広告
Singin' in the Rain 2008年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラザーズ&シスターズ #1

帰郷

キティ

キティ(キャリスタ・フロックハート)は3年ぶりにLAの実家に帰ってくる。
NYでラジオのパーソナリティをしていた彼女は、LAのTV局から仕事の依頼を受けたのだ。
レーガンを尊敬する彼女の・・・保守的な発言がおもしろいとされての抜擢だった。

久しぶりに帰って来る次女のキティに両親・兄弟5人を含む大家族は大騒ぎ。
それもそのはず、母親のノラ(サリー・フィールド)とキティは険悪な仲だったのだ・・・。
二人を腫れ物のように接する家族。本人たちはまともな会話もしようとしない。

父ウィリアム(トム・スケリット)はオーハイ食品の経営者。
ソール(ロン・リフキン)はノラの兄で会社では財政管理を担当していた。

長女のサラ(レイチェル・グリフィス)はペイジとクーパーという二人の子どもの母。
大学院でMBAをとり大企業に勤めていたが家族との時間が欲しい為父の会社に転職した。
夫ジョーとはセックスレスの悩みがありカウンセリングを受けている。

長男のトミー(バルサザール・ゲティ)は父の元で実質会社を動かしている良識人。
妻はジュリア。

次男ケヴィン(マシュー・リス)は弁護士として独立。
ゲイということを公表しているが恋人を家族に紹介した事はない・・・。

三男のジャスティン(デイヴ・アナブル)はキティと仲がよいが、アフガニスタンからの
帰還兵で心にトラウマを抱え定職もつかず荒れた生活を送っている。

キティの恋人ジョナサン(マシュー・セトル)はファンドマネージャーをしており、何もかも
揃ったいい男。キティはそんな男から「NYで家庭を持とう。」とプロポーズされる。
キティはTV番組で共演するウォーレン(ジョシュ・ホプキンス)が意外にも感じが良く
番組に乗り気になっていたため、彼とNYで暮らすことには「NO」を出す。

会社は経営難に陥っていた。サラが不審に思って調べると、あるはずの資金はなく、
謎の口座があることがわかる。財政担当の伯父を問いただしても何かを知っているようだが
答えは返って来ない。

ジャスティンは父親と親しげに話している女性の存在に気付き不審に思う。
彼女はホリー(パトリシア・ウェティグ)といい、父親とは長い付き合いの友人だという。
父の薦めでレストランに勤めるようになるが・・・。

避けていたノラとキティはついに腹を割って話す。
二人は政治的信条もまるで意見が合わなかったが、ノラの怒りはジャスティン
を戦場に送ったことだった。
キティは当時ジャスティンに「入隊は誇りだ。」と後押しするようなことを言ったのだ。

ノラ

「ママは私を愛せない。」

キティから思わず飛び出した絶望と怒りの混じった本音だった。
しかしノラは皆で囲んだ夕食の席で、「(キティを)38年間ずっと愛していた。」とスピーチ。
「家に帰って来て・・・。」とも言った。
二人の間に和解はなるのか・・・。

そんな幸せな家族団らんの夜、悲劇は起こった。




続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

デスパレートな妻たち3 「第17話」

素顔のままで

イアンの両親が婚約を祝ってスーザンに会いにくることになった。
粗忽者のスーザンのこと、何かやらかしはしないかとイアンは気が気ではない。
案の定、母親のブラウスを何枚も犠牲にしドジ全開。
ところが母親が一番気になったのは、スーザンが前の夫の浮気に怒って慰謝料をがっぽり
とって離婚した・・・という事実だった。
イアンともし離婚した際に代々受け継がれてきた遺産まで奪われてはたまらない・・・と
スーザンに婚前契約書をつきつける。スーザンは信頼されてないようで納得いかない。
・・・そこでスーザンはイアンのお父さんを味方につける。
お母さんは浮気だと思っていたが、彼には女装の趣味があることを知ってしまったのだ。

洋服と靴が「命」のガブリエル。どれもこれも愛着ある物ばかり・・・。
ところが温水器の故障で水が漏れクローゼットは水浸しに!
普段はうっとおしいビクターだったが、こんな時はおねだりするしかない・・・。
家にお邪魔した際、奥さんのクローゼットを覗いてビックリ。
どれもこれも極上の品で自分の好み、サイズともピッタリなのだ。狂喜乱舞するガブリエル。
ロータリークラブの表彰パーティでどれかを着たいガブリエルだったが
ビクターには「妻の物で預かっているだけだから・・・。」と断られてしまう。
諦めきれないガブリエルはトイレを借りると言って家に入り、
目に付いた服を手当たり次第持ってきてしまう。
いそいそとその一着をパーティに着て行ったガブリエルは、運悪く元奥さんにバッタリ。
一点ものの服はすぐにばれ、身ぐるみはがれることに・・・。
ビクターも殴られひどい目にあったが、結婚での自分の失敗を潔く認め、元妻に対する
懺悔の言葉を漏らすビクターを見て、初めて彼を見直すのだった。

リネットにはどうしても譲れない事があった。
それは店のユニフォームだ。Tシャツの・・・チーズ系オレンジが我慢できないのだ。
断固として着るのを拒み、なんとか従業員も抱き込もうとするが失敗。
トムもここはボスとして譲れない。忙しさで話し合いの時間もない二人は喧嘩別れ。
家に帰って来てしまったリネットはスーザンやガブリエルと話しながら、
直接トムに会って話をつけよう・・・と店に戻る。・・・するとトムは椎間板ヘルニアの発作
で気を失って倒れていた。
診断結果は数ヶ月は安静にしておかなければいけないとのこと・・・。
リネットは覚悟したようにオレンジのTシャツを引っ張り出し袖を通した。

イーディは男と3週間ご無沙汰。これは彼女にしては限界だった。
渇きを癒す相手を探していると・・・我が子と遊んでいるカルロスに白羽の矢が当たる。
トラバースを使って家に招きいれたイーディ。準備は万端でカルロスを誘惑。
・・・ところがカルロスは「自分は真剣に付き合える人を探している。」
「君は男を釣るためにこどもをエサにするような女だ・・・。」
本当のことを言われてグサリと胸にこたえたイーディは黙ってカルロスを帰す。
ところが・・・。悪いと思ったカルロスから花束とカードが届く。
するとイーディは俄然元気に。「素の私を見て欲しい・・・。」と、カルロスの目の前で
生まれたままの姿に・・・。



続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

アメージング・レース ASIA #1

ダイチ&サワカ

アジア各国から選び抜かれた10組の個性豊かなチームがシンガポールに集まった!
応募者2500人から選ばれた精鋭たちだ。
優勝賞金10万USドルを手にするのはどのチームだ!?

出場者はシンガポール川からリバーボートに乗って颯爽と登場。
番組ホストであるアラン・ウーのかけ声と共に、レースはスタート!
クルーが置いてある自分の荷物のところに突進する。

最初の課題は、「写真と同じ土産品を載せたタクシーを探せ!」

アジア文明博物館の半径300m以内の車のどれかに土産品が載っているはずだ。
博物館の位置もあやふやな状態でみんなピリピリして探す。
該当のタクシーを無事見つけたらクルーが渡される。

次の目的地はマウント・フェーバーにあるマー・ライオンだ。

次々と自分のタクシーを見つける中、ヘンリーとテリーは見つからず大苦戦。
同じくエドウィン&モニカも荷物を持つの持たないので早くも言い争い。

最初に像に着いたのはパメラ&ヴァネッサ。エイドリアン&コリン、マーク&ロヴィルソン
、ソフィー&オーレリアも続く。
置いてあった携帯のGPS機能を使い、タクシーを次の目的地へ案内する。

続いて5番目が車の中で精神統一をしていたダイアン&アン、そしてブレット&キナー、
ナターシャ&ポーラ、ダイチ&サワカと続く。
ダイチはクルーをとろうと出した手を遠慮して引っ込める気の弱さ!?

GPSのアナウンスに従って、順調に進む。
着いたところはサンテック・シティ
ここでは「分かれ道」 ケーブルOR階段だ。

ASIA.jpg

ケーブルは45階建てのビル、タワー3からタワー4へケーブルを伝って渡るもの。
高さは181mもある。一人が渡っている時もう一人はケーブルを引っぱって加勢?
クルーを先にとったダイチ組は6番目になるが、高所恐怖症のダイチは目を開けられず
大苦戦。

次の目的地はフィリピンの首都マニラ。「アジア・プロムナード・パーク」だ。

一番に渡り終えたマークたちは故郷に行くと知って大喜び。空港へ急ぐ。
ヘンリー組とエドウィン組以外は皆同じ便で、2400km離れたマニラへ。
マニラへ着いたらすぐにタクシーへ。天気は熱帯らしくどしゃ降り・・・。
さすが地元の利、一番にクルーの場所まで辿り着いたのはマーク組。
パメラ組、ダイアン組、エイドリアン組が続く。
タクシーを待たせていたチームはその車に、ダイアン組はタクシーを譲ってもらう図太さ。

次の課題は「ミランダ広場にあるバロットの屋台を探し、バロット8個を二人で完食せよ。」


バロットとは・・・孵化直前のアヒルの卵で・・・くちばしや羽毛があったりする・・・。

バロット

滋養強壮によいとされている食べものである・・・がどうにもグロテスクである!!

最初に完食したのがパメラ&ヴァネッサ。
中間ゴール地点サンチャゴ要塞に向かう。
続いてマーク&ロヴィルソン、エイドリアン&コリン、ダイアン&アン、ブレット&キナー
がクリア。ソフィー&オーレリアは喋りながらもクリア、ナターシャ&ポーラは地元の人を
応援につけてなんとかクリア、屋台を探せず遅れたダイチ&サワカが続く。
エイドリアン、ダイチが乗ったタクシーは迷ってしまい順位に変動が・・・?
遅れをとった2チーム、脱落するのは?


続きを読む

関連記事

テーマ : オススメ!番組!!
ジャンル : テレビ・ラジオ

アグリー・ベティ 「第17話」

母の決断

ダニエルはフェイ殺しを告白しようとする母をグランド・リージェントに閉じ込める。
しかし証言を得ようとするグレースと勝手に会ったりして困らせる。

ウィルミナはダニエルが「キャサリン・マランドリーノ」の服をグレースに贈っていることを
知り、二人が付き合っていることを知る。
マイクを偵察に行かせ、二人のいちゃつく現場を録画、それをアレクシスに見せる。
ダニエルの裏切りを感じたアレクシスはベッドにいる二人の元へ乗り込む。
ミード家のゴタゴタに愛想つかしたグレースは、「弁護士よりもカウンセラーが必要よ!」
と去っていった。

チャーリーから誕生パーティに誘われたベティ。
気が進まなかったが、クリスティーナの助言もあって歯科医のファーカスに声をかける。
ベティのヘンリーの前でのぎくしゃくした態度は誰が見ても変。
ファーカスは行く先々で‘ベティが好きなヘンリー’と間違われて困惑。

ベティはクレアから法人カードを持ってくるように言われる。
「自分はいない方がいい・・・。」と国外逃亡をはかろうとするクレアを自宅に引き止め
「逃げても何の解決にもならない。」と諭す。
クレアは自首する決心をし、クイーンズは警察と報道陣で大騒ぎとなった。




続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「2番目のキス」 (2005・米)

amazon.jpg


人気教師ベンジミー・ファロン)はこまっしゃくれた子どもたちを連れて社会科見学に
訪れた。その会社でバリバリ働く女性がリンジードリュー・バリモア)だった。
ベンもリンジーも初対面のお互いの印象はいい感じ・・・。
子どもにそそのかされたこともあって、ベンはリンジーにデートを申し込む。

ベンは今までリンジーが付き合ってきた男たちとはちょっと違っていた。
自然体でユーモアがあり優しい・・・。彼女の女友達の評価も上々。
しかし友だちのロビンが言った。 「彼みたいな人が独身なのはおかしい!」
「彼にはきっと何か隠している秘密があるはず!!」・・・不安になるリンジー。

そう・・・彼は・・・

熱狂的なレッド・ソックスファンだったのだ!


そのぐらい・・・と最初思ったリンジー。
その情熱をいつか自分に傾けてくれればいい・・・。ところが開幕戦が近づくにつれ
彼にとって最優先が何なのか?・・・を知ることになる。自分は2番目!?

2番目のキス スタジアム

ベンの特等席は伯父がのこしてくれた絶好の位置のシーズンシートだった。
そこには夏の間だけ顔を合わせる「夏の家族」もいた。
リンジーはなんとかベンとの楽しい時間を作るため昇進を前にしても努力していた。
野球の勉強をしたり、忙しい仕事の都合を付けて一緒に観戦をしたり。
観戦の後は朝まで濃密な時間をベッドで過ごした。しばらくはうまくいっていた。
しかし・・・妊娠疑惑、パリへの出張、史上最高の試合の見逃し・・・
いろんな事件が重なり二人に危機が訪れる。

リーグ優勝の行方と共に、二人の恋もどう展開するのか・・・!?




続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

アメージング・レース5 #13 (最終回)

いよいよ最後の決戦。 
AM3:16、前回1位だったブランドン&ニコールが出発。3:40、3:46と続けて
のこり2チームもエルニドの波止場に着く。航空券を予約してみんなで6:30まで待つ。

次の国はカナダ、カルガリー。13000kmの移動だ。
到着してからはタクシーに乗り込みカルガリーを目指す。フィリピンからいきなりの温度差。
コリンとブランドンたちはゴンドラの中で着替える。

ゴンドラを降りてルックアウトマウンテンを300m登る。
空気が薄く、女性にはきつい。少しリードしていたクリスティもニコールもばてる。
お互いに独特の励まし合いをしながら、ようやく大陸分水嶺に到着。
キムは登る前は弱音を吐いていたが、実際はチップを大きく引き離してリード。

山を降りて車に乗り、次は130km離れたカナダ・オリンピック公園の中の
オリンピック聖火台へ。

ここは「分かれ道」 リュージュか自転車だ。
コリンたちはリュージュに挑戦。時速65kmにもなるリュージュに乗ってコースを走り
34秒以内に滑ればOK。
コリンは「最高だぜ!快感だ!」・・・と雄たけびをあげながら楽しむ。
タイムは見事30秒41。

マウンテンバイクに挑戦したブランドンとニコール。
スキーコースを下るがニコールは自転車を操作できず、制限時間3分をオーバーしてしまう。
泣いてへたりこんでしまうニコールを背負ってリュージュに切り替える。

リュージュは難なくクリア。タイム30秒26。
移動中マウンテンバイクにしたブランドンをニコールが非難・・・。険悪ムードに。

チップはキムが念願だったリュージュに挑戦。
しかし体重が重くてバランスがとれないのか何度も転倒。
コツを聞いてなんとクリアする。タイムは32秒99。

カルガリー国際空港に向かい、次の目的地、テキサス州ダラスへ。
コリンとブランドンは一番早い便、848便を予約し余裕たっぷり。
不要な荷物を預け、コリンはダラスに着いてからの速いタクシーまで予約する。

だいぶ遅れをとって空港に到着したチップたち。
少しでも早い便を・・・と予約していると驚いた情報が!
コリンたちが予約した便は2時間の遅延だというのだ。
みんな一緒の便に乗るつもりだったメンバー。チップたちはひと足早くチェックイン。
ブランドンとコリンは遅延を知り呆然・・・。必死で手配しなんとかチップと同じ便に
乗れたが、デンバーからはチップたちより20分も到着の遅い便になってしまった。
預けた荷物が皮肉にも命取りになってしまった。

到着後、ストックヤード地区までタクシーで行く。
ここでは巨大迷路で課題をこなす。1番目の箱で写真をとり、2番目の箱から鍵をとって
クルーの入ったガラスケースを開ける。
チップたちは要領が悪くもたつぐがクリア。

いよいよ最終ゴール地点、トラメル・クロウ・レイク・パークを目指す。

速いタクシーを頼んでおいたコリンたち。ブランドンを大きく引き離し迷路も鉄則を
守りながらすばやくクリア。
後は車で追いかけるだけ。まだまだ希望がもてていた。
「路肩でも走れ!!」コリンは叫んでいた。





続きを読む

関連記事

テーマ : オススメ!番組!!
ジャンル : テレビ・ラジオ

アメージング・レース5 #12 

フィリピン、マニラ。 
ローマ法王をお迎えする為に作られた、ここ「ココナッツ・パレス」

AM3:46、前回1位だったチップ&キムがスタート。
コリンたちは気前のいい旅行客に資金を援助してもらう。
タクシーで移動し、ルネタ公園内の「ホセ・リサール記念像」にあるクルーを手に入れる。

次の目的地はパラワン島エルニド

そこまではチャーター便で移動。
第一便の10:45発の飛行機にはチップ&キム、ブランドン&ニコールが
45分遅れの第二便にはリンダ&カレン、コリン&クリスティが乗る。
ここへ来て45分の差は痛い。

パラワン島に到着。島の人たちに大歓迎を受ける。
まず波止場までバスで行く。第一便で余裕のあるせいか2チーム一緒に・・・。
船には別々に乗り、ブイのところまで行ってクルーを手に入れる。
双眼鏡を覗き、3つの島に掲げてある旗から「本物のフィリピンの国旗」を見つける。
チップとブランドンは同じ島を目指す。チップが船から飛び降りクルーを確認。
不正解だった。その様子を見てブランドンたちは自分たちは確認せず別の島へ。

次の島でもチップが先に確認しに行き、ブランドンは人任せ。
納得いかないチップは、今度は「正解」だったのを「不正解」だと嘘をつく。
不審に思ったブランドンは自分で確認しに行きチップが嘘を言ったことを知る。
これで2チーム間に不協和音が発生・・・。

第二便で到着したコリンとリンダたちは最下位争いのため必死。
一つ目の島の旗は不正解。コリンはガイドブックを忘れた事を悔やむ。
二つ目の島の旗はリンダが賭けに出る。同じ島に行って正解だった場合最下位を
抜け出せないからだ。コリンとは違う反対側の島に行く。
・・・正解したのはリンダのほうだった。島と島の間は移動に20分かかる。
コリンたちにとってはものすごいタイムロスだ。

チップとブランドンたちはクルーがあるビーチを探し次の課題に取り組む。
シュノーケリングで海底にある大ジャコ貝を探し、その中からクルーを取り出す。
キムは泳げないので浅瀬で見守る。溺れそうになったニコールをチップが助けようと
するが、不信感を持ったブランドンは助けを冷たく断る・・・。

次の課題は「ロード・ブロック」 
ラゲンウォールという45mもの絶壁をアセンダーという器具で登るのだ。
最初に登り方をレクチャーしてもらってブランドンとチップが挑戦。
ブランドンはニコールの声援を受けてスイスイ登る。チップは苦労する。
上でクルーを受け取って下降器で降りる。
次はカヤックに乗ってラゲン島ビーチへ。ここが中間ゴール地点になる。

チップがようやく完了した頃、コリンが到着。カレンはだいぶ上のほうまで登っていたが
コリンは猛追撃を開始。疲れたカレンを追い抜いてしまう。
リンダのキンキン声がむなしく響く・・・。クリスティも涙ながらに応援する!




続きを読む

関連記事

テーマ : オススメ!番組!!
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロジェクト・ランウェイ3 #3

「さあ!観るぞ!♪」

家族揃ってテレビの前に揃ってリモコンぴっ・・・

「ええ?っ!?録れなかっただってぇ?!?」


そんなの許されると思ってんのかい!!
放送事故ではなさそうだし・・・ちゃんと予約録画になってるのに・・・
何かの事情で実行できなかっただとぉ??(いくつか挙げてある。)
代わりに録ってるものはないのに・・・どういうことですか、いったい!
グレアナから録れてないではないかっ!容量はあるぞぃ!(。´Д⊂)

・・・ということで悔しさいっぱいですが、金曜の再放送まで観れませんので
結果を教えたりしないでどうかそっとしておいてくださいませ・・・。m(*T▽T*)m

・・・皆さん楽しめましたか・・・?

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

アメージング・レース5 #11

のこり4組。
ニュージーランド、「ロード・オブ・ザ・リング」のロケ地にもなったウェリントンを出発し
“目指せ結婚”はオークランド市内にあるウエストヘーブン・マリーナへ350キロのドライブ。
そして‘ハイドロフロー’とマークされたヨットを見つけ、次の指示書を探す。

“ボウリング・ママ”は2位で出発したが疲れきっていて、いつもの陽気さは陰を潜め口喧嘩。
追いかける“ルックスNo.1”と“ラブラブ社長夫婦”もヨットで指示書を手に入れ、
ロード・ブロックで厳しいタスクに挑む。ボウリング・ママは道に迷い最後に到着。

船で橋の下まで行き、ハシゴを登って橋げたの上を渡る。
ハシゴは幅が小さく揺れるし橋げたは狭い。しかもやっとたどり着いたらクルーをもらって
下に飛び降りるというのだ・・・。チップは腰が引けて怖々だ。
なんとか全員がクリア。空港へ向かう。

次の目的地は8000km離れたフィリピン、マニラ。
最初に到着したコリンらは、差を広げようといち早く飛行機に飛び乗る。
・・・ところが香港で乗り換え便に間に合わず翌朝10時出発になってしまう。
「大失敗だ・・・。」とガッカリするコリンたちだったが、結局他のメンバーたちと同じ便となり
互いにほっとすることに・・・。

空港に着きタクシーでマラゲーニャ・モーターズへ。
出遅れたコリンたちが最後になってしまう。最初に到着したチップはコリンを足止め

ここでの指示はジープニーの装備
工具を使って指定されたように車を装飾していく。
ここで意外にもボウリング・ママが大活躍。子どもの工作やおもちゃなどで慣れてるのだ。
一番に仕上げてそのジープニーを運転してもらって出て行く。
その後ルックスNO.1、社長夫婦と続く。足止めされたコリンはイライラの絶頂。

次のクルーは70km先のビクトリアにある巨大な「カモの像」の裏手にある。

ここでは分かれ道。 「牛」か「カモ」だ。
牛は牛を使って水田を耕し、泥の中からクルーを見つけ出すというもの。
カモは1000羽のカモを45m先の囲いに移動するというもの。

全員が「牛」を選択。ブランドン、リンダ、チップ、コリンの順に挑戦。
コリンはここでもキレて怒鳴りまくり。怯えた牛は益々言うことを聞かない。

次は190km先の「ココナッツ・パレス」を目指す。ここが中間ゴール地点だ。

遅れをとったコリンは途中バスからタクシーに乗り換える。
必死で追い上げようとするが・・・?





続きを読む

関連記事

テーマ : オススメ!番組!!
ジャンル : テレビ・ラジオ

アメージング・レース5 #10

のこるは5組。
インドのビクトリア記念堂をAM2:35、コリンたちがスタート。
空港まで350kmの道のりを車で移動、途中旅行代理店でチケットの予約をする。
前回最下位だったブランドン&ニコールはホテルで客から金を恵んでもらってスタート。

次の目的地は11000km離れたニュージーランド、オークランド

コリンらはタイ・バンコク経由で11:35にオークランド着。
そこから自分たちの運転でロトルア博物館を目指す。ロトルア 公式HP
※アクティビティに博物館やスレッジングのこと詳しく載ってます。

双子とルックスと社長夫婦はシドニー経由で20分遅れで到着。
ボウリングはクアラルンプール経由でさらに25分遅れをとる。
しかしチップと双子が道を聞きながら運転していたのに対し、リンダたちは順調に・・・。
リンダに追い抜かれたと気付かなかったチップは、「近道権」を双子に使わず。

次の指示は分かれ道。 「クリーンORダーティ」だ。

クリーンは20km離れた滝へ向かい、スレッジングを経験。1.6kmの急流を下る。
ダーティは16km先の温泉地ヘルズゲートに向かい、泥の中からクルーを探し出す。

コリンたちは迷わず滝を選ぶ。
滝を怖がったブランドンらは温泉を・・・。

めざせ結婚、ボウリング、社長らは難なくスレッジングを済ませる。
ブランドンらは探し出すのにかなり苦労するが、最後はいつものように神頼み。
やっと見つけて移動を始めた時、双子たちが到着したところだった・・・。

次の目的地は30km先のマタパラ農場

ここでは「ロード・ブロック」 過激な乗り物、ゾーブに乗れ!という指示だ。

こういうものが大好きなコリンは雄たけびをあげて喜び、丘を転がり落ちる。
最後はハムスター状態で歩いてボールを動かす。
クリアするとふたりで丘を上ってティムの待つ中間ゴール地点へ!








続きを読む

関連記事

テーマ : オススメ!番組!!
ジャンル : テレビ・ラジオ

アメージング・レース5 #9

感想をさぼっておりました・・・。もう番組は終わったというのに!
意外なあのチームが優勝したというのに!

のこり5回、ざ?っと振り返りたいと思います・・・。

【AXN】HPより・・・
“目指せ結婚”は1位で出発、指示に従って56キロ離れたドバイへドライブ。
アメリカ国外では最大という、ワイルド・ワディという名の水の流れる滑り台を探しに向かう。
パートナーのコリンについてクリスティーは「彼の弱点はすぐ頭にくること。
彼の短気がレースに響くかもしれない」と心配している。
ベドウィンキャンプの中間ゴールを36分遅れで発った“ルックスNo.1”はドバイへ戻る
ドライブを開始する。2人はチームワークに自信を持っている。

これではまったくわからない!
機会があれば詳しく書くことにします・・・。
関連記事

テーマ : オススメ!番組!!
ジャンル : テレビ・ラジオ

「デート・ウィズ・ドリュー」 (2004・米)

でーと・うぃず・ドリュー

「デート・ウィズ・ドリュー」という映画?・・・ドキュメンタリーを観た。

「E.T.」を観て以来、ドリュー・バリモアの大ファンだというブライアン・ハンズリンガー
彼はただ今就職活動中の27歳。
クイズ番組に出て、賞金1100ドルを獲得したことをきっかけに、それを資金にして
「30日以内にドリューとデートする!」・・・という無謀な計画を立てる。

誰もが無謀・・・だと思っていたが、ブライアンは信じていた。
ドリューの、「リスクを冒さぬ人生は浪費だ。」・・・という言葉を・・・。

まずはビデオテープと、友だちのカードを使い量販店で一番いいビデオカメラを購入。
(ただし1ヶ月使うだけ使って返品する予定で!!)

そしてこの計画を知ってもらうために予告編を作り、事務所に送付。
なんとかドリューが目にしてくれることを願う・・・。

その後は数少ないつてを使ってドリューに少しでも近づこうと電話抗戦。
「チャリエン」の脚本家、リムジンの運転手、ドリューの従姉妹、コリー・フェルドマン!?
さらにデートする自分を見つめなおし、ダイエットに励んだり、ドリューが行くエステに
行ったり、そっくりさんを募集してデートの予行練習をしたり・・・。

最大の接触のチャンス、「チャーリーズ・エンジェル」のプレミアでは、偽のIDカードを
作ってパーティ会場に潜入。彼女と挨拶を交わすもただそれだけに終わり・・・。

最終手段としてサイトを立ち上げ、「こうなったらみんなに応援してもらおう!」
・・・とメディアに訴える作戦でドリューの耳に入ることを願うが・・・!?

生活費は底を尽き、期限の30日は過ぎ、諦めかけたその時、奇跡は起こった!?



続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

デスパレートな妻たち3 「第16話」

悩み多き夫たち

かつては何もかも持っていたカルロスは、今では離婚して請求書まみれ。
しかし人生を楽しむ事も忘れない。
マイクを家から追い出してネットで見つけたHOTな女の子を家に呼ぶ。
さて、お楽しみはこれから・・・という時に、窓の外を見るとイーディの息子トラバース
が道路で遊んでいる。どうしても見過ごせないカルロスはケダモノを封印し、
トラバースを家に招きいれることに。
酔って帰って来たイーディに「それでも母親か!」としっかりと説教をするのだった。

トムは9周年の結婚記念日を前に今年も「サプライズ企画」をやろうとはりきる。
しかしその気配を察知したリネットは、「疲労困狽しているから、自分は長風呂と早寝が
できればいい!」・・・と素気ない。
仕方なくその夜は仲間とポーカーしていたトムだったが、キャンセルの連絡がいってなく
リネットは山の中に2時間以上も置き去りに!!
コーヒーで乾杯しながらとんだ結婚記念日となったが、幸せを確認しあう二人だった・・・。

ブリーが実家に帰っている間に事件は起こった。
ダニエルがオースティンの子を身ごもったのだ!オースティンは誠意ある手紙でジュリーの
心を呼び戻し、「やり直そう」としていた矢先の悲劇!?
アンドリューは、ブリーと3週間の新婚旅行に行こうとしているオーソンに相談。
オーソンはダニエルを国外に連れ出し、そのまま留学したことにして出産、子どもは
養子に出せばいい・・・という案を出す。
姿を消せ・・・と言われたオースティンはジュリーと離れることはできないと拒む。
しかしアンドリューは、「おまえはチンピラだ。本当に彼女の望む男になれるのか?」
・・・と説得する。オースティンは苦渋の選択をし、ジュリーに別れを告げる。

ガブリエルは街中で、市長選をめざすビクター・ラングに見初められる。
しかしガブリエルは彼がわざと車をぶつけて、小切手に小細工したのもすべてお見通し。
手強い相手だと知ったビクターはますます闘志を燃やし、親が億万長者だという事を出し
なんとか「クッチーナ」で食事をすることにこぎつける。
相変わらず素気ない態度のガブに「彼女と結婚するぞ!」・・・とつぶやくのだった。

イアンは何カラットもある大きなダイヤの指輪をスーザンにプレゼント。
スーザンは喜んではしゃぐが、サイズが大きく直してもらうことに・・・。
一方、病院に私物を取りに行ったマイクはスーザンに渡すつもりだった指輪を手にし
当時を思い出す。指輪には「スーザン、生涯をともに・・・マイク」と掘ってある。
引き取ってもらいにきた宝石店でスーザンと出くわしてしまう。
サイズを合わせるためにマイクがくれるはずだった指輪をはめるスーザン。
それはピッタリと薬指におさまった。
二人は複雑な思いで見つめ合うのだった。

指輪を売りちょっとした金が入ったマイクはイアンに弁護料を返しに行く。
しかしここでイアンが口を滑らしたことから、プロポーズを急いだ理由を知る。
卑怯な手だと怒ったマイクはイアンと一触即発。

トムの店にポーカーのため集まった男たち5人。
マイクはオーソンとイアン、両者と不穏なムード。トムがリネットを迎えに行き、場の空気
を察したカルロスとオーソンは退散。
スーザンをめぐってイアンとマイクの一騎打ちだ。
マイクが勝てばスーザンにすべてうちあけることができる。
その代わり負ければ・・・イアンとスーザンの邪魔をすることはできない・・・。
マイクの手はクイーン2枚にキング3枚・・・。果たしてスーザンを手に入れるのは!?



続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ブロークバック・マウンテン」 (2005・米)

ずっと観たかったのに・・・今頃観ている私です!

すでに内容はわかっていたから、そんなに驚きはなかったです。
もしこれを・・・何の予備知識もなく観ていたら・・・かなりの衝撃だったでしょう。
う?ん・・・そうしたかったような気持ちもある。ステキな作品でした。

BM4 馬

1963年、ワイオミング州シグナル。
二人の男がある事務所の前で出会う。イニス・デルマーヒース・レジャー)と
ジャック・ツイストジェイク・ギレンホール)だ。
彼らは夏の間山にこもり、野営地で羊の群れの番をする仕事を得るために来ていた。

冒頭5分間・・・何のセリフもなし。しかし若者ふたりがお互いを意識し、何かの感情が
芽生えたのが感じ取れた。もちろんイニスは表向き全くそれを見せなかったけれど・・・。
一緒に仕事をすることになり、初めてジャックが自己紹介で口を開く。

ブロークバック・マウンテン。
自然のままの・・・壮大でどこか荒々しく、人間を突き放しも受け入れもするような山・・・。
一人は羊の群れの監視。コヨーテが狙っている。夜は羊と共に眠る。
往復4時間かけて食事のためにテントに戻る。一人は湖のほとりで食事を準備する。

寡黙で感情をあまり出さないイニス。自分の事を語ったのは2週間もたってからだった。
子どもの時両親が事故で亡くなり、兄と姉に育てられた。二人が結婚してからは一人
だった。自分で何もかもやってきた。山を降りたら結婚の予定があった。

一方陽気で屈託ないロデオボーイのジャック。
ハーモニカをふかし、思ったことは何でも口にする。自分の欲望に忠実だ。
そんな二人は多くは語らなくてもお互いに居心地の良さを感じていた。

ある晩。酔って山上に戻れなくなったイニスは小さなテントでジャックと眠ることに。
お互いを求め合うのは自然な流れだったのか・・・。
それはロマンチックというものとはほど遠く、荒々しくて観ていて怖かった。
(ほとんど真っ暗で何も見えなかったけれど。)

二人は一晩だけの過ちだった、と確認する。・・・しかし夜が来るとまた・・・。
すっかり心も体も打ち解けた二人は、昼間は子どものようにじゃれあいふざけ合う。
その姿を雇い主のアギーレランディ・クエイド)がたまたま目撃していた・・・。

楽しい夏は長くは続かなかった。山上は雪も降り、二人は山を降りることになった。
離れがたく思っていた二人は自分たちの感情をもてあまし、取っ組み合いの喧嘩をする。
二人がこの後どうすればいいか。それはどんな答えも見つけられなかった。
やりきれない気持ちを、相手を殴ることで解消しようとするなんて男女間ではありえない。
ジェイクは来年もまたこの山に来ることを約束する。二人にはそれしかなかった。

別れはアッサリしていた。ジャックは車で立ち去った。
無表情でトボトボと歩いていたイニス。
しかし突然立っていられないように物陰に行き、膝をついて泣き崩れた。

衝撃だった。彼がどれだけ感情を押し殺していたか・・・どれだけ彼を愛していたか・・・。
どうして・・・それを素直にジャックの前で表現できなかったのか・・・。

イニスは予定通りアルマミシェル・ウィリアムズ)と結婚した。
牧場の仕事はきつくて生活は常に貧しかったが二人の女の子も授かった。

BM3 結婚式

ジャックは翌年山へ行ったがイニスは来ず、アギーレには仕事を断られる。
二人の様子を目撃して関係を察した彼は、汚い物でも見るようにジャックを追い払った。

ジャックは相変わらず家の牧場を手伝いながら、ロデオ遊びをやっていた。
そこで華麗に馬を乗りこなすラリーン・ニューサムアン・ハサウェイ)に出会う。

BM2 アン

二人は意気投合し、やがて結婚、男の子をもうける。
ラリーンの父親は商売で成功していたが、娘の結婚相手には不満だった。
ジャックへの風当たりは強かったのだ・・・。

4年の月日がたった。
突然、イニスの元にジャックからハガキが届く。会いに来ると言う。
返事はひとこと・・・「You bet」 (もちろんいいさ!)

ジャックが訪れる日。
イニスはそわそわして落ち着かない。待ちくたびれた頃、ジャックが到着。
彼を見て顔を輝かせるイニス。階段を駆け下り、がしっと抱擁する。
ほとばしるような喜びが手に取るようにわかる。あんなに感情を抑えていた男が・・・。
思わずこちらも胸が熱くなる。

・・・しかし溢れる感情は抱擁だけではすまず、二人は物陰に隠れ唇を求め合う。
激しすぎてびっくりしてしまうぐらい・・・。そしてもっとも不幸な事に、その様子をアルマ
が目撃してしまったのだ!

4年ぶりに再会した二人はすっかり舞い上がり、愛を確かめ合い、二人の時間を過ごした。
それからは年に何度か、釣りや狩りということにして二人は逢瀬を重ねた。
ジャックは「二人で牧場を持とう。」と持ちかける。
しかしイニスはそれはできないと断る。彼はかつて恐ろしい光景を目撃していた。
子どもの頃、男同士で暮らしていた男が、村人にリンチをされ殺されたのだ。
それは罪であり、タブーだ・・・と恐怖とともにイニスには植え付けられていたのだ。

当時、同性愛なんて理解もなければ、自分の夫がそうだと知ってアルマは苦しんだ。
誰にも相談できず、鬱々とした日々を過ごした。家事はおざなりになり生活は荒れた。
・・・そしてついに二人は離婚する。

ジャックは見ていて恋する乙女のようだ。
「会えないのは寂しい。」「もっと会いたい。」「一緒に暮らしたい。」
そしてイニスの離婚の知らせを聞いて、テキサスから車をすっ飛ばしてやってくる。
・・・ところがイニスは自分を喜んでくれるふうでもなく、子どもとの面会日なので
会えないという。・・・ジャックは泣きながら運転して帰る。
そしてメキシコへ立ち寄った。彼は男を買って寂しさを解消したのだ・・・。

20年の月日がたっていた。
二人はまだ山で逢っていた。彼らには山しかなかった。
お互いに付き合っている人がいることは報告しあう。しかし本当に大事なのは・・・。
イニスは別れ際、次に会えるのは11月になると告げる。
その言葉に怒るジャック。「どうしてそれで平気なんだ、二人で暮らすこともできたのに
おまえは断った!いっそ・・・別れられたら・・・」
イニスはそれを聞いて、「オレはクズだ。負け犬なんだ・・・。いっそ楽にしてくれ・・・」
と泣き崩れた・・・。

ここで20年前の光景がジャックの目に浮かぶ。
立ったままうとうとしているジャックを、イニスがやさしく後ろから抱きしめ
「明日の朝また会おう。」・・・と颯爽と馬に乗って立ち去る姿を・・・。
もう幸せだったあの日々は戻らない。

イニスがジャックと会えたのはそれが最後となった。
出したハガキが「本人死亡」で戻ってきたのだ。
ラリーンに電話し事情を聞く。ジャックはタイヤのパンクを修理していてタイヤが破裂、
顔面にリムが当たり気を失い、そのまま失血死してしまったということだった。
話を聞きながらイニスの脳裏によぎったのは、ジャックがリンチにあっている光景だった。

イニスはジャックの両親の元を訪れる。
二人は静かに、何もかもわかったようにイニスを迎え入れてくれた。
父親は少しだけ悔しさと怒りをにじませながら、「息子の望みは叶わなかった・・・。」
と言った。イニスを非難したようにもとれたが、むしろ息子への愛から出た言葉のよう
だった。

ジャックの部屋で、隠すように置いてあるシャツを見つける。
それは山に忘れたと思っていた自分のシャツ。それをジャックのシャツが包み込むように
かけてあった。ここでジャックがどんなにあの山でのひとときを大切に思っていたか・・・
イニスへの想いの深さを知り涙が溢れた。

ある日トレーラーハウスに住む父に19歳になったアルマジュニアが会いに来た。
カートという男と結婚が決まり、式に出席して欲しいということだった。
イニスは落ち着いた素振りで酒をつぎながら父親らしく行く事を約束した。
娘を見送った後、上着の忘れ物に気付く。それを愛おしそうにたたみ、物入れにしまう。

・・・扉にはシャツがかけてあり、あの山の絵はがきが飾ってあった。
今度はイニスのシャツが、ジャックをやさしく包み込んでいた。
そしてイニスは涙を浮かべながら、「ずっと一緒だよ・・。」と誓うのだった。





続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

アグリー・ベティ 「第16話」

裏切り

吹雪の夜・・・。NYの街ではあちこちでいろんな騒動が・・・。

クレアからフェイ殺しを告白されたベティは、すっかり動揺してダニエルに打ち明ける。
ダニエルは父に面会に行きそのことを告げるが、父からは「そんなことあるはすがない。
それよりもいい弁護士、グレース・チンを雇え。」と言われるのだった。

ダニエルはかつての大学での友人グレースには顔を合わせられない理由があった。
それはニューイヤー・パーティのデートをすっぽかした過去があったからだ。
当時グレースには勉強を手伝ってもらったが、彼女は冴えない女の子だった。
しかし!現在の彼女に会ってビックリ!すっかり美しく変身していた。
ダニエルは自分のバカさ加減を謝るばかりだったが、グレースの12年来の恨みは
簡単にははれるものではない。ダニエルに「過去に傷つけた女の子たちに謝ること」
を条件に、父親の弁護をすることを約束する。
ダニエルは悪友に電話をし謝るふり。知らないグレースはダニエルとオフィスで・・・。

ウィルミナはダニエルと仲良くしているアレクシスに苛立つ。
かくいうアレクシスは、復活したものの以前の友人たちはみんな去っていき、その日も
ひとり寂しくランチをとっていた。
ウィルミナは親しい友だちを装ってアレクシスをオペラに誘う。
吹雪で足止めをくった二人はあるバーへ。
そこでアレクシスはバスケットボールに興じるひとりの男に声をかけられる。
女性として誘われて舞い上がるアレクシス。しかしそれはアレクシスを誰かと知っている
男たちの単なる遊び、賭けだった。
傷つくアレクシスだったが、ウィルミナが戻ってきてその男にパンチをお見舞いする!

ウィルミナはファッションウィークに出した事を恩にクリスティーナを取り込もうと必死。
クリスティーナはベティたちを裏切れないと断る。
そんな中、コレクションを見たというサラ・ジェシカ・パーカーから電話が!
翌日までにアカデミー賞のドレスを作って欲しいというのだ。
クリスティーナはとても無理だと思いながらも作らずにはいられない。
しかしこんな吹雪の中素材を買う店は開いてない。
マークがやってきてありあわせのもので作るようにすすめる。
なんとか完成に持ち込んだが、サラの事務所からはキャンセルの電話が・・・。

ジャスティンは親子3人でミュージカル「ヘア・スプレー」を観に行く事を楽しみにしていた。しかしサントスはミュージカルなんて気が進まない。
開演時間を気にするジャスティンだったが、なんと地下鉄が止まってしまう。
仕方なく車内で「ヘア・スプレー」の再現を始めるジャスティン。
強面の男が「やめろ!おじょうちゃん!」と言ったことにサントスが腹を立て一喝。
乗客も思わず拍手・・・。思わぬところで親子の絆を感じることになった。

ベティはダニエルにステラ・マッカートニーのパーティチケットをもらう。
レストランで出会ったチャーリーと意気投合し、一緒に行くことにする。
・・・ところがチャーリーは田舎から出てきたヘンリーの彼女だった!
やたらとNYの街を怖がるチャーリー。地下鉄に乗る時もベティの手を握って離さない。
ヘンリーの彼女だと知ったベティは複雑な気持ちになっていた。
アマンダに「その女の弱点を責めろ!」と言われた言葉が頭に響く。
アマンダの幻が現れてベティをそそのかす。ベティはつい手を離してしまい、チャーリー
だけが満員電車に乗って行ってしまった。
すぐに後悔しヘンリーに連絡。駆けつけたヘンリーに、わざと手を離したこと、
「あなたが好き。あなたのためにウォルターとは別れた・・・。」と告白する。
一瞬いい雰囲気になる二人だったが、チャーリーが現れ、
ベティは自分の気持ちを濁すのだった・・・。


続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロジェクト・ランウェイ3 #2

「戦場はアトラス・アパート」

アトラス・アパートに出場者たちが集まってきました!
それぞれに挨拶を交わした後、指示通り屋上へ。 ハイジとティムに迎えられ
シャンパンで乾杯!しばしの歓談の後最初のテーマが伝えられる。

「部屋にある物を使ってデザイナーとしての自分を表現せよ!」


時間制限は15分。スタートは今すぐ!
一斉に部屋へ戻って、手当たり次第ランドリー・バッグに詰め込む。
最初に触ったものがそれを得る権利がある。
ソファもベッドもカーテンも・・・全て剥がされ見る影もなし。部屋は凄まじい惨状だ。

集めた物を持って作業場に。作業はAM1時まで。8時間しかない。
それぞれに自分が持ってきたものを悔やみながらも作業に取り組む。
ステイシーは工業用ミシンが使えず手縫いで・・・。ティムにも眉をひそめられる。

ヴィンセントはバスケットを帽子にしたり、ヘンテコなポケットをつけたり
ティムに注意されるが聞く耳持たず。

ジェフリーは自分に自信満々。ジャケットも作るがティムにはやりすぎは禁物だと・・・。
キースは生地があまりにもそのままでティムに工夫が足りないと言われる。
バスマットとチェーンを無理矢理合わせてみるが・・・。審査員にケチをつける発言も。

クタクタになって部屋に戻ってきたデザイナーたちはビックリ・・・。
部屋がそのままだったのだ・・・。悪態をつきながら疲れた体を休めるのだった・・・。


審査当日。
それぞれあらかじめ与えられたモデルにフィッティングし、ヘアメイクする。
審査員はマイケル・コース、ニーナ・ガルシア、ケイト・スペード。

1.ローラ・・・ラグマットでファーつきのコートを作る。
シャンデリアの装飾品を裾につけ、ゴージャスでハイセンスな作品に・・・。
本人はうれしくて笑顔がとまらない。

2.ブラッドリー・・・マットレスと布団を使った思い切ったデザイン。
初めて自分の作品をランウェイで見て感動する。

3.キース・・・素材はベッドシーツでドレスを作る。インテリア小物でネックレス。
ちゃんとしたドレスに仕上がった。

4.アンジェラ・・・皮のカウチをスカートに。壁飾りや花など、とってきたものを工夫して
使った感あり。

5.ケイン・・・フロアマットやビニール・スツールなど、異種の物を組み合わせ個性的な
作品に仕上がった。

6.メイラン・・・ラグ、オットマンを使ってできる限りのものを表現。
ムーンというアジア系のモデルもよりこの作品を地味なものに・・・?

7.ボニー・・・布団カバーとシーツで・・・色調はいいが、胸がガバガバでズレ落ちそうに。

8.キャサリン・・・布団でフード付きのコートを、プラスティック・バッグでドレスを。

9.マイケル・・・コーヒー・フィルターを羽根のように折り曲げてそれだけでドレスを作る。
モデルもきれいでひきたってた。本人は優勝とる気満々。

10.ヴィンセント・・・ランプシェードでポケット、シーツでドレス、バスケットの帽子・・。
結局自分の好みで押し通した形・・・。

11.アリソン・・・淡いピンクのシーツでギャザーをきかせた超ミニドレス。
ビーズのカーテンを飾りに・・・。モデルのせいか太って見えた。

12.ステイシー・・・シーツとシャワーカーテンでロングドレスを。
モデルのマリリンダがとってもカワイイ!ただしスケスケ・・・。

13.ロバート・・・布団カバー、ジュエリー付きの壁飾りでアクセサリーにも見える
フロントデザイン。バックは大きなリボンでかわいらしい。

14.ウーリ・・・ビーズとカーテンでステキな作品に。モデルとの相性もピッタリ。

15.ジェフリー・・・羽根をばらまくパフォーマンス。全体にやりすぎ&ゴテゴテ感あり。
モデルもごついイメージ・・・

最初に名前を呼ばれた人たちは合格。
ランウェイにのこされたのは、ローラ・キース・ヴィンセント・ステイシー・ロバート
・ジェフリーの6名。

ローラとロバートは高評価。
ローラは洗練された彼女らしさが出ていたし、ロバートはキュートで完成度が高い。

ヴィンセントの帽子はケチョンケチョンに言われる。
ヘラヘラ笑うヴィンセントに・・・落第決定と思ってしまう・・・。

ステイシーは仕上がりが雑だと言われる。スケスケとデカパンも着られないと指摘。

ジェフリーはサンティーノの再来!?羽撒きも不評。
説明してもらわないとわからないことだらけ。ごちゃごちゃしてる。

そして優勝は・・・キース・マイケルだった。
初めての女物の制作だったけど、自分の美意識を信じて結果的に成功。
饒舌に作品についても語っていた。







続きを読む

関連記事

テーマ : オススメ!番組!!
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロジェクト・ランウェイ3 #1

「ランウェイへの道」

未来の一流ファッションデザイナーは誰に?10万ドルを獲得するのは!?
予測不可能の展開、短時間で作り出される魅力的な作品に
視聴者は魅了されずにはいられない。
待ってました!ティム・ガン曰く、「また始まるのかとぞっとした・・・。」だろうが、
本当は楽しみがそれ以上・・・ってところみたい。

デザイナーのオーディションは4都市で行われた。
LAでは‘嫌われっ子’のサンティーノも審査員に加わる。
ティムの予想に反してサンティーノは鋭いところをつきながらも的確な審査をやり遂げる。
LAは大豊作で、パーソンズの元生徒でありバービー人形のマテル社に勤めていた
ロバート・ベストや、プリントの組み合わせをサンに誉められていたドイツ・ミュンヘン
出身のウーリ・ヘルツナー、ロック・テイストですでに大物のシンガーなどに服を提供している
ジェフリー・セベリア、ハーバード大でMBAを取得しているウェンディーを髣髴とさせる
ステイシー・エストレラ、テニスのセリーナのウェアをデザインしたことがあるボニー・ドミングス
49歳で再びこの世界に戻ってきたヴィンセント・リグレッティ、アーティスティックなセンス
が光るブラッドリー・バウムキルヒナー・・・と多種多様。
とりあえず18名が選出される。

さらに過去の出場者からはウェンディーの現況を紹介。
いや?・・・彼女・・・変わりました。痩せてコンタクトにしたのも大きいけれど
当初の姿を見ると、同一人物だとは思えないかも。
昔のビデオの豹変振りが超おかしかった!
2006コレクションも順調とのこと。貪欲に仕事している様子!

オースティンも登場。以前審査員をしてけなされていたアンサーラの元で働く。
ケネス・コールのウェディング・ドレスを製作中・・・。
マイケルとニーナの忠告を無視して正解だった!・・・と嫌味をチラリ。(笑)

シカゴではファイナリストでなくても人気者だったニックが登場。
ニックもファッションチェックや自分のブランド、ファッション学校の講師などを続け
順調に活動中とのこと。
シカゴは趣味の悪い応募者が目立った。その中でミスコンやプロム用のドレスを
手がけブティックも持っているケイン・ギレスビーら5名を選出。
ケインは動物病院の仕事を4年半やっていた。カマキャラ全開。針金ハンガーにキレる
演出?もあり。  眠くなる喋りのスティーブは・・・・。

マイアミ
では前回優勝者のクロエが加わる。
彼女は変わらずヒューストンを拠点に活躍中。店は大きくなり客は絶えない。
オレ流のマイケル・ナイトに注目したのはクロエ。以前のテーマに沿った服を作ってくる。
黒づくめのコレクションに挑戦したのはジョナサン、スノボのインストラクターをしている
キャサリン・ゲルデスは24歳、まだ若い。期待感があると言われる。
マイアミでは10名を選出。

カーラ・ソーンの紹介。優勝を逃した事が功を奏したと述べる。
仕事の依頼はひっきりなし。ハイジの服はもちろん、ドラマの服などもデザイン。
とっても順調そう。

NYは前回ファイナリストのダニエルが審査員に。
ディテールがしっかりしているジリアン・ルイス、メンズ中心でやや横柄な態度をとって
いたキース・マイケル、5人の子持ちの建築家ローラ・ベネット、自分でデザイン・モデル
もこなすキュートなアリソン・ケリーはマイケル・コ?スがお気に入り!
オハイオの農場の片隅でサンローラン風の服を作るアンジェラ・ケスラー
名前を売るため応募したというダニエル・フェイド、毎回オーディションに来ているという
メイラン・ブレトン・・・。
メイランは異色。第二回ではあらゆることをけなし横柄な態度をとる。にもかかわらず
合格したのに自分から出場を断った。
ナレーションもやってるせいか芝居がかった喋りも鼻につく。

前回優勝者のジェイの近況。
すっかり姿を見せなくなったと言われていたジェイはビジネスの仕組みを勉強していた
という。今はコレクションの準備中。
彼は外見を含めおちゃらけて見えるが、言う事はいつもいつももっともだ。
自分を持っていて正しい選択をしているように思う。彼には本当の実力があるから
焦らずとも結果が出てくる気がする。
それにしてもオーディションで彼の才能を見抜いたのがすべて・・・という気がする!!
女性の審査員なんて懐疑的だったのにね・・・。

最終的に40名から15名へ絞る。
そして出場者決定。今まで以上に多才で力がある人がのこった!

最後に経験者からのアドバイス。審査員にははむかうな、傲慢になるな・・・
そして「ライバルを蹴落とさず作品で勝負しろ!」
ジェイの言葉はさすがです!




続きを読む

関連記事

テーマ : オススメ!番組!!
ジャンル : テレビ・ラジオ

デスパレートな妻たち3 「第15話」

生と死の境目

ガブリエルはザックから昨晩関係を持ったと言われ大ショック。
思わずカルロスに相談する。ピザ屋の開店パーティの日、ザックに諦めてもらうため
彼を脅すよう頼まれたカルロスは、トイレでザックの××を見てビックリ!
「ガブリエルが覚えてないと言うのなら、やってないはず!」
そしてガブは「正直なのが男、駆け引きせずありのままで勝負しなきゃ・・・。」
と説教するが、あろうことかみんなの前でプロポーズしてしまう。

トムはいよいよ開店の日を迎えテンパリまくり・・・。
「睡眠とって落ち着いて・・・。」となだめるリネットだったが、自分がイスの注文を
間違ったことを知って焦る。必死でレンタルしまくるが、集まったイスはバラバラ。
完璧なスタートを夢見ていたトムはその有様を見てショックを隠せない。
・・・しかし大盛況のオープンとなりみんなの前でリネットに感謝の言葉を述べる。

イアンとスーザンはフェアビュー病院にジェーンの私物を取りに来た。
間違ってマイクの私物を渡されたイアン。そこに婚約指輪を発見し動揺する。
スーザンはハシゴから落下して入院していたブリーと会って仲直り。
そしてブリーから「マイクは無実だ。」と聞かされ喜ぶ。
しかしカルロスとマイクの会話を聞いてしまい、また疑惑の念が浮かんでしまう。
婚約指輪にあせったイアンは開店パーティに便乗してスーザンにプロポーズ!

マイクに追い詰められて病院の屋上から落下したオーソン。
落ちて行く時に浮かんだのは母がモニークを殺したあの日の情景・・・。
警察に言うというオーソンを、母親は「愛する人(夫)をあんたのせいで失ったのよ!」
と制止し、ずっと息子に負い目を感じさせてきた。
木にひっかかって何とか無事だったオーソンは、「自殺」と思われカウンセラーを受ける。

ブリーの看病をしていたアンドリューはリネットに助っ人を頼まれ呼び出される。
ダニエルに家にいるよう命令するが、スープを持って訪ねてきたグロリアが
代わりに面倒をみるといってくれたので喜んで出かけてしまう。
グロリアは薬入りのスープで眠ってしまったブリーを浴槽に運び、自殺を装おうとした。
そこへアンドリューとオーソンが駆けつけなんとかブリーを救う。
一方脳卒中を起こして倒れたグロリアは、オーソンによって庭に放置された。
閉じ込められた部屋から脱出しようとして、屋根から落ちたアロマの死体の横に・・・。


続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「プラダを着た悪魔」 (2006・米)

い・・・今さらと言わないで・・・。WOWOWでようやく観たんですから・・・。
ちょっとなめてました。意外にヨカッタです。
プラダ

正直アン・ハサウェイの顔が苦手で。
だけどメリル・ストリープが大好きで。
メリルが大変身と聞いていたから、どんなに悪女なのか・・・と思っていたけど
声のトーンは押さえた感じでそんなに「悪魔」とまでは思わなかったけどなぁ?。
もっとひどいかと・・・。

プラダ2

ストーリー的には「?」が多かった。
ミランダは容姿はよくても頭が悪いアシスタントたちにウンザリきていた。
そこでやぼったいけれど、頭がキレそうなアンディを雇った・・・。

アンディは自分の仕事がどんなにみんなの羨望の的なのかもわからず、
次の仕事のステップアップのつもりで嫌々こなしていた。
そしてついにミランダを怒らせてしまう。だけどそのチョンボというのがさ?・・・
ハリケーンでマイアミから帰れないため、なんとか飛行機を用意しろっていうやつでさ。
普通それはどうがんばっても無理な話でしょう?逆に死にたいのかと・・・。

だけどそのことで「あなたに失望した。」なんて言っちゃうわけですよ。
もうちょっとちゃんとした仕事で実力を判断できなかったのか・・・と。

そしてアンディががんばりを認めてもらえない・・・と言ってナイジェルに泣きついて
「どうしたらいい?」と考えるんだけど、解決策がナイジェルに変身させてもらう事
なのよね?・・・。結局は外見だけ?って思った。

それですっかりいい服に身を包んでヘアメイクして別人に変身しちゃうわけです。
そうするとなぜか周りが見る目も変わってきて・・・。
仕事が慣れてくると、もともと頭がいい子だから先回りしてなんでもこなす。
ミランダにもエミリーを差し置いて一目置かれることになる。

すっかり気を許した?ミランダはアンディに素顔を見せ、弱い部分も出す。
それは家庭の問題だったが、そこのところも「だからどうした?」って弱かった。
アンディはちょっと同情しただけでしたもんね。

そして信頼されてこれから・・・という時に、いきなりアンディは嫌気がさしミランダを
裏切る。・・・ここも唐突だったと思う。
ナイジェルを裏切った血も涙もない人事に対して怒り、驕りにうんざりしたのだろうが
アンディの感情の表現がイマイチ。

ん?・・・とにかくアンディの気持ちの移り変わりがイマイチ。共感部分がない。
フランスでアッサリ、クリスチャン・トンプソンに体を許したのもなんだかな?。
ネイトとよりを戻そうとしていたけど、図々しくないですかね?

確かに、綺麗になってからのアンはかわいかったけど、本当にそれだけ。
アン・ハサウェイ

エミリー役のエミリー・ブラントと、ナイジェル役のスタンリー・トゥッチに助けられた。
彼らはすごくよかったと思います。
最後ミラー社の面接で、ミランダがアンディを誉めるところにはウルっときましたけどね。
アンの目は大きすぎる!人形みたいで・・・。なんだか中身がうすっぺら?い感じ・・・

あ・・・なんだか辛口になってしまった・・・。
全体に楽しめたけれど内容は薄かった。そんな感じです。

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

クローザー2 「第12話」

信じられない!長々書いていた記事を保存しようとした途端消えました!
いつもながらFC2の不具合です。本当に腹が立つ!!
もう同じ内容を書く元気ないです・・・。

善行の果て

悪人は根っから悪人だった。
恋心を犯罪に利用されたのは純粋な高校生の男女。

みるみる本性を現していくカーティスの表情がみもの。
演じるキーア・オドネルウェディング・クラッシャーズでの変人ぶりが記憶に新しい。
目つきが怖いです。

え?と、みっともなく乗り込んできたポープの元妻エステル。
捜査班全員に不穏な空気が流れましたが、テイラーの発言でなんとか帳消し・・・。
ブレンダも思い出の品を破棄してスッキリ!?
ポープとは一応「お友だち」ということでケリがついたようです。
フリッツはかなりお怒りだったけど、ブレンダはイマイチ煮え切らなかったからですね。

でも思い出の品は・・・未練があるないは別にして、
のこしておきたかったんじゃないかなぁ??


関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

アグリー・ベティ 「第15話」

ミード家の闇

ファッションウィークでのアレックスの登場とブラッドフォードの逮捕でマスコミは騒然。
社長が逮捕されたことで「MODE」の社員は次の仕事探しに躍起になる。
なんとか編集長の威厳を保ってミーティングを開くダニエル。
ところがアレックスが現れて証書を示し、経営権は自分にあり、編集長にウィルミナを
任命すると宣言する。そしてダニエルはクビだと・・・。

とりあえず禁止令を出して時間稼ぎをしたダニエル。
兄のアレックスとは取材合戦で火花を散らす。そんな息子たちの姿を憂いた母親クレア
はベティと結託して二人を思い出の場所、遊園地のゴーカート場へ。

二人は腹を割って話した。
アレックスは幼い頃から性同一性障害に悩まされていた。
手術のことを父親に相談した時、「お前はすべてを失うことになる。そんなことするなら
死んでくれたほうがマシだ。」・・と言われたこと。
父親が自分をあちこち連れて行ってくれたのは、父親は自分の気持ちに気付いていて
わざと男らしいことをさせられていただけだということ・・・。
ダニエルは父親にそっくりなので同じ反応をすると思い言えなかったこと・・・。

それを聞いてダニエルは、「自分は応援したのに・・・。」と寂しく思うのだった。
そしてファミリーカンパニーとして一緒にやっていこう!とアレックスと和解した。

ベティはヘンリーに「ウィキッド」に誘われる。
うれしかったがウォルターのことが気になり「友だちとして」と強調してしまう。
そして会社にまで来たウォルターを避け続けたベティだったが、結局ウォルターは
ベティの気持ちを察して自分から別れを切り出しメリーランドに行くことを告げた。

晴れてフリーになったベティ。
ところがヘンリーに元カノが現れ、ベティとの出会いは白紙に戻ってしまう。




続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

マズイマズイ・・・

最近私のブログに「オガワゼンタロー」というワードでいらっしゃる方が多くて・・・。
(あ、もちろん漢字で。)
検索してみたら、本家のブログより上に当ブログがきてたりする!

ひょえ?っ!!・・・?(=゚ω゚=;)

そ・・・そいは・・なぁす・・・(小夜子風) 困りました。

あんなタイトルにしちゃったからです。皆さん(善太郎さん)ごめんなさい・・・。

それにしても何がびっくりしたって、「小川うに」がご実家だということ!
(本人ブログ参照) 商品よく見かけますよ?。お仕事もされてたそうだし・・・
いや?・・・びっくりでした。(笑)


ところで京都公演のユタですが、だいぶメンバー変わってたんですね!
ダンジャの丸山れいさんは迫力ありそうだけど・・・後でMMもありますよね?。

一郎の高橋卓爾さんはジョン万次郎・・・でしかお顔を拝見してないかな。
直前までウィキッドに出演されてたとのこと。
遊佐さんはBBのルフウがありますからね。お二人ともお忙しいですね。

新太の酒井良太さん、たま子の後藤華子さんは拝見したことないです。たぶん・・・
後藤さんは「ふたりのロッテ」に出ていらしたそうで。
酒井さんはジーザスジャポに・・・。有望株・・・光っていらしたんでしょうか?
お二人ともなかなかの抜擢と言ってもいいのではないでしょうか??
がんばってくださーい!

小原さんはどこに?LKの子役を指導してらしたそうだから、福岡にも登場されるかな?
でもエドって・・・まともなセリフ・・・ないですよね・・・おもしろいけど。

大作だった熊谷 崇さん。アイーダももう終わったし何を・・・
私はBBのガストンもアリではないかと思います?。
スタイルも雰囲気も合ってると思うんですけど。かっこよかったですしねー。
歌は・・・どうなのかなぁ?
ガストンは新役が出てくるでしょうから、楽しみですね。




関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

クローザー2 「第11話」

背徳の正義

その日のブレンダはまったくついていなかった・・・。
買ったコーヒーを車の後部ガラスにこぼし、後ろから来た車に接触。
ぶつけた相手がまた悪かった。「殺人現場に向かうから。」と名刺を渡して立ち去った
ブレンダだったが、後々交通課のウェストにつきまとわれることになる・・・。
おまけに携帯電話は自ら踏み潰してしまって使えなくなっていた。
そして車も・・・没収されることになる。こういう時はフリッツ頼みだ・・・。

殺人現場に死体はなかった。しかし脳髄も含まれた大量の血痕があったため、
2人は確実に死んでおり何者かに運び出されたと思われた。
そして一人は軽症でその場から逃げた可能性があった。

やがて病院をマークしていると、足を撃たれたという男が現れた。
ヒューゴという男はブレンダらが来ると逃げようとした。密入国者だというのだ。
「コヨーテ」という密入国を手引きする組織があり、密入国者を人質にしては家族から
身代金を巻き上げ、払えなければ殺す・・・という汚い事を繰り返していた。

道路沿いで交通課が二人の男の死体を見つける。
一人には「グアダルーペの聖母」の入れ墨があり、コヨーテ本人であることがわかる。
この事件の被害者であった。
検死の結果、顔には犯人の唾液がついており、つばを吐きかけたと思われた。

交通課のウェストがまたやってきて報告書はまだかとブレンダを問い詰める。
そして「交通事故より殺人事件のほうが重要」だと言わんばかりのブレンダの態度に
「事故を軽く見るな。被害者は事故現場に聖堂を建てているんだ。」と言い放つ。

その言葉に閃いたブレンダは現場付近で起こった事件を調べなおす。
すると3年前、密入国者15人が冷凍車に閉じ込められ犠牲になる事件があった。
被害者の家族であるカルロスを署に呼び、退院する予定だったヒューゴも署に
連れて来る。顔を合わせたカルロスとヒューゴは明らかにおかしかった。

ヒューゴにはビザを申請してやるからと、指紋をとる。
すると指紋は3年前の事件のものと一致した。ニューゴは運転席にいたのだ。
そして口を開こうとしないカルロスには、「ヒューゴと同じ刑務所に入れるぞ。」
と脅し3人を撃ったことを自白させた。
カルロスは5年前に大金を払って家族とアメリカに来て暮らしていた。
祖母の危篤で両親だけ一旦祖国に帰り、また大金をコヨーテに払ってアメリカに戻る
時に被害に会ったのだった。

「どんな理由にしろ法を破ってはいけない。」というブレンダに、
「法が俺の両親を守ってくれたか?」 とカルロスは言い返すのだった。


続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

若いっていいね!

く?っ!最初のほう見逃しました!!
オーディションとか東京公演の見学のようすがあったのかな?
観始めたのは、子どもたちが楽屋に挨拶に行くところから・・・

羽根渕さん2★

大先輩?羽根渕さんにご挨拶。 布施さんが紹介してくれてたみたい。
舞台で稽古風景も。やはり布施さんが指導していらっしゃいました!

稽古4芝さんと竹内くん ★


芝さんが優しく指導・・・。

芝さん抱える ★


芝さんインタ2 ★

竹内くんについて語る芝さん。元気ハツラツの将人くんを誉めていらっしゃいました。

岡崎さん3 ★★

公演委員長、岡崎さんのありがたいお言葉です。
パンフはお髭があるけれど、こういうお顔でいらっしゃるんだぁ?!
いいお声の落ち着いた話し方。かっこいいですね!

初日挨拶 ★

初日、全員集合です。 「よろしくお願いします!」
あれれ・・・挨拶もそこそこにひとり立ち上がる芝さん・・・。
皆さんパンと手を打って、拍手しているのに・・・(笑)
村さんだけすでにメイクをしているような・・・。

楽屋練習2 ★

楽屋での最終チェックです。田中さんと二人で・・・「こんな感じ・・・。」
そしてついに幕が上がる!竹内くんの出番は、田中シンバが手をつないで舞台袖へ。
優しいお兄ちゃんって感じ。微笑ましい・・・。 「さあ、行くぞ!」

竹内くん1 ★

10月から練習してきたこと、すべて出せました!

カテコでズラリ★

そして熱演が終わり、みんな笑顔のカーテンコール。
観客の興奮ぶりも半端じゃない感じです!!

ヤングせいぞろい★


終演後、出演した竹内くんと松下さんの労を他の子役たちがねぎらって・・・。
「次は自分だ!」・・・って感じでしょうか。(なんだ??このポージングはぁ??)
竹内くんは中一で最年長。コメントも態度もしっかりしているし、頭一つ抜けてる感じ?
最年少の川原くんは小学校3年生。カワイイ・・・。とても同じように演じられるとは
思えないんだけど、3年生にしてはありえないぐらいしっかりしているし、
大物になる予感・・・?がんばってね?!

楽屋の名前のプレート。田中さん、芝さんと同室にもう野中さんの名前が!
スカーで登場されるのかな?!?

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

「もしも昨日が選べたら」 (2006・米)

まさか・・・アダム・サンドラーの映画で泣けるなんて!

そんなはずはない・・・あまり好きじゃないのに・・・だって下品と悪意が過ぎるんだもの・・
でもこの映画はちょっと裏切ってくれました。

でもこれはあれですね・・・「ドラえもん」の世界ですよね!?

そう・・・コンセプトは「独裁者スイッチ」・・・それにタイムマシンを合わせたような。

もしも昨日が・・・

マイケル・ニューマンアダム・サンドラー)は常に苛立っていた。今の生活に・・・
美しい妻ドナケイト・ベッキンセイル)やかわいい息子と娘が居るのに・・・だ。

建築士としての腕はまずまずだと自負しているが、今ひとつ成果が出ない。
隣の金持ち、常に発情している飼い犬、通勤時の渋滞、年老いた両親・・・
何もかもに不満を持ち、ついには上手く操作できないリモコンにまであたる。

ある夜、家を抜け出しお隣が持っているという「万能リモコン」を買いに行く。
開いていたのは寝具・雑貨店。しばしベッドの上に横たわり思う。「人生に疲れた・・・。」
次の瞬間ふと「その他」と書いてあるドアが目に付き中に入り込む・・。
そこには謎の店員モーティクリストファー・ウォーケン)がいた。

もしも昨日が・・・3

マイケルはモーティから「君は善人だ。」と認められ、タダでリモコンをもらう。
これに「トリセツ」などはなく、目標物にクリックすると学習していくという。
ただし、返品は不可だというのだ。

わけがわからず家に持ち帰る。 仕事の邪魔になってうるさい犬にリモコンを向けると
なんと早送りしてあっという間にトイレをすます。音量ボタンで鳴き声が小さくなる。

「これはドッキリか何かだ!」とモーティの店に乗り込むと、詳しい機能を教えてくれた。
メニューボタンを押す。今までの自分の人生が映し出される。
行きたい時代を思いながらクリックすると、なんとその場面に行けた。
ご丁寧にも状況説明はプロのナレーターだ。

そのすばらしい機能を知ってからは、マイケルは都合よく利用しまくり。
自分が体験したくないところ、めんどくさい場面は人生早送りだ。
日本人との大きな仕事を、リモコンの翻訳機能を使って成功させたマイケルは
社長のエイマーデヴィッド・ハッセルホフ)にパートナーになるという昇進を約束される。
それも待ちきれないから早送り。妻との言い争い、自分の病気も終わるまで早送り。

それは予想以上に時をジャンプしてしまうこともあった。
早送りしている期間は自分の意思はなく、いわば代理が自分の役目を務めている
ようなもの・・・。そんな生気のない人間と共に過ごす者はたまらない。
その上リモコンの学習機能から、一度早送りした似たような場面になると、勝手に
早送りしてしまう。それは取り返しがつかない時間だった。
なぜなら決して巻き戻しはできないからだ・・・。

マイケルは大切な家族との時間を失った。
子どもの成長も見れず、親との別れも叶わなかった。
妻は水泳コーチ(ショーン・アスティン)といい仲になり、自分は地位と引き換えに孤独だった。

どうしようもない後悔とともに、マイケルは最期の時を迎えようとしていた。
こんな自分でも最後まで気にかけてくれている家族たちに感謝の言葉を述べて・・・





続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

デスパレートな妻たち3 「第14話」

よみがえった記憶

ザックはガブリエルと誕生日のプレゼントを買いに店へ。
大物を贈りたいザックとソープディスペンサーでいいというガブリエル・・・。
ちょうどベッドの上に乗っかっている時、ガブはルークという男性に一目惚れ。
ちょっとニブイところもあるが、ルークもまんざらでもない。早速誕生日に家へ招く。
しかしルークはザックもよく知らない部下の弁護士だった。
ガブリエルの家を見張っていたザックは、これから“デザート”を楽しもうという二人に
伝言を送る。 「ガブリエルと寝たらクビ」 そしてガブに大ダメージを与える一言・・・
「20代としか付き合えない。年くいすぎ!」 とルークに言わせる。

リネットが店長になりトムの店はいよいよ開店間近!
しかしトムのお人よしぶりは目にあまった。バイトの若者の態度は悪いが、
怒り役は常にリネット。イーディに頼まれ雇ったオースティンはドラッグをやり、
アンドリューの仕事ぶりもいい加減・・・。
しかしトムとしてはボスとしての威厳をみんなにひけらかしたかった。
リネットに「仕事では男を捨ててくれ。」と頼み、スタッフの前で怒鳴り散らす一芝居・・・。

ジェーンの葬儀に気が進まなかったが出席したスーザン。
おとなしくしておくつもりが、イアンを狙う女たちが気になって自分が彼女だということ
をバラしてしまう・・・。
おもしろく思わない女はスピーチでみんなにスーザンの存在を暴露。
スーザンは居たたまれなくなって死体安置室に逃げ込む。
イアンは謝って泣きじゃくるスーザンにプロポーズをしようとする・・・。

ブリーはアルマがレイプしたことをオーソンに伝え、警察に訴えるように言う。
どうにもならないと思ったオーソンはブリーに本当ことをすべて?話す。
ブリーは怒ってマイクの容疑を晴らすようにオーソンに言う。
オーソンはブリーにバレると心配する必要もなくなり、ある意味スッキリ。
脅しもきかないぞ・・・とアルマと母親に言いに行く。
焦るアルマ。グロリアはそんなアルマに嘘をついて部屋に閉じ込める。
一方、はしごに例のモニークの歯の袋がぶら下がっているのを見たブリーは
それを取ろうとしてハシゴを上り転落。 壊れるように仕掛けがしてあったのだ。
アンドリューとオーソンは慌てて救急車で病院に運ぶ。
不穏な二人の会話を盗み聞きしていたアンドリューは、病院スタッフに
「母さんとこの男を二人きりにしないで。」とお願いする。

マイクは記憶を取り戻す為催眠療法にかかっていた。
はっきりしたのは自分は殺していなかったということ。そして黄色い手袋の男・・・。
何度目かの治療でついに黄色い手袋の男の顔が見えた。オーソンだった。
マイクはオーソンに会いに病院へ向かう。マイクが記憶を取り戻したと知ったオーソンは
咄嗟に逃げようとするが・・・



続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

熊本ナラ特集

ナラ 満足


最後のポーズですよね。客席を見渡し、満足げな表情をしている彼女が印象的です。
うれしさがこみあげている感じ。インタビューで「ウルウル?ときた。」という場面ですね。

カテコ ナラとヤングナラ


カテコでの表情もいい笑顔!ヤングナラの松下由季ちゃんもうれしそう。

バーレッスン 熊本


レッスン風景もありました。顔にも体にも無駄なお肉がない人って美しい!(笑)
綺麗ですよね。ちょっと濱田さんにも雰囲気似てるなぁ?・・・
(あ、アイーダ色だからか・・・?)

声だし


この角度だと・・・アンサンブルさんたちがずらっと見えます!
後ろのマンマではダディーズが立っていた特等席(?)には・・・川原さんかなぁ?
そのお隣りの大きな方はどなたかしら!?

ラフィキ


久しぶりの青山ラフィキです! まったりロージーとは違います! 

ヤングシンバと芝さん 2


ヤングシンバと・・・芝ムファサ。芝さんのこの優しい表情。お父さんだわ?。

ヤングシンバ熱演


ヤングシンバの竹内将人くん。動画で見ると・・・すっごくいい表情をしていて!
さすがだなぁ?。14歳ぐらいだから・・・大きいヤングですよね?

福岡市出身ということで、熊本さん中心の内容でした。
声が・・・すっごく低くてびっくりしました。
なんか・・・姐御みたいで・・・カッコイイっすね!貫禄さえ感じました。

熊本さんは吹奏楽部でカラーガードやってたんですね。
私も、私も!!(笑) 旗をブンブン振り回してましたから! ダンスもありますよね?
ちょっと親近感です。(こっちが勝手に・笑)

不振が続く福岡の劇場の立て直しも視野に満を持して登場したとあって、
役者陣も気合いが入ります。」・・・というナレーションがちょっと悲しい。

でも、本当、ちょっと元気になってきた感じがしますね!
今はびっくりキャストで四季ファンも喜んでいるけど、役者なんか知らない人でも
演目自体に興味を持ってる人が多い。
しかも観たら・・・ストレートに伝わって感動できるんですね。

どうかこの勢いが続いて欲しいですねえ・・・!
関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

デスパレートな妻たち3 「第13話」

決意の時

オーソンはブリーからモニークの歯を見せられ、慌ててアルマに会いに行く。
アルマはオーソンとのことを全く諦めていなくて、子どもさえ作ればまた戻ってくれる・・・
と信じていた。そこで彼女は強硬手段。自分は日頃からホルモン注射をうっており、
オーソンには睡眠薬と「パーツがゲンキニナル」薬を酒と一緒に飲ませる。
無事オーソンをレイプした後、ブリーが現場に乗り込みアルマを殴りつける・・・。

「雪の精」に自分の生徒のシェリーが選ばれて、ガブリエルとバーンは大喜び。
・・・ところがそれはザックの審査員買収のおかげだった。
ザックが大金持ちだと知ったスーザンに、金を出してもらうよう頼まれたガブリエルは
マイクとの関係を知っていたこともあり、渋々ザックとデートすることを承諾する。
それなりにザックとのデートを楽しんだガブリエル。しかし約束していたおやすみの
キスでひともめ・・・。ザックが金を使って女修行?をしたことをからかったガブリエルは
悪いと思ってザックに花束を贈る。友人として・・・。
ザックは仕方なくポールに会いに行く。「ザックがすべて」と思っていたポールは
再会を喜ぶがザックは冷ややか。ポールは「フェリシアを見つけて。」「友だちになろう」
ともちかけるが・・・。

保釈金100万ドルをザックに出してもらい出所したマイク。
スーザンに礼を言いにいくが、イアンの妻が亡くなったこともあり深刻ムード・・・。

リネットは事件の後2ヶ月仕事を休んでいたが、いよいよ復帰の日となった。
バッチリきめたリネットに、トムが「店長が辞めたから助けて!」と泣きつく。
仕方なく迎えに来たエドと同僚に仮病を使い、二人を追い返す。
そしてピザ屋の宣伝となる「青空市場」に夫婦で参加。すっかり楽しんでいた所へ
ケイラが密告をしてエドに見つかってしまう。リネットは残業を承諾して何とか職に
しがみつくが、考え直した結果「家族」と一緒にいることを選ぶのだった。


続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

劇団四季 2008年 公演スケジュール

年間公演スケジュール表を作って見ました。

前は手書きだったのですが、ちょっと進歩・・・。(アナログ人間としては。)


クリックして見てください。

img137.jpg


(2008・2・9 更新)
関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

ザ・ドリームマッチ’08

すみませ?ん!今年もちょっと感想書かせてくださいね?!(;´▽`A``

まず19名の出場者・・・。前回からは(2007年の感想)ぐっさんとタカトシがいなくなり・・・
浜田と志村が司会と審査員に抜けて、ハリセンボンと千原兄弟が入ったわけですね。

フィーリングカップルからおもしろいです。
相思相愛で早く決まったペアはいいけど、人気がないというわけでなくても
すれ違いの場合売れ残っちゃう。
ウド、淳、ゴリは毎回振られ組で彼らもトラウマになってる様子。今回千原兄弟も・・・

早く決まってルンルンだったのは、川田と田中、ホリケンと蛍原、大竹と出川・・・
リョウとハリセンもすんなり。ゴリの熱烈ラブコールの末、遠藤がついにOK。
松本も「今までで一番やりやすい。」と選んだセイジ。ジュニアと天野は接点なし。
そして今年も残り物同士のウドと淳。

以下、個人的な感想で?す!

 川田&田中
川ちゃんはずっと田中と組みたかったんだって!内容は「ハトの恩返し」
田中がハトになり、東ハト・はとバス・ダブルクルック・クルックルワイパー・ハトヤ・・
など鳩のダジャレで展開する。田中の鳩の歩き方が笑いどころ?
川ちゃんの見せ場は、怒ってわけのわからない沖縄弁を出すところ・・・。
田中は緊張したって言ってたけど、全然余裕って感じ。相変わらず才能あると思うな?。
私はカワイイ&マッタリ系が好きなので、すごくおもしろかったです!

 ジュニア&天野
打ち合わせの時から二人ともテンション低く、シーンって感じ・・・。
あの天野っちでも合わない人いるんだな?。今まで話したこともなかったらしい。
最後まで平行線のまま、本番に突入。シチュエーションは野球部の監督と保健の先生
天野が部員に説教してる時、後ろの窓から女装したジュニアがちゃちゃをいれる。
お互い目も合わせず・・・のコントが成立。私は千原兄弟のネタなんて見たことないので
ジュニアの芸風は知らないけど、女に扮したところがよかったと思う。
グダグダっぽい演出?本当にグダグダ?

 ホリケン&蛍原
構想が、「漫才かコントか・・・と言ったらむしろ歌!」と言ってたホリケン。
ホリケンワールドで進む・・・。設定は定年間近の老教師と体育教師
ホリケン主体だけど、ホトちゃんの味もちゃんと生きてたように思う。
それにしても・・・「二回死ね」「ぴょん吉メタボ」「ミカンM男」・・・など笑った・・・
打ち合わせの「台本破ろう!白紙に戻そう!」もおかしかったな。
ホリケンはいじりやすいからホトちゃんを選んだんだろうな。暴走は宮迫で慣れてるし。

 ゴリ&遠藤
ゴリは何度振られても遠藤ひとすじだったらしい。遠藤はゴリの「実験的なコント」
に惹かれたって。結局おバカな扮装でのショートコント
私は一番笑えないタイプだった。ピーパ?ラパラッポ♪・・・シャキーン!なんて遠藤も
がんばってたけど、やってる人に好意がないと笑えない内容。
遠藤くんも家庭のゴタゴタで大変だったろうな?って余計なことまで考えてしまった。
「今年はバカしたい。」んだって!ゴリはどうして遠藤が良かったのかなぁ??

 亮&ハリセンボン
納得の組み合わせ。リョウがネタを作る。設定は・・・ボンテージ・エンジェル
コードネームのくだりが一番おかしかった。スコーピオン、ポイズンときて春菜が
「ポタポタ焼き」(笑) 結局「ハッピーターン」に落ち着く。(商品名の会社はオイシイ!)
他はさすがに学芸会っぽいネタ。ハリセンの二人ならいくらでも笑いがとれると思う。
しかし亮くんも意外に健闘してました?。不動産屋の見取り図もちょっと笑った。

 大竹&出川
大竹に100パーセント託した出川。大竹は「殺しながら生かす!」
設定は夜逃げ屋と借金男
静かにとんずらしたい出川に、大竹が騒ぎ立てて邪魔をする・・・。
なんともま?、二人のキャラを生かしたコントでした。大竹さん、カッコイイね!
彼らがベストパートナー賞!志村が気に入ったんじゃないかな?
私は大竹さんの笑いは好きだけど、まぁ、まあまあでした。

 松本&セイジ
ネタは松本ペースで。セイジに「おまえ噛むなよ!グーで殴るぞ!」と脅す・・・。
しかししっかり噛んでいた!(笑) つうか、セイジって人しゃべりがヘタじゃない!?
彼は彼で、松本のネタに納得してたのかどうか・・・?松本は自信満々。
内容は韓国のアイドル二人。ホットパンツにキラキラ衣装。「スミダ!」「ハセヨ!」
それだけでも笑えるが・・・。内容は韓国系ダジャレオンリーで・・・どうなの!?
松本のことだから、その微妙さを狙ったとしか思えない。そうじゃないと・・・
だけどコブクロの替え歌は使えそうでおもろかった。

 ウド&淳
昨年と同じ顔合わせ。なんだか・・・ミジメ・・・?
ウドのネタ帳のはちゃめちゃさがおかしかった。設定は医者と患者
ウドのオトボケ全開で、まあ普通におかしかったです。あれが限界だと思う。

 宮迫&三村
最初から最強コンビじゃない?って感じる。宮迫の猛烈アピールで成立。
メンタルクリニックでの医者と患者。宮迫が心理テストと言いつつ暴走する。
相変わらず宮迫はモノマネしたり熊になったりスキル全開で好き放題。
だけどちゃんとミムさんもらしさを出してツッコミおもろかった。
二人とも強すぎてバランスが悪かったのかな?。私は大笑いしたけど!!


こういうことやると、芸人としての資質が浮き彫りになりますよね?。
引き出しが広く、ひとりで十分笑わせられる人・・・
相手といると面白くなる人、面白くできる人・・・
空回りor確変系?・・・あとは普通の人に近い人・・・。
あっハリセンボンは私は高く評価してます!春菜ちゃんはおもしろし(人気出るよね)
はるかちゃんも賢いってわかったから?。
となると・・・ますますアンガールズ山根近づいてる感じだけど!(笑)

今年はそんなに突出したペアはなくて、それぞれおもしろかったで?す!
来年はまた入れ替えて欲しい。タカトシもよかったし、アンタッチャブルとかどうかな。
そして組みたい人と組んでも、いい結果(自分が活きる)ことには必ずしもならない
ということがわかりました?!

関連記事

テーマ : 年末・年始 特番アレコレ
ジャンル : テレビ・ラジオ

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。