広告
Singin' in the Rain 2007年12月

Mー1グランプリを見た!

優勝、サンドウィッチマン!・・・ですって?。

だれ?? 知らなかった?・・・。
でもおもしろかったです。ネタがないと言いながら、決勝もブッチギリでした。
他の出場者はひとりよがりなネタが多く、「どこで笑うの?」って感じだったけど
家族全員ですなおに笑えましたね?彼らは。涙出ました。

審査員の採点はほぼ・・・自分と同じ感覚でした。
トータルテンボスもはじめのネタはおもしろかった?。
二人に余裕があるし楽しんでる感じが伝わってきて。
・・・だけど、キングコングの方が、体当たりで勢いがあって勝ってたんですね?。
あそこまで仕上げるには10円ハゲができるぐらいだから、かなり稽古したんでしょうね。

それにしてもサンドウィッチマンは2本とも大笑いさせてもらいました。
強面の人が出てくるヤツ、結構好きなんですよね。
東京ダイナマイトにもちょっと似てるけど・・・それはあんまり好みじゃなくて・・・笑
むしろえんにちの笑いが好きさ!
あっあれは怖くない人がツッコミかぁ?。サンドのはネタももうちっと深いですしね。

ボケの富澤さんがなかなかいい味出してますね?。ネタ作りもやってるそうで?
もちろんツッコミの伊達さんもウマイのは言うまでもないのですが、
富澤さんの「ちょっと何言ってるかわかんないですね」もかなりウケます。
1000万良かったですね?。アパートに一緒に住んでる・・・というのが意味不明ですが、
富澤さんが言ってたように二人でもっといいところに引っ越して欲しいと思います。(笑)

レギュラーとか増えるのかな!?今のところ・・・ちょっと想像つかないですけどね!

ハリセンボンには期待してたんだけどな?。
だって意外におもしろいじゃないですか。彼女たち。
イロモネア・・・だっけ?あれも一番おもしろいと思ったぐらいです。アドリブもできて。
今回はネタが・・・ちょっと地味だった・・・?

だけどさ、ハリセンボンもキングコングも、すでにテレビにいっぱい出てて売れてる
んだから?優勝はしなくても良かった気がする。
だから結果オーライ! トータルテンボスは惜しかったですけどね?。

審査員なんていて、なんだかシラケるんだけど、とにかくおもしろければいい!
笑わせてもらいました?!
(ルミが「頭がボウズの人が何も喋ってない・・・。」と言ってたけれど・・・???)

兵隊さん?


我が家のイルミネーションのひとつです。(嘘)  ビバ!イブイブ!




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

前略 小川善太郎さま

かわいらし?いワンちゃんたちとの楽しい日々、四季の話題でいっぱいのきりさんのブログ。
度々お邪魔しているのですが、先日教えていただいたのです。 
この方のブログの存在を!!

パワー芸人・・・いや、違った・・・パワー俳優 小川善太郎さんです!

お人柄がよく表れているブログでした。(笑)
「仕事辞めました!」って、あっけらかんと明るいし、お付き合いを大切にしてあって
毎日を楽しんでいらっしゃる様子・・・。
とてもブログにコメントする勇気はないので、ここに書かせてもらってます。絵文字名を入力してください

お写真、雰囲気変わられたような気もしますが・・・やっぱりカッコイイですね!!はぁとvv

パーマヘア似合っていらっしゃる。
四季でももっといろんな役で観たかったなぁ?なんて思っちゃいました。
まあこれは善太郎さんに限らないことでしょうけどね・・・。
だけど逆に何百回も演じて役を極められるから、「この役はこの人!」って、
人々の心に深?くのこるのかもしれませんね・・・。俳優さんにとってはどうなのかなぁ?

私が同じ演目を何度も観る・・・という、いささか尋常ではない観劇の仕方のきっかけ
となった、2004年「ユタと不思議な仲間たち」福岡公演
善太郎さんは新太役で出ていらっしゃいました。とっても思い出深いです。

あ、2003年は「コンタクト」で拝見してました。それはそれはステキですよね。
ユタとミュージック・フェアの映像はお宝です。もきゅw
ティモンは残念ながら拝見してません・・・。あ、南十字星も・・・。

今まで劇団四季という閉ざされた世界にいた人が、ブログやHPを通してご自分の事を
発信されることが多くなりましたね。
ファンとしてはとってもうれしい反面、ちょっぴり戸惑いも・・・。
今まで「どんな人なのかな??」って俳優さんに対して興味を持っても、接する機会は
イベントぐらいしかなく、それもすご?く管理されたような状態なんでヘタなことは
言えないし、素のお姿なんてなかなか想像もできなかったじゃないですか・・・。

それがナマのお声や考え方に触れることができるんですものね。感激ですよ。
四季ももう少し開放感があったらいいんですけどね。
統制がとれているところがすばらしい作品作りに影響している・・・?
う?ん・・・秩序が乱れず、芝居に影響が出ない範囲でもっとゆるくなればいいのにな。

だって・・・きっと息が詰まると思うんです!!今の体制。

子どもじゃないんだし、ロボットでもないんだから、やることさえやってれば、
もうちょっとひとりひとりの俳優さんに自由を与え、尊重してくれたらいいのに・・・
それができないから辞めていかれちゃうんでしょうか・・・。
やりたいことができないってつらいでしょうからね。

話がそれましたが・・・善太郎さん、劇団四季でのご活躍は忘れません。
そしてこれからも応援しています。
来年はお仕事いろいろ決まっていらっしゃるとのこと。楽しみです。
福岡でも拝見できたらいいなぁ?。

とりあえず、1月6日は福岡シティ劇場へ参ります。
舞台からパワーをもらいたいと思います!キラキラ


関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

アグリー・ベティ 「第12話」

ソフィアの素顔

ベティはソフィアに「MODE」での体験談を書くように言われる。
戸惑うベティだったが取材することで「MODE」の良かったところも見えるようになり・・・。
ソフィアから「ダニエルがプロポーズしてくれない。」と泣きつかれ、ベティはダニエルに
ソフィアの気持ちを伝える。
ダニエルはソフィアを家に招待し、両親に紹介。そしていよいよプロポーズする。

ベティは昼休みにソフィアが別れたというハンターに金を渡しているところを目撃する。
ハンターは「ボーイ・レスク」という店の男性ストリッパーでバイセクシャルだった。
ベティは「なぜダニエルに偽の恋人として紹介したのか。」とソフィアに問い詰める。
さらに創刊号の記事を見てベティはソフィアの企みを知る。

生放送の「おはようアメリカ」で婚約発表をかねて登場したダニエルとソフィア。
必死で止めようとするベティだったが間に合わず。 ソフィアは生放送で堂々とダニエル
を振り、「60日間で遊びから結婚へ」という記事を自ら証明した。
利用されたダニエルはただただ呆然。怒って立ち去ってしまう。

誰もが気持ちを弄ばれ、公然と恥をかかされたダニエルに同情した。
そしてベティはソフィアに「MODE」に戻ると宣言する。


続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

デスパレートな妻たち3 「第11話」

アルマが現れて、アルマの側からの真実が明らかになる。
オーソンが言っていた通り、オーソンとの結婚はアルマの策略だった。
できちゃった婚に持ち込みはしたが流産。 結局暮らしていく中でオーソンの愛を得る事は
できなかった。 そんな中オーソンの浮気を知ったアルマは、気を引くために家出を試みる。
しかしオーソンは全く無関心。 こうなったら罰を与えるしかないと思うのだった。

スーザンはイアンに「会わない」と約束したにも関わらず、マイクに会いに行く。
有能な弁護士を雇ったという報告だ。 ジュリーにクギを刺されたため、マイクとは別れの
握手をして留置場を立ち去る。
さらに警察に電話し、オーソンがモニークと不倫していたことをタレコミ。
警察は、オーソンがモニークの死体と対面した時に知らぬふりをしたことを訝る。

ガブリエルはビルとデートを重ねる。
しかし生真面目なビルとはどうも趣味が合わず楽しめない。
マイクの家からその様子を見ていたカルロスはガブリエルをからかって楽しむ。
一方ガブリエルはピンクのバラを贈ったり、体を鍛えているカルロスを見て、
まだ自分に気があるのではないかと気になる。そんな彼女を見てビルは別れを切り出す。

トムがケイラを連れて来てスカーボ家で一緒に暮らすことになる。 
悪ガキたちもリネットも気乗りはしないが、ケイラはつらい目に会った・・・ということで
わがまま放題なケイラを大目に見て迎え入れた。
トムが開店準備で家にいないのをいいことに、リネットの前では手こずらせてばかり。
そんな時はいつもの悪ガキも役に立つ・・・。
トムはケイラと話し、「リネットにチャンスをあげて・・・。」とお願いする。
ケイラは「いい子にはするが、彼女を好きにはなれない。」と断言するのだった。

ブリーの家にアルマが訪ねてくる。 あまりの驚きに倒れるブリー。
オーソンも帰って来て、お互いの言い分を言い合いなんとなく終わったこととして収まる。
そしてブリーは友人みんなを呼んでパ?ティをすることを思いつく。
もちろん、アルマはサプライズゲストだ。
全員が席についた時、アルマを紹介。 オーソンが殺したわけではなかったことを
これで堂々と示せるのだ。 ・・・ところがそこへリドリー刑事がやってくる。
スーザンがタレコミしたことがブリーは「マイクのためなら誰でも裏切るのね!」
「もう友だちではない!」 と言い放ちスーザンに帰ってもらう。

ジュリーはオーソンと一線を越えるのをためらっていた。
ダニエルに相談すると、「がっつかない男は珍しい。」と励まされるが、立ち聞きしていた
アンドリューは、「男なら他で解消してるはず。あまり許さないと友だちで終わってしまう。」
とアドバイスをする。 その言葉に不安になったジュリーはついにオーソンを受け入れる。
・・・しかしオーソンの解消相手はダニエルであり・・・!!!

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

HEROES #11

交錯する能力

ジェシカはDLを撃つ。あと数センチずれていたら致命傷だった。
DLはマイカと共に森へ逃げ込む。 手当てをしているところへジェシカが追ってくる。
再び銃で撃とうとし、邪魔に入ったマイカを跳ね除ける。 そこでニキが現れる。
とりあえずホテルへ行こうと言う時に、ニキは警察に自ら出頭するのだった。

モヒンダーはNYへ戻ってきた。 そこには「お帰りなさい。」というイーデンのメモ。
父のリストを元に連絡をとって危険を知らせようとするが、誰も請合ってくれない。
そんな時、イーデンから 「やるべきことをやる。」という電話がある。

アイザックのもとへイーデンがやってきて「クレアが助かった」ことを報告する。
「それもアイザックのおかげ・・・未来を変えて。」と、携帯を渡して去る。
アイザックはヒロに電話しダイナーで会う。 ヒロは未来で手に入れた漫画を見せる。
そして見てきた爆弾の話、アイザックが頭を切られて殺されている話をする。
アイザックはつい最近「爆発男」を描いたという。
そしてさらに集中してキャンバスに向かう。 すると描いたのは、恐竜と闘うヒロの姿
立った。 ヒロは、「この刀を探さなきゃ・・・。」とつぶやく。

マットはFBIとジャッキー殺害の捜査に来ていた。手口がサイラーと似ていたからだ。
そして森で血痕と2つの足あとを発見する。 
容疑者として捕らえられたピーターに話を聞く。 ところが・・・マットの能力を身に着け
考えていることが読めるようになったピーターは二人を前に混乱する。
マットも同じ能力を持ったピーターに驚く。
そして「クレアを探して守れ。」と言われ、ベネットとクレアに来てもらう。
ベネットとクレアの前では何かにブロックされているようでまるで能力がきかない。
バーで意識を失った時と同じだった。 その物陰にはハイチ人が潜んでいた。

クレアは父に自分の能力のことを言おうとする。すると父はすでに知ってたという。
驚くクレアに、「今までお前を守るためにいろいろやってきた・・・。」と告白する。
能力を知っている弟とザックには、誰にも言わないように口止めしようということだった。
クレアは次に二人に会った時様子がおかしいことに気付く。 すっかり今までの記憶を
失くしていたのだ。 ザックとの友情関係もすっかり消えていた。
何かの力が加わったと知って怖くなるクレア。
そこへハイチ人が部屋に侵入してくる。 

「お父さんには記憶を消せと言われたが、記憶がなくなっては困る。秘密を守れるか?」

サイラーは捕らえられ、閉じ込めて食事だけを与えられていた。
ベネットは誰かに指示をあおぐが、彼を生かしておけ、と言われる。
それに反対するイーデン。 自分が人を従わせる能力を使って彼に自殺させると言う。
サイラーと対面するイーデン。 サイラーは「知ってて続けさせただろう!?」
と、ガラスを割りイーデンを押さえつける。 銃口は彼女に向けられていた・・・。

ピーターはネイサンによって保釈された。
しかしフラフラして倒れこんでしまう。 そこで見たイメージは・・・
NYの街・・・人は慌てて逃げ出したように誰もいない。 しかしモヒンダー、ニキたち親子、
ヒロとアンドウ、アイザック、ネイサン・・・みんないる。
クレアは不安そうに何かを訴えている。 やがてピーターの体は炎に包まれた・・・

ピーターは、「自分が爆発を起こすんだ・・・。」と言い残し気を失ってしまう。



続きを読む

関連記事

テーマ : CS,BS番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

クローザー2 「第10話」

守るべき家族

ジェニファー・ローリー宅で女性の死体が見つかった。
第一発見者は郵便局員のドレイバーだった。
被害者はソファで頭を撃たれ、部屋には覚せい剤の匂いがたちこめていた。
何も盗られてないことから金目当てではなく、麻薬がらみの犯罪かと思われた。

ところがジェニファーのカードを使ったことから女が拘束される。
彼女は手がつけられないほど興奮状態だったが、自分がジェニファー本人だと言う。
そして殺されていたのはマリアン・エルジーという女だということがわかる。

マリアンを調べると彼女も何度も麻薬で捕まっており、さらにID窃盗犯だというこがわかる。
FBIでID窃盗を捜査しているフリッツが情報を提供。 ジェニファーの居住地区には8件も
ID窃盗被害が出ており、同一地区に集中している事が不可解であった。

ジェニファーの家族が署にやってきた。
なぜか家族はジェニファーが死んだものだと思い込んでいた。
父親はアルツハイマーを患い、母親は手に負えない娘を冷たく見放していた。
ただひとり兄のサミーはジェニファーを心配し、麻薬更生施設に入れ、すっかりよくなった
と聞き彼女を迎えに行ったりしていた。
しかし彼女をタクシーで家に帰らせてからは知らないと言う。

サミーは度々訪れ、ジェニファーを連れて帰りたがった。
ブレンダはサミーから、「郵便物を止めていた」ことを聞きはっとする。
郵便配達員のドレイバーを呼び取り調べる。 すると被害者マリアンは自分の妻であり
局留めになった郵便物からIDやカード番号を盗んでは、マリアンに教え、不在の時は
家に入り込んで生活し、人のカードを使って買い物をしていたことがわかる。
ドレイバーは外から見て様子がおかしい妻を助けるため、気が動転して通報したのだ。

ジェニファーは誰かに狙われているとわけのわからないことをずっと喋っていた。
麻薬常習犯だった彼女は何度も逮捕歴があったが、麻薬課のリオスは彼女を情報屋
として野放しにしていた。 リオスが提出していた売人のファイルはまったく関係ないこと
がわかり、徹夜で張り込んでいたプロベンザらは本気で怒る。
麻薬課としても2年も追ってきた捜査を台無しにしたくなかったのだ・・・。

ブレンダは「思い込み」というキーワードからあることを閃く。
お喋りなジェニファーの携帯の履歴を調べる。 ジェニファーは一旦自宅に帰った時
家の中に人がいることに気付き、怖くなって離れのマットレスの中に身を潜めていた。
そこから兄サミーに電話する。 サミーは夜中の電話を受け、ジェニファーの自宅に急ぐ。
車で運転しながらの電話は45分間続いた。
そして家へ入り、覚せい剤をやっている妹を発見。 銃で撃ち殺したのだ。

サミーは妹のせいで家族がバラバラになったことを恨んでいた。
なんとか更生したと喜んだのも束の間、また裏切られたと思いカッとなってしまった。
しかし妹と思っていたのは別人だったのだ・・・。



続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

アメージング・レース5 #8

野生との共存が必須のタンザニア。 ここからのこり5チ?ムがスタートします!
AM2:54、社長夫婦がタクシーに乗って160km先のキリマンジャロ空港を目指す。
めざせ結婚、ボウリング・ママ、ルックスNO.1、双子と続く。

タクシー代が100ドルと聞いてみんな「高い!」と思ったが渋々承諾。
一番むっとしていたコリンのタクシーは後から来たチームに次々抜かれる。
おまけにタイヤがパンク。 使っていたのがスペアだったため完全に立ち往生。
そこへ通りかかった双子。 止まってやりスペアのタイヤを貸してやる。

ボウリング・ママも車のトラブルで止まる。 今度は双子は素通り・・・。
コリンのタクシーが止まり、携帯を借りて代車を呼ぶ。しかしコリンは嫌味も忘れない。

チップは運転手に20ドルのチップを奮発。 これが後々大変なことに・・・。

ニコールは支払いにシリングを混ぜたがる。しかし運転手は拒否。仕方なくドルで払う。

コリンは運転手に50ドルしか払えないという。 すんなり行けば1便に乗れたのに、
スペアで走ってそれがパンクしたのは運転手の責任であると。 それで大モメとなる。
運転手は警察に訴えて、あわや裁判沙汰に。 時間が迫りクリスティに時間の無駄と言われたコリンは仕方なく100ドルを投げつけて支払う。

到着順でチャーター便の出発時間が決まっていたのでAM8:30の便に社長とルックス、
AM9:30に双子とめざせ結婚、AM10:30にボウリング・ママが搭乗。

最初の便が出発。AM9:40にナイロビに到着。ここからアラブ首長国連邦のドバイへ向かう。
正午、無情にもボウリング・ママをのこして飛行機は離陸。

次の目的地は「バージュ・アラ・アラブ」

ここが開くのがAM8:00だったため、ボウリング・ママも結局追いつく。
タワーでヘリポートへ。 高さにビックリ。絶景だ。ここでクルーを得る。

次の目的地はバール・ドバイ地区にあるアブラ乗り場。 (アブラなどの説明)
タクシーで移動。 ブランドンはおつりをもらわず20ドル支払う。
社長、ルックスNO.1、双子が先にアブラに乗り込み対岸へ渡る。
ここでタクシー代が9ドルだったと聞き、ニコールはブランドンに「使いすぎ!」と叱る。
所持金が危ういキムも内心同意する。

対岸に渡ると、ダウ船のロマン船長を探しクルーを受け取る。

次は「分かれ道」だ。 どちらもアドベンチャー体験。スカイかオフロード

スカイは 「UMM AL QUWAIN AEROCLUB」に行き、3000mの上空から
インストラクターと共にスカイダイビングをするというもの。
ただし飛行機は45分おきにしか出ない。

オフロードはドバイ郊外の砂漠でオフロードカーを運転し10kmの道のりを行く。
デザート・サファリ・ツアー紹介。 ガイドは同行するが、砂に埋まると救援を呼ぶしかない。

スリル満点の課題を待っていた双子はスカイダイビングを選ぶ。ルックスのすぐ後につけ
タクシーで移動するがここで双子は大きなミス!
旗を発見しておきながら、慎重になったキャミが止まる事を拒否。
結局ブランドンの後を追うことになり2番手になってしまう。待ち時間45分間は痛い。

オフロードを選んだコリン。ダイビングをしたかったが、こちらのほうが速いというヨミ。
しかもオフロードは経験があると言う。 旗を辿り苦戦しながらもチェックポイントに到着。

少し遅れてブランドンとニコールがパラシュートで降りてきて後を追う。

チップはタクシーで16ドルしかないところを10ドルもまけてもらう。(無理矢理)
オフロードでも途中砂に埋まる。 リンダも苦戦し止ったり埋まったり。
2チームは救援を呼び、ひっぱってもらって脱出、なんとかチェックポイントに辿りつく。

双子も空から舞い降りていた。 しかし1歩遅かった・・・。

中間ゴール地点はベトウィンのキャンプがある砂漠のオアシスだ。
ラクダに乗ってGPSの矢印に従って800m移動する。



続きを読む

関連記事

テーマ : オススメ!番組!!
ジャンル : テレビ・ラジオ

アグリー・ベティ 「第11話」

運命を感じる瞬間

ベティはドッキドキの夢を見る。 ヤドリ木?の下でヘンリーとキスする夢だ。
それからはヘンリーを見るとすっかり意識してしまう。 ウォルターにも後ろめたい想いがある。
ヒルダは「ただの夢なんだから・・・。」 とヘンリーを避ければよいと言う。

ソフィアとあま?いひと時を過ごしたダニエル。 彼女にゾッコンのダニエルだったが、
ソフィアは冷却期間を置いたらどうかと言う。
他の人とも付き合ってみて、「手が汗ばんでドキドキする」のが自分に対してだけか
試してみたほうがいいと言うのだ。

ちょうど都合のいい事に、ランジェリーブランドのサンプルを着たモデルがうじゃうじゃ。
その中に以前付き合ってふられたエリンもいた。
色仕掛けで迫ってくる彼女とダニエルは思わずキス・・・アマンダは必死で止める。
しかしダニエルは喜ぶ。 「彼女とキスしても全然汗ばんだりしない!!」

ベティが「MYW」に引き抜かれることになり、ベティの後任を募集することになった。
ちょうど「モード」のクリスマスパーティの企画があり、今年は経費削減のためオフィスで
やることに。 アマンダは知恵とつてを使ってベティに全面協力。
自分を選んでもらおうとアピールする。 ヘンリーは予算管理を任されベティに接近。
豆知識を盛り込んだヘンリーとの会話はいつもいい雰囲気。
「夢の再現」かのような場面にベティは思わずうろたえる。

パーティは大盛況。

マークはウィルミナの秘密を知り大きな態度に出ていたが、謎の男の出現と、意味ありげ
なウィルミナの言い方にすっかりびびる・・・。
強面の男とどこかへ連れてこられ観念したが、男はただの車のディーラーで
ウィルミナは口封じのためマークに高級車を送ったのだった。

ダニエルはソフィアに電話し、自分の気持ちが確かなことを告白する。
彼を見つめるアマンダの想いも複雑だ。 その時抜けなかったティファニーの指輪が
スルリと床に落ちた・・・。

ベティとヘンリーは見つめ合っていい雰囲気。
・・・ところが次の瞬間、エリンがヘンリーにキスするところを目撃してしまう。
ショックを受け家に帰ってくるベティ。 そしてウォルターがやってきた。
手帳にスノーボール・・・そしてカレンダー。すべてウォルターのプレゼントだった。
それを知り、気持ちに感謝するベティ。そしてなりゆきで・・・キス・・・。

全然ときめかない。

手が汗ばみもしないし、ドキドキもしない。

自分の気持ちに疑問を持つベティ・・・。
ヘンリーからの電話はヒルダが「なかったこと」にしてしまっていた・・・。

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

クローザー2 「第9回」

神の選択

病院のERで「息子が殺された!」と女性が訴えてくる。
駆けつけたダニエルズとガブリエル。 メリッサが言うには、8歳の息子ニコラスは簡単な
内視鏡検査の最中に出血し、あっという間に亡くなったということだった。

病院関係者ハワードは執刀医が有能なウッズ医師だったため、病院の名誉のためにも
頑なに捜査協力を拒む。 
そしてメリッサがさもミュウヒハウゼン病であるかのように思わせたり、手術がうまくいった
ように偽装工作をしていた。

メリッサにも疑惑はあった。 医学生だった彼女は息子の担当医の研修を受ける予定
だった。 息子に対しては異常なほど過保護で、学校や友人、義理の両親などにも
被害妄想と思われるほど変わった行動をとっていた。
ジェイソンというボーイフレンドの存在もあった。
体の痣も謎だった。 
しかしそれは血小板の異常、ITP(免疫性血小板減少性紫斑病)が原因ではないかと思われた。

結局はその事実を知らない医師が検査をしたところ大出血を起こし、
4分間、脳に血液がいかない状態に陥り、回復の望みがないと勝手に判断した
ウッズ医師が処置をせず見殺しにした・・・というものだった。

真実を突きとめることはできたが、医師を起訴することはできなかった。


駐車場で響く銃声。
母親は自らの手でカタをつけるしかなかった・・・。

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

グレイズ・アナトミー3 #8

心の痣

メレディスはデレクとお風呂でイチャイチャ・・・。
二人とも超ゴキゲン! すっかり明るく元気なメレディスに。
デレクも余裕ができアディソンに対し明るく接する。 そんなアディソンは結婚指輪をまだ
はずせずにいたが、吹っ切れたように海に投げ入れるのだった。

イジーはアレックスにつく。 マークは相変わらずインターンを雑用扱い。
それを目撃したアディソンは「インターンは小間使いじゃない!!」と怒る・・・。
彼女を喜ばすために豊胸手術をした男。 自分のことを「フランク」と呼ぶ話し方にイジーと
アレックスは呆れるが、いつの間にかその話し方が移ってしまい・・・。
なんとなく昔の雰囲気に戻った二人。アレックスはイジーにキスするが、イジーはまだとても
そんな気持ちにはなれないと話す。

気絶して倒れ入院してきたジョージの父ハロルド。
検査の結果、食道と胃にガンが見つかる。 おとぼけ兄弟たちはいつもの調子で
現実を把握できない。 ジョージもうろたえていた。
カリーはジョージの兄弟たちと話を合わせ、うまく状況を理解させていった。
しかしジョージは別れたのだから出過ぎたことはしなくていい・・・というスタンス。
父親の心臓が手術に耐えられないことがわかり、大動脈の弁置換手術を前もって
やることに。 クリスティーナを一番のインターンだとつけてもらう。

そういうクリスティーナはジョージに「白衣を着たロボットだから選んだ。」と言われる。
「人間らしさを持ってもらいたい・・・。」とも。
クリスティーナはハロルドに「ジョージが一番のインターンです。」と言う。
うれしそうに微笑むハロルド・・・。

メレディスはベビーシッターに轢かれたミアを担当する。
母親が駆けつけるが、仕事一筋で育児はアンナに任せっぱなしだったため、ミアは
全く母親になついていなかった。 ベッドでもアンナの姿を探すばかり。
そんな姿を見てメレディスは、「面倒を見れないのになぜ子どもを産むのだろう・・・。」
と思わずつぶやく。 執刀医だったベイリーには聞き捨てならない言葉。
最近は特にナーバスになっている問題だから余計だ。
 ベイリーは家に電話し受話器を通して子どもに歌を聴かせてやるのだった。

リチャードは妻アデルとの関係を修復したいと思っていた。
メレディスの母の元へは足しげく通っていたが、それも考え直さなくてはいけない。
そこで 「もう会いに行けない・・・。」とメレディスに告げる。
自分よりもリチャードの訪問を楽しみにしていた母を知ってるだけに、また悩みを抱えて
しまうメレディスだった。

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

グレイズ・アナトミー3 #7

再出発

デレクは一人になりたいためキャンプへ行く。 バークに声をかけるが、なんとバークは
ジョージや部長も誘い、なぜかジョーと恋人、アレックスまでついてくることに。
パジャマ・パーティの男版といったところか・・・!?
テントを設置し釣りを楽しむ。 家族で経験のあるジョージはちょっと余裕。
経験のないアレックスを事あるごとにからかう。 それに腹が立ったアレックスは
カリーがマークと寝ていることをジョージに告げ口する。二人は大喧嘩に。
とばっちりを受けたのがジョーの恋人、ウォルター。
ケンカに巻き込まれ額を怪我する。 釣り針を使って応急措置。アテンダントに縫って欲しい
というジョーに応えてバークが処置をする。
ジョージはバークの手の震えを見てしまってからそのことが気になって仕方ない。

メレディスはマークにつくことになる。フェロモン男は常にくどいている状態。
夫が性転換手術を受ける夫婦を診ることになる。
デレクに「時間を置いて頭を整理したい。」と言われたメレディスは、マークとバーで飲む。
マークはデレクは表向きはいいが中はボロボロなのでやめたほうがいいという。
しかしキャンプから戻ったデレクはバーに来て、最初の出会いのように
「はじめからやり直したい。」とメレディスに打ち明ける。
マークは気付かれないようにすっとその場を去る・・・。

クリスティーナはボードの名前を消したことがばれ、ベイリーに一線からはずされる。
理由を聞かれるがどうしても口を割らないクリスティーナだった。

イジーは以前ベイリーの代わりに来て苦手だったシドニーにつくことになる。
なんとか逃げようとするが彼女もしつこい。
デニーの話をふられ頑なな態度をとるイジーに、自分の失敗談を話し、「無理しなくても
いい時もある・・・。」とアドバイスするのだった。
イジーは思わず今でも頭の中はデニーのことでいっぱい・・・だと打ち明けてしまう。

アディソンはシャワーで転んだという妊婦を診る。
腕の怪我はカリーが診た。 胎児の様子を調べると、亡くなっていたことがわかる。
アディソンは幸せそのものだった夫婦に残酷な事実を告白することはとてもできず、
耐えられなくなってトイレにこもって泣く。
マークとの関係があったカリーはアディソンにシンパシイを感じるのだった。

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

グレイズ・アナトミー3 #6

身を捧げる覚悟

クリスティーナはバークの後遺症を隠すため、オペには必ず入り彼をサポート、
オペの予定も人選もひとりで仕切っていた。
バークの片腕となるためオペの予習は欠かせない。仲間と話す余裕もない。
難しいハンプティ・ダンプティ手術にベイリーが参加を希望していた。
オペの様子を見せるわけにはいかないクリスティーナはボードのベイリーの名前を消す。

イジー復帰にあたって、ベイリーは部長からまた下につかせるよう言われる。
戸惑うベイリーに部長は、「病院内から君の判断力に疑問の声が出ている。」
 「信頼を取り戻せ。」と言われショックを受ける。
そんな時にバークの手術から締め出され益々落ち込むのだった。

デレクの元に5人の姉のひとりナタリーが訪ねてくる。
ナタリーは産科医でアディソン、マークとも親しかった。
メレディスには風当たりが強かったが、デレクは心配して来てくれた姉に礼を言う。

復帰したイジーはベイリーからメレディスにつくように言われる。
しかしほとんどが禁止事項でできることは見学だけ。口出しすることもできない。
火傷の患者を担当するが、彼女の話から司法試験に落ちたくないのでわざと火傷した
・・・ということをイジーは見破る。
彼女は精神科で治療することになった。
メレディスはイジーの判断を高く評価する報告書を書いた。

子宮がふたつある妊婦が転院してきた。夫婦は深い絆で結ばれているようだったが
検査の結果、双子の妊娠時期が違い、父親違いだということが判明する。
父親はショックを受け立ち去ったが、一人目が帝王切開で生まれる事になる。
手術に入ったジョージはもうひとりの胎児を任されていたが、動きが止められず危険な
状態に。しかしオペに入っていたアレックスが胎児に話しかけ窮地を救う。

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

デスパレートな妻たち3 「第10話」

クリスマスの奇跡

ガブリエルはミスコンに出る子どもたちの指導。 中でもエイミーは全くセンスがなく、
自分の評価を、育てた子でされるとたまらないとバーンと切る事を決める。
ところが・・・エイミーの父ビルを見るや、ガブリエルは一目惚れ。
奥さんを1年前に亡くした彼は、料理も自分で作ってガブリエルをもてなしてくれる。
しかし娘のエイミーはおもしろくない。父親の結婚相手は親友シェリーの母親だと決めて
いるからだと言う。 ガブリエルは悪知恵を働かす。
ミスコンに意欲満々のシェリーに、ダンスがヘタなエイミーと組ませることを言い、
二人は仲違い。ガブリエルの思惑は見事的中、ビルとの関係に障害はなくなった・・・?

リネットがマクラスキーさんに告げ口したことをきっかけに、アートの噂は街中に広がった。
アートはスイミングスクールのコーチをクビになり、数々の嫌がらせを受けた。
妹レベッカからは「あなたの誤解だったらどうする気?」と訴えられ、リネットは後悔する。
しかしまわりはどんどんエスカレートしていった。
プラカードを作り家の前で「出て行け!」と大騒ぎ。 そんな中病弱なレベッカは心停止で
病院に運ばれ亡くなってしまう。
罪の意識にさいなまれたリネットはアートに声をかける。
ところが返ってきたのは意外な言葉だった。 妹は兄の正体を本当に知らなかったのだ。
そんな妹を裏切る事はできず、いままでヘマをしないように自分を律して生きてきた。
妹が亡くなった今、箍が外れ自分は自由になれた・・・。
リネットは驚愕し庭のサンタにゾッとするのだった。

スーザンはイアンに両親が遊びにくるので食事を作ってもてなして欲しいと言われる。
料理は大の苦手のスーザン。死者を出すわけには行かないとブリーに応援を頼む。

そんな時マイクがモニークの殺害容疑で逮捕される。
先日押収された工具箱のレンチからモニークの血液が出たのだ。
マイク自身は記憶がはっきりしないので何とも言えなかった。もしかしたら自分がやった
のかもしれない・・・という疑念も拭いきれない。

この一報に3人はそれぞれ違った反応をした。
イーディはとても支えられないと自分から別れを告げた。
スーザンは「あなたが殺してないのはわかってる。」と力になりたいと申し出る。
ブリーはオーソンの疑惑が晴れると喜んだ・・・。

久しぶりのブリーの家でのポーカーでスーザンとブリーはぶつかる。
お互いに相手の男が犯人である方が望ましいのだ。
二人は喧嘩別れ、スーザンはオーソンの尻尾をつかむため鍵を盗み出しオーソンの
歯科医院へ。 とそこへブリーがオーソンに会いにくる。
オーソンに説明を求めると、元々アルマを愛していたわけではなく、たきつけたのは母
だったこと。別れようと思っていたが父の死後は母がすべてで逆らえなかった・・・。
と弁明した。 オーソンをまだ愛していたブリーは彼の言葉を信じ母を追い出すことにする。

隠れていたスーザンはオーソンの所持品を発見する。
そこにはエルムリッジ精神科に入院しているオーソンの写真と資料があった。
急いで家に戻ったスーザンはイアンとの約束に40分の遅刻。
幸い両親の来訪は翌日になったが、マイクのことに再び夢中になっているスーザンに
イアンは不安になり腹を立てる。
そして弁護士の準備などすべて費用を持つ代わりに、マイクとは会わないことを約束させる。

家を追い出されることになったオーソン母グロリア。
ナゾの女に電話。そしてこっそり会いに行くと・・・車にいたのはアルマだった!


続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

HEROES #10

6ヶ月前

マットは飲酒運転らしき車を止める。 乗っていた女性に車から降りるように言うが
「車に戻ってドーナツを食べたいはず・・・。」と言われると、言われるままに行動してしまう。
車の女はイーデンだった。イーデンもまた目の前に立ちはだかったハイチ人に拘束される。
ベネットの元に連れて来られたイーデンは、今まで犯してきた罪(窃盗・車泥棒)を知られ
いいように扱われてしまう。彼女の能力、人を意のままに操る事もできない。
ベネットにはチャンドラー・スレシュの元へ行ってクレアの名前を消して欲しいと頼まれる。

クレアはメンバー補充のためにチアリーダーに入らないかとジャッキーに誘われる。
念願だったチアリーダーになれると喜ぶクレア。しかし無理矢理コスチュームを着せようと
するジャッキーともみ合い、ガラスで掌に大怪我を負う。
しかしその傷も・・・すぐにすっかり元通りに治っているのだった。

ニキはアルコール依存症の会に出席していた。
酒を断って1年だった。そこに父親ハルの姿があった。
ニキは姉ジェシカの墓の前で動揺を隠せずにいた。父親が何をしたか・・・
思い出せないが思い出すのが怖くもある。 夫DLに父が現れたことを相談し
マイカの学費援助をしてもらうため祖父としての勤めを果たしてもらうか・・・という話に。
マイカの誕生日にパソコンをプレゼントしたハル。 ところがマイカがそのパソコンをすぐに
分解したところを見て温和だった様相が一変する。
ニキが何も覚えてないのを不思議そうに小切手だけ置いて出て行ってしまう。
その後ハルの元にニキが現れた。 明らかに様子が違う。
ハルの首を締め上げ、「自分はあんたに殴られ首を絞められ殺されたジェシカだ。」
「のこされたニキの代わりに自分が殴られていた。」 「二度と現れるな。」
・・・と言い残して立ち去った。

ピーターの大学卒業パーティ。
看護士となってホスピスケアを専門に働く予定だった。
ネイサンは夫婦で出席していた。ピーターとネイサンは父がリンダーマンと関わっている
ことを問題視していた。地方検事からリンダーマンを起訴せよと言われており
もしそうなると父は破滅だ。 ネイサンは軌道修正にはちょうどいいかも・・・と考える。
ところが帰り道、ネイサンと妻の車はリンダーマンの手下に追突され脅しを受ける。
その時・・・。ネイサンの体は宙に浮いていた。 ドライバー不在となった車は激突。
妻ハイディは脊椎を損傷し下半身不随の体に・・・。
同時刻、ネイサンの夢を見ていたピーターは連絡があってすぐに駆けつける。
リンダーマンを起訴するその日、ピーターは証人に立つ予定だった。
しかし父はそれを知る前に心臓発作で亡くなってしまう。

モヒンダーの父、チャンドラー・スレシュは特殊な遺伝子を持った人物を探し出し
それぞれに連絡をとっていた。 そのひとり、ブルックリンの時計職人であるガブリエル
に会いに行く。 彼は一目でその時計の内部構造を知ることができた。
自分の脳の検査に喜んで協力したガブリエルだったが、結果が異常なしとわかり
失望して荒々しくその場を立ち去る。その時・・能力者のひとりブライアン・デイビスの
メモを盗んできていた。
ブライアンを店に呼び出したガブリエル。咄嗟に自分を「サイラー」だと名乗る。
ブライアンは戸惑い気味にその場でテレキネシスを披露する。
彼の脳の内部を見たガブリエルはその異常に気付く。
「僕が直す。」と言いながら頭を殴りつけ・・・彼はその能力を身に着けた。

ヒロは1日前に戻ったつもりでいたが、その日は半年も前の4月24日だった。
チャーリーの誕生日だったその日、二人で記念写真を撮る。
ヒロは店で一緒に働きながらチャーリーと親しくなっていく。
そして自分が彼女を助けるために未来から来たことを証明する為、いろいろなことを
やってみせる。折鶴もそのひとつだった。
チャーリーはすっかり心を許したヒロにある告白をする。
自分の脳には血栓があり、いつ動脈瘤ができて死ぬかもしれない・・・ということを。
二人がキスしようとした瞬間・・・ヒロは現在に戻ってきた。それも日本に。
ヒロは能力も使えず、自力で再びアンドウの元に戻ってくる。
「未来を変えることはできなかった・・。」と肩を落とし、鶴を彼女の写真に添えるのだった。

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

アグリー・ベティ 「第10話」

思わぬチャンス

ダニエルが目覚めたのはベティのベッド。
ひどい二日酔いで熱もあり、せっかくイグナシオが作った料理も食べられない。
仕方なくベティのみ休みのところ出社する。

映画俳優でセレブのティムとクロエの赤ちゃんを、「モード」で初お披露目してくれることに
なり会社は大騒ぎ。 与えられた時間は3時間。
スタイリストのブルーノは赤ちゃんにメタリックな服を着せようとしたり、容姿をバカにして
暴言を吐いたりしたのでベティと衝突。
ダニエルに編集長の権限を任せられたベティはブルーノをはずしてしまう。

自分なりにアイデアを出して準備を進めるベティ。
一方、ダニエルは少しづつ回復しながらソラリス家のクリスマス準備の手伝い。
ツリーが買えない財政状況と知ったダニエルは巨大なツリーをプレゼント。
イグナシオ、ヒルダ、サントス、ジャスティンで手づくりのオーナメントを飾り付ける。
ツリーはいつも完成した状態で触ったこともなかったダニエルは、初めての体験。
相談してきたベティに、「撮影はここでしたらどうか・・・。」と提案する。

ウィルミナはマークを問い詰め、フェイに電話したことを告白させる。
ティムとクロエを空港に迎えに行く途中、運転手とトラブル。慌てて降ろされたウィルミナ
はバッグを車中に忘れマークと無一文で物騒な路頭に迷う。
クイーンズの教会に飛び込んだ二人は献金の入れ物に目をつける。
小銭を手にしたウィルミナは、代わりに高価なイヤリングを残していく。

ベティはソフィアのダニエルに対する心情を知ってびっくり。
ダニエルは単にふられたと思っているのだ。しかしソフィアは彼と新居を見に行く予定
になっており、モタモタしている時間はない。
彼らを引き合わせるためにベティはソフィアに送ってもらうことを口実にダニエルと
話す機会を与える。ダニエルはゼリー・ビーンズのハトを渡して愛を告白。
ソフィアもそれを受け出発を遅らすことを決める。

ソフィアはベティに「モードはあなたの力がわかっていない。時間の無駄。
自分のところにぜひ来て欲しい。」と持ちかける。
ダニエルもベティの意思を尊重してくれるという。

そんなハッピーなクリスマスの夜、移民税関執行局の男が訪れイグナシオに逮捕状が?

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

郷里に錦を飾るったい!

今日の西日本新聞に記事が出ていました。

img115.jpg

(クリックで大きくなりま?す!)

あれ・・・?歌に定評がある熊本さん、メイクをしないとこんなお顔なんだ?!
田中さんは今回イイ表情!

直方市の出身なんですね。中一の時シティ劇場こけら落としの「オペラ座の怪人」を観て
感動、キャッツ・美女と野獣にも魅せられ、2003年に研究所入所。
LKではさまざまなアンサンブルを経験後、シンバに抜てき。
動物の骨格を調べ、動物園に行ってライオンの動きを研究したんですって。
「アフリカの色が楽しめるところが好き。舞台から出演者が飛び出す舞台。
観る人も参加型で見てほしい。」

熊本さんは福岡市で育ち、高校時代は吹奏楽部でオーボエを担当。
根性を鍛えられたって・・・。(笑) 確かにオーボエは孤独な楽器というか・・・
ソロも多いけど独特な楽器ですよね。味があるし・・・。
三度目の受験で合格、一人で上京、初舞台からナラ役に抜てきされる。
「ナラが故郷を旅立つ場面では、自分の昔とだぶらせてしまう。」とのこと。
「福岡にいるとき食べて育った水炊きやもつ鍋を食べて元気にやります!」

田中さんは
「東京ではばたきたい人たちの目標になれたらいい。
そして何年後かには共演できたらいい。」

熊本さんは
「田中さんとは戦友、幼なじみのようです。お互い高め合いながらやります。」


自宅が福岡市内だったら通えますよね?。
直方市は・・・ちょっと遠いな・・・。
だけど親類縁者、同級生・・・は彼らの活躍を楽しみに観に行かれるんでしょうね!
そりゃ、誇らしいと思うもの!

もう劇場で稽古も始まるだろうし・・・あと一ヶ月なんだなぁ?!!


関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

木之元亮さんじゃないですよ!?

●カメラで音楽を撃て?写真家 木之下晃、創造の秘密?

をBS-hiでたまたま見ました。
見始めたら引き込まれちゃって最後まで釘付けになりました。
これは木之下さんの作品集のひとつ・・・↓

41MM1RCDXWL._AA240_.jpg
 

心筋梗塞で倒れられてからは、重い荷物を持てず無理ができない体の晃さんを
奥様がサポートして、助手として手助けしていらっしゃるとのことでした。
お二人の関係が会話を拝聴していてもとってもいい感じ。
お互いを尊敬し思いやって、まさに「あ・うん」の呼吸。
奥様は晃さんのお体を気遣って、もう少しゆとりを持って欲しいとおっしゃってました。
でも生きている限りは無理だろうって・・・。(苦笑)

だって拝見していても心臓がお悪いなんて思えないほどとってもお元気。
特にカメラを構える姿は、後ろから拝見してるとものすごくお若い!!

木之下さんの何がすごいって、なが?い時間をかけて撮ってこられた歴史と
音楽家たちとの交友関係、奥様手づくりのシャッター消音袋、舞台袖から絶妙の場所で
ベストショットを狙う・・・その技術・・・すべてですね?。
番組でもマエストロの自宅に招かれた写真だとかいくつか紹介されてました。
カラヤン、ホロヴィッツ、朝比奈隆さんとのエピソードも興味深かった。
気に入った写真を本人に選んでもらって、それにサインしてもらうんですね。

驚いたのが、こんなにも著名な方ですごい作品を出されているのに、もう何10年も
2DKの団地に住まれているということ・・・。
部屋は30万点(だったかな?)の写真と現像の器具やカメラの機材でいっぱい。
現像も彼のモノクロ写真のテクニックを「公表したくないんだけど・・・。」と言いながら
カメラの前で披露していらっしゃいました。もちろん私は詳しくはわからないけれど、
長年の勘と感覚で、簡単に真似できるものではないな・・・と。

さらに現像後の写真を乾かす機械も、ものすご?く骨董品的な物だったらしく
部品を取り替えにきたメーカーの方がびっくりされると同時に喜ばれたって。
最新の物にこだわる人もいるかもしれないけれど、やっぱり「物」じゃなく「腕」なんだな?。

その時自宅で現像していたのがロリン・マゼールの写真で、彼とも
すごく親しい関係とのこと。何十枚もある写真の中から、「これだ!」というのを選択。
確かにその一瞬を切り出したような写真で「音楽が聴こえてくる」んですね?。

あの佐渡 裕さんもデビュー当時から撮ってもらってるらしく、
「どんなに名演をしても音はその場で消えてしまう。写真としてのこるのはありがたい。
撮られることを意識するのは嫌なものだが、木之下さんだと不思議と力が入ってしまう・・」
みたいな話をしていらっしゃいましたね?。
写真を見ると、曲のどの部分だ・・・というのがわかるとも。
やはり撮る側が「ここ!!」という一瞬をわかっていらっしゃるからでしょうね?。

リッカド・ムーティも撮っていらして、今までに撮ったものをお見せになってたんです。
本人がある1枚を見て口に出したのが・・・「マンマ・ミーア!!」
初来日の時の写真です。70年代だったかな・・・?確かに若くてカッコイイ。
それが今の息子さんにソックリなんですって。ぜひ見せたいっておっしゃってました。
ムーティの指揮もちらっと映ってたけど・・・ステキですね!!パワフルな後姿・・・
ファンになりそうです?・・・!!↓これはムーティですが違う写真です・・・
リッカルド・ムーティ


木之下さんの話に戻りますが、番組では最後に木之下さんが長年行きたいと望んで
いらした、スウェーデンのドロットニングホルム宮廷劇場にご夫婦で行かれてました。
このスウェーデンの風景がすごく綺麗!!夏ということもあって空も木々も輝いて。
劇場は王亡き後200年も手付かずでほったらかされていたため、逆に当時のまま
のこっており世界遺産にまで登録されたそうです。
オペラのための舞台装置なんてまったく改修してないということでした。びっくり。
自然光を利用したり、手作業で大人数が動いて舞台装置を動かしてました。
数百年の時が止まったような建物の中で、地下から舞台から愛おしむようにシャッターを
きってあった木之下さん。裏方の落書きや、1700年代の書き込みらしきものもあって
それはそれは歴史を感じました。
ミシミシいう木の床だって当時のままで、そこをかつての人々が歩いたという実感。
ここへ来なければ味わえないもの。渡航はDr.ストップがかかっていたにも関わらず
無理して実現させて、本当に良かったって・・・喜んでいらっしゃいましたね?・・・。

木之下さんの作品を見たくなったと同時に、名指揮者の演奏も聴いてみたくなる・・・
そんな番組でした。 いや?・・・何かを生み出す人ってすごいですねっ!
関連記事

テーマ : CS,BS番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

アメージング・レース5 #7

のこるは6チーム。 AM5:33、めざせ結婚!からスタート。
タクシーでルクソール空港へ向かう。先発のエジプト航空に間に合ったが、飛行機が遅延。
結局全チームが同じ便でカイロに到着。 またタクシーで新空港へ移動。
タクシーでは抜きつ抜かれるのし烈な争い。 到着後クリスティがミルナたちを通せんぼ。
2チームは完全に敵対関係に。コリンらは他のチームをとりこんで孤立させる作戦に。
ミルナらはボウリングママにコリンたちのひどさを訴え行動を共にする。

先にスイス航空を押さえたコリングループ。 ナイロビへの到着は明日の夜の予定。
ミルナたちはガルフ航空を押さえる。朝の6時半には着く予定。
しかし早い便に気付いたコリングループはみんなガルフ航空に乗り換える。

従姉妹とボウリングは賭けに出る。 30分早く着くドバイ経由に乗り換える。
他のチームはアブダビ経由でナイロビへ。
・・・ところがドバイ経由は2時間の遅延に!!だいぶ遅れをとってしまう・・・。

到着後はチャーター便に乗り換え行き先不明のどこかへ!
8:00発にめざせ結婚・社長、8:45発に双子・ルックスNO.1、9:30発にボウリング
・従姉妹が乗る。 小さな飛行機にちょっとドキドキ。

タンザニアに到着。
ここからはバスで110km離れたムトワンブの街へ。

乗り合いバスは無法地帯? 運賃もずいぶんいい加減。
最初のバスは5ドルで、ルックスと双子が乗ったバスはいきなり金額をふっかけられ
100ドルを要求。途中ガス欠になりひどい目に会う。
従姉妹とボウリングママが乗ったバスは3ドルでOK。
立ち往生したブランドンらを一旦抜くが、トイレ休憩の間にまた抜かれる。

ここでは「分かれ道」。ハチとイスだ。

ハチは自転車で移動しアフリカミツバチの巣を2kg集めるというもの。
イスは家具店に行き2つのイスを荷車に載せ、送り先へ届けるというもの。

なんと全員がイスを選ぶ。
コリンは順調に届ける。社長夫婦は途中寝具店に寄られたりしたが無事届け、
家人に温かなもてなしを受ける。 ありがたくスイカを頂く二人。
のこり4チームはデッドヒート。 体力勝負となる・・・。

次の目的地はキバオニの「カビーシェ・ホテル」
ここでは「ロード・ブロック」 “ダチョウの卵を完食せよ”

一番に挑戦したコリンは卵を何度もこぼし調理に苦戦。 食べるのも苦戦。
チップはキャビアの時と同じくもくもくとこなす。双子はやっぱり苦戦。カレンも根性を出す。
ブランドンは口にいっぱいつけながらなんとかクリア。
のこったのは双子とシャーラ。ほぼ同時に食べ終わるが・・・

絶景をふたりづつケーブルで渡り、中間ゴール地点マニャーラ湖へ。

続きを読む

関連記事

テーマ : CS,BS番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

デスパレートな妻たち3 「第9話」

危険な男

イアンは少し迷った挙句、スーザンを自分の大豪邸に連れて行き泊まらせる。
しかし予定外だったのは休みでいないと思っていた執事ルパートがいたこと。
家主の夫妻に仕えるルパートにとってスーザンは、ただの愛人・二号さん・アバズレ・・!?
これから度々訪れたいスーザンが自分用の「引き出し」を用意して欲しいと言っても
ちょっとやそっとでは動いてくれない。露骨な嫌がらせばかり。
イアンもジェーンの物をすべてそのままにしており、スーザンを受け入れることは
ジェーンを心から追い出すような感じがしてためらっていた。
そんな心情を理解したスーザンに、イアンも決心する。妻を追い出すわけじゃない。
スーザンを空いたスペースに入れるだけだと・・・。

リネットはトムと幼児性愛者である隣人を訴えに警察へ。
しかし警察はリネットが不法侵入した疑いがあることを重視し・・・怒って帰って来る。
ケーキのお礼を言いに来たアートは、リネットが家の中を見たのか探りを入れる。
ごまかそうとするリネットだったがパーカーが喋っちゃって・・・オジャン!!
お隣が気になって異様に神経質になるリネット。パーカーがいないとアートの家に
乗り込む。すると・・・例の地下室はもぬけの殻・・・。
あのおもちゃは子ども病院のために集めており、すでに寄付したという。
まだ信用できないリネットは監視役として適任のマクラスキーに相談し・・・

ガブリエルはカルロスとの離婚が正式に決まり心にぽっかり穴が開いたよう・・・。
そこへスタイリストのバーンから子供向けの「キレイ塾」の講師をしてくれないかと
頼まれる。メンバーを見た時のガブリエルの態度は露骨だったが、指導するにつれ
だんだんにやる気が出てくる。そして喋りもつい調子に乗り、自分のモデル時代の
ダイエット話をおもしろおかしく話したから大変・・・。
子どもたちは真に受け食べ物を吐いたりタバコを吸ったり・・・親からは大ブーイング。
ガブリエルはなんとか続けさせて欲しいと、違う手で親をつろうとするのだが・・・

ブリーはオーソンの母グロリアに、体調管理も含めて精一杯尽くす。
しかし本人はアルコールも食事も禁止させられ自由のない生活に不満タラタラ・・・。
一人暮らしがしたいと言い出す。 オーソンは財政的にはイタイが一緒に暮らすよりは
マシだと家探しに協力する。イーディに予算内で探してもらうが物騒な物件しかない。
「とても一人暮らしなんかさせられない。」と、ブリーは結局反対する。
キレたグロリアはオーソンがモニークと不倫してたことを暴露。
今回ばかりはブリーはオーソンを信じられず、家から追い出してしまうのだった。

イーディはマイクの生活を助ける中で家計をチェック。・・・意外に苦しいことがわかる。
そこへカルロスが大親友を装って同居を申し出てくる。
新居のアパートを改装する2?3ヶ月の間、住まわせて欲しいというのだ。
親友・・・というのに疑問を感じたマイクだったが、生活費を折半してくれるとなると
願ってもないこと。
嘘を言って抜け出してきたトムと3人、アメフト観戦を楽しむ。
ある日持っていてはヤバそうな工具箱を埋めようとしたマイクは、張り込んでいた
警察に捕まってしまう・・・。




続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「恋人はゴースト」 (2005・米)

恋人はゴースト


エリザベス(リース・ウィザースプーン)はサンフラン・シスコ聖マタイ病院に勤める医師。
サラダとカプチーノだけで26時間勤務をこなす。仕事が命の彼女は真摯に患者に尽くし
ついには上司にスタッフ・ドクターを任命される。

そんな仕事一筋の妹を心配し、姉のアビー(ディナ)は男性との出会いをセッティング。
ところが勤務帰りに姉の家に寄る途中、エリザベスは大きな事故に会う・・・。

デヴィッド(マーク・ラファロ)は賃貸物件を探していた。
2年前に妻を亡くしてからは酒漬けで何もヤル気がおきず死んだも同じ状態。
趣味が合わない物件をいくつか見た後、ある物件に引き寄せられるように向かう。
窓からの景色は最高、暖炉に落ち着く家具付き、何よりすばらしい屋上がある。

ところが・・・そこは・・・出るのだ。
金髪の口うるさい女が。そこの住人だった幽霊らしく、家から追い出したがっている。
その元住人は・・・エリザベスだった。
エリザベスはデヴィッドとしか話せず、彼女はデヴィッドにしか見えない。

最初デヴィッドはエリザベスに早く消えてもらいたい為、自分のことを何も覚えていない
エリザベスの自分探しに協力する。
偶然出会った瀕死の人間を助けられたことで、自分が医師だったことに気付く。
そしてその勤務先を訪ねた時、こん睡状態で3ヶ月も寝たきりの自分にも出会う。

事故前、エリザベスは延命措置に反対する意思を示していたため、エリザベスの後釜
についたブレット(ベン・シェンクマン)から姉に、生命維持装置をはずすことに承諾する
サインを求められる。

まだ二人には時間が必要だった。しかし装置をはずすのは明日に迫っている。
すっかり気持ちが通い合ったエリザベスとデヴィッドは、友人のジャックも巻き込み
とりあえず病院から「体」を盗み出そうとする。
ところがその途中、呼吸器チューブがはずれてしまい・・・

続きを読む

関連記事

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: