっ!!」なんて、小市民は思ってしまいます・・・。

前も言ったんですけど、チョコレートも味覚の範囲がせま~い食べ物だと思うのです。
ほとんどが普通に美味しくて、中にいろいろ入っていて、原料を吟味したとしても
味にそこまでの大きな差はない・・・
日本の駄菓子なんて、100円台でもかなり美味しいですからね。

確かに宝石みたいなチョコを見ると、値段を見るまでは、心躍ります。
幸せな気持ちになるっていう点では、このイベントはありだと思います。

あっそうか、元々は「好きな人に告白をする」イベントでしたね。
純粋にソレやってる人、どのぐらいいるのかなあ?
今は携帯もあるし、気軽にお近づきになれてるんじゃないかと。
昔みたいに、机や下駄箱に入れるようなドキドキ感はあるのだろうか?

私は、今は職場もないし、義理もないのですが、たまたま今日生協だったので
いつも迷惑かけている担当くんに、(時間に間に合わず、箱に入れてもらったりしてたので)
お詫びと感謝でチョコをあげました。実は先週も、生協でチョコ頼んでるのがあって、
「はい!あげる!」なんて冗談言ってたんですよ。

一日前ということもあって、誰からももらってなかったみたいで、喜んでくれました。

「いやあ~、これでも1個もらえて良かったですよ~!」

・・・って、何気にちょっと失礼なんですけど。(苦笑)
まあ、彼はまだ若いし、最初から言葉遣いなんかはぎこちなかったんでいいんですが・・・

「いえね、毎週会ってるから、もう恋人のようなもんだと思うんですよ!
今は恋人関係でも週一回も会わない人もいるじゃないですか~。」

って、ね。利用者さんとの関係をね。だから、もっとくれてもいいだろう!というね。(笑)

私はむしろ、あまり頼まないほうなので毎週も会ってないんですが・・・
彼なりの理論がおもしろかったです。
今はオバチャンたちも財布のヒモが固くなったかなあ?バレンタインもどうでもいいか。

私としては、ちょっと日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを贈るには
なかなかいいきっかけだと思います。
変に義務とかになるとイヤですけどね。
私は純粋に、あげたい人にあげるのがいいと思います。LOVEじゃなくてもね。

あっ、もちろん、お返しなんて、まったく期待していません。(笑)

そうそう、それでその担当くん、あとでピンポーン!とやってきて、

「すみません、大根、渡しそびれていました。」

だって。おまけに次のカタログも、別人のをもらっていて・・。(私も全然気づかない。)

「本当に、わざわざすみませんでしたっ!」 とお辞儀して帰って行きました。
チョコのことだよね?

少しですが、家族で食べてくださいね♪
関連記事

プロジェクトランウェイ・オールスター2 #8

#08 ランウェイウォーク・エンパイア

今回は1920年代にインスパイアされた服をデザインする。
しかも、ペア対決。

「午後のガーデンパーティー」 エミリオVSジョシュア

エミリオのはすてきな完成された服だったけど、やっぱりモデルの功績が大きいと思った。
毎回、自信満々に着こなしてるからなあ~。
ジョシュアのは好きだった。
一応負けにはなってたけど、審査員も甲乙つけがたいと言ってたし。

「夜会」  ローラvsウーリ

ブロンド対決。ローラは火花バチバチだったけど、ウーリはライバルを助ける余裕もアリ。(笑)
ローラは制作時は確かに良さそうだったけど、いざモデルが着ると・・・イマイチでした。
パンツ部分が余裕がなさすぎたり、ありすぎたり?
みんなそろそろ、「君の体を覚えてきたぜ!」なんてモデルとの親密度が増してきた頃なのに
サイズミスとしたら残念ですね。色とか好きだったけどなあ~。
ウーリのも相変わらず良かった。つばさちゃんによく似合ってる!

「禁酒法時代のもぐりの酒場」 アンソニーvsアイヴィー

今回ばかりは、アンソニーの服良かった。
ケープはカラスみたいだと思ったけど、みんな誉めてたからいいんでしょう。
ローラのよりは全然いいよね。ウーリのほうが使いやすそうで好きだけど。
ドレスはステキとしか言いようがなかった。洗練されてますね~。優勝も納得。
アイヴィーは相変わらず切り刻んでモタモタしてた。
なんじゃ、あの中途半端なフェザーは・・・。素人でも変だと思うけど・・・。
ローラの悪い部分が目立って、助かったって感じ。
他の4人とは大きく水をあけられていると思う。



関連記事

プロジェクトランウェイ・オールスター2 #7

#07 クリスマスだけどクリスマスじゃない!

出ました、変則テーマ。
今回はクリスマス・ストアで材料を揃え、クリスマスらしさを排除した作品を作る。

みんな苦戦していたけど、さすがに一度は経験しているオールスター、ヘンテコなものは少なく・・・
グルーガンまみれになってキレかかっていたエミリオはさっさと合格。
ひとり毛色が違って、リボンを織り込みホルターネックというワンピースだったけど
私は嫌いではなかった。モデルは着こなしてるし。

ジョシュアは上半身は最高。
色鮮やかでステキなブラだったが、いかんせん材料が足らずパンツは悲惨なことに。
材料調達の誤算はあったけど、あのブラを作れるという能力はさすが。

ローラのはかわいかった。ビーズ風に装飾を散らしてポケットがあって。バックスタイルもいい。
しかしずんぐりと太って見えるという指摘が。着やすくてもやはり見栄えは大事か・・・。
でもね、モデルの歩き方も変なんです。モデルが良く見せようという努力も大事では!

そして・・・わかるよ、ローラ。
アイヴィーが落ちたと思ったんだね。
本当に、カサノヴァが落ちちゃってガッカリですよ。
カサノヴァはとにかく最初からプランA、プランB・・・と迷走していて完全に出遅れ。
最後、みんなから寄付を募ってなんとか仕上げたけど、よくまあ最後あそこまでできたと思った。
だけどやっぱりちぐはぐだったんですね。彼が落ちて寂しいよぉ~!

アイヴィーは60年代風とかだったけど、全然よくない。
胴体の黄色?ゴールドの部分がどうにものっぺりしていて全然かっこよくない。イケてない。
むしろ、どこが良く見えるポイントなのか教えて欲しいぐらい。
カサノヴァのお仕置き的処遇で生き残った感じ。

アンソニーはステージ衣装みたいだった。
褒められていたメタリックな裾もなんだかなあ~。
あちこちいろんなものが飛び出していてチクチクして着心地悪そうだったけど。
相変わらず審査員の評価は高い。

優勝はウーリ。
ウーリはやっぱりセンスがいい!!魔法レベルなんて言われてたけど、デザインの仕方が芸術的で
フツウに美しい。アンソニーみたいなクリスマス感はなし。ゴージャス。
重みでバックが下がってきてたのは指摘されてたけど、好きであの材料使ってたわけじゃないからね。
シームが邪魔だったけど、サイドを透けさせたのもさすが。
だからのっぺりとはならないし、どう見えるかを考えてるんですねえ~。
スタイリングも、靴、アクセサリー、間違ってないねえ~。

優勝者には、ファワズ・グルオジの時計をプレゼント。
おおー、なんだか女好きそうなおじちゃんですね!(笑)
見本?は宝石でキラキラしてたけど、ウーリにあげたのは渋い感じでした。
でもウーリは「自分のスタイルよ!」って喜んでた。すてきでしたけどね。
こんな感じだったかなあ?

GS005.jpg
関連記事

「スタンド・バイ・ユー ~家庭内再婚~」大千秋楽

IMG_6353.jpg
ラスト、見届けましたー!


わざわざ関門海峡渡って、大野城まで来てくれてありがとーっ。
(完全、郊外だけど、天神も博多も空港までも、30分で行けるのは便利だよ♪)
良席は、ほとんどウチのホールの友の会会員で埋まったであろう状態でしたが・・・
とーっても楽しい内容で、場内も大爆笑、あったかいんだからぁ~って反応で良かったです。

いろいろ面白い趣向の舞台でした。
出演者自ら舞台転換をするし、効果音出したり裏方やるし、常に舞台端に座ってるし・・・
最初の歌、まだ客席があったまってないうちに歌うにはなかなかキビシイ感じで。(苦笑)
「これ、ミュージカルじゃないよね?」
って、ちょっとよぎったのですが、なかなか楽しい曲で、すぐに印象に残りました。

主役のミムラさん。(藤沢ハルカ役)
修道女みたいな首のつまった黒づくめの服。
「すみません。」と腰を深々折り曲げ、謝ってばかり。
顔も声もかわいらしくって、見惚れてしまいました~。
初めての舞台ということでしたが、堂々としたもので、笑わせるって一番難しいと思うんだけど
かなりの熱演でアッパレでした。
しかもちゃんと好ましい人柄で、彼女の言うことに間違いないって説得力ありましたしね。
かわいらしい女性でした。
ミムラさんはきっとクレバーな方で、最後の挨拶も実にしっかりされてました。
すごいよなあ、あんな風に自分の考えをまとめてどんな場面でもきちんと話せる人って、尊敬する。
舞台の大先輩、勝村さんから「お客様の反応を受け取って、芝居を作っていく。」みたいな話をされ、
毎回そういう体験を積み重ねながら、勉強し、舞台を楽しんでこられたそうです。

勝村政信さん。(榊 誠治役)
さすがーっ!!のひとことです。
舞台を自分のものにされてました~。
あんなにドタンバタン、体を張る役なんですね!「もう、最後だからもう一回やっちゃうっ!」
って、相当無理されてた感じでした。(笑) 舞台から落ちたりもされて・・・!
自由自在、とっても笑わせてくれたのですが、最後は愛をタップリ見せてくれてホロリとさせたり
上手いかただなあ~、と思いました。
挨拶のリップサービスも上手かったです。(どこでもおっしゃってるんでしょうね!)

真飛 聖さん。(榊 愛子役)
まとぶ・・・とお呼びするんですね。宝塚トップとあって、男前っ!!
一番役作りなしでできた・・・なんて言われてました。
ペラペラペラッてしゃべるところなんかめっちゃおもしろくて上手でした。
そういえば、宝塚の男役って、時々あんなしゃべり方しますよね。(笑)
欲情する仕草もおかしかった。アッチョンブリケ~って言ってました?脚本家の年齢が・・・
何度も「綺麗じゃない!」と言われていてかわいそうだった。
やっぱり何が一番印象に残ったって、欲情する場面・・・(笑)

戸次重幸さん。(藤沢 英明役)
すごい髪型!!頭ちっちゃ!そしてガタイはよく、スラリと伸びた手足・・・って印象。
ぶっ飛んでましたね。横暴で、見栄っ張りで、ウソつきで・・・
今回の公演も、戸次さんファンが多かったんじゃないですか~?
客席に降りてきて、ハルカとの出会いをパントマイム風に熱演されていて、めちゃくちゃおかしかった。
下心満々なのか、さっさと歯を磨いて、ぺーっとか水を吐き出してるし・・・(客に向けて)
アンガールズ田中もまっつぁおの、カニのように両脇をワシワシする姿・・・(爆笑)

モト冬樹さん。(貸別荘の管理人役)
最初、裏方に徹されてましたね。登場シーンでは背後から光が差して「まぶしいっ!」
とか言われるし、「このハゲっ!!」なんて言われるし・・・
いじられまくりでした。(苦笑) 彼の存在は、マッタリしました。

広岡由里子さん。(管理人の妻役)
冬樹さんの妻だったんですね。インパクト大の女優さんだと思ってましたが・・・
やはりおもしろかったです。
あんな若い男の子と、お願いしたら相手してもらっちゃうなんて、どうなん?(笑)

馬場良馬さん。(アルバイトの町田君)
身長180センチ。すら~っとして、フォーッを連発。(HGじゃないよ)ポォーッだっけ?
バック転はマットを利用。あと、補助があればできるもよう。余裕に見えたけど一人では無理?
後ろ回りに終わったら、「みんなガッカリだよっ!」なんて言われてたけど・・・。
さわやかでした。バック転ができる男は、あそこまでもてはやされるんだろうか?勝者なんだろうか?
ひとつの象徴ではあるのかな。
藤沢が、「浮気してるじゃないかっ!!」と必死に責めているのがおかしかった。確かに。


シチュエーション・コメディのような感じですね。

雪山で男女が一晩ひとつの空間に閉じ込められたら・・・

誰もが妄想を膨らませてしまうようなシチュエーション。

私は「冬のソナタ」をまた思い出してしまいました~。
スキー場のロッジで、一晩明かさなきゃいけないってドキドキの場面がありましたっ!
でも決して色っぽい展開にはならないのですが、この作品ではごくフツーの流れでしたね。
肉食系の元カップルがああなるのも当然だろうし、
風変わりなオタク系?の二人が、ああなるのもまた必然のような気がします。

「右側じゃないと落ち着かない」っていうのは、結局は何かの理由でブレーキをかけたかった
のではないかと思うのですが・・・
あの二人なら納得の展開でした。
元カップルの藤沢&愛子たちは、お互い嫌いで別れたわけではないというのがわかっても
結局は深い感情までにならなかったってことは、真の恋人ではなかったってことでしょうね。
愛してもなかったと。
単に、体の相性は悪くなかった、と。
肉食系のふたりが、「うへへへへへ・・・・」とすぐに発情するところが二人の大きな見せ場だった
気がしますが、合ってますか?(笑)
そうそう、愛子さんのバカっぷりも見せ場でした。漢字読めなぁ~い。
あの二人では、まじめな会話は無理だな・・・と思う。(笑)

榊&ハルカのカップルは逆にほっこりしましたね。
榊の絵って、ロールシャッハですよね?
不気味にも見え、いろんな物にももちろん見えます。
お互いを理解できて、相性もばっちりなようで・・・、似た者同士は恋人同士にはなれない。
結婚も向くとは限らない?不思議なものですね。

ハルカは最終的に、夫の弱みを握って優位に立てたことが幸せだと言います。
浮気したことには目をつぶっているんだから、(榊の方も)不思議ですね。
それは元々関係のあった二人だから、特別な寛容さなのかな?

「夫婦のうた」

は、なかなか鋭かった。
メロディーは帰り道に口ずさみたくなるのにふさわしい曲だったのだけど、歌詞が・・・

『どちらかが先に死ぬ その先は自由』

って、すごい。でも先日観た「Trails」でも結婚観では似たような話が出てたっけ。
結婚決めた時は、「健やかなる時」だったから仕方ないって、おもしろい。
「病める時」にいろいろ気づく・・・って。そんなものかも。
結婚は・・・「孤独死」よりマシか?
何度も結婚、離婚を繰り返す人がいるけど、誰と結婚しても不満はあって問題は起きるものかも。
だけど、伴侶に選んだ瞬間は・・・きっと何か特別なものがあったはず。
そのわずかな光を、感情を、時々思い出したり確認したりしながら、結婚生活続けていくのかなあ。

本当に、深い、歌詞です。 みんな思ってること、だよねえ~!

あっ、ピアノとクラリネットの演奏、良かったです!
クラリネットってやっぱり軽快だったり、おどろおどろしかったり(バスクラ)、ムーディーだったり
表情豊かでステキな楽器!!

それから、1,600円のパンフレット。

まるで写真集(笑)  出演者のいい写真がイッパイ!

いいですよね。こんなの「Trails」の皆さんにも作ってあげたいよ・・・。

字は超読みにくいので、まともに読んでいません。ごめんちゃい。

関連記事

プロジェクトランウェイ・オールスター2 #6

今回のテーマ「エコで行こう!」

水を使わないで染色した生地を使ったんですって。そこがエコ。
デザイナーたちはインスピレーションで選んだこの生地に、一番悩まされてたみたいですね。
しかもレッドカーペット用って、見栄えするドレスを作らなきゃいけないんだから・・・
やっぱり生地選びが肝なんですねえ~。

今回はファッション界の大御所、ダイアン・フォン・ファステンバーグ が審査員とあって
大ファンのローラをはじめ、みんな張りきる。が、一番悲惨だったような気がする。

とりあえず合格したのがジョシュアとカサノヴァ。
ジョシュアの服は、生地の色が地味に感じたけど、今回は品が良くて良かったと思う。
カサノヴァにいたっては、裏地のピンクがかわいくて、ものすごく好きだったけど!

ウーリも生地選びに失敗。全体にどうしようもない暗い色だったんですね。
でも常にひょうひょうとしているのが彼女。
エコなので今までの余り布や飾りをリサイクルして使ってよかったんだけど、
「使いまくっちゃおう」と冗談っぽく言いながら付けまくり、結果的にフェザー使いなどが絶妙。
決して品が悪くないし、いい作品になったからすごい。やっぱりセンスがいいんですね!
絶対、ふつうのデザイナーだったら、衣装みたいな駄作にしてたと思う。

アンソニーは相変わらず高評価。
そんなに良かったかしら~?ああいうデザインは、今までのシーズンでよく見た気がします。
黒のラインはきいてたけど・・・。着心地は楽そうでしたけど。

アイヴィーは、なぜ落ちなかったのだろう?
全然いいと思わなかったけどなあ~。制作過程見ても、もうかなり行き詰ってる感じする。
ああいう人が優勝したことはないと思う。

今まで自信満々で余裕だったエミリオが、とんでもない出来だった。
色といい、いい生地を選べたのに、裏地が浮き出てるとかで裾もファスナーも間に合わなくて
悲惨な結果でした。ちょっと実力に疑問を持っちゃった。

残念だったのはアリシア。
出場者も言ってたけど、珍しく人柄のいい娘だったみたいですね。
生地もかわいい色合いでドットで裏表あって、私は好きだったなあ~。
デザインが体にぴったりで、つぎはぎで、ヒラヒラがへんてこについてるスタイルだったから。
高評価の人がそうだったように、もうちょっとふんわりして着やすい服でも良かったような。

優勝はローラ。 妥当だと思いました。
ジャンプスーツで冒険した上に、プリントとデザインが合っていてすごくかわいかった。
憧れのダイアンにも褒められて良かったですね。

「脇の下でネズミが死んでます~!」

と、言ったカサノヴァが面白かった。

あんなにニューヨークでも暑そうな日ってあるんですね。
関連記事

この木なんの木、気になる話

ちょっと気になる発言が出ました!

藤岡くんから。 タイタニックが終わったら、お芝居しばらくしないって?

確かに、ちょっと立て続けでしたもんね~。

でも、お芝居ってことは、ミュージカルもないってことで・・・?


歌中心に活動するってことでしょうか。

新曲?新アルバム?

ライブ?コンサート?


どちらにしても、楽しみですね。 やっぱり歌う藤岡くんが一番好きですからね。

でも~シュッとした役をしたい・・・と今年の抱負のようにおっしゃってたので、ちょっと意外。

しばらくお休みといっても、ちょっとかなー?

あまり舞台が続くと、音楽活動が本腰入れてできないでしょうからね。


私の願いとしては、こもってしまわれると寂しいので、活動を見れる機会が多ければいいなあ

と、思います。歌でも、舞台でも。

ただでさえ地方なんで、そういう機会って、ないですし。

できればテレビなんかも出て欲しいと思ってたぐらいですが、藤岡くん自身がやりたいこと

それを思う存分やって欲しいし、それを応援するのがファンかなあ、と思います。


タイタニック、もっと観とかないといけないかなあっ!?



関連記事

ひとりナントカ

今日は生まれて初めて体験をひとつしてきました♪

朝の11時の開店時に、ルミと近所のカラオケやさんに突入!
徒歩圏にあるのでとっても助かります。
いやあ~、しかし、今日は寒いなあ~。とぼとぼ。
なんだ?今日のルミの恰好は?ロッカー風だって!へえ~!そう!

カラオケは、飲み会の二次会で行くぐらいで、誰かが手続きしてくれてお金も払ったことないので
フロント?っていうの?受付でなんやかんやしたのも初めてでした。
フリータイムってやつで、フリードリンクつけて・・・ (ルミのマネをする。)

部屋はもちろん別。 ルミはクラも持ってきていて練習するんだって。
実はオットも今日は免許更新なんかで休んでいて、他のカラオケ屋で楽器を練習してたらしい。
なんだ?この家族!!(笑)

ひとりでお部屋に入る。
カラオケの機械も実はよくわからない。
いつもボーっとしてたら、周りの人たちが、「何歌うんですか?」って世話焼いてくれたから。
へ~、こうやって予約するのかあ~・・・といろいろ勉強になる。

まず、一曲目。
藤岡くんに敬意を払って、やはり、「交差点」から!
あれ?こんな曲だったっけ? 聴くと歌うじゃ大違い。
いつもCDと一緒に歌う時は、藤岡くんと一緒にばっちり歌えるのになあ~!(笑)

そうなんです。
藤岡くんの歌は別として、どの曲も知ってるつもりが、サビしかわからない

なさけな~い。カラオケって難しい~。
だからすでにボーカルが入ってるやつ?・・・を利用させていただきました。

昔の曲はばっちりなんですよ。
歌いましたよ、聖子ちゃん、明菜、キャンディーズから大瀧さん、スピッツ、竹内まりあ、みぽりん・・・
好きな曲手あたり次第。

そして、あのカテゴリーがあったことを思い出しました。
劇団四季です!!
以前、四季ファン仲間と行った時は、友だちの高度なパフォーマンスに度肝を抜かれたっけ。
上手いんだな、好きなだけに、歌が。(私はその時も、うろ覚え感を思い知らされました)
今日のとこのラインナップは、新しいのが多かったなあ~?
ブロードウェイもの中心でオリジナルがなかったような・・・ 夢ざめとか。

やっぱり玉砕して、ミュージカル曲は最初に歌わないとだめだなあ~、と思いつつ、
最後、「レ・ミゼラブル」で締めました。
素人のど自慢大会をやるそうですね!!
そりゃあ、我こそはって人、たくさんいるでしょう!!
歌だけは、いいのに・・・って人もいて、夢をあきらめた人もいるんじゃないでしょうか?
その模様って、公開されるのかな?観てみたいですね。

「オン・マイ・オウン」は作品観る前から一番好きなミュージカル曲だったので
まずまず歌えました。
しかし他は・・・あかーん!「プリュメ街」「カフェ・ソング」 まったく歌えない。
「民衆の歌」はいいとしても、「ワンデイモア」はひとりじゃ無理!
誰か~!一緒に歌って~!って感じでした。
仲間と歌ったら盛り上がりそうでした。 皆さん、行かれてるんでしょうね!

そういうわけで、あっという間に17時前に。
いかんいかん、お仕事帰りの人と一緒になっちゃう。退散退散。
こんなことをしても、一日って終わっていくんですねえ~。
でも、とっても楽しかったです。たまにはいいなあ~。
関連記事

イタズラが過ぎますよ!(笑)

藤岡正明の「はい!おまちどうさん!」2月8日号、ただいま終わりました~。

最初に、槙原敬之の「どんなときも」
藤岡君の曲で、こんな機会でしかこっぱずかしくて歌えないという、「告白のうた」
Trailsのセスの幻の曲となった、「Millions of reasons 」 ←あってるのかな?
そして最後に、藤岡くん中学時代思い出の曲、ミスチルで「名もなき詩」

メッセージ色が強い歌は、藤岡くんに合ってますね。
どちらもすごくしっくりきました。自分の歌みたいでした。(笑)

そして、なぜかカットになって、幻となってしまったセスの曲・・・。

聴けて嬉しかったです。
やっぱり切ないけれど、すごくいい曲でした。
なぜカットになったんだーっ!!また復活して欲しい。
理由はたくさんあげたけど、実はたったひとつ。たった一人のお母さんのため。たった一人の息子だから。
というような歌かな? 悲しい。

皆さんのバレンタインのエピソードもいい話が多かったです。
(私のは別として。)ボツにしてと書いていたのに・・・ほっこりする話でしたか?(苦笑)
でも好意的に捉えてくださったようで良かったです。

藤岡くんのは、ほっこりじゃないですよね!?
まあ、男の子ならありがちですけど、ちょっとふざけすぎな気が・・・友だち気の毒・・・
もっとロマンチックな話が聞きたかったんですけど~ねえ?みなさん・・・
でも中3の時の「惜しかった」話の前ふりなわけですよね?
かわいい女の子から告白されてたんですから~。やっぱりモテてましたね!

その時の流行った曲・・・というのをエピソードとからめて取り上げるのはいいと思います!
Mステでもそんなのやってますやん!

しかし、毎回、藤岡くんとの年齢ギャップを感じることになりそうですね。(笑)

次、3月22日(日)また、楽しみにしています!!
スタジオの方が、映像も歌も、もっとくっきりではなかったですか?気のせいかな?


テーマ「卒業」かあ・・・ 尾崎豊がまず浮かんだのは私だけではないでしょう~。

学校の窓ガラスに被害が及ぶシーズンになってきました。
あ、違うか。
そんなことしちゃいけませんぜ。

私世代は、松田聖子じゃない?
聖子ちゃんファンのバイブル的な曲にあげられる、「制服」

♪卒業証書 抱いた 傘の 波に まぎれながら・・・
 中略
 失う時初めて まぶしかった時を知るの

あの聖子ちゃんファンの米良さんも確か好きって言ってた(笑)
懐かしいなあ~。私、当時聖子ちゃんに似てるって言われてた。(ただし、ブスな頃の、って。ヒドイ。)
藤岡くんは・・・生まれていませんね!(爆)

関連記事

プロジェクトランウェイ・オールスター2

やっと観はじめました。
見損なって#3からだったので、1,2で誰が落ちたんだろう?って思ってたら
ピーチとウェンディだったので・・・・まあ、良かったかな、と。(苦笑)

#3は、グラフィティを使った作品。
優勝したエミリオの作品も、別に好きじゃなかったけど、落ちたスウェードは、ヘンテコな水玉つけて
あれで大丈夫と思っているところがすでに無理だと思う・・・。
誰かが言ったように、生地の下につけていればまだ良かったのかな?
誉められていたアンソニーの服もそんなにいいとは・・・
ゲスト審査員が異彩を放っていて一番驚いた。(笑) あんなデザイナーもいるんだ~

#4はファンがツイッターであげた写真をデザイナーが選んでインスピレーションをもらうという企画。
さすがセンスいいデザイナーたち、それぞれ選んだ写真はどれもオシャレだった。
一部を除いて・・・。
優勝したアンソニーは、またシンプルな・・・。
ガンになっていただなんてびっくり。若いのに。元気そうでよかった。
ローラの作品が生地も自分でプリントしていてきれいだったな。
落ちたアンドレは本シーズンから確か感情の起伏が激しく変人っぽかったですが
相変わらずだったみたいですね。
それでいて繊細な服を作ればかっこよかったんでしょうけどね。

#5は、男も女も着られる、アンドロジニーがテーマ。

いやあ~、この回良かったです!!

男性モデルとペアだなんて、ランウェイも映えて豪華だったし贅沢だった。

優勝したエミリオの作品は、モデルもかっこよくてほれぼれしてしまった。
ずるいよね、あそこまでやっちゃうと。(モデルは女性に合った人を勝手にあてがわれてたようだから。)
でもウーリの作品も好きだった。
ウーリの作品って、前に出場した時から好きだった。変な作品は作らない。センスがいいもの。
女性のレギンスが違えば、優勝もおかしくなかったですね。
日本人モデルのつばさちゃんがスタイリングも含めて良かった。男性モデルもかわいかった。

落ちたケインは・・・前回登場よりやっぱり老けたなあ~って感じ。(笑)
前は、若手って感じだったけど、すっかり落ち着きましたよね。
でもあんなセンスだったかなあ?
なんだか全部ヘンだった。万人に好かれるデザインではないですよね。色使いとか。
今までのもあって、今回落ちちゃったのかな、と。写真で見てもヘンテコだ。
ローラのも弁解の余地がないほどダメだったけど、彼女は他のテーマでまずまずでしたからね。

カサノヴァ、やっぱりたのしい~。 前から好きだった。
服もかっこよかったですけど、テーマとは合ってなかったんですよね。
なんだかちょっと柔らかくなった?アイヴィーとつるんでますけれども。

今回男性モデルが参加して、とってもワクワクした。
(ボールルームなんて言うんだね。笑)
まあ女性と違って、その部分もデザイン上無視できない要素なんでしょうね。

また、たまにこんな企画を見たいものです。
最終的な闘いを、男女ペアモデルでやるのもいいんじゃないかな~?
見る方は超楽しいっ!!


関連記事
     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: