広告
Singin' in the Rain 2008年10月

祝6000回!ライオンキング

平日ソワレだから諦めていた6000回記念公演。
でもね、やっぱりこれは観なくちゃ・・・と思ったわけですよ。  (今年12回目となりました。)
子どもたちにはちょっとワガママ言わせてもらいました・・・
手に入れた席は前から2列目! やっぱり駆けつけましたか、遠征客も多いようです。

入り口で大入り袋をもらいました♪ ズシリ・・・

6000kai.jpg

田中シンバが飛び出すポップアップカードに加え、特製のキーホルダーが。うれしいな。

まずは記念すべき6000回のキャストです。

ラフィキ : 遠藤珠生
ムファサ : 内田 圭
ザズ : 雲田隆弘
スカー : 深水彰彦
ヤングシンバ : たいしろう
ヤングナラ : 田上彩華
シェンジ : 松本昌子
バンザイ : 太田浩人
エド : 遠藤 剛
ティモン : 江上健二
プンバァ : 荒木 勝
シンバ : 三雲 肇
ナラ : 熊本亜記

【男性アンサンブル】     【女性アンサンブル】
大辻賢吾            渡邉万希子
南 晶人             玉石まどか
キム リュンホ         豊田早季
加藤龍登            智川ちえみ
森田利夫            松本菜緒
伊藤綾祐            山西里奈
海老沼良和           小野さや香
森 健太郎           谷井里衣
キム キナム          大村奈央
廣野圭亮            林 初実
鈴木智之            井藤湊香
キム スホ            磯谷美穂
山本 道             吉村和花


いつもと違って変な感じでした。
いつもは初見の方の新鮮な笑いや喜び、感動が溢れ盛り上がるシティ劇場なのですが
今日は記念日とあって初日や千秋楽のような雰囲気が漂ってます。
だから笑いは少なめ。でも拍手はすごい!熱気は凄い。
平日マチネだと、ヤングシンバ退場や愛を感じて、ハイエナダンス・・・では大体拍手なし
今日は温かい拍手が贈られてました。


まずは・・・深水スカー、おひさしぶりです。
ちょっとBIGになられたような・・・?だけど元々背も高い方ですよね?。
最初の場面、壁に手をつく時、頭が当たらないよう首を傾げるところがあるのですが
小柄なスカーさんだとあんまり意味ない感じがしていたのですが(笑)
深水さんだとちゃんとおもしろい雰囲気になっています。
内田ムファサに比べても明らかにガタイがよくていらっしゃるから、暴力が嫌いな
腰が悪いスカーには見えませんね。(笑) めっちゃ強そうだもの・・・
そして演技はさすがに余裕な雰囲気です。
スカーは何人か拝見したけど、オーソドックスな印象です。隙がないというか・・・。

内田ムファサ、福岡にお帰りになるのをお待ちしてました!
今日一番感動したのが、内田ムファサです。
前で見るのは、作品全体を知るという点では見え方が悪くて最悪だけど
生声、生音が聴けるのがなんといってもすばらしいです。
内田さんは本当に太くていいお声。ちょっと怖い感じもあるのですが、優しい部分との
ギャップがあってよいです。
歌い方とか、自分の好みに合ってるんだと思います。
間延びしかねない「お前の中に生きている」だけれど、すごく説得力があるのです。

そしてヤングシンバがたいしろうくん。久々にあたりました。
体も声も細い・・・。ダンスは軽やかですね。デビュー当初よりずいぶん上手くなりましたよね。
お父さんが死ぬ場面。「助けて?!」と言うところから感極まってグズグズになってました。
スカーとのセリフもうまく言えず言い直すほど・・・。

あれは“一音落とすものは去れ”の四季的にはNGでしょう。

しかも観客がつられて泣くのは感動とは違うと思います。
自分が感情移入しすぎて、セリフが言えなくなるというのは役者としてはだめ。
濱田さんも「アイーダ」の時、そういうコントロールが難しいとおっしゃってました。
(もちろん彼女はきちんと演技で感動を与えていましたが・・・。)
グリンダの沼尾さんも舞台上で泣いたことは外国の演出家にたしなめられていたような。

だけどね、たまにはいいと思うのです。
毎回じゃ困るけど、6000回ということで周りも力が入ってるし、気負いもあったのでしょう。
お父さんの死が本当に悲しくて、うろたえて、涙が出てきても・・・むしろそれが自然なこと。
今まで段取りどおり淡々と演じられても泣ける場面なのですが
今回ばかりはたいしろうくんと内田ムファサにやられました。
ヤングナラの田上彩華ちゃんも、お顔はかわいらしいし、すごくよかったです。

上手側レイヨウの南 晶人さんは今回新たにシンバにキャスティングされたので
ちょっと注目していました。背が高めですよね?(それだけ?)
はっきりした、主役顔ではいらっしゃるような。(キングコングの西野似?)
早くちゃんとした日本語で歌を聴いてみたい(笑)

虎尾さんのところに赤毛のアンのトミーから戻ってこられた鈴木智之さん。
11枠って目立つのかなぁ?。深堀さんもすごく目に留まってた覚えがありますが。
鈴木さんのいきいきしたアピールが印象にのこりました。

ティモンとプンバァのところはいつものようにドカンドカンと笑いがないと調子狂っちゃうな。
それにお魚キャッチ、珍しく失敗してました。
私は江上さんでは初めて見ました。 明らかに、「あああ?やっちゃった・・・。」
みたいな残念感が舞台から漂ってきました。(笑)


そうそう、ガラリと変わったパンフを見てみると、キャストの写真も結構変わっていて
先日のテレビで汗だくだった人はやっぱり廣野さんだと判明しました。
スカーにキャスティングされている大塚さんのお顔もちょっと別人に見えたな?。

私、思うんですけど、昔みたいにキャスト紹介の部分は別冊にして欲しい。
本体1800円、別冊200円みたいに・・・。
キャスティングは頻繁に変わるし、劇団への出入りもあるというのに、その度に
ほとんど内容が同じパンフを買うのもねぇ?。
だけど自分が見た舞台の俳優さんの顔ぐらい知っておきたい。だから別冊。
要望出してみようかな・・・。

特別カーテンコールですが。
雲田ザズが客席に現れ二人にインタビュー。広島と大分から来た方でした。
すると・・・特別ゲストが!?

野中さん 50pa-

東京スカーの野中さんからのお祝いメッセージです。キョロキョロしちゃいました。
野中さんは私にとってはベストスカー!なんか最後にぼそっと言ってたのが聞こえなかった・・・

俳優さんたちが通路に下りてきてくれて、ニコニコと観客に会釈しながらウロウロ。
三雲シンバは、知り合い?・・・っていうぐらい前のほうの人に人懐っこい顔で近寄ってきて
握手をしていたので私も手を出してどさくさで握手してもらいました。
ぶふっ・・・ゴツゴツしてない繊細な手だったような・・・?(笑)
三雲シンバ、今日は発音はイマイチでしたが、相変わらず歌はよかったです。
素の姿とか全然知らないからどういう人なのかわからないけれど、
なんだかかわいらしいですねぇ?。(オバサン的目線・・・笑)
全員スタンディングで手拍子しながら歌って・・・(歌ってはないか?)マンマみたいでした?。

残念だったのは6000回でも客席が埋まらなかったことでしょうか。
数日前でも2階は100席以上空いてました・・・。う?む。
もし日曜マチネとかならもっと盛り上がったかな?
やっぱり福岡って都市で平日ソワレは難しい。
一般の人で6000回にこだわる人はあまりいないだろうし、かといって四季ファンでも
LKは好き嫌いがあるようですし・・・。
私はまあそんなにかからず帰れるからいいのですが、遠方の方は大変ですよ。
12時過ぎる・・・と言いながら慌てて帰っていかれる方もいました。

これはあまり言いたくないけど、キャストでもう少し増えたかも・・・?とも思います。
決して今のキャストも悪くはないけど、各々のファンの多さを考えると、
開幕キャストぐらいだと客足はたぶん違ったでしょうね?。

もっともっと歌や演技で感動させられるはず・・・と思うのは、やはりラフィキ・シンバ・ナラです。
この三本柱がもし弱かったら・・・全体の感動は推して知るべし・・・ですよね。
やっぱり過去にもっとすごいものを見せられていたら、期待するのも当然かと。
四季の今の演目の多さじゃ、自分の完璧な好みの舞台になるのは贅沢なことなんでしょうね。

キリンのキム キナムさんと山本 道くん、最後まで楽しませてくれました。
この演目は本当にアンサンブルさんたちの活躍が大きいですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

BAD LOVE ?愛に溺れて? #12

大切な人のために

インジョンはヨンギのそばにいる代わりに、老人たちの転居先が決まる春先まで
“希望の家”を継続することを約束させた。
インジョンはオジサン、オバサンと3人でソウルに引っ越してくる。

インジョンの出社にわくわくするヨンギだったが、会社はいきなり危機に面していた。
キム議長が銀行に手を回して、大韓建設の手形の期限を迫ってきたのだ。
インジョンの頼みを聞いて、リゾート開発を遅らせたことが響いていた。
ハン社長はスファンの言うことを聞くべきだった、と事業について苦言を呈する。
そして「素人を信用した私が愚かだった。」というつぶやきをインジョンは聞いてしまう。

スファンはキム議長に、今なら会社に戻れるチャンスだと言われる。
しかしスファンにそんな気持ちはない。
自分を捨てるつもりはないし、勝負したいのは自分自身だからだ。

ヨンギはスファンを会社に招くべき・・・という同僚の助言をことごとくはねのける。
しかし父を一番よく知っており、自分を理解してくれているキム秘書にだけは、
腹を割ってどうすべきかを相談する。
すると会長も引く時は引いていた・・・心を隠して握手することもある・・・と聞き、
ここは会社のために折れることを決心する。

一方、インジョンはヨンギの窮地を傍で見ていて居たたまれなくなっていた。
スファンに連絡を取り、バーで会うことに。
連絡をもらってわずかな期待を持っていたスファンだったが、それは裏切られた。
ヨンギを助けるために会社に戻るよう頼んできたのだ。自分に借りもあるだろうと・・・。
スファンも今まで口に出来なかったことを言う。「ずっと心は変わらなかった。」と・・・。
しかしインジョンは「ヨンギを愛してる、誰よりも大切な人。」と堂々と言うのだった。

スファンがホテルに戻るとヨンギが待っていた。
本題は会社に戻ることだったが、インジョンをめぐって言い争いになる二人。
「オレは執着して苦しめることはしない。」
「オレは愛する人を捨てたりはしない。」
そしてお互いにインジョンを取り返す決意があることを告白するのだった・・・。

スファンはヨンギと別れた後、イ・シニョンと出くわす。
シニョンはここぞとばかりにスファンに取り入る。
最初から図々しいと相手にしなかったスファンだったが、シニョンの手首の傷を見て
あることを思いつく。
シニョンにあるビデオを見せる。それは仲睦まじい様子のヨンギとジョエンの姿だった。
ジョエンがあまりに自分に似ていることにびっくりする。
スファンはさらにビデオの持ち主ジョエンの母親(チョン社長)にシニョンを会わせる。
面倒を見てくれと頼み、シニョンをヨンギに接近させる計画を立てる。

ハン社長は日本支社に移ることになった。スファンはその後釜に入ることになる。
馴れ馴れしい態度のハン・ジョンウはハン社長の甥だったが、運転手として雇うことになる。

ヨンギがインジョンに「憎みたいけど憎めない・・・。」と言った直後、
胃の痛みを我慢していたインジョンは道に座り込む。
とそこへ通りかかって介抱したのはシニョンだった。
慌てて駆け寄るヨンギの顔を見て驚く。しかしそれ以上に、シニョンの顔を見たヨンギは
固まったまま彼女から視線をはずせないでいた・・・。

続きを読む

関連記事

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

BAD LOVE ?愛に溺れて? #11

憎しみという名の愛

「死になさいっ!!」 とジュランに責められていたインジョン。
「いつまで復讐されないといけないの?」 嫌気がさしたインジョンは謝って終息するのなら
と、ジュランを前に跪こうとするが、スファンがそれを引きとめ代わりに自分が跪き許しを請う。
結局ジュランは離婚を承諾する。
それを見ていたヨンギはインジョンやスファンに対し、「勝手だな・・・」と嫌味を言う。

ヨンギは廃校の家に戻り、二人が写った写真をビリビリに破く。
しかし彼の愛は終わったわけではなかった。むしろ、続いていることに苦しんでいたのだ。
シーソーベンチを前に心を決める。
「もう一度、インジョンをこのベンチに座らせる。その方法を考えないと・・・。」

インジョンもオバサンに本当の心の内を話していた。
ヨンギがかわいそう、二人は別れる必要はなかった・・・というオバサンに、
「自分に自信がなかった。現実と、ヨンギの心変わりが怖かった・・・。」と涙ながらに言う。
そして酒の勢いで会いに来たスファンには、
「二度と現れないで。もうとっくに忘れたから。」 と拒絶する。
さすがにスファンはもう諦めるべきかと肩を落とす。

大韓建設によるリゾート計画は市場の買収などによって進んでいた。
ヨンギは住民との仲立ち役になってくれていたキム議長と会い、裏工作はしたくないと
報酬は支払わないと告げる。これに怒ったキム議長はすぐさまスファンに連絡を取り付ける。

事件が起こった。
地主であるチョ社長が住民の店や生活の補償費をゴッソリ持ち逃げしたのだ。
退去命令が出ていた“希望の家”の関係者も含めて、みんなで横断幕を作り
もう一度補償費を出してなんとかしてくれ・・・とデモ行進を行う。
施工会社がヨンギの会社だと知って複雑なインジョン。
そこへヨンギが現れる。

ヨンギは驚くべき提案をしてくる。
「お前を苦しめたい。オレの傍にいろ。」
わけがわからないインジョン。ヨンギはインジョンを自分の会社に入れると言うのだ。
「壊れたオレを見て罪悪感を感じろ。」
それは老人たちを助ける交換条件だった。

スファンはヨンギに会いに来て、キム議長との約束を守ってくれないと困る・・・と怒る。
そしてキム議長を敵にまわすことは、後々大変なことになる・・・と警告する。
会社経営については、スファンの方が知識は数倍も上なのだ。
現に住民の反対運動によって、会社の株にも影響が出てきていた。

ヨンギはインジョンからの返事を待っていたが来ず、ついに強行手段に出ようとする・・・

続きを読む

関連記事

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Hitを生み続ける秘密とは!?

10月25日読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」にて劇団四季の特集がありました。

創立55周年を迎える劇団四季。
まずは10月4日に四季劇場[秋]で開幕した「ソング&ダンス 55ステップス」の映像。

芝さん 芝 清道さん

観終わった観客の興奮したインタビュー。

観客動員数 年間約300万人、売り上げ230億円!!
“一人勝ちの法則とは?”


浅利代表 「商品の質を高めて、それを合理的な方法で供給する。
        それで上がってくる利益の中で経営を安定させることだと思います・・・。」

? 俳優養成の徹底
創立時10人だった団員は今や約700人。
創立55周年記念オーディションにも1000人もの応募があった。
その中から合格者はたったの90人。狭き門だ。
ダンス部門受験者のインタビュー。
「ダンス以外にも歌や芝居の勉強ができると思った。」
「これだけで食べていける大きな劇団は他にはない・・・。」

舞台数を基本にした給料性の紹介。

公式HPに詳しく

55STEPSでBOGを歌う松島勇気さんの映像から。
続いてインタビュー。入団6年目。四季に入って生活が安定してきたとのこと。
「努力すればするほどちゃんと・・・(金が入る!?)生活できてますねぇ?。」

2年前に俳優養成施設である四季芸術センターを約80億円をかけて創設。

浅利代表 「養成のシステムに投資して時間をかけていい俳優を育てることは
        結局は舞台の質の向上につながります。
        皮肉な話、辞めていく者もいるので、演劇界全体に貢献してると思う。(笑)」

稽古場の“一音落とす者は去れ!”の説明。
加藤敬二 「一音も落とさずに客席の後ろまで届けるのが俳優の一番の仕事。
        それが今でも難しい。」
なぜかここでミュージカル李香蘭の野村玲子さんの映像入る・・・。

?複数キャストによる競争社会
ロングラン作品の代表「キャッツ」「ライオンキング」の紹介。
一人のスターに頼らない、複数キャストシステム。
キャスティングは直前まで発表されず、出来が悪ければ主役でも、
チャンスを狙う他の俳優に主役の座を奪われてしまうこともある。

2008・10月 028 オーディション風景。浅利代表の厳しい目が光る。

上川さん 後ろに早川さん?  上川さん 熱唱
上川一哉さん、シンバの「終わりなき夜」熱唱。

ユ 終わりなき夜  2008・10月 023
同じく「終わりなき夜」を歌う、劉 昌明さん。

2008・10月 035 キャッツの西村麗子様と・・・?
キョーレツな腰フリをぼんやり座って眺める俳優陣・・・

オーディション後に受験者が集まって、総評?を受けている様子。
劉 昌明さんには「腹筋を使って高音をもっと練習するように」とのダメだし。
代表に名前で呼ばれず?「アンタ年齢いくつなの?」と聞かれ、
一般人のような声で「21歳です・・・。」と返事をしていたのは・・・
パンフで調べたら白瀬英典さんみたい。
すると代表、「まだ若いなぁ?、もうちょっと年とったらキャッツの他の役柄ができるね。」
と言い、「稽古入れちゃって・・・すぐ出していいよ・・・。」とスタッフにぼそっと・・・

こういう座内オーディションも毎週のように行われ、“チャレンジの場”が与えられている。

?演劇の裾野を広げる
この物価高に入場料の値下げを行った。S席料金 11550円→9800円 など
値下げ分は年間約10億円にもなるという。
東京の他に、名古屋・大阪・京都・福岡と地方に劇場を持ち、年間3000公演の半分以上が
東京以外の都市で上演されている。
40年以上も続けられている小学生の無料招待、俳優が学校に出向き発声法を教えたり
する活動も行われている。

Q.演劇の使命とは?

浅利代表 「人生は素晴らしいということをお客さんに味わって感動していただくことです。」

Q.いつまで現役を続けますか?

浅利代表 「もう続けたくないんですけどねぇ、75歳ですから(笑)
        辞めさせてくれないんですよね、環境が・・・王くんがうらやましいです・・・(笑)」
 

続きを読む

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

NHK「なっとく福岡」がLKに潜入

ナビゲーターはナラ役の熊本亜記さん。
時刻は11時。開演1時間半前の練習場を覗き見。
皆さん1時間かけてウォーミングアップ中。

バレエの基本動作のレッスン・・まずバーンと映ったのがサラビ役の渡邉万希子さん?
パンフと印象が違うのですが・・・
奥には三雲シンバが見えま?す!

さらに汗だっくだくの男の人のアップ・・・

?

Tシャツに何のワッペンつけてんだ?と思ったら、「王子とこじき」のロゴでした。
パンフとキャスト表を見ても、これまたお顔が確認できないのですが、
「王子とこじき」だから廣野圭亮さんなのかなぁ??と・・・。
(なんか顔全然違うんですけど・・・・違ってたら教えてください・・・!!)
加藤龍登さんも手元に写真がないので???

続いて衣装室へ。
舞台で使用するおよそ300着の衣装を担当するのが3人の女性スタッフ。
ナラのコルセットは貝殻をつなげてできており、激しい動きで割れることがあるので
本番前にすべてチェックするそうです。
割れているのを見つけると、その一個をとりだし、(数珠繋ぎになっているのを)
新しい物と交換するそうです。ひぇ?・・・大変・・・

続いてステージへ。
舞台から2階の一番後ろの席まではっきり見えることを確認。
熊本「カーテンコールで照明がついた時に、手を振って下さってるのがよく見えます。」

プライドロックが動く時通る溝の説明。
ここに何かつまっていると機械が動かなくなるので大変!
マンマ・ミーア!の時も確かありましたね?・・・事前チェックが大事なんですね。

博多弁について荒木さんがプンバァをつけて登場。
荒木さんは関西出身。どうやって博多弁を身につけたかと尋ねると・・・

荒木 「まず、九州出身の人にセリフを録音してもらって、それを耳にたこが出来るぐらい
     聞いて覚えます。次にそれを生きた言葉にするために、博多の街を歩き回り、
     本物の博多弁を聞いてまわりました。
     熊本さんにもいつもダメだしもらってます。厳しいですよ!(笑)」

一番好きな博多弁は?

荒木 「えずか?!!(えずい=怖い)という言葉があるのですがとても気に入りました。」

どういうことを考えながら舞台に臨んでますか?

熊本 「毎日毎日本番があるのですが、いつも同じお客様じゃないので
    今しか出来ないこと今を生きることを、精一杯やる・・・ということを毎回考えてます。」


「好きな人と見に来てください!」とのことでした。
荒木さんが好きだと言っていた「えずか?」は私も高校の時に知りました。
何しろ超コワイ体育教官がいて、アダナが「エズ○○」(笑)
まさに震え上がるような、怖さ、やばさ・・・という意味合いをマジで感じました。

私はプンバァだったら、「こんこぁ?飼いたか!!」  ・・・もかわいいと思いますけどね。
星空のところの、「・・・考えたことのありんしゃあ??」(だっけ?)はちょっとしつこい!(笑)
実際は「考えたことあると?」・・ぐらいかな。ま?言ったらきりないですが・・・
くどいくどい、とんこつラーメン以上にくどい、ティモン&プンバァの九州弁です。
でもご覧になってない方は、この二人だけでも(!?)見る価値アリですよ?・・・!!
 
三雲シンバ       内田ムファサ

ただいま出演中の熊本ナラと三雲シンバ    内田ムファサ

(写真はテレビ画面を写したのでヒドイです・・・雰囲気だけ・・・・・)
    
関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

「もっと知りたいライオンキング」 ?

★ラフィキ役   遠藤 珠生さん   
 
img068_20081025215103.jpg 10月25日 西日本新聞記載

遠藤さん・・・かわいい・・・。
ラフィキメイクでもかわいいですね。お上品な感じ。
もっと野生的な感じでもいいと思うけど?
弥生さんタイプの柔らかさかな。でも弥生さんの方が深みがある?
弥生さんは表情があって語りかけるように歌っていらっしゃいますよね・・・

記事でパーカッションのことに触れていらっしゃいますが。
生オケはなくとも、このパーカッションだけでもぐっと雰囲気が出ますよね。
ムファサの遠吠えのドラや、ヨナヨ・ナ・ヨ・ナ!!のヌーの大群の太鼓も迫力があるし、
他にも歌の途中ですばらしい効果を与えています。

「ナー!!」・・・・もどきっとしますが、その後の♪しぃっちーふーごんにゃーま・・・(不明)
という全体のハーモニーが綺麗でいつもウットリします。
「おお、始まるぞ???!」というワクワク感が出てきますね。
田中シンバも最初のシーンで決まる!・・・と言ってたぐらいですから。
何度観ても感動するオープニングです。



スカーで道口瑞之さんのキャスティングに触れましたが、他にも

ムファサに早川 正さん、ナラに今井美範さんが登場されています。

早川さんは今日から出演!!
一旦退団されてたんですよね?2005年以来ということです。
CDも早川さんだし、何しろオリジナルキャスト?
どうだったんだろう?・・・?変化はあったのかな?進化?退化?気になるところです。

24日のローカル番組と今朝の「ウェークアップ!ぷらす」については
明日以降書きたいと思います。
上川さんとユさんの「終わりなき夜」・・・・・ いいもん見ました。(笑)




関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

BAD LOVE ?愛に溺れて? #10

偽りの再出発

ホテル前でもめるカン一族。
ジュランは頭に血が上って、インジョンがスファンとの子どもを身ごもっていたことをばらす。
ヨンギもスファンもその事実を初めて聞かされ表情が固まる。
インジョンはこの失言だけは許せなかった。ジュランの頬を殴り立ち去る。
会長は必死でヨンギを止めるが、「死を選ぶかもしれない・・・。」と心配して追いかける。
すると、会長は発作を起こし倒れてしまう。

追いかけてきたヨンギにインジョンは最終通告をする。
「私はヨンギを愛した時間を愛しただけ。恋愛ごっこにすぎなかった!」
インジョンの愛を信じるヨンギは、「俺のやり方でお前を愛す!」と強い決意を語る。
しかしインジョンは、「彼女はアンタの執着のせいで死んだのね。二の舞はごめんよ!」
と言ってしまう。さすがにこの言葉に傷ついたヨンギはインジョンを後にしホテルへ戻る。

ホテルに戻ると会長が救急車で運ばれるところだった。
搬送中、ヨンギは父の手を握って見守るが願いむなしくあっけなく息をひきとってしまう。

父の遺影に向かって、「言いたいことがあったのに・・・どうすればいい?」
と悔しさをにじませるヨンギ。
葬式に駆けつけたファンおじは、「インジョンとは縁がなかったと思え。」と言う。
しかしヨンギはすでに別の感情をもてあましていた。

ジュランはさすがに自分の行動を反省し、ソッキョンに別れを告げる。
スファンは離婚届まで用意して別れる決意が固い。「我慢の限界・・。」という本音も出る。
ミソは二人の子どもではなかった。養子だった。
ミソでも“子はかすがい”にはならなかったのだ。

1ヶ月が過ぎた。

父の遺言どおり、ヨンギは会長の座についた。
会長と書かれたプレートを見てまんざらでもないヨンギ。
自分流に物事を進めていく。しかしもう今までの自分ではない。
あんなに嫌っていた父親のように生きていく決意をしたのだ。
 
CFOの座にアメリカから呼び寄せた友人を抜擢する。
彼の名刺の名は“クリスチャン” 家族を探す手がかりになれば・・・とそうした。

スファンとジュランは会って、ソッキョンとのことを話す。
知っていても取り乱さなかったスファンに心底失望するジュラン。
そして自由の身になったからとインジョンの元へ行くスファンに、
インジョンへの恨みをより強くするのだった。

インジョンがちゃんと暮らしているかと偵察するヨンギ。
インジョンは父が世話になった療養所に通い世話をすることで気を紛らわしていた。
しかし市場のリゾート計画は土地の人々を不安にしていた。
それを強行に進めている人物こそヨンギだったのだが・・・。

ジュランがインジョンに会いに行き、また衝突する二人。
しかしもうインジョンは負けていなかった。言われっぱなしでは終わらない。
ジュランが暴力に及ぼうとしたところで、スファンが現れ止める。
その様子をヨンギもただ見守っていた。



続きを読む

関連記事

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「もっと知りたいライオンキング」 ?

★ティモン役   江上 健二さん

img067_20081024153201.jpg 10月24日 西日本新聞記載

久留米出身の江上さん。とっても良識人でいい人そうな印象です。(笑)
江上さんも2月27日以来、ず?っとティモン!!
(藤川さん・・・どうしちゃったんですかぁ?・・・・)
こんなに舞台でも博多弁使ってたら、染み付いちゃってしょうがないんじゃ・・・

やっぱりこの作品にとってティモン&プンヴァの存在は大きいと思います。

例え・・・舞台内容に不満があっても、ティモン&プンヴァ登場で癒され、
笑ってるうちに「ハクナマタータじぇ?!!」・・・という気持ちにさせられるのです。
ああ、これはズルイ。(笑)

前回公演ではそんなに思わなかったんですけど、今回はより、ウケテル気がします。
確かに客席と舞台との一体感は増しますねぇ?。親しみと言うんですかね?
セリフがわかっていても、笑っちゃってますからねぇ?。

キャナルのイベントで江上さんがパペットごとすっころんだのは本当にびっくりしたけど
ご無事で何より・・・。(パペットも)
どうでもいいけどティモンの胸のあたりの毛が細かくて結構気持ち悪いのでした・・・。


話し変わりますが、あの道口さんがスカーにキャスティングでスカー!!

同じメソでもシンバとスカーに枝分かれしましたか・・・。
あ、有賀さんもシンバいけそうだけど・・・石井さんとどちらが大きいかな・・・?

道口さんは背も高いし、繊細な演技・・・という印象なのでいいオジサンになりそう。
歌もうまいですしね。演技はアクを強く、歌は聴かせて・・・って理想的じゃないですか?
でも彼だと“できそこない”っぽいイメージはないですね?
どちらかというと優等生。
デビルに続く意外なキャスティングで・・・おもしろいですね。
福岡が続いてるうちに拝見したいなぁ?・・・

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

「もっと知りたいライオンキング」 ?

★ザズ役   雲田 隆弘さん

img066_20081023102930.jpg 10月23日 西日本新聞掲載

やはり来ました!雲田さん。
初演から携わっている彼だから、LKのことを語らせたらそりゃーすごいと思います。
思い入れもことのほか・・・でしょうね。

そうか?舞台美術はシンプルなほうになるんですね。
「美女と野獣」や「オペラ座の怪人」などに比べたら、そりゃシンプルかな。
サバンナだから、“土に草に岩”って感じですものね。(笑)

だけど衣装が奇抜でど派手だから、簡素・・・という印象はなかったです。
多少チープ感はあるけれど・・・
(見えない部分のこだわりはかなりあるみたいでしたけどね。)

照明は効果的ですね。
「アイーダ」の時もすばらしかったですが。
同じアフリカという点でオレンジや赤、茶・・・と色彩は似ていたかもしれません。

個人的に好きな場面はですね?・・・

最初のほうの大草原のシーン♪

草原を掻き分け、ムファサとヤングシンバが登場するシーン。
歌も含めて好きなんです。 ♪ブッザレーリーゼボ!

あとは、ナラのシャドウランドの前あたりからかな・・・
最初のコーラスも綺麗だし、それこそ照明だけのシンプルな舞台だけど
ライオネスの集団からさっと抜けて、旅立つ決心をするナラ・・・。
かなりの見せ場ですよね?。

歌で言えば、ハイエナたちの「チャウ ダウン!」も好き。楽しい?!

そういえば、まだ参加できるかはわからないけれど、文化祭でのミュージカル体験!
この作品の場合、歌える曲は限られてるような・・・
ズールー後は無理だし、シンバ・ナラ・スカー・ムファサの歌はみんなでは・・・
というと、やっぱり「はやく王様になりたい!」・・・か?

「ワン バイ ワン」でただ、ワンバイワン!!と合いの手入れるだけでもいいんですけどね?(笑)

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

BAD LOVE ?愛に溺れて? #9

愛の逃避行

車にはねられても尚インジョンが乗ったバスを追いかけたヨンギ。
根負けしたインジョンはバスを止めてもらいヨンギの介抱をする。
「私を捨てればいいのに・・・。」 「死んでも別れないと約束した。」

インジョンがどこかへ行きそうで握った手を離せないヨンギ。
あてもなく列車に乗るが、ヨンギが寝たすきにひとり去ろうとするインジョン。
「苦しむヨンギを見たくない。」と言うが二人の愛の結末を最後まで見届けたいヨンギは
「過去の愛は罪ではない。」と、堂々とすべてを話す決心をする。

スファンは辞表を提出し自分自身を見つめるために山に登った。
頂上にたどり着くが、また呼吸困難に陥ってしまう。
そして病院を受診すると、肺や心臓の検査をしたほうがいいと言われる。

父にすべてを話すつもりで実家に来たヨンギとインジョン。
ちょうど戻ってきたスファンと出会う。
スファンはヨンギを呼び出し、二人で逃げることを勧める。
インジョンは外で夫の帰りを待つジュランの姿を見て、完全に怖気づく。
スファンも見つからないように二人を家の中に入れる。インジョンはヨンギに去るように頼み込む。
「こんな私でごめん・・・。」涙を流し苦しんでいるインジョンを見てヨンギはあきらめる。
そしてアメリカへ行くことを決める。

スファンは最終的な気持ちとして、「会長の座に未練はない、人生をやり直したい。」
と会長に告げる。ジュランは引き止めるがスファンの決意は固い。

ヨンギとインジョンはホテルに部屋をとった。
インジョンはヨンギがいない間に携帯で会長に電話し会う約束をする。
落ち着いたインジョンの様子に安心したヨンギは一眠りすることに。
その隙にホテルのラウンジでインジョンは会長と向かい合っていた。

自分とスファンとヨンギとの関係をすべてを話したインジョン。
会長は「小賢しい、なぜ黙って去らない。私に後始末をさせるつもりか。」と怒る。

そこへ同じホテルをとっていたスファンがジュランと共にやってくる。
あんなにジュランに見つからないように避けていたのだが、ついにインジョンに気付いてしまう。
かーっとなってインジョンを殴ろうとする。それを止めるスファン。
それを見て怒った会長は、「離婚しろ!」と言い放ってヨンギの部屋へ向かった・・・。

続きを読む

関連記事

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ハーパー★ボーイズ #2

ハーパー★ボーイズ #2 30パー  カモメ騒動!?

週末だけチャーリーの家で過ごすことになったジェイク。
父親のアランは責任感を持たせたいとしつけが厳しく、テレビは禁止、手伝い強要・・・・
ところが自由気ままなチャーリーは頼まれていた洗濯物を使ってジェイクとゴルフ遊び。

ジェイクは「ダメ!」と言われても、「わかった。」と答えるのは口先だけ。
チャーリーはピアノの上にジュースを置くのだけは叱っていたが後は知らん顔。

ところが、前からジェイクがカモメにエサをやっているのを注意していたが
そのカモメが大量に寝室の中へ!さすがにこれには怒るチャーリー。
ジェイクは反省して謝りの手紙を書くが相手してもらえず。
シューンと落ち込むジェイク。

アランに「そうは言っても憎めないんだろ?」と言われてチャーリーは考える。
確かに、大好きと言ってくれる甥はかわいい。遊び相手にもなってくれるし・・・。
何を注意しても上の空のジェイクには罰が一番だが、すでにアランによって与えられつくしている。

そこでチャーリーはジェイクとおもちゃ屋へ。
ゲームを買い与えられて喜ぶジェイク。しかし・・・。
「これは1ヶ月使用禁止な!!」
無理矢理作った罰なのであった!

アランはジュディスに未練たらたら。
事あるごとに自宅に顔を出しては、よりを戻したいと願っている。
しかしチャーリーに、「利用されてるだけじゃーん!」と言われ、その言葉がひっかかる。
そしてつい、「お互い前へ進もう。君は自由だ。」などと心にもないことを言ってしまう。
ところがその言葉にビビッときたジュディスは自分からキスをしてきて・・・?

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「もっと知りたいライオンキング」 ?

★シンバ役   三雲 肇

img065_20081022101250.jpg 西日本新聞 10月22日掲載

7月17日から飯村さんに代わって登場した三雲シンバ。
彼もず?っと長い登板になっています。
最初は訛りが気になって、「これはないでしょう!?」・・・と違和感を感じたけれど
今ではたどたどしいセリフ以上に、心に響く歌が印象にのこっています。

「異国の人に主役?を奪われて・・・日本人で他にいないの・・・?」

なんて思ったりもしましたが、あそこまで表現できる人が悲しいかな他にいないってこと?
あのやさしそうなお顔・・・邪悪そうな人にはシンバはやって欲しくないですからね(笑)
ピュアさが大事♪
だけど石井さんなど登場予定の日本の俳優さんにも期待します。

気になったのはやはり、

「時々寂しくなると釜山を思って海を見に行くんです。涙を流したこともありました。」

・・・ここかな!?
想像すると・・・こっちも泣けてきちゃいます!・゚・(ノД`;)・゚ (・・・なんてね!)

言葉の問題で三雲さんから直にお話を聞く機会はないけれど、
こうやって文章になると彼の想いがわかってうれしいですね。
福岡で故郷の味は食べられるかな? これからもガンバレ???!!


関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

「もっと知りたいライオンキング」 ?

★ナラ役   熊本 亜紀

img064_20081022101235.jpg 西日本新聞 10月21日掲載

今回から5回にわたって連載だそうです。

熊本さんも開幕から一番の出演回数でがんばっていらっしゃいます。
4月9日から谷内愛さん、4月29日から江畑さんが出演されたけど、
6月4日からまた熊本さんでず?っと出演中。
毎回変わりなく安定した演技をされているように思います。

「素顔までナラに似てきたと言われます。」

ナラの本当の顔ってどんな顔?アニメ版?
ライオンっぽいってことかな?

いつまで連投かわかりませんが、体を壊さないようにがんばって欲しいです。


関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

クローザー3 #39

監査人の秘密

LA郊外の崖下からハイブリッド車とコヨーテに食いちぎられた女性の死体が見つかった。
女性はマルグリット・スコット(マギー)、国土安全保障省の職員だった。
彼女は新たな無線設備の導入のため市警に導入された給付金の支出を調べていた。

現場検証を手術明けの体で強行したブレンダは、崖下まで無理して下りた挙句
うるしで脚がかぶれてしまう。

カーナビの記録から立ち寄った先が判明する。
LA市警財務課のジム・ハンソンや元警察官のジョー・ホワイトは、彼女の死を知っても
悲しむ様子をまるで見せなかった。それだけ恨みを持たれやすい仕事だった。

検視の結果、マギーの顔に催涙スプレーをかけられた痕があり、崖から落ちた後
這い上がって助けを求めようとしたところ、とげのある植物と岩で頭を殴られていたことがわかる。

ブレンダはいつものようにフリッツに携帯電話の通話記録を調べてくれるよう頼むが
強引なブレンダに怒ったフリッツは捜査内容をFBI内に漏らしてしまう。
パソコンと携帯が紛失しているということで、情報の漏洩を恐れたFBIはブラックバーンら
二人を送り込み、捜査を引き継ぐと言ってきた。

レンタカーなど一部の証拠品を隠しつつ、特捜班は“テロ対策局”に名を変え独自に捜査を続ける。
マギーは夫を騙して週一回LAで男と会い不倫を続けていたが、なんとそれがポープだとわかる。

やがてブレンダはフリッツとの言い合いから“助けが裏目に出た”ということにピンとくる。

家の改築工事をしていたジョー・ホワイトは年俸の2倍以上の支出を出していた。
彼が請求書偽造でFBIに連行されて行った直後、ブレンダとガブリエルは妻スーザンに会う。
彼女はものすごい暑さだというのに長袖を着込んでいた。
ブレンダが袖をまくりあげ、現場に行ったのではないかと問い詰めると泣きながら白状した。
「ジョーや家を守ろうとしただけ・・・。」と。

ポープの駐車場にはマギーが乗っていたボコボコの車が置いてあった。
それを見て感慨深げに立ち尽くすポープだった・・・。

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

ハーパー★ボーイズ #1

ハーパー★ボーイズ!? ハーパー家の男たち・・・ってタイトルにしたんだ?。

オリジナルタイトルは、「Two and a Half Men」 です!!

エミー賞授賞式でチャーリー・シーンを何度も見かけて、とっても気になっていたコメディ。
やっとスーパードラマTVで放送してくれました♪

それにしてもこの番組、現在すでに6シーズン目ですよ!
視聴率ではスタート以来ずっとTOP10(7位)に入る人気だそうで。すごいですよね。
1話を見ると、どうも古臭い感があったけど当時2003年なんですよね?。
ジェイク役の子も今やさぞ大きく・・・と思っていたら、やっぱり青年になってました。(笑)

登場人物は、CMソングライターの独身貴族、チャーリー・ハーパーチャーリー・シーン)。
彼の代表作はやっぱり「プラトーン」かな。お父ちゃんはご存知マーティン・シーン。
「ホット・ショット」なんてコメディ映画にも出てたけど、この番組で本領発揮?
今や出演料もうなぎ上りで、TVだというのに年収が2000万ドル到達なんですって!

もうひとりチャーリーの弟アランジョン・クライヤー
彼はやっぱり「プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角」ですね?!あ?懐かしい。
チャーリーもジョンも1965年生まれ。(私とタメだった?!)

アランの息子、ジェイクアンガス・T・ジョーンズ
すでに子役で映画にたくさん出ている。
あの・・・顔だけ見ると、「こんな顔のオジサンいるな?・・・。」って感じなんだけど
きっと演技がいいんでしょうねっ!!
役柄的にはピュアだけど生意気でマイペースな男の子って感じ?
どんな活躍をするのか楽しみです。

1話ではマリブの豪邸で遊び&女・・・と悠々自適に暮らすチャーリーの元へ、
結婚12年目で妻に追い出されたアランが10歳の息子と共に転がり込んでくる。
アランは妻ジュディスマリン・ヒンクル)となんとかよりを戻そうと交渉するが、
彼女は「自分はレズだ!」と告白・・・。・・・これは修復不可能か?

ジェイクの世話を頼まれたチャーリーは自宅でのポーカーに平気で付き合わせる。
意外にも“いい相棒”だと気付いたチャーリーは最後はジェイクに勝負させる始末。
ジェイクは結局一人勝ちで80ドル?をGET!
アランはそんな様子を見てここにいては悪影響だと実家に行くことに。

実家の母エヴリン・ハーパーホランド・テイラー)がとんだ曲者。
チャーリーは彼女と暮らしたら「僕らみたいな人間になるぞ!」・・・とジェイクを心配する。
ソファにまともに座ることも禁じるような母親。息が詰まる・・・。
そこでチャーリーは自分のところに来てもいいと提案する。
ジェイクが「おじさん、大好き・・・。」となついてくれているというのもあった。

近所に住むストーカーのローズも不気味だ。
さて“2人と2分の1”の生活はどうなる!?

って感じの話なのですが、1話目はさすがに大爆笑はないですねー。様子見・・・。
くすっていうのはたくさんありました。
このドラマ、シット・コムというのも特徴です。(シチュエーションコメディの略)

最近では「フレンズ」などもそうでしたが、大昔からアメリカドラマではありましたね?。
笑いが“がはは?!”って入るんですね。(ドリフのコメディも・・・?)
でもこれ、本当にスタジオで客を入れて収録してるの!?
すごくないですか??フレンズの時も、笑いはもちろん拍手とか声とか入ってましたが
テレビ番組といっても「舞台」のようなものですよね?。
NGもナマで見られるんですね。いいなあ!!
笑いによって俳優がノってくることもあるでしょうし、手ごたえがその場でわかっていいですね。
だけど芝居は芝居なんで、きっと観客を意識してはダメなんですね。
そうか?お笑い番組に似てるけど、そこは違うな?。

日本でもやればいいのに。日本はまだコントどまり!?
関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ナイロビの蜂」 (2005・英)

レイフ・ファインズは本当にすばらしい俳優。
「イングリッシュ・ペイシェント」で魅せられ大好きになったが、今作の演技も見事。
そしてこれは珍しく邦題もイケてる。「THE CONSTANT GARDENER」ではちょっと・・・。
だけどジャスティンの人となりはとてもよく表した原題です。

ナイロビの蜂ナイロビの蜂
(2006/11/10)
レイフ・ファインズレイチェル・ワイズ

商品詳細を見る

(ネタバレ)
英国外務省一等書記官であるジャスティン・クエイルレイフ・ファインズ)は空港で
妻とアーノルドを見送った。「二日後に・・・。」と別れの言葉を交わしながら。
ところがこれが二人を見た最後の瞬間になるとは・・・。

悲報を届けたのは友人でもあり高等弁務官事務所長のサンディダニー・ヒューストン)だった。
取り乱すこともなく、サンディに嫌な役をやってくれたねぎらいの言葉をかけるジャスティン。
テッサレイチェル・ワイズ)の遺体はトゥルカナ湖南端で車の中で見つかった。
アーノルドの姿はなく、テッサは黒人の運転手とともに無惨な姿で殺されていた。

ジャスティンはテッサとの出会いを思い出していた。

バーナードの代理で不本意な声明を読まされていた記者会見場。
そこへ熱い質問と非難を投げかけてくる女性がいた。
・・・それが弁護士であり活動家のテッサだった。
二人は意気投合し、彼女の家へ。テッサはジャスティンへ“すばらしい贈り物”を届ける。
穏やかで植物の世話が好きなジャスティンと、正義感に溢れ行動的なテッサ。
全く正反対の二人がお互いに強く惹かれあう。
そしてジャスティンがアフリカに赴任することになると、テッサは自分も連れていって欲しいと願う。
それは実質上プロポーズとなり、ふたりは結婚してナイロビでの生活が始まる。

ナイロビ(1)

テッサは妊娠し、二人は幸せな結婚生活を送っていた。

ナイロビ3

夫はガーデニングの趣味、妻は救援活動・・・とお互いに干渉しない生活。
しかしジャスティンはたまたま妻への気になるメールを目にしてしまう。
いつも行動を共にしているアーノルドとの男女の関係を疑うようなメールだった。

“世界の医師団”のアーノルド・ブル?ムユベール・クンデ)とテッサは度々スラムを訪れ
医療施設の改善のために活動していた。テッサは現地の子どもから“ママテッサ”と慕われていた。

ナイロビ2

テッサは現地の人が使うウフル病院で出産する。・・・しかし死産であった・・・。
隣のベッドでは15歳の少女が出産し、死にかけていた。
彼女の名はワンザ・キルル。弟はキオコ。ミルリから何時間もかけて歩いてきたという。
やがてワンザは亡くなる。テッサは彼女の死について何事かをつかんでいた。
信頼おけるサンディに協力して欲しいと、夫に気付かれないようにこっそり頼む。

テッサは子を失った悲しみを振り払うかのように、真実の究明にのめりこむ。
ワンザは製薬会社の人体実験によって殺されたのだ。薬の名はダイプラクサ
KDHが作り、ケニー・カーティスが代表のスリービーズが治験をしていた。
新薬の副作用によって命を落とした現地人が何人もいるはずだった。
アーノルドと共に証拠を集めレポートを作成する。

そんな動きをKDHと金で癒着しているイギリス政府は見過ごさなかった。
サンディの元へ「テッサを見張るように。」という指示がくる。
しかしテッサはかねてから友人以上の好意を示していたサンディを誘惑、
自分を好きにしていい代わりにその「手紙」を見せてほしいと頼む。


遺体確認から自宅に戻ったジャスティンは警察が来てテッサの物を押収していったことを知る。
自分も彼女の持ち物を調べてみる。すると結婚写真などが入った箱からサンディからの
熱烈なラブレターを発見する。それで初めて友人の裏切りを知るのだった。

ナイロビ5


他に遺言と共に見つかったいくつかのメモ。
親しい友人ギタによってアーノルドがゲイだったこともわかる。
妻は浮気などしていなかった。潔白だったのだ。
ジャスティンの真実を探る旅が始まった。
しかしすでにジャスティンの行動も大きな力によって監視されていた。

ジャスティンは上司である外務省アフリカ局長バーナード・ペレグリンビル・ナイ)と食事する。
そして「イギリスへ戻り無期限の休暇をとること」と「真実を探るな」という忠告を受ける。

ジャスティンはテッサがもっとも親しく気を許していた従兄弟のハムと会う。
そこでテッサの資料を紐解くと同時に彼女が追っていたものと、自分への愛情を
痛いほど知ることとなる。
テッサは愛する夫を巻き込みたくなくて、何も言わなかった。
ジャスティンはアーノルドとの関係を疑っていた自分を責める。
そしてテッサの意思を引き継いで真相を暴く決心をする。

ジャスティンは命を狙われ危険な目に会いながらも、偽名を使ってベルリンへ行き
テッサとやりとりのあったビルギットからダイプロクサを作った医師の話を聞く。
ホテルに戻ると「最後の警告だ。」と侵入者から激しい暴行を受ける。
アーノルド・ブルームは恐ろしい拷問の末、木につるされて殺されていたことがわかる。

ジャスティンは脅しにひるむことなくケニアへ戻る。
そしてサンディの元へ行き、彼が書いたラブレターをつきつけ白状させる。
テッサのねらいは、ケニーへ圧力をかけ今の治験をやめ、薬を研究しなおせ・・・ということ。
しかしもし薬の発売が遅れることになると会社側は大変な損失になる。
新しい薬を作り直すより、副作用の情報をもみ消したほうが安上がりだ。
イギリス政府としてもKDHに工場を作ってもらい労働者を雇ってくれたという借りがあった。

そして皆がテッサを裏切った。サンディはペレグリンにテッサがロキに行くことを報告していた。
ジャスティンはその話を聞くと、黙ってサンディに手紙をつき返した・・・。

その後スリービーズのケニーが接触してきた。
ケニーは資金繰りに困り破産寸前だった。彼は「失脚するならペレグレンを道連れに・・・。」
とジャスティンをある場所に連れて行った。
そこは治験の副作用によって死亡し闇に葬られた、ワンザ他62名の墓場だった。

ジャスティンはティムから最後の警告を受け拳銃を受け取る。
ティムは言った。「我々の共通点はクリスマスまでに死ぬことだ。」彼は不治の病を患っていた。

物資を運ぶ飛行機に乗せてもらい、ドクター・プラントに会いに行く。
彼こそダイプラクサを発明した医師ロービアだった。
テッサは彼から臨床データとテープでの証言を得ていた。
そして彼はテッサが作った16ページものレポートのコピーと「手紙」を持っていた。
彼が、KDHの警備担当クリックにテッサの居場所を知らせたこともわかった。
サンディもロービアも、まさかテッサが殺されてしまうとは思っていなかったのだ・・・。

ナイロビ4

部族の襲撃から辛くも逃げ、ギリギリのところで飛行機に乗り込む。
帰りの飛行機の中で信頼できそうなパイロットに「手紙」を託す。ローマ宛だ。
そしてジャスティンはトゥルカナ湖の近くで降ろしてもらい、妻の歩んだ道を辿る。
彼には覚悟ができていた。


追悼式が行われていた。ペレグレンが弔辞を述べていた。
自らの命を絶ったジャスティンを偲んで・・・。


続いてハムが壇上に立った。彼は「これは書簡ですが・・・」とある手紙を読み始めた。
ペレグレンの顔色が変わる。次の瞬間、彼は逃げるようにその場を離れた。
手紙はテッサに対し行ったこと、真実すべて書かれていた。
そしてハムはジャスティンが受けた複数の銃弾が彼のものでないことも付け加えた。


ジャスティンは使者が来る前に湖を見つめながらずっと妻を感じていた。
そして「君の秘密がわかったよ、今理解できた・・・。」と心の中でつぶやいた。

ナイロビ ラスト




続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

『マジックメール売れっ子一斉捜査SP』

おもしろかった!!
たとえヤラセがあっても、かわいい女の子とラブラブになってうれしそうな姿は
限りなく素に近いだろうし、それを見てるとこっちまでニヤニヤ・・・。

伊達ちゃんなんて自然な感じで、(普通に女の子と遊んでそう?!)
とっても微笑ましかったんだけど、狩野英孝のキモさはとてつもなかったっ!
あのキャラがそのまんま・・・というのが驚き。
普通、素は謙虚だったり、照れ屋だったりすると女性陣にウケもいいのだろうが、
あのにぎやかし達の引き方からいっても“オールNO!!”って感じだった。

あの歌は・・・あの歌で・・・ちょっと疑った・・・
だってあんなにレストランでばれないように顔隠してたのに、歌を歌うなんて?・・・
口笛の顔に笑いが止まらなかった?・・・!!
お母さんが以前見た時より若々しくてかわいかった。

TKOの木下さんは家族がいるはずだから、知らないとなると大問題だよね。
だからたぶん奥さんも企画は了承済みだったんでしょう。
子どもとかいじめられちゃうもんね・・・。「おまえの父ちゃん浮気してる?!」とか何とか。
彼は背も高いし昔イケメンだったので、もててたことでしょう!
ガツガツ感はなかったな!

ひぐちくんは普通にリアルすぎて哀れだったなぁ?。
騙しちゃかわいそう、って感じ。
生放送部分の家もバッチかったし、映ってはいけないようなものもあったし、
彼女もいたようだったし?・・・まぁ、芸人さんだから露出は喜ぶべきでしょうか。

自分的には全然興味が持てないような4人だったので残念。
できれば山本高広とかロザンが見たかった!騙されないかぁ?。
それと、グラビアアイドルの子たちって、やっぱりなめられてるんだと思った。
下に見られてるというか。
遊べればラッキーって感じでしょうね。
どう考えたって売れているあの芸人さんたちのほうが芸能界では立場は上ですもんね。


キセキの1枚は、今回はナチュラル感が強い気がした。
近藤春菜(ハリセンボン)はテープでまるでフェイスラインが変わってたから・・・
「ノーテープ・ノーライフ!」
まちゃまちゃは、普通にしてたらこうなんだろうな?って感じ。
今は変に変にしてるわけだから。だけどあれでは芸人じゃないしなぁ?。
しずちゃんは、あまり変わってなかった?。昔のネタを思い出した。
最近痩せたみたいだし、そんなにイメチェンってほどでは・・・。
黒沢さんはやっぱりピカイチかわいいっすね。写真は。
下のクッキングパパ部分を隠せば、アイドル顔負けのかわいさ。
光浦は?キャリーとはあまりにもギャップがありすぎて。イマイチ?
箕輪はるかは喋りがおかしかった。スポーツシリーズは良さがよくわからなかった・・・。
渡辺直美はそんなに変化がないけど、元々映える顔だから今のままでいいと思う。
なんでわざわざ、まちゃになったのか?(笑)
鳥居みゆきはそうそう、カメラを見たら目を見開いちゃうということで、
視線をそらしてるものばかり。だからインパクトもイマイチ。
大島さん大久保さんは今回そんなに驚きなし。
友近は元々悪くはないからな?ベッドでの表情を見せられても・・・(笑)
青木さやかのプールでの写真は綺麗だった。
しゃくだけれどいい写真だった。

思ったこと?。視線をはずすとそれなりに映りやすい!・・・ということ。
カメラ目線は本当にかわいくないとキビシイ!
関連記事

テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

BAD LOVE ?愛に溺れて? #8

涙の決断

様子がおかしかったインジョンの理由がわかり、家へ戻って大荒れに荒れるヨンギ。
二人が写った写真立てを叩き割る。

スファンはインジョンに、「罪悪感を持たずに生きていけるか?よく考えろ。」 と言って別れるが
インジョンのヨンギへの気持ちの深さも知って複雑になる。
そして思い立ったようにヨンギの元へ。

酔いつぶれてシーソーチェアに座っていたヨンギ。
現れたインジョンをいきなり3発殴りつける。
「俺に話すべきだった。」というヨンギに、「俺だってつらい。二人でかたをつけたかった。」と答える。
ヨンギは「彼女には言うな・・・。」と口止めする。

しかしヨンギの怒りは収まらない。インジョンを描いた絵を破ってしまう。
一方ここを去ることを決意したインジョン。
朝食はヨンギの好物ばかりを用意した。しかし機嫌が悪いヨンギは口にせず出て行ってしまう。

ヨンギは気が収まらず車で土地を離れる。
途中どうしても気になって療養所に寄る。一生懸命リハビリに励むインジョンの父を見て
「約束を守れなくてすみません・・・。」 と心の中で謝る。

ヨンギがそこを離れた直後悲劇が・・・。

連絡をもらったインジョンはオジサン、オバサンとタクシーで向かう。
ヨンギも駆けつける。 ただ事ではない様子を目撃したスファンも後から追う。
父は転倒で頭を打って亡くなってしまった。
泣き叫ぶインジョンを抱きしめてやるヨンギ。逃げるきっかけを失ってしまった。
お葬式・散骨とそばにいて支えてやる。

スファンは葬式に顔を出す。 「のこのこ現れて!」・・・と罵るヨンギだったが、
「二人で逃げたらだめか?おまえさえ黙っていてくれたら・・・。」 と懇願する。

スファンが家に戻るとハン社長とシニョンがいた。
会長にリゾートの件はハン社長に任せて日本支社に行くように命じられる。
失望と怒りから頭に血が上ったスファンは「もうここにいる理由がない。」と言い放つ。

ジュランは非情な父のやり方に、「あの人の人生を弄んだ!!」と食ってかかる。
すると父はジュランを殴ってしまう。母はその行動を非難して「ヨンギには継がせない」
と強い決意を露にするのだった。

自暴自棄になったスファンは雪の中酒を飲んでふらつく。
久しぶりに母親に電話するが、母親は用件を喋る前に切ってしまう。

ヨンギは倒れたインジョンを看病しながら、「二度と一人にしない、死ぬ時も一緒だ。」
と心に誓う。しかしおかゆの材料を買出しに出た間に、目覚めたインジョンは身支度して
立ち去ってしまう。
ポハン行きのバスに乗っているところをヨンギは車で追う。
無茶な運転をして危うく事故に。
車を降りて走ってバスを追いかけていると、車にはねられてしまう。

続きを読む

関連記事

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

すてきなヤツさ、ライオネル!

はげしく後悔しています。
12日の「人間になりたがった猫」の宗像公演・・・。
観ればよかった!!

・・・と言ってもどうせ行けなかったのですが。

ライオネルの柿澤勇人さん、評判いいんですよ?。
見たかったなぁ?・・・

歴代ライオネルといえば、新しいところから

 上川 一哉さん、大塚道人さん、山崎義也さん、田邊真也さん、道口瑞之さん
 味方隆司さん、栗原英雄さん・・・え?っと大ちゃんはしてましたっけ?

とにかく活躍してる方、多いですよね?! (山崎さんは辞めちゃったか・・・)
ピュアでかわいいライオネル。
できる人って限られてると思います。
(観てないのですが、味方さんは・・・ちょっと不思議・・・。だってニラミンコだもん・・・笑)

柿澤さんもいい役つくんだろうな?。楽しみですね。

田中のアッキーや、藤原の大ちゃんもきっとはまってると思います。



関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

手紙づくし・・・

第75回NHK全国学校音楽コンクールの中学の部をテレビでやっていたので、
今度合唱コンクールで指揮をするリョウの参考になるかな?と録画してやりました。
ちらっと見ていると、課題曲の「手紙」ってなんだかいい曲・・・。
アンジェラ・アキの曲なんだぁ?。

最初の♪拝啓 この手紙を?・・・という出だしから、なんだか泣けてきます。



15歳。尾崎豊の歌にもあるけれど、複雑なお年頃・・・。
その真っ只中のリョウ。
歌詞では、苦しんでいる15歳の自分が、未来の、この時期を切り抜けたであろう自分へ
書いている手紙と・・・
大人になった自分が15歳の自分へ向けて励ましのメッセージを送る・・・という内容です。

“自分の声を信じて歩けばいい
人生のすべてに意味があるから”

生きている限り、大人になっても悩みが消えることはなく、苦しみはあるけれど
人のせいにしたり、人に頼ることなく、自分を信じ夢を追い、生きていこう・・・
子どもから大人へ・・・まだいろんなことに模索中の時に、進路という大きな分岐点があり
その重圧を背負うにはまだ幼く、上手くやり過ごすほどの図太さもない。
見えなかったことも見えてくるが、完全に理解もできなければ対処もできない。
いろんなバランスがとれず、そんな自分の無力さに悩む時期なんですね・・・・。

 人生に無駄なことはない・・・というのはひとつの励みになると思います。


曲は合唱の課題曲にするには、特徴があまりない感じでとりわけ差がつかないように
感じました。曲調が変わるところ、めりはりをつけて歌って欲しい。
とにかくいい曲なので、これからも歌い続けられていくでしょうね?。
ダンスを取り入れているところもあったけど、そういうのもいいと思います。
コンクールだと難しいところもあるのかもしれないけど、前向きなポップスだし
聴いていて素直に伝わりますからね?。

☆結果

金賞・・・郡山市立郡山第二中学校
銀賞・・・熊本大学 教育学部附属中学校
銅賞・・・松戸市立第一中学校
     栄東中学校

郡山はダントツだったかな?熊本はソロもよく全体に声が力強くて印象的でした。
湯沢市立湯沢南中学校は少人数ながら(少人数だから?)クリアな演奏で
これは吹奏楽にも言えることだけど綺麗でした。惜しかったんじゃないかな?

来週は吹奏楽コンクールも全国大会です。
テレビでやればいいのにな?・・・!今回初めて見たけど感動的でした。
アンジェラ・アキはそのまんまだとしたら、本当にピュアで懐の大きい人なんだろうなぁ?。

関連記事

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

BAD LOVE ?愛に溺れて? #7

運命のいたずら

呆然とするスファンとインジョン。「かわいいだろ?」と一人はしゃぐヨンギ。
スファンは食事も喉を通らないインジョンを見て、早々に席を立つ。
そしてジュランと会わせないために、帰ってきた二人を連れて会社に避難する。
父は「上品な子だ。」とインジョンを気に入る。
インジョンとの結婚を機に、ヨンギと和解をし会社に迎え入れたい思惑もあった。
しかしヨンギは、「オレは芸術家だ。平凡に仲良く暮らせればいい・・・。」と断るのだった。

帰りの車の中、元気のないインジョンを心配するヨンギ。
緊張からくる胃痛だと察し、薬を買ってきてやる。
「健康には注意しろ。代わってやれないから・・・。」とやさしいヨンギにインジョンはうつむく。
やさしく介抱して寝せてもらいながら、運命を呪って一晩中涙を流す・・・。

何も知らないヨンギはクリスマスの準備に張り切る。
ツリーにイルミネーション・・・ベンチ作り。

考えても答えが出ないインジョンはスファンに電話し呼び出す。
そして「いずれは別れるが今は時間が欲しい・・・。彼を愛しているから・・・」

おばさんにインジョンの不調を聞いて駆けつけるヨンギ。
今日はクリスマスイブだから自分のしたいことを全部する!とはりきる。
買出しをし、映画を見る、そして飾り付けた自宅へインジョンを連れて行く・・・。
シーソーチェアを見せ、「何か困難があった時は、これに並んで座って考えよう。
心の揺れや、変化があっても諦めないで愛し続けられるよう方法を考えよう・・・。」

インジョンを座らせスケッチするヨンギ。出てくるのは誉め言葉ばかり・・・
“愛してる!”と書いてあるケーキを二人で食べる。幸せな恋人同士の姿・・・
「私が突然いなくなったら探す?」
「死んだと思って俺も死ぬ!」
俺の生きる理由が見つかったんだから・・・と言うヨンギの深い愛を感じて胸がいっぱいになる。
膝枕をしてやり寝入るヨンギの頭をやさしくなでてやる。
朝になり港に向かって駆け出しながら、耐え切れず「悔しい・・・。」と号泣するインジョン。

ハン社長が会社にやってきて会長は相好をくずす。
彼にヨンギのことを、「労働者のことも理解できる立派な企業家になるはずだ。」と話す。
スファンはレジャー企業の話を進めていた。市場周辺の土地を買い取って立ち退きさせるのだ。
インジョンの店も例外ではなかった。インジョンは再出発のいい機会だと受け止める。
スファンはハン社長と同行してきたドリーム旅行会長のイ・シニョンと出会う。
ソッキョンの指摘どおり、ヨンギの元恋人ジョエンにそっくりで驚く。

インジョンはヨンギの家を訪ねるが留守だったので掃除して食事を作る。
そして療養所から電話が入ったので急いでいくと、そこに父の世話をするヨンギがいた。
ヨンギは甲斐甲斐しく世話をしながらたまには外出を・・・と海へ連れ出す。
そしてインジョンの父に向かって、「妻になるインジョンを必ず守り抜きます。」と誓う。
父は安心したようにインジョンを見つめた・・・。心の中で会話する二人。

インジョンはスファンに会う。
そして、「彼なしでは生きられないからお願い、知らないふりをして!」と頼む。
興奮して激しい感情から意識を失うインジョン。
体を抱きとめながら、たまらず抱きしめるスファン。

その様子をヨンギは見ていた。
ただ事ではない様子の二人。
そしてインジョンの言っていた不倫相手が兄だったと気付くのだった。

続きを読む

関連記事

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

雲田さん・雲田さん・雲田さん・・・

本日、私の福岡ライオンキング観劇、今年11回目となったようです。(ひとごと・・・?)
今日はバックステージツアーがお楽しみ!
本編は、ザズの雲田隆弘さんに大注目♪

今日はまた客席の雰囲気が違いますよ?。
前回(9/24)はおとなしかったんですよ・・・。年齢層も高めで・・・
今日は初見の方は多そうだったけど、はじめっから会場の雰囲気が温まってる感じ。

登場シーンでは沸くし、全体にウケもすごかったです。
本当に不思議なことに毎回雰囲気が違うんですよね?。
ま、今日はイベントデーなのでコアなファンがいても不思議じゃないんですけど。

で、で、で、で・・・・

雲田さんですよ!へ?っ、へ?っこれが伝説の(?)雲田ザズ!
なるほど?、こういうお声なんですね。
ちょっと想像と違いました。もっとこなれてて声優っぽい感じかと勝手に・・・
意外にカタイお声でした。なんつうか、くっきり、はっきり。
味がある喋りという点では岡崎さんだな?。ご自分の性格も多少はでますよね?
内海さんとのデュエットは岡崎さんが一番良かった気がする・・・。
井上さんはおっとりめだけど長年勤めた執事って感じがいいし・・・
雲田さんはいったい何回ザズをされたんだろう?そう考えると彼以上のザズはないのかな?
やっぱり見本とするべきザズなんでしょうね。

久しぶりにあたった平山祥ヤングシンバ。
う?ん元気だ!慣れてきてのびのびやってますね!
ところどころ危ういところがあったりしたけど、ダンスもよくなっていたしがんばってますね。
ただやっぱり退場前のハクナマタタの歌が気になるのですが・・・
なぎさちゃんとの相性はばっちりって感じ。二人のじゃれあいも迫力ありでした!

三雲シンバは今日良かったなぁ?!拍手も大きかった?(ティモンたちの次に?)
訛ってた部分も少しづつよくなってきてるし、気合が入ってた!!
歌声も、こうあって欲しいというところにす?っと入ってくる感じで気持ちがいい。

6000回を前にしてか、熱い観客のせいか、今日は俳優さんたちの気合も
いつも以上に入っていたように感じました。

そして、お待ちかね、バックステージツアーです!

決められた席番を見ると、なかなかいい席♪
本日の司会は・・・誰だぁ?このさわやかなイケメンは・・・雲田さん!?

ヤッターッ!!なんといういい声。なめらかな喋り・・・。
普段の声のほうが数倍ステキじゃないですか?ザズは無理して作ってる声なのか?
ず?っと聞いていたいようなアマ?イボイス。

内容は、まず衣装の説明。愛を感じての場面の植物3人に登場してもらいました。
わざわざ終演後にこんな格好してくださったんですね?、ありがとうございます?

通称バナナ衣装の豊田早季さん、え?と真ん中が谷井里衣さんで、通称ジャングルを着た
海老沼良和さん。
谷井さんの衣装は袖がループのようにつながっていて、衣装さんはお気に入りと言ってたけど
アダナは忘れちゃった・・・。
衣装も不思議だけど、頭のかぶりものもかなり奇抜なので、お話聞きたかったな?・・・

なんでも衣装をつけた状態では喋っちゃいけないという規定があるらしくて(ディズニーは・・・)
俳優さんたちは雲田さんの話にフンフンとうなづいたり、ジェスチャーどまり。
スタッフの衣装・メイク・小道具さんがいろいろ説明してくださるんですけど、
「えっと?」・・・が多くてどうにもこうにものんびり・・・。
別に暗記しなくていいんですから、ポイントをホワイトボードか何かに書いてたらどうでしょう?
で、説明は補足という感じで。時間がもったいない感じがしました。

次に虎尾信弘さんのガゼルと大村奈央さんのしまうまが軽やかに登場。
呼ぶ時の雲田さんのかけ声がすばらしくてね?!(デカイ)ヒューヒューってひやかしたりして。
テンション高い方なんですね・・・。

虎尾さんのガゼルは両腕につけたガゼルが各800gだそうで、「最初な?んだ軽いって
みんな思うんですけど、ずっとこのポーズしてるとつらいんですよ!!ねえ!?」
な?んて雲田さんがふって、虎さんは「そんなことない・・・」って風なジェスチャーを・・・
変な質問にはいちいち「ぶっ」て吹き出してました・・・。長いお付き合い、仲良さそう・・・
虎尾さんもLKはベテランだけど、全身筋肉って感じでほそ?い・・・!

福岡は奈落の大きさの関係で?演出が違うところがいろいろあるらしく(プライドロックや
草なども・・・)ライオネスの狩シーンもそのひとつ。
食べられて消える・・・ということができないため、ガゼルはライオネスたちによって解体!
頭・前足・胴体ふたつ・後ろ足・・と5個に分解されるわけです。
で、ひっぺがした部位を持ったライオネスは何気なく脇に挟んで踊ってるのです。
生身のガゼルさんはくるくるまわって下手にはけていきます。最前の時ジックリ見ました。

ここで、実際に分解してくれたのです。
スタッフさんが頭、雲田さんが脚を引っ張ってとってみせてくれたのですが、
雲田さんは初体験!!だったらしく、とったら「キャーキャー!!」っていう雰囲気の歓声をあげられ
「ぼくのためのバックステージみたいになってますね?!」・・・と大はしゃぎ・・・
演技じゃないんですよね・・・?(笑) ちょっとオネエ系・・・?
ちゃんと中身が肉みたいになっていて、リアルでした?・・・。
簡単に元に戻せてたんですが、跳んだりはねたりしてよくはずれないなぁ?!

あと、ガゼルはカツラをかぶっていて編みこみで後ろにたれてるんですね。気付かない・・・
しまうまの服は布じゃなくて、タコ糸で編んであるとか・・・後から黒い模様を書いてるんですね。
着心地はどうかなぁ??ゴワゴワしないんだろうか?丈夫そうだけど!

続いてパペットが出てきました。ムファサ・スカー・ザズ!
ムファサとスカーについては、こどものイベントで聞いたとおりでした。
ザズは雲田さんが少し動かしてくれて・・・(感激!)
右手でくちばしの動きとまぶたを開けたり閉じたり・・・左手で羽の動き・・・
首はバネのようになっていてニュイーンと伸びますよね。
羽根は一枚一枚手作業でつけてあって、汚れたらまた張替え・・・ってしてあるそうです。
「ごめんねぇ?また汚しちゃって・・・」と申し訳なさそうにおっしゃってました。
リニューアルした時は真っ白だそうなので、ずっと観てる人は気付くかもしれませんね。
先日はパペットが壊れて、急遽予備のやつを使ったらしいのですが、すぐに直してくれて
助かったそうです。持ち役のひとりひとりにMYザズがあって、東京・福岡・・・と
移動するたびにパペットも空輸されるとのこと。
雲田さんは、たくさんのスタッフさんの努力あっての舞台だと、感謝を述べていらっしゃいました。

その後抽選で4名が舞台上へ。鳥とばしの体験です!
ちょっとの練習時間だったけど、みなさん上手に飛ばしてました。
意外に難しいんだそうです。(いや、難しそうに見えますけど??)
で、名前とどこから来たかを聞いてたのですが、これが初見の方ばかりで!!
どう見ても、リピーターもいたと思うのですが、「やってみたぁ?い」という人には当たらず、
雲田さんは、「初めてでこんな舞台に上げてこんなことやらせちゃってすみませんね?。」
なんて言ってました。まぁ?裏を返せばあの方たちにはありがたみもなかったかなぁ??
どうせなら、すっごいファンにやらせたらよかったのに・・・挙手させて!
それでこーんなに遠方から来たとか、3ケタ観てますなんて言うと盛り上がるんでしょうけどね。
盛り上がると同時にちょいひくかぁ・・・?(笑)

最後はチームに分かれて舞台上へ。
舞台上と袖を見学。いや?、小道具・大道具ところ狭しと置いてあって、
これが毎回確実に舞台に出てるってこと、感動します。真剣勝負ですね。戦場のようでしょうね。
大物は上につるされたりしてました。(ゾウとか・・・)
でっかい着替え部屋もありました。早着替え勝負でしょうからね。
最初のチームの我々が終わるともう18時でした。

一番驚いたのが、雲田さんのハイテンションと、ダンディな喋りっぷりでしょうか。(笑)
雲田さんはそうですね?、イベントのプロと言ってもいい?大塚さん、荒川さん、野中さん・・・
あたりに並ぶぐらい慣れていらっしゃいましたね?。
雲田さんのザズをよく知る前に、ご本人を知ってしまった感じです。(笑)
雲田さんは前回の福岡も出ていらっしゃいますが、まだまだ、東京でしか出てない方がいるはず。
スンラスカーとか、金田さん・・・はジーザスかぁ・・・金原ラフィキなどなど・・・
お待ちしていまーす♪

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

BAD LOVE ?愛に溺れて? #6

愛の誓い

「ひとつしかない俺の心をお前にやる・・・。」

そうまで言ったヨンギに、インジョンは「友だちでいましょう・・・。」と言って立ち去る。
寂しい者同士感情に流されてはいけないと思っていた。
しかしヨンギはインジョンが涙を見せたのは心を開いた証拠・・・と自分に言い聞かせる。

悪夢にうなされたヨンギはジョエンの木を発作的に燃やしてしまう。
生きるためには忘れるしかないと・・・。
早朝無理やりインジョンを連れ出して焼けた木を見せたヨンギ。
改めて、「お前を愛したい。逃げるな。」 「愛は・・・正しいから。」 と告白。
インジョンも受け入れ、ヨンギはキスをする。

スファンは信頼しているソッキョンにインジョンについて調べさせる。
すると今の悲惨な現実を知り、「自分のせいだ・・・。」と驚きショックを受ける。
そしていてもたってもいられずインジョンを訪ねることに・・・。

急速に親しくなるヨンギとインジョン。
「お前はオレの味方で、オレはお前の味方。」  単純にそれでよい。

ヨンギと別れた後、インジョンは店を見に来ていたスファンとまたばったり出くわす。
「力になりたい。」と言うスファンに、「顔を合わせることも屈辱的。自分で生きていく。」
と言い放ち別れる。
オジサンに過去の男のことを話すインジョン。
オジサンは「お前もヨンギも癒しが必要。幸せになる資格はある。」と言う。 (グラサンOFF)

スファンと会えなかったヨンギはひとりで夕食を食べ、お土産を持ってインジョンの元に。
またまたじゃれあっていい雰囲気に・・・。

一方傷心のスファンは一人カラオケ屋で熱唱・・・。

その後家の前で帰っていくソッキョンを目撃。
帰宅したばかりの妻を見て二人の関係にピンとくる。
ソッキョンはジュランに、「愛されてないからお前から別れを切り出せ。」と言っていた。
さらに関係がばれた時のために、自分の地位も上げてくれと頼むのだった。
ばれたと知らない妻からその話を聞いて、怒りどころかニヤリとするスファン。

インジョンとヨンギはラブラブな日々を送っていた。
市場で、海苔巻き作りながら、船の上でもいちゃいちゃ・・・

ジュヨンの母はいろいろと企んでいた。
調べてヨンギに彼女がいると知り、夫へ「いい子なら認めたら?安心するのでは?」
と持ちかける。ヨンギが心配な会長はすぐに会いに行けと言う。
母はヨンギと会っても、「あんたを受け入れる気持ちはない。」と冷たく言う。
しかし夫がヨンギのことが気になって気力も落ちているから、嫁として連れて来い・・・
と言う。インジョンを見下しつつも、素朴なだけの女ではない、と見抜く。
そして会長の誕生パーティーに来るように言うのだった。

ヨンギは雨の中、つらい過去を思い出していた。
子ども時代に継母から受けた嫌がらせ・・・。自分は愛されていなかった。
ヨンギはインジョンに「オレを捨てたらオレは一人ぼっちだ。」・・・と言う。
インジョンは指きりをして、「死ぬまで離れない。」と約束する。
その勢いでヨンギはインジョンを教会へ連れて行く。
神の前で「彼女のために誠実に生きる。死ぬまで約束を守る。」と誓うのだった。

カン会長と仕事のことでもめるスファン。
はっきりと、「ヨンギの取り分は確保したい。」と言われわかっていたとはいえ複雑だった。

会長の誕生会に向かう二人。さりげなくプロポーズするヨンギ。
プレゼントのセーターを選び、母親への贈り物も買う。
さらにインジョンにすてきなドレスを着せたヨンギは、うっとりと見つめて惚れ直す。

家に着き豪邸に気後れするインジョン。「大丈夫、オレがいるから・・・。」と中へ。
2階から下りてきたスファンは弟が連れてきた婚約者を見て凍りつく。
それはインジョンも同じだった・・・。

続きを読む

関連記事

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

BAD LOVE ?愛に溺れて? #5

過去を乗り越えて

チキンを届けた際に、スファンの家族に逢ってしまったインジョン。
ミソという子どもまでいてショックを隠しきれない。
別れを思い出しながら、「あれは愛じゃなくただの情熱だったのかも・・・。」とぼんやり考える。

義兄家族と一緒に食事したヨンギ。
スファンに「オヤジに対する不信感は捨てろ、信じてもらえないぞ・・・。」とアドバイス。
ヨンギの動向が気になるジュランにも「勝手に生きていくから安心しろ。」と言って去る。

支庁でインジョンはスファンとバッタリ再会してしまう。
感激して立ち尽くすスファンに対し、すでに偶然見かけて心の整理ができているインジョンは冷静だ。
スファンはちょうど預かっていた友だちの子どもを見て勘違いする。
インジョンはすでに誰かと結婚して幸せなのだと・・・。

インジョンはもし彼と再会したら殴ってやろうと思っていた。
ずっと恨んで許せないはずだったのに、実際目の前にしたら不思議と落ち着いていた。
むしろみすぼらしい今の姿を見られて恥ずかしいと思っていた。
しかしもう二度と会うつもりはなかった。

スファンはもしもう一度インジョンと逢えたら、ひざまづいて許しを請い、何もかも捨てて
やり直したいと思っていた。しかしできはしなかった・・・。
飲めない酒を飲んで、店の女に話を聞いてもらう。
女は話を一通り聞いて、「チェリストがなんでそんな田舎に?」という疑問をなげかける。
そこでスファンははっとする。

インジョンはスファンと別れた後、激しい腹痛に襲われていた。
その様子を目撃したヨンギは駆け寄り、おぶって病院へ。
「我慢しないで声を出せ!」 苦しむインジョンに声をかける。
インジョンは痛さといろんな感情が湧き出てきて、ヨンギの背中で大声で泣く。

ヨンギはインジョンのことが気になって仕方なくなっていた。
しかしインジョンは、「私に優しくしないで。いい人なのはわかるけど負担なの・・・。」
と気持ちに応えられないことを遠まわしに言う。
まるで自分の気持ちを打ち消すみたいに・・・。

工事は終わったが、ヨンギは椿の手入れをインジョンに頼む。
店の売り上げ分をくれると聞いてしぶしぶ学校を訪れる。しかしインジョンにも別の感情が・・・
ヨンギに完成した校舎の中やアトリエを案内してもらう。
そして屋上に上がるとディナーの用意が・・・。今までのお礼、とヨンギがふるまう。

食後散歩しながら、「オレのこと好きだろ?正直になれ!」と屈託なく聞いてくるヨンギ。
インジョンは「私の過去を知ってもそう思う?」 と、ついにつらい過去を告白する。
それを聞いても動じないヨンギはインジョンをジョエンの木の前に連れて行く。
インジョンが次の恋に一歩踏み出せない理由が過去の罪のせいだと思うヨンギは
「お前が許してくれ。そして祝福してくれ。オレもお前を忘れなければいけない。
このバカな女ならオレを救ってくれそうだ!」
と涙ながらに訴える。
「つらい過去は葬り去ろう。神様だって過去は問わない・・・。」


続きを読む

関連記事

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ブラザーズ&シスターズ2 #2 (#25)





AXN「ブラザーズ&シスターズ」シーズン2 ファンモニターキャンペーンに当選し
送って頂いたDVDを鑑賞しての感想第2弾です♪

イラクにいるジャスティンが心配でたまらないノラはじめウォーカー家の人々。
そこへジャスティンの部隊が攻撃されたというショッキングなニュースがとびこむ。
ジャスティンは無事なのか・・・  以降ネタバレです。

兵士の帰還

ロバートとキティはイラクで犠牲になった兵士の追悼式に参列。
犠牲者の家族のことを考えるだけで泣けてくるキティ。
ロバートはスタッフのトラヴィスに苦い顔をされようとも追悼式にはすべて出るつもりでいた。

ジャスティンは・・・・・幸運にも無事だった。

サンディエゴ陸軍病院に移送され、家族が迎えに行くことになっていた。
トミーはジュリアに気を遣い家にのこることにし、ノラ、ケヴィン、キティで迎えに行く。
途中ラジオからルーサーの番組を聴く。
するとキティの家族のことを変人揃いだの、母親はガミガミ女だの、ゲイの弟同士
付き合ってるだの家族をマキャリスター劇団と称して言いたい放題。
抗議の電話をなんとか止めさせていたキティだったが、ついに我慢できず自らTEL。
ルーサーにとっては思う壺。
ケヴィンの、リンカーンはゲイ・・・発言まで飛び出しもはや世間の関心はウォーカー家に。
慌ててロバートがキティに電話してきて釘を刺す。

トラヴィスはつぶやく。「結婚を回避できませんかねぇ??」
しかしロバートの決意は固かった。

病院に到着。気が急くノラは受付を脅して面会証を手に入れる。
そしてついにジャスティンと再会。顔を見てみんなとりあえず胸を撫で下ろす。
ジャスティンの脚は何度か手術をしたが、あとはリハビリをするだけだと言う。
しかし膝の損傷が激しく、今は神経ブロックで麻痺しているが、それが切れたら
耐え難いほどの痛みが襲ってくるという。
ジャスティンは痛み止めに薬を使うことは、以前依存していたこともあって拒否していた。

懐かしの家に帰ってくる。
全員で温かく迎える。・・・が、みんなどこか腫れ物を扱うような態度だ。
特にノラは「帰還ガイド」を鵜呑みにし、構いすぎるためジャスティンはいらつく。
「一人にしておいて欲しい。家族は俺が見たものを知らない。人の残酷さを・・・。」
ジャスティンにアイオワから呼ばれたロバートは、「死者のために忘れてはいけない。」
「家族はいつか戻るよ・・・。」 と励ますのだった。

リベンジのつもりでロバートがルーサーの番組に出演。
偏見に満ちた発言を繰り返していたルーサーに、「アメリカは大きな家族だ。」
「違いを知ることは大事・・・。」と説き、見事黙らせることに成功。

ジャスティンはブロックが切れ痛みに苦しむ。
必死に耐えていたが、ノラが気付いて看病する。
さすがに「つらい・・・。」と本音を出して甘えるジャスティンだった。

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

クローザー3 #37

告発の余波

ブレンダは精神分析医と睨めっこ・・・。
犯人を射殺したことで職場復帰にあたりそのフォローがされていたわけだが、
懸命に平静を装うブレンダに分析医は「NO」をつきつける。
心的な問題への拒絶反応が出ているというのだ。
一緒に働く者への悪影響もある・・・ということで、ポープはブレンダに取材協力を命じる。

なんでもLA市警の激務と人材不足を取り上げるらしく、殺人特捜班にもプラスになるはずだ。
レポーターはやり手で有名なグレッグ・ピアソン
カメラマンと、お目付け役のガブリエルと共に車で取材に出かける。

グレッグからギャングのたまり場情報を教えてもらい2ヶ所に向かう。
最初空振りで次の目的地へ到着したところ、突然の襲撃に会う。
おびただしい銃弾。ブレンダとガブリエルは咄嗟に身を伏せるが、後部座席のグレッグと
カメラマンは銃弾が当たってしまう。グレッグは命を落とす。

ブレンダの両親が来ることになっていたが、お迎えはフリッツ任せ。
お父さんとは初対面だというのに、元軍人の迫力にフリッツはたじたじ・・・。
おまけにブレンダが帰宅するとSWATの二人と一緒だった。

狙われたのはブレンダらしいということで、彼女に恨みがある容疑者を絞る。
・・・が、DC時代からいれるとその数は果てしない。
また、事件の目撃者でもあるガブリエルとブレンダは、身内に聴取される。

カメラマンのとった映像と、車の銃撃痕を検証。
犯人は4.3秒に21発発射しており、定点射撃で確実に獲物を狙っていた。
それは狙いがブレンダではなく、グレッグのほうだということを表していた。

カメラマンのケンブルに話を聞くと、グレッグは調子がいいことを言っては相手を騙し、
これまでに恨みを買うようなきわどいことをやってきたようだった。
今回の取材も、市警の無能さを暴露するつもりだったのだ。

ブレンダは何か情報を得られないかとグレッグのテレビを見る。
人気レストランの食品衛生法違反を告発する内容だったが、番組で情報提供を呼びかける
電話番号が出ることに気付く。すぐにタオに調べてもらう。

さらに銃撃現場の野次馬の中に見覚えある若者がいることに気付く。
それはグレッグの報道により店が廃業に追い込まれ、半年前に薬物依存で死亡した
ディーク・ホーソンの息子、ビルだった。
ビルは偽のタレコミをして、グレッグをおびき出し殺したのだ。

ブレンダは取り調べられていたビルをわざと釈放させ、SWATの目を盗み彼とエレベーターへ。
二人きりになったところで、エレベーター内が録画・録音されていることを利用、
自分と同僚が狙われ殺されかけたことを責める。
すると「狙ったのはあんたじゃない、オヤジを殺したグレッグだ!」・・・と自白。
今回もポープら全員を心配させ、解決に導いたブレンダだった。


続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

ブラザーズ&シスターズ2 #1 (#24)





ファンモニターキャンペーンでAXNから送ってきたDVDを視聴。

前シーズンまでのウォーカー家は・・・

サラとジョーはレベッカとの件が発端となり別居。
双子の一人、ウィリアムを亡くしたトミーとジュリーの夫婦。
深い悲しみを抱えジュリーはリジーの子育て、トミーはホリーと始めたワイナリー事業に大忙し。
ケヴィンはロバートの弟ジェイソンといい関係に。彼が牧師だと知ってびっくり・・・
キティはロバートと婚約し彼と住むため家を出て行く。
代わりに母親ホリーとの関係が悪化し、ウォーカー家で暮らすことになったレベッカ。
ジャスティンは召集の期限が来てひっそりと軍に戻る。ノラの心配は尽きない。
常に悲喜こもごものウォーカー家だが、ジャスティンのことはもっとも家族の心に暗い影を落としていた・・・。

そして シーズン2・・・。   (以降ネタバレあり)





ノラはもう3週間も連絡が取れないジャスティンが心配でたまらない。
彼が見てくれることを信じて、この夏の家族の様子をビデオメールで報告する。

キティは婚約がわかってから世間の対応がすっかり変わってご立腹。
もう誰もバリバリ働くキャリアウーマンとは見てくれない。
彼らの関心はマキャリスター議員のフィアンセのウェディングドレスだけだ。
不満をぶちまけるキティにロバートは休暇を提案する。

家へ戻ったキティ。
ジャスティンのことが心配なノラは気もそぞろで娘を迎える。
キティはレベッカが自分の部屋を乗っ取って、母親のお気に入りになっていることがおもしろくない。
無理やりノラを連れ出しウェディングドレス選びに付き合わせる。
全然協力的でない母親にキティが憤慨すると、ノラはジャスティンの情報もくれず、
それどころかそのことを「選挙の票集めに利用している!」・・・と怒りをぶつける。
「機密事項は家族と言えども漏らす事はできない!」と言い返すキティ。
店の中ということも忘れて怒鳴りあう二人の様子は、客によって録画され動画サイトに・・・。

別居中のサラは超攻撃型のママ仲間との付き合いにウンザリ。
会いに来たジョーについつい愚痴る。するとジョーがサラにモーションをかけ、
洗濯機の上で二人は愛し合う・・・。
この事実に戸惑うサラはトミーに相談。しかしトミーもいろんな問題を抱えそれどころじゃない。

ケヴィンはジェイソンとハッピーな日曜の朝を迎えていた。
ところが、監督に呼ばれたジェイソンはマレーシア伝道への派遣を言い渡される。
その期間は1年にもなる・・・ということを知ってケヴィンは動揺。そして怒る。

バラバラになっていたウォーカー家がキティの誕生日に集まることになる。
その日は父親ウィリアムの命日でもある。

お墓参りに行ったノラはそこで偶然ホリーに出会う。
トミーとレベッカをお互いにとられたような思いがあったが、さすがにノラは大人だ。
娘に会える機会だから、とキティの誕生会に誘う。

レベッカが予約したメキシコ料理の店。
しかし何かの手違いで席は他の団体で埋まっていた。
集まった家族は仕方なくバーで順番を待つが、集まるごとに火種はたくさん。
大人しく待っていられるわけはない。

サラはジョーとの情事をばらしたトミーに怒り、キティはレベッカの仕切りが気に入らない。
ケヴィンはジェイソンとのことでみんなに八つ当たり、ノラは見ず知らずの客に大演説。
ホリーが到着すると気まずい思いをする人が増え、もはや大混乱に。

そんな修羅場にロバートが現れる。
彼はジャスティンが無事だという、最高のニュースを運んできてくれた。

家へ戻って誕生会は仕切りなおし。
ジュリーがリジーを連れて参加し、ノラは大喜び。
ジェイソンもケヴィンを訪ねて来る。ケヴィンは「信じる心を持って待つよ。愛してる。」と告白。
ノラはキティへ自分が着たウェディングドレスを差し出す。喜ぶキティ。
ピザにビール、レベッカが急遽こしらえたドーナツで作った誕生ケーキ。
ひとりひとり今日の主役キティへのお祝いを述べ乾杯する。

そこへロバートに電話が・・・。ただ事ではない雰囲気に不吉な予感が走る。
電話はペレス将軍からで、ジャスティンの部隊が攻撃された・・・ということだった。
彼の無事は未だ不明だ。

ノラは再び悲しみのどん底に落とされ、心配でじっとしていられない。
復縁を望んでいたサラはジョーの気持ちがわからず戸惑う。
助けが必要な時に開けようと決めていた父からの最後の贈り物。
キティが取り出したネックレスには、“強くあれ”というメッセージがあった。

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ストレンジャー・コール」 (2006・米)

ストレンジャー・コールストレンジャー・コール
(2007/11/21)
カミーラ・ベル; ケイティ・キャシディ; ブライアン・ジェラティ; トミー・フラナガン

商品詳細を見る


早送りしたらだめでしたか!?

こういうの・・・やっぱりだめだ・・・。ただドキドキさせるだけの映画は。
いきなりお化け屋敷に入れて、「さあ、驚いてね!」って感じなんですものね。
なぁ?んにも意味なんてありはしない!・・・まあ、ホラーだからこんなもの?

以下ネタバレ

冒頭・・・。子どもを呼ぶ母親の声。電話が鳴って出ると、間違いなのか何も言わない。
隣の遊園地では子どもたちの歓声があがっていた。
そしてその時、2階の部屋から恐怖の叫び声が響く。
しかしそれは喧騒にかき消されて誰も気付く人はいない・・・。
現場検証に現れた警察は、惨状を見て絶句した。遺体収容袋はいくつも運び出されていた。


ジルカミーラ・ベル)は陸上をやっている活発な高校生。
BFボビーブライアン・ジェラティ)とは最近派手なけんかをやって絶交状態。
というのも、親友だと思っていたステファニーケイティ・キャシディ)がボビーにちょっかいを出したのが原因だった。
もう一人の友人、スカーレットテッサ・トンプソン)は「お互い大人になりな・・・。」となだめる。

今日は“かがり火の夜”という学生にとっては楽しみなお祭りがある日。
ジルはこんな気持ちでは行く気がしないし、ベビー・シッターのバイトが入っていた。
携帯の使いすぎで、携帯と車の使用を禁止させられたジルは、父親に送ってもらう。
医者をしているマンドラモス邸は山の中の奥深くに入ったところにあった。
しかしその豪邸に驚く!

ストレンジャー・コール 3

ちょっとしたホテルのようだ。
映画と食事に行くマンドラモス夫妻に留守番をする上での注意事項を聞く。
子どもは風邪気味ですでに2階で寝ているという。
家の警備は万全で、セキュリティをとく方法、作動させる方法、暗証番号を聞く。
各連絡先はすべて紙に書いてあった。
「好きな物を食べていいし、ゆっくりくつろいで・・・。」
そう言われて、特に何もすることのないジルは寝室の宝石をあさったりして楽しむ。

その時。電話が鳴る。とると無言だ。
物音にはっとすると、外でメイドのローザが鯉にエサをやっている。
今度は部屋の電気が点いて驚く。それは猫だった。
この家は部屋に入ると自動で照明がつくのだ。
警報が鳴る。慌てて止めるが警備会社から確認の電話が入る。
異常はないようだったが、武器になるような物を持って家の中を点検する。

するとティファニーがやって来たが、仕事中ということで早々に帰ってもらう。
しかし外に出たティファニーは何か不気味さを感じていた。

突然ドアを叩く音がする。開けるが誰もいない。
ボビーから電話がかかってくるが電波が悪くすぐに切れてしまう。
無言電話は彼の友だちだったのか?するとまた電話。ティファニーの名前が出ている。
しかし相手はティファニーではなかった。男の声で「さあ誰だろう?」・・と言う。

ストレンジャー・コール 1

恐怖が走る。友達、父親、警察、ローザ・・・あらゆるところに電話する。
逆探知には1分は必要だと言う。ナゾの男はこちらの様子を見張っている。
ゲストハウスに明かりがついているので意を決して向かうが誰もいない。
家に戻りローザの部屋へ。シャワーの音がするので行ってみるとそこには死体が!
電話の男は、「お前の血を体中に浴びたい・・・。」と不気味に囁く。

その時、警察からGPSの結果が入る。 「男は同じ家の中にいる!!」

ストレンジャー・コール 2jpg


子どもたちを連れて外へ出る。見えにくくするためにスプリンクラーをつける。
ついに男が姿を現した。
ジルは池に潜り様子を伺う。池の中にはもうひとりの遺体が沈んでいた!
男はジルに気付き必死で襲ってくる。ジルは男の魔の手を振り払い家の中へ。
取っ組み合いになる。ジルはアルコールを男にふりかけリモコンで暖炉の火をつけた。
火は男に燃え移り、ひるんだところでジルは男の手に棒を突き刺す。

ほどなく警察が到着。家主も帰ってきて子どもたちを抱きしめた。
ジルは連行される男の乗った車を見送る。
その時、男の顔が光に照らし出されジルはぞっとするのだった。

ジルは大事をとって入院していた。人を呼んでも誰も来ない。
廊下に出ても人っ子ひとりいない。
その時、ナース室の電話が鳴った。恐る恐るとると、背後からあの男が!!

ジルは今も悪夢から逃れられないでいた。

続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ファンモニターキャンペーン当選

AXNで放送されていた「ブラザーズ&シスターズ」

11月から放送されるシーズン2を前に10月6日(月)から第1シーズンが放送されます。

ブログのカテゴリーをご覧ください。
「ブラザーズ&シスターズ」全23話のところ、5話しか感想書いてませんよね・・・。
決しておもしろくなかったわけじゃなく、むしろおもしろくて一気に観たのですが、
放送からだいぶ遅れて観たので記事をUPしそこなってしまったのです・・・。
今度の再放送を機会にすべて書こうと思っています♪ (前回のもメモはとってます。)

そしてファンモニターキャンペーンとやらに応募しましたところ、当選して、
DVDが送ってきましたのでシーズン2、第1?2話の記事を書かせてもらいます!
私は基本ネタバレなので、今回ばかりは注意したいと思います。

このドラマはハリソン・フォードの現在の奥様、キャリスタ・フロックハートの主演ですが
アカデミー賞・エミー賞受賞女優でもあるサリー・フィールドや、青春スター時代から
変わらぬ魅力のロブ・ロウなど、個性あふれるキャスト揃い。

主役キティだけでなく、登場人物ひとりひとりのエピソードが充実しており、
ある意味大家族のユニークな交流が、時にはシリアスに、時にはユーモラスに描かれ
毎回観終わった後の「後味」がいいドラマです。

もちろん毎回問題は山積み。
家族に原因がある場合もあれば、問題を家族が解決してくれることもある。
政治的な話・不倫の話・ゲイの話・親子の話・普通の恋愛話・・・
話題は盛りだくさん!それぞれにライフスタイルが違うから事欠かないのです。

さて、じっくり観れるのは週明けになるでしょうけど、記事をお楽しみに!
・・・って誰が楽しみにしてる?って感じですが、私ははりきって“使命”を果たしたいと思います。
ってまた大袈裟ですね?・・・(笑)




関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

BAD LOVE ?愛に溺れて? #4

秘めた想い

キスをしようとして途中でやめて大笑いするヨンギ。
物を投げつけて怒るインジョン。すると、「からかってはいない・・・。」と本当にキス・・・。
「謝るが・・・悪気はない・・・。」 と部屋を出て行く。
「大目に見てやる。」 と仕方なく許すインジョンだったが、二人の仲は急速に近づいた。

自分の体のこともあって、息子と早く和解したいと島へやってきた会長。
しかしヨンギは「自分が一番偉いと思っている、そんな傲慢さが嫌いだ!」と父親を非難する。
そのやりとりを目撃していたインジョンはヨンギに、
「親不孝者!親にたてつく人間は嫌いだ。親も人間、生んでくれたことに感謝しろ!」と諭す。

気分を害したように見えたインジョンをヨンギは一生懸命ご機嫌とり。
内心はそんなに悪くは思っていないインジョン。二人のじゃれあいはまるで恋人同士・・・。
それを見たオジサンはヨンギを呼び出す。
酒を飲みながら、インジョンのつらい過去に触れ、「遊びなら構うな・・・。そっとしてやれ。」
と釘を刺す。

ヨンギの父が倒れたと言う電話が入る。
酔って運転できないヨンギに代わって、インジョンがソウルまで送ってやる。
「つらい時にいつも顔を合わす・・・お前は天使みたいだな・・・。」

病院に着いたヨンギは心配して覚悟をしていたが、義母に「ただの風邪よ。」と追い返される。
ある意味ほっとしてヨンギを待つインジョンの元へ。
送ってきたインジョンを義母とジュランが目撃していた。
インジョンと気付かない二人は、「あんな田舎くさいみすぼらしい子と付き合って・・・。」
と半ば呆れ、半ばほっとする。田舎娘なら変な欲もないだろう、と判断したのだ。

ジュランとスファンの中は相変わらず冷え切っていた。
寂しさを酒で紛らわすジュラン。そんな妻を見て余計に冷めていくスファン。
娘のミソは、母親を気遣って、「ママを寂しくさせないで・・・。」と父親に言う。
しかしジュランには別の寂しさ解消法があった。
スファンの腹心とも言うべき運転手のユン・ソッキョンとの関係だった。
ユンは結婚したばかりだったが、ジュランは「離婚しなさい。慰謝料は用意するわ。」などと言う。

スファン一家はキム議長の別荘に呼ばれることに。
早く着いたジュランとミソ。ジュランは寝不足のせいでうとうと・・・。
じっとしていられないミソは外でかわいい子犬と遊ぶ。すると迷子になってしまう。
ちょうどチキンの注文があって届けようとしていたインジョンがミソと出会う。
家までミソを送ったところで、インジョンは母親の顔を見て凍りつく。

スファンの妻、あのジュランだった。

彼女が言った、「死ぬまで監視してやる・・・。」という言葉とともにつらい過去が蘇る。
思わず金も受け取らず立ち去ったインジョン。
ぼーっとバイクを押していたところに、別荘に到着したスファンの車が・・・。

続きを読む

関連記事

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: