広告
Singin' in the Rain 2011年08月

私の四季観劇

プロフィールに載せていた2006年の記事を追加・訂正しました。


1996  ★オペラ座の怪人   (圧倒されて、ウットリ・・・地元・村さん大抜擢)
1997  ★エビータ
     ★ヴェニスの商人
     ★美女と野獣     (豪華だし、とにかくHAPPY!)
1998  ★キャッツ      (懐かしさ!そして興奮!)
1999  ★ソング&ダンス   (こういうのもあるんだ・・・。) 
     ★ジーザスクライスト=スーパースター
     ★コーラスライン   (なんか、シブ~イ!) 
     ★壁抜け男      (初演の喜び!オシャレで奇抜!?)
2000  ★スルース
     ★夢から醒めた夢   (保坂ピコ&樋口マコ) 
     ★クレイジー・フォー・ユー (加藤&濱田ペア。まさにクレイジーになる。)
     ★ふたりのロッテ   
     ★ソング&ダンス   (坂健出てた。ダンサー豪華。)
     ★李香蘭       (主演の方の喉の調子が悪く・・・)
2001  ★ライオンキング   (丸2年のロングラン。やっぱりすごい。)
2002   同上
2003  ★コンタクト     (かっこよすぎます!!また観たい。)
     ☆オペラ座の怪人   (村&村田ペアで開幕。)
2004  ☆ジーザスクライスト=スーパースター
     ★ユタと不思議な仲間たち  (予想以上にはまりまくる。感涙。)
     ★王様の耳はロバの耳
     ★人間になりたがった猫    (キャストに狂喜。思い出いっぱい。)
     ★ソング&ダンス2      (宝物のような演目。最高!!)
     ★異国の丘       (意外にも大満足。よかった・・・。)
2005  ☆美女と野獣   (イベントたくさん。堪能する。ベルも野獣も文句なし!)
2006  ★アイーダ      (何もかも満たしているすばらしい作品。) 
2007  ★ブラックコメディ    (あらら、うふふ!・・・って感じ。)
     ☆夢から醒めた夢     (すばらしさを再確認。大・大・大好きだ!)
     ★マンマ・ミーア! (ハッピーな舞台!でも悲しい結末に・・・)
2008  ☆ライオンキング   (劇場の建て直し?満を持して再び登場!)
2009                                   2009年8月まで
    ★ウェストサイド物語  (四季の実力&底力を見る!歌もダンスも堪能)9~11月 
    ★ソング&ダンス 55ステップス  (キャストも大満足で楽しむ!!)11~1月
2010  ☆コーラスライン    (しみじみと味わう、この世界の醍醐味!)1月~2月


テレビ以外で初めて四季の舞台を観たのは、1986年の「ウェストサイド物語」
まだ山口祐一郎さんが在籍してらして、パンフには若々しいお姿とオーラが・・・。

劇場ができる前、ももち浜のテントでは「キャッツ」を観ました。
メルパルクホールで「クレイジー・フォー・ユー」(加藤&保坂ペア)を観て
「ミュージカルって本当にすばらしいっ!!」・・・と幸せな気持ちになる。
私の中で今も一番好きな作品に光り輝いています☆☆☆

他に「赤毛のアン」も観ました。芥川さんと野村さんのコンビです。
1980年代のことですね。

全国公演では「魔法を捨てたマジョリン」「オンディーヌ」を。
「青い鳥」見たかったなぁ~・・・。(※今はDVD買いました)

2009年は福岡から近い佐賀の唐津や鳥栖にも出向きました。
「JCS ジャポネスクバージョン」(スンラさんの熱演、美形の金田ジーザス)
「むかしむかしゾウが来た」(准くんに新庄くん♪)
あと、「エルコスの祈り」なぜかどこにでもいる川口さん・・・(笑)




とりあえず、3月からお休みが決まった福岡シティ劇場。
劇団四季の初めての常設劇場とあって、福岡民としても誇らしかったっけ・・・。

間違っていなければ、オペラ座の怪人からコーラスラインまで27作品、延べ、
33公演が行われたことになりますね。
またじっくり振り返ることが・・・あるかな?
2004年が業績が落ち込んだ・・・って言ってましたっけ?
信じられない!!私が一番、思い出深い年じゃないですかぁ?!

ユタが四季作品を何度もリピートするようになったきっかけの作品だし
スタッフTシャツもらったり、光枝さんに惚れこんだり、キャストもすごくよくて。
夏休みの王様は観なかったけど、人猫は田邊&木村花ちゃんペアで最高だった。
そしてソンダン2のすばらしかったこと!!オヴァセンのファンも多いですよね~。
キャストも演出も申し分なかったです。
そして石丸さんが来てくれた異国でしょう・・・?そこそこ客も入ってたし。
男性コーラスに惚れ惚れしたっけ。

この年、自分的には最高だったけどなぁ~。
そういえば、俳優さんが宣伝してる時なんて、浮かない顔だったかな~とも思うけど。
はぁ~・・・・。

改めてこんなにも多くの作品があの舞台で繰り広げられていたなんて
シティ劇場、よくがんばった!!・・・って言いたいです。

まだ振り返るにはちょっと早いけど、
「そこに四季があるから・・・」で通ってきた自分にとっては
「どうして私から楽しみを奪うの!?」って本当は心中穏やかではないです。
諦めの境地でもあるのですが・・・複雑です。

四季のホンモノの舞台で感動をもらい、憧れの四季俳優さんたちにときめき、
日頃味わえない感情をたくさん味わわせてくれた、福岡シティ劇場。
ただただ、寂しくて悲しいです。

お別れの会もないのですか・・・。


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

千秋楽のニュース・・・

今朝の西日本新聞です。

img173 50

RKBニュース、偶然観たら、カテコのすごくいい映像だった!!

また放送があるなら、是非、録画したいです!



行ってきます・・・。
関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

「ウィキッド」福岡公演・千秋楽

ついに、終わっちゃいましたね・・・5ヶ月間の限定公演でしたが・・・

振り返りますと、チケット21枚ほど購入してましたが(苦笑)行けずにお譲りしたのや
家族が行ったのも含めると、私が観劇したのは9回・・・のようでした。

今回は2階で観たのは1回で、あとは

-22、ー23、ー27、-21、ー18、ー23、
ー18、21・・・と、

めちゃくちゃ観やすい席ばっかりで堪能できました♪


初見時は、正直、「こんな作品かぁ~・・・。」って感じでした。

エルファバの歌は迫力があるけど、ストーリーが暗めで、死んじゃう人も多いし
納得いかない展開も多いし、大好きなダンスが少なめだし、
ちょっと満足感がなかったんですよねぇ~。

しかし!いつものように、作品をわかってくるにつけ、どんどん魅力にハマっていきました。

まずはエルファバの江畑さんが大好きになったってこと!・・・です。
ナラの時は、ちょっとババ臭くてシブイ声もあんまり好きじゃなかったんだけど
エルファバのかわいさには参りました。感情がよく伝わってきました。
歌は言うまでもなく、毎回ど迫力で、喉は強いしパワフルで好きでした~。
本当にたったひとりで、5ヶ月間・・・。がんばってくれました。
ありがとう!!って言いたいです。

グリンダは3人、変わりました。

最初はオリキャスの沼尾さん。
さすが、声はきれいだし、抜群の安定感・・・扮装もよく似合ってたという記憶。
ただかわいらしい印象で、あっさり流してたという感じも今思えば・・・します。
苫田さんに比べれば遊びは少なくて、品がいい感じ?

二人目が山本さん。
リハ見で北澤さんとイチャイチャしてるのを見て、「だれじゃあ?あの女・・・」
っていうぐらいの印象だったのに(個人的に)、だんだんに貫禄がついてきた感じでした。
私の印象では、グリンダの格好が一番違和感なく似合ってたと思います。
苫田さんのを見ちゃうと、いろいろ物足りなさは感じますが、悪くなかったと思います。
山本さんと言えば、評判のネッサローズも終盤拝見することができ、うれしかったです。
いや~・・・怖かった。(笑)
「イヤよっ!!」・・・とボックを振り返るところ、完全にホラーでした・・・。
最後はすごく痩せていらっしゃったから少し心配しました。
どうなのかな、グリンダやってたのに、(降ろされて?)別の役をやるって・・・
ん~、別に複数キャストだから役が変わるのは当たり前なんでしょうけど、ちょっと
複雑なのかな~?って思ったり。
こちらは3人のネッサが見れてラッキーでしたけど。

ディラモンド教授の前田さん。
毎回変わらずステキでした。ぜひ、他の役で、動物以外で拝見したいです。(笑)

マダム・モリブルの森さん。
何も言うことはございません!「お礼の申し上げようがございませんっ!!」(笑)
福岡で復帰、嬉しい限りです。
途中代わった白木さんも良かったです~。
森さんのターニャ、観たいなぁ~!!!

オズ陛下、松下さん。
美声ですね~。「束の間嫌なことを忘れられる」お酒のくだりや、不倫・・・などキャラからは
ちょっとピンとこない部分もありましたが、好きでした~。
今まで拝見した中では、一番松下さんの魅力を発揮できる役・・・でしたよね?

ボックは伊藤さんで完走でした。
伊藤さん、ちょこちょこ拝見してきたと思うのですが、イベントとかでナマの声を
お聞きしたことがない気がします。(私は)ちょっと残念。
小柄ではいらっしゃるけど、美形ですよね~。か~わいい~お顔です~。
「ボックって言いよろうが~~~~っ!!」
って、グリンダをはたきたくなりました。(笑)
(しかし、伊藤君が苫田さんに恋焦がれる図はどうにもしっくりこなかったのでした。苦笑)

そして・・・フィエ~ロ♪

最初は李さん。
はい、かっこいい。はい、申し分なし!

岡田くん。
あ、ちょっと彼もスカイの時よりオトナになった感じ。
背が高くて若くてかっこいい。歌も演技もそつなし。

そして・・・北澤さん

理屈じゃなく・・・好きでした。
フィエロの歌は歌いづらい部分もあるのかもしれないけれど、本当は北澤さんの歌は
あんなものじゃないんじゃないかなぁ~?って思ってました。
数年前、配達人で拝見した時は、もっと圧倒的な迫力、声量があったと記憶してるんです。
だけど、キレイで丁寧な歌い方で、あのニッコリ笑顔や、おどけた仕草や・・・
やられっぱなしでした。

パパで「陛下がお呼びです!」の山田さん。
LKでそのキャラのおもしろさは周知のことだったようですが、私は歌おうイベントで
知って大好きになりました。
声も歌もとってもステキです~。

田中宣宗さん。
一番衣装替えが多いと聞きました。アクロバット的なことも多いし、注目してると
本当に大忙しのようで・・・心から、「お疲れ様です!!」と言いたいです。

成田蔵人さんも、カンパニーを引っぱっていってくれたであろうおひとり。
いつもタンクトップで、バレエダンサー的な美しい体を披露してあって・・・(笑)
前の席だとリボンのときなど視線がバチバチ・・・(笑)
イベント時もいつも優しい笑顔で、穏やかな方なんだろうな~って思いました。

ソンダンに行ってしまったけど、准くんもありがとう!!

アンサンブルさんたちの中で、あまり今まで書きませんでしたが、かなりの功労・・・
さすがだな~・・・と思った方が他にもいらっしゃいます。

宇都宮直高さんです!

シンバとかされてましたが一時退団されて・・・戻ってこられて・・・。
歌おうイベントの時はとても生真面目そうな印象を受けました。
先生の資格もお持ちでしたっけ?そういう雰囲気でした。
で、舞台でも、一際声が響いてました。
私は・・・名前なんでしたっけ?フィエロのおかかえ運転手?の役・・・
あの役が好きでした♪
もしかしてフィエロされたりするのかな~・・・なんて思いましたが・・・地元九州ですし
デビューはなかったですね。
だけど福岡公演を支えてくれたんじゃないかと思います。

他にもアンサンブルさんたち、みんな心がひとつになってる感じでステキでした。
楽譜見て、歌ってみてわかったけど、本当に難しい曲だったんですね~。
それに「ウィキッド」は衣装とかオシャレで目でも楽しませてもらいました。

突然・・・


♪好きな場面

なんと言っても、人生を踊り明かせ・・・でしょう!!!(笑)
あのフィエロの登場時のワクワク感ったらないです。あはははは
明るい大学の雰囲気もいいです。
そして、私の一番の感動シーンでもある、ダンスホールでグリンダとエルファバが
一緒にダンスを踊るシーン・・・。ジーン・・・ときます。あなたを忘れない、より好きです。

フィエロとエルファバのライオンをかくまうシーンもお好きですぅ~。(笑)
絵に描いたようなシーン続出ですけど!


♪好きな歌

歌詞が好きなのは、魔法使いと私、私じゃない、あなたを忘れない・・・かな。
曲は闇に生きる・・・がせつなくて、迫力あって、渾身の心の叫びって感じで好きです。
大嫌い!も楽しくて大好き!・・・ですけど。(笑)


結局最後には大好きになっていたこの作品。


カンパニーの皆さん、感動をありがとうございました!!

次にお会いするのが待ちどおしいです。

あなたは私の中で・・・永遠に輝き続ける・・・でしょう!






















関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

特別カテコ

発売日に買った最前列。

特別カテコが見れて良かったです。

だって一応今のところマイ楽だからです・・・涙


興奮して幕間に書きましたが、北澤さんフィエロが

ヘアスタイルが今まで見た中で一番かっこよくて(切ったばっかり?)

・・・・・かっこよかったです。(笑)・・・それしかない


カテコはボックとネッサがルンルン踊って

エルファバとグリンダが歌って

メインキャストがワンフレーズずつ持ち歌を歌って・・・教授がメエと鳴いて(笑)

ワンフレーズ編集されてて聴けるのはありがたいけど、ちょっと妙な感じ。

拍手が入ると違うかな? (今日はシーンとしてた)


エメラルドシティでペアで挨拶

オズ陛下の喋りの挨拶

最終的な立ち位置は通常とは変わってましたね。

でも大阪公演の千秋楽と同じ流れだったと思います。

でも楽のキャストはちょっと違うから・・・松下さん、伊藤くん、山本さん、前田さん

森ブル先生・・・アンサンブルさんたちも。 新鮮な感じで!!


カテコは何度もあって、フツーに盛り上がりました!

千秋楽に向けて、これがどんどんすごくなっていくんだと思う!!

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

幕間ですが・・・

「ウィキッド」ラストウィーク、熱い!


北澤さん、かっこいい!!!!!
関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

「陛下が待っとうよ!」

久しぶり参加の「ウィキッド」イベント、オズの国のソングセミナー♪

500名近く!?全部で7チーム! 凄い人数でした。

俳優さんたちも、今までのなかで一番多い、って驚いてました。


私は会場に着いたのが結構ギリギリだったので後ろのほうでしたが

通路側だったのでウロウロされている俳優さんたちとコンタクトとれてよかった♪

権頭さんは、確か九州出身だったはずですが、美声で歌っていらっしゃるのが聞こえて

私が譜面と格闘していると、「大丈夫ですか?」と声をかけてくださり・・・

「うた、うまいですね!!」

なんて、失礼な声かけをしてしまった・・・・(苦笑)

しかし彼は「あはは!」と笑い飛ばして、「楽しめればいいんです!!」

と力強くおっしゃってました。

そう、山田さんや宇都宮さんの口からも何度か出た、「歌は心」・・・という言葉。(笑)


にしても、2回目参加の方もいたせいか、皆さんノリノリでしたね?


明らかにお友だちと“発表会”のノリの人もいました。振りをつけたりね・・・(笑)

人数が多いのに、ず~っと盛り上がってる感じだったので、俳優さんたちは驚いてました。

“出たがり”“楽しもう精神の強さ”はあるかもしれませんね~。

あれだけ芸能人が出ていることを考えても!!


スタンバイを待ってる間は、くらんどさんが大活躍。

怪しい山田さんのツッチーツッチー・・・というリズムに合わせて踊ってくれました。

ダンスキャプテンされてたはずですが、見たまんま、優しそうで優等生な感じでした。


いや、もう、お友だちに話は聞いてましたが、山田さんがおもしろくって。

「陛下がお呼びです!」って言うだけでも毎回なぜかウケるのに、

「陛下が呼んどうよ!」「陛下がよんどるバイ!」・・・などとアレンジし、

登場の仕方も毎回違って、大笑いでした。 ここにもイベント王がいたのですね~。

一番の収穫かなぁ~!!!

本舞台では毎回安定した美声で、「愛してるよ~~~~」と歌ってらっしゃいますが。

これから大注目です。(笑)


何度となく上がった舞台ですが、照明もついて、幕も上がる体験はやっぱりいいですね~


二階を見ると参加してない俳優さんたちが見学していらしたようです。


四季のイベントではいつも“何か”があるのですが・・・

今回は、お隣の方がすごく歌が上手くて(習っていらっしゃるようでした)楽しく話せたこと

さらにそのお隣は、お世話になってるお友だちのお姉さん親子だったこと!!・・・でした。


すごい偶然でした! いや~、引きつけ合う何かご縁を感じますわっ!!(笑)

転勤やら、シティ劇場の閉鎖やらでお会いできなくなってましたが、夏休みということで

かわいいお嬢様たちとも会えて、すごくうれしかったです。


やっぱりオタも大集合のせいか、本公演も盛り上がってました。

・・・というか、拍手が多いですよね。(笑)初日並みでした。

♪これが人生さ~  ・・・では拍手ない時もありましたもん。カテコも1回多かったかな?


そうそう、グリンダから拝見した山本さん。

今回はネッサローズで観れました。


いいとは聞いてましたが・・・う~ん、すごい。表情も演技も・・・・濃い!・・・熱い!

保城さんの表現が1としたら、山本さんは10倍ぐらい、いろいろやってました。

ちょっと直視できないぐらい・・・(笑)顔の表情も、ヒステリックなセリフもすごかった。

あれだけ丁寧にやれば、そりゃ、大役も舞い込んで来るかな~・・なんて思いました。

いやいや感心しました。 歌も高音は上がりきってないとこありましたが情感たっぷりでした。



江畑さんはちょっとカスカスになってましたが、立派にやり遂げてましたし

苫田さんは絶好調で、子どもたちにも大ウケでした。

やっぱりお笑い部門も、きちんと歌を聴かせられるからこそ活きるんですね。

彼女はメリハリがはっきりしてます。びしっと決めるところは決められるし、おふざけは

心配になるぐらいはじけているので・・・(笑)


ダンスホールでのフィエロとのキス・・・ん~ちゅばっ!!ってあからさまにやってた・・・

前はハプニング的な、偶然っぽい感じもしたけど・・・まあお仕事ですし・・・(笑)


話がそれましたが、最後イベントは着ぐるみやオズ陛下も登場して盛り上がって終わりました。



あの・・・♪不思議な、魔力だ! でボコッと首が伸びる着ぐるみが出たんですけど・・・

3名・・・誰なんです?


北澤さん、伊藤君・・・って聞こえたんだけど、冗談ですよね?え、そうなの?

そのフィエロと紹介された人が、山田さんに詰め寄って・・・怒ってた・・・?

最悪スタッフさんかと思ってたけど、・・・・違うの?

ほら、ソンダンの時のチェスの駒・・・ひどい時あったやん?(笑)スタッフさん・・・


だけどあの人形は結構動くし、素人だと難しいかなぁ~ 

ちょっとおぼつかないのもいる気がするんだけど・・・目もどこが開いてるかわからないし!

いつもガン見してるんですけどね!


「ウィキッド」初心者なんで、誰か教えてください!(笑)

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: