広告
Singin' in the Rain 2010年11月

「ジェイン・オースティン 秘められた恋」 (2007・英/米)

ジェイン・オースティン 秘められた恋 [DVD]ジェイン・オースティン 秘められた恋 [DVD]
(2010/03/17)
アン・ハサウェイ、ジェームズ・マカヴォイ 他

商品詳細を見る


悲しい・・・貧乏って悲しい。

愛の障害となるのは貧乏?身分の差?家族?
18世紀のイギリスで、ただ愛ある結婚を望んだ二人が大きな壁に阻まれ別れを選ぶ・・・
この時代に比べると、現代はなんとたくさんの選択肢があり、何より“自由”なんだろう!
もどかしい、苦しい・・・でもどこか潔い・・・心のままに生きた女性作家のお話でした。

あんまり好きじゃないけど・・・アン・ハサウェイ
あどけなくもあり、勝気であり、意思がはっきりしていて情熱的。
女流作家にしては軽いイメージもあったけど、魅力に溢れていてなかなかの好演でした。

ジェームズ・マカヴォイは冴えない男たち(設定上もあり・・)の中ひときわ輝き、
色気もたっぷり、ステキでした?。


以下ネタバレ。


日曜の早朝、ジェインの突拍子もないオルガンでみんなは飛び起きた。
ハンプシャーという田舎で牧師をしている父の家は貧しく、兄たちへ金を使い果たした家計は常に困窮していた。
両親は20歳のジェインにはなんとかいいところへお嫁に行って欲しいというのが
自分たちにも、何より娘の幸せのためにも一番の望みだった。

そこへ願ってもない話が舞い込む。
名士であるグリシャム夫人のかわいがっている甥ウィスリーがジェインを見初めたのだ。
ジェインにとってウィスリーは退屈で何を考えているかわからない男。
しかしオースティン家にとっては申し分ない相手だった。

トム・ルフロイはロンドンで判事をしている伯父の下、法律を学んでいた。
その生活は自由奔放、都会で不良たちとあらゆる遊びに手を出し生活は乱れていた。
こんな状態では自分の遺産を継がせるわけにはいかないと、見かねた伯父はトムを一時的に田舎へ送り込む。
友人であるヘンリーはジェインの兄だった。

家族・知人の前でジェインは得意の小説を朗読する。
最愛の姉カッサンドラと恋人のロバートに向けたはなむけの言葉という意味もあった。
ジェインに好意を持っているジョンをはじめ、皆好意的に長い長い朗読を楽しむ。
しかし遅れてきたトムは違った。ひとり退屈そうにし居眠りまでする始末。

そんな風で、二人の出会いは最悪だった。

ジェインはトムに自分の小説を“青臭い自己愛”と評され苛立ちを隠せない。
森の中でバッタリ出会ったふたりはトゲトゲとした言葉を浴びせあう。
ジェインは「女に小説は書けない。」と軽蔑されてる気がして悔しかった。

若者が集う舞踏会。
鈍臭いウィスリーはダンスを練習してきてもジェインと上手く踊ることができない。
それを上で見ていたトム。彼にお熱のルーシーからの誘いは断ったくせに、ジェインを誘う。
踊りながらも言い争いは続く。しかし計3回ものダンスで二人の距離は確実に縮まった。
それにトムが言う鋭い言葉も、ジェインの本心を言い当てている部分もあった。

ジェインは姉へ起こった出来事を事細かに報告していたが、送った手紙は穴だらけ。
トムへの思いは次々と浮かんでくる。鼻持ちならない、高慢な、横柄で生意気で・・・
そして尊大な男・・・

ある日図書室でジェインはトムに会う。
彼は読んでいた本の一部を朗読し、ジェインに意味がわかるかと聞く。
男性経験がないとわからないだろう、と。
トムは自分は少なくともジェインより見聞がある。いい小説は経験がないと書けない。
と、彼女の小説に足りない物を指摘するのだった。


ウィスリーは正式にジェインにプロポーズする。
年収2000ポンドと遺産は君の物だと。
しかしジェインは「自分はあなたにはふさわしくない。」と周囲の期待をよそに断ってしまう。

再びグリシャム家の舞踏会。
ジェインはいつの間にかトムの姿を探していた。彼は明日、ロンドンに帰ってしまうのだ。
いないと思ってウィスリーと踊っているところへトムがす?っと入ってくる。
二人は踊りながら、言葉では憎まれ口をききながらも熱い視線を交わす。

屋敷の外へ出た二人。トムはジェインが愛のない結婚をするなんておかしいと言う。
「でも私はどうすればいい?あなたは明日発ってしまうのに・・・」
ジェインは自分から初めてのキスをする。
トムは目覚めたかのように「僕は君の物だ。心も、魂も。」とジェインの気持ちに応えるのだった。
二人は全てを投げ出して、この愛を貫けるのか・・・・?


ジェインはヘンリーとイライザと共にロンドンのトムを訪ねる。
伯父に結婚の許しをもらうためだったが、一通の手紙が伯父を激怒させジェインは追い返されてしまう。
「伯父が頼りだから自分は何もできない。家族ヘの責任を果たさなければ・・・」
というトムに、
「私が頼りなのはあなたよ。」と言い、心から失望して泣きながらその場を立ち去るしかなかった。

ジェインはハンプシャーに戻ると諦めの気持ちで求婚を受け入れる。
吹っ切るかのようにロンドンで書き始めた小説の続きにペンを走らせる。
そんな時兄からトムが婚約したことを聞く。こんなに早く?
ジェインは傷ついた心を、婚約者を失くした姉と支えあいながら日々を暮らす。

障害のある兄のジョージと森を歩いている時、トムが突然姿を現した。
ジェインにキスをして「忘れようとしたが無理だ。」と言う。
ジェインは愛する人の胸を叩きながら苦しかった想いをぶつける。
二人に残された道はもはや駆け落ちしかなかった。
姉にだけ事情を告げて、二人はスコットランドに向けて馬車に乗る。
しかしジェインはトムの持っていた手紙を盗み見して真実を知ってしまう。
彼はただの放蕩息子ではなかった。彼の故郷には養わなければいけない家族がいた。
トムは金を送金して何人もの兄弟姉妹の生活を助けていたのだった。

ジェインは苦渋の決断をする。
「家族を犠牲にするとやがては心が罪悪感で蝕まれていき不幸になるのは目に見えている。」
ジェインはトムに別れを告げ、ハンプシャー行きの馬車に乗った。


家へ帰ると皆ジェインを探していた。そして帰還を喜んだ。
このタイミングで求婚するジョンに呆れながら、あの、手紙の送り主がウィスリーでなくジョンだったことを知る。



10数年が経った。



ジェインは匿名で小説を書き続けていた。
教会でヘンリー夫妻と美しいソプラノを聴いた後、懐かしい顔に再会する。
娘を連れたトムだった。
娘はジェインの書いた「高慢と偏見」のファンだと言う。
娘のたっての願いを聞き入れ、ジェインは特別に朗読を聞かせる。
トムも・・・今度は眠らずに聞いていた。そして本が閉じられると静かに拍手を贈った。

娘の名は“ジェイン”だった。


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

「理想の彼氏」 (2009・米)

理想の彼氏 特別版 [DVD]理想の彼氏 特別版 [DVD]
(2010/11/03)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ジャスティン・バーサ 他

商品詳細を見る



理想の彼氏5

大好物です!!

大好きなキャサリン、そして・・・年下の彼?
ジャスティン・バーサは「ナショナル・トレジャー」でキュートだった彼なのね!
これは楽しいぞ?!・・・とウキウキして観始めるが・・・


以下ネタバレ



前半、ものすごくスピーディーかつ下ネタ満載で物語は進んでいきます。(苦笑)

二人の子持ち主婦サンディは、そこそこリッチな夫と郊外で理想的な暮らしをしていたが
息子の誕生祝いビデオを編集している時に、夫のいかがわしい浮気映像を見つけてしまう!
耐えられなかったサンディは夫と別れ、子どもたちを連れてニューヨークへ。

ニューヨークは子育てには最悪の環境?
露出狂のホームレスはいるは、学校で汚い言葉を覚えてくるはでサンディは戸惑う。
引越し整理もおぼつかないが、もはや専業主婦でいるわけにはいかない。
ずっと主婦をしてきたとはいえ、スタンフォード大の大学院を出た才女、
なんとスポーツチャンネルで得た知識で立派な統計グラフシステムを作り上げてしまう。

そんな腕を見込まれて、SNN局に無事就職できたサンディ。
すっかり自分に自信がなくなっていたが上司は放送原稿を頼むほどの信頼振り。

ただ、子どもを一人で育てるストレスは大変なもの。

理想の彼氏2

友人であるダフネは“イッパツやってスッキリ”なんてデートをお膳立てするが
紹介された男は職業や見かけは立派でも変人ばかり。

そんな中、コーヒー店でアルバイトをするアラム(ジャスティン・バーサ)と知り合う。
誠実そうで感じのよかった彼にサンディは子どもたちのベビーシッターを頼む。

アラムはちゃんとした大学は出ていたが、まだ親と同居でフリーターの24歳。
ついこの前、アメリカ永住権目当てだったフランス人の女の子と結婚して別れたばかり。

理想の彼氏4

ヤンチャなセイディとフランクJr.はアラムにすっかりなつく。
アラムも就職活動をしながら子育ての勉強もし、子どもたちを退屈させなかった。
サンディは仕事が忙しくなるにつれ、すっかりアラムに子どものお守りを頼み、
いつしか4人で楽しい時を過ごすことも多くなった。

子どもたちを父親に預ける日、二人はデートすることに。
ボクシングを二人で見て家に帰ってくると、子どもたちの言葉遣いに呆れた夫が早々に帰ってくる。
そして「別れたのは間違いだ、一緒に暮らそう。」と言ってきた。

なぜか夫の前では威圧感を感じ、言いたいことも言えなかったサンディ。
その心の内をすべて知っているアラムは彼女の気持ちを代弁しフランクに反論する。
それを皮切りに、サンディもたまりにたまった感情をバクハツさせるのだった。

サンディのことがすっかり好きになったアラム。
改めてサンディを誘い、友人ミッチのヘンテコな演劇を見た後、二人でバーで楽しむ。
そこで偶然にも、いつまでも引きずっていたはずの元妻アリスに出会う。
しかしアラムにはもうサンディしか目に入っていなかった。

理想の彼氏3

二人は家で二人きりになるなりソファで愛し合う・・・。
・・・フランクJr.に話しかけられるまでは・・・。

二人は順調に親密度を増していった。サンディは仕事仲間にもアラムを紹介し
お互いに「愛している。」という言葉も出るようになった。
アラムは25歳になったが、40歳のサンディにはこのままでいいのかと言う不安は消えない。
しかし焦らずゆっくりと、このままの状態でいたい・・というのが二人の願いだった。

そんな時、サンディの妊娠が発覚する。
事実を知って彼は逃げるのではないかと思ったが、アラムは「これを望んでいた。」と堂々と喜んだ。
名前も考え、二人で生きていくことを考えていた矢先、子宮外妊娠だったことがわかる。

急に現実を受け止め我に返るサンディ。
未だに親と同居している彼と子持ちで40代の自分。立場が違いすぎる。
サンディは愛を無理矢理友情だと思い込み、家族のために大切な存在であるアラムを
ずっと思い続けて生きていく・・・と言って実質上の別れを告げた。
アラムは自分の愛を信じて欲しいと訴えたが・・・。


5年の月日が経った。


サンディは仕事上ではすっかり力をつけ、アンカーウーマンに抜擢されることになった。
長女セイディは好きだった生物を極め表彰を受けることに・・・
そしてアラムは、世界中を旅して子どもたちと触れ合い、NYに戻ってきてからはその体験を活かし活動していた。


偶然、打ち上げ会場の店で再会したサンディとアラム。

理想の彼氏6

アラムはバングラデシュで出会った男の子を養子に迎えていたが、二人はまだフリーだった。
お互いにまだ気持ちがあることを感じとった二人は、テーブルの下で手を握り合った・・・。







続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

「近距離恋愛」 (2008・米)

近距離恋愛 [DVD]近距離恋愛 [DVD]
(2009/08/05)
パトリック・デンプシー、ミシェル・モナハン 他

商品詳細を見る


あれ??日本版はこの写真なんだ??
私はこっちが断然いいと思うけどな!パトリック、キュ?ットです?!

made_of_honor.jpg

原題は「Made of Honor」で彼が親友である彼女の“花嫁付添人”になるという話。
うん、まあ、さわやかなラブコメでアッサリしていて良かったと思いますよ?
変にダラダラされなかったのがいい。おもしろげなとこだけかいつまんだ感じ♪
パトリックとミシェルが私には魅力的だったので楽しく観れました。

以下ネタバレです。



トム(パトリック・デンプシー)は根っからのプレイボーイ。
“同じ女と二日続けて寝ない”という持論はあるものの、相手を忘れるほどの女遊び。
出会ったいい女は逃さないし、女も彼の魅力に抗う者はいない・・・。
オープンカーを飛ばし、スタバでスラスラと好みの注文をする。

そんなトムが毎日曜、会うのを楽しみにしているのが大学以来の友人ハンナ。(ミシェル・モナハン
出会いは10年前のハロウィン・パーティー。
夜這いを楽しんでいたトムは相手を間違ってハンナのベッドに潜り込んでしまう。
他の女と違って自分を批判し冷たい態度をとるハンナに、トムは興味を持つ。

それから10年、二人はいい友だちとして付き合いを続けてきた。
お店回り、食べたいスイーツ当て、ケーキのシェア、お互いの好みを熟知した注文・・・
本当の親友のように、お互いのことを一番良く知っていた。

330492view002.jpg


トムは父親の6回目の結婚式に一緒に出席してくれるようハンナに頼む。
結婚否定者である彼はステディを作らなかったからだ。
それも父親の影響が大きいかもしれない。父は母を失ってから結婚離婚を繰り返している。
身近に愛のない結婚生活を見せられてはそういう気が起こらないのも仕方ない・・・。

結婚パーティーの途中、トムのファンであるサイコな女から避けるため
二人はダンスを踊る。トムの気持ちはサイコ女から逃げることで精一杯。
しかしハンナはトムの肩に顔をうずめながら、せつない表情。
それもそのはず、ハンナはトムとの写真を待受けにするほど彼を想っていたのだから。


そんな時、ハンナは働いている美術館の仕事で、スコットランドに出張することになる。


たった6週間の不在。
しかし毎週会っていたトムは急に不安になる。
連絡をとろうとするが、遠いスコットランドとは携帯も繋がりにくいしすれ違う。
トムはバスケ仲間の悪友たちに自分の気持ちを相談する。
悪友たちはプレイボーイだったトムの変貌振りに驚くが、「結婚はいいもんだ。」と
みんなで応援することに。

待ちに待ったハンナが帰って来た。
トムは、結婚はしないけどとりあえず一緒に住もうと言うつもりで花束を用意。
いそいそと出かけた待ち合わせ場所のレストラン。
なんとハンナの横には・・・見知らぬ男がいた!!

ハンナはスコットランドの田舎で牛に囲まれて立ち往生しているところでコリンと出会い、彼に助けてもらったのだ。
そこからはトントン拍子。二人は意気投合し、すでに婚約まで済ませているという!

あまりのことにショックを受けていると、ハンナから花嫁介添人をやってくれないかと頼まれる。
自分の一番の理解者だからと・・・。

トムが悪友たちに事の次第を告げると、それはもう結婚式まで側にいて
なんとか結婚を諦めさせるしかないのでは?と言う。
トムはせめてコリンのアラを探そうと必死になる。
慣れないバスケに誘い、最初こそ笑いものにするが、慣れてくるとダンクシュートを決められる始末。
シャワーで全裸を見てはショックを受け、家は貴族で、有名なスコッチウィスキーの製造元であると知ると完全に軍配が彼に上がったも同じことだった。
弁護士のデニスに身辺を探らせてもホコリひとつ出てこない・・・。


結婚を繰り返す父には、「腰抜け」呼ばわりされる。

madeofhonorpic15.jpg

父はただ一人の女性を愛していた。それはトムの母親だった。
別れた時にその気持ちに気付き追いかけたが彼女は振り向いてくれなかった。
そして永遠の別れがやってくる・・・。
父は、息子には後悔して欲しくないという気持ちを伝える。


結局、結婚パーティーなどいろいろな試みも失敗し、MOHとしての信頼もなくし
3人のブライドメイドとスコットランドへ飛ぶ。



父や悪友たちに背中を押され、トムは本心を打ち明ける機会をうかがう。
ハンナを呼び出しプロポーズの言葉を言うが、誓いの言葉を考えているハンナは
勘違いしてそれに気付かない・・・。
しかし地元の結婚時の伝統である、花嫁が塩を持って“キスを売る”という風習のために
町に連れ出されたハンナ。戸惑いながら見ず知らずの男たちと軽いキスを交わす。
そしてトムとも・・・。
トムのキスは本気だった。驚きながらもそれに応えるハンナ。


別荘に帰ってきてトムの気持ちを確かめるハンナ。
トムは結婚観が変わったこと、結婚を取りやめて欲しいと懇願するが
ハンナは、「どんな時でも頼りにできて愛してくれる人、心から信頼できる人でないと・・」
とトムの気持ちに応えられないことを告げる。
さっきまで他の女といちゃついていたのだ。(それは勘違いだったのだが・・・)
ハンナは彼が自分という親友を失うのを怖がっているだけだと思っていた。
それにカンペキな男コリンは結婚相手として不足がまるでないのだった。

トムはつらすぎてとても無理だと結婚式には出席せずに別荘を後にする。

しかし帰る途中、1匹の犬と出会う。いつものように頭を優しくなでてやる。
犬には素直に「愛してる」と言える自分・・・。

トムははっとして結婚式を目指す。船は出た後だったので馬を借り、林の中をひた走る・・・。

なんとか誓いの言葉の前に会場になだれこんだ。
そして正直に、今まで言えなかった自分の気持ちをハンナに伝えた。
ハンナは顰蹙覚悟でコリンに指輪を返す。
コリンのおばあさんがスコットランド語でコリンに何か言った。
コリンは頷いて、トムを殴り飛ばした・・・。

330492view005.jpg

二人はアメリカに戻って式を挙げた。
ベッドの中で、相手が間違っていないか確かめて・・・。







続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

「きみがぼくを見つけた日」 (2009・米)

きみがぼくを見つけた日 [DVD]きみがぼくを見つけた日 [DVD]
(2010/11/03)
レイチェル・マクアダムス、
エリック・バナ 他

商品詳細を見る


・・・・・なんですか、コレ?これ、感動作?「ゴースト」の脚本家なの?
最初から最後までモヤモヤがあってそのまま終わっちゃいました。
「君に読む物語」のレイチェル・マクアダムスが良かったので今回期待したけど
脚本があまりにSFでついて行けなかった。いいのか?これで。


壮大なネタバレです。

334775view003.jpg
お似合いな二人ではある・・・

このストーリーの節目になってるのがクリスマス。
最初の場面。まだ幼いヘンリー(エリック・バナ)が歌手である母の運転する車に乗っている。
美しく響く母の歌声。
しかし次の瞬間、アイスバーンで対向車が激突、スピンする中ヘンリーは最初のタイム・トラベルを体験する。
目の前で消え行く息子に驚愕しながら、ハイスピードで向かってきた車に激突され母は帰らぬ人に。
再びそこへ戻ってきて立ち尽くす幼いヘンリーに、未来からやってきたヘンリーが声をかけるのだった。

ヘンリーはタイム・トラベラーという自分を受け止めつつ図書館の司書をしながら
日々を淡々と過ごしていた。そこへ現れた若い女性クレア(レイチェル・マクアダムス)。
彼女はヘンリーを見つけ、大喜びし、10年来の恋人のように接してきた。
何のことかわからず戸惑うヘンリー。

クレアは6歳の頃から、未来からタイム・トラベルしてきたヘンリーと会っていたのだ。
出会うのはクレアの家の近くの草原。
一度出会ってからは、クレアはヘンリーのために服や靴を用意していた。
(タイム・トラベルをする時は裸なのだ。)
18歳で会ったのが最後ではあったが、何度も何度も会いに来る3?40代の中年男に
クレアは恋をし、将来の結婚相手だと心に決めていた。

だから初めて同じ時間軸の中で出会ったクレアはうれしくてたまらなかったのだ。
ヘンリーもそんなクレアを愛しく思うのに時間はかからなかった。
彼女といると心が安らいだ。失うことが怖いので大切な物を作らずに生きてきたが
クレアだけは違った。そして二人は結婚する。母の結婚指輪を渡して・・・。

わかっていたことだが、結婚生活に障害はあった。

ヘンリーのタイム・トラベルは突然起こる。
それは結婚式の最中でも容赦なかった。
結婚初夜も、クリスマスも、彼は突然いなくなり、クレアは一人で寂しく過ごした。

新たな命にも悲劇が起こった。
ヘンリーの特異体質を引き継いだせいか、おなかの赤ちゃんは育たず何度も流産する。
ヘンリーはそんな現実に我慢出来ず、クレアに相談なしにパイプカットをする。
自分と同じ悲劇を子どもに味わわせるわけにはいかなかった。

しかしクレアはその事実を知り激怒した。二人は大喧嘩をする。
クレアは諦めることができなかった。
ある日、過去からタイム・トラベルしてきたヘンリーと車で会い、彼の子を身ごもる。
手術をする前の彼だった。

今度の赤ちゃんはおなかの中で無事に育ち、クレアは元気な女の子を出産する。


幸せな生活の中で、二人には言い知れぬ不安があった。
クレアは今まで40代以上のヘンリーに出会っていない・・・。
いつか二人が廊下で見た瀕死のヘンリーの姿はなんだったのか・・・?
ヘンリーは未来で10歳になった娘アルバと会った時に自分の最期を知らされていた・・・。

アルバが5歳の時のクリスマスイブ、その日はやってきた。

ヘンリーはタイムトラベル先で鹿を狙うハンターの銃に当たる。
現実に戻ってきた時は、腹部に致命傷を受けて床に横たわっていた。
クリスマス・パーティで集まったみんなに見守られながら、ヘンリーは息をひきとる。


9歳になったクレアはあの草原でゴメスの子どもたちと遊んでいた。
そこへヘンリーが木陰からふらっと現れる。
二人が用意していた服を着て。
39歳のヘンリーだった。クレアも一報を聞いて慌てて駆けつける。走る、走る!
タイム・トラベルの時間は一瞬だ。
クレアは消えかかる前のヘンリーをしっかりと抱きしめた・・・・・。




続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

出番待つ、キャナルシティ劇場


オケピ、あったんですね・・・・・。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/210601

でも15人程度入れるってだけなら、どうしようもないんじゃないかしら?
LKで何人使ってるんだろう?SOMでは?
だけどナマ演奏に勝るものなし!・・・一度シティ劇場でも聴いてみたいものです。
しかし舞台が見えづらくなるのは困ります・・・。(苦笑)


キャナルシティ劇場のラインナップですが・・・。


http://www.canalcity.co.jp/theater/


このように続々と・・・タイトに入っております。
4月からは「ウィキッド」ですからね?っ!!
私はとりあえず「カーディガン」と「アントニーとクレオパトラ」に行きます。
アントニー・・・は光枝さんが出てるから♪光枝さん、シティ劇場はペドロ以来では?(泣)
他も気になる公演はありますが、チケットが手に入ったらってことで。


HPに座席表が出てませんが、「ライオンキング」の分ですが知りたい方は参考までに。
そんなに基本的には変わってないかと思いますので・・・一応貼っておきます。
がらっと変わってたらすみません。


img147 80%

☆座席表ありました↓

http://www.canalcitygekijo.com/theaterinfo/pdf/seatingchart.pdf
関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

セカンドバージン 第6回

見たり見なかったりなのですが・・・もう6話になっていました。

明日、7話ですね!

怖かった???・・・ついに万理江にバレちゃいましたね。
GPS機能の携帯はさんざん伏線はってあったので絶対決め手になるとは思ってましたが。
るいが行を家に招き入れて、お互いたまらなくなってキスしたのはいいにしても
玄関ちゃんとカギかけて欲しかった。(苦笑)
もうちょっとすれすれセーフにして、二人を密会させてもよかった気がする・・・。
まあ10回しかないからね。

あ?、コワイコワイ。嫌がらせが始まるのね・・・。

と言うか、本当ならバレちゃったほうが良かったんですけどね。
行くんは、万理江が何するかわからないから離れられないでいるみたいだけど
行とるいは両思い、万理江への愛はすでにない・・・という時点で、不倫じゃなく
ちゃんと離婚して堂々と付き合うために、きっかけは必要だった。
変に隠れるから不倫&負い目になるんであって。

万理江もさ?。お母さんが言うように、愛されてない人と一緒に居るってむなしいって。

しかしそれではドラマにならないですね。



それにしても、もうひとりのお相手が布施明って・・・・・。
上も下も歳が離れすぎでしょう!40台に。ちょうどいい歳の人って・・・いないのかあ?。
堤真一だったらなあ?。あ、まずいか。それにそれだと悩む必要ないか。
彼の部屋であっさりキスは許しちゃったけど(不意?)、さすがにその先はだめでしたね。
あんなすばらしい部屋を見せてオアズケくらうなんて・・・哀れだ・・・
るいの方はあれがあったから、行への気持ちの盛り上がりがすごかった。
キス自体も全然違いますモンね。(苦笑)
布施明は(あれ、役名なんだっけ?)天下のオリビア・ハッセーを射止めた男だから
そりゃあ昔はセクシーな要素もあったのでしょうが、今はギリギリって感じですね。

仕事の面では・・・草笛光子!!(役名なんだっけ?)
イヤなオバサンだった。途中見てないので、なぜ急に態度を変えたのかわからなかった・・・
布施明は自分との仲をどうのこうのって言ってたけど・・・なんかおかしい。
あんな大先生、実際いるのかなあ?最高にイヤな感じ。
あんな人間がどんな作品を書くっていうのか。読みたくもない。
るいの恋愛面は賛否両論あるでしょうけど、仕事面はさすが立派ですね。
会ってくれるまで一晩中外で待ったり、自分の責任だとすっぱり身を引いたり・・・
総務に行かされても、仕事が早く優秀さをさりげなくアピール。実力を持て余す感じ。

行のほうは、ちょっとヤバイ仕事になりそうな感じ・・・。

長谷川さんさぁ、悪くないんだけど、仕事面でも夫という立場でも、るいに対しても
なんだかちょっと弱いなぁ?。インパクトが。
もうちょっと強い意思がある男なんじゃないかと思うのだけど。
万理江に対してあまりに煮え切らない態度でイライラする。優しすぎる印象。
全体にあんまり表情がないですよね。気持ちを読みづらい。

鈴木京香さんは相変わらずすばらしい。
「なんで迎えに来ないの!?」・・・と行へ素直に感情を吐露してました。
あんなセリフ、布施・・・秋夫にイギリス行きを誘われて(実質プロポーズ)
体も要求された後じゃないとなかなか言えませんよね!?
自信にはなるよね?、まだ自分は求められてるって。
いつも強がって虚勢を張ってるるいが感情を露にしてくれて、行はたまらなかったでしょう!


息子の恋人、YOU(愛子)の存在。
なかなかいいと思う。大体同年代だし、るいにとってはいい相談相手になっている。
本当は息子の恋人があんな年上の女だと関わりたくない相手なんだろうけど
それ以上に自分の恋の相談で、るいにとって必要な人になっている気がする・・・。
一人で抱え込むより、話す相手がいればずっと楽ですよね・・・。


占い師が言っていた不吉な未来へと確実に進んでる気がする。


10回はあっという間ですね。





関連記事

テーマ : ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

職探しに並ぶ列

昨日ハローワークに手続きに行ったのですが、相変わらずもの凄い人でした・・・
本当にこんなラインはいらないなあ?(苦笑)
しかし舞台の中でリチーは、「おっ、オレうまいこと言った!!」って感じかな?


備忘録のつづきです。


クリスティンの染谷さんも変わらぬ演技で・・・。
あのテンションで演るのは大変だろうけど、なんだか飽きそうだなあ(苦笑)
小川さんも見てみたかったな?って思います。
オンチでスタイル抜群の若妻・・・この条件だと小川さん最強な気がする!
かわいければかわいいほど、微笑ましいかも!

三雲マーク、癒されました!(笑)
三雲くんはマークの髪型が一番好きだ。全体にちょっと元気がない気もしたけど・・・
あ、福岡公演の時に比べてです。
軍隊みたいな挨拶をした後にボビーが「すんごい!」と合いの手を入れるとこ好きです。
若さゆえのガツガツした闘志に、この世界に疲れた者たちは「そんな頃もあったな?。」とか
「ふふふ、かわいいのう?。せいぜいがんばれや?」って感じで生温かい目で見てるんだろうか?
古株のボビーとシーラ、シーラに対抗意識を持ってるヴァルとマークの組み合わせ。
なんか、いちいちシュンとなる三雲くんが犬みたいでかわいい!(笑)
歌がうまいのにあれだけなのはちょっと残念。(歌ってほどでもなし・・・)
「溺れそうでした。」が一番うけてますね。あと「教会が助けてくれたのはこの時だけ」とか。
他はちょっとおおっぴらには笑いにくい感じもあるし。(苦笑)
あとは「もちろん、医学のほうで・・・」とか「おっかなかった?!」とか
「きれいさっぱり洗い流してくれました!」とか・・・彼が言うと顔がニンマリする。
解剖図に萌えたのは、子どもの頃、ダビデ像に目が釘付けになったのと同じかしら!?(笑)

ポールの田邊さん。
一時期、べっちが来てくれるのを心待ちにしてた時期がありましたが
わりと福岡へも来てくれる回数が増えて、ちょっとありがたみが薄れていたかな?
やっぱり彼を見ると、胸が熱くなるものがあります。
彼を最初に見た時のドキドキした感じが蘇ってくるんだと思う。
脳内でかすかにのこっている彼のマイク!
かわいいって言うより、カッコイイ系だったと思う。髪もふわっとパーマで・・・。
ポールになった時はものすごく複雑だったけど、あの笑顔で頂点に立つ姿を見ると
「うん、べっちがもっともふさわしい!!」と思えるのでした。
今回も感動をありがとう。

熊本さんは彼女なりにディアナ像を完成させてそつなくこなしてる感じ。
そんなに悪いとも思わないけど、Kさんと話してたようにディアナ自体にあまり共感が・・・
まあ、机になれ!っていう要求は確かにばかばかしいと思いますし
「夢を叶えて舞台に立てて幸せね!!と言われる・・・」というセリフは大好きなんだけど
あの説教めいた上から発言が「何者?」って感じもします。(苦笑)
諦め・挫折・・・だけでは片付けられない事情っていろいろあるじゃないですか・・・ねえ?
「男子ぃ!!そんなこと言っていいと?先生に言いつけるけんね!!」(なぜか博多弁)
なんてガミガミ言ってるクラスの鼻持ちならない女子みたい。
熊本さんが首を斜め45度に傾けて訴えてるのを見ると・・・
舌出して踊ったり、コンチクショウ!とかクソッ!とか言ったり、タップを靴のせいにしたり・・・
あんまりお行儀良くない勝気な女だけどディアナは好かれるキャラなんですね。
特に外国では受け入れられるタイプなのかしら・・・???


最初のジャズコン(お笑い部門も含め・・・)で「これはおもしろそうだぞ!!」
と観客の心を掴み、フィナーレのバウズで「うう?、良かった????!!」と思わせてくれる。
・・・真ん中は、橋田 壽賀子もびっくりの長台詞にちょっとめげそうになりながらも・・・
トータルで見るとじわじわと感動が押し寄せてくるとっても人間臭い作品。
オリジナルはまずキャシーありき・・・でこの女優にこの役をってことで作ったそうだから
キャシーをどんな人が演じるか・・・
それがこの「コーラスライン」の成功へのひとつのカギだと思いますね?。

ストーリー的な役割としては、コーラスラインでもがく俳優たちの中で、唯一そこを抜け出し
華やかな世界に身を置いた経験のある役者という立場。
彼らが目指す道、成功者かと思いきや、それが幸せだとは限らなかった。
大好きなダンスを、誰でもない自分の為に、大好きな舞台で踊ることができる幸せ。

結局はそれを訴えているのかなあ?この作品は。

それと“世界にひとつだけの花”のようなコンセプト?「One」が先ですけどね!


あとキャシーを演じる面では、圧倒的なダンス力と歌唱力が必要。
これが両方備わってる人って・・・本当に大変ですよ。
四季事情を知らない人は、あの主役っぽい女の人が一番上手くて当然と思うだろうし、
そこで、♪わぁ?たしにミュージィ?ック・・・♪って歌を聴いて、
「どういうこと!?」って不信に思いかねないわけですよ。
踊りに踊ってあれを歌い上げられる人・・・いつか現れるのでしょうか?
マイケル・ベネットさん、酷な作品を作られたもんです。
でもそれだけに、この作品への楽しみ、期待は尽きません!


今度また観れる時まで、楽しみにしています!


関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

また来てね

「今じゃ結婚してデブ!」(マイク)
「わしゃ、アンタには向かん!!」(CFYのボビー)

というセリフをなぜだかいつも楽しそうに何度も言っているロボに、軽い殺意
不信感を感じている私です、こんばんは。


今日のACL大分公演で、11/9?16の長い?九州ツアーが終わりました。
間に1日あった日も多かったので、帰らなかった人は何されてたんだろう・・・?
ちょっと気になるところです。

以前は九州内を今日は長崎、明日は熊本・・・って連日のようにまわっていて、
バラシて移動してすぐ準備して・・・と、裏方さんも俳優さんも大変だな?と思い、
いつかの四季からのアンケートで、
「あまりにひどい。ただでさえきつい旅公演なのにスタッフ&俳優への負担が大きすぎる。」
と書かせて頂きました。今回はちょっとほっとしました。セットも少ない方ですしね。
あ、衣装や小道具も少ないか・・・。省エネ作品ですね。(笑)
一日あくと、少しはゆっくりできそうだけど、滞在費とか困ることもあるのかな?

今日は大分のテレビに萩原さんが出た模様。↓

http://www.e-obs.com/blog/nicecatch/review/201011/2166.html

ヒゲ濃い・・・。どんな話だったのか聞きたかったな。


もう忘れかかってますが、熊本公演の感想。


本当に客席と通路と舞台と、スペースが少ないホールだったので、階段もめちゃ簡易版。
最前列だと舞台が近い!

影山ラリーが、わかってたはずだろうけど、降りた時に居場所探してウロウロ。
観客が邪魔?私も思わず足を引っ込めました。(苦笑)
で、途中カードを落としたり、ハラハラ・・・。
ビッキーがお手本があるとできる・・・と言うシーンの前、なぜだか影山さん余裕?
私は大丈夫かなあ?と心配してたんだけど、案の定お声がかかった時に舞台に駆け上がろう
としたけど、狭いし階段をすぐに上れなかったのでちょっと間に合わず。(笑)
なんか好きです。影山さん。

「端から始めましょう!」とか「落ち着きませんよ、端から始めなきゃ・・・。」
とかは洋一郎さんおもしろかったなあ。大ちゃんもうけてましたけど。
「おばあちゃんはみんなそう!」って言うのも、洋一郎さんのが好きだったな。
なんかむかつく感じが出てました♪
で、大ちゃんのダンスは長崎の時の方が良かった気がしました。
ちょっと危なっかしい感じがしました。キメのポーズも・・・お疲れだった?
藤原さんはいろいろ優れてるし中堅どころの域に入ってきたけど、なぜかハラハラして見てしまうとこがあります。
なぜだろう??

ダンの歌好きだ?。何度も言ってるけど?。
朱さんの1メートルの表現、よりリアルになってますよね。よかよか。
あ、ちょっと気に食わないのは、「はぁい、ダン!」ってぶつって切れるとこ。
「はぁい、だぁ?ん♪」・・・の方が好きだな。
踊り子さんとは別れて、誰と結婚したんだろう。カウボーイに似合う人かな?
子ども二人養っていくために、踊れなくなったら演出家を目指すという・・・
とりあえずは家族の為になんでもするでしょうね。現実はシビアです。
そんなダンにとっては、踊り子さんとの思い出は夢のような出来事だったのかなあ?

大口さんは全然変わりなくすばらしかったです。
コニーの、出ている舞台がクローズしたら、体型気にせずいっぱい食べてデブになる!
ってところ共感します。(笑)亭主と一緒に子だくさん家族。
アンに出てくるクチビルおばけ・・・誰だっけあのおばさんを思い出しちゃった。
セリフはやっぱりちょっと古臭いですよね・・・。
背が低いことをガンだなんて表現、今じゃ差し控えるかな?って思う。
でも、「トウで立っても豆粒よ!」ってセリフは好き。子役がもらえるのには感謝だけど
それで満足はしてないみたいですね・・・。

増本さん、好きだ?。シーラが好きだ?。
30歳でお歳の役だなんて。今はこういう年齢も上がってる気がするなあ。
ザックとのやりとりのセリフ、み?んな好き。「女はいらないのね?」とかちょこっと前に出るところも。

口の道、道口さんは相変わらずいいお声で、ひとりういてるほど・・・・(笑)
ボビーのパントマイムのシーンはお友だちに言われてたこともあり、ガン見。
なるほど?、そんなことをしていたのね!!って感じでした。
前衛画家もまっつぁおの顔ってとこでもうけてたなあ?。

松浦さんも髪が伸びたなぁ?。
どうでもいいけど、ぐっちょんもべっちも岩崎さんも・・・髪型が残念・・・
いや、役作りもあるんだろうけど、もっとかっこいい姿を知ってるからさ?・・
アルは掛け合い命なのに、前と変わってなくてちょっと残念。


つづく
関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

熊本着いたばい

NEC_0060 20%


天気もよろしくて。
なんで傘持ってきたんでしょう?私。
あ、チキンラーメンの路面電車だ!ここもまだあるのね?

初めて高速バスの『ひのくに号』に乗ったんだけど、
足下は広くて快適♪新幹線より広いよね?
運転手さんもやわらかい物言いでステキ。
お知らせ&注意事項を話されたんだけど、軽い命令口調で
「はい、教官!!」
・・・と言いたくなったわ?(笑)   変態か・・・


にしても何が悲しいって、天神出発したはいいけど、
街中通るので都市高速に乗るまでが15分、さらに私の家の近くを通るまでが15分・・・。


近所で乗せてくれれば早いのにぃ?!(;^_^A


ものすごい無駄を感じた私でした。


まったく、ムダムダムダムダ――――――!!
(ジョジョ風に)

↓以下、追記


バスセンターから徒歩2分ってあったけど、本当に近いです。
写真はバスセンターから道に出たところで撮ってます。
先日大渋滞で腹が立った熊本ですが、ここはなんて便利なんでしょう!
4枚綴りの回数券(福岡から1600円)を買って正解でした。・・・また来よう♪

お友だちと合流して観劇前の腹ごしらえ&おしゃべり!

ひゃ?っ!今日はた?のし?!!


関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

拍手泣かせのACL

拍手泣かせ?そんなコトバありませんよね!!
いや、観客がどこで拍手したらいいかわかりづらい・・・それがこの作品です。
ジャーンッ!!・・・っていうわかりやすいキリが少ないから。
ラスト(合格発表)にいたっては、あまりにも微妙で。(私は大好きですが!)
まあキンキラ衣装で登場したところもカテコのようで本編ですか?
常設の時、ある程度勝手知ったる?観客たちに慣れていたせいか全国の微妙な反応にはヒヤヒヤしました。
しかし、終わった後の観客の興奮具合からすると、女性陣のスタイルのよさに圧倒され
ユーモアを楽しみ、華やかなエンディングに感動したって感じが伝わってきました。

私が楽しみにしていた初見のキャストです♪
・・・変わってないキャストも好きな人ばかりです。
いや、とにかくこのキャスト豪華です!!
豪華・・・と思うのは人それぞれでしょうが、私の中ではこれ以上ないぐらい・・・

歌って踊れて演技して・・・ミュージカル俳優としての能力が際立った人が揃ってるこの作品。

見てください。他の作品で主役&メインをはるような人がゴロゴロいるんですよ。
四季ヲタ大コーフンです!!(笑)
大好きな俳優さんたちがずらっと並んじゃうんですからね。(まあそれがこの作品ですけど。)


★2010年1?2月 福岡公演 と 2010年11月9日全国公演(長崎)のキャスト

ザック      深水彰彦 → 味方隆司
ラリー      影山 徹 → 同
ダン       朱 涛   → 同
マギー      和田侑子 → 勝田理沙
マイク      斎藤洋一郎 → 藤原大輔
コニー      大口朋子 → 同
グレッグ     武藤 寛 → 萩原隆匡
キャシー     坂田加奈子 → 滝沢由佳
シーラ      増本 藍 → 同
ボビー      道口瑞之 → 同
ビビ        上條奈々 → 小松陽子
ジュディ     鳥海郁衣 → 恒川 愛
リチー      西尾健治 → 岩崎晋也
アル       松浦勇治 → 同
クリスティン   染谷早紀 → 同
ヴァル      石倉康子 → 樋口麻美
マーク      三雲 肇 → 同
ポール      田邊真也 → 同
ディアナ     熊本亜記 → 同
フランク     笹岡征矢 → 本間裕司
ロイ       宮本聖也 → 同
トム       林 晃平 → 金光基成
ブッチ      吉田龍之介 → 君島龍矢
ビッキー     橋本 藍 → 同
ロイス      岩沢英美 → 高田直美
トリシア      勝田理沙 →山崎菜摘

※福岡キャストは一例です。

では、私個人の感想です。

☆ザック・・・味方さん

この前拝見した時は、ほのぼののアンデルセンでした。
ザックは自分の中で格好つけてて、冷たい印象があるので優しすぎるかなあ?
立ち振る舞いがもっとキリッとしていて威圧感があるほうがいい気もしますが。
お人柄が出ていた気がします。悪いってわけではありません。

☆マギー・・・勝田さん

前回はトリシアで大開脚されてましたね。
イベントでの発言がちょっとズレてる感じがして、お嬢様?って感じだったけど
あの時おっしゃってたように、「最後までのこりたい。」という望みが早々と叶い
マギーに大抜擢!
雰囲気はマギーばっちり。歌は・・・とっても重要な「アット・ザ・バレエ」は?
・・・涙が出ました。
和田さんは雰囲気ぴったりだけど歌には消化不良と言うか物足りなさがあった。
「ば?れ?え???!!」のところはこの作品一番って言ってもいいほど
歌では盛り上がる大事なところ。上手い下手は別にして(いや、上手ですよ?)
堂々として歌い上げて欲しかったところ。・・・すばらしかったです。
セリフも聞き取りやすかったです。

☆マイク・・・大ちゃん

大拍手?????!!!
まずはルックス見てびっくり。た・・・・短髪!!
初めて見たなあ、こんな髪の短い藤原さん。しかしこれが良く似合っていてかっこいい!
体も引き締まっていて、上半身はモリモリでこれまたかっこいい!
マイクって、イキのいい新人がやるイメージだったんですよ。
だってあんなに激しいダンス。何人分ものダンスを一手に引き受けちゃってる感じです。
終わってハアハア言っていらっしゃいましたが、さすが、すばらしかったです。
彼としては4年ぶりぐらいですか?歌いながらあのダンスですからね?。すごい。
セリフ&歌は申し分ないし、演技は・・・洋一郎さんの方がコミカルだった気もしますが
なんといってもマイクはかわいい男の子部門担当のはずなので、大正解です!
大ちゃんファンはたまらないですね。

☆グレッグ・・・ハギー

後ろ、髪、盛ってます!!(笑)
うっわ?、グレッグだあ?。腰ほそーい。ヒップア?ップ。(ジロジロ)
萩原さん、すばらしいですね。
アンサンブルだった萩原さんは、もはやどこにもいません。
大きな役がついてからの萩原さんの成長はめざましい!
武藤さん、道口さん、それぞれにおもしろいところがあって言う事ないんですけど
ちゃんと萩原さんのカラーがあって、Mさんがおっしゃってたように女の声がンマイ!(笑)
でもフツーにかっこいい男の人でした。
常に怒り口調で言ってるので、あんまりいやらしさというか、アクの強さはないかな?
コーラスラインって、グレッグの曲に限らないけど、セリフを喋ってる時のBGMが
「チン!」とか変な効果音とかおもしろいですよねぇ?。
他の作品ではあんまりないかなあ?
しかしグレッグ不合格?・・・・ないないない!こればかりは違和感?。

☆キャシー・・・滝沢さん

最初、他の人を追ってたせいもあるのですが、「あれ?キャシーどこ?」
って探しました。ショートの人!?・・・びっくり!
坂田さんと比べちゃいけない気もしますが・・・
なんかすみません。色気ないです・・・。勝手な解釈ですが、ガサツな女に見えます。
喋り方かなあ?悪く言えば果てしなく棒読みに近い感じ。一本調子。
映画版もそうですけど、女性らしさって要ると思うんですよね。キャシーには。
坂田さんはずいぶん女性っぽかったなあと思うと同時に、気高さがあった。
ダンスはさすがにお上手でした。大きくてのびのびで。余裕がある感じ。
だけど色気と、ダンスができてうれしい!!という喜びがあんまり感じられない・・・
あれだけ踊れる人はそうそういないだろうから貴重な存在ですが、ちょっと残念な気も。
坂田さんのすばらしさを実感してしまいました。

☆ビビ・・・小松さん

上條さんどこいった・・・?
小松さ?ん、コ・マ・ツのオヤブンさん!すごい、ベテラン感。
LKとかでもザ・ダンサーって印象ですが、声もクリアで通るんですね。
上條さんの時はまだ若い子ってイメージだったけど、いきなり大御所みたいなビビ。
「あんたたち、何言ってんの?」って・・・(笑)ダンサーの世界は甘くないのよってね。

☆ジュディ・・・恒川さん

う?ん、どうしたもんでしょ、このスタイル。
もてあますでしょ、この女体。(あ、なんかいやらしい、すみません。)
会場から聞こえてきたスタイルに対する賞賛は、たぶん恒川さんに対してかと。
あのハイレグ。細い味付け海苔状態かな?なんて。(またすみません)お尻は半分出てるし。
顔もかわいいしね?。歌がだめ!って言うところなんて声がかすれてはまりまくってるし・・・?
ゴージャスです☆

☆リチー・・・岩崎さん

なぜだろう、なぜかしら。
岩崎さんを見ると顔がにやけてしまう。
西尾さん同様、激しい中にもバレエ的な所作が美しい。
だけど西尾さんリチーに狂喜してた自分がいましたので、今回西尾さん不足でした。
歌も・・・西尾さんと同じくらいお上手なんですけどね。
西尾さん不足です。

☆ヴァル・・・樋口さん

オーラがすごい。アピールすごい。持ってかれちゃうよ?
ヘタなはずがない。引き込まれるその喋り、表情。
歌はのびやかな樋口さんの歌声を発揮できる物じゃなくもったいないかな?
でも知寿さんのヴァルは秀逸ですもんね?。向き不向きあり?
なんつうか、まだ日が浅いのもあるけど、強引に押し切ったような演技でした。
ACLは超ベテランの石倉さんは、噛みしめるような言い回しで、かわいらしさもあって。
甘ったれたような色気がよかったなぁ?。
樋口さんはとにかく強引でど迫力でした。だけどかなりウケていたし、さすがでした。

☆早落ち組

なんだか目をひくイケメンがいると思ったら・・・
君島ぼっちゃん!!(ついこう言いたくなる。)
バリバリ踊っていた55stepsに比べたらずいぶんあっけない・・・もったいない。
アニメのヒーローみたいな容姿をお持ちですね。
日本語・・・どうなのかなあ?四季で活躍して欲しいなあ。


勝手にまたえらそうに感想書きましたが、素人の素直な感想なのでお許しを。


ポールが怪我した後の本音の語らいは、どんどん良くなってる感じがしました。
何度聞いても、リアルよねぇ?。


自己紹介の時、一人終わる度に、「ああ、なるほどね?。」みたいにコトバを漏らす
後ろのオバサマ・・・。茶の間みたいでしたが気持ちはわかります。


カテコは実にアッサリ。間髪入れず終わりのアナウンス。
客も帰りの交通機関があるのか、トイレが限界なのかさっさと引きあげ?。
帰りの特急、福岡行きのお仲間何人かいましたが、少なかった。
指定席でしたが中はガラガラ。行きと違ってぐた?っとして帰りましたとさ。


さあ、次は・・・・明日の熊本でえす!


関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

やっぱりいいなあ!ACL

長崎公演、ブリックホールへ行って参りました。
55stepsに続いて今年2回目なので、へへへ、慣れたもの!(?)

NEC_0038 20パー
山肌というか、斜面にが?っと家が立ち並ぶ長崎市内の風景。圧迫感あり。


今回は1日フリーなんで早めに長崎入り!
・・・これがちょっと大変でした。二人を送り出してから夜ご飯の準備、自分の準備・・・
わかってるんだから、持っていくもの、バッグから着ていく服から用意しとけってね!!
なんにもしてないから、朝とんでもないことになる!!
でもなんとか11時のKAMOMEに乗れましたわ。

ちょっと誤算だったのが、この時間、まだ乗客が多いってこと。

前は夕方だったからなぁ?。隣りは誰も来なかったし・・・
今回ほぼ満席になってました。
窓側をとったはいいが、当然お隣りにも人が来るわけで・・・。

「すみません。」

さわやかな声に振り返れば、丹下さん似のビジネスマン。
いや、ほんと、いい声だったしなんとなく似てたんで、二度見がちになっちゃいましたよ・・・
で、どうすればいんですか・・・。近いんですよね?。携帯も見えそうな感じ。
変な人より全然いいけど落ち着かない。
仕方なく窓の外の風景ばかり見てました。

元々風景を見るのは大好きなので。
長崎に行く途中エス・エー・ジー・エー佐賀!を通るんですけど、これが見事な田園地帯で。
水路が多くて目が釘付けになりました。渡り鳥?みたいなのがいたりして。
でもひとっこひとり見えなかったのは七不思議。

しかし2時間、つらかった。
ひとりならいろんなことやろうと思っていたから。(?)甘かった。

おまけに前はフランス人?のカップルで、若くはないけど日本語勉強しつつチュッチュしてるし
後ろの席は、「汽車なんか何年ぶりか・・・」と言っていた、大きな声で独り言をつぶやく
おじさん。着信音も、何かの警報みたいな音で車内に鳴り響いてみんなびっくり。

「へ?んな着信音!!」と立ち上がってこっちを見ていたガキんちょたち。
学校はどうした?集団は家族みたいだったけど法事かしら?
コイツらがまた、でかい音で着信音鳴らすは、騒ぐはで最悪でした。
「九州なんて来たくなかった?!」とかさ。言っちゃってるけどさ、こっちからお断りさ!
親がいるのにま・・・・・ったく注意しないんだもんね。呆れた。

で、今度は長崎まで行かず手前の浦上駅で降りましたよ?♪ね、慣れたもの!(笑)

NEC_0044 20パー
道の真ん中を通る路面電車。福岡も昔ありました?。

お昼過ぎだったのでホールのすぐ近くにあるココウォークとやらへ。
いろいろお店が入ってるので時間がつぶせそう。
・・・というか、なんで早く長崎入りしたかというと、お昼にちゃんぽん食べたかったから?♪
しつこいね、ちゃんぽんちゃんぽんって。(苦笑)
ここの5階に長崎中華街の名店「江山楼」 が入ってるんですよ!
平日だから?13時過ぎたから?私が入った時は、が?らがら!
ちゃんぽん(上)のセットを頼む。

NEC_0043 20パー   NEC_0040 15パー

味は・・・うまいっ!! 感動のうまさでした。
し・・・・っかりした味がします。アサリ、イカ、エビ・・・魚介類の味もきいてます。
全然臭みのない鶏団子も入ってます。これまたおいしい。
トンポウロウも絶品。満足でした。おみやげに買って帰りました。
さあ、う・・・動いて消化せねば・・・

しかし6階のシネマとかのぞいたけど、(福山雅治の手形があった!)ガラガラ・・・。
広くて設備も立派なのにね?。いくら平日とはいえ、ちょっと心配になりました。
超きれ?なトイレだけ使わせて頂きました・・・。

まあ、本当にただウロウロして、途中スタバでお茶して、あっという間に夕方に。
長崎観光すればいいのに・・・?という意見もあるかもしれませんが、
長崎市内なら主要な観光地は何回も行ってるんですよね?・・・・・。
穴場を探せばいろいろあるのでしょうが、何せ一人だし、そんな元気がないっす・・・・・。

開場時間となり、いそいそとホールへ。

あああ?・・・。やはり7割ぐらいしか入ってないかな・・・?2階も入れたら6割?
55stepsより明らかに少ない。福岡からもあんまり来てない。(私の感覚で)
福岡の時でさえ、平日だった初日は閑散として、ちょっと自分のトラウマになってますが。
今年福岡でしばらくやってたし、長崎でも興味ある人は観に行ってるだろうからこんなものかなあ?

しかーし!!

福岡のキャストから、約半分!!・・・入れ替わってるんですよね!

これは結構楽しめますよ!

個人的に、新たに観たキャスト・・・・みんなすばらしかったっ!!


・・・細かい感想は、夜が明けて書くとします。おやすみなさい。


関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

できすぎですが・・・よかったですね!

笑ってコラえて緊急生放送スペシャル!! 吹奏楽の旅2010完結編

追っかけてた2校が全国大会に出場、しかも金賞受賞だなんて・・・。

すごいことですよ、本当に。

高輪台高等学校は、ちょっと胡散臭い先生が(すみません、すごい人です)
実に楽しそうに指揮してる姿が印象的で・・・。
コンクールの指揮の前、あ?んなにニコニコして、「題名のない音楽会」かと・・・(笑)
イマドキの高校生らしい?生徒たちの話し方も気になった。
特にチューバの女の子!あの子ばっかり話させて・・・!
でも喋り方も喋ることもおもしろかったです。
直前に曲変えたり、曲が決まるまで大作を何曲も平行して練習したり・・・
これみよがしに実力を見せつけてくれましたが、結果的に全国で演奏されたことのない
「モンタニャールの詩」に決めて・・・正解だったと思いました。
「華麗なる舞曲」は昨年福岡の精華が金賞を獲った曲で、まだ記憶が新しいうちに
その演奏を上回るぐらいの演奏をしなきゃいけない、って正直きついと思うのです。
彼らも上手いことは上手いんだから、彼らなりの“色”を表現できたら、それにこしたことはないと思います。
そんなに技巧的にも派手な曲ではないようでしたが、一部しか聴いてないけど
美しく、情景が浮かんでくるようで、ステキな演奏だったと思います。

で、屋比久勲先生率いる鹿児島情報高校です。

福岡でも那珂川やサンパレスにお目見えしたので今夏話題になってました。
やびく先生、指揮中時々白目むいて「こわっ」って感じでしたが、
「最後に食べたものがマズイと後味が悪い・・・」という表現をしたりして
とってもマッタリと、穏やかなご指導の様子が伺えました。
しかし、ピリピリとしっかりしてるのは部員たちのほうで・・・。
何しろコンクールには55人の枠しかなく、30人ぐらい出れないんですもの。
部内オーディションをして3年でも落ちれば1年でも出場する子もいる。
ここはシビアな世界です。
だけどあの選考方法、いいと思いました?。
姿を見ないで、演奏だけで判断するというやつ。
固定観念も情もなし!勝負は音だけ!
・・・おかげで3年生でも涙をのんだ人がいましたね。
そういう人にとっては、全国で金を獲ったって、コンクールはいい思い出ではないんだろうなあ。
う?む複雑ですね。

しっかし聴けども聴けども・・・“オーディナリーマーチ”(笑)

結局全国でも自由曲は聴けませんでした。・・・著作権か何かですか・・・?
オーディナリーが終わったとこで、カットが入って、「ブラボー!!」大拍手・・・
だったので変な感じでした。(苦笑)
しかし課題曲もさらりと耳ざわり良く当たり前のように聴こえるけど、そこが上手い証拠なんですよね?。
音が柔らかい!流れるようにすんなり入ってくる。
これが頂上の演奏か・・・と感慨深く思いました。

トランペットの部長、すばらしかったですね。
楽器も上手いけれど、みんなから信頼されて、妹からも尊敬されて・・・
立派でした。超未熟児で生まれた男の子もすばらしかった。
演奏だけでなく、ああいうがんばりを見せられることで、いい刺激を受けますねえ?。


サプライズのスタジオ生放送は、やびく先生と仲間たち・・・でした。
なぜか、元赴任校の福岡城東高校OBまでいて・・・変な感じでした。(苦笑)

エルザの大聖堂への行列は吹奏楽経験者なら一度は吹いたことのある・・・
美しい曲です。
情報高校でも必ず練習の最後に吹いてる・・・っていう思い出の曲でしたっけ?

スタジオでおとなしく待たされてせいか、最初ピッチが気になりましたが・・・
彼らもピッチを合わせながらの演奏って感じで?



家族で「このままやびく先生が天に昇っていきそう・・・。」

なんて縁起でもないこと言ってました。(苦笑)
確かに、教会の窓から光が差し込み、天使が迎えに来たような曲ですよね。
荘厳なラストではトロンボーンが本領発揮・・・(笑)

マーチは時間切れになっちゃいました。そこは生放送!

「星条旗よ永遠なれ」でしたよね?「ラデッキー・・」かなあと思ってましたら・・・。
ピッコロソロがすてきです。いろいろマーチは吹きましたが、なかなか盛りだくさんで
吹き応え、聴き応えのある曲だと思います。
最後は手拍子足拍子で、華々しく終わりたかったところでしょうが・・・
ちょっと残念でした。
でも吹奏楽っていいな、自分も頑張ろう!って思いたくなるような番組でした♪

(あ、私は今はやってませんがね・・・てへへ。)

関連記事

テーマ : 今日見たテレビ番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

嫁を大事にしてる芸人

今頃ですが、先週の「アメトーーク」 やっと見たので。

気持ち悪く見ました。(笑)

関根さんの奥さん好き話は前からよく知ってたけど・・・
娘に言わせると、「永遠の片思い」なのねw
犬を使って浴室を覗くとか、マッサージで体に触るとか、「今晩は帰らなくていいよ」
とベッドで覆いかぶさりながら小芝居をするとか・・・
微笑ましいっちゃー微笑ましいけど、気持ち悪い。
ホルモンを出すため・・・なんて言ってたけど、関根さん相手に出るのかどうだかw
憧れの俳優とかをドラマで観るほうが出るんじゃないっすかー?

よゐこ有野は・・・発した言葉で笑ったことないけど・・・
今回もおもしろいと思って話してんのかな??って感じでした。
芸人でなければ、いい夫であるのは容易に想像つきますが・・・!

FUJIWARA原西は下ネタで奥さんの恥みたいなことばっかり言って大丈夫?って思った。
まあ?原西を伴侶に選ぶぐらいだから・・・・・・変わり者?(失礼)
あんまり好きじゃないけど、「中の中」とか宮迫のつばネタとか結構笑った。

土田はね?・・・・・。相変わらずよ?しゃべるね?。
そんなに力説して欲しくないんだけどね?。
「はいはいはいはい」と言いたくなる。
はい、フツーにいいダンナさんです!(でもおもしろくない。)

ヤナギブソンって、まずダレ!?
プラン9は知ってるけど個人は知らなかった。
奥さんもの当てのすべてにからんできて、必死さが伺えた。
似顔絵がソ・・・ックリだった!!

大体、あとで写真が出るのに、似顔絵っていったの??

まあ、嫁をどうとらえてるか・・・って意味で参考にはなるけど・・・。

cowcowのヨシくんは、かなりのラブラブぶりでしたね。
S1を獲る時に、彼の家にカメラが入って、暮らしぶりやら奥さんやら出ていて
「これは賞金をあげたいな?。」なんて思わされたものだけど、
幸せそうですね。そういえば絵が上手いはずなのに奥さんの絵はイマイチでした。

富澤は一番おかしかった。
でも彼をキライではないので、巨乳好きとか谷間に手を入れるとかナマナマしかったわぁ。
彼も全裸がどうとか・・・
奥さんの手のオブジェをどう使うか・・・
ちょっとヒヤヒヤしたけど、さすが宮迫さん、うまくつっこんでいた!

宮迫の奥さんの、「パーセントテージ」やら、ホトちゃんの奥さんの
「ひゃ?くえんショ?ップ!!」とかが意外におもしろかった。
ホトちゃん、よく喋ってたなあ! 仲がいい感じが伝わってきた。
変なエロ話しなくても、十分愛情って伝わってくるのに・・・・
下ネタ言えばいいと思って・・・・他の芸人さんまだまだですね!w

休日に妻と出かけるって話の時とか、宮迫が焦って「今回の見せられへん」
と言ってたのもいつもながらおかしかった。

結局芸人の愛する奥さんって、天然ボケが多い感じでしたね。

何もかもできてよくできた妻・・・というより、家でまったり、ほっとしたいのかな?

気の抜けない仕事をしてるから、家でガミガミ言われず、
妻にはひょうひょうとしていて欲しいんでしょうね。

これは芸人の奥さんに限らないか・・・。~(=^‥^A

関連記事

テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: