広告
Singin' in the Rain 2010年02月

お笑いの旅

moblog_6087277b_20100301005233.jpg

出発しました。

リョウが手術前というのに、お笑いライブ・・・


しかも大分まで!!


むしろ温泉行きたいよ?!


でもこれはルミのたっての願い!誕生日プレゼントなのです。
(とっくに過ぎたけど。)

baseよしもと10周年ツアー! 大分公演。


ルミのお楽しみは、ジャルジャルとかまいたち。


私はそうだなあ、南キャン、モンエンが好き。


藤崎マーケット、天竺鼠、フットボールアワーも出る予定?


なんのかんの言って楽しみだったりします。(苦笑)


現在、大分とは逆方向?で北上中。

ソニック指定席です。4枚切符は安いなあ!

ネットでクレジットで買えて、2人往復1万円!(笑)
まともに買うよりかなり安いです。

2時間10数分かかるけど、これぐらいなら四季の大分公演も行けそうだなあ!


ルミも快適そうです♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

「・・・・・女!?」

今週は「バイク芸人」

毎週ルミが録っていて私も見てるんだけど、最近では「キャプテン翼芸人」がおもしろかったなぁ?!

今日のもおもしろかったです。

なんとなく見てたんだけど、ケンコバの「バイクに乗らない人は人生損してる。」

というセリフが聞こえてきて、「なになに?」 と本腰入れて見ました。

バイクって男の夢なんですかねぇ?

確かに見かけはかっこいい。

男の子が小さい頃戦隊物にはまり、武器だとか乗り物のおもちゃ買いますよね?

あの感覚をそのままに、大人でも遊べる贅沢なおもちゃなのかな?

出演者はケンドーコバヤシ&山口智充&チュートリアル福田&ノッチ&

モンスターエンジン西森&江戸むらさき野村&パックン
でした。

それぞれの自慢の愛車を紹介したVTRは宮迫さんのツッコミ満載で・・・

バイクよりライダー主体のかっこいいVになっておりました。永久保存版でしょうね。

ケンコバやぐっさんは似合いすぎてた。ほとんど二人のトークだったような・・・

ケンコバのコメントはいちいちおもしろかった。

女の子を後ろに乗せてる時は、背中に気持ちが一点集中してるので、

「前から槍で刺されても気付かないと思う。」

って、爆笑でした。

後ろに乗る女の子についても、カーブで振られると怖いから

遠心力に任せた格好になるって・・・そういえばそうなんですかね?

だってそりゃ怖いですよ・・・。しがみつきたくなりますよ?

ああ、だけど後ろの持ち手を持った方が安全なんですね。(笑)

あと、バイクで海辺などに行って、自販機を見つけてホットコーヒーを飲み、

空き缶をゴミ箱に“カラン”と投げ入れる・・・。その姿がキマルそうです。

でも今はゴミ分別で穴があいたゴミ箱になってることが多く残念だとか・・・(笑)



ぐっさんのオススメコースのVはいろんな意味で傑作でしたね。ワニって・・・おい・・・

海と星とバイクとオレ・・・・・かあ!!

確かに風景をじかに感じられて気持ち良さそうでした。寒そうだけど・・・

バイクに比べれば同じ移動手段でも車ってなんて大人しい乗り物なの!?

私はドン臭いので、ぜ・・・・・ったいバイクなんて乗れないけど

なんにもないところで、風を切ってのびのびと走れるのであれば、挑戦してみたいな?

そしたらぐっさんみたいに、「今日バイクで来てるから・・・。」

って自慢すると思う。(笑)

関連記事

テーマ : アメトーーク
ジャンル : お笑い

白熱!!女子フィギュア

もう、凄いハイレベルな闘いで、盛り上がってますね?!
周りの関心もすごいです。
ちょうどクライマックスが昼休みぐらいだったじゃないですか??
私もお弁当を買って、暖かいので外の公園で花粉に怯えながらワンセグ見てました。

なぜか最初中継を見つけられなくて、しばらく“家計の仕分け”を見ていて・・・
TBSかな?暇主婦だった頃、萩原さんの家計簿診断が好きでよく見てたのです。
萩原さん、ずいぶん垢抜けられましたね?(笑)

それを見て、他のチャンネルに替えたらば、フジでやってるのを発見!
真央ちゃんが高得点を出して喝采を浴びてるところでした・・・

しまった、見損なった・・・!!

一番肝心なところ・・・。アホ・・・。

その後のキム・ヨナからは見たんですけどね?。

なんざんしょ、確かにすばらしい演技でしたけど、あそこまで得点出しますか?
カナダ人のコーチですって?カナダ在住の・・・
どうもそこかしこで地元の利は大きい感じですね?
まあしょうがないことかもしれませんけどね。

どうも日本勢には手厳しい感じがしたんですけど。

まあ、私はあんまりジックリ見てないのでなんとも言えませんが。
リョウは怒ってましたけどね。全部の流れを見て納得行かないと憤慨してましたから。

鈴木さんは手をついたのが惜しかったけれど、スケーティングはすばらしいですね。
ミスがなければ、もっと上位にいけそうなんですけど?

あ、鈴木さんは我が家ではガンコちゃんと呼んでます。

がんこちゃん

ちょっと雰囲気似てませんか?(NHK教育テレビで昔よく見てました。)
ガンコちゃんは、キャラもなかなかユニークでかわいいです。
(失礼だったらすみません。)

ミキティもがんばりましたね?。
3人とも立派な出来だったと思います。
フリーが楽しみです?。


関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ついにこんなことまで・・・

「ライオンキング」のWEBシアター・・・

いいんでしょうか、こんなことまでやっちゃって!!(苦笑)

もはや、LKはディズニーから離れちゃったんでしょうかぁ?
・・・と言いたくなるような、やりたい放題。
少し前までは、役の格好をしていたら、勝手に喋ることもできないって言ってたのに。
イメージを壊してもいいんんですね!

・・・というか、キャラクターはそのままで上手く活かしてるのかな?

最初のホームルーム編。
青羽先生がはまりすぎていておかしい。喋りといい、演技上手ですねぇ?。
教室の田中シンバが映りこんだ瞬間、爆笑!!
ウいてる!!ウきすぎてる!!教室であの格好は!
終始、すっとぼけた表情がおもしろかったです。
結局シマウマは食べたけど、ニワトリは違ったのよね・・・?
あの否定の仕方は、真実だと思えたけど。
シマウマは否定せずに逃げちゃったから、嘘はつけないシンバ様なんでしょう。

校庭編はちょっと寒くって、直視できませんでした(苦笑)

田中さんも大変だな?って・・・。

このCMを見たリョウが、「やっぱり劇団四季は嫌だ・・・。」
なんて言い出した!!
笑いにうるさい年頃だったからガマンできなかったのか?
四季がどこへ行こうとしているのか、失望してしまったのか・・・?

三者面談は好きでした!
深水ムファサが最高です♪
イベントの時の深水さんを見て思ったけど、すごくユニークでシャレがわかると言うか・・・
いい味出てました。表情おもろ・・・・・アップでまじまじ見れてちょっと感動。
もちろん、私としては内田さんで見たかったんですけど?・・・
しょうがないかな、ここはベテランさんに譲るってことで。
だけど本当に内田さんってこういう役回りがまだまだ少ない気がします?。
どんどん登場させて欲しいなぁ?。
最後はオチまでついていい出来でしたね!
しっかしシンバって成績悪そう・・・(笑)


さて、問題の、屋台のおでん編・・・


スンラさ???ん、こんな形であなたのスカーを見ようとは???!!(苦笑)

すごいですね、メイク、パペットに忠実にアンバランスな感じ出してるんですね。
それにしても、シチュエーションが屋台だなんて、スンラさんに似合いすぎでしょう・・・!
福岡でも行きつけの屋台があって、地元の人との語らいを楽しんでるって
おっしゃってたけど?池田さん相手にそのまんまですね。
維田さんも屋台のオヤジがこわいぐらいはまってました・・・。
最後に「スジ・・・」って言ってるのがまた爆笑。
こんな形でしたが、スンラスカーが見れて感激でした(笑)



福岡シティ劇場の「クレイジー?」と「エビータ」の日程も決まりました。

3月7日発売か・・・よかった、日曜で!
イベントとかもやってくれるのかなぁ??
そこまで期待するのは贅沢でしょうか・・・・?
LKから怒涛の観劇が続いていたので、(イベントに合わすかのように)
シティ劇場に行かない日々も、ほっとするような、寂しいような・・・って感じです。

Mさんと言ってたけど、休止でしばらく貯金できるかと思っていたのが
このラインナップの発表で、また散財してしまいそうで怖いです。

どうか、田邊ボビーが見れますように!






関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

男子フィギュア見応えあり!!

すごいわぁ??!!高橋大輔選手!!あのメンツの中で堂々の3位!
1位と0.6ポイント差だって。
後半の表現力、すばらしかったですね?!ステップといい・・・情熱的で。
COBAさんの音楽もいいし、振付家もセンスよくって純日本製も凄いなって思いました。
普通に板の上のハイレベルなダンスを見ているようでした。

oai1002172146022-p1.jpg


それにしても、スケートってまるで“王子”みたいな人多いですよね?・・・

衣装も・・・王子ですもんねぇ?。


お・・・・・織田くん・・・。いつ見ても愛嬌のある顔ですね。
笑ったら最高にかわいい。
真剣な顔して滑ってるけど・・・中学生ぐらいに見られないかしら?
外国の方から見ると。なぜぴた?っとしたオールバック?織田くんが4位か?。


小塚くんは、まだ本当にかわいいですね?。
すくすく素直に育ちました!・・・って感じ。(笑)サラブレッドなのに驕ったとこなく。
私は初めてまともに彼の演技を見ましたが、ダイナミックでとっても気に入りました!
振り付けとかもあるんでしょうけど、体格の違いかな?織田くんとは違う感じ。
すっごくのびのびといい感じで終わって、あ、そうそう得意のスピンで大歓声の中
ハプニングでラストの音が切れたらしく、天を指差して、「音、音・・・・」って。
あまりにリラックスしすぎていて笑いました。

oai1002171246010-p1.jpg

普通、何事もなかったかのようにポーズ決めそうな気がするけど!
コーチがあの佐藤さん。ニコニコといつ見ても優しそう。
怒鳴ることあるんかな??

娘さんはアメリカのジェレミー・アボット選手のコーチになってたんですね。
いつも解説してあったのに・・・と思っていたけど。
彼は残念ながらミスが響いて得点伸びませんでした。

フランスのブライアン・ジュベール選手もまさかのジャンプミスがあり脱落。

他にも明らかに得点を見てがっかりした選手が多かったようです。
その中で日本勢はすばらしい出来でしたね?。
小塚くんはガッカリ度から見ても、もっと高得点を期待してたような感じ。
私も、もっと良くても・・・と思ったけど、上には上がいて、先にあんな表現力を
見せ付けられていたら、どうしても比べちゃうよねぇ?。

決勝楽しみです。
ジャンプの失敗で、いくらでも順位は変わるだろうから・・・
高橋選手、是非、4回転キメテ欲しい!!
願わくば、1・2・3フィニッシュですよね!がんばれ???!



関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

なんで裸の王様?

今日はうれしいことがありました♪

ニヤニヤニヤ・・・・

こんなにもうれしいものでしょうか!

ニヤニヤニヤ・・・・


今更ですが、四季劇場「夏」は「美女と野獣」で開幕なんですね。
東京15年ぶりって・・・そりゃお待ちかねって感じでしょう!!
福岡シティ劇場でも2回あったんですからね。
そういえば、2005?2006年福岡で上演されてる時から、「東京で!!」
という声はありましたもんね?。

この期間、野獣は3人、ベル6人、ガストン5人、ルミエール3人・・・って
相変わらず贅沢なキャスティングで楽しませてもらいました。

自分のベストは・・・

野獣・・・柳瀬さん (佐野さん、スンラさんも甲乙つけがたしだけど)
ベル・・・智恵さん (花ちゃんといいたいところだけど、家族しか観てない・・・)
モリース・・・松下さん (この方、本当に何の役でも上手い!)
ルミエール・・・道口さん (ダントツ!!笑 下村さんもすばらしかったけど)
ガストン・・・吉原さん (田島さん、深水さん、新木さんは同列。野中さんおもろ。)
ミセス・ポット・・・早水さん (歌がもうすばらしくって!末次さんも雰囲気は一番)
バベット・・・井田さん (竹村さん、八田さん・・・あれ3人ともいない・・・) 

いないいないいない???!
すでに1/3は辞めてる・・・

あ?だけど今の京都公演も五東さん(すごいなぁ?ベルだよ?同年代のはず・・・)
林さん、遊佐さん、野中さん、百々さん、チップくんたちは変わらずですね。
アンサンブルさんも結構昔からの人のこってますね?。男性は。

飯田ビーストはたまらなく観たいと思いますが、ビーストはキツイ役なので
連投にならないよう短いターンで交代して欲しいですね。
そうしないと、俳優さん、つらくて辞めちゃうかもよ!!

ガストンは内田さんにそろそろ登場してもらいたいですね!!
出し惜しみしてないで、とっとと出しましょうよ!(笑)
・・と言っても、私は、簡単には観に行けないからつらいところ。
でもそろそろ内田さんに新しい役を!みんなが待ってますよ???!
もちろん、福岡の「エビータ」ではお待ちしてますけど?。八(^□^*)


「55ステップス」に結局春花ちゃんが戻ったようですが、他は変わらずですね。
男性ダンサー陣も豪華なままじゃないですか!
(ハギーと岩崎さんがいるから、そう言わせて頂きます!笑)

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

Mステ1000回記念

リョウとわあわあ言って観ました。
初出場の映像だから今とは別人の人もちらほら・・・。
しかも「え?だれ?」って人もたくさんいました。
亡くなった人も何人かいました。

特番でいつも同じ映像見せられるよりいいですね。
でもあまりに顔が違って「見せていいの?」と心配になる人もいた・・・(苦笑)
keikoなんて絶対前がかわいいのに・・・
黒木瞳や松田聖子など、今の方が若い人もいた。美容技術ってすごいですね!!

リョウが待っていたラルクは、最後を飾ってました。カッコイイーッ!って叫んでました。

矢島美容室が出演していて、相変わらず好き勝手やってましたね。
特にノリさん・・・。みかんとか食べてタモリに怒られてたけど
バックストリート・ボーイズの人に勧めて・・・彼は歌う前食べてましたね!(笑)
ノリがいい。

それにしても、彼らにはちょっと目を疑いました。
そりゃ、もうデビューしてだいぶ経ちますよ?30代?
KinKi Kidsもすでにキッズじゃないですよ?
だけどまだ、彼らは保ってるじゃないですか?。
BSBさんは・・・・・見事なオッサンでした!!ボーイズってもう・・・
ひとりなんて・・・頭は・・・モニョだし、体もブヨだし・・・
いくら外見だけが勝負じゃないって言っても、SMAPだってもっと気を遣ってますよね。
ダンスもするんだし、もうちょっとなんとかならないのかな?って思いました。
でも熱狂的なファンはいたみたいだし・・・余計なお世話ですかね。

yukiの出演にはリョウが狂喜してました。
かわいかったですね。歌も・・・魅力的な歌声、健在でした。

最デビューみたいなの、結構ありますけど、どうでもいい人や、
nokkoみたいに昔の独特の声の伸びもなくなって、ただのヘタな人になった場合や
ぶっ・・・たまたまNHKで観たんだけど、広瀬香美の破壊的な弾き語りに比べれば・・・
yukiは、まだ全然。彼女らより若いっちゃー若いですけどね。
年取ると・・・やっぱり喉も年取るんでしょうね・・・。筋肉もありますからね。

あと、嵐のヴァーチャル映像もよくできてました。
ここまで技術は進んだってことですか。桜井くん、オリンピックの仕事ですよね。
ちょっと前の、慎吾くんのヴァーチャルはこれに比べるとひどかったですね(笑)
明らかに大きさ違うし・・・ウいてるし・・・
今日のは本当にその場にいるみたいな映像もありました?

あと・・・KAT-TUNも・・・なんだかな?・・・
ちょっとオバチャンさすがに受け付けませんです・・・。
なんですか、サングラスしちゃって。
田中くんはヒョーキンなことしてかわいかったけど。坊主じゃないのね。(いつの話だ!!)
亀梨くんは、一番感じがいいけど・・・デビュー当時の顔が忘れられない・・・
なんだかな?・・・

昔の映像見て、有賀さんが司会だった時期を思い出しました。
・・・だったのよね?。

漢検1級は残念でしたが・・・宮崎さんとあと・・・シンデレラ男はすごい!
驚異の1級合格。それもすごい点で。恐れ入りました。
私も準1級勉強してたけど・・・まだ受験に至ってません。

リョウは英検準2級受かったようです。まだ1年だからまずまずかな。
55点?まあ余裕だったようです。2次もありますけどね。

あら?話がそれました。

明日は私だけ仕事・・・ちぇっリチー!ちぇっ気の毒♪
渡る世間に奨学金なんてありゃしないんだよ?!(苦笑)
まだ口内炎バリバリひどくて、なんだか体中痛いけど・・・がんばりまぁ?す・・・


関連記事

テーマ : 今日見たテレビ番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

痩せた・・・よね!?

ソング&ダンス 55ステップス出演中の新庄真一さん。

地元でのインタビューがUPされていました。

コチラ


えっ、痩せてないですか!?Σ(゚口゚;


福岡ソンダンの時は少し絞れてきていたのかもしれないけれど、

ベイビー・ジョーンの時は結構むっちむちしていて、そこが好きだったのに。

度重なる旅公演で(あ、ダジャレw)ハードすぎて痩せちゃったのかなぁ?

あ?ん、なんだかショックだ?・・・

本当に、ハギーといい、べっちといい、これでもかってぐらいみんな細くて

頬なんかゲッソリ・・・。お元気なのならいいけれど、体だけが心配です!!

どうか・・・・・無理なさらないよう、(っって言ってもそれが無理か・・・)

頑張ってください・・・(泣)


(あ、だけどやつれているのでなく、かっこよくなった・・・という見方もあり?)


さらに、ひこにゃん、かわゆし!



関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

ポール時々マーク

携帯開く度に  「ワ?クワクしましたよ?!」

なぜか三雲マーク率が高い気がする・・・。

眠る前に田邊さんが出たらラッキー☆ (笑)

昨日は、お友だちと同時に携帯開いて、マークが揃っちゃった!

スリーカードならぬ、スリーサンウン!!(笑) 

四季仲間が集まれば、これ、遊べますね! (ってことはないか・・・苦笑)


お友だちに聞かれたんです。

「で、のりゴローさん、俳優さんで誰が一番好きなんです?」・・・・ってね。

「うっ・・・・・。」

「誰とも!!・・・いや、誰でも!!


って、ことはないですが、演目が変わるごとにファンが増えていきます。

皆さんもそうでしょ?ね?ね?


過去のトキメキさん。(女性は省いちゃってます。)(書いてない演目は特になし)

「クレイジー・フォー・ユー」・・・ボビー敬二さん。

次の「クレイジー・フォーユー」・・・ワイアット田邊さん。

「コーラスライン」・・・マイク田邊さん。

「ユタと不思議な仲間たち」(ビデオ)・・・田邊さん。

「ユタと不思議な仲間たち」(福岡公演)・・・ユタの望月さん。

「人間になりたがった猫 」「ソング&ダンス2」・・・田邊さん。

「美女と野獣」・・・キュートな野獣。イベントの谷本さん。

「アイーダ」・・・かっこいい人いっぱいいたが、特定なし。

「マンマ・ミーア!」・・・スカイ田邊さん。

「ライオンキング」・・・ムファサ内田さん。 親しみ→田中さん、三雲くん。

「ウェストサイド物語」・・・正直目移り。

「55ステップス」・・・萩原さん&新庄くん。 カジモドの李さん。

「コーラスライン」・・・田邊さん&西尾さん。 サンウンくん。道口さん。

 
萩原さんと西尾さんはいろいろ拝見してきたので全てのトキメキ度足すと高いです。

内田さんも、どうしてあんなに興奮したんだろう?ってぐらい好きでしたが
今度また拝見して自分の気持ちを確認したい感じです。

でも総合すると、やっぱり田邊さんが一番なのかな!?

熱い気持ちとは違うけど、心があったか???くなる感じです。彼を想うと。


って、私、どういう立場だ!? 気持ち悪いですね!!

どうぞ、お許しください。



関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

密着・・・かぁ?!

今日帰って新聞のテレビ欄を初めて見たんですけど・・・
今日は休刊日だったので、日曜の朝にすでに出ていた内容なんですけど・・・

夕方のローカルニュース番組欄に、

“ありがとう劇団四季 涙のラスト公演の完全密着”

・・とあります。他のチャンネルも、

“どうなる劇団四季公演 ファンの思い”・・・って。

なんだかすでに注目されてたんですね。全然知らなかった。

慌てて録画したんですけど、浅利代表の挨拶から、カテコの風景まで映ってました。

観たような顔がたくさん映っていて、つい、笑っちゃいました。
あ、自分たちもいたっけ・・・(爆笑)
インタビューも何人か出てましたけど(かなり取材はしてましたね)
自分たちより年上の熱狂的なファンも多いんだな?って改めて思いました。
キャッツのテント時代にはまったとして、20年以上前なんですからね・・・
あ、でも小学生からずっと観ているって人もいましたね。
やっぱり福岡シティ劇場、14年間続いたってこと、歴史も感じますよ。


番組は、まずは浅利代表の記者会見から。
7日、11時2階ホワイエ・・。「まずはおわびから・・・。」って。
「自分でも非常識なことやってるな、って思いますが。」
「あまりにもこの前の我々の発表がいきなりすぎたってこともあって、
 お客様を傷つけたってことでお詫びの意味がまず先です。」と今回の発表について。

「福岡シティ劇場とは年間契約ではなく、公演ごとの区分契約を希望している。」
ってことなのだけど、まあそれは今までも数ヶ月公演が空くこともあったので
観客としては関係ないことかな?と思います。
劇場運営側(キャナル側)としては、四季の客が食事等で落としていくお金も
重要だろうし、どういう形態であれ上演してもらうことにこしたことはないんでしょう。

RKBの方は、“人間になりたがった猫”の直方公演のもようが・・・。

直方って言ったら、田中彰孝さんの故郷じゃない?
「こころの劇場」を強化していく・・・っていう内容でしたが、上川&谷口ペアでした。
なぜかほっぺにチュウのシーンだけ映像がモヤモヤ??っとなっていて笑った・・・。
夏はどのペアになるでしょうね。
上川さんは春のめざめがあるでしょうし・・・。
自分的にはべっち&花コンビが最高の思い出なんで、あれ以上はないかな?なんて。

場面変わって、ACLのジャズコンビネーション風景。

ビビ、ア?ップ! カメラ、ビビを追う!・・・なぜビビ!?

(いや、別にいいんですけど・・・苦笑  上條さんかわいい。)

次に丹下ボビー。ん?なんで丹下ボビー!?・・・まあいいんですけど!
始めの頃の映像ですね。

そして最後にまた楽のONEの場面を流しつつ、「今後のことは4公演の状況で判断する」
見通しは明るくないけど・・・みたいなシメになってました。

公式HPにもあるように、

関連企業からのご支援が充分にいただけるなど、
これまで劇場にお越しにならなかったお客様がご観劇いただける状況が生まれ、
高い入場率で終了することができれば、
ロングラン作品を上演することも視野に入ってくるかもしれません。
けれども、低い入場率で終われば、
やはり福岡での公演は、残念ながらここまでで終了ということにならざるを得ません。


こういうことだと思います。
まあ、ちょっと言葉は悪いけど、ファンも企業も脅されてる・・・って感じもしますが
収益があがらないとね・・・そこはビジネスですから、納得のいくところです。
私は願ってもないラインナップだけど、前のCFY公演もあまり入りがよくなかったみたいだし
東京でも大ヒット!・・・とはいかなかった「春のめざめ」が受け入れられるか・・・
不安なところです。
「異国の丘」の時、80%売れないといけないとか言って、毎日残席チェック
してたのを思い出します(苦笑)

観劇者の裾野を広げるってことですけど、客が友人に宣伝するのはもちろんですが
ここは四季の営業スタッフにも、是非ともがんばって頂きたいですね。
「コ?ラスライン」の宣伝は地味すぎませんでしたか?
べっちや地元の熊本さん、増本さんも活躍してくれたけど・・・
ただ、イベントの参加率は高くて、ファンの関心の高さを感じました。
ファンには受けたけど、一般客への取り込みが今ひとつだったってことでしょうかね。

CFYは絶対楽しいので、ミュージカル初心者でもオススメですよね?。
なんとか・・・・なんとか・・・!!

(カテコで一番満面の笑みだった武藤さん!・・・バタバタ帰ってあったとのこと
 もしやと思ったら、やっぱりもうマンカストラップなんですね・・・。
 今度は本当のメイクですね(笑) グレッグかっこよかったです。お疲れ様です!)

 





関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

うれしくて泣きました

目が痛いです・・・。ハンカチは悲しみの涙を拭くためのものだけじゃありません。

びっくりでしたね。皆さん!!

余裕こいてギリギリに席に着こうとすると、おや???・・・様子が違う・・・?
何、後ろのカメラ・・・!!

すると舞台にいるはずもない男性の影が・・・えっ!?浅利代表!?

異例だと思いました。開演前にこんなこと。
休止についての詳しい話かと思いきや、それは願ってもないサプライズでした。
何の話をしているのか、わからないぐらいでした。
だってまだ前の発言の舌の根も乾かぬうちに・・・って感じですよ?

でも「4月にクレイジー・フォー・ユーを・・・」という発言があった時に、
会場は歓声とともに、割れんばかりの拍手が!
もちろん私も叫んでました。うれしすぎて。そして涙があふれてきて・・・。

その後は涙目で目の前の浅利代表を見つめていました。
周りの人も泣いていました。


舞台が始まっても、涙が止まらなくて、なんとか落ち着いたのはラインに並んだ時。
その後も思い出しては何度もうれし泣きしてしまいました・・・。
本当は悲しくてたまらなくて、ぐじゃぐじゃになってるはずだったけど・・・
うれしさと感謝でいっぱいで、顔は常にほころんでいました。

今日の席はB?19。
なぜか7回の観劇でどっちかに寄った席が多かったのですが、センターはやっぱり
バランスよく音が聴こえてきていいですね?。

そして満席の拍手の気持ちいいこと!
きっと俳優さんたちもそう思ったでしょうね。これこれ、これが本来の姿ですよ・・・
カスカスの拍手なんてさびしい。何日もさびしい想いをさせてごめんなさいね。

いつものように、ひとりひとりの俳優さんたちは、見事な演技でした。
またしても坂田さんのキャシーのダンスでは泣いてしまいました。
踊っている時の坂田さんの表情・・・突っ立っている時の顔と別人です。
本当に踊ることが好きでたまらないって表情をされていて、魅了されますね。
気付くと周りも涙をぬぐっていました。
感動させてくれるダンスって本当にすごい。

カーテンコールは、何度も何度も・・・気の毒になるぐらい続きました。
べっちの帽子でバイバイ・・・かわいかった!
あの発表がなければ、こんなにみんな笑顔じゃなく、悲痛なカテコとなったでしょうね。
本当によかった。

最後と思って、撮りまくった写真・・・。(笑)

P1060839.jpg P1060840.jpg P1060850.jpg P1060851.jpg


P1060856 20パー

脚本的にはちょっとキビシイところもあるけど、俳優さんひとりひとりと向き合えて
と・・・・っても見応えのある内容なので、観劇は28回のうちの7回でしたが
思い出深い作品となりました。

最後に、ディアナの大好きなセリフ・・・。

完璧には覚えてないけど、「好きな舞台俳優の仕事をやれてすばらしいわね!」と言われ
胸が熱くなる・・・というセリフ。

私も心からそう思います。
四季の俳優さんたちは、舞台に立って、たくさんの人を感動させる仕事ができて
本当に素晴らしいと思います。次の作品でも・・・頑張ってくださいね。


☆本日のスペシャルサンクス☆

田邊さん、西尾さん、三雲さん、鳥海さん・・・幸せな時間をありがとう。
今日は自宅に帰ってゆっくりなさって下さいね。福岡の三人組より。



関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

ついにのこすところ・・・・・

リョウが放心状態で帰ってきました。

「終わった・・・。」と。

コーラスライン、よっぽど気に入ったみたいですね?。

彼のベスト、「夢から醒めた夢」を抜いたみたいです。

(劇団四季に入りたい気持ちももっと強く・・・や?り?!)

彼でさえ、まだまだ観たいと思ってくれたようです。

驚いたことにリョウの周り・・・(男子校ですが)でもシティ劇場撤退のことは

話題に出るらしく、実はちょこちょこ観に行っていた・・・という事実も多々あるようです。

劇団四季が福岡にまったく馴染んでなかったわけではないんだな・・・と思いました。

10代の若者が“あって当たり前”の存在として劇団四季をとらえている。

この土地で10数年公演を続けてきたんですものね。

まったく観劇文化(ってのがあるの?)が根付かなかったなんて思わないで欲しいです。

「ライオンキング」を一度観た・・・ことを自慢げに話したり、大切な想い出のように

思っている人もたくさんいるんですから。



これからは、もう当たり前じゃなくなり、「福岡には劇団四季がある!」

と言えなくなってしまったけど、この寂しさは後々強くなっていくのかもしれません。

福岡民にとって。



家族もとても残念に思ってくれていて、再開を信じてくれています。

こういう声も多くて心強いです。

充電期間に我々もしっかり心の準備をしないといけないな・・・と思いました。

明日(今日)は、劇団四季を想う人、福岡シティ劇場に別れを告げる人、

コーラスラインのラストを見届ける人・・・チケット持ってる人・・・が集まります。



お客さんも含めて、みんなで最高の舞台にできたらいいな、と思います。

ハンカチ・・・タオル?の準備はいいですか??



関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

ラスト3回!!(泣)

手紙を書いていたらこんな時間になりました・・・

「♪ありえ????ないい????」

さんきゅー、メレブ♪  (?)

舌先に口内炎ができて、痛いことこの上なし。

喋るのも痛いし、食べるのも痛いし、フガフガ言ってます。

こんな夜更かししてるからだ。きっとそうだ。

しかし魔の刻、22時過ぎに、大抵ウトウトしています。

聞こえたぞ、リョウがピアノのレッスンから帰って来た時の会話!

ロボ 「お?い、リョウ、帰ってきたぞ!」

リョウ 「お母さん、ここ1週間ぐらい毎日この状態・・・。」

ロボ 「そうやろ??まったく・・・・・。」

なにさ、食事だってしたし、お風呂も準備してるじゃない!

それ以外何をするっていうの・・・「メシなどフロなど・・・知?らないわ!!」(ディアナ風)


コーラスラインものこすところあと3回・・・。

私は明日は仕事・・・。リョウがソワレに行きます。

しっかり観てくるんやで???!! (なぜに・・・)

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

今度は映画・・・

何度も観たんだけど、その度忘れるので(笑)、映画の「コーラスライン」を
引っ張り出してみて最初の方だけ観ました。

石倉さんが言った、グリーンのレオタードを着たビビ!!
あのダンスですね?・・・。
自分に自信がないのか遠慮がちだった彼女が、すばらしいダンスを披露する!
そして誰からともなく、仲間たちから自然な拍手が起こる・・・。
彼女、まるで余計な肉がなくスリムで、体が柔らかく、もの凄くビートがきいたダンスで
確かに圧巻でした。これが冴えないビビ・・・?という疑問も起こりましたが。

映画ヴァージョンでダンスも歌も増えてるけど、舞台を観た後では変な感じ。
プロフィール写真を掲げるところは舞台の演出が秀逸ですね!!あそこサイコー!
なんだ?映画のあれは・・・かっこわる?・・・

ジャズコンビネーションなんてオリジナルの方がいいって思えました。
マイクがなが?くなってる割には、ボビーなんてセリフだけであっさりで・・・
普通のオッサンで、「冴えないわ?!」
道口さんのボビーが断然魅力的!

グレッグ!!武藤さんが気持ち悪いと言ってたグレッグ。
ああ?、この人ね・・・確かに・・・眉毛も変だしいいところなし・・・(笑)
これまた武藤さんのほうがカッコイイし。

このコニーは大口さんにも似てる感じですね。違和感ないです。
コケッコー!!

マークもまたなんとも魅力なし。あまっちろいだけ。
あのセリフもちっともおもしろくないのね、映画のセリフだと。
スルーぶりが甚だしい。

ポールは田邊さんがいいのは言わずもがなだけど、プエルトリコ人ってことでは
映画の彼はピッタリなんでしょうね。
悩みを抱えてる感じも出ていて、彼はまあいいんじゃないかな?・・・。
好きじゃないけど!

同じプエルトリコ出身でディアナと親しげな様子がちょっと詳しく描かれてます。
舞台ではほとんどそんな感じは受けないから・・・
田邊さんはイタリア人に変身したポールって感じですものね。
ボビーとシーラもやっぱりなんか一緒にいますね?。

マギーは一番かわいこちゃんがやってます。
彼女が歌ってるかは知らないけど、歌もすばらしいです。ばぁれぇ?!!
のクレッシェンドのところ!

シーラは30歳にしては老けてますよね。でも合ってるかな。

ヴァルはなかなか魅力的なんですよね。
顔も体も本当に手を入れた・・・って感じなのです♪ボインにプリンです。
そうそう、最初は「ボインにプリン」だったんですよね、曲のタイトル。
マーヴィンが言うには、イマイチうけないと思ったら、タイトルでネタバラシしちゃってる。
そこで「ダンス10ルックス3」にしたら大当たり!ってことらしいです。
オリジナルのスタッフが、ヴァルは気が強そうに見えるけど、実はかわいらしい優しい子・・・
って言ってました。石倉さんはそんな雰囲気がよく出てますね。

ラリーは映画版、もちろんいいです!
影山さん、このラリーに雰囲気似てますよね?。

リチーは黒人独特のゴムマリのようなしなやかな体・・・。
サプライズサプライズは舞台ではない曲です。
演奏するとかっこいい曲なんですけどね。踊ってもかっこいいダンスナンバーです。
ぜひ、西尾さんにあの曲で踊って欲しかったですね?!
歌詞は、3回目?にして快感をおぼえた・・・・というきわどいものですけど。


最初しか観れなかったけど、映画はザックにマイケル・ダグラスをもってきたせいか
どうしてもキャシーとの二人の関係をクローズアップしちゃってますね。
そっちがたっぷりで、ダンサーひとりひとりはあっさりめ・・・という印象。

やっぱり舞台版がいいですわ!

ああ???またこんな時間・・・寝ます!

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

このチキンやろう!

あ?・・・・終わっちゃった。後は千秋楽だけになっちゃった・・・。(泣)

今日は6回目の観劇です。席は最前ではないけど、マーク、リチー、ポール(ディアナ)
目移りしちゃう席です。(笑)

タイトルの件、ただピンクのカーデを観劇前に脱いだだけなのですが・・・
色が派手だったので・・・・ただそれだけ・・・(なんのこっちゃ?)

最後の待受プレゼント、予想通り田邊ポール、熊本ディアナ、三雲マーク、
石倉ヴァルでした。ザックとラリーは仲良く除外ということで・・・(苦笑)
サンウンくん、最高の写真じゃないですか?!上腕が・・・まぶしい・・・

福岡では待ち受けプレゼントは初めてだと思いましたが、どれも気に入りました♪
度々チェンジしてしばらく使おうと思ってます。
(何年も変えなかったりして・・・)

どれが一番かな???。

坂田キャシーがめちゃくちゃかっこいいなあ?。
このパートはみんな「写りはサイコー!!」です・・・。
道口さんグレッグかっこいいし、増本シーラはきれいだし、丹下ボビーよく撮れてるし。

川口アルと染谷クリスティンもいい写真!
西尾さんはポーズはいいけど顔が不鮮明。上條ビビはビビっぽく写ってる。
鳥海ジュディーはきれいだけど下向いてますしね?。
しかしスタイルいいですよね?。胸もあるし、きれいな体だな?って思ってます。
このレオタードを堂々と着れる体、いいですよね?・・・ボケ?・・・

和田マギーと松浦ダンは普通にいい!
洋一郎マイクもいいですよね。ベスト3かな?コニー実はかわいくて好きだけど
ちょっと女でも照れちゃいますね・・・。大口さんエロいっす・・・。ごめんなさい。


今日のマチネの観劇ですが、お客さん初見が多いのか笑いが響いてました。
やっぱり年齢層高いんですよね?・・・(あ、自分も入ってますよ・・・笑)
やっぱりポールの独白で約1名いびき・・・やめてくれ???!
私はおなかがぐうぐう鳴って困っちゃったんですけどね。(お昼食べられず・・・)

洋一郎マイクは・・・セリフで“ダンサーはスポーツ選手と同じで限界がある”という意味の
言葉がありますが、彼を見ていると、「若いっていいなあ?。」って思わされます。
一番やっぱり動きの活きがいいです。サンウンくんとも違うんだな?。
だけど西尾さんや田邊さんなど、「表現力でカバー」とおっしゃってたように
円熟味というか、何か違う魅力を醸し出してますね。ステキです。

と言っても今日、田邊さん、めちゃくちゃかっこよかったです・・・。
ダンス、しっかり見てたのですが・・・気合い入っていて惚れ惚れしちゃいました。

西尾さんも、いつもながら最高でした!
ザックの質問に答えるところ、アクションがドックに「オレの歳・・・」の話をするところと
なんだかだぶります。(笑)
あ、西尾さんのセリフ「バクハツ!」じゃなくて、「メチャクチャ!」でしたね。(前の日記)

朱ダンはセリフもとっても上手なんだけど、演出家になりたいって言って
ヴァルが「よろしくね!」と言うのに全然無視でちょっと悲しい・・・。

松浦アルは歌の語尾?が短いんですね!わりとすべてぶつっと切れます。
そしてほんのちょっと遅れ気味な気がするんですが・・・気のせい?

道口さん、この前のトークを思い出して、顔を見ては笑いそうになりました・・・。
だけど今日のボビーもすばらしかったです。

何度もウルウルきたのですが、涙が流れたのはキャシーのダンスでした。

坂田さんがかっこよすぎて感動しました。

そのまま田邊さんの感動話につながっていくんですけどね・・・。

“愛した日々に悔いはない”では、異様に胸がドキドキして死ぬかと思いました。
思わず脈をとってました。早鐘のようでした・・・。
なんだったんだろう・・・?泣きそうだったから?興奮しすぎ?
「アバター」で死んだ人がいたけど、こんな感じだったのかな?
いや、違うでしょう。
千秋楽も見届けないといけないのに、死んでる場合じゃない!

6回目でさすがにセリフも頭に入ってきたのか、ひとことひとことを
かみ締めるように聞いていました。
昨日の映画を観たからでもないけど、やっぱり四季のレベルはすごいですね。
勘違いかもしれないけど、初日に比べると俳優さんたちものびのび演じられてるように思います。

次はファイナル・・・本当のファイナルデー?

どうしよう、どうしよう・・・・・


関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」

たまには映画のことも・・・。

昨日はほんっとーに今更ですが、「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」をリョウとざざ?っと観ました。


ずいぶん前にwowowで録っていたやつだったのですが・・・
ざ?っと感想を述べると、“映画”としてはイマイチだったこと。(キツっ!)
もっとドラマティックかと思ったんですよね。
記録映画・・・って感じの作りでした。まあ実際にオーディションを追う形なので
出来レースでない限り、ひとりにジックリ密着するわけにはいかないのであれが限界ですかね。

良かったところ。
マイケル・ベネットが1日かけて実際の俳優に聞き取ったというインタビューが
そのまま聞けたこと・・・。ところどころですが。
本当に、「コーラスライン」のエピソードのまんまだったのでびっくりでした。
コニーなんて、バイヨーク・リー、彼女そのものですものね。

リバイバルにあたって、3000人からオーディションをしたわけだけど
“踊れる”と履歴書に書いてある人をとりあえず全部審査していたので大変そうでした。
最初にある程度の舞台経験がある人を見て、最後に素人・・・って感じでした。
ネームバリューがある人から選ぶのは簡単かもしれないけど、金の卵を見つけるのも
オーディションの醍醐味かな?とも思います。

残念ながらすべての役にスポットライトを当てたわけではなく、キャシー、ポール、
マイク、コニー、クリスティン、シーラ、マギー・・・たちのみでした。

コニーはご存知の通り、沖縄出身の高良結香さんをクローズアップ。
オリジナルキャストで審査員のバイヨーク・リーは残念ながら彼女を推してなかったです。
発音がネックだったみたいですね。ネイティブじゃないのも不満げで。
最終審査ではユカの親友のアジアンと争ったのですが、彼女が舞台上で不調で・・・。
ユカのほうがいきいきと表情豊かに演じられてました。
それで選ばれたんですね。
驚いたのは、彼女の抜擢はてっきりダンスがずば抜けてるからかと思ったんです。
日本人なんでどうしても言葉の壁があると思ったから。
もちろん、ダンスも見るんでしょうけど、たまたま映画ではセリフの場面のみ・・・。
ユカが“演技力”で役を勝ち取ったことに大変感動しました。
(ルックスはちょっと想像と違ってました・・・!)

クリスティンは、まさに天然っぽいところがぴったりで、一目でしっくりきました。

シーラの人・・・怖かった・・・(笑)
最初のオーディションではよかったのに、最終審査で「こんなはずではない。」
とダメだしされ・・・本人は8ヶ月前の演技なんて覚えてないって。
ちょっと独特の人でしたね。増本さんがものすごく品がよくてステキだと感じました!
選ばれたのはアフリカ系アメリカ人の方。歌は・・・いまいちだったけどなぁ?。

マギーはすばらしかった!!
“一番核となる曲”(確か2曲目に仕上がった曲)アット・ザ・バレエを歌うのですけど
最後の、♪ばぁれぇぇぇぇぇぇぇぇ!!という部分を
ダイジェストでオーディション風景を見せていて笑いました。
みんな悲惨で、怒鳴りまくって、がなりあげていて・・・審査員たち苦笑。
「こなぁぁぁぁぁゆきぃぃぃぃぃ?!」で張り上げる人と似てるかも・・・(笑)
踊れて歌えるって大変なことなんだな?・・・と改めて。
でもマーラ・ダヴィて人は余韻も含めて感情豊かで、最後の伸びもすばらしかった・・・。

マイクは10代から派手な世界で活躍してきたキースがチャーミングだったけど
ちょっとやりすぎ・・・調子にのりすぎなところがあって最後アウトでした。

ヴァルは、ニッキが、イメージぴったりだと思ったけれど、代役としてのこっていた
ジェシカが、(彼女は最初からカメラがついていた)逆転勝利となった。
彼女・・・どう見ても太りちらかしてるんです・・・。
あの太さは四季では考えられない。
顔はかわいかったんですけどね。ダンスのセンスはいいのか、高校時代?の舞台で
マイク役をやってる映像があって、それはアクロもやっていてすごかった。
しかし今は太いので・・・衣装もヴァルじゃなかった・・・。
他の人はオリジナルに沿ってたと思うんですけどね。
あ、でもピッタリだと思った彼女は逆にボインではなかったので、本当にシリコンを
注入させられたかもしれませんね?・・・選ばれたら・・・(苦笑)

やはり一番選ぶのに難しいと言うキャシーとポール。

ポールは誰も彼もイメージと違って、バツの嵐。
まず女の子に見られてた・・っていうのが違和感だし、繊細そうにも見えない。
ポールはマイケル・ベネット自身をも表す役だというので重要なのです・・・。
諦めかけていたその時、ジェイソン・タムが現れる。
彼のオーディションはポールのセリフすべてを見せてくれました。
審査員・・・オーディションで泣いたのは初めてだ・・・というぐらい号泣。
私も涙・・・。
すばらしい演技でした。今舞台に出てもおかしくない出来でした。
特に。両親が女装していた舞台を観に来ていたというくだりは、引きこまれました。
四季のセリフと微妙に違いますね。四季では、母親が「あの子!」って気付く感じでしたが
あちらでは「オーマイゴー」ってもっと知ったことに衝撃がある感じで
お父さんが「息子をよろしく・・」と言ってくれたというセリフの時は、がまんできない
って感じで急激に感情があふれ出し、しゃくりあげるように言っていて、ちょっとやりすぎ?
感もあったけど、あれを見ると共感を受けないわけないなぁ?って感じでした。
(ちょっとうそ泣きっぽくも見える・・・。)
田邊さんの場合は、あくまでも淡々と・・・語ると言う感じなので
感情の抑え方も日本的なのかな?って思いました。つ?っと流れる涙といい、違いますね?。

キャシーはオリジナルではドナ・マケクニーのために作った役だというぐらいだから
ふさわしい人を見つけるのは至難の業。
オリジナルの映像が少し映りましたが・・・やっぱりすばらしいですね。
オーディションの彼女たちよりもずっとよく見えました。何十年も前なのに・・・
坂田さんのダンスがすばらしいせいか、どの人もイマイチに見えたのですが
一番キャシーっぽい人が選ばれてました。(スタイルは今ひとつで体は硬そうに見えた・・・)
ナターシャの方がダンスはしなやかで上手かったと思ったのですが、雰囲気が・・・
眉毛と髪型が・・・鳥海さんはオーディションでは形から入ってなりきる・・・と言ってたけど
それも大事だと思いました。ナターシャはアニタをやってるそうです。
やはりダンスはすばらしんでしょうね。

深みはない映画だったけど、新鮮な発見は、オーディション結果を知らされた直後の
俳優たちの表情を見れたこと・・・。
合格した喜びは傍から見ても感動です。
落ちて涙を溜めて悲しむ姿も・・・然りです。

キャストが決まるまでの長い長い8ヶ月間、受験者は大変だな?と思いました。
それだけに、キンキラ衣装を着て華やぐ彼らを見ると、感慨ひとしおなんですね。

それにしても、相変わらずコーラス(歌)は・・・あんまり美しくない。
一人一人が出ようとして、結局まとまってない感じがするのです。
四季の方がぜったい上手いです!LKの時も思いましたが。
周りとの協調、合わせる・・・というのは日本人は得意なんでしょうか?
改めて高いレベルの舞台を見せてもらってるな?と実感しました。
あ、ジャズコンビネーションもぜんっぜん負けてませんでした。

今日も感動を享受させて頂こうと思います。




今年のアカデミー賞、ノミネートが発表になりましたね。

ジョージ・クルーニーやメリル・ストリープなどお馴染みな顔も多いですが
マット・デイモンが助演男優賞にノミネートされたのがうれしい!!
(そういえば、お気に入りとなった新庄くん、マット系かな・・・?)
スタンリー・トゥッチ もじわじわといい味出して活躍してるしなあ?

サンドラ・ブロックも好きだからうれしい!
ゴールデン・グローブは獲りましたね。

「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナーは気持ち悪い人って印象だったけど
役がはまったんでしょうねぇ?。

作品賞のノミネート数が10個に戻ったのも、私はいいと思います。
称える分は多いほうがいいでしょう!!

今年はオリンピックの関係で3月8日。・・・仕事だけど・・・楽しみです♪

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: