広告
Singin' in the Rain 2013年08月

花束、いただきました

久しぶりの・・・待ちに待った、四季でした! おかえりなさい~シティ劇場へ~!


大好きな四季友と、楽しい、嬉しい、観劇となりました♪

しかし、2階だったので、音量不足?迫力不足を感じました・・・

ヴォーカルも、もちろん上手いんだけど、それ以上の感動を得られないというか・・・

なんというか、ぞく~っという迫るものを感じられなかったのが残念です。

音量・・・上げたらどうかなあ?


御馴染みの曲、演出、衣装(笑)も見受けられましたが・・・

目新しい曲で、楽しませてもらいました。

後でゆっくり振り返ろうと思います。


楽しみにしていた飯田兄弟。ふたりでシティ劇場は初なんじゃないかな?

お兄さんは一生懸命感が伝わってきました。

もっと太い声、声量を想像してたのですが・・・2階だったからかな?

弟の達ちゃん(なれなれしい)は、意外にちゃらい感じで、お見送り時にもファンサービス

していてポーズをとっていた・・・。声はおふたりとも本当にいいですねえ~


西尾さんのソロが超かっこよかった。

暴走族のさいごのひとこともね!

いつも福岡で感動をくれて・・・あなたに感謝します!


客の舞台上げは・・・・ あまりの見せしめ的演出にびっくり!

それも、それぞれの個性的な衣装が似合うよ~な人を選んでるんだなあ~・・・(笑)

今回は何度も行けないんだけど、ゆっくりいろんな演出を確認したい感じです。

今までの楽しかった思い出が沸き起こってしょうがなかった・・・

花束は、シンプルだったけど、かくし芸っぽいことはなくって、良かったとおもいます!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

夢の共演?その2

感想を書けないでいますが、

8月10日博多座の、吉原バルジャン、福井さんのジャベール・・・

すごく良かったです!

チェンジで見れるなんて、本当におもしろくて最高ですね。

バルジャンの吉原さん、さすが経験も多いだけあって、特に前半部分圧巻でした。

囚人の時が坊主頭で、後に立派な紳士になっていく過程とのギャップがものすごくて

大きな体も役にピッタリだし、想像以上に良かったと思いました。


で、毎週観てますが、明日(16日)も、また・・・観てきます。


どうもすみません・・・
関連記事

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

モリクミさん大活躍やん!

このニュース!

http://rkb.jp/news/news/15971/

いいですよね~・・・筑紫女学園の生徒たち・・・!

しかも、山崎さんと上原さんがいるじゃないですかーっ!

うらやましいぃぃぃ~

森クミさん、公演中でも東京に仕事で帰ったり、ローカル番組で宣伝したり

一番の有名人とあって本当に大忙し&大活躍ですね。


今回も、コーラス部の『民衆の歌』を聴いて、涙を流して感動していらっしゃった・・・

その感受性の豊かさが、やっぱりエンターテインメントの表現者として重要だろうし

新たにまだ何かから学べる・・・ということが、すばらしいと思いました。


福岡では、若葉高校とか、精華女子とか、ダンスなどで有名な高校もあるけれど

筑女・・・だったんですね!

(昔から、お勉強のできる女子校です♪)



関連記事

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

アツスギマチュ

立秋?

いやいやいやいや、暑すぎませんか??? 、ヽ`(~д~*)、ヽ`

不快指数、なんぼ?

こんな中、昨日は職場の健康診断があって、半日以上、飲まず喰わず・・・<(゚ロ゚;)>

健診のために倒れたらど~すんの?

しかしバリウムあると思ったらなかったので、水は飲んでよかったと後で判明・・・ガックシ


関東のほうは、こちらほど暑くなかったようですね。

いよいよ!!リョウが帰ってきます。福岡の蒸し暑さにびっくりするかもしれないね。

3ヶ月ぶりかあ~。もっと長かった気もするけど・・・(。´Д⊂)

ルミはお兄ちゃんと会うのが本当に3ヶ月ぶりなので、さぞうれしいことでしょう!


賑やかな8月になりそうです。 ∩( ´∀` )∩



関連記事

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

レ・ミゼラブル 福岡公演初日

暗そうだから今まで避けていた「レ・ミゼラブル」
元四季の俳優さんが演じられるのをきっかけに、ついに私も列に入ってしまいました。(笑)

博多座も初めてだったのですが、帝国劇場のミニ版・・・って感じなんですね!

P1010844.jpg

いやあ~、ここはお祭りか?・・・ってぐらい、夜店・・・じゃない、店が並んでいて
デパ地下みたいだし、お土産屋みたいなのもあって、不思議な空間でした。
客席で食事を食べられるのが画期的ですよね。
儲けもあるんだろうけど、掃除が大変だと思う。くずとかおちるっしょー・・・
座席に座ろうとした時、両隣がまさに食事の真っ最中だったので着席を控えましたよ・・・
しかし開演前に慌てて食べてこなくていいのは助かりますよね。

帝劇に比べて客席が舞台から近いのにびっくり。
私は2階でしたが、1階の最後列に座ってもそんなに遠いと感じなかった。これはいいね!

最初の囚人たちの場面、メロディーが難しいのかみ~んな歌が不安定だと思うのですが・・・
あんな感じなのでしょうか?(ソロで歌うところですね。)

司教さん、前は北川さんで今回古澤さん。 北川さんの声が好きだったなあ~

べじゃ・・・ジャベールは前、川口さんだったんですよ。
川口さん、歌がすばらしくってかなり好きでした。一番の感動でした。
トークでもなんだかシャイな感じで好感持てました♪
吉原さんは、すごみは合ってる気がしたけど、気持ちの変化はわかりにくい人だなあ~
歌も台詞もちょっと一本調子・・・?バルジャンはどうだろう?

前回エポニーヌは平野綾ちゃんで見て、さすがに表情豊かに、細やかな表現をしてるな~と
思ったのですが、今回の昆夏美さんば一番期待していたエポでした。
細やかさは平野さんが上な気がしたけど、歌うまいですねえ~
らく~に歌えてる感じで、キャラも合ってました。大満足!!

マリウスは安定感のある原田優一さん。前回と同じ。
他の方を観てないから比べようがないけど、申し分ないと思います。
優しそうだし、品もあるし・・・歌はもちろん、ウマ~!
カフェ・ソングのところ、泣けますねえ~ 演出もすてきです。

ファンテーヌの知念さん。前は和音さんで見ました。
不思議な雰囲気の女性ですよね。
知念さんはこう言っては失礼だけど、思ってたよりずっと良かったです。
映画版のアン・ハサウェイって感じ!

コゼットは・・・・・唯一ずっこけました。磯貝さん。
なんだろう、雑なのかな?もっと丁寧に歌えないものだろうか?
ものすごく不安定に感じました。
一目惚れするようなルックスかどうかは、ちょっと遠くてよくわかりませんでした。

アンジョルラスは野島直人さん。元四季ですよね?
普通に上手でした。観る予定が奇しくも全部野島さん・・・上原さんも観たかった・・・

P1010843 20

この写真いいよね!・・・この前で撮ってる人はみんな遠慮してたのか、いなかったけど・・・

森さんと駒田さんはもうベテランって感じなのでしょうね。
前回、萬谷さんだったのだけど、野卑な感じがなかなかよかったと記憶してます。
モリクミさんはもう言うまでもなし。笑いとってたし。
お痩せになっても豊かなお胸は・・・健在なのですね。(笑)
明日ローカルTVに出られるらしいからチェックしなきゃ!

今日出掛けに少しだけ書いたけど、バルジャンの福井さん。
本当にすばらしかった!
キムさんは、歌とルックスはもちろんずばぬけてるのですが、福井さんのような細やかな
感情の起伏みたいなものは、感じられなかったように思います。
福井さんの演技は繊細で、苦悩、怒り、愛情・・・などがぐっと胸に迫ります。
確か野球をされていたという福井さん。(笑)
『男気』みたいなものも感じられたんですよね~。
バルジャンの勇気、潔さ、たくましさ・・・出てましたね~。
本当に、切なくなるほどでした。

四季では・・・ラダメス役が一番いきいきされてたかなあ~?
最後に拝見した(あれ?ソンダンが最後かな?)トニーは・・・ちょっと気恥ずかしそうでした。
あ、こっちが気恥ずかしいのか(笑)


演出は、ちゃんとうまくいったのかな?
音響が横からもきて、帝劇ではかなり迫力を感じたけれども。
ジャベールが落ちていくところも、もっと画面がうずまいてませんでしたっけ?
座席の見え方の違いかしら・・・
あれ、腰を固定して、特殊な仕掛けがあるって言ってましたね。詳しくは秘密だとか・・・


歌はオンマイオウンが一番好きだけど、全体で歌う場面は圧巻としか言いようがないですね。 

次の観劇が楽しみです・・・!


関連記事

テーマ : 観劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

よかった・・・泣ける!!

レ・ミゼラブル、2013年博多座公演、初日・・・・行ってきました。


退団して初めての福井さん。


ジャン・バルジャン、かっこよかった!


特に一番好きだったのは、法廷で自分がジャン・バルジャンだと言い放つところ!

かっこよすぎてゾクーッときてしまった。

キムさんで見たけど、ここまでの感動はなかった。


鳴り止まないカーテンコールでも、おちゃめな感じでとってもうれしそうでしたね。

こんなふうに、表現されるんですね、本当は。


四季を辞めてとっても残念だったけど、よかったなあ、と心から思いました。

彼はこの役をするべきだった。


せつないけれど、うれしさと感動が勝ってる。

次はベジャールで拝見しますね。 あ、違った・・・ジャベールでした・・・(恥)

とりあえず、「おめでとうございます。」と言わせてください。



関連記事

テーマ : 観劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

「部長ってどの部長?」

久しぶりの更新です。

先日、半ば義務感にとらわれて?福岡市民会館であった「桃次郎の冒険」を観てきました。
これまた「見とかなきゃ・・・」という義務感から?午後から休んでリハーサル見学会も参加。
暑かったですねえ~。
福岡、連日猛暑でたまりません。
キャナルのシティ劇場だったら、リハ見終わって追い出されても全然平気なんだけど
炎天下の中、一旦外へ・・・となると、大変でしたね、皆さん。

当たり前だけど、ファミミュだから子どもが多いんですね。
前、後ろ、横・・・・みんな子連れのお母さまたちの集団で、後ろの女の子がず~っと
座席を蹴ってくれて・・・・・耐えました・・・・・。
なんだか他のことには気を回してるお母さんだったけど、一度も注意しなかったねえ~

リハでは岡崎さんが説明してくれて・・・・久しぶりだったので懐かしかった。
1日限りの公演だから仕方ないけど、リハはほとんど位置取りのみ。
目まぐるしく場面転換していって、スピーカーや座席を目安に自分の位置を確認していた。

気付いたのは、若い女性がヘラヘラして?楽しそうに確認してるのに対して・・・
ベテランの百々さんや田中さんが終始厳しい表情だったこと。

あとで田中さんがおっしゃるには、やはり真剣にやっとかないといろんな意味で事故の元だから
毎回集中してやってます・・・というお話だった。
浮ついた雰囲気に見えた若手の方たち、ベテランさんを見習ったらどうでしょうか?

ダンスキャプテン?の横井 漱さん。
客席後ろから指示されてましたが・・・ 私はお初で、「だれ?」って感じでした。(苦笑)
2010年入団で「キャッツ」とか出ていらっしゃったんですね。
なんだかお顔は宍戸開さんを若くコンパクトにしたような・・・
やはり身のこなしとか、違う雰囲気を醸し出していらっしゃいました。
顔が見えなかったんだけど、過去の鬼との対決シーン?で激しいダンスがありましたが
あそこでめちゃくちゃかっこよく踊ってた人かなあ?
他の役で見たいもんです!!


質疑応答でのこってくれたのが、宮崎出身の田中廣臣さんと福岡の現・若葉高校出身中村友香さん、
同じく福岡市出身の古屋敷レナさん、九州にはゆかりがないという相原 茜さんでした。

前回、同じホールでやった時いたのは田中さんと古屋敷さんぐらいだって・・・。
で、その時(2004年)ツアーTシャツをデザインしたのが古屋敷さんで、
「こんな時でもないと着ないから引っ張り出してきました!」
と、田中さんが自分が今着ているTシャツを見せて教えてくれました。
そういえばこの年、ユタ公演もあって同じようなTシャツ作ってましたね。
(マーゴさんと同じく私もゲットしたやつ・・・笑)

今調べたら、普通に当時の紙芝居やは岡崎さんやし、百々さん(当時はサル)や小出さん
(リハの時、コイさんと呼ばれてた)もいたんじゃなかろうか・・・・?
福岡公演ではいなかったのか・・・ ああ、サルがダブるわけないか・・・ま、いっか・・・・
古屋敷さんはさくらんぼもされてたんですね。
桃次郎は、今をときめく???フィエロとなった飯村さんでしたね!

古屋敷さん、素顔はすごく落ち着いた雰囲気で、おしとやかなバレエダンサー・・・
って感じだったのに、舞台上ではかわいらしい女の子を演じていらしたのでなんだか感動(笑)

博多から天神までランニングした・・・という、まだ20歳という元気っこ相原 茜さん。
すごくあっけらかんとして、体つきも大柄で、イマドキの女の子?って感じに見えたけど
キジをとても魅力的に演じていらしたので感心しました。
ダンサーみたいだけど、声もいいですね!だから抜擢されたんでしょうけど・・・
送り出しのときも大人気でした。
私は握手できなかったんだけど、すごく丁寧に対応していたみたい・・・。

舞台内容については・・・・

鈴木釉佳之さんがおばあさんなんだ・・・・とびっくり。
全然余裕で、すてきに演じていらっしゃいましたが。
WSSのロザリア役が記憶に新しいのに・・・ああ~、見たかった!WSS!!

桃次郎の石毛翔弥 さん。

お初です。ロルフは一和さんでしたから・・・。
頭がちっさい!ひょろ~っと背が高い!かわいい!子どもが背だけおっきくなったみたい。
歌が・・・・・。
なんというか、ギリギリって感じ・・・・・。危ないところも。ダンサーなのかな?
でも四季のダンサーは西尾さんや松島さん、そして横井さんみたいなむちっとした筋肉質タイプ
が多い気がするから、あんな手足長くてひょろ~って体型は珍しく感じました。
好感度は高いですよね。がんばって欲しいなあ~。


田中さんのサル、最高でした♪


「・・・ゴザル」のところ、何度見ても笑っちゃった。

送り出しの時、「(夢醒めの)部長も大好きで~す!」と声をかけたら、
ちょっとびっくりしたような、困ったような、嬉しいような表情されてました。
手が汗ビッショリだから・・・とリハの時おっしゃってたけど、確かに・・・(笑)

さらに、岡崎さんとバッタリと顔を合わせたので、「ザズをまた拝見したいです・・・。」
みたいなことを言ったら、目を見ながら
「あっはっはっはっ!!」
と大笑いされて、す~っと行っちゃった・・・。

あれなんですかね、送り出しもまだ舞台の一部なんで、そういう受け答えもNGなのかな?
本ミュージカルについてのみ、触れてOKみたいな?
単に私がういていたのか・・・・


で、子どもたちに、「夢醒めの部長と話したよ!!」と報告したら、

「どの部長?」

という答えが二人から返ってきました。

どの・・・って、ああ、広瀬さんや川地さんも知ってるからか・・・
しかしふたりともいつの間にか四季の知識は無駄にあるからね!


さて、明日・・・今日は博多座で「レ・ミゼラブル」の初日に行ってきます!

5月に帝劇で観た時はキムバルジャンでした。

福井さん、吉原さん・・・・・超楽しみ!!



関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: