広告
Singin' in the Rain 2008年12月

「アイ・アム・レジェンド」 (2007・米)

アイ・アム・レジェンド 特別版 [DVD]アイ・アム・レジェンド 特別版 [DVD]
(2008/12/10)
ウィル・スミスアリーシー・ブラガ

商品詳細を見る


大晦日の気忙しいさなか、皆様いかがお過ごしですか?

ロボが録画していた「アイ・アム・レジェンド」を観ていたので私もちらちら観てました。

こ・・・こんな映画だったとは!?

あの恐ろしい生き物は予告には全く映ってなかったけど?
観る前からの素朴な疑問。
「なぜ彼以外の人類は滅亡したか?」
「彼はたったひとりでどうやって生き延びたのか?」
「そして結末は?」

結局原因としては、人間が“生”にこだわったために、あるタブーを犯してしまったということ?
不治の病の特効薬を発明した・・・というドクター・クリッピンがエマ・トンプソン
「おっ!?」・・・と思ったのですが登場は最初だけでした。
彼女の薬がこういう悲劇を招いたと思っていいのかな?
狂犬病のような症状、果てはゾンビ・・・というのがまあ非現実的ではありましたが
このゾンビが頭もそこそこいいし、俊敏この上なし。
太陽光に当たれないのは吸血鬼ですね。

ハラハラドキドキさせる効果が凄くてですね・・・。
このゾンビもそうですが、突然の音だとか視覚効果だとか・・・やられました。
撮影も凄いんですよ。NYの街を封鎖したりして撮ったんでしょうけど
何しろひとりぼっちという設定なんですから、CG処理がかなり行われてますね。
それにしても凝ってます。見事です。

3年間もよく正気を保っていられたな・・・と思うのですが、犬のサムの存在は大きく
彼を失ってからはさすがにやけになっていましたね。
話し相手がいないなんて・・・絶望的ですもん。
ウィル・スミスのおちゃらけた演技はあまり見られないけれど、その代わり
苦しいまでの失望感、絶望感、怒り、悲しみ・・・の表現がすばらしいです。
自分以外の人間を見た時の戸惑いも・・・。
そこからの展開がちょっと残念でした。
できればいい方向に行ってほしかった。“伝説”に終わることなく・・・。

ゾンビ・・・の親分みたいなのがいて、最後その男を説得して血清を打てるのか?
なぁ?んていい風に想像していたのですが、無惨にも裏切られました。(苦笑)
親玉はただのアホの親玉でした。
ラストの展開にもうひとがんばりあったら、もっとおもしろい映画・・・という
感想になったと思います!

さて、仕事に戻ります・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

お笑いDynamite!

ま?た、こんな時間に!!明日起きれるのか!?
お笑いネタが多くなっている今日この頃です・・・。

「お笑いDynamite!」を二日連続で見ました。
正直1日目は全然テンション上がらなくて・・・。つまらんっ!サンドとフットぐらいしか。

<素朴な感想>

・ウッチャンとくりいむの司会。主にウッチャンが喋ってるけど、上田が暇そう・・・
・1分半のネタ?「お笑いレッドカーペット」の流れだろうけど中途半端感が強い。
 レッドカーペットはおもしろいのにナゼ?
・中途半端なまま見たくない芸人がぞろぞろ出てきて見るのやめようかと思った。
・昔の正月の、芸人が出てくるおもしろくない番組を思い出した。
・赤組・白組なんてどうでもいいと思う。
・キャプテンってなんですか?
・罰ゲームもどうでもいい。
・審査員の途中退場とかもどうでもいい。
・除夜の鐘はCGかと思っていた。
・やっぱりTBSのノリは変だと思う。

2日目はなぜかおもしろく見れたんですよ?。
特に好きだったり、おもしろかったのは、

オードリー・・・(なんだか嵌ってきてしまった・・・)
COWCOW・・・(かなり好きです。もっと売れろ?)
THE GEESE・・・(知的ですな?。ちょっと頭でっかちすぎるけど感心する・・・)
ザ・たっち・・・(かわいい!いつまでもおもしろい気がする・・・)
ザブングル・・・(なかなかの才能だと思う)
弾丸ジャッキー・・・(二人ともキャラがいい。ただバリエーションが・・・?)
超新塾・・・(言うことなす!結婚ネタはありがちでしたが・・・)
つぶやきシロー・・・(意外に好きですよ?)
トータルテンボス・・・(おもしろいと思う)
ナイツ・・・(ツッコミの人は意外に背が高く歯がキレイ。)
NON STYLE・・・(この前のエンタと同じネタだった)
バナナマン・・・(彼らは急上昇!?おもしろかったけど。特に設楽の魅力バクハツ中!!)
ハリセンボン・・・(好きだわ?もれなくおもしろいし!!)
ロザン・・・(初めてネタ見た!!)

・・・ぐらいかな。まだあったけど名前とか思い出せないよぉ・・・。
とにかくネタが短くていい人もいたけど、わざわざちょん切らず、じっくり見たい
というのが感想です。
ロザンは思ったよりおもしろかった。
宇治原の相方は、Qさまでは最高にKYだと思っていたけれど、ネタは良かった!
頭がいい二人なら、もっと高度なネタが作れそうですけどね。

今年13kgも太ったという、渡辺直美が決めポーズでよろけたのが・・・(笑)
体重を支えきれなかったようです。
関連記事

テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

ダーティー・セクシー・マネー #5

第5話「バースデー・パーティー」

1週遅れなので、いつもダラダラ書いているあらすじは省略します。
感想だけ・・・。

ブライアンJr.の話はかわいかった!
ブライアンがいつもしている良い子のためのお話、お題が“正直”だったので
避けて飛び抜かそうとする・・・。が、妻に咎められ、予定通り読むことに。
「嘘はだめだ、地獄に落ちるぞ?。」
みたいな話にジュニアはすっかりびびって継母に真実を告白。
意外にもばれたことをアッサリ受け止めたブライアン。
離婚を申し出てきた妻に、「ぶっつぶす!」なんてキレていたが、
ニックに「ちゃんと謝ってチャンスをもらえ。」と説得され、とりあえず保留に。
家を追い出され、ダーリング家に戻ってきたブライアンとジュニア。
息子が元の部屋に戻ってきてレティシアは喜ぶ。
スタートが底辺だったせいか、ブライアンの好感度は上がるばかり。
なかなかいい父親だし、ニックに対してのジェラシーを素直に口にしたり
意外に憎めない人物なのでした。ジュニアもかわいいしなぁ?!

双子のバースデイパーティの話。
毎年一緒に盛大にやってたらしい。
今年は別々にやるからって、ジュリエットは100万ドルを使ってフランス風パーティ、
ジェレミーは100万ドルでブルックリン橋を封鎖し、合計200万ドルをかける散財ぶり。

トリップは二人のばかげた行動をとりあえず見過ごしておいて、後で反省させよう
という目論見。レティシアの父からの信託財産も5年後までお預けにしようかと考える。
何しろひとり2500万ドルなのだ。今の二人に渡せばどんな使い方をするかわからない。

ジュリエットはマリー・アントワネットかと思わせるような仮装大会なみの格好で
最初はゴキゲンだったが、狙っていた男と友人がキスしているのを見ておかんむり。

ジェレミーはジュリエットの友人情報からナタリーの妊娠が嘘だと知り、
すっかり人間不信に陥る。誕生パーティでもすっかり荒れてニックが駆けつけるほど。
ナタリーに確認してやっぱり妊娠してない事を知ると、「俺に近づくな」と拒絶。
しっかしな?・・・。短絡的なお話ですわ。
ナタリーはつわりっぽい症状だったから思い込んだんでしょうけど、
二人とも愛し合ってたのだから、例え妊娠が間違いで、言うのが遅れたとしても
そんなに怒ることじゃないでしょう・・・?
妊娠をエサに結婚を迫るというと、好きでもないのに責任をとらされる・・・
というパターンを思い浮かべるけど、二人の場合当てはまらないし。
ナタリーも金持ちで、ジェレミーの愛はある。あえて妊娠を持ち出さなくても
いいわけだから。ジェレミーの行動はよくわからないですね。
気持ちは少しわかる。妊娠を告げられてもびびることなく、むしろ楽しみにしてたから
がっかりきたのもあったみたいだし、自分がとんでもない金持ち・・・ということで、
金目当てで近寄ってくる人に警戒心があるんですね。
だからナタリーにも過剰反応しちゃった・・・と。

最後はやっぱり双子は双子同士がよくわかりあってる・・・みたいな終わり方で
ジュリエットは自ら財産授与を延期、ジェレミーは父に認めてもらいたくて
「仕事が欲しい。」と頼む。
これだけのことですっかり感動する超アマのトリップ。

ニックはサイモンと食事。Cというのはやはり彼だった。
サイモンは1000万ドルをさっさとチャリティーに使い、自分のところに来いと誘う。
ダーリング家に振り回されてやりたいことができないのであれば・・・。

早速ニックは寄付を頼みに来た人に、ポンと20万ドルを寄付。
すぐにサインはしたくないって言ってなかったっけ?
もっと慎重に使って欲しいですね、どうせなら。

妻にも何やら高いらしいアリ3匹の絵をプレセント。
なんのカンの言って、ニックもう金持ちサイドに入ってるんですよね?。



関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

Mステ終わった

リョウが待ちに待ったラルクはトリのいっこ前でした・・・(苦笑)
イタズラっ子のような表情で登場したhyde。
歌は「いつも調子悪いMステのわりには・・・今日は調子いい!!」
・・・と言ってました。
来年もまた出たいと言っていたけど、「本当かいな?」と懐疑的なことを言うリョウ。
前列のノリが、ひどく悪いと文句を言うリョウ。
「こんなことなら、もうMステは出ないほうがいい。」・・とまで。
どうしちゃった?いいじゃん、テレビでも見れるなら?
私はや?っぱりhydeの歌は個性があって聴き応えがあるし、演奏もいいので
なかなかのバンドだと思いましたよ。

しっかしミスチルの人気はすごいねぇ?。
もはや紅白の大トリもいけそう・・・な雰囲気もありましたよ?
ドラムのお口ポカーン、ギターのやる気ナッシング(曲のせいですよね・・・)
が相変わらず気にはなりましたが、桜井さんの訴えかける歌はすごい。

観客の感動っぷりでいうと、コブクロもなかなか・・・。
うまいですよね?おっきい人。声がよいわ?。
でもハモリの高音がかなりすばらしいですね。バランスもいいし。

あとは?・・・
ジャニーズだと嵐が最強!(笑) 歌ってないにしても、みんないいわぁ?
さわやか!目の保養! (はははオバサンでも)
他は口パクじゃないにしても、歌がひどすぎます・・・放送事故かと・・・

スペシャルには出まくっていたEXILEが出てませんでしたね?
浜崎あゆみは一体いつ怪我したんでしょう??
楽しみにしていたファンは残念でしたね。

よく最前列あたりの女の子たちが映ってましたが、み?んな綺麗な子たちで
モデルやら事務所の子を仕込んでいたのかしらね?
そういうものなのかしら?

関連記事

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

久本の好みって・・・

アメトークがついてたので小耳に挟んだのですが・・・
久本雅美に“抱きたい芸人”を聞いてたのです。抱きたい・・・です。(笑)

★ベスト3★

  1.アンジャッシュの児嶋

  2.フットボールアワーの後藤

  3.フルーツポンチの村上



・・・だそうです。

リアルじゃ???っ!!マチャミ、マジすぎ???!!

ホトちゃんがみんな知り合いだからすぐに連絡しとく・・・と言ってました。
うれしそうなマチャミ。

うんうんうんうん・・・このランキング・・・わかるなぁ?
私は村上っていう人はあまり好きじゃないけど、
みんな芸人といえど節度があるタイプ?でそこそこ男前ですよね!

私も児嶋さんは好きだな・・・。

ロンハーでの女性芸能人に聞いた“抱かれたい芸人”1位は徳井さんだったけど
信じられないような人にも1票入ってましたね。(苦笑)
おもしろくて男前だったら言うことないですもんね?!
私は河本くんタイプも好きですけどね?!かわいい部分がある人がいいんだなぁ・・・


関連記事

テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

上川ライオネル

23日にNHKで放送された「人間になりたがった猫」を観ました。
「ええ??」・・・というところのカットもありましたが・・・
大好きな演目です。当日のキャストはおそらく・・・

★キャスト

ステファネス   松下武史
ライオネル     上川一哉
ジリアン      小川美緒
タドベリ      渋谷智也
トリバー      佐藤夏木
スワガード     牧野公昭

(スリ/兵隊)    和泉沢 旭
(床屋)       佐藤晃仁
(勝負師/兵隊)  岩城雄太
(風船屋)     柿澤勇人
(仕立て屋)    高橋 徹
(果物屋/兵隊)  小野功司
(兵隊)       松尾 篤


(八百屋)     森田かおり
(酒屋)      桑野東萌
(パン屋)     上領幸子(劇団昴)
(子ども)      間 しのぶ
(床屋)      岩沢英美
(果物屋)     和田侑子
(花屋)      佐々木杏珠
(洗濯屋)     松尾美惠子
(仕立て屋)    中元美里
(肉屋)      ソン インミ

まず上川ライオネルですが、最初猫の時・・・
「硬いなぁ!!」というのが印象。確かに一人芝居で観客相手に難しいと思うんです。
ちょっと段取り通りでゆとりがないな?と思ってしまいました。
ところが人間に変身すると・・・?

まあ?!お目目まん丸で表情があってかわいいこと!

動きもちゃんと軽やかで良かったと思います。
2005年の果物屋が初舞台だったみたいですが、人猫歴は長いんですね。(笑)
ダンス経験は特になかったように書いてあったと思うのですが、なかなかです。
こう・・・健康的な感じがしますよね。運動神経とかは普通にいいのでしょうね!
ライオネルはさわやかじゃないとダメなので大事だと思います。
歌は無難にされてたと思いますが、声の太さ、伸び・・・という点ではもうひとつ?
ちょっと軽いかな・・・?そこがシンバであの歌を聴かせられるか・・・というところでしょうか?
でも華があるし、これだけ心のこもったお芝居ができるなんて、たのもしいですね。

小川ジリアン
私は拝見した事ないようです。バベットもメグ・ジリーも観たことないですから。
お人形みたいでかわいいんですけど、最初の歌で「あれれ!?」・・・と思いました。
素人さんががんばって歌っている・・・のとプロの間ぐらい!?微妙な感じ・・・
私は悪くはないと思いましたけど?声質のせいでしょうかねぇ?
私が最後に観たのが木村花代さんなので、比べるとちょっと・・・。

トリバーは大ベテランの佐藤夏木さんなので特に何もないですが、
前回はお亡くなりになった服部さんだったので、ちょっとしみじみ・・・
服部さんのあの優しい笑顔は心にのこってます・・・。

スワガードの牧野さん!おもしろ?い。
宮村さん、川原さん・・・ともユニークでしたが牧野さんもがんばってました。
やっぱり好きだ!愛しのジリアンの歌???!
好きな歌ベスト10に入るかも・・・しれない・・・?(兵隊さんとダンスコミで)

何度も出して恐縮ですが、ここに2004年の福岡公演で描いた絵があります。

img022.jpg


キャスト、豪華なんですよ! 絵の位置通りだとこうです。(2004年8月・福岡)




(スリ) 和泉沢旭  (肉屋) 八田亜哉香  (兵隊) 上田龍雄

    (八百屋) 大月恵   (風船屋) 三宅克典  (酒屋) 木下真美子

   (果物屋/兵隊) 井水類           ( 床屋) 松下雅博

   (トリバー) 服部良子        (ステファヌス)松下武史

      (ジリアン) 木村花代        (ライオネル )田邉真也

   (スワガード) 川原洋一郎       (タドベリ) 渋谷智也

   (パン屋) 滝口律子 (仕立屋) 染矢 裕 (仕立屋) 村上絵里子

   (床屋) 中野真那  (花屋)加藤久美子  (洗濯屋) 望月秀美

   (子供) 北涼子   (勝負師) 太田泰信   (果物屋) 沼上麻子




もう辞めた方も多いですね。赤字は前回と同じ役の人、
青字は特に意味はないですが注目って感じです。(笑)
今回、風船屋がシンバにキャスティングされている柿澤勇人さんでした。
大体この役って背が高くて目立ち、後々に活躍する人が多いような・・・
♪みんな?帰ろう 逆らわずに帰ろう???!!
・・・というワンフレーズを聴くと、意外に歌もいける!?
ライオネル役ではデビューされてますが、ライオンのシンバでも活躍が楽しみですね。



関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

メリー☆クリスマス

良かった?♪ 最高???♪♪

 ★ライオンキング(福岡) 12月23日(祝)マチネ  キャスト

ラフィキ : 遠藤珠生
ムファサ : 内田 圭
ザズ : 雲田隆弘
スカー : 野中万寿夫
ヤングシンバ : 福島滉史郎
ヤングナラ : 宮脇咲良
シェンジ : 小林英恵
バンザイ : 太田浩人
エド : キム リュンホ
ティモン : 江上健二
プンバァ : 荒木 勝
シンバ : 飯村和也
ナラ : 谷内 愛

【男性アンサンブル】     【女性アンサンブル】
大辻賢吾            渡邉万希子
那俄性 哲        宝生 慧
羽根博司            豊田早季
加藤龍登            渡辺由紀乃
森田利夫            松本菜緒
伊藤綾祐            山西里奈
海老沼良和           鳥海いくえ
森 健太郎           谷井里衣
キム キナム          大村奈央
清原卓海            松下沙樹
前田員範            成松 藍
キム スホ            磯谷美穂
山本 道             小松陽子


今日の席は良かったなぁ?。ニコッ♪
サイドブロック通路側だったのですが、視界に邪魔になるものがなく、
確かに真ん中ブロックとは見え方が違うのですが、G列というのも
実に見やすかったです。最前あたりはワクワクだけど全体が見えないからですね?。

本日のキャスト・・・すばらしいですね?。
「ありがとうございますっ!!」って感じですよぉ。

まずやっぱり・・・内田さんheart0
今日のお声もすばらしい。ちょっと元気がないかな?・・と思ったけれど
なんのなんの、ものすごい熱の入りよう!
シンバへの愛は溢れんほどで、象の墓場から救出してシンバを戒めるところ、
声を震わせ体中で感情を表していらっしゃいました。うるうる・・・
残念で残念で仕方ないです。ムファサの出番がヌーの場面で終わってしまうことが・・・(苦笑)
もっと観たいよぉ???。もっと出せ?!(無理)
でも今日は特別カテコでホワイトクリスマスが聴けたから満足。
♪あ?い どり?みんおぶざ ほわぁ????い くり?すま?す
ああ、邪魔・・・あのメイクと衣装が、この時ばかりは邪魔!!
ディナーショーのように素のお姿で聴けたらなぁ?って。でも鼻血ものでした。
ジングルベルの時かな、「いよっ!!」みたいな合いの手を入れてあって
そういうノリも好きなんだな?!きっといい人!むふふ

そして野中スカー
悪いっすね?。相変わらず、一番の悪っぷり。同情の余地なし?(笑)
でも「なぜ好かれぬのだ??。」というのが非常にリアルなので物哀しい・・・。
歌ももうすっごい自由に上げたり下げたり・・・
楽しいんだけど、野中さんの歌を聴くと、逆に村さんの歌を思い浮かべるのです。
村さんはおそらく楽譜に忠実に歌っていらっしゃったと思うのです。
CDのアレンジとも違うし。あの怪人ばりの正統派の歌をもう一度聴きたいな・・・

感心したのが福島ヤングシンバ
ちょっと線の細い感じのシンバだと思っていましたが、ダンスは相変わらず上手だし
細かい演技がとてもうまくなってますね?。モーニングリポートも最高?。
セリフにやんちゃっぽい力強さが出たらもっといいのかもしれませんが
彼の性格なのかな、優しいんでしょうね、繊細な感じもいいと思います。
何より歌が、「悩み蹴飛ばす?生き方?」のところ、濁ってなくてほっとしました。
文化祭の作品もセンスが良かったしなぁ?。頭もいいんだろうな。本当にかわいい・・・。

かわいいといえば、お初の宮脇ヤングナラ
かわいい?!他のナラに比べたら幼なく見えますね?
お姉ちゃんっぽいナラが多い中、ケンカもやっとで勝った・・・という感じなのですが
かわいらしくってマル。本当にみんな美形だしかわいいなぁ?(かわいい言い過ぎ?)

そしてそして!待ってました!愛ちゃんナラ!
よかった・・・観れて・・・また逃げられそうで・・・
期待以上でした!!
ソフィの印象が強く、かわいい感じなのかな?と思っていましたが
びっくりするほど力強いナラでした。特にシャドウランド。
動きが大きく、歌も堂々としていて、まさにナラが大きな存在に見えました。
そしてシンバとのあま?い部分はかわいらしいんですよね。これ最高!
飯村さんとめっちゃいい感じに見えましたもん。 
「ずっと・・・会いたかったわ・・・ハート8」 「私も・・・」(私の心の中の言葉) 
「付き合いだしたのはちょっと前・・・」という名言を思い出しました。(笑)

飯村シンバもよかったですよ。
飯村さんは嫌いじゃないので好意的に見ています。(笑)
やっぱり声質が・・・賛美歌か何かを歌った方が似合いそうな感じなのですが・・・
な?ぜ?か?憎めないというか、応援したくなるから不思議です。
お芝居は丁寧で誠実な感じが出ています。カテコでもにっこにこ、テンション高め!
他の役で観たい!彼に何かピッタリの役がないでしょうか?メレブ・・・?
有賀さんがついにギルバートになられたけれど、そうなると飯村さんのギルもありか!?
良さそうですけどね・・・!にたり、
クリスチャンの飯村さん、クリスマスはやはり教会へ・・・?

ルミが大好きだと騒いでいる江上ティモン
もはや彼なくしては・・・みたいな感じになってますが、藤川さんは「解たま」だし・・・
まだ続投なのかなぁ??
江上さんは最初はテンション不足?みたいに思ってましたが、今ではテンションもアップ
もう?、すばらしいティモンです。次にどんな人がきても江上さん以上は無理かも・・・
声もステキで歌もいいですからねぇ?。
お顔の毛穴に緑の塗料が入り込んでないか・・・心配です。絵文字名を入力してください
文句なしのバンザイ、太田さんもまだ続投・・・。
冬休みはお子様たち、パパのがんばりを観にこられるかな!?汗汗

イベントで歌ったから、「早く王様になりたい」の場面では異常に反応してしまいました。
思わず口ずさんで踊りそうに・・・は嘘ですけど、楽しい思い出が蘇ってきました♪

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

非のうちどころなし?

クリスマスイブイブ・・・
カップルがやたら目立つキャナルシティ・・・&福岡シティ劇場
クリスマスカーテンコールもあるこの日、ルミと行ってまいりました!

本日のキャスト、もうなんて贅沢!!最高でした!!

サバンナでクリスマス
半裸の人とクリスマス
野生の動物たちとクリスマス


スカー&ムファサが歌うホワイトクリスマスに酔いしれながら
幸せ気分をた?っぷり味わってまいりました。

感想はまた夜明けに・・・♪夜はいつか終わるぅ?
関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

新鮮さが一番!

★M-1 グランプリ 優勝おめでとう! NON STYLE 

いや?、楽しみにしてました。
おもしろかったです。
やっぱり思ったのは、勢いと新鮮さ、キャラクターの魅力でしょうか?
そんな決勝でした。

1・ダイアン (619点・6位)
  申しわけないけど、華がない二人です・・・。
  二人とも悪人顔ですね?まあ笑いには関係ないんですけど、ちょっと損してる?
  ネタ的にもサンタを知らないとか、ちょっとクラッシックすぎて苦しいかな?
  皆さんが言ってるように、最初がダレる感じでした。テンポ勝負なんですね?・・・

2.笑い飯 (637点・4位)
  今年はおもしろく見ました。ヒゲの人がよかった。
  おもしろいんですけどね?・・・おもしろいのはわかっているんだけど
  もうそれ以上の驚きがないというか・・・去年よりおもしろかったです。
  順番も不利だったかなぁ? 

3.モンスターエンジン (614点・7位)
  私的には左側の板倉に似ている人がかなりツボでした!
  エイリアンのところおもしろかった?!
  だけど右側の人の印象が薄いです。ネタも最初の方が乗り切らず・・・
  周りのレベルの高さから言うと内容が物足りなかったかなぁ

4.ナイツ (640点・3位) ☆
  好きなんですけどね。ふふふ・・・と満遍なく笑えるんですけど、
  M?1の勝者には、ちょっと・・・???
  塙さんがどうしてもダークなイメージがあるんですよね。下ネタのせいもあり
  顔つきのせいも・・・? それを右の人のさわやかさ?で中和してるのですが
  何度も聞いて笑えるかというと厳しいかな??
  やっぱ「smap」ネタが一番かな・・・最初の時は爆笑したもん・・・

5.U字工事 (623点・ 5位)
  栃木弁の異色のコンビ。なんかかわいいと思います。
  それに今が上り調子で旬って感じ。・・・でもスタイルとしてはコテコテだし
  古い感じもします?。

6.ザ・パンチ (591点・9位)
  あらら・・・!!
  唯一の500点台・・・。「ダメなのは二人だけ・・・。」なんて言われてました・・・
  確かに、あのメンバーの中ではキビシイ出来でした。
  おまけに審査員でもないのに審査前の今田耕司の前フリがひどいっ!
  もうダメって言ってるようなもの・・・。(苦笑)
  芸人は彼のフォローに助けられることって多いと思うんですけど
  こういうこともあるんだなぁ?・・・まあどっちにしろダメでしたけどね・・・
  パンチも固かったし、右の人のツッコミももうちょっとおもしろくならないかと・・・

7.NON STYLE (644点・2位) ☆
  泣き笑いしました。  おもしろかったぁ?!!
  リョウが言ってたんですよね。若者の間では凄い人気だそうで。
  石田明って人、最高ですね!
  変顔や、自らにツッコミを入れるあのポーズ・・・ウケました。
  まさに怖いもの知らずでノリにノッてるって感じでした。
  もちろん、相方の井上って人もいいバランスでテンポよかったです。
  歌も歌えるなんていい事です!!
  人命救助のほうが個人的にはおもしろく、ホラー映画のほうは「こんなもの?」
  と思うところもあったけど、おもしろいことはおもしろかったです。
  街灯のポーズなんて、彼しかできないけどめっちゃウケました?!
  
8.キングコング (612点・8位)
  8位かぁ?・・・・。もうね、二人を知りすぎちゃってるんですよね。
  いろんな番組で見てるから、今更漫才で「どう笑わせてくれるの!?」って
  最初からハードルは高いです、確かに。
  しかも梶原はおもしろいところはあるけれど、西野ってどうなんだろ?
  落ち着きすぎていて、変な人だらけのお笑い界ではもはやまともすぎる気がします。
  よって、笑えない・・・。この結果もしょうがないですねぇ?・・・

9.オードリー (649点・1位) ☆ 敗者復活
  やっぱり敗者復活の人って勢いがあるんですね。
  しかもオードリーってこのメンバーの中では一番見る機会が多かった気がするのですが
  どんどんおもしろくなってきている気がするんですよね。彼らに慣れたのかな?
  驚くのは左側の若林さん、あの落ち着き、動じない度胸の大きさね!
  なかなかの器だと思いますよ・・・。春日さんの方はナゾも多いのですが
  おもしろく見せている、若林さんの力が大きいかな?・・・と。
  バシバシ叩くのあまり好きじゃないのですが、決勝のネタもおもしろかったし
  いくんじゃないかとヒヤヒヤしました。
  いや、やっぱ、ちょっと優勝は遠慮してもらいたかったです・・・(笑)

とにかく、NON STYLEはフレッシュでした。
関西の人とか、お笑い好きの人は知ってたんでしょうけど、
私にとってはあまり見る機会がなかったし、
こんなにおもしろい人がいるんだ?!って思いました。
6年生のルミにも一番ウケていたので、若者ウケも大事なんだな?って・・・(笑)
さわやかだし、これから先期待できますよね?。
やっぱり今は芽が出てないけど前途のある若者がこの賞はもらうべきだと思います。
はずみになるし・・・。涙もよかったです。
※彼らも言ってたけど、本当にスタイルを変えて成功でしたね。
 以前の動画を見たのですが、フツウで、どれも驚くほどイマイチでした・・・
 だけど二人とも長所があるのでいけると思います。フリートークが心配ですが・・・(笑)

それにしても・・・。
審査中の審査員のぶす?とした表情、しらけるなぁ?。
こっちはただ笑いたいだけなんですよね。
裏の部分は、別番組として後で見せるとかのほうがいいような・・・。
なんか真剣勝負なのはわかるけど、裏側を見せられると
どうにもしらけた気分になります。審査も好みの問題と言っていたけど実力は紙一重だし、
M?1はなかなか難しいところにきているな?って気もします。
我々は笑わせてくれればそれでいいんですけどね!
(上沼恵美子の顔!!まっちろでメイクも・・・怖かったぁ?!!)  
  
関連記事

テーマ : M-1グランプリ
ジャンル : テレビ・ラジオ

似顔絵 ザ・パンチ

ザ・パンチ3 50パー


「チャーッス、チャッチャッチャーッス!!」
夜中にやってたM1グランプリの順位予想では8位でした!
パンチ浜崎のつぶらな瞳・・・
ぎゃあぎゃあうるさいノーパンチ松尾の罵声に
表情も変えず、反論もせず、ぽ?っと聞いてる浜崎・・・(笑)
なんだろう、驚くほどマイペースな感じがいいですね。
キャラを作ってるようで、自然な感じですよね。
松尾の「ピンでやらせてぇぇぇぇ?。」というセリフには
「ピンだと無理じゃない??」と心の中でツッコミを入れるイジワルな私です。



関連記事

テーマ : M1グランプリ
ジャンル : お笑い

またバナナはなくなるか?

ここ数日おなかの調子が悪くて、腰も痛いし、集中力がありません。
今日もうつらうつらしたり、食事はしたりしなかったり、らじばんだりで
一日何をしていたか・・・?って感じです。

とりあえず夕方はルミのお迎えの関係で学校へ行き
友の会の更新に行き、(誕生日のくじが3年連続当たる!)
銀行に行き、店に寄って習字の先生のお宅に行き・・・
いろいろしたみたいなんですけどねぇ?

夕食も食べてないので「力が出ない」よぉ? アンパンマン状態だよぉ?

で、ルミも寝ちゃってリョウは塾なので一人でボーッとテレビを見てたのですが
TBSの「ドリーム・プレス社」というのをやってました。
何か見覚えあるな?と思っていたら、森公美子のバナナダイエットのやつでした。

これが驚いたことに永遠前回のおさらいというか再放送で、
気付けば1時間を超えてます!

おまけにこの番組変なんですよ。
普通「どれだけ痩せたか!!」って当事者は最後に登場するんじゃないですか?
それが最初に全員出てきちゃってるんですよね。
結果がわかってるのにダラダラ過程を見るなんて変だ?。

確かに痩せたな?って人もいました。クッキングパパラインの森山中の人とか・・・
モリクミさんもスッピンと食べているところのドアップだらけで
本当に見ているだけでオナカイッパイって感じでした。

最後の方はチャンネルも変えちゃったんですが、とりあえず90kg台になって
よかったですね。85kg目指すそうです。
まあ彼女は一日3000kcalとってたっていうんですから、普通の食事にすれば
もっともっと痩せたでしょうにね。おはぎ3個は1個にすればいいんだし・・・(笑)
しかし昼と夜はたっぷり食べてましたね?。
我慢する・・・というストレスはよくないらしいですけどね。

おなかがしくしく痛いと、食べる話がなんだかむなしい・・・。
モリクミさんが食べ物を、あれだけ健康的においしく食べられることに
嫉妬を覚えます・・・。
関連記事

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

ハーパー★ボーイズ #10

第10話「感謝できない感謝祭」

チャーリーはかつて同居までして唯一本気だったリサとデートだというのではしゃぐ。
ところが彼女から聞かされたのは、結婚するという報告。
すぐに結婚する気はないが、彼女を失うのが惜しいチャーリーは
アランとの男二人ラスベガス感謝祭をボツにして、家族を集めてパーティを開く
事を計画する。
少しでも自分が以前とは変わり、家族を大事にする男になった・・・というアピールをするためだ。

感謝祭当日。
集まったのはアランと別居中のジュディス、ジュディスの両親、ジェイク。
母親のエヴリン、1000ドルで特別に来てもらった家政婦のバルタ、
リサに、飛び入り参加のローズ。

ジェイクに根回しして都合のいいセリフを言わせるがすでにみえみえ。
エヴリンは相変わらずの毒舌で、リサに嫌味を言ったり、ジュディスの両親に
ジュディスがレズだという事を勝手にばらし、すっかり陰湿ムードに。
ローズは浮いてるし、バルタは金持ちの愚痴が聞けて良かったとただムシャムシャ・・・

メインイベント?の七面鳥取り分けタイム。
アランとジュディス父とエヴリンがやろうとすると、チャーリーがナイフを取り上げる。
「やったこともないくせに!」・・・といつものように上から目線の母。
すると母をナイフで脅しながら、鶏をめちゃくちゃに切りつけ一同唖然・・・。
どさくさでリサにプロポーズするも、「いつかはする・・・・」といういい加減さに呆れられ。
名残惜しくも“友だち”として付き合うと別れたチャーリーだった。

チャーリーと 


★ゲスト

デニス・リチャーズ (リサ)

チャーリー・シーンと本当に結婚してました。(’02・6・15?’6・11・30)
二人にはサムとローラという二人の娘がいます。
泥沼法廷闘争となり、チャーリーは彼女に言葉と体の暴力を訴えられる!あ?あ・・・





続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!4 #71

第71話「正義が果たされる時」 Showdown

アディーサ・テノを護送中、前にいた青いバンから男たちが降りてきて銃撃してきた。
男はマキーバ領事館の警護官、エミール・ドーンヴァルドと彼の雇った男たちだった。
ドーンヴァルドはアディーサを撃ち殺し逃げ去った。
ダニーは頭を打ちながらも銃で応戦するが、運転していたマーティンは2発被弾し
瀕死の重傷を負ってしまう。

怪我を負った相棒から“バルハラ”という言葉をなんとか聞き出したマローン。
ドーンヴァルドの行方を追う。
彼は根っからの軍人で、退役してからも怖いものなしで身につけたスキルを使って生きてきた。
しかしそれも今回で足を洗い、今までの貯金で隠居生活を送るつもりでいた。
アディーサ殺しは最後のヤマになるはずだった。

“バルハラ”とは戦士たちの天国という意味。
ドーンヴァルトはタイのバンコクへ逃亡する途中、ギャラを受け取る相手から銃撃されていた。
彼を襲ったのはアディーサ殺しを依頼したマキーバ国のヌールーだった。
「報酬を2倍払う」と言っておきながら、口封じに出たのだ。
マローンは黒幕がヌールーであることを知る。

ドーンヴァルトはヌールーの息子を人質に取り、金を要求するがマローンが阻止。
「銃を捨てろ。」という言葉には応じず、結局は兵士として死ぬことを選んだ・・・。

フィッツジェラルドが国土安全保障省のテッドをよこし、収監されていたペイジ・ホブソンを
ドーンヴァルトと交換でマキーバへ引き渡すように要請していたが
彼の死でペイジも戻ってくることになった。
ヌールーはすでに国外へ脱出し、真実を追究することはできなくなった。

マーティンは長時間の手術の後、ようやく危機を脱する。
ずっと心配でたまらなかったサムはやっとマーティンの元に駆けつけ、
「今まで迷いがあったが、回復するまでずっとそばにいる。」と誓う。








続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

ブラザーズ&シスターズ2 #6(#29)

二つの思い

ケヴィンは連絡が取れなくなったスコッティが気になり店に押しかける。
すると彼は怒っていたわけではなく、経済的な問題で現在ホームレス状態だという。
ケヴィンに甘えるわけにはいかない・・・と黙っていたのだが、ケヴィンは
「恋人のジェイソンも人を救う仕事をしているのだから・・・。」
と家に来るように救いの手を差し伸べる。
感謝して喜ぶスコッティ。ケヴィンがジェイソンから連絡もなく仕事で気を紛らわしているのを見てDVDを用意する気遣いをみせる。

ジャスティンは相変わらず薬の過剰摂取を続けていた。
レベッカとリナの酒の付き合いに強引に参加し、レベッカのいない隙に
リナと調子に乗って薬を飲む。ハイになった二人はトイレの前で熱いキス・・・
リナは途中で正気に戻りなんとか止めるが、その姿をレベッカが目撃していた。
愛想を尽かしたレベッカは薬のことでジャスティンを非難する。
そして言い訳逃れをしてくるジャスティンを見捨て、荷物をまとめて実家に帰ってしまう。

キティは窮地を救ってもらうために助っ人を呼び寄せる。
それはやり手で有名のアイザック・マーシャルダニー・グローヴァー)だった。
しかしロバートは彼の起用に表情が険しくなる。
10年前の対立候補についていたアイザックは、ロバートの弟がゲイだという話を出し
優位だった彼を追い込んだという過去があった。
カミングアウト前だったジェイソン。彼も家庭もボロボロになりその時は引退も考えた。
そんな恨み言を言うロバートに、アイザックは「それぐらいの気持ちなら辞めろ。」
と冷たく言い放つ。勝つためにはどんなことでもする男なのだ・・・。

妊娠の件をアイザックに相談したキティ。
「スキャンダルにしない為にはすぐにでも結婚をするべきだ。」とアイザックはアドバイスする。
とりあえず籍だけでも入れて・・・と考えていると、それに猛反対したのがノラ。
事務所にまでやってきて「結婚式はきちんと挙げるべき。」と訴える。
すると驚いたことにアイザックはアッサリ引き下がり、式はノラに任せることにする。
「勝ち目のない戦いはしない。」・・・さすがにノラの本性を見抜いている・・・。

キティはノラについてきて貰って初めての超音波検査を受ける。
赤ちゃんの画像が見れる・・・とワクワクする二人。
しかし・・・。赤ちゃんの心拍はなく、すでに亡くなっていたことがわかる。
ノラに付き添われ呆然として帰宅したキティ。一人になったら涙が溢れた。
ロバートは気丈に振舞うキティを優しくなぐさめ、翌日の手術にも付き添った。
彼には正直「子どもはもういらない・・。」と思っていた負い目があった。
問題は解決されたが、これは罰なのかもしれない・・・。

お役御免となったアイザック。
「病院に付き添ったことがばれると中絶と疑われるかもしれない。
できれば流産の経緯を先に公表し、同情票を集めた方がいい。」
と最後のアドバイスをする。
しかしそれについてはキッパリと断り、「しばらく自己嫌悪に陥りたい。」
と言うロバートだった。

ペイジは両親の決断したことに影響を受け、情緒不安定になっていた。
学校では謹慎を言い渡され、すっかり元気がない。
キティが結婚式のフラワーガールを頼み一時は元気を取り戻すが、
それもとりあえず必要がなくなり、反発する意味でノラの元に逃げ込む。
行方不明かと慌てて駆けつけたジョーとサラは、このままではいけない・・・
と新たな決断をする。




続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

LK10周年ウィーク

ああ?昨晩のショックから覚めやらず・・・
もったいないことしたもんです。

★現在の3大お気に入り ウッチャン (ウッチー?)

ウッチャン2   ・内村光良 


 内村航平 銀メダル2    ・内村航平


内田ムファサ   ・内田 圭

わはははは

みんないい男っす。
上の二人は顔の雰囲気も似てますね・・・。熊本と長崎出身。
飄々としつつも、やるときゃやる!ところが似てるかも。



M1の今年の出場者に「ナイツ」がいて思い出したのですが、
鳥栖のリハ見でお話して下さった、武智正光さん、ナイツの塙(はなわ) 宣之に
喋り方が似てました・・・(笑)

まぁ?思ったのは私だけだと思います・・・(苦笑)
だけど、武智さんの、あの猛々しい眉から、きっと頑固そう・・・怖そう・・・と
勝手に思っていたところがあるんです。
それがとってもソフトでまったりされた方だったので、うれしい驚きでした♪

10時発表のキャストをドキドキして見ましたが、福岡は変わらず・・・ホッ・・・

東京はこりゃまたすっかり変わりましたね?。
田中&熊本ペアですか。福岡コンビでよかよか。
ラフィキは光川さん・・・、金原さん、肝心な時に代わってかわいそうだなぁ?。
鄭 雅美さんもどこへ行かれたのだろう??もったいない・・・

バンザイは誰がやっても上手い!・・・・かと思っていたけれど、小原さんどうなんだろ?
歌が専門の方ではないですよねぇ?すっごくいい人だったから応援してるんですけど。
バンザイの大塚道人さん、ティモンの中嶋 徹さん、シェンジの松本昌子さん・・・は
記念日にふさわしい・・・って感じでしょうか?
ムファサはいろんなパターンがあったと思うのですが
人気者の芝さんで・・・。ペドロ親分的ムファサ・・・
スカーはテレビの時はわざわざ野中さんだったのに、道口さんのまま・・・ということは
もう太鼓判を押された!?
内田さんと雲田さん、引き続き福岡で・・・すみません!!

クリスマスウィークに行くので楽しみです♪



関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

ジィーザス!!

『ジーザス・クライスト=スーパースター』ジャポネスク・バージョン (全国公演・鳥栖)

ジーザス・クライスト : 金田俊秀
イスカリオテのユダ : 金森 勝
マグダラのマリア : 高木美果
カヤパ(大司教) : 金本和起
アンナス(カヤパの義父) : 吉賀陶馬ワイス
司祭 : 阿川建一郎
     手島章平
     飯田達郎
シモン(使徒) : 本城裕二
ペテロ(使徒) : 賀山祐介
ピラト(ローマの総督) : 青井緑平
ヘロデ王 : 星野光一

【男性アンサンブル】     【女性アンサンブル】
赤瀬賢二            キム ミンヨン
山本伸夫            上條奈々
辻中 武             ソン インミ
キム チャンホ          稲垣麻衣子
松田逸平            ジョン ジヨン
武智正光             森 未央
嶋野達也             野村麻理
ソ ジョンス            村上 智
畑野年孝            ジョン ソンジ

【大八車・人力車】
今村真悟・一和洋輔・安東 翼・酒井良太


感動でした。

情報は聞きかじり程度。まっさらな状態で観劇しました。

リハ見で見たオープニングシーン。
リハなのに気合の入ったスンラさんを拝めて(素顔だし)うれしかった。
前列、後列と別れて動きの確認。
不思議。皆同じ動きで、言われた通りの振りをしているにも関わらず、
ぱっと目を引く人はいるんですね。動きが違うんだ?。気持ちが入り魅せている感じ。
後列は最初前がいないせいか出だしから間違って?変なことに・・・
見ていたスンラさんが、「今さらそういうミスはありえない。」と注意してました。
間違っても気持ちで動いていればそんなことにはならないって。
長くこの作品に関わってこられた人からすると、ずっと溜まってきたものがあるのかな?
何度か合わせていると、客席後列で指示していた俳優さんからOKが。
「よくなってきている・・・そういう感じでやってくれればいい。」って。
それまではなんとなく納得のいかない感じだったのでしょうか?本番への期待は膨らみます。

そして開演。

動きが揃ってるかなんて見る余裕はなかったけれど、まず民衆に圧倒される。
そしていきなり苦悩するユダ。スンラさん、そのテンションで大丈夫かと心配する。
声もシャウト。体当たりの演技に引き込まれずにはいられない。
他が悪役だったり道化だったり、流されやすい民衆だったりの中で
もっとも人間らしいユダ。あの世からの「スーパースター」ではやっと吹っ切れて見える。

ジーザスの金田さん。リハ見の時からちょっと浮くほどの美形。(笑)
歌はさすがですね?。普通にうまいなぁ?・・・って感じ。
ただあのメイクのせいかもしれないけれど、ジーザスの気持ちまでは特に伝わるものは・・・
セリフらしいセリフがないからですね。どちらかというと受身だし。
まわりが騒いで翻弄された・・・という感じもあり。
だけど「みんな寝たのか?」というシーンはちょっとしんみり・・・。
息遣いや鼻をすするような音までスピーカーから聞こえてくるので
ちょっとドキドキしました・・・。
鞭打ちの場面。 これが、あの鞭打ちか!!
これが噂に聞いていた赤瀬さんの・・・。39回でしたね。ナベアツだったら変な顔で終わってる・・・
プロコフィエフのロミオとジュリエットではタイボルトの死で同じような部分があります。
あれは確か15回。

鞭打つだけじゃなく、舞台上を引き回すので、なかなかすごい演出でした。
特殊メイクの背中もしっかり見えてました。
十字架を背負い、ゴルゴダの丘へ自ら行くジーザス。
かなづちで手足を打ち付けるシーン・・・ルミが「なぜ痛がらない?」と聞いてきたけど
そんな、「ううっ!!ぎゃあっ!」とか言ったらリアル&グロすぎてNGでしょ???。
そしてゆっくりと十字架は持ち上げられ・・・最後の告白へ・・・。

今まで観た四季の作品とは、全然違う・・・と感じたことのひとつにメイクがあります。

怖いです!!

悪役軍団。つるっぱげに隈取り・・・。直視できませんでした・・・。
日本でいえば、鬼ですよ、!赤鬼、青鬼・・・
歌については皆上手いのですが、一番印象にのこったのがアンナスかな?
カヤパは低音、アンナスは高音を聴かす・・・って感じでしょうか?
何しろ一回しか聴いてないのでよくわかりませんが。

シモンもペテロも特に印象はないけど・・・もっと聴きたいな?って感じです。
特に本城さんはLKの時から主張が激しいというか・・・声がでかいしパワーがあります。
私にとっては伝わるものがもうひとつ・・・。
ピラトも悪くはないけど、村さんだったら・・・と思ったり、
ヘロデ王についても、コミカルな曲でここはもっとおかしくってもいいのでは?
と思えました。見えの部分など、もっとポーズをきめて大袈裟に・・・
これも大塚さんだとどうだったろう??と思ったり・・・
星野さんもムチムチしていて、あちらは発育のいい方が多いですね・・・(苦笑)

マリアの高木さん!初めて拝見しました。
声が綺麗です。中でも“今宵安らかに”に魅了されました。
変拍子・・・5拍子なんですね。色っぽくてジーザスへの愛を感じました。

大八車などの舞台演出は実に効果的だったと思います。
ルミが後ろから見ても綺麗だったと言ってました。
白子さんもお疲れ様ですね。ガツッとぶつかるような音が時々してました。
アンサンブルと交代で出ていらっしゃるようですね?
裏方ばかりだとやっぱりかわいそうかな・・・。
酒井良太さんなんて、いきなりユタの新太にも抜擢されてすごいな?と思ってたので
今度はお顔を出した姿で拝見したいです。
(パンフの写真は学生さんみたい・・・)

何もかも斬新に映りました。
何より歌がた?くさん聴けたのが良かった!
妙なセリフに「ん!?」と違和感を感じることもないし、飽きない。

ただ、ルミはかなりガッカリしてましたけどね・・・(苦笑)

そりゃ?大好きな「美女と野獣」とは違いますよ?。
ソウルガールズでさえ坊主ですもんね?。見かけも衝撃なら話もきっと意味不明。
子どもには・・・向かない作品かな・・・?

私はまだまだ観たいと思いました。エルサレムバージョンもぜひ・・・
舞台から漂う埃っぽいニオイも、いろんなことを思い出してよかったです。

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

J・C・S!J・C・S!

ついについについについに・・・
「ジーザス・クライスト=スーパースター」を観ました。
四季会員となってもう14年目。
なぜか今までこれだけは避けていた作品。
でも四季ファンの中ではもっとも熱い作品という呼び声高し・・・。
観なかったことを反省し、ずっと待ってたんです。(近くに来るのを)

今回、全国公演、ジャポネスク・バージョンを鳥栖市民文化会館で。

最初は一人で行く予定でしたが、ロボは忘年会、リョウは10時過ぎまで塾。
さてルミは?・・・というので急遽追加してとったチケット。
約1500席のホールでしたが、A?Bあたりかな?まだごっそり空いてました。
いい席はほとんど埋まってましたね。

リハ見に間に合わすため、学校からJRの駅まで急いで急いで・・・
さらに鳥栖について地図で見て覚えている方向へ歩く歩く・・・
バスがなかったからですが、こんなに遠いならタクシーで行けばよかったと後悔。
だ?れも歩いて向かってる人なんていないんですもの。とほほ・・・
ギリギリに到着したら、すでにはりきりファンさんたちがたくさん待ってました。
キャナルと違って待機場所も“外”なんで、暖かい日でよかったですね。(苦笑)
そうそう、寒くないどころか20分も歩けば汗ばんできて、
かーっとしたりぞごーっとしたり大変でした・・・。

遅かった割には、リハ見の席はちょうど真ん中通路側で最高でした。
本番もここで観たかった・・・
何人ぐらいいたかなぁ??6ブロックあったから200人はいましたよね。
武智さんが聞いてたけど、福岡の人が多かったですね。
21年前のジャポを観たという人も来ていました。

全国公演は本当に大変だと思います。
セットの移動もですが、それを毎回設置してばらして、俳優さんたちもホールごとに
場当たりして短時間で動きをつかんで・・・まさにプロの仕業ですよね。
学芸会やその辺の市民ミュージカルでも前日ゲネプロをやって本番に臨む昨今。
音響や照明さんも、当日にそのホールの仕様をつかんでその日に滞りなくできるんですから
すごいとしか言いようがありません。

ああ?、内容はまた後ほど・・・明日も早いのでもう寝ます・・・


関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

ダーティ・セクシー・マネー #4

第4話「キアヴェンナスカ」 

ニックは父が誰からサイモンの資料を受け取ったかを調べていた。
すると父のスケジュール表から“C”という人物と会っていることがわかる。
トリップに相談すると心当たりがあるという。
それはスパイ活動をしていたハロルド・テンプルトンという男だった。

彼に会うためにイタリアの別荘まで行くことになったニック。
贅沢にも自家用ジェットでパイロットはクラークだ。
そこで最近忙しくて構ってやれなかった妻リサも同行することになる。
キキは実家に預け、目的以外はゆっくりと二人で過ごすことができるはずだ。

ところが、話を聞きつけたカレンとフレディが一緒についてきてしまう。
イタリアでも同一行動をしたがるカレンをやんわり断ったが、レストランでは一緒に・・・。
ニックはトリップに言われたように、“キアヴェンナスカ”を頼む。
これは合言葉になっており、ニックは従業員にテイスティングルームに呼ばれる。

そこにはハロルドが待っていた。
ニックは父が資料を持っていた理由を聞く。
しかし彼はワインだけ飲んで話してはくれなかった。

テーブルに戻るとリサの酒量はかなり増えていた。
カレンと同席するには必要だったのだ。
さらに19歳の頃ニックからプロポーズされたことをカレンが話したものだから
怒って席を立ってしまう。
ホテルに戻り、以前カレンから強引にプレゼントされた1200ドルの靴を突っ返す。
ニックに対しても「プロポーズの話は聞いてなかった。」と怒りが収まらないリサ。
一時は不穏なムードになったが、結局はお互いが大事な存在だと確認する。

再びハロルドから連絡があり会いにいくニック。
資料はやはり彼が3ヶ月前に父に頼まれ渡したものだった。
そしてさらにトリップについても同様に調べるように頼まれたため、そこで引いたのだという。
ダッチはどうやら他の人物に仕えていたらしい。

ジェレミーはジュリエットとナタリー両方から同じクラブのパーティに誘われる。
結局は姉と行く事になったジェレミー。ナタリーは見せつけるように他の男といちゃいちゃ。
ジェレミーのかなりのシスコンぶりに頭にきているのだ。
ところが二人がいちゃついているところをジュリエットがついに目撃してしまう。
ジュリエットの叫び声が家の中に響き渡った。
「よりによってナタリーと!!」と激怒するが、彼女を愛してしまったジェレミーは
言われっぱなしというわけにはいかない。ジュリエットに本気だということを言いに行く。
体調が悪かったナタリーは妊娠したことをジェレミーに告げる・・・。

グスタフは学校で巨体の女の子にいじめられていた。
彼女は体が大きく力が強いのをいいことにやりたい放題。
グスタフに半分脅されて助けてくれるように言われたブライアン。
学校に出向き、直接女の子に声をかける。
「神様は見ている。このままだと地獄で焼かれるぞ・・・!」
牧師のこの言葉はさすがに効いた。

トリップは妻の40年間の姦通を知り、「みんな私の子か?」と疑っていた。
結局産婦人科の主治医にDNA鑑定を頼む。
そして答えは出た。しかしトリップは結果を見ず、直接妻の口から聞きたかった。
言わないのなら家を出て行けとまで言った。
観念したようにレティシアは真実を告げる・・・。

ニックに近寄る“C”ナンバーの車。
ついにサイモン本人がニックに接触してきた。




続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

ハーパー★ボーイズ #9

チャーリーは勘違い男?

今度のチャーリーの相手はウェンディ
美人で明るく気さく。ジェイクもインラインスケートや映画に連れて行ってもらって大好きに。
しかしチャーリーは母親をはじめ、家族に馴染んでいくウェンディにヒヤヒヤ・・・。
ウェンディが特別な関係を望んでいろいろ企んでいるように見えるのだ。
チャーリーはいつものように、後腐れのない関係で終わらせたい。
そんな兄を見て「アニキはビョーキだ!」・・・と呆れるアラン。

二日泊まってウェンディはやっと帰っていった。ほっとするチャーリー。「自由の身だ!」
しかし彼女を気に入っていたジェイクは「大嫌い!」とヘソを曲げる。
これには困ってしまうチャーリー。

数日後チャーリーが買い物をしているとウェンディにバッタリ会う。
これも偶然ではなく、ウェンディの企みのひとつだと思っているチャーリーは素っ気無い。
しかしウェンディはデイブという男と一緒だった。
そして思いもかけないことを言った。
週末一緒に過ごしてみて実は彼女の方が辟易していたこと。
大人の対応で合わせてはいたけれど、ジェイクやエヴリンにはうんざりしていたこと。
実はウェンディのほうからチャーリーは願い下げだったのだ。

ほっとしたようなショックを受けたようなチャーリーは、ジェイクにこぼす。
「オレは女を信用できないんだ。母親との関係が影響してるんだと思う・・・。」
適当に相槌をうっていたジェイク。
でもわかったことが・・・「オジサンはキレ者じゃないってことだね!」


今回のゲスト

MV5BMTkwOTY1NjA4NV5BMl5BanBnXkFyZXN1bWU@._V1._CR0,0,2400,2400_SS100_ ウェンディ役 Myndy Crist






続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

ブラザーズ&シスターズ2 #5(#28)

予期せぬ出来事

出勤前のサラは朝から大忙し。子どもたちの準備も行き届かず、ジョーに送ってもらう。
その日の離婚協議。ジョーとジョーのやり手の弁護士はとんでもないことを言い出した。
“主たる親権を父親に”・・・・・。
サラにとっては思いもかけないことだった。
しかしジョー側は先に周りに手を回し、先生や友達からサラの人物証明をとっていた。
サラの弁護士のケヴィンは唯一の味方であるノラに人物証明を頼む。
しかし・・・。判事の審判はジョーの一時的な親権を認めるというものだった。
別れの夜、サラを気遣い家を去りたがらないペイジ。
サラは携帯を渡し、「夜中でもいつでも電話して・・・。」と言った。
心配したノラも一緒に、迎えに来たジョーと二人を見送る。
「大切にします。」
「ずっとしてたわ。」
二人の姿が見えなくなると、その場にへたりこみ泣き崩れるサラだった。

一夜を共にしたトミーとリナ。
リナは家庭を壊すつもりもないし、トミーは仕事だけの関係にしようと・・・お互い確認する。
しかし甲斐甲斐しくトミーの世話を焼くリナにホリーが「終わらせなさい。」と釘を刺す。
するとリナはついやけ酒を飲みトミーを呼びつける。
トミーも「君はよくやっている。」となぐさめ、二人は唇を重ねた。

ロバート陣営は討論会の準備でごった返し、ロバートもかなりナーバスになっていた。
そんな中、キティが体調を崩す。
「魚介類を受け付けなくなった・・・。食中毒かも。」とノラに電話する。
それを聞いて妊娠を疑ったノラはキティに検査することを勧める。
まさか・・・と思い調べてみるとなんと陽性。妊娠していたのだ。
キティはロバートにとって大事な時期だけにとても口に出すことができない。
しかし嘔吐と、急に未婚の母の話を持ち出したことで、トラヴィスが勘付く。
ロバートは「なぜすぐに言わなかった!」といらつく。
当然それは選挙前の最悪のタイミングだ・・・と歓迎された話ではなかった。
キティは居たたまれず実家へ帰る。

ハロウィンの日。ウォーカー家は次々に訪れる来客で騒がしい。
共和党の討論会の模様を集まった家族で見守る。
ロバートはキティに向けて「家族が大事だ。」というメッセージを送り、
結果的に彼の発言は視聴者に好感を与え、翌日の新聞に上々の反響を載せた。

キティの妊娠を知って喜ぶファミリー。
自分の子育てに不安を漏らすサラに、キティはサラがすばらしい母親であることを誉め
サラの半分でもいい母親になりたい・・・、と励ますのだった。



続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ライオンキング』×「めちゃ×2イケてるッ!」

おもしろかったで?す!

だいごろう、無賃さん、ナベアツ、・・・・・も。今年の顔ですねぇ。
泰葉もかなりお騒がせだったけど、誰もいじれないって感じでしょうか??(笑)

この番組、普段は見ないんですけどね!
岡村くんは、おもしろいし好きなんだけど、他の出演者がキラーイ。内容もあんまり・・・。


肝心のライオンキング10周年記念の部分は・・・
凄かったですねぇ?。スカーが死んで、本当にその現場にフジテレビ警察が来ちゃって!
・・・という風に編集していたのが。(笑)
本当は別撮りなんだけど、公演中に来た・・・と勘違いした人もいそう。
そんなわけないっす。(-。?;)

おもしろかったのが、「トンマ!?」と「優しい目をしてる・・・。」と限界のキリンと・・・
愛ちゃんの「付き合いだしたのは最近・・・」と「ワサワサしない」と新喜劇並みのズッコケ?
野中スカーのオトボケ顔もウケた???!(ずっと隠れていてもったいない・・・!)

鳥飛ばしの人に、「そっちはバイトか!?」という暴言はちょっとひどいと思いました・・・。
まあいじるのは台本通りなんでしょうけど。

田中シンバ・・・悪くはなかったけど、改めて見ると坂元さんほどのインパクトはないなぁ。
マイクの音量が小さかった?
おちゃめな感じは出てましたね。ファンが増えたかな?

逆にカチコチだったのがムファサの劉 昌明さん・・・。
ちゃんと「兄になります。」と喋ってたけど、警察も「これ以上は触れられない。」
っていう感じでしたね。(笑)
「ごしゅーしょ・・・★×○☆・・・・タ。」が笑った・・・。

それにしても、俳優さんたちもノリノリでしたね?っ。
楽しそうだったし、あの格好でペラペラ喋ってたし。
特別にディズニーの了解を得たのかな!?

じっちゃのザズ、初めて見たけれど、あのメイクって最強ですね。
誰だかわからないですよ?。(笑)
吉谷さんはコッグスワースが一番好きだなぁ?。
雲田さんだったらもっとおもしろくからんでたかな・・・!?

実際よりだいぶカットしてるのでしょうか?
全部見たいですね!


早速?今週から野中さんが福岡に!!
深水さんもすばらしかったけど、野中さん、好きー!
愛ちゃんもいる間に観たいけど・・・(;´Д`A ```
関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

「ブレイブ ワン」 (2007・米)

ブレイブ ワン 特別版 [DVD]ブレイブ ワン 特別版 [DVD]
(2008/12/10)
ジョディ・フォスターテレンス・ハワード

商品詳細を見る


「フライトプラン」と同じくジョディ・フォスターかっこいいねぇ?!
ブルーのコンタクトかなぁ?冷たい氷のようなキレたナイフのような表情が抜群。
こういう映画にしては珍しいラストですね。
普通なら絶対主人公は・・・・・なんですけどね。
内容はどうあれ、最後までひきつけられるのは、彼女の魅力でしょうか?


エリカ・ベインジョディ・フォスター)は囁きかけるような独特の語り口、鋭い感性に、
固定ファンがいるほどの人気ラジオDJだった。
仕事だけでなく私生活も順調。医師のデイビッド・キルマーニナヴィーン・アンドリュース)
と結婚を間近に控え、招待状の準備などでわくわくした日々を過ごしていた。

ブレイブワン3


しかし悲劇は突然やってきた。
二人で夕闇の中愛犬カーティスを散歩させていると、3人の暴漢に襲われたのだ。
金を渡すと言っているのにも関わらず、3人はゲームのようにかわるがわる二人を殴りつけた。
一人はふざけて動画を録画していた。
病院に運ばれたがデイビッドは死亡、エリカは3週間の昏睡の後ようやく意識を回復した。

自宅に戻っても思い出されるのはデイビッドがこの部屋で過ごしていた姿ばかり。
外に出る気もおきなかったが、意を決して警察へ向かう。
事件の捜査状況を聞くが、同じような被害者が待合室に増えるばかりで埒が明かない。
“正義の味方は助けてくれなかった・・・”
そして、これからもきっと。絶望感を感じ、彼女が向かったのはgunショップだった。

ブレイブ・ワン1

店では銃所持申請に30日かかると言われたが、話を聞いていた男から1000ドルで
銃を譲ってもらう。9ミリ口径のオートマチック。

刑事のショーン・マーサー(テレンス・ハワード)はずっとマロー(ゴードン・マクドナルド
を追っていた。マローは自分の欲のためにはなんでもする男だった。
今回も有罪の切り札だった彼の妻を自殺に見せかけ殺していた。
弁護士をしている元妻ジャッキーにマローの娘の後見人について相談する。
ジャッキーはすでに恋人がいるようだった。マーサーはこの離婚を今でも悔いていた。

エリカがコンビニで買い物をしていると、男が入ってきてレジにいた女店主を
いきなり撃ち殺した。二人は夫婦で男は務所帰りだった。
それを目撃して息を潜めていたエリカは携帯が鳴って男に気付かれてしまう。
男は獲物を見つけたかのようににやにやと近寄ってきた。
その時。エリカは陳列棚越しに男に向け発砲していた。
3発。当たったのはそのうち1発。男は死んだ。
エリカは監視カメラのテープを引き出し、上着を捨て、家に戻ってシャワーを浴びた。
そしてもう一人の自分の存在に気付くのだった。

エリカはジェームズの死から立ち直れない中でも仕事は続けていた。
NYの街へ出ていろんな音を拾う。
友人でもあるラジオ局のキャロル(メアリー・スティーンバージェン)はもう少し休めと言った。
しかし彼女のNYに対する恐怖・怒りを素直に表したメッセージはそれなりに反響があった。

夜型生活のエリカが地下鉄に乗ってる時だった。
黒人二人組がi-podを聴く若者にからむ。車両の客は次の駅で慌てて降りてしまった。
エリカは座っていた。男はナイフをちらつかせ卑猥な言葉を浴びせながら近づいてきた。
今回ははずさなかった。
弾はすべて命中し二人は床に倒れた。エリカは何食わぬ顔で誰もいない終点に降りた。

マーサーはコンビニに続いて地下鉄の事件も同一犯だと考えた。
そして現場の野次馬の中にいた見覚えのある女性に声をかける。エリカだった。
エリカが襲われて入院していた時に病室で見ていたのだった。
そしてマーサーはエリカの番組のリスナーでもあった。
エリカは声をかけられると逆に取材を申し込む。

ブレイブ・ワン2


エリカはマーサーに捜査の手順などを聞く。
マーサーはちょうど流れていたニュースの映像を見て、マローの話をする。とんだ悪党だと・・・。
そして銃を撃てるのは法の番人のみが持つ権利だ・・・と意味ありげに言う。

エリカは今度は車の中から男に声をかけられる。
すでに後部座席にはぐったりした若い女が乗っていた。
クロエという女性はもう4日も監禁されていると言う。
エリカは男に銃を向けると、クロエに対して金を支払わせて車を降りた。
しかし男はそれではすまなかった。急発進して二人めがけて突っ込む。
クロエははねられて重傷を負う。エリカは身構えて迷わず運転席の男を撃ち殺した。

エリカの葛藤は続いていた。
「なぜ誰も止めてくれない?」 耐え切れず警察に行くがのらりくらりした警察の対応は
自首する気持ちも失せさせる。
そして夜中にマーサーに電話した後、エリカはマローを尾けた。
駐車場で「なぜ人に暴力をふるうのか?」と声をかけると、紳士的に見えた様相は
一変し、バールで攻撃してきた。
エリカは負傷しながらもマローを屋上から突き落とす。

マーサーらはi-podを盗まれたイーサンを見つけ話を聞く。
するともう一人の乗客が女だったことがわかる。
マーサーはある確信を持ってエリカの家を訪れる。そして暴漢に盗まれていた指輪を返す。
「例え親しい人でも証拠さえ見つけたら逮捕する。」

指輪の件で犯人のめぼしが立った。しかしエリカは面通しでは犯人だと認めなかった。
エリカは犯人が指輪を持ちこんだ質屋を探す。自分自身でケリをつける気でいた。
質に入れた犯人の元カノから、アジトの住所と撮影した犯行の動画が送られてくる。
それをマーサーに転送し、男たちのアジトへひとりで向かう。

そこにはカーティス(犬)もいた。
エリカは見覚えある男を一人、また一人と復讐していった。
しかし最後の3人目にやられそうになった時、マーサーが到着する。
エリカは指示に従いおとなしく銃をマーサーに渡す。「非合法の銃を使うな。」
そうマーサーは言って、自分の銃をエリカに渡す。
エリカはその銃で最後の復讐を無事遂げた。

マーサーはエリカに自分の肩を撃たせた。
これで悪党3人は仲間割れで殺し合いをし、マーサーの正当防衛も成り立つ。
エリカは夜のNYの街へカーティスと共に消えていった・・・。


続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

福岡LKに「ばりすご☆ボイガー7」が

リポーターの3923(さんきゅーにいさん)とあさくら君が劇団四季に一日入門!?

お相手してくれたのはティモン役の江上健二さん。荒木さんもプンバァで少し。
あさくら君の俳優修行がメインということで、こちらは他のものが観たいのに?
・・・ともどかしい思いでしたが(苦笑)、江上さんが優しく指導していらっしゃいました。
ティモンのパペットまで扱わせてもらっていた!特別待遇???!

ウォーミングアップにも参加させてもらってました。
収録は南さんがいたから、東京に行く前ですね。
で、ヤングコンビが須田君&四宮さんだから拓実くんの初舞台の11月21日かな・・・?
早速テレビに舞台映像がいーっぱい映ってよかったですね?。
こども番組だからな?。それとやはり目玉のティモン&プンバァですね。

基礎レッスンの風景は何度も見たけれど、バレエのバーレッスンじゃなくて、
4人ぐらいで動くやつ・・・オーディションとかでやる・・・名前が出てこない・・・
バリエーション??あれが見れてうれしかったです。

江上さん、当たり前かもしれないけど、体柔らかいんですね?。
細くて脚をペターと体につけていらっしゃいました・・・。
日々のトレーニングの成果らしいです。
私も演劇部の時やってましたが、本当に毎日真剣に柔軟やってると柔らかくなるんですよね。

舞台映像もたくさん出てよかった!
まさに「今の」キャストでの録画だったので・・・内田さん、深水さん、飯村さん・・・
雲田さんがあまり映ってなかったのは残念。
内田ムファサはこうして見てもやっぱり表情が豊か!!いいなぁ?。
目の配り方とかに愛情が溢れてるんですよね?。王様バンザーイ!!ひれ伏しちゃうぞ!
飯村さんも同じく表情豊かでしたよん。

3923は前々から人柄がいいと思ってましたが、舞台に立った時の感想とか
舞台を観終わった後の感激ぶりとかが非常にすなおで好感持てました!
観終わった後に、また江上さんに会ってたのですが、「よかった???!!」って
握手してましたよね。江上さんもうれしそうでした。
そうそう、全員で歌うところなんて、耳だけじゃなくて体全体にブワ?って音を感じる感覚
ありますよね?。振動が伝わるんですよね。

そういうことはやっぱりナマで観ないとわからないことなので
皆さんぜひ、劇場へ!!(笑)

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

ダーティ・セクシー・マネー #3

第3話「イタリアン・バンカー」

ダーリング家広報係のレベッカの元へ100万ドルを要求する脅迫状が届く。
一家の誰かのセックスシーンが映ったビデオを持っているというのだ。

ニックはひとりひとりに事情聴取。
一番怪しいパトリックは、「そんなこと自分の趣味じゃない。」と言い否定、
カレンはニックに昔贈ったテープの話をして答えをはぐらかし、
ふしだらと思われているジュリアンは実はヴァージンでそれに近い経験もないというし、
ブライアンにいたっては聖職者らしく、「誰にその話をしている?」と呆れ顔。

誰かが嘘をついてるはずだった。
すると今度は現物・・・DVDを送ってきた。
レベッカと秘書とニックで興味津々観る・・・。映っていたのはカレンだった。
相手はフレディのキャディをしている男だという。

カレンに確認して、とりあえず100万ドルを用意することに。
カレンはフレディにも正直に話しそんなに慌ててはいなかったが、
パトリックの選挙前ということで、映像がネットに流れて悪影響が出てはいけない。
ニックはカバンを持って銀行の金庫へ金を取りにいく。
金庫内は金の延べ棒や現金の束でぎっしり。それを目の当たりにしてニックは驚く。
パウロ・ボバが言うには、こういう金庫が他にも街中にあるという・・・。

パトリックの資金集めをかねたイベントがブルガリの新店舗で行われた。
ダーリング家の面々は続々と到着する。
しかし肝心のパトリックが現れない。彼は酒を煽り、街中で「スピーチなどしない!」
と自暴自棄になっていた。
自分はダーリング家という大木の小枝にすぎず、自由な恋愛もできない。
何より一番愛してくれたカルメリータと別れたことが一番の喪失感だった。

ニックは彼を迎えに行き、「明日は新しい一日だ。新しいチャンスがきっとくる。」
と励ます。警察もダーリング家には協力的で会場まで送り届けてくれる。
パトリックはなんとか気を取り直して、スピーチも無事やり遂げた。

ジェレミーはジュリエットに内緒でナタリーと関係を続けていたが
ホテルを追い出されたジュリエットは“双子レーダー”を感じてジェレミーを怪しんでいた。
会場にも現れたナタリーに、ジュリエットはピリピリ。
取っ組み合いの喧嘩になってしまうが、ジェレミーはジュリエットの味方をし
ナタリーを追い出す。
その埋め合わせにジェレミーが買ったウン十万ドルのブルガリのネックレス。
ジュリエットはそれをなぜジェレミーが買ったのか気付いてしまった・・・・。

ニックは父親殺しの手掛かりとして、ブリーフケースにあった書類をコピーして
警察に届ける。しかし警察はサイモン・エルダーについて何も疑わしいことはないという。
もともと犯人探しに協力しようと言っていたトリップは自分を二度も助けてくれた
命の恩人にそんなことはしない、とことわった上で、再び協力を約束した。

100万ドルで受け取るはずだったビデオが、何者かの手に渡ってしまった。
しかしそれを300万ドルで買い取った男がいた。サイモン・エルダーだった。
部下らしき男がビデオを手渡しながら、「エルダーはあなたが思うような人じゃない。」
と言い残して去っていった。





続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

ハーパー★ボーイズ #8

革命的音楽ショー

チャーリーはアランに騙されてジェイクのクラス参観&懇談に参加する。
美人の先生は“H好き”どころか敬虔なクリスチャンだったのだ・・・。

クラス役員のジュディスは音楽会に向けて大張り切り。
気に入らないチャーリーだが、曲作りには使えそうだと無理矢理頼む。
険悪だったアランとジュディスは学生時代の自作ミュージカルを思い出して意気投合。
すっかり仲直りかに思われたが・・・

そんな矢先、ジュディスの弁護士から離婚申し立ての書類が届く。
アランは裏切られた思いで憤慨する。
次の練習時には、チャーリーが用意したマルガリータをがぶ飲み。
ジュディスとは口論になって練習どころではない。

子どもたちを押し付けられて大迷惑のチャーリー。「子どもは嫌いなんだ!」
渋々子どもたちの面倒を見る。
チャーリーは指示に従順な子どもたちにちょっとした権力者気分。
しかしそれも長くは続かない。「先生じゃないも?ん。」とすっかり大暴れ。

ここでジェイクがオジサン自慢を始める。
「CMの“メープル・ループス”の曲を作ったのはぼくのオジサンだ!」
最初信じなかった子どもたちも、チャーリーがピアノでさわりを弾くとみんなで大合唱。
CMの影響力は絶大。どの曲もみ?んな覚えていて歌えちゃう。
チャーリーはすっかりいい気分に。 「おれ、子ども好きかも!」

かくして今年の音楽会は、“産業革命”をテーマにしたCMソングメドレーの
奇妙な発表となったのだった。



続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

ブラザーズ&シスターズ2 #4 (#27)

女たちの休日

ノラの子どもたちへの心配は尽きない。
ジョーと離婚を話し合い中のサラ。
次期大統領候補と結婚を控えたキティ。
治療のために薬を使い始めた元薬物依存症だったジャスティン。
そしてジュリアが子どもを連れて実家に帰ってしまったトミー・・・。

キティはロバートのデスクで「婚前契約書」を見つけ心穏やかではない。
結婚10年目の結婚記念日を寂しく迎えるサラを励ますため、“オーハイ・スパ”に誘う。
会話を聞いていたノラを形ばかりに誘うと、予想に反して彼女は喜んで承諾。
かくして女だけの逃亡旅行を決行することに!

サラやキティは憂さをはらそうとマッサージなどをしてもらうが、
ノラの関心はサラのこと。離婚について書かれている雑誌を見つけては
お節介に励まし、3人は現代の結婚事情でたちまち盛り上がる。
“静寂の間”ではおしゃべりは厳禁。3人は従業員に度々睨まれてしまう。
サラに新たな出会いをプロデュースしようと気をきかせたキティとノラ。
ノラはこれ幸いと車で10分のトミーのワイナリーへ向かう。
そこには見知らぬ女性がいて驚くが、トミーには諦めずに会いに行け・・・と説得する。
しかし「二人の問題。二人で解決する。」と早々に追い払われてしまう。
ホテルに戻ると今度はサラやキティと大喧嘩。
しかしやっぱりキティたちにとって母親の助言は必要なのであった・・・。

トミーはジュリアが実家へ帰ってからろくに連絡もとれず苛立っていた。
それは仕事にも差し支え、ホリーに注意を受ける。
今の心のオアシスはリナの存在。
リナがワインをあけ、心を許したトミーはついつい今の悩みを打ち明ける。
「自分のことも考えて・・・。」と優しく励ますリナ。
トミーたちは一晩一緒に過ごしてしまう・・・。

ケヴィンはスコッティからソールがマイロという男のゲイパーティーに参加していた
ということを聞いてびっくり。たまらず真偽を確認に行く。
もし、ゲイだというなら、自分がカミングアウトした時
もっと自分の支えになって欲しかった・・・と思わず愚痴をこぼす。
しかし「ゲイなのか?」という問いには、ソールは笑い飛ばすだけ。
何度聞いても「私はゲイではない。」と言うばかりだった。

キティは重症な結婚恐怖症。
身近な人間の結婚の破綻を目の当たりにしているのだ、無理もない。
しかもロバートはわけありのバツイチ。「婚前契約書」の存在もあって不安は増長。
ノラたちとの会話で、以前に比べ結婚が続かない傾向があるとか、若い嫁をもらっている
花婿を見ては、ロバートに支離滅裂な電話をかける始末。
しかしロバートは、「婚前契約書」は弁護士が勝手に用意したもので、
自分はサインしてもらうつもりはない、ときっぱり言う。
そして「僕らを信じている。」と言う言葉にほっとするキティだった。

リハビリを始めたジャスティン。世話を焼くレベッカの存在にノラの出番はない。
リハビリ施設でギャレットという男に会う。
彼はクスリでハイになっており、レベッカはジャスティンへの影響を考えてヒヤヒヤする。
すると急激に無理が利くようになったジャスティンを見てレベッカは疑いを持つ。
ジャスティンは「信じてももらえないのか!」と烈火のごとく怒る。
クスリの数を確認して疑って悪かったと謝るレベッカ。
しかし・・・。レベッカが席をはずした隙に、ギャレットのクスリをこっそり飲むジャスティンがいた。




続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「みんなが幸せになれたらいいなー」って・・・

石井エンジェルーッ!たくさんの人を悲しませてどうする?!
そりゃあ自分の幸せも大事だと思いますよ・・・。
やっぱり自分の意思ではどうしようもないことが起きたのでしょうか。

石井雅登さん劇団四季退団・・・。(11月29日付)

もうだいぶ驚かなくはなりましたが、石井さんの場合「どうして!?」
がかなり大きいです。
順調に良役をされてきたでしょう・・・?
トップの人に認められないと、何年間も同じ舞台に出続けなければならなくて
結局出演作品はLKだけ・・・などという人もいる中・・・
評判も悪いものを聞かないくらい良かったし、みんなに好感を持たれていたはず。
今後もすっごく期待されてたはず。

彼のブログを見ると、「まぁそういう運命だったってことでしょう。」とか
周りに「おめでとう。」と言われたなどと書いてあり、プチ衝撃でした。
辞めて間もないブログでの告白ですから、よっぽどおっしゃりたかったのか
なげやりなのか、冷静ではない感じもします。
気になるのはご自分で“好き勝手”“わがまま”とおっしゃってること。
全然そんな風には見えなかったから意外ですが、四季の体質と合わなかったのかな?

だけど本当に言いたいことは言えないし、私たちが真実を知ることは
できないんでしょうね。
(どうせならぶっちゃけて欲しいのですが。)


↓ここからまさに、勝手なつぶやきです・・・。

続きを読む

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: