広告
Singin' in the Rain 2010年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソンダン東京凱旋公演

2010年9月23日に開幕しました。
55周年から・・・すでに2年経ったんですね!(苦笑)
60周年でまた新たなヴァージョンができるかな?
上演作品も次から次に新作ってわけにはいかないし、何十年もやってるとさすがに
マンネリ化してしまうキライがあるので、ショーとはいえオリジナルのソンダンは
貴重だと思うなあ。
ショー的な作りに参加することは、俳優さんたちにとってもいい経験になると思う。
自己アピールできますからね!
(そういえば、オリジナル作品はもうできないのだろうか?三木さん亡くなったしなあ・・)

55ステップスのキャスト、いろ?んなパターンで繰り広げられてきましたが・・・
今回はどうかな?

ヴォーカルパート

渡辺 正
高井 治
李 涛

秋 夢子
早水小夜子
福井麻起子


渡辺さん、ソンダンは評判いいみたいだから・・・・・。
今までの1枠経験者は他に阿久津さん、芝さん、福井さん、スンラさん?
芝さん、観たかったなぁ?。阿久津さんはオーラをバンバン出してたことでしょう。
高井さんはまたかわいさ振りまいてるんだろうなぁ?。
彼にとってもいい気分転換になったりして・・・?(笑)
李さんはこの2年、ヴォーカルの中では一番出演回数が多いかな?
カジモド、タガーが好きでした。
今回ダンスパートの部分もやってるとのこと。あそこ、ハギーで観て大好きだったとこ。
ダンスにも定評があると言っても、あれをやってるなんて李さんすごいなぁ?・・・

早水さんが出てるのがうらやましい・・・。
久しぶりに歌声聴きたいなぁ?。
でも智恵さん、ほのかさんを堪能できたから、福岡もかなり贅沢だった。
3枠も花ちゃんやみのりさんって、よかったしなぁ????!


ダンスパート

水原 俊
加藤敬二
河野駿介
徳永義満
西尾健治
花島佑介
金久 烈
新庄真一
前田順弘

加藤久美子
駅田郁美
井上佳奈
須田綾乃
荒木 舞
杏奈
脇坂美帆
原田麦子
今 彩乃
泉 春花

男性ダンサーは、加藤さんが入ってることで締まってる感じかなあ?
私にとっては御馴染みメンバーだけど、異国の方も多いし・・・。
動画にあった西尾さんのタガー、ぜひ観てみたいもんです!
福岡で観た時、西尾さんすっごくビッグ(体が)になっていて、重そう??と思ったんだけど
今回の姿見たらさらっとした髪のせいか?絞ってこられた感じがする・・・
全国リチーは見れないのかなぁ?。
写真で新庄くんのがんばりを見れたw 後ろの二人がぼけ?としてるから余計に
彼のはじけっぷりがすばらしい!キャッツもデビューしたし、がんばれ???!


女性ダンサーは、御馴染みの方がしっかり固めてる感じですね。
脇坂さんは・・・知らないけど・・・わっきーの娘さんとは別人ですねw
杏奈さんは私は見れなかったけど出ていらしたし・・・細くてかっこいいですよね。
泉さんは結局またこちらに出てるんですね?。


そうそう、こちらであったニンジニア主催のマーチングフェスティバル、
昨日ダイジェストがテレビで放送されたんだけど、バトンのレベルの高さにびっくりした。
世界レベルの人の演技のすごかったこと!天井までピタリと揃って上がるバトン!
泉さんも全国トップのレベルだったそうだけど、ひろ?い場所があればもっとすごい
演技が見れるんだろうなぁ?。あれだけでも感心してましたけど!

あの放映って、出場団体全部ではなかったので、ウチの学校は映っていて本当によかった。
今日もリョウは体育館練習に行ってますが・・・。休みの日はすべてプチ遠征です。
私立といえども、学校側からの特別なバックアップはないし(特待生や金銭的支援など)
男子で中学から楽器やってた人は少ないからほとんど初心者だし、
まともな練習場所がない中、みんな本当によくがんばってると思います。
ウチの学校は伝統もあるし私立なんで、恵まれてると勘違いしてる人もいるんじゃないかな?

リョウが今年吹コンで九州大会まで行った高校の友だちと先日ばったり会って
お互いの練習環境を話したら、お互いにびっくり!って感じだったようです。
まああちらは音楽科もあるし・・・。吹くのが本分・・・みたいな。
にしても、「外で練習してるの?」って驚かれたようです。
これで同じ土俵で闘ってるんですもんね?。ははは
にしても、ウチのカラーを出してがんばって欲しいですね?。
すばらしいスタッフと保護者会の強力バックアップという強い味方もあるし!


あ、なんか四季から話が逸れました。
「アルプ」9月号をつい最近開封した私です・・・・・。もう10月号くるやん・・・


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

キング・オブ・・・・・

コメディでしたね! 優勝は。

いや?、びっくりでした。意外でした。
最初の“被害者の会”みたいなVTRが同情買ったんかと思った・・・(苦笑)


眠いのでざ?っとメモ程度に・・・。
(素人の個人的感想なので怒らないで欲しい・・・・・)


TKO

最初のネタは見た事あるやつだった。
おもしろいんだけど、セットを簡素化してるせいかいつもより伝わりづらく?
2回目は木下のキャラが効いていて、さすがという存在感があった。
内容はそんなでもないのに点数が高かったのはそういうところ?
やっぱり他は真似できないというところが強みだと思う。
最後ちょっとすべってたけど、木本のツッコミはちゃんと機能を果たしてると思った。

ロッチ

個人的に彼らのキャラが好きなので、ツボにはまるとひきつけ起こしてしまうw
催眠術かけて、耐えた???・・・と繰り返すくだり、変顔も含めて
このおもしろさも彼らしかできないなぁ?と思う。
なんつうか不快感がない。(私には!)
得点が低かった2回目。御馴染みのパターンだったけど・・・ちょっと弱かったかな?
中岡が不動産屋に部屋探しにくるやつのほうが好きだな。

ピース

松本が“気持ち悪いネタ”と言ってたw 好きだのなんだの言うから・・・
背中見せろ?・・・のとこだけ笑った。
マタヨシって普通にしてても結構なインパクトだけど、実は中身は普通なので
あんな毎回扮装してるの・・・?あんまりおもしろさは感じなかった。
バラエティで活躍中の声優ごえのアヤベは、ノリにノッてる感じがした。
特に2回目は、いろんなセリフが客のツボにはまってたと思う。
見栄えもおもしろかったし、キングオブコントにふさわしいネタだったと思う!
(まだネタも素人っぽくてキャラもたってないけど・・・)

キングオブコメディ

前々から、「ちょっとはおもしろい・・・?」とは思っていたけれど
さむーい空気になるのを何度も目撃してきた感じw
1回目はおもしろかったなぁ?。2回目は思ったより高得点。
ツッコミが普通すぎる気もするけれど・・・。バランスとれてるのかな。
優勝おめでとうございます。

ジャルジャル

去年の完全アウェーな感じ!!・・・かわいそうだったなぁ!
福徳は録画も見てないんですって・・・。
今回のネタはルミと大分でナマで見ました!!
もう、ガンガンうけていて、もっと長くて、ツボにはまると涙出るほど笑った。
今回はちょっと短いし、会場や本人たちがあったまらないとツライ感じではありますね。
2回目はまさかの「おばはん!」通し!しかもなんで言ってるのか最後まで不明w
でもお笑いに何もかも説明できるような意味が必要ですか・・・いいえ!!
自分的にはかなりおもしろかったです。
後藤が本当の常識的なおばはんに見えるw あの対応がおもしろい。
好き嫌いがあるかもしれないけど、斬新で彼らしかできないネタだと思う。
万人には受けないから、優勝できないのは仕方ないかな・・・

エレキコミック

ちょっと・・・・・。
お年玉・・・?う?ん・・・客が置いていかれるようなひとりよがりなネタ。
悪い意味で予測とは違う展開をしていく感じ。
ツッコミは・・・・・全然おもしろくないし・・・・・。
他に笑ったネタもあったと思う!ここまで勝ち抜いたのは良かったんだろうけど
ちょっと決勝の中では場違いな雰囲気もありましたね・・・結果的にですけど・・・
「もう終わりだ!」ってセリフが自虐ネタに聞こえて一番うけてたw

ラバーガール

決勝に彼らの名前があって喜びました?。
前から彼らのネタ好きです?。あんまりテレビ出ないですけど。
エンタとかたまに出てましたね。
飛永さんの顔がまんまるに見えて最初びっくり。(でも太ってなかった。)
大水くんは相変わらずのいいキャラで!呼ばれても去っていくとこがウケた。
マッタリ感が好きなんだけど、こういう闘い?の場ではどうしても合わない気が・・・
魔王との掛け合いも長すぎた?・・・
フットバスのネタが好きだった?。

しずる

意外にも期待を裏切って?高得点を出すしずる。(笑)
芝居がかったネタにちょっと辟易。池田はがんばってるな?と思う。
2回目はアウトでございました。ちょっと見てらんない!



芸人が採点するのって、きっついですよね。いろんな意味で。
私情を入れるなって言うほうが難しい。
M1のように大御所の審査員だけにする?オンバトのように一般人だけ?
これはこれでいいのかな・・・
芸人が芸人をどういう心理で見てるのか、ヒジョーに興味があります。


番組の進行について。

ネタの終わりが暗くなるんだけど、リハやってるはずなのにスタッフがぼけーとして
すぱっと終わらないのが何回かあったので、あれはダメですね!!
あそこまでネタなんだから、重要でしょ・・・?印象も違うし。
しっかりしてください!

関連記事

テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

デスパレートな妻たち5 #22

「落ちたマスク」

こんな中途半端に感想書いてすみません。
やっぱり文句なくおもしろいデス妻です。毎週楽しく観ています!


ガブリエルは高い花器を買ったり高級ファブリックを選んだり・・・
リッチに戻ったってことで贅沢三昧。
最近困らせ屋のホワニータが、今度は天蓋つきベッドが欲しいとだだをこねる。
そこで彼女を連れて行ったのがホームレスなどに食事をふるまう炊き出し施設。
かつて高価な食器セットを揃え、ガブリエルの憧れだったセレブのフランが
破産して食うものにも困る生活をしていると知ってもの凄く驚く。
何か転落した原因があるはずだと、興味本位で100ドルちらつかせ聞き出すが、
現実は、夫が闘病の果てに亡くなり、貯金も底を尽いたということだった。
そんな誰にでも起こりそうなことで人生ががらっと変わってしまうなんて。
浮ついていたガブリエルだったが、「失って初めてありがたみを知る。」という
フランの言葉を聞いて散財の手を止め、ちょっと我が身を振り返るのだった。

う?ん、シビアな話だった。
次女のセリアの頷きっぷりがかわいかった。


トムは一応働こうと就職活動をしているが、面接で10以上も離れた若者と肩を並べ
いろんな意味でついていけない自分にすっかり自信をなくしていた。
パーティで出会った同級生が、今でも若々しく自分より全然若いのに
リネットとともにびっくり。
秘訣を聞き出すと、それはなんと美容整形だという!
血迷ったトムは「自分もやる!」と勇み足。
金の余裕もないし、整形なんてやって欲しくないリネットは、同僚の“失敗例”
を家に招いてトムに思いとどまらせる。

トムねぇ?・・・
いつからかなんだか陰のある役になっちゃったなぁ?。
始まった当初は他の男優より若くてリネットがうらやましいようなダンナだった気が・・・
ノーラの出てきたあたりからは完全に暗くなってきたような。
仕事もうまくいかず卑屈になることが多くなって?
だけど二人の会話、よかったなぁ?!
歴史が刻まれた皺さえも愛しい・・・っていうね!(泣)
こういうセリフが嘘っぽくなく(実際いろいろあったから?)視聴者もしみじみ
納得しちゃうところがデス妻のすばらしいところ!ユーモアも忘れないしね。
しかしフェイスリフト失敗の同僚はダシに使われちょっとかわいそうだったけど!
“形成外科のパンフレットに載らない顔”“オカルト顔”って・・・笑
よくわからないけど、つっぱっちゃってたのが丸わかりってこと???
女優さんたちみ?んなしてるでしょうにねぇ???!!



スーザンはジャクソンに強制送還を避けるための偽装結婚を頼まれ
一人でいることに寂しさもあったことで引き受けてしまう。
結婚報告パーティーは開くが、どこからばれるかわからないので実情は内緒に。
まずマイクとキャサリンに“結婚すること”だけを報告しにいくと
マイクは思った以上に動揺し、キャサリンは手放しの大喜び。
そしてそれを隠すかのようにマイクはキャサリンにプロポーズをする。
ところがスーザンはマイクから扶養料がなくなることを聞かされ、それでは困ると
なんとかジャクソンのために協力して欲しいと頼みに行く。
その時マイクは留守でキャサリンが応対する。
スーザンには絶対結婚してもらわないと困るキャサリンはマイクには伝えずに
勝手に「扶養料は払うから。」と返事。
スーザンは喜ぶが、このいきさつを知ったデイブが、放火事件の目撃者である
ジャクソンを立ち去らせるため結婚直前に移民局に通報してしまう。
ジャクソンは警察に連行され・・・。

物陰から連行現場を伺うデイブに爆笑!!あの表情・・・うける・・・。
もはや今唯一のサスペンス部門だというのに、あの顔はコメディだわ?。
それにしてもマイクはやっぱり未練タラタラなんだなぁ?
ジャクソンってもっとカッコイイと思ってたけどそうでもないな・・・
キャサリンは最初から好きじゃないけど、今回のことからもっと嫌いになりそう。
なんか怖い女だよ・・・
しかしMJが危険にさらされてる!!かわいいのになあ?????
前お気に入りだったパーカーは、なんだかもにょもにょなっちゃってるし・・・なんでだ!


ブリーはオーソンと離婚するための工作をカールと共にいろいろと企てていた。
オーソンの愛にふれるとやっぱり止めようか・・・と心が揺れるブリーを
うまいこと言って説得するカール。
二人で我が家に盗みに入り、高級品を運び出し貸し倉庫へ。
ところがブリーがうっかり置き忘れた携帯をオーソンが見て、貸し倉庫の存在を知ってしまう。

ブリー、携帯を忘れるなんて軽率すぎ。しかも平気で電話に出るオーソン・・・
ヴェニチアに行った時に買った思い出のマスクがきっかけになっちゃいましたね。
あの似顔絵よくできていた・・・。
ブリーと同じく、すっごく細かい性格のオーソンだからこそ、あのマスクも覚えてたし
再注文するなんて相手のことを思って行き届きすぎ。
ブリーがドロボウの真似事をする時、「配置のバランスが・・・」なんて言ってるとこ笑った。
オーソンの大事にしているトロフィーを壊すところも。
まあ、今までの行動を見てきて、オーソンに同情の余地はないんだけど
ブリーもかなりの根性ワルですよ。
カールのこと下品すぎて嫌ってるみたいだけど案外お似合いかもしれん!






関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

アンはいいな

動画の日下マシューの歌・・・つぶやき・・・?やけに長いですね!!(笑)


そんなにアピールしたいのだろうか・・・???



はるアンは歌がやっぱり上手だからステキ。
演技もとってつけたようじゃなければいいな。
主人公のキャラが強くて、四季作品の中でもやりがいのある役だと思うから
思いっきりはじけて欲しいです。

この作品の子どもたちって、みんな姿とかかわいいから好きなんだ!

鈴木智之さん辞めたって噂なんだったんだ・・・?いるいる?

川口さんはやっぱり出てないんだ。
写真に写ってたのは稽古つけてたのでしょうか?

大人はベテラン勢ぞろいでなんだかすごい顔ぶれだけど、ヤングは新鮮な感じですね。
すっかり世代交代。
笹岡くんはACLに出てた彼ですね?。

ギルバートの准一郎くんは歌う場面が残念ながらないけど(あんま映ってない)
とってもギルバートに似合ってると思う!
楽しみ!(いつか観るのが)

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

「I am Sam アイ・アム・サム」 (2001・米)

I am Sam/アイ・アム・サム [DVD]I am Sam/アイ・アム・サム [DVD]
(2007/11/28)
ショーン・ペン
ミシェル・ファイファー
ダコタ・ファニング


商品詳細を見る


先日、BSでやってて観たんですけど、観逃してました?。
いい映画だとはわかっていたけど・・・。

かなり、期待以上でした!

全体に作りも映像も音楽もセンスよくって、大変気に入りました。


ショーン・ペンはすばらしい俳優だとは思うけど、ロバート・デ・ニーロなどと同じく
“危険な香り”のする俳優さんで、何をするかわからないと言うか・・・
観ているこっちがドキドキしてしまうのでちょっと苦手なところがあります。

今回のサムの演技も、彼ならではの体当たりの演技で・・・。
演技と言うか、サムそのもので、抱きしめてあげたくなるキャラで、感動しました。

ミシェル・ファイファーがまたステキで!!
この映画の彼女、かなりステキです!私が今まで観た中でも・・・。
やり手なんだけど愛情面では不器用で、同僚とも夫とも息子ともうまくいってない。
それがサムによっていろんな発見をし、助けられ、救われていくんですよね?。
強くてかっこいいんだけど、もろい部分・・・などの表現がすばらしく
彼女の魅力全開でした。


だけどなんと言っても誰もが度肝を抜かれたのが、ダコタ・ファニングちゃんの
演技でしょうねぇ?。
彼女も今じゃすっかり大きくなって・・・リョウと同じ年齢じゃありません?17歳?

お・・・っきな目で、何もかも見透かしてるような少女、賢いが故に
子どもでありながら父親を気遣う姿に泣けます。
だけどラストに向けて、毎晩・毎晩、父親に会いに行くところは微笑ましい・・・。
これが結局、二人の結びつきの強さを周りにわからせ、認めてもらえるようになるんですね。


セリフでちょっとひっかかったのが、サムでは育てられないと主張する敵側の弁護士の言葉。

サムの知能が7歳程度なので、もはや娘ルーシーはそれを追い越してしまってるので
どうやって育てるんですか!って責めるんですね・・・。

私は彼らの場合、それが逆にいい方向にいく要素じゃない?と思いました。

ルーシー自身が「こんな親嫌だ!」と思っているなら別ですが、
彼らは深い愛情で結びついているし、あの歳で父親のことを理解している。
父親に対して、自分の方ができることを隠すような気遣いまで見せてたルーシー。
それがわからないのは、むしろ鈍感な周りの大人たち。
彼女がしっかりすればしっかりするほど、サム自身の助けにもなり、彼らの生活には
第三者が入らなくてもうまくいくことになるんじゃないかと思いました。

実際はサムが最後のほうに言ってたように、これから思春期を迎え大人になるにつれ
「誰かの助けが必要」になるんだと思います。
だけどルーシーの方がしっかりすることについては、彼らにとってマイナスには
決してならないと感じました。

他の方の証言で、やはり知的障害者の親に育てられたお子さんの意見がありましたが
別に一般常識や勉強だけではないんですよね、親から学ぶものは。
逆に言えば、一番重要な“愛”がないと子どもはまともに育たない。
サムとルーシーの間にはそれがある。
そういう点では、彼らは大丈夫だと思うんですよね?

里親のローラ・ダーンもピシャリ!の演技で良かったですね?。
かなりリアリティがありました。


いや?、心が温かくなる映画でした。
決して重苦しくなく、ただのお涙頂戴でもなく、面白く作ってあって
まさに秀作です。

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。