広告
Singin' in the Rain 2010年08月

いろいろ感動

「題名のない音楽会」

今日はゲーム音楽特集。
たまたま一緒に観たリョウと大盛り上がりだった!!
特にドラクエとファイナル・ファンタジーの曲。オケで聴くとカッコイイ。
作曲家のすぎやまこういちさんのお元気な姿にも驚いたけど
何よりオペラ歌手の錦織 健さんと高橋 織子さんのスマブラの歌に感動した!
・・・というか、ウケた・・・! こ・・・この人たちが歌っているとは知らなんだ。
なんか字幕も出て、意味ある歌を歌ってたんだと(当たり前?)再認識w
先日の声楽コンクールとは大違い。やっぱりプロはウマイねぇぇぇ!!
錦織さん、自分のCDは900枚ぐらいしか売れないのに、このゲームは全世界で
900万本も売れてうれしかったらしい。(笑)


「グッド・シェパード」(2006・米)


グッド・シェパード 【ベスト・ライブラリー 1500円:サスペンス特集】 [DVD]グッド・シェパード 【ベスト・ライブラリー 1500円:サスペンス特集】 [DVD]
(2010/05/12)
ロバート・デ・ニーロ
マット・デイモン

商品詳細を見る

マット・デイモンが好いとうっちゃん!!(笑)ネタバレですよ!
ずっと前に録画してたやつをざ?っと観たんだけど、ざ?っとだったから
CIAだのKGBだのボーンズマンだのの似たような顔つきの男の判別に苦労した。
デ・ニーロの監督作だからか、キャストが豪華、豪華。
アレック・ボールドウィン、ウィリアム・ハート、ビリー・クラダップなどなど・・・

ただ内容はちょっと暗め。いや、だいぶ地味で暗め。
マットの役が、雄弁な沈黙・・・だっけ?寡黙な男の役だったんでなんか残念。
でもさすが、彼はセリフを喋らないんだけど、目でいい演技してましたよ?。
あのイケテナイめがねは、「リプリー」の彼を思い出させましたね。

珍しく、相手の女がアンジェリーナ・ジョリーという、大物!?
いつも絶世の美女って少なく、微妙なんですよね・・・。彼の相手役。
まあ?、アンジーも微妙っちゃー微妙か。
しかも幸せな恋愛じゃなく、アンジーの方から上に乗っかってきて妊娠してしまい
愛のない結婚をして後悔の日々を送ってしまうという・・・あーあ。
息子がイイコで救われましたけどね。
本命の女は、耳が不自由なちょっと地味めな女ときてる。やっぱりって感じ。


だがしかし、その息子が、ストーリーの大きな鍵を握ってまして。
ビデオを解読していくところは、ケヴィン・コスナーの「追いつめられて」を
思い出す展開でした。
そして自殺した父親と、父親を恐れ、近づこうとする息子との親子3代の悲劇は・・・
ゴッド・ファーザー的でもあり。
デ・ニーロが関わってるので余計そんなふうにも思えました。
息子のエドワードjrが、優しい性格で歌なんて歌っちゃうところもマイケルの息子
みたいだし・・・。まあ皮肉な展開なのでした。

あと、怖がらせてもくれました。
スパイを疑ってソ連からの亡命者を尋問するところ・・・ぞっとしました。
「もうやめて???!」と思いましたね。結末も悲惨でした。
ゲイの元教授を亡き者にするところもひどいし、何より息子の結婚相手が
あんなことになるなんて・・・ありゃないぜ!!
あれは残酷すぎる!!お腹に子どももいたらしいじゃないの・・・。

そんなこんなで、目を覆いたくなるような残酷シーンはあれど、マットの役は
自分で手を汚す・・・ということもなく、恋愛も自分からは行かず、感情も出さず
ちょっと物足りない感じの主役ではありました。
はんっ!スパイのくせにマットに言い寄ってちゃっかり寝た女!(なんか私怨?)
昔の彼女のことを知ってか知らずか、補聴器を使って言い寄ったはいいが、
それをすっかり忘れて、事が終わってはずしたままルンルンしてるもんだから
あっさりバレて殺されてやんの???。お気の毒!

全編マットは苦悩する男って感じですもんね。
そりゃボーンの方がかっこいいです。
あっ、でもお宝映像が?イエール大学時代の出し物で女装と歌を披露!
歌はなかなかでした!(笑)

映画はCIAがらみにせよ、史実にせよ、家族愛にせよ、恋愛にせよ・・・
どれも盛り上がりに欠け今ひとつかな?という印象。ロバートごめんね?。



「24時間テレビ 愛は地球を救う!」

今年は・・・どうしたの?やる気ないの?・・・・と思いましたが・・・
もう出尽くしたって感じだったのかな?
AKB48は今旬だからベストだったとはいえ、まだまだ浅い・・・という印象。
何せた?くさんいるから、男のファンは喜んでせっせと募金持っていったかな?

ケンジ!お疲れ様でした!

すっかりケンジになっていて、びっくりしました。
ちょっと彼・・・彼女小ズルイところがある感じなので、マラソンどうなんだろう?
と思っていたけど、85km?間に合ってよかったですね。
やっぱりゴールしないとダメ!ってことになったんですかね。
昨年のイモトなんて125キロでしたっけ?ばかみたいに走らされて間に合わなくて。
100キロでもすごいのにね。
だから愛ちゃんは最初から85キロに・・・。

だけど途中経過でキロ数が出ないので今どの辺なのかちっともわからなかった。
過去にいろいろあったからかなあ?。ごまかしがききませんもんね。
御馴染みの坂本さん?がいなくて心配したけど手術されて走れなかったそうですね。
最後に登場されていいとこどり!(笑)
でも愛ちゃんは彼を見たからか、涙腺崩壊してた。

愛ちゃんのお母さんがまた・・・ヒヤヒヤしました。

先にゴールじゃないの?????って・・・・。(苦笑)

ベッタリだったから、長瀬くんには二人で抱きつくのかと思っちゃった。
愛ちゃん、しっかり抱っこされてましたね!よかったよかった。

まあいろいろあるだろうけど、日テレのこの試みは偉大ですよ・・・。
続けることの難しさをそろそろ感じてそうだけど、何らかの形でのこしていきたい
番組ですよね。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

「お買いもの中毒な私!」 (2009・米)

お買いもの中毒な私! [DVD]お買いもの中毒な私! [DVD]
(2009/10/21)
アイラ・フィッシャー
ヒュー・ダンシー

商品詳細を見る


ヒロインのレベッカ(アイラ・フィッシャー)があんまりかわいくないなあ、と思ったら
徹底したコメディエンヌぶりにちょっと感心した。
今までの出演作からしても、体当たり的なものが多かったですね。
相手の男、ルーク(ヒュー・ダンシー)がかっこよかったのでよかったです。
イギリス出身ってことだけど、好きなコリン・ファースに雰囲気似てるんですわ!
二人、実際の歳が同級生みたいですね。

ストーリーは・・・。

confessions-of-a-shopaholic.jpg

目がチカチカするほどのファッションの数々は「プラダを着た悪魔」だし、
ファッション雑誌の記者になんとかしてなりたい、ってところは「アグリー・ベティ」ですね。
コメディなんだけど、なんとなくまともな恋愛話と、イイ話を盛り込もうとしてるところ
ジェリー・ブラッカイマー製作のせいかもしれないけど・・・話、長い!!
・・・と思いました。もっとコンパクトにできないかしら??(でも1時間45分かぁ・・・)

ヒロインが、アン・ハサウェイほどかわいくなく、アメリカ・フェレーラほど
個性的ではない分、脇の役者がいい感じに固めてますね。
レベッカのお父さんがジョン・グッドマン、お母さんがジョーン・キューザック
ルークの勤める社長がジョン・リスゴー
さらにファッション界の大御所、アレット誌のボスがクリスティン・スコット・トーマス
ね、こういう役柄では王道って感じのキャスティングです。贅沢です。

買い物中毒のレベッカを支える親友スーズがクリスティン・リッター
彼女のサポートなしでは・・・って感じでした。かわいいです。(彼もかわいかった!)

他にもルークの第一秘書も嫌な上司もいい味出してました。


買い物中毒・・・・・あるんですねえ?。
店員にちやほやされて、カード1枚でなんでも手に入る。その時の高揚感ったら!
しかし買った途端にその物には執着がなくなり高級品は部屋のゴミとなる。

レベッカも12枚の魔法のカードを駆使して買い物を続け、すでに限度額超え。
カード会社の督促状に怯える日々。その金額は1万ドルに届く勢い!
勤めていた地味な園芸誌が廃刊となり、ふとした行き違いから憧れのファッション誌と
家族会社であるマネー誌に勤めることに。
それは編集長に抜擢されたルークが、レベッカの書いた斬新なコラムを気に入ったからだった。

“グリーンスカーフ”というペンネームで出したコラムは女性たちの気持ちをとらえ
大評判になる。
仕事中毒気味のルークは、最初個性的だと思っていたレベッカに惹かれていき
レベッカも彼のまっすぐな仕事ぶり、家名に縛られない生き方に好意を持つ。
やがて二人は気持ちを確認し合うが・・・。

confessions_of_a_shopaholic_movie_image_isla_fisher_and_hugh_dancy1.jpg


途中、借金取りに追われ嘘を重ねて逃げ回るんですけど、“買い物中毒”を脱するために
セラピーを受けたり、服を捨てようとするだけでなんだかモヤモヤ。
「とっとと売ればいいじゃん!!」
と思っていたら、最後の最後にセラピーの仲間とともにセールをやってました。
まあ結果的にその収益が借金を上回りお金を返せたんですけどね。
早くそうしてればいいじゃん!なんて思ったり・・・。


だけどこの映画の象徴的なグリーンスカーフを最後にもからめるあたり、
きれいにまとめてきたな・・・って感じでした!

hugh-isla.jpg


コメディ・恋愛・友情・親子愛・ファッション・サスペンス?・・・
どれもそこそこ楽しめる欲張りな作品でした。




関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

♪なぜ夏休みは終わるの??

img145.jpg

なつかしいちらしが出てきました。
15年前ですね・・・。
“1996年に四季の常設劇場ができます!!”なんて宣伝してるから・・・・。
玲子さんのアン、キュートでしたよ?。

べっちは指導だけ?・・・それとも出るのかな?ボビーは出ないのか・・・?
斎藤准一郎くんがギルバートかぁぁぁぁ!!
ちょっと想定外でした。(はるちゃんのアンも・・・)
ん?でもソンダンでず????っとがんばっていたので、ここらでもっと
脚光浴びていいですよね!!

“ルックスは明らかなイケメン、優等生だけどお茶目さもあって清潔感のある男の子”

よかよか????♪

私が大好きな、五東さんのステイシー先生かな!?

大空さんははっきりわかる。役になんだか似合いすぎる気がする(笑)
この役の男女はか?わいいもんね?っ!年齢を捨てなきゃね!
好きな作品です。また福岡で観たいです。


四季とは関係ないけど、アニメの名作劇場の「赤毛のアン」

この主題歌が有名な作曲家の作品ですばらしいんですわ!!
子どもの時は今までのものとの違いにびっくりしたけど、「なんだかすごい!」
ということだけは感じていた。(笑)
改めて聴くと歌もいいけどオーケストレーションもすばらしい。
エンディングもすごいです。
ピ・ア・ノ、弾いてみたくなりますね???!(こんなに弾けんけど。)








さらにさらに、一番好きな名作劇場の主題歌は、「あらいぐまラスカル」です!




全然上と雰囲気違いますけど!でも傑作だと思うんです?。
よく高らかに歌ってました♪
(男の子が歌う部分はテキトー!)

♪ろっく? リバーへ??? 遠乗りし?よ?う!

ロックリバーってどこ!!?

劇団四季にとってあそこは・・・まずいよね?(苦笑)



関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

デスパレートな妻たち5 #14、15

「不協和音」「私の値段」

世の中不況ですなぁ?・・・・・。
デス妻自体にもそんな会話が出てきてむなしい。
「不況で削られるのはピザ代!」・・・とかね。
しかしトムが自分の夢だってがんばってたピザ屋。7年もよくもちましたね!
もうちょっと踏ん張るのかと思ったけど、さすがに・・・諦めましたか・・・
子どもたちも巻き込むしかないのに、頼りの双子が非協力的だったら仕方ない。
トム、かわいそうだったなぁ?。
それもこれも、デーブの嘘の証言が影響大・・・と言うこともあってトムは大激怒。
確かに、リネットが知ったら殺すでしょうね。(苦笑)
新たな船出の二人、古巣の広告業への再就職の件ではバトルを繰り広げてたけど
なんだか懐かしかった。リネットが上司で・・・そんなこともあったなぁ?。


順風満帆なブリー。
金があるって・・・やっぱりいいですね。(〃゚д゚;A 
まあ、ブリーのあの玄人はだしの家事へのこだわり、金にならないほうがおかしい。
家の中だけで消化するなんてもったいない。
(実際家族には“やりすぎ”って不評でしたしね。)
それが今じゃアンドリューも堅気になって?今じゃ立派な右腕だし・・・
ブリーの新車、プリウスでしたっけ?リネットにもポンと2万ドルもあげてさぁ?。
仕事のパートナーなんて上手い理由を作るあたり、さすがやり手のリネットですね。
ピザを勝手に捨てた・・・という事件、食べられる物を捨てたことは許されないけど
ブリーの立場としては、自分の名前を出す以上ちゃんとしたものを出したいと言うのは
もっともな話だと思いました。リネットが間違ってるよね。自分の都合だけ。

気持ち悪いのがオーソン。
まあマトモに見えて忘れそうだけど、過去にマイクを殺そうとした人だし・・・。
アンドリューより給料が半分だって妬むのもみっともなかったけど
ちょこちょこと嫌がらせに相手の物を盗む手癖の悪さはひどすぎる。

金といえば、らしくない生活をしていたガブリエル。
カルロスが高給取りになったため、またリッチな生活に戻れる??!と大喜び。
あてにしていたボーナスを渋ったパートナーをゆすって?3万ドルもゲット。
しかしとんでもない結末に・・・。
また死んじゃったよ????。

スーザンも金のことで頭を悩ませる。
公立校の環境が悪いことを憂慮して大学の学費分も授業料をとる私立の小学校へ
MJを行かせようと必死。
こればかりはスーザンの粘り勝ち。
いいよね?・・・就職もできて(しかも助手なんて楽な立場)学費も半分になるなんて。

マイクとキャサリンは私としてはどうしても納得いかない!!
マイクよ?、目を覚ませ???!ヾ(。`Д´。)ノ
スーザンがいいとは言わないけど、キャサリンはあんまり好きじゃないよ?
マイクは好きなんだよ?・・・
それなのに同居だなんて。がっかりだよ。
スーザンの絵についてはキャサリンの行動はいたしかたないよね。スーザン鈍すぎ。
だけど最後は絵をスーザンが引きとって、結果オーライにしていたけどね?。
マイクも鈍いよな。
元彼、元ダンナ・・・が近くにいすぎて、普通ならやってられないでしょう。


にしても、不穏な空気なのはキャンプにマイクとキャサリンを誘って企んでいるデーブ。
イーディとは全然お似合いじゃない!
さて、どんな結末になるのでしょうか!


関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

今頃・・・イーライに!!(泣)

忙しさにかまけて大好きな「デスパレートな妻たち5」も見損なっていて
感想も書けずにいますが・・・
と言うか、今頃遅れて感想を書くのもアレなんで書いていませんが・・・

やっとシーズン5の13話、「ほほ笑み返し」を観ました。

うう?・・・・・泣けた????!!゚゚(´O`)°゚

いきなり見たことないおじちゃんがスーザンの屋根の上で死んじゃったのには
びっくりしたけど、便利屋イーライがウィステリア通りの住民たちと過ごした
温かいエピソードを知って涙しました・・・。

このドラマ、100回記念のエピソードだったとのこと。


ゲストのボー・ブリッジスがすばらしい。
エミー賞にゲスト部門でノミネートされてるんですよね。獲って欲しいなあ。

80942060.jpg 右が弟のジェフ。左はアンジー父のジョン・ヴォイト


しかしデス妻、第一シーズンまでさかのぼるなんて、やってくれますね!
セットや生身の人間たちも修復大変だったでしょう・・・・(笑)
と言っても、一応制作上は5年はたってるのに、それほどルックスに変わりない
役者さんたちがすばらしい!!

Big-Blog-Template-desperate-housewives-best-thing.jpg

厳密に言うと衰えはあるんだろうけど、太りもせずハゲもせず?保ってるところが
プロですよね?。

desperate-housewives-longoria303.jpg 久しぶりにゴージャス系のエヴァを見た!


死んだはずのメアリー・アリスやレックスが出てきたのもうれしかったですね。

dh_s5e13_2.jpg

メアリー・アリスのエピソード、良かった。
ここでもイーライと最初に出会ったのがメアリーで、穴があいた靴を見て
何か助けたくて花瓶の修理をお願いするという・・・
体も大きいんだけど、懐もでっかいような姉後肌のメアリーの性格が出てます。

dh20090118.gif

拳銃自殺は今となっては衝撃的ですよね。
当時は一応“サスペンス”も盛り込まれてるこのドラマなので
「そんなこともあろうか・・・ふ?ん、ナレーションはこの人がやってるのね・・・」
ぐらいにしかとらえてなかった。事件を外で伺うスーザンたちもよそよそしかったし。

だけど様子が変でメアリーを気遣っていたイーライが、彼女を助けられなかったことを
悔やむ場面は泣けました。
彼女の死を一番悲しんでいたのは彼じゃないかとさえ思えてくる。

ブリーに対しても、リネットに対しても、決してずけずけと踏み込んだりせず
あくまでもさりげなく、優しくサポートしてあげていたんですねえ。
ブリーがお葬式のレシピを彼の好物に決めた時もうるっときました。

スーザンは男が変わる度にドアの鍵を替えるというお願いをしてきたわけね・・・
スーザンが屋根の修理を頼まなければ・・・なんて悔やんでるフシはなかったですね。

イーディとは・・・その・・・・やっちゃったんだろうか・・・?(苦笑)

181222_512x288_generated.jpg

あれも人助けのうち・・・?

本当に温かい人柄が出ていて、マッチ棒が乗りそうな眉毛も温厚そうで
観ているこっちもあったか?い気持ちになりました。

5シーズン目でも、あまりにも過去にいろんなことがあったので、
この作品、すでに歴史物って感じもします。(笑)
スーザンが付き合った男、イーディが寝た男・・・を挙げるだけでもかなりのもん。
ファーストシーズンなんて、とおいとおい思い出って感じです・・・。


いや?、しかし、やっぱりおもしろいです。デス妻は!!



同じく私のお気に入り「ミディアム5」と「クローザー5」も遅れながらも観てます。
やっぱりどちらもおもしろいんだなあ!!

「ダーティ・セクシー・マネー」はすみません、観れてないです・・・。

他にも観たいドラマあるんだけどなぁ????!
9月から仕事開始するまでにもうちょっと映画とか観たいと思います。

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

プライベート・プラクティス2

今更ですが、無視していた「プライベート・プラクティス2」を観ています。
再放送です!それも途中から・・・
グレアナ同様、おもしろいのはわかっていたんだけど?。
医療ドラマになんだかウンザリきていたのもあって避けていたのですが・・・

やっぱおもしろいですね!

それにしても、なんだか夢のような職場ですね。
無機質なERとは大違い。

相変わらず登場人物同士まんべんなく体の関係持ってるんですね(笑)
あの人ともこの人とも・・・って感じ。海外ドラマはこんなんばっかり。
ひとつ終わればすぐ次は?・・・って、相手がいないのが“悪”みたいに。

ちなみに今日は#20「弱い心、強い心」でした。

ノアのジョシュ・ホプキンスは「コールドケース」のカイトの印象強し。
あれも煮え切らないヤサ男だった気がするけど、今回もまた・・・
なんだかな?、信頼できる顔つきじゃないんだよな?(偏見)

奥さんのモーガンはブライアンのディーナですよね。
彼女は好きな女優さん!なんか魅力的です。ひまわりみたいな女性が好きだからかな。

あと、妊娠してるバイオレット。
父親候補の二人、ピートはわかるけどもうひとりのオジサンは・・・
どうしてそんな関係になったのかよくわからない!(最初のほう見てないから?)
今回も出てこなかったし、ちょっと老けすぎじゃないです?演歌歌手みたい・・・
ピートもいかにも男前な設定なんだろうけど、心がない感じ。表情も薄いですね。

ツンデレのシャーロット。
なぜか怒ってる顔がチャーミングだと思ってしまう。

クーパーもいいキャラですね。
こういうルックスの人が誰かに愛されていると安心する(笑)
12歳の女の子が妊娠したエピでは「母親を殺したい」と大激怒。
“いい人”すぎてちょっとうざ?・・・っていう面もあるけど、彼の怒りはごもっとも。
あの母親キライ!
12歳のサラ役ジュリエットは、デス妻でこどもミスコンに出てたエイミーですよね。
この顔つき・・・将来ヒロインをいじめる女集団のボスなんてやりそう・・・。

サムはセクシー。デルを叱るところかっこよかった。
ナオミに未練たらたら。       「ナオミ?」「NO、ネイオミ!」「知るか!」(17againより)

ナオミ。正直いいところがわかんない。

デルのクリス・ロウエル?、かわいい?。
奥さんに逃げられて子供じみた行動してるけど、まだ24歳の役なんだ!
“大人の恋”と言えども、ちょっとキャストが枯れすぎの感もあるので彼は目の保養です。

そして主役のアディソン。ケイトはスタイルもいいし、魅力的ですね?。
グレアナの時より、俄然華やか!・・・主役ですしね。
でも主役といえどかわいいというより強い女&年齢的な焦りがどうしても見えてくるので
デス妻の崖っぷち感に似たものを感じます(苦笑)


もうニューヨークに帰っちゃったけど、一番好みだったのがアーチャー!!


歩く下半身って感じでしたけどね・・・・(笑)


でもかっこよかった?!!

private-practice-grant-show.jpg

1213341789_0.jpg うっひょ?!

show02.jpg 昔のGrant Show

もう出ないのか?・・・残念????



関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: