広告
Singin' in the Rain 2008年09月

「バタフライ・エフェクト2」

バタフライ・エフェクト2 デラックス版バタフライ・エフェクト2 デラックス版
(2008/02/22)
ダスティン・ミリガンジーナ・ホールデン

商品詳細を見る


あ?あ・・・やっちゃった・・・これはいかんでしょう?。騙したな・・・WOWOW
“2”の法則発令!? 最初から期待してなかったですけどね。
「バタフライ・エフェクト」で満足してましたからね。 映画の感想

それでも俳優さんたちは小ぎれいで、最初は期待させるんですよ?
途中まですごくいい感じなのだけど、副社長になったあたりからどうでもいい展開に・・・
残念です?。  以下ネタバレ

ニック・ラーソンエリック・ライヴリー)は友人と湖畔に遊びに来ていた。
今日は彼女ジュリーエリカ・デュランス)の24歳の誕生日。
大学院に進学してNYに渡り、写真家になりたいというジュリー。
設立したばかりの会社で仕事に燃えているニックは会社からの呼び出しにすぐに応じる。
嫌々帰路につく4人だったが、悲劇が待っていた。
ニックが運転する車はパンクし、対向車線にはみ出し向かってきたトレーラーと激突。
・・・生き残ったのはニックだけだった。

それから1年。ニックは写真を見ると起きる頭痛と発作のようなものに悩まされながら
嫌なことを忘れるように仕事にうちこんでいた。
しかし大事なプレゼンで発作を起こしたニックは、社長に休暇を言い渡される。
家で何もすることがなく、彼女の撮った写真を懐かしく見る。
すると・・・また搾り出すような頭痛と画像が揺れるような感覚が起きて・・・

気づいた時は、事故の前の運転している最中だった。
会話や状況はまったく同じように進んでいる。今度はなんとしても事故は回避しなくては・・・。
ニックは必死でエンジンをかけアクセル踏んだ。ギリギリのところでトレーラーはすれ違った。

目覚めた時は違う世界になっていた。殺風景だった部屋の様子が明らかに違う。
すると自分があげたネックレスをしたジュリーがいた。同棲しているのだ。
彼女の誕生会では同じく死んだはずのトレバーアマンダにも逢えた。
1年間彼らの死を悲しみ、苦しんだ日々を体験したのだ。
クスリでもやってるようにハイになり、喜びの感情をほとばしらせるニック・・・。
家に戻るとソファで激しく愛を確かめ合う二人。

会社に行くと友人のトレバーが上司のブリストルにより、取引失敗の責任をとりクビになった。
その決定にはむかったニックもクビにされてしまう。
家に戻ると仕事を失ったニックにジュリーは半ば呆れ、冷たい態度をとった。
それもそのはず、彼女は夢を諦め、今の生活に満足していなかったのだ。
彼女はつぶやく。「事故で失った物は大きいわ。」

ニックは冷蔵庫に貼ってある写真を見つめる。
すると次の瞬間そこにいた。クリスマスの社内パーティーだった。
ブリストルに恨みを持っていたニックは、わざと赤ワインを彼のパンツにぶっかけ
誰もいなくなったオフィスで彼のデスクからストライク社の資料を盗む。

次に気づくと自分はパリッとしたスーツを着ている。なぜか副社長になっていた。
ブリストルはというと、自分の部下だ。
社長に誘われ重要な食事会に同席。思いがけないことにこの世界では社長の娘
グレース(リンゼイ・マックスウェル)といい関係になっていた。
店のトイレで誘われるままに情事にふける・・・。ふざけて携帯で写真まで・・・。
高級車に眺望抜群の豪華な家・・・それらを手に入れたと知って大喜びのニック。
しかし彼女、ジュリーの姿はない。彼女とは別れてしまっていたのだ。

雲行きは怪しくなっていた。
昨晩の商談は成立せず、自分の昇進は仕事の成功よりもグレースの口添えが大きいことを知る。
さらにトレバーの仕事の失敗の尻拭いをさせられることに。
それは厄介な相手だった。奇しくも指定された店で写真家として働くジュリーと再会する。
彼女はすっかり様子も変わってすでに別のパートナーがいた。
今までのことを謝り復縁を迫るが、彼女は聞く耳を持たない。

トレバーの契約相手マルコムは、25000ドルのはした金にキレて暴力をふるってきた。
必死で店内を逃げる時に、仲間の撃った銃弾がジュリーに当たってしまう。
瀕死のジュリーを抱きかかえながら、ニックはグレースと撮った写真を見つめていた・・・。

目覚めたらベッドに一緒にいたのは・・・マルコムの仲間のゲイだった。
ニックは勢いで男を階段から突き落としてしまう。

母親に会って父親が実は自殺していたことを知る。
ニックも一人で抱え込むところがあるので心配だと言う。
ニックはジュリーを呼び出し写真を持ってきてもらった。決意は固まっていた。
「必ず君らを守る。」

湖畔に戻っていた。ジュリーと二人で話す。
ニックは自分と一緒にいると不幸になることがわかっていたのでジュリーを突き放す。
「NYに行ったほうがいい・・・。」

ジュリーはニックに伝えたいことがあった。それはおなかに赤ちゃんがいるということ・・・。

それを知らなかったニックは慌ててジュリーを追う。
ジュリーの運転する車はまた事故を起こすかもしれない。必死で止めようとする。
しかし・・・。ニックは決心したように車を横切らせ大きくダイブした。

時は過ぎた。ジュリーはニックの名を呼ぶ。
そして抱き上げた。ニックの分身となった息子を・・・。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

歓迎!大幅値下げ

劇団四季 会員料金 S席 10,500円 → 8,800円

1700円の引き下げですか。 (他にもちょこちょこ・・・)
予想以上でした。
最前列とか、センターの良席だと、すご?く得のような気がしますね。
逆にせめて1万円は超えてないと、舞台の質に不安が・・・ちょっと安っぽく感じてしまう気も!?
いいのかしら、こんな価格で・・・
いや、だからと言って、この価格、大歓迎ですけど?。
クウォリティは下がらないことを信じます。
余計なお世話だけど、俳優さんたちの報酬も下がらないことを・・・。

結局前でも後ろでも真ん中でも端でも、ほぼ均一料金だったのが疑問だったわけで
2階や端っこor後ろのS席は安くするとか、そういうのを期待してたんだけどな?。
四季の舞台、普通に1万円出しても惜しくはないって私は思ってましたからね。
(そんな、いい席はしょっちゅう見ないけど・・・!)

だけどリピーターにとってはうれしいですよね?。
1700円も塵も積もればかなりの額になりますから。

8800円・・・本当に、演目によってはかなりのお得感だと思います。
その時のキャストにもよるでしょうが・・・。

福岡LKのザズが雲田さんに代わりました!!

こ・れ・は!!観てみたい!!(どうかしばらくいてください!)
関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

クローザー3 #36

海岸線の殺人者

海岸線でリサ・メイソンの遺体が見つかった。
リサはスコット・メイソン検事の妻だったが、検事から昨晩の捜索届は出ていなかった。
死体は縛られた痕があり、牛追い棒と言われる電気警棒で体中拷問を受けた後、レイプされていた。
1998年に同じ手口で3日置きに女性が殺される事件が起きており、当時“PCHキラー”と呼ばれていた。
今回も同一犯なのか。犯人は殺した順にかかとにローマ数字で番号をつけていた。
リサは“?”番・・・。最初の被害者を見つけなくてはいけない。

過去6件のレイプ事件を検証すると、共通点は被害者が皆美人だということ。
パートナーがいるにも関わらず、不貞を行っていた過去があること・・・などだった。

嫌がるメイソン検事の自宅を捜索すると、SM趣味のたくさんの装着が見つかる。
「合法の範囲だ。」と憮然とする検事だったが、妻とは男女関係はオープンな取り決めで
会員制の出会い系クラブ“ヴァージ”に夫婦で訪れては相手を見つけ楽しんでいたという。

やがて一人目の被害者が死体安置所で見つかる。
4日前に見つかってはいたが、顔面が潰されていたため身元不明のままだった。
かかとには“?”の数字、犯行状況も同じだった。

CG写真から、被害者はタミー・レイノルズだとわかる。
夫はロバートで逮捕歴もある。すぐに彼の所有する船を捜索する。
ブレンダたちが到着すると、レイノルズから船の掃除を頼まれたという男がいた。
男を帰し、船内を捜索。すると生々しい拷問の跡と、血の海が見つかる。
ブレンダは海を見つめてつぶやいた。 「悲鳴が聞こえなかったのは海の上だったから・・・」

船で見つかった歯や血痕はタミーの物だった。デッキの上の血は、男の物の可能性があった。
レイノルズもやはり“ヴァージ”の会員だったことがわかる。
ブレンダはとにかく犯人探しもだが、次の犠牲者を出さないことに必死だ。
会員6000人をすべて調べることはできない。
PCHや広範囲の警備ですでに人員は取り払っている。
ブレンダはポープに言われ、とりあえずタミーの元夫、ルーカス・D・ジョーンズを訪ねる。

ジョーンズ修理店に行くと、見覚えある男がいた。レイノルズの船で掃除をしていた男だ。
ブレンダに嫌な予感が走る。
そこへプロベンザからの電話・・・。レイノルズが首を切られ、海の船の底で発見されたという。
慌ててその場から逃げようとするブレンダ。・・・しかし男は電気警棒で襲ってきた。
ブレンダはダニーに向かって銃を放って身を守るしかなかった・・・。



続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「あるスキャンダルの覚え書き」 (2006・英/米)

あるスキャンダルの覚え書きあるスキャンダルの覚え書き
(2008/09/17)
ジュディ・デンチケイト・ブランシェット

商品詳細を見る


ずっと観たかったんですよね?!!今頃観てますが・・・。
これは、今まで観たジュディ・デンチの作品の中で最高。彼女がすごい。
ケイト・ブランシェットは他にもすばらしい代表作がありますが、
この役はいつもの、強くてどちらかというと硬くて、聡明・・・な女性のイメージとは違う。
女の弱い面、悪い面・・・を出しているところもあります。ちょっと意外でした。
作品はある意味恐怖映画ですね。

ミザリー (特別編) (ベストヒット・セレクション)ミザリー (特別編) (ベストヒット・セレクション)
(2007/10/24)
キャシー・ベイツ

商品詳細を見る
ルームメイトルームメイト
(2008/10/22)
スティーブン・ウェバージェニファー・ジェイソン・リー

商品詳細を見る

ストーカーストーカー
(2003/06/19)
ロビン・ウィリアムズコニー・ニールセン

商品詳細を見る

商品詳細を見る
ケーブルガイケーブルガイ
(2008/09/24)
ジム・キャリージョージ・シーガル

商品詳細を見る


などなど、ざっと思いつくところで身近にいるストーカー的な映画はありますが・・・
以下ネタバレです


バーバラ・コヴェット(ジュディ・デンチ)はおもに労働階級が通う高校の社会科教師。
頑固で周りに合わせようとしない偏屈な彼女は、当然教師たちの間でも浮いた存在。
そこへ赴任してきた美術教師、シーバ・ハート(ケイト・ブランシェット)はエンジェルのように輝いていた。
ブルジョワ育ちらしい、おっとりとして世間知らずなところを隠しもしない。
バーバラは日々、事細かにシーバを観察する。
そして自分の分身とも言うべきノートに、毎日の出来事を書き留める。

生徒のケンカの仲裁をしてやったことで、シーバとバーバラの仲はぐっと近くなる。
気軽な気持ちで家に招待するシーバ。
実は彼女の家は普通の若夫婦の家ではなかった。
迎えた夫は初老の男性。シーバが大学生の時の教授で、不倫の末の結婚だった。
長女ポリーは難しい年頃のワガママ娘。年上の男ピートと付き合っていて日々一喜一憂。
長男ベンはダウン症で、先日学校に入るまではずっとシーバが付きっ切りで世話をしてきた。
そんなブルジョワ家庭に違和感を感じながらも、家の離れで屈託なく
日々の暮らしの不満を打ち明けるシーバに、バ?バラは確信する。
“我々は親友になれる・・・”  そして帰ってノートに金星のシールを貼るのだった。

学校のクリスマス会の日。
姿が見えないシーバを探していたバーバラは、美術室で抱き合う彼女と男子生徒を目撃する。
男子生徒はまだ10年生のスティーヴン・コナリーアンドリュー・シンプソン)だった。
いつか自分がケンカの仲裁をした少年だ。
彼はシーバに惹かれてストレートに気落ちをぶつけてきた。

スティーブン

最初は熱心な生徒(宝石)として課外授業を通して接していたシーバだったが、
自分を誉めてくれる彼の言葉がうれしく新鮮で、つい関係にのめりこんでしまう。

地下道


バーバラとしてはそれは許せない行動だった。
しかしこれは二人だけが知る大きな秘密。“これで彼女を支配することができる”

バーバラの親しい友人としての行動はエスカレートしていく。
すでにシーバの家族には疎まれているとも知らずに・・・。
バーバラの愛猫ポーシャが死んだ時、ちょっとしたいざこざがあった。
友人が悲しみ、傷ついている時にそばにいるのが当然だと思うバーバラ。
しかしシーバにも家庭の都合がある。ペットの死をなぐさめることよりも重要な・・・

バーバラの怒りと失望は深かった。
たまたまその夜やってきた“使者”に言ってはいけなかった秘密を漏らす。
噂はたちまち広まり、シーバの家庭は崩壊。
少年の家族はもちろん、15歳と既婚の教師とのスキャンダルはマスコミにも騒ぎ立てられる。

やがてバーバラもいろんなことが重なり退職させられる。
バーバラがバラしたとは知らないシーバは、家を追い出されてバ?バラの元に転がり込んでくる。
1ヶ月間、ケンカをしながらも楽しい日々が続く。毎日ノートに貼る、金星シール・・・

しかしシーバはある日そのノートを発見してしまう。
彼女の妄想にまみれたノートを。
バーバラが帰宅すると、シーバは罵りながら彼女の頬をはたいた。もうすべてが終わりだった。

あるスキャンダル2

シーバには10ヶ月の実刑がくだる。
バーバラは、あのお気に入りの場所で、次の“親友”に声をかけていた・・・。


続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

クローザー3 #35

行き違った思い

ヒスパニック系ギャング集団“ES14”に所属する、17歳のジェシー・ロメロが殺された。
19歳のエンジェル・フローレスも一緒だった。
最近ではギャングがらみの事件が続いており、黒人グループ“ワンファイブ”の報復ではないかと思われた。

ロメロの従兄弟であるミゲル・トーレスは怒りを露にし、復讐に燃えていた。
父親カルロスの話によると、ミゲルは野球で奨学生になるほどの腕前だった。
しかし「警察の代わりに街を守る!」と“ES14”に入りたがっているという・・・。
ブレンダはサンチェスにミゲルを監視するように指示をするが、ついにギャングと接触。
ミゲルが持っていた銃が犯行に使われた銃だとわかる。

銃の登録証からそれは亡くなったジェシーの父親のものだとわかる。
のこされた母親ロザリーはカルロス・トーレスの妹だが、ヘロイン中毒で半日は朦朧としている。
そもそもブレンダは不思議に思っていた。
抗争ならなぜ敵が目の前に来るまで銃も出さなかったのか?
カルロスは息子は自分といた、とアリバイを主張した。
しかしアリバイがないのは父親も同じだった。

カルロスは夫を亡くした妹一家の面倒をずっと見てきてやっていた。
しかしジェシーはギャング団に入り、妹は薬漬け・・・。
その上息子をそそのかしてギャングに入れることは許せなかった。裏切りにも感じた。

そう思い込んだカルロスは、妹が潰れているすきに息子を呼び出し、射殺した。
予定外に一緒にいたエンジェルも殺すはめになった。

しかし実際は、ジェシーはミゲルをギャングから遠ざけようとしていたのだった。
ミゲルには年齢的に年をとってるから入れないと嘘を言って・・・。

「息子を守りたかっただけだ・・・。」 
父親の間違った思い込みにより、もはやミゲルの将来は大きく狂ってしまった。


続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

BAD LOVE #2 ?愛に溺れて?

十字架を背負って

はいはい、またまたお得意のギャンブルにあけくれるお母さんですよ?!
おまけに20億の分譲詐欺をやってたんですって。
スファンはインジョンと一緒になるために仕事も結婚も何もかも捨てようかという気になっていたが、
母親の愚行のせいで結局はインジョンを見捨てることに・・・。

そのインジョンはスファンの子どもをご懐妊!
音楽家に育てたんですもの、親はそれなりに金も使って大変だったはず。
母親はさすがに娘の愚痴を言うが、父親の寛容なこと・・・。
その態度の差が、まさか運命に関わる・・・?

カン会長は病で自分が長くないことを知り、いよいよスファンに会社を任せる。
まだインジョンを忘れられずにいたが、ジュランに子どもが欲しいとせがまれ?

妊娠を知った悪魔のジュランが、「アンタもアンタの子も一生監視してやるわよ?!」
と呪って言ってたけれど、インジョンは子どもを流産。
さらに無謀運転?で両親は交通事故。(またか!!)
治療費を捻出するために、自ら死んで保険金を得ようとするインジョンだったが・・・

5年後!!

はっはっはっ!!5年後だって!

インジョンのお母さんは亡くなっていた。
お父さんは療養所に入っているが、支払いが滞っている状態。

インジョンは生きていて、小さな漁村で飲食店を手伝っていた。
オジサンと、オジサンを慕うチャンスクとで助け合って生活している・・・。
インジョンは島の廃校を買い取って、そこを農園にし父親と暮らす予定だった。

ヨンギはNYから帰国。自殺したジョエンの遺灰を持って・・・。
島にやってきたヨンギは廃校の中にあるキム・ジョエンの木を見つめる。
そしてここを買い取って工事を始める。
インジョンは二重契約に怒り、ヨンギに契約金だけでも返してもらおうとするが・・・。

スファンとジュランとの間に子どもが生まれていた。娘のミソだ。
ジュランは子どもを持って、幾分落ち着いた様子・・・。
スファンは仕事を任され、会長も無視しいささかワンマン経営に・・・
依然、インジョンのことは忘れておらず、名前を聞いてもどきっとしてしまう。
友人で運転手をしているユン・ソッキョンには何もかもお見通しだった。

オジサンとヨンギは昔からの知り合いで、二人で酒を酌み交わす。
ヨンギは母親が死んだのも何もかも自分のせいだと嘆いた。
インジョンにとってはヨンギはえらそうで失礼な男に見えたが・・・

続きを読む

関連記事

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

BAD LOVE #1 ?愛に溺れて?

済州島での出会い

クォン・サンウが出るっていうんで、それだけで久しぶりの韓ドラ視聴・・・ネタバレです。

相変わらず、デタラメな展開です。・・・やってくれますね!
まずは袴田吉彦似のキム・ソンス演じるイ・スファンが、人事に不満でパソコンを投げつける・・・
カン・ヨンギ(クォン・サンウ)は感じの悪い女とエレベーターでいちゃちゃ。
ヨンギはカン会長の愛人の息子なんだけど、ヨンギが付き合ってる女ジョエンを良く思ってない。
ジョエンは人が来てもエレベーターを待たない嫌な性格なのに、ヨンギは愛してるんだって。

チェリストのナ・インジョンイ・ヨウォン)は金婚式の演奏に来ていて二人の男にバッタリ。
ひとりはヨンギで、空き缶をぶつけられふてぶてしい態度にむっとするが、
「カワイ子ちゃん」と言われまんざらでもない・・・。
もうひとりはスファン。義理の父である会長に、次のポストのお預けをくらって憤慨。
頭を冷やそうとなつかしの「巨大迷路」に入ったところインジョンと出会う。

もうね、驚くべき展開ですよ。
スファンはきちっとした身なりにフェミニストっぽく、インジョンは一目ぼれだったかもしれない。
でもスファンは?表情からはそれほどの愛情はわからなかったよー。
そして出た出た。韓国お得意の、教訓めいたセリフね。
「人生も迷路と同じ。」「深呼吸すればいい。」「心のままに生きよ・・・」などなど・・・
出会ったばかりの男女なのに、よくまあそんなセリフが・・・

そしていきなりスファンはインジョンをヨット・セイリングに誘うんですね。
普通、これを見たら仕事のウサを晴らしたいだけ・・・って思いませんかね?
ところが舵のトラブルでスファンがケガをして、手当てをしてやるところでもう大好きに。
「綺麗だ・・・。」なんて言ってキス。そして流れに任せ船室で次の段階へ・・・

それからデートを重ねる日々。・・いきなりのデートシーンの連続でしたから。
宝石店に向かう二人。スファンが買ってくれたのは緑のトップがついたネックレス。
指輪じゃなくて不満げなインジョン。それもそのはず、彼には指輪をあげられない理由が・・・
結婚してたんですね?!!

驚くよ、まったく!・・・でも彼の結婚は大企業の会長の娘だから?・・・という愛がないもの。
気持ちは全然なかったわけですよ。
で、この妻ジュランキム・ガヨン)がとんでもない頭・・・いや、とんでもない女で。
カッカして暴力的でまともじゃないわけ。病気?薬も飲んでるって言うじゃない?

スファンはす・・・っかりインジョンを愛してしまったけれど、結婚していることは言い出せない。
しかしインジョンが夢であった演奏家の道より自分を選ぼうとしているのを知って
ついに打ち明ける。・・・当然、泣き叫んで取り乱して泣くインジョン。すごいっす。
結果的に泣く泣く別れた二人だが・・・

プッツン妻ジュランは最近の夫の様子を不審に思う。
それしか考えることがないもんで、シッポをつかもうと家捜し・・・。
するとCDからすぐに浮気相手がわかる。まさに神業的。
練習場に押しかけ、殴る、蹴る。おまけにチェロは叩き壊し、弓で腕を殴り再起不能に?
ちょっとね?、異常ですよ。あそこまでやると。韓国ではありえることなの?
誰か止めるでしょう?・・・あんな大暴れしてるのに・・
腕を怪我して楽器が弾けなくなる・・・っていうのもお決まりですね?。

インジョンとスファンは二人ともお互いが忘れられず、抜け殻のようになる・・・。
ついに我慢できず会ってしまい、お互いの意思を確認し、「地獄まで行く・・・。」という覚悟を。
ところが・・・?


続きを読む

関連記事

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ミディアム3 #21

頭上の敵

先週からの続きです。あらすじはミディアムブログで。(手抜き)

ジョーのお父さん久々登場。(ジョーの夢の中で)
ジョーが「5人のうち2人生き残ったのはなぜだ?」と問う。
するとお父さんは平然と答える。
「戦時中は身近に“死”を感じて生きていた。死を考えても仕方ない。どう生きるかが大事だ。」
おまえは恵まれてる、悩むことじゃない・・・と諭してくれる。
アリソンにメール相手のことも話して無事和解?お互いに乗り越えよう・・・ということに。

弁護士が持ちかけてきた、会社に多額の賠償請求をする話。
ジョーは自分がIDを教えて犯人を会社に入れたこともあり、会社を訴えるのは気が引ける。
しかーし、会社側(保険屋)は先回りしてジョーに通常の4?5倍のボーナスと
“免責同意書”へのサインを要求してくる。
つまり、訴える気があるなら会社は辞めてもらうよ・・・ということ。
これにはジョーは憤慨。解雇の理由だって他にもいくらでもつけられるって・・・。
会社への不信感・・・どうするんでしょうね?似たような仕事に転職?
・・・にしても、ハイテクの携帯に喜び、アリソンにHなメールを送るぐらい
ジョーが回復してヨカッタヨカッタ・・・

一方、怪しさ満点だったデブラの化けの皮が・・・。
デヴァロスを執拗に攻撃していたP.D.マコールという記者だったというわけ。
“すげ替え犯”という言葉も命名。
3人目が殺され、4人目が自分自身だとアリソンに警告されたのにも動じず、
彼女のために霊能力のことを打ち明けたアリソンを記事に書くと言う。
ケーッ!!憎たらしいですね。
しかし4人目の犠牲者はデブラでなく、ホテルは同じだったけど別人だったらしい。
そこのところの謎が来週明かされる?犯人は誰だったのか?

ブリジーとマリーが“ザ・ディール”という番組に夢中。
するとアリソンはこの番組に出演する夢を見る。
アリソンが超ハイテンションで笑えました。
こんなことに能力が使えたら最高なんですけどね。(おいおい・・・)


関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

福岡 LK10回目

2008.9.24 005

やっと10回目きました♪ 10/245ですね・・・! 1ヶ月に1回って感じかなぁ??
俳優さんたちは毎日毎日、本当、お疲れ様です!それが仕事と言えどもです!
(私がキャスティングの立場だったら、数ヶ月も同じ役なんて怖くてさせられません!)

ああ?、いつも平日マチネはほぼ満席だったのに、今日は空席がありますね?・・・

まずラフィキが遠藤珠生さん。お初です。(ラフィキでは)
彼女、お写真で見る限りゴージャス系ですよね?
なんだか小猿・・・ってイメージではないんですけど!
歌もコミカルさも・・・良かったと思います。迫力ありました。
ただ・・・好みの問題かなぁ??私は鄭 雅美さんがすっごく好きだったので。
遠藤さん、歌上手いんですけど、カラオケで上手な人の歌を聴いてるような感じで
ちょっとラフィキって感じはしなかったなぁ?・・・
でも笑いはしっかりとってましたね。そんなに経ってないのになかなかの貫禄ですね。

ザズの井上隆司さんも舞台では初めて!(イベントでちらっと・・・)
岡崎さんが去って、ど?なんだろう・・・と思ったのですが、なんとまあ、自然なザズですね。
こんなに楽にセリフを言ってる人も四季では珍しくないですか?
ほとんどの人が開口を意識してか、カチカチした喋りですからね。
井上さんは実に力が入ってないような(いい意味で)聴きやすいセリフでした。
そして不思議と、パペットに目が行くんですよ?。
今までは岡崎さん本人ばっかり見てたわけではないんでしょうけど。
こちらも岡崎さんで笑ってなかった部分で笑いが起きてました。
私は、主張は少ないけど優しげで穏やかでいいなぁ?と思いましたよ。

スカーの川地啓友さん! いつぞやは、年賀状ありがとうございます!(笑)
・・・と言いましても、ずいぶん昔の福岡での会員向けサービスで・・・
申し込むと俳優さんどなたかから年賀状がくる・・・というもの!指定もアリ!
当時私は特にファンがいなかったのか、「どなたでも・・・」と言ったのでした。
スタッフさんが、「いいの??」って怪訝そうな顔をされたことを思い出します。
で、ありがたいことに川地さんから。部長サンクス!(笑)

川地スカーはすらっとかっこいいですね。声もすごく男前なんですよ。
セリフは迫力あったし、クリーンなワルって感じでした。
ただ・・・歌になると・・・あれっ!?村さんは別として、他のスカーの方より大人しめ?
あまり遊びもないし、淡々と歌われる感じなんですね。
おまけに今日はマイクトラブルがあって、どこから聞こえてるのかヘーンな具合。
全くの地声ではないのだけど、「音声変えてます」みたいな声でこっちがヒヤヒヤしました。
次の場面からは直ってましたけどね。残念でした。

内海さんはお疲れかなぁ??もう長いですよね?・・・
それにプライドロックでシンバに話すとき、どうしてあんなに硬い喋りなんだろう?・・・
「ッシンバ!」って呼びかけも力入ってるけど、結構ず?っと力入ってるんですよね。
聴いてるほうも結構キツイ・・・。で、歌は元気がなくて、後半はどんどんいい感じに・・・
父の威厳が必要だからですかね?。もう少し余裕な感じがあればいいと思うけど?
しかし連投本当にお疲れ様です!

ハイエナトリオはキムリュンホさんは帰ってきたのですが3枠で、エドが遠藤 剛さん。
“イッチャッテル”ようなレロレロ声のキム リュンホさんと違って、遠藤さんは普通かな?
フツウにおかしいハイエナ。ハイエナ3人はいつ見ても良いのです。
太田さんもずっと・・・福岡かなぁ??ありがとうございます?!大丈夫ですか??

山本道くんもついに代わって、沢樹陽聖さんに。
お母様もシティ劇場観劇はちょっと一休みかな?次はどこに・・・?
2枠と6枠のレイヨウですが、南晶人さんと元ヤングシンバの伊藤綾祐さん。
お二人とも良かったと思います?。オープニングも今までの方と遜色なく・・・
皆さん、あの難しいメロディー&歌詞をよく歌えますね!
一歩間違えばすごーく微妙なオンチに聞えますからね。
しかし二人ともフレッシュで、若い!って感じです。(笑)
全体に若いメンバーになったかな??開幕時なんてベテラン揃いでしたけど。
1枠の大辻賢吾さんもわりと新しい方なんですよね。
イベントで拝見したけど華があったような・・・かっこよさげで・・・
とにかく、私が持ってる開幕時のプログラムには載ってない人がいっぱーい!

回数では一番見ているヤングの福島くん。 今のメンバーでは一番安定してる?
ムファサの死ではもらい泣き・・・。
ダンスも踊れますしね。拍手もありました。(川原君のときはえっと・・・)

今日は初見の方が多く、帰り路を急ぐ人も多くて、カテコはアッサリでした。
こ・・・こんな雰囲気になっていたのか?・・・土日は違うんでしょうね・・・



続きを読む

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

ザ・イロモネア & ザ・テルヨシ

おもしろかったです!しっかし審査員、笑わないなぁ?!!神経通ってんの?(笑)

☆バナナマン
モノマネ・ショートコント・モノボケ・サイレント×

もう11回目の最多出演ですって!(笑)これで笑うだろう・・・っていうネタが安易な気がする。
モノボケの馬のかぶりものは反則なぐらいあれだけでオモロ。
設楽さんは何気に芸達者ですな!

☆狩野英孝
ショートコント×

「スタッフーッ!」シリーズに賭けてたんだろうけどな?
1回目クリアしていたらもうちょっといけたかも・・・いや無理かな・・・?(苦笑)

☆ハイキングウォーキング
ショートコント・一発ギャグ・モノマネ・サイレント・モノボケ×

Q太郎だけでもってる・・・ツッコミひどすぎませんかぁ??
中途半端にカッコイイし、喋りもうまくないし・・・モノボケはあまりに引き出しなくてひどかった!

☆ななめ45°
ショートコント・モノマネ・一発ギャグ×

ちょっと期待してたんだけどな?・・・というか、真ん中の人かろうじて記憶あるけど
右側の人だれ!?これも駅員さんの人だけに頼っちゃてる感じ。
個人的にはモノマネの「セックスアンドザアシティ」がツボでしたが・・・(笑)
男3人なのにあれをやっちゃうところがバカバカしくて・・・!

「スペシャルチャレンジャー」
☆アリケン(くりぃむしちゅー・有田哲平、ネプチューン・堀内健。テレビ東京)
モノマネ・ショートコント・モノボケ・サイレント・一発ギャグ×

おもしろかったですけどね?!最初からホリケンの悪ノリの予感がしてました。
有田はあんなことになり超気の毒でした。(芸人冥利?)

☆ハリセンボン
ショートコント・モノマネ・一発ギャグ×

「かわいい?!」「あんたたちよりはね!」・・・がまずかったのでしょうか?
ハリセンボンは毎回文句なくおもしろかったんだけどな?。
はるかちゃんのいつも同じトーンの喋りがついつい笑っちゃうんですよね。
勝手にCMシリーズはテンポがイマイチ・・・あれが特徴か・・おもしろかったんだけど残念。

☆インパルス
ショートコント・一発ギャグ・モノマネ・サイレント×

久しぶりだったみたいだけど、過去に2回100万とっていて、余裕の風格?アリ。
特に板倉さんはもうチャレンジ芸人とは違うな?と思いました。
スーツを着ると、堤下さんは服が苦しそう・・・(笑)なのにものすごい運動量でした・・・
気功師のやつ、好きだったけどな?!ゴロンゴロンゴロン!
なんで笑わないんだ?!!そりゃしつこく最後までやりたくなるよ・・・(笑)

☆柳原可奈子
ショートコント・モノマネ・モノボケ・一発ギャグ・サイレント×

おもしろいんだけど、いつも持ちネタで終わらす感じが嫌いだった・・・
だけど何、何!?あのエコ女の歌は!(笑)さらに捨て身のブリッジもよかったです。
靴下の穴を隠す女は、ちょっとマニアックすぎ?ニオイを嗅ぐ女のパクリっぽくもあり。
モノボケは毎回おもしろいですね?!ノベルティって、サイコー!!
しっかし彼女、腹黒いとまでは言わないけど、いい人柄には見えないんだなぁ?(苦笑)

☆超新塾
一発ギャグ・モノマネ・モノボケ・サイレント・ショートコント(100万円獲得)


車に轢かれた筋ケシがオモロ!「雨天決行だよ!ビシッ」は最高!
得意なショートコントを最後に持ってきたのが正解でしたね。
あれはいつもやってるネタ・・・ですよね?おもしろい!
「すごいののこしてた・・・」って山本晋也監督がヒゲをとって見せたけど、正直・・・
ファンは喜ぶかもだけど、あんまりひとりひとりに興味ないですから?・・・

☆たむらけんじ
モノボケ・一発ギャグ・ショートコント・モノマネ・サイレント×

きっついですよね?、みんな最初のネタでドカーンと笑いがくるのを想定してるんですから。
実際おもしろいんだけどなぁ?3人笑わないんですよね・・・
金メダルのやつとか満を持してって感じでしたけどね(笑)
一発ギャグであのネタ(チャー!)をやったのは彼のプライドでしょうか。(笑)
コントもひとりでそれらしいのちゃんとやってましたよね。
「バーミヤンと言いました。」がウケタ・・・。
最後サイレントもおもしろかったけどな・・・どれをパクるかと思いきや・・・(笑)
なんのかんの言って、我が家では評判よかったたむけんでした!

☆ザ・テルヨシ
一発ギャグ・ショートコント・モノマネ・サイレント・モノボケ×

司会の最中、ウッチャンがナンチャン見てもあまり目も合わせないのに、
ナンチャンはやっぱり相方なんだなぁ?愛を感じました(笑)
でも通行止めの武田鉄矢を先にやっちゃったのがイタかった!
モノボケでも余裕のはずだったんだけどな?・・・
真ん中のメガネが釣竿で笑っとけば・・・!!何ポカーンとしてるの!
でもやっぱりウッチャンはすごい?。声のハリ、動き・・・もちろん笑いも。
彼にとっては挑戦とか言うより、趣味のようなものだったんでしょう・・・
とれなかったのは誤算だったでしょうけど、
ウッチャンは違うレベルの人だということはわかった!
「笑う犬」楽しみです♪
関連記事

テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ザ・イロモネア

「天然コケッコー」 (2007・日本)

天然コケッコー天然コケッコー
(2007/12/21)
夏帆山下敦弘

商品詳細を見る


「天然コケコッコー」・・・だとずっと思っていた天然の私です・・・(笑)

ウチに原作があるっちゅうのに!

昔から“くらもちふさこ”先生大好きだっちゅーのに!

・・・と言ってもふとついてたWOWOWで軽い気持ちで観てたんですけどね?。
なかなかよかったです。
まず登場人物が、見事に原作のイメージ通りですね。

そよ役(夏帆)はもっとはっきりとした美女でもいいのでは??とも思ったけれど、
夏帆ちゃんは素朴でまっすぐな感じが出ていてよかったですね。

広海役(岡田将生)は実に理想的なキャスティング!
背が高くて都会的だし、無愛想なところもそのまんま。いいですね?。

6人の分校の子どもたちも似てる。
中でもそよの弟浩太郎役の森下翔梧くんがカワイイこと!
誰からもかわいがられ、愛されてる少年だと思うんだけど、こんな子だったんだろうな?って。
バレンタインデーの話なんて良かったですよね!

シゲちゃんも、現作では表情が怖くてKYでちょっと不気味なんだけど
廣末哲万さんってイメージ通りでした。


この山あいの田舎の風景の中で繰り広げられる、忘れられかけているような生活が
この映画の見所のひとつだと思うのですが、
自分の中ではそんなにかけ離れた世界ではないというか・・・
今となってはこういう風景も知っている・・・という感じなのですが、やっぱり懐かしい・・・
という気持ちでしょうかね?。

早朝、近所の子たちが集まって、上級生を先頭に学校までワイワイと歩いていく・・・。
国道を一直線に行けば10数分なのに、わざわざ40分ぐらいかけて裏道を歩いてた。
そんな情景を懐かしく思い出しました。

この映画での好きなシーンは、そよが広海のジャケットを欲しがるエピソードでしょうか。
好きな男の子の何かを身につける・・・これは女の子の夢なんじゃないかな?
第二ボタンをもらうのも然り・・・。
脱いである学ランを着てみたり、上靴を履いてみたり? (・・・は、ないか・・・)
そしてふわっと漂ってくる彼のニオイにまた感激する・・・
そよも言ってましたよね、「アンタのニオイがする。」って!

そよは天然で純粋なんで、この時はフツーに好みの上着が欲しい・・というのも
あったのでしょうが、これをきっかけに二人はファーストキスをするわけですから
やった後のそよの、なんでもないことのような素振りには驚かされます。
まあ?そこが、女女してなくていいんですけどね。
全体的に彼女のそういうラブラブ部分はストレートで淡白ですね。
そういう風に平然と装っていられるとしたら、意外にヤリ手かもしれません!(笑)

最後のキスシーンだって、男からしたらたまりませんよ!
まるで実験か何かみたいなんですもん・・・
しかしその後の、学校に別れを告げるときの、黒板にしたキスは・・・
めちゃくちゃ愛情がこもっていて笑いました。

それからラストシーンに向けて・・・びっくりしました!!
岡田くんの坊主頭を見て!!
泣きそうになりました・・・(泣きたかったのは本人でしょうけど・・・)
たった一瞬のために、潔い!!

行ける高校のひとつはおバカ校で、もうひとつはいい学校なんだけど校則が坊主・・・。
それが広海の「行きたくない」理由だったわけですよ。
そのはずだったんだけど、そよのストレートな望みに応える形で彼は“坊主”を選んだ。
似合ってましたよ・・・。
完成試写会の時の変わりようには軽くショックを受けましたが・・・

☆くらもちふさこ先生について☆

私は「マーガレット」派だったので、当時大ファンでした。

いつもポケット  「いつもポケットにショパン」・・・ね?!!名作!きしんちゃん!
いろはに「いろはにこんぺいと」「おしゃべり階段」・・・などなど・・・

くらもち先生の話って、すっごく日常的でリアルなんですね。
登場人物の男の子は体育会系ではなく文科系、スラリとしたクール派。
女の子は女っぽくなくサッパリとした天然系。不器用だが温かく、人柄はものすごく良い。
それから「いろはにこんぺいと」のくんちゃんのように、小さい子も出てきます。
「天然コケッコー」でもおもらしちゃうさっちゃんが出てきますね。
彼女がなついて世話をしてやるところが、主人公の温かい性格を表しているし、
さっちゃんが恋路の邪魔?みたいに思っちゃうところが、人間くささも表している。
十分善人なのに、良心の呵責を引き出したりね・・・切なさは満載だし・・・
そういうところウマイと思うんです。あんまりフツウの恋愛物にはないと思います。

とにかく、この映画でも胸キュン(死後?)させてもらいました。(笑)
二人合格して、電車の中で手をつなぎ合ってる場面・・・うらやましかったです!

くらもち先生の作品も、また読んでみたくなったな?!!

原画






関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

「トランスアメリカ」 (2005・米)

これは久々のHITです!(最近ハズレが多くて・・・) すばらしいっ!
フェリシティが賞を獲った時から観たかったんですよね?
笑えて泣けて・・・期待以上でした!!     ↓ネタバレですからっ!

トランスアメリカトランスアメリカ
(2007/01/27)
フェリシティ・ハフマンケヴィン・ゼガーズ

商品詳細を見る

ブリー・オズボーンフェリシティ・ハフマン)は皿洗いとテレマーケティングをしながら
ひっそりと最後の望み、性別適合手術の日を待っていた。

フェリシティ

ところが・・・一本の電話が彼(彼女)の運命を変える。
それはブリーが“スタンリー・シュパックだった頃に作った息子”からの電話だった。

息子という人物は窃盗でNYの留置場に入れられていた。
大学時代のたった一度の女性との関係・・・。その時できた子どもから今頃になって・・・
ブリーは今は自分が無事に手術を完了することで頭がいっぱい。
ややこしいことは避けたい。・・・しかし結局見過ごすこともできずNYへ向かう。

保釈金を払って息子だというトビーケヴィン・ゼガーズ)とご対面・・・。
それは17歳の美しい青年だった。自分が父親だとはさすがになかなか言い出せない。
トビーは母親は死に、男娼をして食べているという。3人部屋のアパートも劣悪な状況。
少しの金の援助で済まそうと思っていたブリーだったが、そうもいかなくなった。
彼の部屋に、母親と父親が一緒にいる写真が大事そうに貼ってあったのだ。
自分は教会から助けに来た・・・ということにし、二人で車でLAへ向かうことに。

トランス

道中、若者らしい乱暴な言葉遣いや振る舞いを、母親のような目線で注意するブリー。
途中よかれとトビーが生まれた町カリクーンに寄る。
今も義理の父親が住んでいると聞いたからだ。
あわよくば、そのまま預かってもらえるかも・・・という期待もあった。
しかしトビーが会うのを嫌がっていた理由がわかった。
義理の父はトビーが幼い頃から家のガレージで性的虐待を繰り返していたのだ。
そして母親は病死ではなくて自殺だったこともわかる。発見者はトビーだった・・・。

つらい思いを再びさせてしまったことで、トビーに申し訳なく思うブリー。
トビーの言うがまま、虫やヘビに囲まれ苦手な野宿をしつつも、いろんなことや
将来の夢まで語り合う。トビーは言った。「いい格好をしてオヤジに会うのが夢なんだ。」

共に時を過ごすうち、二人の仲はどんどん深まっていった。
ブリーの友だちがジェンダーの集まりを開いていた時も、決まり悪がっていたのは
ブリーのほう。トビーは意外にも寛容だった。
あんなにぶっきらぼうな態度だったトビーがふざけあって笑うほどになっていた。

しかし・・・彼は見てしまう。道端で立って用を足すブリーの姿を。

怒りと混乱から態度を豹変させるトビー。
人前でもブリーがもっとも傷つくような言葉を吐く。 「化け物!嘘つき!」
ブリーは、「クリスチャンではないけど、魂には何の曇りもないわ!」・・・というのがやっとだった。

ニューメキシコではブリーにすてきな出会いがある。
先住民の血を引くカルヴィングレアム・グリーン)だ。

トランスアメリカ 2


彼はブリーを女性として見てくれ、紳士的にふるまってくれた。
夜中に彼の弾くギターを聴きながら幸せな時間を過ごす。
親切に送ってくれた後、トビーには親友の形見だというカウボーイハットをくれる。

ブリーはついに故郷にたどりつく。家族は死んだと言っていたが健在だった。

トランス じじばば


豪邸に住んでいる成金趣味の両親と妹は、完全に女に変わろうとしているブリーを
当然温かくは迎えなかった。・・・しかしトビーに対しては別だった。
孫とわかった時の喜びよう!それは諦めていた望みの一つだったのだろう・・・。
思わぬサプライズに、トビーをまさに猫っかわいがり状態だった。

そんな母親の態度を見て、トビーはブリーがこの家でどんな風に育ったかを理解する。
そして別の感情も・・・。トビーは気持ちを告白する。「オレには本当のアンタが見えるよ・・・。」
さすがにここで、ブリーは本当のことを言う決心をする。
トビーが持っていた写真と同じ物をアルバムから見つけて見せる。
「このパパは・・・私よ・・・。」

また嘘だった。憧れていたまだ見ぬ父親は、目の前にいた。男ではなかった・・・
耐え切れずトビーは本当の父親を殴って出て行った。
警察に通報するが、本人の意思がないと連れ戻すことは難しいだろうと言われる。

傷心のままブリーは予定通りサンフランシスコに向かった。
夢にまで見た性別適合手術。今まで邪魔で忌み嫌い、悩みの種だった物との決別。
それは無事成功した。
喜んでいいはずだった。しかし今ブリーの心の中に占めているものは別のことだった。
友人のマーガレットエリザベス・ペーニャ)の胸で息子を思いひたすら泣いた。

体の傷が癒えるとともに、心も少しずつ落ち着いていった。
仕事も皿洗いから接客へ、前向きな気持ちになってきていた。
10年も通って投げ出した大学も、ちゃんと卒業して学位をとるつもりだった。
「そして教師になる・・・!」

そんな時、豪邸ではなく安アパートに訪ねて来たのはトビーだった。
現在は髪を金髪に染めポルノ男優として映画にも出るという・・・。
ブリーはきれいに仕立て直したあのカウボーイハットを息子に渡した。
二人の新たな生活が始まろうとしていた・・・。

続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

「エバン・オールマイティ」 (2007・米)

エバン・オールマイティエバン・オールマイティ
(2008/12/04)
スティーヴ・カレルモーガン・フリーマン

商品詳細を見る


もう、何これ!?

ファンタジーですなぁ?!! 私はダメだけど、心の美しい子どもは観ましょう!!
子ども、オススメです!かわいい動物たくさん出てくるよ?!迫力あるよ?!

 「ブルース・オールマイティ」は観たはずなのですが、全然印象にのこってない・・・。
キャスト以外、ストーリーが・・・

今回もお気に入りのスティーブ・カレルが主人公なんで期待したんですけどね。

☆映画史上最多・総勢177種の動物が登場
☆制作費にはコメディ映画史上最高額の約210億円
☆CG製作にILMスタッフ80名を投入した映像のクオリティの高さは圧巻。

・・・だそうですので、無駄にすごいです。 その点では贅沢に楽しめます!

ストーリーは奇想天外。

NYでキャスターをしていたエバン・バクスタースティーブ・カレル)が下院議員に当選し、
妻と息子3人でヴァージニア州のプレステージ・クレストという新興住宅地に引っ越してくる。
彼が掲げた公約は、「世界を変えよう!」
大きく出たものだ。むろん神にも手助けをお祈りするしかない・・・。

するとやたらと6:14という数字が何かの暗示のように現れ、
ついにはモーガン・フリーマン)がエバンの前に姿を見せる!

エバン1

彼は言う。 「箱舟を作りなさい。」

材料が届き、いつの間にか広大な土地を購入させられる。
立派な執務室を与えられ、有力者のチャック・ロング議員ジョン・グッドマン)から目をかけられ
重要な仕事を任されそうなところだったのに仕事そっちのけで箱舟造り。

エバン3

風貌は勝手に日々変わり、神や髭は伸び、最後には白髪になってノアそのものに!
妻のジョーンローレン・グレアム)は夫の変化をストレスのせいだと見守っていたが
それも限界がある・・・。3人の子どもたちは父親を信頼し、船造りを手伝う。
しかし5人で巨大な箱舟ができるわけがない。すると集まってくるのがつがいの動物たち。
完成を待ち望むように集まってきては、船造りをお手伝い。

エバン4


審判の日?9月22日を目前に舟は完成するが、ロング議員は解体を命じる。
エバンの側近たちが調べたところ、ロング議員は国有地にダムや住宅地を作っては
自然を破壊する代わりに金儲けをしていたのだ。

果たして本当に大雨が降って洪水が起きるのか?
動物たちは皆箱舟に乗り込んでいた。
暗雲立ち込め降り出した雨はすぐにやんでしまう。
しかし!ロング議員のでたらめ工事で作った“ロング湖貯水湖”が大決壊。
大波がプレステージ・クレストを襲い、本当に大洪水に!
慌てて箱舟に乗り込む人々。 舟は水の流れに乗ってものすごい勢いで流されていった。
舟が行き着いた先は・・・





続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ミディアム3 #20

頭脳プレイ

ウォルター・パクストンの妻殺しの裁判が大詰めを迎えていた。
借金までして賭け事に明け暮れていたウォルターは妻ナタリーに愛想を尽かされ、
離婚目前だった。婚前契約により、妻が死なない限り夫への財産分与はない・・・。

ナタリーは何者かに喉を切られ、頭は切断されてどこかへ持ち出されていた。
ウォルターは犯行時間に争っていた声が聞こえていたこと、犯行に使われていたナイフを
購入していたこと、荷物を持ってどこかへ出かけていたこと、3時間アリバイがないこと・・・
などからきわめて犯人である可能性が高かった。

デヴァロスはこれらの証拠をあげ、自信を持って最終弁論を終える。
ところがウォルターの弁護士が司法取引を申し出てくる。
第二級殺人で25年、12年後には仮釈放まで認める・・・という内容だった。
有罪は確信していたが、いかんせん状況証拠しかない状態。副市長は応じるべきと言う。
思い悩んでいると、アリソンが来て「そんなのは正義ではない!」とデヴァロスの背中を押す。
アリソンは何度も何度も犯行現場の夢を見ており、ウォルターの犯行を確信していたのだ。

そんな時、アリソンに接触してくる女がいた。
クスリのセールスをしているデブラだった。彼女は陽気でおしゃべり好き。
友だちが少ないアリソンは話し相手を探しているという彼女のペースにのまれてしまう。
ランチをしたり、夜にバーで会ったりしてアリソンも気を紛らす・・・。

陪審員の判決が出た。ウォルターは自己弁護もむなしく第一級殺人で有罪となった。
祝杯をあげるデヴァロスとアリソンたち。

ところが早朝スキャンロンからの電話で、夢で見たホテルへアリソンが駆けつけると
ベッドに頭のないラモーナ・ヘンズリーの死体があった。
そして彼女の頭の代わりに、ホルマリン漬けにされたナタリーの頭が!

状況は一変する。市民はウォルターを釈放しろと騒ぎ出しデヴァロスは非難の的に。
アリソンは自分の助言のせいだと申し訳ない気持ちでいっぱい・・・。
あの夢はナタリーが見せたヴィジョンだと思っていたが、後ろ向きで殺されたナタリーは
犯人の顔を見てはいない・・・。夫だと思い込んでいただけだったのか・・・。

やがてウォルターは釈放される。
その模様はテレビで流され、いつかアリソンが見た夢の内容と同じだった。

そしてついに3人目の被害者が・・・。
また頭部を切り取られていたが、身元は免許証で判明した。
「デブラ!」・・・それは夢だったがその写真を見てアリソンは飛び起きる。
隣にジョーの姿もなく、アリソンはひとり涙する・・・。


続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

クローザー3 #34

ツイてない人々

夜の駐車場で個人トレーナーをしているグレン・クーパーが絞殺体で見つかる。
現場でひとり奮闘するプロベンザ。
それもそのはず、殺人特捜班は全員朝から「WMD訓練」のため出払っていたのだ。
ブレンダは原因不明の熱・めまい・動悸に襲われ死体同様寝そべっている・・・。
そこへ訓練をとりやめて駆けつけてくる特捜班のメンバー。

犯人の顔を見た可能性のある駐車係のケニー・ウッズ
叔父の経営する駐車場で働かせてもらっていたが、どうも態度がおかしい。
自分で“トヨタ車コーナー”などを作るこだわり。頑固で短気。強迫性障害を持っていた。
彼を取り調べると自らが通報したのは確かだし、明らかに何かを知っていて怯えている。

クーパーの胃の中の物から食事していた店が特定され、同席していた金髪美女が
ルイス夫人であることがわかる。
ティファニー・ルイスはリッチで年配な夫の目を盗んでクーパーと浮気していたのだ。

ブレンダは具合が悪い中、捜査を終わらせるのが先決とがんばる・・・。
そして人手を奪われては困ると、オフィス内で対処理訓練をさせることを思いつく。
防護服を着て、会話もままならないまま、なんとか事件の捜査もさせることに。

ティファニーの夫、ルイス氏を取り調べる。
夫は妻の浮気を知ってショックを受ける。彼には当日のアリバイもあった。

すると通話記録からエリック・エリスという逮捕歴のある男が浮かび上がる。
エリックは犯行の日が25日の水曜日だとか、いったい殺されたのは誰だ?
などと意味不明なことを口走る。
ブレンダはケニーに確認してもらうためエリックの写真を撮る。

「夫に浮気のことを喋ったわね!」・・・と怒鳴り込んできたティファニー。
グレンと共謀して夫殺しをエリックに依頼した張本人だった。
しかし数字が苦手だという彼女、あろうことか日付を間違えて殺人依頼。
ろくに顔も確認しなかった殺し屋は頼まれた日時に殺人を実行。
グレンは自分が支払った殺人報酬で自分を殺してしまった・・・。

ケニーは写真を見てエリックが死んだと思って安心し「犯人はこいつだ。」と供述。
ところが彼が生きていると知ったケニーはパニックに、顔を合わせたマヌケな
エリックとティファニーらはお互いを見て怒り爆発。まさに大暴動、殴り合いのケンカに。
そこで訓練の出番だった・・・!




続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

クローザー3 #33

忘れられた人々

ある老人が車椅子の老人を「自分が殺した。」と自首して来た。
老人は人をくったような態度で自分の素性も明かさない。他に6人も殺しているという。
亡くなった老人を検視すると、毒殺だということがわかる。

被害者の老人はサマービュー老人ホームの入居者バーナード・キャプランで、
自首してきた男はドナルド・バクスターと判明した。
調べるとここ最近で6人の入居者が亡くなっており、皆同じ医師のサインで自然死ということになっていた。
その6人はいずれも家族の面会はなく、医療扶助が必要な孤独な老人ばかり・・・
バクスターの部屋を捜索すると毒物の本が出てくる。

しかしバクスターはここにきて「自分は殺してない。」と供述を覆す。
実は次々と友人が体調を崩して亡くなったため、ホーム側が何か毒でも飲ませているのではないかと警察に訴えていたのだ。
しかし人の話を聞かない老人の言うこと、妄想だろうと取り合ってくれない。
そこで今回は自分が犯人だと名乗り出たというわけだった。

6人の遺灰を調べたところ、いずれも中からヒ素が見つかった。
ブレンダはホエーリー支配人を呼んで取り調べる。
6人全員が第4週に死んでいることを指摘し、空室状況によって支配人に
ボーナスが支給されていたことを追及する。

するとホエーリーは悪びれることもなく関与を認めた。
「皆、死を望んでた。誰もが恩恵を受け取れる、価値ある死となったはず・・・。」
ホエーリーは安楽死をさせたつもりでいるが立派な第一級殺人だ。
ブレンダは「あなたも人によって人生を操作されればいい!」と冷たく言い放つのだった。




続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

ミディアム3 #19

凍ったダイヤモンド

あらすじはミディアム・ブログに書いてある通りなので・・・

なんだか今回“つづく・・・”となっていたし、すっきりしない話でした。

アリソンが感じた雪などの寒いイメージは、被害者が凍っていたことから受けたもの?
冒頭の、死体を見つけた家は犯人の家?

結局ですよ・・・ジェニーの姉ヘイリーはピーター・バーベラとダイヤ強盗をやった。
ピーターにはブライアンという息子がいたから不倫か?ただの仕事仲間?
そしてピーターはダイヤをヘイリーと分けるのが惜しくなって借りてた倉庫でヘイリーを殺す。
この直前、隠し場所のヒント「ブルズアイ」という言葉をジェニーの前で言う・・・。

ピーターはヘイリーを殺し、ダイヤを独り占めしたつもりだったが、
実はヘイリーは事前に察知していたのかダイヤをコンドームに入れて飲み込んでいた。
だからダイヤはガラスの偽物・・・。

ピーターはほどなくして別件で警察に捕まり8年も刑務所暮らし。
ダイヤのことは気になって仕方なかったことだろう。出所後のお楽しみってとこ?
倉庫はずっと借り続けていたわけだから当時は、誰かに払わせていたんだろう。
少なくとも息子ブライアンはジェニーと同じぐらいの年齢だったんだろうから。

ジェニーは頼りだった姉が戻ってこないので施設に入る。
不遇ながら一生懸命勉強して、奨学金で大学に行けるほど優秀な学生に。
誰もがすばらしい女の子だと思っていた。がしかーし・・・内面は悪魔だった・・・。

まず、ダイヤの存在を忘れてはいなかった。
姉がジェニーに見せていた時は、すでに偽物にすり替えていたんだろうが・・・
なぜか、ピーターに息子がいることを知り、息子に近づく。・・つうか歩いて15分の場所って・・・
そして恋人になり、倉庫の場所などを聞き出す。
「ブルズアイ」という言葉を頼りに、倉庫の中でダイヤを発見。
ついでにそこで姉の冷凍された死体も発見?

ブライアンをうまくたぶらかして、ブライアンの自宅に冷凍庫を運びこむ。
そして何の罪もないブライアンを殺す。遺書を作って自殺に見せかける。
死体はジェニー(自分自身)だということにして・・・。
自分は高飛びの準備。倉庫の鍵の始末をして荷物をまとめようと自宅に戻ると、
予想外にアリソンが家にやってきた!

アリソンはジェニーの“霊”だと思っていたが、実は生身のジェニーだったわけ。
ジェニーは思わずアリソンの首をしめ意識を失わせパスポートを持って逃亡。

メキシコに渡り、ダイヤを換金・・・
しようとしたら偽物とわかり、警察に通報される。

こんな流れですかねぇ??とんでもない女ですね。
なんとなく説明のない部分が多くて、頭で補足が必要な事件。


問題はジョーのほうでした!深刻です。
でも、そりゃそうでしょう?。前回の最後。ベッドでアリソンたちが安心していた様子、
ものすごく違和感あり、でしたもの。
目の前であんなことがあって、しかも親しい友人だったし、ジョーが不安定になるのは当然。
不条理も感じたでしょうねぇ?。絶対・・・はないんだって。
当たり前だと思っていたことが、覆される。犯罪ってそういうものでしょうからね。

そんなジョーが大変な時に、アリエルがご乱心。(苦笑)

いいお姉さんはどうしちゃった!?
1週間で1000ドルもとるキャンプに行きたいって。
友だちのハンナも家が特別裕福じゃないのに行くのにって・・・。
この辺のやりとりは日本の家庭でもありそうだな?って思いました。
ただ、その次の行動・・・親の引き出しから通帳を探し出して「自分の物でしょ!?」
って言うあたり、ちょっとやりすぎな感じがしました。
「どこに隠しても無駄よ・・・!」って。コワイ?・・・

確かにね、アリソンがいくらもらってるかわからないけれど、
ジョーは国家プロジェクトにも関わるような重要な仕事をしており、
アリソンも検事局で働いてるんだから、もうちょっとリッチでもいいかな?って思う・・・。
暮らしぶりは派手じゃないですよね・・・。
ジョーが言うように、子どもが3人もいるから節約してるのか、
時々予想外の出費がいったりするからか・・・(苦笑)

どちらにしても、ジョーが早く元気になって、アリエルが納得しますように・・・

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「セックス・アンド・マネー」 (2006・米)

セックス・アンド・マネーセックス・アンド・マネー
(2008/09/24)
ジェニファー・アニストンジョーン・キューザック

商品詳細を見る


これ、だめでしょう?・・・この邦題。
監督がニコール・ホロフセナー。「SEX AND THE CITY」の演出をしていたらしい。
だから?4人の女友達だから?「FRIENDS WITH MONEY」でいいじゃないですかね?。
ジェニファーつながりの“フレンズ”って入ってるし・・・(笑)

それにしても、この顔ぶれでジェニファーだけ浮いてませんか?
どう考えても同年代に見えないよ!

これは3組のリッチな40代夫婦と、ひとりもので失業中の女の話・・・。

オリビアジェニファー・アニストン)は1年前までは名門校の高校教師だった。
しかしちょっとしたことが耐えられず退職。今ではメイドをやって食いつないでる。
男運もなく、2ヶ月続いた不倫相手が忘れられず毎夜自宅にかける無言電話・・・。
肌の衰えは気になるが高級化粧品には手が出ない。
したがってデパートを渡り歩いて試供品を頂いてくる。(ちなみにその商品とはコレ!
見かねて友人が、インストラクターをしているマイクスコット・カーン)を紹介してくれる。
しかしこれがサイテーの男で、仕事場についてきてはせっかく稼いだわずかな金を要求される。
マイクにもメイドにも嫌気が差し、どうでもよくなった時に意外な出会いがあった。
それは独り暮らしでメイド料まで値切ってきた情けない男マーティボブ・スティーヴンソン)だった。
彼に誘われ半ば投げやりに付き合うと、これが息もピッタリ、話が合う!
さらに彼には思いもよらない秘密があって・・・・?

ジェーンフランシス・マクドーマンド)&アーロンサイモン・マクバーニー)の夫婦。
ジェーンは高級服のデザイナー。
彼女の服はお高く主婦に大人気だが、ジェーンは日々最高にイライラ・・・
駐車場やレジの横入りに我慢できず、目をつり上げて大騒ぎ。
身だしなみもどうでもよくなり、自分の髪さえ洗うのが面倒くさい。
そんな彼女だが夫アーロンは優しく、妻としても愛してくれる・・・
しかしアーロンは、趣味の良さや立ち振る舞いから、誰からも“ゲイ”に見られてしまう。
(本当は違うんだけど)そして新たな男友だちができて・・・

クリスティンキャサリン・キーナー)&デヴィッドジェイソン・アイザックス)の夫婦。
二人は脚本家。共同作業でセリフを作っていく。
家も妻の要望で増築の準備が進んでいるが、二人の仲は長いこと冷え切っている。
夫は妻に嫌気がさしていたが、妻は夫のそんな冷たい態度に傷つく日々。
しかし増築での隣人トラブルをきっかけに、ついに二人の関係に決着をつけることに。

フラニージョーン・キューザック)&マットグレッグ・ジャーマン)の夫婦。
子どもにも、寄付にも積極的にお金を使う、典型的な裕福な家庭。夫婦も円満。
フラニーはメイドやシッターを雇って悠々自適の暮らし。
金持ちの宿命とばかりにALS募金パーティに参加。友だちも誘う。
しかしいつの間にか持っていた上流意識は今までのような友だち関係を築くことも難しく?



続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

笑った?!ゆるキャラたち!!

TVチャンピオン ゆるキャラ王選手権をかる?い(ゆる?い?)気持ちで見ました。
「うたばん」と2画面にしていたけれど、あんまりおもしろいんでもうずっとゆるキャラのほうに!

応募数が100体以上もあって、それから20体にしぼったんですって!
選考したみうらじゅんが、3時間ほどかけた後、「真剣になるほどじゃないよね?!」
って言ったのがいきなり笑った。
で、当日はリリー・フランキーがゆる?く1時間も遅刻!(苦笑)

入場からうけますよ!もうゆるさ満載!おもしろいのあったわぁ?!
一番おもしろかったのが『ゆるキャラフットボール』!
たら丸率いるチームが強くてね?!ヒールチームみたいになってましたが。
でもディフェンスのい?ねくんコシロちゃんも負けてなくて体を張った守り!
いちいち安定感がなくてフラフラするからおかしくって・・・。

優勝はわたるくんでした。たら丸との因縁の対決となったけど、
たら丸が空気を読んで?今度はわたるくんに花を持たせて!!
いい勝負でしたよ?!

そうそう身近なところで唐津の唐ワンくん・・・注目しました。

唐ワンくん “どんたく”での唐ワン

なんですか、大人気キャラのひこにゃんと似てるってケチをつけられてたって?
全然違うじゃないですか?・・・

karawan ひこにゃん

ねっ!?

もう、ひこにゃんは別格!かわいすぎ!しかも自分の立場をわかってる!
仕草とかもかわいいし、応援したり拍手したり、いかにもアイドルって感じ。
着ぐるみもカンペキでしょう??
それに比べて手作り感アリアリの唐ワン・・・。
ひょろ?っと人間の形をしていて態度もやる気なさげ。っていうかかわいげなし。
ふてぶてしいっていうの?ま?そこがかえって他と違ってよかったかも。
イラストはなかなかかわいいんですけどね。着ぐるみになるとゆるさ100倍です。

他に気になったのが、コシロちゃん!我が家では大人気!

koshiro.jpg

このブヨブヨの体が格別にいい動きをしてましたよ?。
めっちゃ根性はありますしね!ぐい?んって倒れた頭を自分で持ち上げるところなんか・・・
私たちはコシロちゃんにMVPをあげたいですね!

体型的に不利そうだったのに、意外にがんばったのがい?ねくん

いーねくん 最初から最後までよくがんばってた!

一度見たら忘れない顔が、イガ☆グリオ。強烈。小学生が考えたって?

いが☆グリオ

落書きをそのまんま着ぐるみにしたみたい・・・。いや?目だってました。

他にインパクトを感じたのは、801ちゃんですな!

801ちゃん 右側

動きも軽快でなかなかよかったですよ?。
コシロちゃんもだけど、私のお気に入り、「21エモン」に出てくる宇宙人キャラに似てるんです。

・・・つうか、このゆるキャラ選手権・・・キャラのがんばりというより・・・結局は・・・
中の人のがんばりじゃないか!?
中の人が運動神経がいいとか、根性があるとか、おちゃめとか、おっとりとか・・・
しかしこういう着ぐるみに入りたいって、専門的に動きとか?勉強するところがあるらしいですね!


大笑いしてマッタリしましたが、TVチャンピオン、来週さらりと最終回って!?
和菓子職人で?そっかぁ?
毎週見てたわけではないけど、思い出もいろいろあるし寂しいですね!
関連記事

テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ボーン・アルティメイタム」 (2007・米)

ボーン・アルティメイタム (HD-DVD)ボーン・アルティメイタム (HD-DVD)
(2008/03/07)
ジョーン・アレンジュリア・スタイルズ

商品詳細を見る

記憶を失った元CIAの暗殺者ジェイソン・ボーンマット・デイモン)が活躍する大ヒット・シリーズの第3作。

ネタバレです。

ボーンはCIAベルリン支局の腐った局長アボットを自殺へと追いやり、
自分がかつて任務で殺したネスキー夫妻の娘に会い謝罪するためモスクワへ。
その後再び追っ手から逃げながら、フラッシュバックのように過去が蘇る・・・。
「計画遂行を誓うか?」 「できない。」 繰り返される拷問・・・

6週間後。
ボーンはパリを訪れ、亡くなったマリーの兄に彼女の死を告げ、守れなかったことを謝る。
「こうなると思っていた・・・。」 という彼に
「仕組んだやつを必ず見つけ出す。」と誓うのだった。

ヴァージニア州ラングレーCIA本部では長官のエズラ・クレイマースコット・グレン)が
重大な秘密を知りつつあるボーンを危険視していた。

CIAロンドン支部では“ブラックブライアー”というキーワードが探知され大騒動に。
その言葉を発したのは、ロンドン、ガーディアン紙の記者サイモン・ロス。パディ・コンシダイン
彼はイタリア、トレノで何者かに会って情報を仕入れたのだ。
情報源を知るためにCIAはロスを追う。電話傍受も尾行も完璧に準備された。

同じ頃、ボーンも新聞で自分の記事を目にする。
すぐさまロスにコンタクトをとる。「ウォータールー駅南口で会おう。」
ボーンは他の社員の電話を通して呼び出したため、CIAは傍受できず。

ウォータールー駅でボーンはプリペイド携帯を購入。ロスのポケットにしのばせる。
CIAもモビールを配置し、監視カメラを使ってロスを監視。
ボーンは携帯でロスに指示をしながらカメラと警備員を避けて見事に誘導。
ロスと対峙し、“ブラックブライアー”が“トレッド・ストーン計画”のアップグレイド名だと聞きだす。

ボーンは敵をひとりひとり倒していったが、一般人のロスは事の重大さに慌てる。
姿をカメラで捉えられ、CIAのノア・ヴォーゼンデヴィッド・ストラザーン)はボーンだと知る。
呼び出された殺し屋パズエドガー・ラミレス)は二人を狙う。
そして恐怖に駆られたロスは隠れ場所から飛び出し射殺されてしまう。

ボーンはスナイパーの顔を確認し、ロスの元へ駆け寄りすばやく所持品を手にする。
ネットカフェに入りメモから“シーウェル・マーベリー”を検索。
投資金融でマドリッド支店の住所が記してあった。

クレイマー長官の命令でパメラ・ランディジョーン・アレン)とトム・クローニンが加わる。
パメラはヴォーゼンに、混在する駅で一般人を狙撃したことを非難。
しかしヴォーゼンは平然としたもの・・・。

スペイン、マドリッド
サイモン・ロスが殺されたニュースを聞いて、金庫から資料と銃を取り出す男がいた。
男はタンジールに10万ドルを送金しモロッコへ向かった。
それはマドリッドの支局長ニール・ダニエルズで、ロスと接触した情報源だった。
銀行へ到着したボーンは中へ入り、ある写真を発見する。見覚えがある二人・・・。
やがてヴォーゼンが送りこんだ拉致班が乗り込んでくる。

そのひとりが、ベルリンから移ったニッキー・パーソンズジュリア・スタイルズ)だった。
ボーンがかつてフランスに居た時の仕事仲間。
ニッキーはボーンを見つめ、ヴォーゼンには嘘の報告をし二人でその場を去る。
警察へ通報したボーンにより通りは大混乱でCIAは二人を見失う。

パメラはヴォーゼンに“ブラックブライアー”について尋ねる。
それは暗殺工作などすべてを包括する作戦だという。いちいち許可なく行動を起こせるのだ。
ニール・ダニエルズは南ヨーロッパと北アフリカの作戦を取り仕切っていた。
つまりそれに関わる者の名前、日時、連絡網を熟知している。
ヴォーゼンは「それをボーンが入手して誰かに売ると困る。」と“ボーン殺害命令”の理由を述べたが
それは大義名分にすぎなかった。

モロッコ、タンジールに入国したダニエルズ。ボーンとニッキーは船で移動する。
殺しの任務メールを受け取ったデッシュジョーイ・アンサー)はベラスケスホテルへ向かう。
ホテルを知るためニッキーがデッシュを呼び出す。ボーンがバイクで後を追う。
ニッキーはアクセス記録からCIAに狙われることになる。
ヴォーゼンの殺害命令にパメラは「彼女を殺す権限はない!」と憤る。

bourne-ultimatum_2 4枚写真

ダニエルズは送金されたというメッセージを受けて車で外出。
しかしデッシュが仕掛けた爆弾により死亡する。
ボーンとニッキーは警察とデッシュに追われ、タンジールの街を逃げまわる。
長い追いかけっこは、ボーンがデッシュを絞め殺すことでようやく終わる・・・。

ボーン、バイク


パメラは“ブラックブライアー”が失敗した時に責任をとらせるために送り込まれていた。
しかしその計画に納得がいかないパメラは独自にボーンの任務記録を調べる。
そこにはボーンがボーンとなった場所や関わった人物の名前もあった。
それはボーンがもっとも知りたいことだった。

ニッキーは一緒に居たら危険だということで髪を黒く染めボーンと離れる。
ボーンはダニエルズの所持品を見せてもらいその中でNYのある住所を知る。

ボーンはG.ピエントという名でアメリカへ入国。
CIAのビルと向かい合うビルの中でパメラらの様子を監視。そして電話する。
パメラはボーンに、「あなたの本名はデヴィッド・ウェッブ。ミズーリ州ニクサ4・15・71生まれよ。」
と告げる。
ボーンは「少し休めよ・・・疲れた顔をしてる。」と言う。
驚いたパメラはボーンがすぐ近くにいることを知り外へ出る。
「チューダー・シティで10分後に会おう。」
当然この会話は盗聴されていた。ヴォーゼンはじめ、ほぼ全員が現地に向かう。

ところがボーンはそこにはいなかった。ヴォーゼンに彼のオフィスから電話しながら
金庫から重要書類を盗み出す。そして向かうは71丁目415番地。
パメラの言った生年月日は暗号だったのだ。

バスターミナルで屋上から車ごと落下しながらも、警察車を奪い激しいカーチェイス。
追ってくるのはロスを殺したパズだった。ボーンは彼を追い詰めたが殺さず立ち去る。

ボーンが71丁目415番地に到着するとパメラが待っていた。
ボーンはヴォーゼンから奪った書類を渡し決着はここでつけると宣言する。
そこはトレッド・ストーンの研究所で、主席医師のアルバート・ハーシュ博士アルバート・フィニー)がボーンを迎えた。

「何で俺を選んだ!?」というボーンにアルバートは「警告を聞いた上で君が志願したのだ。」と言う。
ウェッブ大尉は“国に仕えたい”一心で志願した。人の命を救えるものだと信じていた。
ところが・・・任務は人を救うどころか人殺しだった。
拒絶するボーンに不眠不休で拷問を与えながらダニエルズはウェッブの「行動修正」
を行った。そしてついにウェッブは覆面の男を射殺する。

何もかも思い出したボーンはアルバートに「殉職の栄誉は与えない。」と言いのこし立ち去る。
屋上でさっき見逃した殺し屋パズと再び対峙する。
パズは「なぜ俺を殺さなかった?」・・・と尋ねる。
それに対しボーンは悠然と答える。
「おまえこそなぜ俺を殺す?その行動は人間らしいと言えるのか?」

ボーンがビルから飛び降りた瞬間、ヴォーゼンの銃が放たれた。

パメラが送った書類によって、クレイマー長官は刑事追訴され関係機関のヴォーゼンらは逮捕された。

ニッキーはそのニュースを見入っていた。
ニュースはボーンの死体がイースト・リバーでまだ見つかっていないと告げた。
何かを確信したかのようにニヤリとするニッキーだった。


続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ミディアム3  #18

心霊相談室

LAに住むアリソンの弟マイケルは失業中の為ちょっとした娯楽兼小遣い稼ぎ。
電話での「心霊相談室」を開いていた。
ある日そのお得意様の一人、ターニャ・キングが電話してきた。
パリ旅行から戻ったら、夫のグレゴリーが死んでおり、犯人を捜して欲しいというのだ。

この殺人事件の捜査に関わることになったアリソンはマイケルに連絡を取る。
姉弟であること、霊能力があることは、知られないようにと念を押す。
すると早朝、マイケルがデュボア家を訪ねてくる。
キング夫人が旅費・滞在費を一切払ってくれるということになったのだ。
さらにホテル代、レンタカー代を浮かすためアリソンにお世話になろうというちゃっかりぶり。

二人でキング家に向かい殺害現場を検証する。
やり手セールスマンだったキング家は裕福そうで、息子ウェスリーはマイケルを
胡散くさそうに見ていた。

そこでアリソンはキング氏がソファで若い女といちゃついているヴィジョンを見てしまう。
一方マイケルは洗面所でキング氏そのもの(の霊)とご対面。
マイケルはキング氏から犯人の特徴を聞いて姉に報告する。

マイケルが言った情報でヘンリー・アロンゾという男が浮かび上がる。
彼は麻薬常習者であり住居侵入の前科もあった。
アロンゾはキング氏の家のダイヤを持っており、質屋に入れようとしたため決定的になる。
お手柄にマイケルもアリソンも心から喜ぶ・・・。

ところがアリソンが次に見た夢は様子が違った。
ソファで乗り気だった女は、飾ってある写真を見て血相を変える。
そしてキング氏を罵りながらナイフをかざす・・・。

マイケルはウェスリーに会いに行き、父親からのメッセージを伝える。
半信半疑だったウェスリーも、当事者しか知らない話をされ、神妙に受け取る。

アロンゾを取り調べると、宝石はある男がゴミ箱に捨てにきたのだという。
腑に落ちないアリソンがマイケルに夢で見た女の話をすると、マイケルは憤慨する。
霊能力に自信があるマイケルは、アリソンが自分に嫉妬しているのだと・・・

ところがマイケルはウェスリーの婚約者だと紹介されたモニカを見て驚く。
アリソンが夢で見た、キング氏の浮気相手だったのだ。

するとまたキング氏が現れる。
セールスで人々を説得し成功してきた自分だが、息子だけは聞かなかったと。
あの女に騙されている・・・と言っても息子は信じず、逆に女の「お父さんに誘惑された」
という言葉を鵜呑みにし、強盗に見せかけ殺したこと・・・
頼りないと思っていた息子が、偽装工作を見事にやってのけたこと・・・

そしてキング氏はマイケルにセールスマンらしく巧みに話を持ちかけてきた。
内緒にしてくれたらスペインにある隠し口座の34万9千ドルを渡すというのだ。
今のマイケルにその大金は喉から手が出るほど欲しいはず。
しかしマイケルは・・・



続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ゾディアック」 (2007・米)

ゾディアック 特別版ゾディアック 特別版
(2007/11/02)
ジェイク・ギレンホール.マーク・ラファロ.ロバート・ダウニーJr.アンソニー・エドワーズ

商品詳細を見る

久しぶりに録画している映画を観れました!
感想は書かなかったけれど、劇場で観た、「インディ・ジョーンズ」以来かな!?
あれは途中眠くなったりもしたのですが、ケイト・ブランシェットが良かったです!

おっと、ゾディアックの感想ですね。
振り返りながら・・・ネタバレ中心ですので観てない人はお気をつけください!

正直・・・途中で時間を見ました。 だって・・・ま?の?び?!!!

長いですよ・・・。淡々と・・・。時系列で丁寧に追っていくのはいいんですけどね・・・
映画なんですから、もうちょっと起伏があってもいいのでは?
しかも後半からやっとグレイスミスが活躍するんだけど、また繰り返し??・・・って感じなのです・・・
・・・これはこれで嫌いじゃないんですけどね。

いやぁ?・・・どれも・・・殺害シーンの怖いこと!!

冒頭、バレーホという街で、女が男を車で迎えに行くんですね。1969年7月4日のこと。
女は歯の矯正はしているけれど遊びなれてる感じのダーリーン・フェリン
男は7月というのに服を着こんでどこかウブで野暮ったいマイク・マゴー
当時流行ってたらしい“ミスター・エドズ・バーガー”がすごい行列だからって
女は人気のない空き地に車を停める。これからゆっくり話でもしましょうと・・・。

カップルが乗っている車は何かとひやかしに会う。
また1台の車が近づいてきた。女はその男を知っているかのように凝視していた。
怯えているようにも見える・・・。男は車から降りライトで照らしながら近寄ってきた。
そして次の瞬間、男は9ミリのルガーを二人に向かっていきなり発砲した。何発も何発も・・・。

女は死亡したが男は膝を撃たれただけで一命はとりとめた。
マイクは犯人、ゾディアックの顔を見た貴重な男。入院中も面通しをさせられる。
しかし彼は町を離れて行方不明になってしまう。
(彼に再び話を聞けたのは1991年なのだ!これはヒドイ!)

4週間後、サンフランシスコのクロニクル社に封書が届く。
時代に合わせたセットが雰囲気を出してます。そして郵便が届くまでの映像がなかなかよい。
ここでお待ちかねの人登場。ジェイク・ギレンホール演じるロバート・グレイスミスです。

ゾディアック ジェイクとロバート


彼は離婚して二人の子持ち。新聞の風刺画を書いている、いわゆる漫画家。
腕は認められてはいるが社内では変人扱い。仲間はずれ。明らかにズレているのだ・・・。

で、編集長宛てに“至急”とあって届いた手紙。
それはクリスマス、ハーマン湖で高校生の男女が殺された事件と
バレーホでの女性を殺した事件の犯行を告白する、犯人からの手紙だった。
中にはいろんな記号を交えて書いてある「暗号文」も入っていた。
犯人は他にも「タイムズ」「エグザミナー」にも同様の手紙を送りつけ、
掲載しないと大量殺人を犯す・・・と脅迫してきた。

暗号など

パズルが大好きなグレイスミスはその暗号文に興味を持ちアナグラムに挑戦。
(解いたひとつは、犯人が友人を中傷した文だった?)
最初の暗号文は高校教師をしているハーデン夫妻によって解読される。
犯人は暗号文については「素人」のようだったのだ。
後にグレイスミスが調べてわかったのだが、図書館でこの手の解読本が紛失していたという。
正式な手続きをしては足がつくので犯人が盗んだのだろうか・・・。

やがて2通目の手紙が届く。犯人は自ら“ゾディアック”と名乗っていた。
その手紙には殺人の詳細が記してあった。

1ヵ月半後の1969年9月27日ナパ
ブライアン・ハートネルセシリア・シェパードはベリエッサ湖に遊びに来ていた。
人気のない公園で二人がくつろいでいると一人の男が木の陰から近づいてくる。
これが第二の犯行場面。もう?、恐ろしいのなんのって・・・。
ゾディアックはフードをかぶり胸にトレードマークをつけた黒い服を着ていた。
男と女を後ろ手に縛った後、これで立ち去るかと安心させた瞬間、取り出したナイフで
グッサグッサとメッタざし・・・!男が刺されるのを横で見て悲鳴をあげる女・・・。コワイコワイ・・・
次に自分が同じ目にあうことは明白だ・・・。結果的にまた男は死ななかった。
男女が乗っていた車のドアには、今までの犯行を記したメモが書いてあった。

2週間後。1969年10月11日。サンフランシスコでは夜間外出禁止令が出された。
そのニュースが流れる中、ワシントン通りの交差点を通りかかったタクシーの中で
次の残酷な殺人が行われた。被害者は独身の男の運転手だった。
後部座席から不意に頭を一発・・・撃たれたのだ。
犯人が助手席に移り何かしているところをすぐ近くの家の子どもたちが目撃していた。

タクシー

警察に第一報が届けられるが、ここで受信者が大きなミスを犯す。
犯人情報が太めで短髪の白人男性・・・のところを、黒人と間違って報告してしまったのだ。
犯人ゾディアックが現場から立ち去る際、実は警官二人と遭遇している。
黒人と思い込んでいた警官は、犯人を目前にしてみすみす逃してしまったのだった。

マーク・ラファロ

ここでゾディアックと長い付き合いとなる刑事デイヴィット・トースキー(デイブ)の登場。
大好きなマーク・ラファロです♪・・・でもこの髪型嫌い・・・
相棒がウィリアム・アームストロング(ビル)
ERのマーク先生でお馴染みのアンソニー・エドワードです。
最初「そうかなあ?」と思ったんだけど、あまりに違って見えたので・・・髪があるからかな?

アンソニー・エドワード


ビルはいい相棒なのです。お調子者のデイブはビルにしょっちゅうビスケットをねだる・・・。
何か食べていたら必ずいただく。
(なぜかビルは有野、デイブは濱口だと思った!!(笑))
凶悪な連続殺人犯を追う仕事は、私生活を犠牲にし、過酷だった。
ゾディアックが手紙でスクールバスを狙うと予告したものだから、世間は大騒動となる。

ゾディアックという存在が世間で有名になってからは、“なりすまし”のような事件が相次ぐ。
弁護士のメルビン・ベリーがテレビ番組の中で電話で話した男も偽者だった。
このブライアン・コックス演じるベリー弁護士、なかなかの味を出していた。
「スタートレックでゴーゴン役を演じた」・・・という会話を入れるところがユニーク。

ここではまだ蚊帳の外って感じのグレイスミスが少しづつ親しくなるのが
記者のポール・エイブリー
ひとくせあるこの記者をひとくせあるロバート・ダウニーjrが演じます。
最初は売れっ子記者らしくユーモラスでオシャレな雰囲気なんだけど、だんだんにやつれてくる。
映画でも飲んだくれで危ない感じの男・・・。でも魅力がある役者なんだな?。
最初グレイスミスを変人扱いして自分に近寄らせもしないんですね。
初めて挨拶したのがグレイスミスが勤めて9ヶ月目の時だったから・・・徹底してる・・・(笑)。

エイブリーはゾディアックのことを調べるにつれ、本人から脅迫されたりして(ホモ呼ばわりのせい?)
クロニクル社も辞め、どんどん乱れた生活になっていくようです。
1966年のリバーサイドの女子学生殺害事件も彼の犯行ではないかと暴くんですけどね。
グレイスミスにも多大な影響を与えたポール。
彼もゾディアックに振り回された犠牲者の一人かも。2000年に肺気腫で亡くなったとのこと。

1970年3月22日。ゾディアックは母娘を車で誘拐し殺害しようとするが未遂に終わる。
これが映画の中での第4の犯行場面なんだけど、これまた怖かったです。
「今から君を殺すんだけど、その前に赤ん坊を放り投げる・・・・。」・・・なんてね。
まあ、助かってよかったですよね。母は強し。

グレイスミスはこの頃メラニークロエ・セヴィニー)と出会う。
彼女は一風変わったロバートにあきれながらも惹かれ、結婚し女の子をもうける。
しかし危険もかえりみずゾディアックにのめりこむ夫に結局は愛想をつかしてしまう・・・。
クロエは「ボーイズドントクライ」が印象深い。今回は・・・そこまでからみがなかった・・・。
後で思い出しても、ジェイクと夫婦らしい描写はなかったな?、なんて思う。

1971年7月26日トランスでついに重要な証言を得る。
ドン・チェイニーリー・アレンという男がゾディアックではないかと訴えたのだ。
彼はかつて隣に住んでおり、1968年の正月、人間狩りの話をしてゾディアックという
言葉を口にしたというのだ。当時リーはこどもにイタズラをして失業中だった。
本当なら重要参考人だが筆跡鑑定では結論が出ない。

1971年8月4日、デイブとビルとマラナックスで、ロデオにあるリーの職場を訪ねる。
ヤツは小太りで足をずりながらやって来た。
デイブは「この男だ。」と確信する。腕時計は母親にもらったという“ゾディアック”。
靴は殺害現場にのこされた足跡の、軍でしか買えない靴に似ている。
高校時代は「猟奇島」が愛読書で、血のついたナイフの話も何もかも怪しい。
しかしリーは言った。「俺はゾディアックじゃないし、もしそうでも言うはずがない・・・。」

捜査令状をとりたいところだったが、筆跡鑑定で別人だと出る。落胆するデイブたち。
鑑定人のシャーウッドを疑い、弟子に鑑定のやりなおしを頼んだりするが・・・
1972年9月14日、サンタロサのリーのトレーラーハウスを訪ねる。
留守だったが、ウィンドブレーカーや手袋の存在、銃にライフル・・・などが見つかり
リーがどこまでもクロに近いと思われた。

しかし指紋は出なかった。リーはシロということになる・・・。

ゾディアックの事件を元にした映画「ダーティ・ハリー」が公開される。
結末はハリーによる犯人の射殺。現実世界でも誰もがそう望んでいるのか?
依然としてゾディアックを捕まえられずにいる現実の警察にとって、この映画は観ていられない。

4年後。グレイスミスの席にはジェニングスアダム・ゴールドバーグ)が座る。
彼はちょっと曲者的・・・。
デイブの相棒ビルは、ついに詐欺課へ異動願いを出す。
ゾディアックを追う生活に疲れ果てたのだ。

10月11日、タクシー運転手が殺されたワシントン通りにグレイスミスが来ていた。
ゾディアックからはもう3年手紙は来ていなかった。
しかし彼のゾディアックへの興味は薄れることなくむしろ増していた。
ナーロウバレーホ署を訪ね、事件の資料に目を通し暗記する。

その中でボブ・ヴォーンの家を訪ねる時は、「羊たちの沈黙」なみに
恐ろしい思いをして観た。ポスターはワシが書いた・・・と聞いた時の恐怖!
大体、「地下室」は前から捜査ポイントだったはず。グレイスミスが無事でよかった。
最後のニヤリ顔はなんだったんだろう?共犯のように匂わしたけどそれ以上は触れず。

そして彼は重大な事実を手に入れる。
1969年、テレビ出演の件でベリー弁護士の家へ電話してきたゾディアックだったが
今日が誕生日だと家政婦に口を滑らしたというのだ。その日は12月18日。
まさにアーサー・リー・アレンの誕生日だった。

さらにバレーホの被害者ダーリーンの姉、リンダクレア・デュバル)に会いに行く。
ダーリーンの男関係のことを聞くと、当時周りに「リー」と呼ばれていた男がいたことがわかる。
自宅は目と鼻の先・・・。彼はやはりダーリーンを知っていたのだ。

1978年、久しぶりにゾディアックから手紙が届く。
しかしこれがトースキーの偽造ではないかと疑われ、彼は殺人課をおわれる。
(後に潔白は証明される。)

グレイスミスのもとへは謎の無言電話がかかってきていた。(これはリー死亡後やむ。)
1980年、メラニーとは離婚する。
1983年12月30日、リーの働く店へ行き、グレイスミスは彼の目をじっと見る。
SBのお父さんじゃないけど、「目を見ればわかる!」・・・と言ったところか。

その後1986年にベストセラーとなる“ゾディアック”を出版する。

1991年オンタリオ。行方不明だったマイクが見つかり、改めて写真を見てもらう。
数人の顔写真の中に、彼を襲ったゾディアックはいるのか・・・。
マイクはリーの顔を指差した。正確さは「10点中8点以上」だと彼は言った。
年月がこんなに経っていなければ、10点になっていたかどうか・・・。

しかし2004年のDNA鑑定ではリーをゾディアックとする証拠は出なかった・・・。

そして第一容疑者であるアーサー・リー・アレンは心臓発作で他界してしまう。





続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

クローザー3 #32 

身勝手な欲望

8歳のルビー・ウィリアムズが下校中に行方不明になった。
ルビーは成績優秀でバイオリンも得意なかわいい黒人の女の子だった。
ロスの閑静な住宅街は、特捜班他、他署、FBIも駆けつけ大騒ぎになっていた。

目撃証言や交通カメラの映像から、怪しい青いバンが浮かび上がる。
そのナンバーから、持ち主はロジャー・スティンプルだとわかる。
ロジャーは性犯罪で仮出所中の男。路地裏でルビーの上着も見つかり嫌な予感が走る。
自宅を突き止め逮捕する。警察犬がバンの中にルビーがいた証拠を示していた・・・。

取調べではブレンダが彼に同情を見せつつうまい具合に話を聞きだそうとしていた。
彼は3週間前造園業をクビになり、母親からは見放された・・・と涙ぐんだ。
次の言葉を固唾を飲んで見守っていると、彼は態度を急変、ルビーについてはしらばっくれた。
そして感情的になるガブリエルにロジャーは弁護士を要求するのだった。

ブレンダが席をはずし、ガブリエルとロジャーは二人きりになった。
ガブリエルの気持ちを知った上で、ロジャーは「黒人は早熟だ・・・」と侮辱をこめて挑発する。
ガブリエルは我慢できずロジャーに歩み寄る・・・それを見ていたプロベンザは
この先起こることを察知して、バズに録画を止めるように言う・・・。

ルビーを車から降ろした場所を告白したロジャー。
ブレンダとガブリエルは祈るような気持ちで公園へ向かう。
しかしルビーは警察犬によって無残な遺体で見つかったのだった・・・。

署に戻ってロジャーの殴られた顔を見て驚くブレンダ。
暴力で引き出した証言は無効となる。何よりガブリエルのやったことは許せなかった。
ブレンダはとりあえず自宅謹慎を言いつけ、ガブリエルの処遇に悩む。
恋人のダニエルズはブレンダに直々に「クビにしないで。」と頼みに来る。
ロジャーについてはテイラーが勧めるように、強盗殺人課に預けることにする。

ところがテイラーはロジャーを性犯罪者とバラした上で雑居房にいれたため、
囚人からボコボコにされてしまった。
これでガブリエルの暴力はうやむやになりそうだったが、ロジャーが証言する恐れは
大いにあり、弁護士も黙ってないだろう。

ブレンダはまたロジャーに親身になるふりをして供述をとろうとする。
一度は出任せを言っていたロジャーだったが、鋭い態度でブレンダに指摘されると
ポツリポツリと本当のことを話し出した。
それはおぞましい告白だったが、ブレンダはすべてを聞き出すまでは理解あるふりを通した。
すると9歳と11歳の失踪事件も犯行を自供した。

ロジャーは再び雑居房に入れられることを恐れ、拘置所で自殺を図った。
掌に母親への謝罪の言葉を書いて・・・。

これで裁判はなくなり、ガブリエルの罪を知る者はいなくなった。
しかしブレンダはガブリエルの処罰をもう決めていた。
10日間の停職、無給と謝罪文・・・
憮然とした態度で銃とバッジを渡すガブリエルだった。







続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: