広告
Singin' in the Rain 2014年11月

今日ですよ!本日21時!

今日は何の日?
ええ、待ってた劇団四季の、「ジーザス・クライスト=スーパースター」北九州公演の日ですね!
ああ~、しかし、このチケットはお友達にお譲りしました。

だって、今日の夜は、今超ごひいきな藤岡正明くんのCYTVの生配信があるんですも~ん。

「はい!おまちどうさん!」はコチラ→ですよ~!http://cytv.jp/page/index.php?key=44

生声&生歌、(オンタイムという意味で・・・)聴けますよっ!

『1/Fゆらぎ』 なんて言葉がありますが、

私にとっては彼こそがそういう声の持ち主だと思いまする。
専門的なことはわかりませんが、癒してくれる声なんでしょう?
そう思ってる人、多いと思うなあ~。

彼は2001年デビューのようですが、私が彼の存在を知ったのが・・・先月・・・・・ ぶほっ
私、何やってたんだろう?生きてたのか?
でも、怒涛の勢いで曲を聴きまくりました。
曲だけでなく、空白の時間を埋めようといろいろ調べもしました。
CDも買いました。
あと1枚だけ、アルバムが手に入りません・・・・・。でもそこまで揃えました。

最初が動画で聴いた「ミス・サイゴン」のクリスの歌だったのですが
最近のいかにも上手くて表現力のある彼の歌もいいけど
10年前の、まだ若くて青い感じの声も、ものすごく魅力的だと思いました。
もうその頃の彼には会えないんですけどねえ~。さみしっ

なかでも気に入ったのが、「LOVE」 「雪割草」です。
なんてピュアな声なんでしょうね。

しっとりした曲のほうが、彼の魅力を引き出せる気がしますがどうでしょう。
どっちかというと若いのにジメジメ系?(笑)
なんかツライことあったのかなあ?
というか、ものすごく優しくて、繊細な方だと思いました。
そして自然体すぎて、この世界でいわゆる・・・売れてるって状態にないのかと・・・
なんでなんだろう、世界七不思議ですね。

もちろん、知っている人は知っているし、活動も立派だし、全然落ちぶれてなんかいないんだけど
もっともっともっと・・・・・誰もが知っていて彼の曲がどこでも流れているような
そんな世界になっていてもおかしくはないのに、と思う。

これからなるよね?きっと。

私がプロデュースさせてもらうとすれば、彼の曲をドラマの主題歌に選ぶ!
毎週エンディングで聴いてもらって、超いいシーンでバックに流れて・・・爆発的ヒットね。

それから、ミュージカル映画の吹き替え。
彼ができる役はいっぱいあると思う!!
それこそ、もう一度、アナ級の作品、こーーーーーいっ!(笑)

演劇界では、ぜひ、マリウスとクリスの復活を。

CMこーーーーーいっ!
CMで彼の美声が流れてごらん?不特定多数の人が聴いて、「ええ?いい歌、誰の曲?」
ってなること請け合い!!

関ジャニの仕分けはそういうきっかけにもなったのかな?(私は観てないのですが・・・)

来年は、もっともっともっと、藤岡くんの歌が全世界に流れますように。







関連記事
スポンサーサイト

ゲイブってる藤岡さん

img002.jpg

現在、「ファースト・デート」公演中の藤岡正明さん。 →http://www.tohostage.com/first_date/

肉食系ゲイブを熱演中です!

・・・という私は舞台も観てはおりませんが・・・とほほ

なんちゃってですが、愛情こめて描きました。

ギターのへたさ・・・とほほ

関連記事

またまたチャンピオン?

今日は近所の大切なお店、豆香洞コーヒーに豆を買いに行きました♪

いつものように、専用のかんかんを持って。

ちょうどお客さんがばたばたと出られて、江口店長が対応してくれました。

後藤さんはいらっしゃらなかった。

で、相談に乗って頂きながら、3種の豆を購入。

まあ、豆香洞ブレンドはテッパンですね!って感じで。

オススメのペルー(いつも買ってるやつとは違う農園で中煎り?)も購入。

家に帰って、そういえば、江口さんが大会予選を1位で通過してたなあ~と思い、

お店のHPを見てみるけど触れておらず・・・。

ジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップ(JCRC)2014 

のHP→http://www.scaj.org/activity/competitions/jcrc/2014resultを見てみると・・・

わおっ!!また優勝じゃん!!スゴーイ!

来年の世界大会に出場ですね。2013年の後藤さんに続いて、同じ店で、快挙ですね!

後藤さんは世界チャンピオンになられましたが、ぜひ、続いてほしいですね~。

2位も福岡県久留米の「COFFEE COUNTY」さんだし、福岡のレベルの高さが・・・

身近に飲める私たちが、なんて幸せなんでしょう。

あー、今日おめでとうございますって言いたかったなあ~!

やっぱり師匠がいいのかな?(笑)

わが町の誇りです!

関連記事

「インターステラー」 (2014・米)

インターステラー

いやあ~~~~、想像を絶しました。
1,100円で観たんだけど、これでもかと盛り込んであって大サービス、おなかいっぱい。
監督はこれだけ壮大な話を、投げ出さず、辛抱強くまとめたな~ってことに感心しました。
SFにいろんな『愛』がからめてあって、マシュー・マコノヒーの熱い演技に何度か涙が頬をつたいました。
ただでさえ、時間の経過がある話って弱いんだなあ~。

正直、科学の話はよ~わかりません。
まあ、すべてが、「そんなことできるの!?」って感じでしたが、ちょっと前に「ゼロ・グラビティ」
を観たのがいい予習にになっていて、宇宙船の構造や宇宙での風景にちょっと慣れていた(笑)

映画の前半部分は、すごく地味で会話が多く、ねむ~くなりました。
元々パイロットでエンジニアだったクーパー(マシュー・マコノヒー)が、農業やってたのに
突然人類を救う宇宙パイロットに選ばれて、命を懸けて地球以外に住める星を探しに行く。
・・・つっても、BGMはオーケストラの演奏が流れてるし、実際の冷静な科学者たちのように
宇宙船のクルーは淡々と任務を遂行していく感じで進んでいきます。
いよいよ星に降りてミッション開始!ってとこからは、ハラハラドキドキの連続。

マット・デイモンが出ているのも楽しみの一つだったけど、これがまさかの展開で!!
驚かされました~。
C3POが箱の寄せ集めになったみたいなロボットの存在がなんとも癒される。
そして結末へ向けて、ブラックホールは出てくるは、4次元?5次元?の世界は出てくるはで
驚愕のラストを迎えます。

ぜひ、映画館で観て欲しいですね。

でもまあ、私が思ったことは、そんなに地球の生命を残すことが大事かなあ~と。
個人的に守るものがない科学者は、使命感でやってもいいけど・・・
人間、数10年しか生きられないのに、大事な人と離れ離れになり、二度と会えなくなるという
危険を冒す価値がその行動にあるのでしょうか。
こっちは飛行機に乗るのも「死ぬかもしれない」って恐怖が常にあるのに
太陽系まで飛び出して、再び地球に帰ってこようなんて・・・ 帰りたいなんて・・・最初から行くな~!
主人公も、後でひたすら後悔してましたけどね。

宇宙への夢や憧れ、期待はあるけど、とりあえずこの地球を大事にして、
知恵を絞って生きていかなければいけないな~と思いました。(小市民)

そんなこと言ってたら、こんなロマンある作品は作れないんですけどね。(笑)

以下ネタバレです

続きを読む

関連記事

博多は大盛り上がり!!

ようこそ!おかえり!! どぶろっく!!!

今日は、ぱぱっとJRに飛び乗って、博多駅に行きました。
まあ~、なんて人の多かこと!!
連休の中日やから? SMAP最終日やから?

まあ、それもあるでしょうけど、今日は13時からどぶろっくのステージがあったんですよ~。

P1020810 20 ありえない人だかり!

ものすごい人でした。ステージの向きから考えると、予想以上の人出だったのでは?
通路も最初は確保してたんだろうけどわけわからなくなってて、肝心の二人は人の頭で見えない。
本当に好きな人は場所取りしてたんでしょうね。
しかし私の周りは・・・70%男で、女は彼氏と来た人ぐらい、あとは家族連れ。
妙齢のオネーチャンはほとんどいませんでした。(苦笑)

司会のおねえさんに、「爆笑ライブ、はじまりでぇ~す!」なんてハードルあげられて・・・
あ、会話はほとんど森さんが受け答えしてた。

やっぱり聴こえて初めて笑えるネタなのに、音響が悪いのかスピーカーの位置が問題なのか、
オチのところが聞き取りにくくて、ちょっと消化不良でした。
『大爆笑』とまではいかず・・・
ライブ形式に、「もしかしてだけど~!」と客にも歌わせたり、手拍子させたりしてたけど
ちょっと後ろの方には温度が届かなかった感じ・・・。私は叩きましたけど!

もしかしてシリーズと、オンナオンナオンナオンナ・・・というやつと、結婚式で歌うやつと
魅惑のパンティ・ライン♪
間にキテレツ大百科の「はじめてのチュウ」のモノマネあり。

私はすっごくおもしろかった!(ネタはほとんど知ってたけど)

結婚式で歌う歌は、普通に歌が上手いので聴き惚れちゃいますねぇ~。
でも、・・・いい曲だ~ んんっ!?  今、なんつった!?
ってなる。(笑) ・・・なんか、オッパイが好きなんだね。

女あるあるでは、 チ●●見ても驚かない女は 弟がいる っていうオチやってて
博多駅で!あの聴衆の前で!後ろに政治家さんがいるところで! チ●●を連発してたから
まったく、笑ってしまいましたよ・・・
いやしかし、おおっぴらに笑うのをためらってしまうのが彼らの笑い。
だから大爆笑とはいかなくとも、みんな心の中で笑ってる。
そして、男のファンが多い。 「よく言ってくれた」と代弁者・・・のような感じなんかな?

P1020812 20 江口さんしか見えない~!

P1020814 20 撮ってもらった~!

ライブ?終わって、CDかDVDなどを購入したら、その場で一緒に写真撮ってくれるってことで
こんなに人がいたら無理かな~・・・とそちらの方向へ歩いていくと・・・・・ 余裕でした。
やはり、並んでるのは男性、家族、カップル・・・って感じ。
私みたいに、微妙な年齢の女がひとり・・・って異例だったかもね。(笑)
「応援してます!好きです!」って言ったんだけど・・・ で、がっちり握手。
ふたりともすっごーく感じが良かった。
江口と書いてエロと読みたくなる江口さん、胸毛とおなかが出ていて・・・かわいかった。(笑)

後方でも何やら賑やか・・・と思ったら、演説始まったよ~。
ぞろぞろ~っと人だかりがそっちへ移動した感じ。

P1020815 20 すごい画ですなあ~

私は博多駅のビルの2階?から撮ったんだけど、SPらしき人ががっちりガード。
「JFK」じゃないけど、どこぞのビルからファインダーじゃなくて銃を構えてる人がいたら恐ろしいな・・・
なんて思ってしまった。
で、私がこうやってカメラを構えてるのも、どこかで見ている人がいたりしてね。
そこまでの危機管理って日本でもあるのかしらね?


P1020816 20 公明党さん 代表ですよね。

それに後で知ったことに、同時刻 ロッチもすぐ近くの博多駅構内でイベントやってたって!

ロッチも好きだ~。見たかった~!! コカドさん~ 中岡さん~~~

・・・また来てくださいね。





関連記事

アガシ・・・さん、44歳、アッパレ!

ドリームテニスARIAKE、錦織圭VSアンドレ・アガシとの対決、生放送観ました!

すごかった~!

アガシさん、見かけは、「ご近所で練習?」みたいな恰好で、なんだか歩き方も変で

胸板とかはモリモリで迫力あるんだけどちょっと「大丈夫なのかな~」と心配してました。

エキシビジョンだから、どの程度真剣にやるのかはド素人の私にはわからなかったんだけど、

世界TOP10と戦って現役バリバリの錦織が、20年前に現役を引退したアガシと

あそこまで見ごたえある試合になるなんて思わなかったです。

錦織は初めはバリバリ本気じゃないとしても、これで決まったろう~・・・

という場面もアガシが見事に打ち返してきて、決められる、というパターンを何度も目にしました。

しかもあんなに右に左に動かさられる錦織も初めて見ました。

筋書きのないドラマなんて言いますが、本当に一流はおもしろいことやってくれるんだなあ。

あ、でも解説が言ってましたが、エキシビジョンでも面白くないプレーしかできない人もいるんですって。

まあ、ただ勝ちに行くような?プレーの引き出しが少ないような?

錦織選手は技が豊富で、それこそ何でもできる!

だから観客も楽しませることができるんだって。

確かに、大会ではできないようなお試しプレーや思い切った技もやれますよね。

気持ちよく決まった時の錦織選手の満面の笑顔も、大会では見られないことです。

アガシさんはユーモアもたっぷりで余裕があって、とにかく、めちゃくちゃおもしろかったです。

o0256035010996838317.jpg 私の記憶にある、若き日のアガシ (カツラだったって~)
アガシ
幸せそのものの家族。こんな偉大な両親を持つお子さんってどう育つのだろう・・・・
関連記事

今日の発見

いつものようにYoutubeをつらつらと観ていたら、ある動画が目に留まりクリック。

ん? 戸次重幸

全然知らない人だなあ~ 日本のドラマや映画って、ほとんど見ないからなあ。

えっ、「おにぎりあたためますか」 のあのもうひとりの男の人?

img_1.jpg もちろん右の人

こちらでも再放送なのか放送していて、ゆるくておもしろいなあって観てました。

大泉さんはおもしろいし、人柄もよさそうだなあ~としか思ってなかったけど

もう一人の人はどんな人なのかって疑問に思っていませんでした。


『ミスター残念』という異名を持つ彼、どんどん出てくる番組の動画を見て、納得しました。

あー、なるほど、彼はモテるな、でもダメ人間で、結婚できないな。

あ、ダメ人間っていうのは、遅刻魔の部分と、ストイックな部分と、子どもっぽい部分です。

世間一般の見方であり、私はその性格をそんなに否定する者ではありません。(笑)


ところで、遅刻魔にとって、ニット帽(もしくは帽子)は必需品ですよね。

O型の人に多い気がする。 遅刻魔。あくまでも自分の中での統計的に。

大事なことを先送りするというか、いつもギリギリでも平気で、同じことを繰り返す。

でも最後は辻褄合わせちゃうし、でかいことをやれる人も多い。

なんか、あくせくするのがかっこ悪い、って思ってる人が多いんだよね。堂々としてる。

コツコツやる生真面目なのに、あまり成果がなく評価もされない人にとっては憎らしい存在(笑)


戸次さんについてはまだざ~っと調べただけでよく知りませんが、すごく興味を持ちました。

声はめっちゃいいですね!


伊藤英明、 西島秀俊 、向井 理 ・・・・・ に続いて結婚発表くるかあ~!?

なんだか最近立て続けで、そこまで女のうわさがあった人たちじゃないのでびっくりしました。


そう、それで、今日勘違いがわかったこと。 

戸次さん繋がりで、井上和香さんが出てきたんです。(苦笑)

「あ~、彼女ね、結婚してVERYとかに出て、ぐっと品よくなって活躍してるねえ~。」

・・・と思ってたのですが、野沢和香さんって別人!?

いやいやいやいや・・・・似すぎでしょう。 紛らわしいことに名前も一緒だし。

てっきりモデルするから改名したと思ってました。

やっぱり似てるから、比較してる人がいた! →http://matome.naver.jp/odai/2138414282574754101

これが、今日、わかったことでした。 チャンチャン
関連記事

SMAP、福岡だよ~♪

ついにこの日がやってきましたね。

福岡ヤフードームにSMAPが。大熱狂の4DAYS!

あ、私は参加した人ではないのですみません。

仲のいい友達は、4日間とも参戦です。一昨年?からこの日のために・・・って過ごしてきてますもんね。

レポをちらっと見たら、すっごく楽しそうだった。さんまさんがサプライズで来たって?

なんか、あんまり福岡にさんまさん・・・って聞かない気がする。

営業なんてもちろん行かないでしょうし。(笑) ライブとかもないしねえ~。

あと3日、行かれる方は楽しんできてください!


リョウが全世界に向けついにデビューしました!

って、youtubeにあっぷしただけですが。(笑)

若者に人気の、ハマカーンの・・・いや、違う、「ゲスの極み乙女。」の曲歌ってます。

演奏がかなり上手いと思います。 リョウもがんばってますが、彼はラルク専門なんで。(笑)

関東の大学の、音楽サークルの仲間です。

学祭では複数の軽音関係のバンドで15曲歌ったらしい。 いいね青春。


ホンモノも聴いてみましたが、演奏もおもしろいし、ボーカルさんもいい味出してる。

人気があるのも納得ですね。








関連記事

憧れだった、健さん

高倉 健さん。

高校生の時、大好きで、映画「駅」のでっかいポスターをどなたかからいただいた思い出が。

で、それをバス停に忘れて、大慌てで探しに行ったような・・・

畳大ぐらいのでっかいポスターでした。

ちなみに妹は、同じぐらいの大きさの、真田広之(JAC時代)のポスター貼ってた。 

なんであんなに好きだったのか、周りはたのきんトリオだ、チェッカーズだって言ってた時代。

私はしぶ~い健さんに夢中でした。

駅の前に、「野性の証明」も話題作でした。

薬師丸ひろ子の「おとうさぁ~~~ん!」・・・・は衝撃的。健さんがナタを振り下ろした姿も。

そして 「男は だーれー もみな  無口な へーいしー」 という主題歌が流行った。

(この歌を女友達に歌わせて、胸を揉むという、ゲスなイタズラも流行ってた)

吉永小百合さんとの「動乱」も確か観たけど、ラブシーンがあって、ファンだったんで

すごく気になって観ていたら、二人で布団には入ってて健さんが上にかぶさってるけど

ピクリとも動いてない・・・ようなシーンだった気がする。ほっとしたような。(笑)

そんな、エロいラブシーンをするようなキャラじゃないですよね、健さん。

武骨な、お堅い、九州男児?って感じですから。(実際の九州男児は・・・)

正直、映画は「駅 station」を熱心に観たぐらいで、あとはほとんど観ていません。

ファンも一時的だったのかなあ?

だけど、健さんの誕生日2月16日はずっと覚えていたし、コーヒー好きとかの知識もあった。


11月10日は結婚記念日なんですが、森光子さんや森繁さんも亡くなった日らしいですね。

そして私の父も、健さんの二つ下だけど、今年亡くなって、

やっぱり若々しくて超元気だったのに、厄介な病気で数か月であっけなく逝ってしまい、

数年前に前立腺がんも患ってたということまで一緒だったので、不思議な縁?を感じます。

天国で会えてるといいな。

そういえば、ちょっとだけ、似てるかもな。

健さん、すみません。

関連記事

「レ・ミゼラブル(2015)」製作発表

いろいろなニュースが飛び交う賑やかなエンタメ界です・・・。

まず、来年のレミゼキャスト73名が集結。・・・まさに熱い決起集会といったところ。(笑)
皆さんの意気込みが違いますね。
まあ~、皆さんおっしゃる、「憧れの」「嬉しい」「感謝」・・・などなどのレミゼに携われる喜びの言葉は
この作品に関しては特に、嘘や大げさではないと思われます。
私もめ・・・・っちゃ遅ればせながら、2013年の新演出版から(観客として)列に入った者として
本当に壮大で重厚で、すごい作品だなあ~、と思いましたから。
この作品に出れるってことは、実力を認められていることはもちろん、公演期間も長いし
役者として安定を保証されるものでもありますね。

まさに、ミュージカル界の『紅白歌合戦』や~! (彦摩呂ふうに・・・)

あれっ?だめ?

では、この製作発表記者会見の感想。(記事&動画より)

ベテランさんは、コメントも笑いがとれる余裕がありさすがだなあ~と。

今回はバルジャンのみの福井さん!
やっぱりちょっと、元気がなさそうに見えるなあ。ちょっと目力が・・・
舞台の上ではあんなにすごいのに。歌もお芝居も。
自信・・・は言われるまでもなくあるでしょうけど、堂々と突き進んでほしいです。応援してます!

今回もバルジャンとジャベールでこき使われる?吉原さん。
おお~、こちらはとってもお元気そう。引き締まった精悍なお顔に戻られて準備万端って感じですね。
立派に2役演じられてましたからね~。
福井さんのジャベールも良かったんですけどね。体調の問題かなあ?

初参加のヤン・ジュンモさん。
存在感、歌唱といい、迫力ありますね!適役っぽい。
声だけで言うと、福井さんや前回のキムさんの方が断然好きですが。
もうちょっと日本語が滑らかにならないと厳しくないですかねえ~

ジャベール川口さん、すでに貫録ですね!
前回拝見して、すごく好きな俳優さんでした。声もステキだし雰囲気も合ってると思う。

鎌田さんは・・・本当に、穏やかでいい人そうですね!(笑)
でもさすがに舞台役者、コメントの滑舌はすばらしいですね。次回はジャベール拝見したいなあ。

そしてそして、いっちばん驚いたのが、岸 祐二さん!
以前アンジョルラスで出られてたんですね。お話だけですが、声がすてきじゃないですか~!
周りの方とも親しげな感じが伝わってきました。
私がなんで驚いたかって、彼は、カーレンジャーだったからです!
息子は戦隊ものはずばり、オーレンジャー→カーレンジャー世代で、はまってTV見てたのです。
岸さんの役レッドレーサーは、普通は赤ってイケメン枠なのに、確かおっちょこちょいな役でした。

img_9.jpg ははは ちょっと拝借・・・

こちらの世界でご活躍とはちっとも知りませんでした。
外国の方にも観てもらいたいって自信も感じられたので、すてきなジャベールを期待しています。
歌唱も聴いてみたかったなあ~。

コゼット新加入の清水彩花さん。
歌唱の時もニッコニコして…嬉しさが隠し切れないようす。(笑)今回立ち位置違うんですね。
歌はよく聴こえなかった・・・でも歴代の、「ええっ!?」っていうようなヒヤヒヤはなかったですね。

新マリウス、海宝直人さん。♪心配ないさ~!!
ヤングシンバは直接拝見してないけど、CDには彼の素晴らしいパフォーマンスが残ってます。
ルックスは申し分ないですねえ~。若さといいマリウスにぴったり。
歌もなかなか。余裕を感じました。がんばれ~!

アンジョルラス、上原さん、今年のミス・サイゴンの時とか、お顔がパンパン!って感じになってましたが
痩せたの太ったの・・・がつい気になるしょうもない私です。
彼の歌は、2013年の時に度肝を抜かれました。やっぱりミュージカルは歌が大事だと思った~。

ジュンモさんを兄貴と言ってた野島さん、エリザベートの曲を歌うお二人のデュエットを動画で見たのですが
かなりカッコよかったです。

突如?新加入の上山竜治さん。
竜二、竜司・・・いろいろ出てきたけど竜治が正しいんですね。でもウィキではアンジョラスになってる・・・
声がストレートで素直できれいで、ルックスも男気あるリーダーっぽくすてきだと思いました。
おかしかったのは、普通に前を向いて歌ってる人がほとんどの中、舞台の中のように、
リーダーを向いて役作り?をしている人もいたこと。統一感はなかったけど、つい役に入っちゃったのなら
それはそれで私はいいなあと思いました。

隣りにフイイでサイゴンではトゥイをされてた神田恭兵さんが。
神田さんも歌もお上手だし魅力的な方ですね。
サイゴンでクリスをされてた上野哲也さんも前回と同じフイイですね。
上野さんは歌っていらっしゃいましたが、相変わらず全力投球って感じで好感持てます。
女性では三森さんや池谷さんなど、この作品ではこの役なんだ~って感じ。
他の作品ではメインという方も多いし、それだけ大きな作品ってことですねえ~。

あ、歌唱では杉山さん、やっぱり太くていいお声ですね。全然違う!!これ見よがし!(笑)
しっかり声楽を勉強された方(ですよね?)は発声が違いますね。
前回はアンジョルラスもされてたようですが。
ミュージカルばかりは、もちろん歌以外にも配役決めるポイントはあるでしょうから・・・
演出家のお考えは下々の私にはわかりません。観客は舞台を拝見して・・・いろいろ感じさせてもらいます。

何回観れるかなあ?


最後に・・・ 私はやっぱり藤岡正明さんのマリウスの歌が一番すてきだと思う~!
実際の舞台を観てないのが、痛恨の極み・・・
昆さんとも、相性ピッタリだと思う。
出来れば復活して欲しいよぉ~
関連記事

蟹、カニ、かにぃ~♪

昨日はオットが休みだったので、母と3人でかにを食べに行きました♪

佐賀県太良町のワタリガニ!

しかし・・・結構遠いですね。福岡からだとお隣だけど、高速降りてからが結構遠い・・・。

途中、田畑を抜けて、昭和から時が経ってないような風景の街並みを走る・・・。

有明海が見えてきました。ず~っと干潟だ~。

牡蠣や渡り蟹を食べさせる店が見えてきました。

今日は母が座敷は無理なんで、ちゃんとしてそうな「蟹御殿」へ。

P1020796 20

P1020799 20

向こうに長崎の普賢岳が見えるんですって。うっすら見えたりしてました。

ちゃんと区切られていていい席でした。

料理はひとり5千円のコース。

昼にしては高いですよね!蟹には強気です!カレイやエビのから揚げも美味しかったです。

あと茶碗蒸しとプチ蟹鍋と、お刺身と、最後に雑炊と・・・

P1020802 20
蟹は美味しかったんですけど、11月からはメスかと思いきや、今日のはオスで!!!

卵がないし、みそもあんまりなかった・・・(私のは) 母は大きかったようで喜んでました。


母がうっかりスリッパのまま帰ろうとするのを阻止して・・・

帰りにすぐ近くの道の駅っぽいところへ寄りました。

太良町と言えば・・・ みかん!?

P1020809 20

ずら~っとみかんコーナーがあり、農家の方の品種の説明とコメントが書いてあります。

試食のためにわざわざ皮剥いて、ひとふさずつ入れてあるのです。

みんなどんどんとって食べてました・・・・。

私たちも食後のデザート感覚で食べました。


しかし、ちょっと、怖かったです・・・・。

だってまず、もう剥いてあるし、みんな素手で中をまさぐってとってるんですもの・・・。

インフルエンザのシーズンなら、アウトですよね。衛生的にも、ちょっと・・・。

でも、まあ、多少の菌は跳ね返すような、人間の強さを信じました。(笑)

みかんは確かにひとつひとつ味が違いました。

しかし、結局、選んだのが美味しいと思ったのかわからず、とにかく1ネット買って帰りました。

安いのは安かったですよ~。スーパーの半額以下かな!?




関連記事

わくわくと感動をありがとう

錦織選手、ATPファイナルズ、お疲れ様でした!

く~っ・・・惜しかったですね。
あの強い強いジョコビッチを苦しめたのにね。
1セット目は取り付く島なし・・・?なんてちょっと思ったけど、
2セット目から圭くんがどんどん押してきた!
ジョコビッチも余裕がなくなって、明らかにナーバスになってる様子。
観客も錦織に対する声援が大きい。
素人だからわからないけど、自分のサーブが入るか、相手のサーブを無事返すかすると
ラリーになったら錦織が負ける気がしない。
ミスが時々出るのは痛いけど、完全に錦織ペースだった。
第3セットのファーストゲームまでは・・・ね。
ここでダブルのブレイクポイントがきたんだけど、これを攻めた結果、逃してしまう。
昨日のフェレール戦と同じく、早めにブレイクできていれば結果は違ったかも。
1ゲーム目のブレイクチャンスを逃がしたら、あとは自滅・・・みたいになってしまった。
決して、ジョコビッチが優勢で強さを見せたわけではなかった。6-0ではあったけど。

でもテニスってちょっとしたことであっという間に流れが変わり、立て直せなくなるので
本当に怖いですよね。
最後は集中力切れたのかなあ?
勝者ジョコビッチの点・・・・みたいなサインはなんだぁ~?

3位決定戦はないんですよね(笑)

後日、アガシ選手との試合もありますよね。

また錦織選手の鮮やかなプレイを観たいです。

年末は引っ張りだこになるんじゃないかなあ~?

でも今年一番、日本を元気にしてくれた若者じゃないかと思いますよ。

錦織くん、本当にありがとう!!!
関連記事

「悪の法則」 (2013・米)

悪の法則 21分拡大版本編ディスク付豪華2枚組 (初回生産限定) [Blu-ray]悪の法則 21分拡大版本編ディスク付豪華2枚組 (初回生産限定) [Blu-ray]
(2014/04/02)
マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス 他

商品詳細を見る


ほえ~!!『HOLA!』 と書かれたDVDの恐ろしさ! (監督が書いた文字だって?)

『ボリート』 という、世にも恐ろしい武器・・・

どういう映画だ?なんて悪趣味なんだ?・・・でもこれが真実?実際に起こってること?

そうだとしても、映画にして訴えたかったことは?

わざとわからないようにしてたり、ナゾを残し、完結もしてないので観終わって「はあ!?」ってなる。

ただ、場面場面の衝撃度が大きく、伏線はりまくりで意味ありげなセリフが超たくさんで

観客の心に何かを残している点で、ある意味では成功している映画。

なんといってもキャストが華やかでしょう!!それだけで観たくなりますよね。

以下、自分なりの感想&ネタバレです。


主役は、一応、原題にもなっているカウンセラー・・・弁護士の色男(マイケル・ファスベンダー)。
私はこの人の作品あまり観たことがない。ユアン・マクレガーにもちょっと似てる。

2012011310561809e.jpg

まあ、もてもてのエリート弁護士がぴったりって感じの俳優さん。美しい男1位になったって?

弁護士はその立場と容貌を活かして、淫乱な女たちとも付き合ってきたもよう。
その女たちで得た秘技?を恋人のローラ(ペネロネ・クルス)に披露して悦ばせる。
ペネロペは今でも綺麗だけどやっぱり・・・老けたね。結婚前の設定ならもうちょっと若い女でも良かった気が…
のっけからこの午後2時のいちゃいちゃを見せられる。
ローラは多少ジェラシーもこめて、「私にはあなただけ。」と言う。かわいい女なのだ。
男にとっては、数ある女の一人なのかな・・・なんて思っていたら、男も本気だった!

出張とウソを行って向かったアムステルダム。
そこで男はある宝石商(ブルーノ・ガンツ)と会う。
ダイヤを見せてもらいながら、宝石商の薀蓄を聞く。これから起きる出来事の伏線がたくさん・・・
“警告のダイヤ”を持ち出し、命の儚さを説く。 その言葉は弁護士にはまだ響かない。

弁護士は友人ライナー(ハビエル・バルテム)が経営する“サイバーズクラブ”でローラと会う。
そして例のダイヤを渡し、真剣にプロポーズ。 「死ぬまで君を愛すよ。」
ローラは泣きながら喜んで承諾する。 「でも私の方が先に死ぬわ。」

なんだ?この会話は? もう予言しちゃってるやん。
そして、拍子抜けするほどの純愛。 ふたりとも本当に愛し合ってる。
この愛の深さが、後の悲劇を一層際立たせることになる。
弁護士も、大切な人ができて幸せにしようって時に、どうして危ない橋を渡っちゃったのか。
ゴージャスだけど決して汚れてない女を、もっと幸せにしたいと欲が出ちゃったのか。
彼がどういう風に“悪”と関わったのか。
それがこの映画でははっきりとは描かれていない。
たぶんライナーというちょっと危ない羽振りのいい友人がいて、きっかけは単純なものだったろうと思う。
何かに融資することでもっと莫大な金が手に入る・・・というのを鵜呑みにしたのだろう。

普通なら、今まで危ないことをしていたが、身を固める時に足を洗うのではないか?
家族を大事に思うなら。
弁護士の場合逆だったんですねえ~。今まで誘われても断ってきたものを、一回だけ・・・と加担しちゃった。
それが、他の人物に何度も何度も言われるように、彼の“甘さ”があったんですね。

しかしですよ、彼がどんな悪事をしたか、麻薬カルテルの一端に融資か何かで加担したにしても
あまりにもひどいしっぺ返しを食らうわけですよ。
彼が命を狙われるきっかけになったことは、本当に偶然だったのです。

弁護士は殺人犯ルース(ロージー・ペレス)に呼ばれてテキサス州立刑務所に出向く。
彼女とは、国から公選弁護人として指名を受けたという関係があった。
女は、息子がスピード違反で捕まったから、400ドル肩代わりして保釈させてくれないかと頼んだ。
弁護士は一応承諾してやる。母親は感謝する。、(御礼にしゃぶるのどうのとのやりとりに20ドルほどの価値しかない
みたいな下品な会話がある)

そもそも、これが悲劇の発端である。
なぜなら、女の息子バイカーが、麻薬の運び屋“グリーン・ホーネット”だったからだ。
ここも映画の中では説明不足。
ルースという女、どんな殺人をしたかわからないが、明らかに品はないし真っ当な人間じゃない。
子どもが麻薬に関わってそれなりの仕事をしてるってことは、親もカルテル関係なのか?
弁護士が彼女の頼みを聞いたのも、彼女と何かの関わりができたからではないか?
ちょっと勘ぐってしまった。ルースの表情があまりにも意味あり気なんだよねえ~。

そのバイカーを何者かが監視していた。
ライナーが現在付き合ってる女、マルキナ(キャメロン・ディアス)が差し向けた者たちだった。
バイカーは誰かから何かを受け取り、それをヘルメットの中に入れ走り去った。
マルキナに雇われた男は、バイカーの乗るYAMAHAのバイクの車高を調べ、彼の通り道にある仕掛けをする。
ここがまたひとつの“悪趣味な”見せ場。 彼の役名がワイヤーマンたる所以がわかる。
ちょうど・・・首の位置にくるようにワイヤーを張る。バイカーが通った時に注意をそらすためのライトを準備。
バイカーはいつものように全速力で走ってくる。次の瞬間、車のライトがピカーッ!ヘルメットがゴロン~

男はヘルメットを手に取り、果物を収穫した時のようにヘルメットを縦に振り、中の丸い塊を落とした。
R-15の世界です。(苦笑)
そして、ヘルメットから欲しかったものを手に入れる。
(これはブツを運ぶトラックに仕掛るエンジン停止装置らしいです。車を盗まれ動かされないようにするため。)

ワイヤーと首切り・・・はある意味この映画ではポイントなので、めんどくさくてもここまでやるんですね。
それと、監督が好きなエンターテインメント性ですかね。

息子の命が途絶えた時に、刑務所の母親が何かを察知して目を覚ます部分は・・・いるんですかね?
女が弁護士を逆恨みするってところで必要なんですかね?殺してやるっ!て言ってたらしい。
実際何も関わってないのにね。

ここでマルキナの話。
ライナーはミステリアスな彼女にべた惚れ。
マルキナは2匹のチーターを飼っており、荒野に放ち、野うさぎの狩りをするのを見て楽しむ。
映画のラストに、彼女がチーターへの愛を語る部分がある。
獲物を殺す姿が美しいと。
彼女は3歳の時に両親をヘリコプターから落とされて亡くしたと言っている。
その後踊り子などをして強かに生きてきたのだろう、想像するに彼女の人生は壮絶だ。
株もわかるし宝石の知識もある。ビジネス界でも上流社会でも渡り合える能力を持ってるのだろう。
かなり頭はいい。しかし人間として一番大事なものは欠落している。
彼女にとっては、敬虔深くけがれのない(まあ普通の人)ローラは別世界の人に見えるようだ。

ライナーが弁護士に語る、マルキナの“フェラーリ・セックス”の話はまたひとつの見せ場。
はい、エンタメでございます。
ゴルフ場に車を停め、下着を脱ぎ、新車のフロントガラスの上へ。
体操選手か?っていうぐらいの大開脚。やがて彼女はフロントガラスの上で体を動かす・・・。
それを下から眺めてお口あんぐりのライナー。その部分は「まるでナマズだ。」と。
ド変態だったら大喜びしたかもしれませんね。でもライナーは困惑の方が大きかったみたいですね。
話を聞いた弁護士も、「そんなこと、オレに話していいの?」って驚いていたし。
でも誰かに聞いてもらいたかったって感じかな?
マルキナの異常性を表したエピソード。本能のまま行動する、マルキナそのものがチーターだ。
とても手におえる女じゃない・・・と男たちは認識する。
しかし恐ろしさを感じながらも、ライナーは彼女の愛してやまない“甘美なる死”の虜になってしまう。

そんなマルキナは、ぼーっとした男たちを尻目に、二人の会話を盗聴をして別のことを企んでいた。
麻薬カルテルから、輸送中の麻薬を奪う計画。
それがバイカー襲撃事件だったのだが、カルテルから奪い、ブツを輸送中だったトラックを
今度は警察に扮したカルテル一味に再び取り返される。
そこでの銃撃戦もエンタメですかね。銃の音が怖いですね。目撃者も容赦ないです。
自分も怪我したのに、メキシコのどこぞの整備工場に立ち寄って、車を修理し、怪我の治療をする。
女性が何の疑問も持たない様子で、座席の血を洗い流す。
この日常的っぽい風景が、何千人も薬がらみで死んでいるというメキシコの異常性を表していて
なんとも恐怖を感じる。
汚水の中のドラム缶に入ったブツは無事に?シカゴに着き、売人が買っていく。
4つ目のドラム缶にはコロンビアからの移民の死体が入っている。
しかしそれをどうするというわけではない。ただ、トラックに揺られて旅するだけ。
彼らにとっては、人間の命なんてどうでもいい・・・特に死んだら・・・という考えがわかる描写だ。

ブラッド・ピットも出ています!
ジョニー・デップと同じく、イケメンって言われる人は一癖ある役に挑戦したいんですかね。
ウェストリーはヤクの仲買人で、自称女好き、「この世界を甘く見るな、覚悟しろよ。」などと
なんやかんや弁護士に忠告するが・・・結局は一番悲惨な死に方・・・公開処刑をくらう。

弁護士の立場が危うくなり、すぐにウェストリーはイギリスへ高飛び。
観客は、彼が殺されることはわかっているので、もうどの場面見ても恐ろしい。
女好きな彼は、高級ホテルのフロントでゴージャスなブロンド美人に声をかける。
この女は、マルキナが仕掛けたトラップだったというのだが・・・
任務を遂行した後、彼女は彼が殺されると知り報酬を拒否。
マルキナは、「関わったのだからもう遅い。」というのだが・・・それにしても何の情報を得たのか?
口座の暗証番号という記述も見たが、そんなのを教えたとしたらアホすぎない?
殺人は、女じゃなくてジョギングしているランナーがやった。
例の、ライナーが言っていた、首に巻き付けたら最後、どうやってもワイヤーは切れず、
どんどん巻き取られていって、頸動脈をぶった切り、死に至らしめ、最後は完全に首を切断して終わり。
という、恐ろしい「ボラート」という機械を取り付けられたのだ。街中で。
手に持っていたアタッシュケースは回収して車で待機していたマルキナへ。
すぐにパソコンを開いて、彼の投資先?か何かを確認していた。ああ、おそろしや。
ブラピは「ふぁっきゅー!」と言って薄ら笑いながら死んでいきます・・・。なんてこった・・・。

ライナーも、どちらかというと情けない役で、チーターを車に乗せてお出かけ中、
2台の車に追いかけられて、カルテルの手下にうっかり背後から後頭部を撃たれて殺されます。
本当は生け捕りされる予定だったんでしょ。まあ、拷問されるより一瞬で殺されたほうが幸せだったか。
チーターは車から出てきて、死体に・・・・すり寄るかと思えばかわいがってた犬じゃなし、それもせず、
獰猛な肉食獣のように、死肉を食らいもせず・・・どこかへ行ってしまいます。
(1匹は荒野で死に、1匹は生きていたとのこと。)
マルキナはライナーに、「最期の時は私はいない。」と宣言していたけどその通りに。

さて、肝心の弁護士ですが・・・。

軽い気持ちで悪の世界に首を突っ込み、覚悟も何もしていない弁護士はローラと連絡を取ります。
ローラもなにかヤバイことになった恋人をひたすら心配し、自ら会いたいと計画を立てます。
場所はアイダホのボイジー。
暢気(のように見える)に旅支度をする弁護士。
しかしローラは、空港の駐車場でカルテル一味にに拉致されてしまった。
この時、ローラは印象的な赤いドレスを着ています。あとでわかりやすい目印になります・・・。
ここでのペネロペの歩き方があまりにもおばさんっぽくてがっかりした。歳は隠せないね。

弁護士はホテルで待てど暮らせどローラは現れない。
彼には何かが起きたことはわかっていた。
ここから、彼のただただ苦しいあがきが始まる。自分ができることすべてはやった。
メキシコの有力者エルナンデス弁護士を訪ねるが、彼女が助かる見込みはないと言われる。
麻薬カルテルのトップ?に電話で交渉し、「助けてください」と懇願するが、
「選択はない。受け入れるしかない。岐路はずっと前にあった。悲しみに価値はない。
従って交換もできない。人生を取り戻すことはできない・・・。」
と、どの立場の人間がそんなことを言う?とツッコミたくなるが、えらそうに弁護士を諭す。
弁護士は焦燥しきってうなだれるばかり。

メキシコのうらびれた町に潜む弁護士は、男の子からある荷物を受け取る。
「HOLA!(やあ!)」と書かれたDVDが入っていた。
それを目にした途端、何もかも理解した弁護士は泣き崩れる。
かつての自信にあふれた色男の姿はもうどこにもない・・・・・。

ローラは無惨な姿で、他のごみと同様に処理場に捨てられていた。
DVDには、かつてウェストリーが話していた、「スナッフ・フィルム」のようなものが映っていたのか。
決して映像はないけれど、そこは観客に想像させるところが却って恐ろしい。

マルキナは最後にマイケル(ERのコバッチュ!)という男に会う。
香港へ逃げて、金をダイヤにする・・・という話をしている。
突然出てきたこの男はナニものなのか?
電話で話していた黒幕なのか?
「手を引いて」と言ってたから、ただの投資家とかではないよね。
凄惨な殺し合いになるとも。誰と誰の殺し合いなのか。カルテル同士?マルキナのいる組織と?
さっぱりわからん。
そこはわからなくていい映画なのだろう。

勧善懲悪でもないし、因果応報でもない。良い者(特にいないが)も救われないし
悪者も懲らしめられない。
カタルシスは当然得られない。
アカデミー賞関係の作品は、やはり大勢の人に納得がいく、カタルシスがある。この作品は疑問だらけ。
観客に投げかけっぱなし。これは無責任だと思う。
麻薬を扱ったものでも、「トラフィック」とは全然違うしねえ。

ただ、最初に書いたように、何か心に残るインパクトはある。

マルキナのセリフを考えてた。
「心の弱さが破滅を呼ぶ。」ってセリフ。

思い浮かんだのが、武装するという考え。銃社会もしかり。
やられるかも・・・という考えが、自分の身を守るつもりの武器所持につながる。
しかしそれが、本当に身を守っているか?別の悲劇を生んでないか?
チーターの殺しは、生きるために必要な殺し。
人間が人間を殺すこととは全然違う。

他にも、薬に頼ったり、酒に頼ったり、決していい結果にならないことも人間はやってしまう。
心が弱いということか・・・。
人間は心が弱い生き物なんだな。
まあ、マルキナみたいな人間に言われたくないけど、できれば真っ当に生きたいと思います。


関連記事

にしこり、いえい!

やった~~~!勝った~~~! (*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)

昨晩はGAORAでガッツリ最後まで見届けましたよ!カメラに「いえい」ってサインしてましたね。
棄権したラオニッチの代替で登場したのが、ダビド・フェレール(32=スペイン)。
勝率は錦織くんが上だけど、この大会も常連だし、実績もある手強いトッププレイヤーのひとり。

テニスにわかで、映画好きの私には、ジェイク・ギレンホールと・・・

ジェイク 錦織似
(ジェイク大好きだけど、32歳の今は激ヤセしてすっかり容貌が変わってた!!)

アンディ・ガルシアの闘いにも見えますわ!

アンディ/ガルシア


えっと・・・・・

フェレール選手の外見・・・。175センチで錦織選手と同じぐらいらしい。ほっ、親近感。
でかい選手が多いので、それだけでちょっと不利って思ってしまうもん。(私が)
エラが・・・すごいですね。スタミナありそう。(笑)
現にそういうプレースタイルらしいですね。
長く打ち合うと調子に乗せてしまうので、サーブで勝負を決めるように心がけてたとのこと。

第一セットはほぼ互角な感じだったけど、も~うフェレールは右に左に大忙しって感じで
明らかに錦織選手より動き回っていた・・・。
錦織選手は省エネっていうか、要所要所でスーパーショットがあるけど冷静に打ち返してて・・・
ただ、ファーストサーブが入らなかったのと、肝心なところのミスが響いて落としてしまう。
落としたゲームで、チャレンジしてれば入っていたのに!・・・というのがあって、不運でした。
錦織選手が主導権を握ってる感じだったので負けたのが意外な感じだった。

でもやっぱり流れは錦織選手に。
2セット目はサーブも入ってきて最初にブレイクもできて危なげなし。
あれだけ走り回ってたフェレール、ナイスファイトとは言えやっぱり疲れてくるのか
ボールに追いつけないことも。

3セット目は錦織選手も言ってたようにパーフェクト。
強い!!上手い!!と思わせるプレーの連続でした。

フェレールさん、最初に実況の人たちに、「白いソックスも新鮮ですね。」なんて笑われてた。
バカにしてるわけじゃないだろうけど、流行ってあるのかな?
トップスを前後ろに着てた時もあったみたいで、どちらかというとダサい・・・タイプ?(すみません)
テニスプレイヤーってボンボンで、洗練されたイメージを勝手に持ってるからなあ~。

でも今まで観た中で一番おもしろい試合でした。

フェレールさんにしたら、錦織にスイッチが入ってどうしようも行かなくなった時
ラケットに当たって折っちゃったのはいただけなかった!
ボールガール?の女の子、横にいてびっくりしてたよ!

・・・そういえば、日本人でひとり選ばれてた女の子、もう仕事したのかな?
錦織選手と話したいって言ってましたよね。

さて、フェデラーが負けたら錦織の準決勝はなくなる・・・って危惧してたけど
マリー戦、終わってみたら、やはりフェデラーはべらぼうの強さでした。
地元ファンはがっかりでしたでしょうけどね。

さあ!次はジョコビッチと準決勝?
勝って欲しいなあ~。
試合、楽しみすぎるなあ~。
関連記事

「ビッグ・リボウスキ」 (1998・米)

ビッグ・リボウスキ [Blu-ray]ビッグ・リボウスキ [Blu-ray]
(2012/05/09)
ジェフ・ブリッジス、ジョン・グッドマン 他

商品詳細を見る


め・・・・・っちゃめちゃ面白かった!!!

2月に亡くなった“フィリップ・シーモア・ホフマン”の追悼特集ということでスターチャンネルで録画していたもの。

こんなに古い映画だとは思わなかった。16年前だよ?そりゃみんな多少は若いけどさ。
古さは感じさせないですね。
で、きっと社会派か、暗い映画なんだろうって、思い込んでいて観始めた。(いつものように予備知識なし)
ところがところが、なんだ?この爆笑の嵐。
ジェフ・ブリッジスは最近私が観た映画の通り、だらしがな~いような自由人だったけど
それと違うのは、登場人物の中では“彼が一番まとも”ということ!!(笑)
「おい、ちょっと、待てよ~~~~!」
って、ひどいことになるのがわかってるのに阻止できない。テンポがゆるい。
コカインにカクテルを常にやってるから、仕方ないといえば仕方ない。

とにかく、スティーブ・ブシェミは間の抜けたとってもかわいい役だし、
ジョン・グッドマンは相変わらずのド迫力ではちゃめちゃやって大活躍だし、
この頃のジュリアン・ムーアは相変わらず脱ぎまくってるし、
そして何より、フィリップ・シーモア・ホフマンが超かわいい!

今まで鼻につくような役が多かった気がするけど、この役の彼はなんて感じがよい。
この役が一番好きですよ。
しかしね、追悼というのに、吹き替えなんですよね・・・。そこがなんとも残念。
本人の声で聞きたかったのはあるけど、宮本 充さんの声はたぶん好感度アップしてると思う。

観てない人は観るべき!楽しみたい人はね!以下ネタバレです。

観終わって、これはもしや…と思ったら、やっぱりコーエン兄弟の作品だった。

でもね、私は彼らの作品の中で一番好きでした。
えげつないところもあるんだけど、まだ、笑える。

ジェフ・リボウスキ(デュード)が同姓同名の大金持ちと間違えられ、さんざんな目に遭う・・・という話。

本当は、金持ちのリボウスキは見かけだけで、財団には金はあるが、彼が自由にできるお金はない
という情けない状態だったのだけど、女の趣味は最悪で、再婚した相手はポルノ女優の超年下女。
そのバニーが諸悪の根源。
金目当てで結婚したのに夫は金をくれない。
派手な生活をするために借金しまくる。(デュードに対しても1000ドルでしゃぶるなんて言う女)
昔世話になった、ポルノ界の大物にも借金をし、手下に追われる。

最初は人間違いで襲われたデュードだったが、バビーが何者かに誘拐されたことから
本物のリボウスキに身代金の受け渡し役を頼まれる。これが運の尽き。
悪友のウォルター(ジョン・グッドマン)に邪魔され、ブリーフケースを渡せず命を狙われることに。
すると今度は車がブリーフケースごと盗まれたり、ウォルターの勘違いからガラスを割られたり
最終的には愛車は火の車に。
でもデュードはいい人間で流れに任せるだけ。
悪党が簡単に家に入ってきて家の絨毯にオシッコしていくところ・・・
『いい具合に部屋の統一感をもたらしていた敷物』
と言ってこだわっていたのがおもしろかった。
ま~、それを弁償してもらうために本物のリボウスキに会いに行ったのがまずかったんですけどね。

フィリップはブラントという、リボウスキの従順な秘書。
あの、や~らしい卑屈な感じは微塵もなく、かわいらしいです。(何度も言いますが)

デュードの遊び仲間、ウォルターとドニー(スティーブ・ブシェミ)
3人がはまっているのがボウリング。
何がなんでもボウリング。何かあってもボウリング。
大会の準決勝に出場する予定で、みんなマイボールを持ちその情熱は計り知れない。

ウォルターはベトナム帰還兵で、事あるごとにその体験が口をついて出る。
ボウリング場で足がラインを越えただけで、「ルールを守れないのか?」と銃を構える。
ドニーが話の途中で屈託なく「何の話?」と口をはさむと、必ず「黙ってろ!」と一蹴するのが常。
離婚した妻にまだ未練があるのか、時々元妻のポメラニアンを預かったり、
結婚して改宗したユダヤ教に今でもこだわって試合日を変えさせたり・・・
すぐかっかして怒鳴ってるので見ていていらいらするが、友だち思いのところもあるようで。

ジュリアン・ムーアはリボウスキの娘モード。前衛画家でフェミニスト。
子どもだけ欲しいからってデュードと寝るんだけど、(ちゃんと医者に病気がないか調べさせた)
体操が効いたのか、無事、ご懐妊したようですね。

その他にも変態チックな人は多数。
ニヒリスト3人組や、ボウリングのライバル、ジーザス(ジョン・タートゥーロ)もおかしかった。
セリフがおもしろい。

あ、鉄の肺に入った人が出てきた。車泥棒の15歳の少年のお父さん。
先日の映画を観たばかりなので、取り上げ方にちょっともにょる。

とにかくばかばかしいし、不謹慎。
よくよく考えたら、どうでもいい登場人物がいたり、ストーリーもいい加減。
でもそんな散漫なところが彼らのスタイルなんでしょうねえ~。
デュードがいっちゃってる時に変な夢を見て映像化してるんだけど、それもあほらしくておもしろい。

楽しまなきゃ損でしょ。

デュードがジャッキー・トリホーンの豪邸に呼ばれた時、電話がかかってきてジャッキーがメモをする。
「場所は?」何て言ってるから、場所が書いてあると思って
デュードは彼が席を立った時にメモに駆け寄る。
メモの筆圧が次の紙に残っていて、えんぴつで黒く塗ると文字が浮かび上がってくる・・・
「あれ?」 
なんだ、この卑猥な絵は?
もう、しょーーーーーもなっ! 何がしたかった?デュードが探ってるのを知っていて?
 そのメモを後で警察に見られる時も笑った~。

ブシェミはひょんなことで死んじゃうんだけど、二人は180ドルの骨壺を渋って
コンビニで何かの缶で代用。
崖の上から散骨するんだけど、お決まりのように遺灰は後ろにいたデュードにまるかぶり。

デュードは当然怒る。ウォルターも平謝り。
しかし・・・デュードが怒っていたのは、ウォルターの散骨前の弔辞について。
全然関係ない、ベトナム兵の殉職の話をしていたから・・・。
そんなとこもちょっとあったかいですね。

好き嫌いはあるかもしれませんが、私はまた笑いたくなったら観ようと思います♪




関連記事

あの日は遠くに・・・

今日は劇団四季の「アイーダ」CDを流しています♪



1ヶ月のお休み、すでに曜日の感覚がなくなっています。(笑)

いろいろ片づけなくちゃいけなくて、BGMに・・・と何年も聴いてないCDを出してきたのですが

BGMのつもりがつい真剣に聴いてしまい、PCで他の動画探したり、そっちを聴いたり忙しく

なんにもはかどりません(苦笑)

いやぁ~・・・濱田めぐみさんのアイーダは、やはりはまだ役・・・いや、はまり役ですね!

舞台を観た感動がよみがえってきます。

そして阿久津ラダメスも・・・ラダメスはめっちゃかっこよかったですもんね。

私は福井さんも色気とやさしさがあって好きでしたが。歌はもちろん最高♪

CD聴きながら何にはっとしたかって、メレブ!!

最初、誰だ~?・・・と思ったんです。聴きなれない感じがして。

ああ、そうだった、オリジナルキャスト、山添 功さんだった!

福岡ではすでに退団されたんでしたっけ?観れませんでした・・・。

他の作品では拝見したことありましたが、メレブはすごく評判良かったですよね~。

声を聴いてもとっても魅力的です。まさに音源に残るにふさわしい。

メレブって歌もなかなか微妙で、キャラクター的にも若さとピュアさが必要で難しい・・・。

山添さんはルックスもかっこよかったからですね。

『いつかはきっと 自由になる』 ・・・と自由になっちゃった? もう退団は10年前ぐらいですかね?

今どうしていらっしゃるのかなあ?

しかし、CDに残るって・・・重要ですね。

これは、俳優にとっても、自分の足跡として残るのでラッキーなことではないでしょうか?

特に劇団四季のCDだとかなりの人が持っていて聴くでしょうからね。

「アイーダ」はスタイリッシュで、大人な恋愛としても最初から最後まですてきなストーリーで

主役は圧倒的に魅力的で、兵士や民衆、召使いたちのダンスもかっこいい・・・


やっぱり「劇団四季」にしかできないだろうな~って作品の一つだと思います。

アンサンブルはこのレベルには持っていけないと思う。

逆に主役は・・・誰でもいいってわけにはいかないでしょうか。

やはり、観たいかどうかは、アイーダの役者にかかってる気はします。

濱田さんのアイーダで、魂のこもったすてきな舞台を観れたこと、記憶にしか残ってないけど

まさにその出会いは「儚いもの」として、心にある宝物です。






関連記事

クリスマスソングかあ~!!

いろいろ考えてたら、まず、思い浮かんだのが、「ダイハード」の最後に流れる曲!!

あれ、いい映画を観た満足感と安堵感で聴いて、ものすごい幸せ感を味わえるんですよ。

私はてっきりフランク・シナトラだと思ってたんですよねえ~。

やっぱりいくら黒い噂があれど、フランク・シナトラの歌は最高~!って思ってましたから。

ところが、ダイハードのエンディングで流れるのは、ヴォーン・モンロー

Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow! ですって。

おおっ、確かにあけっぴろげなフランク・シナトラと違って、もっと渋い包容力のある声だ。

いいわあ~。



しかしこれを藤岡さんに歌ってもらうわけにはいくまい(笑)

と、いろいろ探していたら、だ~い好きなハリー・コニック・JRにたどり着きました。

フランク・シナトラとの共通点もありますね。

いや~、もう、男前すぎるでしょう。

しかもピアノ弾けて、映画にも出てて、舞台にも立ってて・・・今はアメリカン・アイドルの審査員?

センス抜群なんですよね。 声もすばらしいし。

これは、もう、た~っぷりと聴かせてくれるクリスマスソング。

そして大好きな懐かしいこの2曲!

映画「恋人たちの予感」も傑作です。

恋人たちの予感 [Blu-ray]恋人たちの予感 [Blu-ray]
(2011/05/27)
ビリー・クリスタル、メグ・ライアン 他

商品詳細を見る


いまぐらいの季節に観たいところですね♪








関連記事

うんめぇ、と言う赤ちゃん♪

今日はロボが休みだったので、お気に入りのいつもの店でランチしました♪

P1020785 50% ウェルカム~…ってな感じですかね

いつもながら美味しかったです。
前菜、スープ、パスタ、魚料理、肉料理、パン、デザート、コーヒー・・・・・
3,500円のコースでしたが、どれもプロのシェフの腕を感じられるものでした。

味付けももちろん美味しいのですが、食材の火の通り方や固さ、風味などがカンペキなのです。
たとえば前菜4種のひとつエスカベージュは、冷たいマリネに揚げたての魚が乗せてあったり
パスタは当然のごとくカンペキなアルデンテ。
里芋など根菜とベーコンのスープは野菜の歯ごたえが残っていて却って美味しいし、
いとよりのフリットと季節のグリル野菜は、ベビーコーン、ズッキーニなど自然の味を堪能でき、
豚ロースのソテーは、回りは香ばしく焼けてるけど中はピンク色で柔らかい。プロの技。
あの細やかさは、主婦には出せないのです。(まあ、出さない・・・のかな?気持ち的にも)
ソースもパンをつけて綺麗に食し、すべて洗ったような状態の皿を返却する私たちを
満足してないとは誰も思わないでしょうね。

これが税込だからまた良心的。
パスタコースだと1,200円からあり、ちゃんとサラダ、デザート、コーヒーもついてる。
リッチな空間でゆっくり話せるし、本当にお得だと思う!結婚式できるぐらいですからね。
また活用したいと思います~。
ロボと、次はルミの合格祝いだ~・・・と話しとります~。そうなればいいね。

帰ってきてタンスなどの洋服の整理をしました。
まだ捨てるのは袋一つぐらいしか出なかった。
驚いたことに、針金ハンガーがやたらあって、200本ぐらい・・・?
もちろんそんな使ってません。クリーニングでもらったまんまなんですね。処分です。

服はまだまだまだまだあります。
片づけのスペシャリストが言ってた、「ときめくかどうか」を実践中。
まあ、実際は、まだ脳内で別のことで判断してるもよう。「まだ着れるかも~?」って。
次の仕分けにはそれもなくなるかもしれませんね。

とにかく、どこに何がある、ってしっかり把握したいです。
片付くような収納を目指します!

タイトルは本文と関係ありません。
朝のテレビで、どこかの赤ちゃんが何かを食べて、「うんめ!!」と言うVTRが面白かったから!
関連記事

「ドリームハウス」 (2011・米)

ドリームハウス スペシャル・プライス [Blu-ray]ドリームハウス スペシャル・プライス [Blu-ray]
(2014/10/02)
ダニエル・クレイグ、ナオミ・ワッツ 他

商品詳細を見る


スターチャンネルでずっと前に録画していたやつ~。

ダニエル・クレイグが前髪垂らして、普通の良き夫&父でのスタートだったのでびっくりした。

343472_01_04_02.jpg

しかもかっこいいんだもんね。

ただ・・・・会社を辞めて郊外に越してきたシーンから・・・ある種の違和感はずっとあった。

343472_01_06_02.jpg

家の周りで不審な人影はあるし、家の中には前の住民の存在感があちこちにあるし、
隣りの住人の様子も変だし・・・ 
夜中に声がすると思ったら地下室に若者たちが集まってる。
住んでるのに、地下室の存在を知らなかった?
侵入者がいて警察を呼べども追いかけもしないし、なんにも解決しない。

真ん中ぐらいまで観て、「なんじゃこりゃ、しょうもない映画・・・。」

と呆れましたよ。
キャストはレイチェル・ワイズナオミ・ワッツと豪華なんです。
だから、「これで終わるはずがない!」と信じてはいました・・・。

ネタバレ注意です。

結局、「シックスセンス」にも似たドンデン返しだったように思います。
アン・ハサウェイの「パッセンジャーズ」も・・・現実が見えないところは似てるかな。
ウィル(ダニエル・クレイグ)が希望の家で体験していたことは、彼の妄想・・・幻覚だった。
実際は・・・愛する妻もかわいい娘たちも、殺し屋の手違いによって殺されていたのだった。
一人生き残った一家の父親ピーター(これもダニエル・クレイグ)は後頭部を撃たれたせいで
記憶も不完全で、自分が殺したのかどうかも定かではなかった。
ただ、家族が亡くなったことを受け入れられず、ウィルという別の人物を作り出していた。

精神病院でピーターの顔をウィル自身が確認するシーンは山場でしたね。

そうそう、そこまでもなかなかたどり着かないから、もどかしかったわけですよ。
最初からもしや~?という思いはありましたが。
精神病院を出て、厚生施設に入ったピーターの部屋に家族の写真があったのは納得ですね。
ウィルは、「家に侵入して盗んだな!」・・・と興奮していたけど、
実際は自分自身が家族を思って持ち出してたわけだし
娘たちが前の住人(自分たちだけど)のおもちゃで遊びながら、
「彼女たちは幸せだったのよ!」
と何気なく言うところ、ウィルは、「なんでわかる?」なんて聞いてたけど
真相がわかるととっても切ないですよね。

343472_01_02_02.jpg


家族の誰かが憎みあってたわけでなく、本当に予期せぬことに巻き込まれての悲劇
だったことに、悲しい思いとともにホッともしました。

ただ、ちょっと不透明だったのはナオミ・ワッツ扮するアンの存在。

最初からアンとウィルは、顔を合わせて話す時もビンビン何かを感じあってる様子で。
明らかにウィルはアンと会って浮ついてるし、妻の前でもそれは変わらず。
亡霊であるリビーはそれを見て顔を曇らせてる。
アンは意味ありげに、「私を覚えてない?」とウィルに聞く。
「トータル・リコール」を思い出したのは、私だけでしょう。(笑)

真犯人であるアンの夫ジャック(マートン・ソーカス)は、妻に人生をめちゃくちゃにされた・・・と逆恨みしており
実行犯との会話で、妻の浮気相手の存在をにおわすような発言があったので
それはウィルとのことかな~・・・と思ったんだけど・・・
殺そうとしたのは、単純に親権と保険金と家を手に入れるためだったのかな。
ジャックは最低な人間だったが、ウィル(ピーター)と顔を合わせても、
「間違ってお前の妻子を殺してすまん。」なんて微塵も思ってなかったですよね。
ただただ、再び現れたことが迷惑そうだった。
妻とついでに殺そうとして、自分が死んじゃいましたけどね。実行犯とともに。

火事からアンを助け出すところだけ、007っぽかったです。(笑)
あ、無駄に?入浴シーンと腹毛のサービスショットがあるか・・・

ウィルは街に戻り、執筆活動を続け、「ドリームハウス」という本のベストセラー作家になった。

めでたしめでたし・・・?

続きを読む

関連記事

そりゃ、泣けるよね~



「2014 54th ACC CM FESTIVAL 」でシルバー賞を受賞したらしいです。

初めて観た時から、面白いと思ってたんだ~!

監督はアカデミー賞(日本のですよね?)も獲ったかたらしいから、納得かな。

本田さんも運転手さんもいい味出してます。


ヒノノニトン・・・はなかったけど、リリーさん出演の「大和ハウス」がゴールドだ!

ロト7やリクルートポイント、BOSSなど、話題性あってやはりってのもありますね。



ちなみにグランプリは、小栗旬のペプシNEX ZERO。 
凝ってますよね。映画みたい・・・

http://www.acc-cm.or.jp/festival/14fes_result/tv.html

関連記事

この木なんの木?

昨日は実家に行って、ちょっとだけ親孝行してきました。

5月に父が亡くなり、一人暮らしをしている母。
ふたつ隣の市ではあるけど、はっきり言って田舎度は×2倍って感じ。(苦笑)
母はひとり暮らしは不安で、子どもと暮らしたい・・・という願望はあるようなのだが
はっきり口に出したことはないし、私が話をもちかけてもはぐらかすような感じで話はちっとも進まない。
田舎なので家の敷地は無駄に広い。
軽くあと1軒は立ちそうな広さ。いや、ウチの近くの狭小住宅を見ると3軒はいけるかも(笑)
でもね、オットが言うには近くに送電線が通ってるし、ここに比べたら不便さは否めない。
そんなこんなで同居の話はなんとなくうやむやのまま・・・

とりあえず今は、こまめに連絡とって、ちょくちょく会いに行くっていう体制をとっています。

で、昨日はまず、喪中ハガキの宛名書き。
父の関係から、親戚まで。
まるでお仕事のように、母が生協を取りに行ってる間に書いちゃいましたよ。

次に庭の柿狩り。

母は柿が大好き。
ぐちょ~っとなった熟れ熟れのやつが特に好みらしい。
私はそこそこ・・・。時々すごく食べたくなるし、美味しいと思う時もある。

手前の柿は普通に食べられる柿で、母はたまにもいで食べてたらしいですが
あんまり甘くなかったとのこと。
カラスをたまに見かけるんだけど、カラスって食べ時になったらすかさず食べにくるらしいですね。
カラスが先か、自分が先か。
真剣勝負ですね(笑)

近所の親戚の家には、かつて柿の木がたくさんあって、秋は毎年大豊作。
先割れした長い物干し竿のような棒で、おばあちゃんが巧みな技で収穫していたっけ。
琵琶の木もあった。琵琶大好きだった。
もうひとつのおじいちゃんの家にはイチジクの木があった。
大きな実がたくさんなって・・・美味しかった。

スーパーで売ってるのを見ると、「お金で買うのか~」と複雑な気持ち。
買って食べてもそれほどおいしくない。

そんな家々が、みんな庭をすっきりさせるために木を伐採したせいで、今じゃ収穫できる木はなくなっちゃった。
代わりに、なぜかウチの庭に、いろんな実がなるようになっていた。

まず、梅ね。
今年も大きな実が大豊作でした。
ただ残念なことに、収穫時が父が亡くなった直後で夏は雨ばかりだったせいで
梅干しカビがはえて全滅したらしい・・・・。オーマイガッ

それから柿。

渋柿

高いところに大きめの渋柿がたっぷりなってる。
母と根元の草を刈りながら木のところまでたどり着き、手が届く範囲で熟れた柿をもぐ。
25個ぐらいとったかな。

すると、あまり付き合いのないお隣のご夫婦が声をかけてきた。
お隣と言っても間に畑があるから会話するには結構でかい声で叫ばないといけない。

「柿、いっぱいなっとうね~。取りきらんとね?」

「ちょっと上の方は、はしご使わないと無理そうだから・・・出直してきます。」

「はっはっはっ・・・」

オジサン、頼まれれば取りに来てくれそうな感じだった。

もうひとつは、母が言うところのカボス。

すだち

こっちも重みで地面につくぐらい枝が垂れ下がっており大豊作。
しかし・・・まてよ? これはどうみても大分産が有名のカボスじゃない!
黄色いし、小粒だし。 スダチじゃないかな?
家に帰って調べると、大きさはゴルフボールぐらいというからまさにスダチサイズ!
でも徳島県が90%以上栽培してるって・・・。
母に聞いても「なんか苗を買ってきた」としか言わないしはっきりしない。なんでウチに?
色が黄色いのは、もう熟れて終わりだかららしい。
一般は、8~10月の緑色のころに収穫して市場に出回ってるそうですね。
母は、「なるべく赤みがあるのを獲りなさい。」って言ってたけど・・・酸味もなくなってるんじゃないかな?
何百個となってる自称スダチ(笑)お隣のおばさんにおすそ分け。

家に入って、スダチを絞ってハチミツと水を混ぜて飲んでみる。
うむ…確かに酸味は果てしなくとんでいる感じ。
直に飲むとそりゃすっぱいですけどね。
母が、 「これは美味しい!! これは誰にもやれんばい!!」と言ったので、
「あんなになってるのに、なんてがめつい!!」
と真剣に戒めたら・・・
「そういうことをわざと言うったい!」って・・・。冗談のつもりだったらしい。
認知もそうだけど、母のおかしな言動に注意を払ってる私はジョークも受け止められなくなっているようです。

次に渋柿をむいて干し柿つくりの準備。

「あれ???これどうやってつるすんだっけ?」

私はあまり時間がなかったのもあって、何も考えず赤いのだけを選んで収穫していた。

「そうか~、吊るすための枝は残しておかんといかんかったったいね!!」

「あら、そうよ~。まあああ~、本当におじょうさまやから何もしらんねえ~。」

って。お母さんも一緒にいたんだから、そこのアドバイスしてくれよ~。

そんな枝なしの柿の対処法もあるらしく、楊枝を挿してそれに紐を括り付けるとかするみたい。
私が皮をむいて、母は立ったままでさっさと紐で柿をつなげていく。

「お隣さんはこれを見たら気に食わんやろうねえ~。間隔がバラバラやから。(笑)」

手早いけれど、確かに仕上がりの美しさは気にかけていない。
まあ~、できればいんでしょう!

「あと1~2か月もすれば食べられるよ~。」
と母はうれしそう。うまいこと乾燥できればいいんですけどね。

私は渋柿にそんなに愛はないので・・・楽しみではないけど、美味しくできることを祈ります!



関連記事

「セッションズ」 (2012・米)

WOWOWのW座からの招待状を受けて観た作品♪

セッションズ [Blu-ray]セッションズ [Blu-ray]
(2014/11/12)
ジョン・ホークス、ヘレン・ハント 他

商品詳細を見る


良かった。

ヘレン・ハントの体当たりの演技に脱帽。

6回のセッションを4回で切り上げた彼女の本心は・・・?

私の仕事は売春じゃない。あっけらかんと最初に言ったけど・・・

詩人であるマークの言葉はユーモアにあふれ、まっすぐに胸に突き刺さる。

彼をとりまく人たちの温かさ。

酒もタバコもやる良き相談相手のブレンダン神父。

ウィリアム・H・メイシーがまたすばらしい。楽しくもあり、あったかくもあり。

自分の人生のコップにはどこまで水が入っているんだろう?

もうここまで・・・なのか、まだこんなにある・・・なのか?

悔いのないように生きないといけませんね。








関連記事

何を信じたらいいのかな?

今朝はルミの受験の願書を郵便局に出しに行って、買い物して帰ってきました。
自転車ではなく歩きで~す。
運動不足になっちゃうから少しでも歩かないと・・・。

郵便局では去年の年賀はがきを切手に交換してもらいました。
明らかに書き損じもあって、なんだかちょっと気が引ける部分もあるんだけど
そういうシステムがあるんだから利用させてもらわないとね。
何枚あったのか数えてなかったんだけど(そこ大事!)手数料などを現金で払って
82円切手10枚と交換できました♪
そこでまた聞いちゃったんですよ。
「また・・・値上がりするんですかね?」   と。
消費税アップで、まためんどくさい金額になってるじゃないですか。
もし10%になると・・・82円や52円はいくらになる?コロコロ変わって、仕事で使う場合は迷惑な話ですよ・・・

てくてくてくてく・・・

午前中のスーパーは久しぶり。
当然、客層違いますね。お年寄り多い。野菜なんか今は入ったばっかりなのか豊富。
献立を考えながら、あれもこれもと買い込んでいく。
材料さえあれば、なんだって作れますからね!今は時間もあるし。
夕方早めの時間から作り始めて、17時過ぎにはひとりで食べちゃいます。

これがね~、先日テレビでダイエットのひとつとして、一日8時間以内に食事をとる。
というのを紹介してたんですよね。
たとえば朝7時に食べたら、午後3時でその日の食事は終わり~。
・・・それは無理があるから、朝は食べずに(飲み物くらい)昼食べて、夜は18~19時までに食べる。
これだとそんなに無理はない。

食事の回数には諸説あって、たとえばお相撲さんのように一日2回にすれば吸収しやすくなり
太るというのもありますね。
空腹時から食事するとどかっと吸収してしまうというのだが。
少量をちょこちょことるほうがいいというのもある。

若返りで有名になった南雲先生の話では、食事は夜だけ。夜も少量だがバランスよく。
なんでもぐ~っという空腹時に若返りホルモンがたくさん出るとのこと。
・・・ちょっとそこに惹かれたんですよね~。
だって今までの私の食事は、時間になったから食べるって感じで、おなかすいた状態にまでなってない。
これはもったいないな、と。
でも夜だけだとあまりにきついので、昼と、夜と。それも夜は早めに食べ終わっちゃう。

1食だとドカ食いになって・・・と言ってるけど、それは食べすぎを限定してませんか?
2000キロカロリーを2食で食べるのではなく、2食で1300キロカロリーぐらいをとる・・・
ってそんな感じ。いくら好きなものを好きなだけと言っても、食べられる量はたかがしれてるし
一旦量を減らすと、そこまで入らなくなってくる気がする。
脳を満足させるには、好きなものを食べてストレスをためないことが大事だし♪

以上のことをミックスして私が考えたのは、
朝食は飲み物だけ。
昼は普通に食べる。
夜は早い時間に好きなものを食べる。

すごくゆるい・・・・(笑)
でもこれで夜から午前中まで食べない時間は16~7時間はあり。
若返りホルモン出ろ~~~!
関連記事

「ゼロ・グラビティ」 (2013・米)

ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]
(2014/04/23)
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー 他

商品詳細を見る


映画館で観たかったやつ、スターチャンネルにてついに観たー!

すっごい映画だった。心臓バクバク、恐ろしかった。

サンドラ・ブロック、ぶらぼ~!

そしてジョージ・クルーニーもあなたの仕事を立派にこなした~!

マットの存在は大きかった!


長々書いていた感想が、アップされず消えたので、とりあえず今回はこれだけ。

くっそぉおおおおお!

何か嫌なミッションの予感がしたんだよね・・・・・ぶつぶつぶつ・・・
関連記事

ウィスキーがお好きでしょ?

ひとり暮らしのリョウのリクエストで、先日ウィスキーを買ってあげました。

100円ぐらいの缶チューハイやハイボールを荷物ついでに送ったりもしてたけど、
ウィスキーを1本買っていろいろ試みて飲んだ方が美味しいし安上がりかも!?と思い~。
私はよく知らなかったんだけど、サントリーの角瓶ってやつが手頃らしい。
先月購入時、千円切ってたのは安かった!

で、リョウは早速ハイボールで飲んだらしいんだけどとても「美味しかったって~!

私はお酒は飲むけど、もっぱら家ではビール、ワイン・・・などです。1缶、1杯ぐらい。
飲み屋ではカクテルなども加わります。

ワインは飲みすぎると頭痛がするけど、ビールぐらいじゃそんな酔いません。
顔色一つ変えないので、えらくのんべえのように思われますが・・・
そんなに強いお酒飲まないから。
はっきり言って、日本酒やウィスキー、焼酎を好む人のほうがのんべえじゃない?

ウィスキーと言えば、20年以上前にもらったやつがあったなあ~と床下収納を探すと
ひとつは一度開けてるのでアウトっぽく、ひとつは未開封でもコルクなのか何かが浮遊していて不気味。
もう一つは製造年月日がないんだけど、箱に入ってるジョニーウォーカーでなんとか無事そう。
未開封で量も減ってないみたいだし!!
でも・・・まともなのかはナゾ。飲む勇気もないなあ~。

友だちも、お酒はとんと弱いんだけど、ウィスキーをちびちび飲んで酔うのは好きだって。
即効性があるのかな?何かを忘れるにはいいのかもしれないねっ
いつか泡盛をお店で飲んだ時は、交通整理のおじさんにからむ・・・という大失態をやらかした私。
工事現場の・・・ヘルメットかぶって旗を持った・・・人形に見えたんだよね。

私もウィスキーぐらい挑戦してみようかな?

では藤岡さんのステキな歌で、「ウィスキーがお好きでしょ」お聴きください♪




関連記事

プロジェクト・ランウェイ10 #11

「ハッピー・ベビー・アワー」

今回は赤ちゃんの服をデザイン!
ハイジのブランドの服をデザインし優勝者の作品は製品化される。

もう、赤ちゃんたちのかわいさは異常!!!!!

元々赤ちゃんモデルなんでしょうね?
正直、モデルによってかなり有利、不利があった気がしました。
基本女の子たちは『性』なのか、ランウェイでもオシャレすることもうれしそう。
男の子でソンジーのモデルは常にニコニコして最高だった。
審査員たちのメロメロの表情がおもしろかった。
逆に、最初から眠ってたドミートリのモデルはかなりかわいいのに無表情。
お母さんの服もろくに見えなかった。
クレヨンに見えるという名言や、コスチュームっぽさはあったけどドミートリにしては残念でした。
まあ、私はあまりにぴったりのスタイリングといいパジャマっぽさもあってイマイチでしたが。

ファビオの服は文句なしって感じ。
快適なベビー服で非のつけようが無し。ママの服も柄といい、デザインといい私は好きだった。
ただちょっと前が短すぎ?立ったり座ったりする動きにはちょっと不向きかも。

メリッサは最近いつも苦労してる感あり。
途中経過でハイジにケチをつけられたパンツはボツにしたのね。
でも結局白のワンピース?はダメ出しの嵐。でもジャケットはバックがかわいく売れそうなデザインだった。

ソンジーの服は、あんなオチビちゃんでもオシャレできるんだな~って思わせるいい出来でした。
着やすそうな素材、ポップなインナー、着回せる・・・といいことづくめ。
モデルにも助けられ優勝でした。
ママのたっぷりとしたマキシドレスも好きだった。スカート部分のドレープはしゃれてたし
動きやすい上にきちんと感もあって、体型カバーもできて母親としてはありがたい服。

クリストファーはとっても要求の多いクライアントだったけどうまくいって優勝でした。
肌の色に指定の白が映えてそのまま雑誌などに使えそうだった。
ヘッドピースも決まってたしスタイリングも上手。
とめただけの葉っぱと花びらは確かにかわいかったけど、いちいちめくれるのが気になりそう。
ジャケットのデザインは、あの大きさの子どもにまさか!の形だったと思うけど着こなせていた(笑)
仕立てがいいんでしょうね。ワンピースのシルエットもちょうどよかった。
ママもぎゃあぎゃあ言うわりには自分はボリュウミーなサイズで。
しかしあの体型で、似合って仕立てもいい服を作れるんだから
クリストファーはやっぱりセンスがいい!

センス・・・という点で一番疑問なのはエレナ。
今回やっと落ちました。
確かに、ジャケットはいい点もあったと思う。・・・韓国製の服みたい?
でもインナー&パンツとの組み合わせが・・・まるで品もなく、かわいくもなく。
あんなに天使みたいにかわいい女の子だったから、もっと似合う服がいくらでもあったと思う。
一番似合わない服を着せられてたかも。
自分で言ってたけど、エレナは我が道を行く人で、人に合わせることができないのね。
媚売らない・・・って言うけど、自分流なアイデアだけでは受け入れられないよね。
しかもその方向性は間違ってるし。(と、私は思う。好みじゃないので。)
前回のコスチュームも冒頭のおさらいでもう一回見たけど、胸元はブカブカだし全然よくなかった。
メリッサは未熟感はぬぐえないけど、センスがいい。客に支持を受けそうなセンス。
そこがエレナとの違いだと思う。

赤ちゃんのお世話は・・・ただ大変そうなだけでしたね。
ハイジのイジメとしか思えない(苦笑)
服作りに知る必要があるのは、赤ちゃんがどんな動きをするか、どういう日常かということ。
つまりは、一番大事な服の機能性を考えるため。
メリッサはその点失敗しましたよね。
母親が苦労するってことは、そんなに関係なくない?

タマヨさんって日本人?子ども全然似てないのね。

ベビー服なんて・・・と思ったけど、みんなレベルが高くておもしろかったです。
赤ちゃんも超かわいくて癒されたし~♪
毎シーズン観たいな~!

http://www.wowow.co.jp/extra/runway/ep11.html
関連記事

ロングバケーション・・・出足好調?

いい天気ですね。
私の心も晴れやかです!
皆さん今ごろ・・・せかせか働いていらっしゃるんでしょうね。
休み明けは、お客さんが超多いですからね。3連休後の月初ですから、さぞ・・・・・。
次から次に息つく暇なく仕事がくる感じで・・・しかも立ちっぱなしで・・・ハードでしたが
もう、自由よっ!! なんてすがすがしい気持ちでしょう。
たぶん、お互い苦手と思っていた人は、私の最終日休んでいた。
挨拶なんてしたくなかったんでしょうね。
皆さんはすごく残念そうに別れの挨拶をしてくれたけど・・・

なかでも、『時々』超おもしろい職員さんが、40前にしてやっと婚約者ができたというのに、
「ぎりぎりまでOKです。・・・お母さんと呼ぶ準備はできてますから!!
だって~。(笑)
17歳のルミを狙っての発言ですよ~。
ご冗談を~。私と夫婦に見えるでしょ!って。(笑)

私は例の休んでいた彼女の仲間に、「○○さんによろしくお伝えください~。」と言っておいた。
社交辞令なオトナな対応!
本当はわだかまりなく仲良くなりたかったけど・・・ちょっと時間が足りなかったな~。


今、私はこの新たな相棒を見ながらマッタリしています。

プレゼント交換

このシリーズ、本当に癒されますね。
おんぶしているみたいに見えますが、プレゼント交換するためにこっそり隠してるところらしい。
もう!!かわいかぁ~~~!

いやいや、マッタリしてるだけじゃないですよ?
午前中は片づけ、がんばりました!

朝日に照らされた部屋を見ると、あちこち汚い汚い・・・。
棚の上やテレビ回りなど、日頃ほったらかしてるところをマスク装着して掃除しました。

休みの11月の間に、洋服の整理、窓ふき、書類の整理、など大掃除を済ませたいと思います。

一応宣言しといた!

関連記事

「MUD」 (2012・米)

MUD -マッド- [DVD]MUD -マッド- [D斜体文斜体文VD]
(2014/06/18)
マシュー・マコノヒー リース・ウィザースプーン  他

商品詳細を見る

マシュー・マコノヒー!! かっこひー!!

「ダラス・バイヤーズクラブ」で激ヤセする前ですよね?
まだいつものマッチョです。
彼はそのルックスからラブコメとか、イケメンカテゴリーの役が多かったですが・・・
この「MUD」は、タフさもあり、危うさもあり、情もあり・・・と魅力的な男を演じています。
内容は、冒頭から故リバー・フェニックスそっくりな男の子が出てきて、まるで「スタンド・バイ・ミー」!!
・・・と思ったら、作品のHPでちゃんとそのようなことが書かれていました(笑)

ネタバレながら感想を・・・。

まあ主役と言ってもいい、タイ・シェリダン(エリス)の演技がすばらしい。
彼の目線で物語は進んでいくんだけど、純粋に男女の愛を信じている彼が、離婚間近の両親や
年上の初恋の女の子、マッドが心から愛していると言ったジュニパーなどの存在により
心を揺り動かされ、深く傷ついていく。
決して清廉潔白に生きてきたわけではない大人からすると、胸が締め付けられる思いなのです。

彼の、怖いもの知らずで、人を信じて疑わない様子は、逆に観客に恐怖を与える。
壮大なミシシッピ川に浮かぶ小さな孤島。
そこへたどり着くまでも、小さな少年ふたりにとっては大冒険な気がする。
最初はアラームをセットして滞在時間を気にしていた二人だったが、その後何度も何度も行き来することになる。
彼らが発見した、木の上に収まったボートの存在はほんのきっかけだった。
そこには殺人を犯して逃げている『逃亡犯』マッドがいたのだ。

最初から懐疑的で慎重なネックボーンと違って、エリスはマッドを「悪い人じゃない。」と信じる。
そして親の目を盗んで食べ物を運んだり、ボート修理に必要なガラクタを集めては持って行く。

エリスがマッドを信用したひとつに、彼のした純愛話があった。
彼には幼馴染のジュニパー(リース・ウィザースプーン)と言う女性がいて、命の恩人だと。
ヘビに噛まれたところを病院へ運んで助けてくれたんだと。
その彼女が悪い男に捕まる度に助けてきた。今回の殺人も、彼女へ男がしたことへの復讐だった。
ボートを直して、彼女とおちあい、二人で逃げるつもりだとマッドは言った。

エリスはその言葉を信じ、町の安モーテルに泊まっているジュニパーを訪ねる。
そこには、マッドが殺した男の家族が、今度はマッドの命を狙って張り込んでいた。
エリスはジュニパーに詰め寄る男のところへ彼女を助けに飛び込んで行って殴られる。
エリスはまだ14歳なのにだ。

初恋の女の子(17歳)とのやりとりも泣ける。
遠くから見ていて、彼女をからかう男友達を殴る。相手は18歳だ。
彼女はエリスにちょっと興味を持つが、まだまだ子供の男の子、もちろん本気ではない。
しかしエリスは「ぼくの彼女になって」と告白し、二人は恋人同士になったと思い込んでいる。

とにかくエリスは純粋で怖いもの知らず。後先考えず、その華奢な腕で何度殴りにいったことか。

今は14歳だけど、もう数年たつと、気は優しくて力持ち・・・のいい男になるんだろうなあ~
と思わされる少年であった。

マッドは最初から胡散臭い男で、その場限りの発言に信ぴょう性などない。
実は毒蛇に噛まれた話もウソだった。
ジュニパーに対する気もちもウソなのか?自分を利用しただけなのか?・・・とエリスは食って掛かる。
マッドは純粋な彼を傷つけてしまったことに深く反省をする。そして・・・恩返しをする。

エリスが小川に落ちてマムシに噛まれたのだ。

マッドは指名手配になっていることも考えず、ボートで本土へ渡り病院へとエリスを運ぶ。

ここの場面が、ちょ~~~~カッコイイ!!

そしてストーリーはまさかの一般人を巻き込むドンパチのエンディングへ・・・。

ヒヤヒヤしましたよ。
誰が死んでもイヤじゃないですか。
ここで、ナゾの男トム(サム・シェパード)が大活躍。
マッドの親代わりだったというトム、元CIAのスナイパーとかで世間を遠ざけボートハウスに住んでいた。
一度はマッドの助けを断るんですよね。
しかし結局は、強力な援護射撃で相手一味を皆殺し。

川に飛び込んだマッドの姿はなく、どこへ行ってしまったのだろう・・・?
というところで終わりでした。 ・・・・あの悪魔と言ってたジョー・ドン・ベイカー扮する父親だけ残ったのね。

エリスは別居になった母親と住むことになり、新たな女の子との出会いにわくわく・・・。
これからいろんな恋をして勉強していくんだろうなあ~。

マッドは・・・・ミシシッピ川の上にいた。
トムと一緒にね。あ~良かった。


リースは好きな女優さん。( リースにレニーほどの変化は見られず!)
『すっげ~美人』って設定だったけど、そんなに出番はなくても存在感ありでした。
さすがね!目力あって、いろんなことを語ってるね!
マッドがエリスを病院に運んだあと、ちょっと彼女の前に姿を見せるんですね。
ふたり、かすかな笑顔で手を振って・・・。
うわ~、せつない!!
やっぱり愛し合ってたのは本当だったんだな~って・・・思いましたがいいんですよね?

両親のいないネックボーンのおじさんゲイレン役のマイケル・シャノンも存在感あります。

サム・シェパードがすっかりおじさ・・・おじいさんになっていてびっくりした。
私の記憶ではこんなですよ?

12-a6f55.jpg

マシューもこんなにかっこよかった。

matthew_mcconaughey1_300_40.jpg

いかんよね。いくらアカデミー賞とったって、役づくりのためだって、あんなに痩せては体にいいはずない。
お子さんも小さいし、これから大事にして欲しいなあ。

スターチャンネルでウディ・ハレルソンと共演の『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』を観たけど
まだ痩せて普通の会社員にさえ見えて、マシューとは思えない容貌。
話もやたら会話が多く、ちょっと見るのに疲れます。


全体に、サスペンス的な、ハラハラドキドキ感はあって引き込まれます。

すごくいい映画だと思う。マシュー・マコノヒーの良さも、存分に出ている!!


関連記事

また舞台決定!?

すごーい、藤岡さん

今度は2012年からの再演、『Trails』ですって~!

http://www.trailsthemusical.jp/cast.html

2015年1月28日~2月1日。

セスは主役ですよね。前回に続きですね。

なんだか「タイタニック」決定についで、立て続けの発表です。

公演時期はタイタニックが後だけど・・・。

キャストを観て、また四季目線でチェックすると、柳Pがいるっ!! 柳瀬大輔さん。

もう、退団されてとんと拝見してないんですよ・・・。ファンの方はいろいろご覧になってるでしょうけど。

あと、五十嵐可絵ちゃん。wキャストなんですね。

元気印のマンマ、ソフィを好演されてました。なつかすぃ~。

かつての相棒スカイの玉城さんは、今頃になってまた復活してるよ~。(笑)

いいなあ、東京だもん・・・観に行きたいけど今からでは予測不能・・・。はぁ~・・・


柳Pと言えば、ジーザス!!

四季の「ジーザス・クライスト=スーパースター」全国公演真っ最中ですが、

とんでもないことに気づきました。

購入してる11月30日(日)北九州公演が・・・

藤岡さんのCYTV生放送と・・・マルかぶり!!!

http://cytv.jp/page/index.php?key=201

前回はいきなりメッセージ読まれて超恥ずかしかったけど、貴重な生放送&生歌

聴けないなんてそんな・・・・。

ここから北九州までは2時間はかかるとして、18時半の公演で・・・・21時~は絶対間に合わないね!

もう、ショックです・・・。良席とれてたし。

しかし、ヘロデも北澤さんにはならなさそうだし、12月の熊本公演だけで我慢しようか・・・。

おお~ジーザス!! 神よ、がっかりですぜ。

関連記事

ミムさんがいいこと言った(笑)

NHKの「突撃!アッとホーム」を観た。

http://www.shiki.jp/navi/news/renewinfo/025660.html

当然ながら主役はある家族なので、俳優さんたちの出番は少なかった。
それでも、石毛シンバ、萩原スカー、大塚ティモン・・・などなどの姿は見れた。
遠藤さんは相変わらず子役指導されてるんですね。

いや~、石毛さん、シンバ姿かっこいいですね。
ファミミュで観た時のあのひょろひょろ感とギリギリの歌が、どうなんだろうと思っていたけど
見かけはかっこいいシンバなんですね。

病気のお母さんを喜ばせたいと奮闘する女の子、すごくしっかりしてるしかわいかった。
母親に「泣いていいんだよ。」って言えるってすごいことですね。
お母様が愛情持ってしっかり育ててこられたからでしょうね。

喋り方もハキハキしてるし、歌も上手だったのは、舞台経験はあったみたいですね。
写真があったから・・・。
プロダクションに入ってるのか、どこかの子どもミュージカルかはわからないけど。

やっぱりいろんなものがつまった舞台を観ることは、一時的に別の世界に行けるし
心が浄化されるし、人によっては元気の素にもなると思う。
お母様にはこれからも大好きな舞台を観て、病気にうち勝って欲しいですね。

スタジオのコメンテーターに知念さんがいた。
もし息子さんがああいうことをしてくれたら・・・と親の立場で話されてましたね。
普段は感動を与える立場でいらっしゃるから。

三村さんがVTRを観終わって、「そもそもエンターテインメントはこういうためにある。」
ともっともらしく言っていたけど、たとえばサービス業や銀行員、公務員・・・など
人々の役に立ってる職業はあれど
感動を与えられる職業ってそうないと思うから
人を幸せにできる仕事に携われるってうらやましいな~と思いました。


四季は「コンタクト」の稽古真っ最中のようですが・・・。
田邊さん、かっこいい~。
ダンサーも、これでもかと生え抜きさんたちが集まったみたいですね。
この中では、永野さんが注目だなあ~。
ますます髪が短くなってる。

各公演地で作品のラインナップが発表されていますが
またまた福岡は蚊帳の外の寂しい季節がやってきました・・・。
来年は何が来るかな?
「コンタクト」待ってます!
『劇団四季 FESTIVAL! 扉の向こうへ』でもよかですよ。
ヲタは喜ぶでしょうけど、キャッツ以上の盛り上がりはどの作品でもちょっと難しいかな~。

関連記事
     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: