広告
Singin' in the Rain 2007年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI失踪者を追え!3 「第13話」

自然史博物館で恐竜の化石に見入っていたイアン・ノービルがいなくなった。
イアンは自閉症だった。知能は健常者と変わりなかったが、
人との接触やコミュニケーションが極端に苦手なのだった。

日頃から学校や自宅にいる時、隙を見て逃げ出すことがあった。
従って弟のエリオットと父親が常に気をかけて彼の様子を見守っていた。

その日も言う事を聞かないイアンを父親が怒鳴ったことが逃亡のきっかけだった。
温かく狭くて落ち着く場所が好きだったイアン。
地下室では目撃者もあり、発信機と血痕が見つかる。

ジャックはその日に限って発信機を忘れ、隠し事の多い父親に疑いの目を向ける。
イアンが慕っていた専属の付添い人であるアニューが言うには
甲斐甲斐しく世話をやいていた父親は、ある日を境に変わってしまったと言う。
妻でさえ疑いの目は夫に向けられた・・・

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

もう君を離さない!!

アイーダのイベント後あたりから行方不明になっていた、劇団四季の四四季の季の 会員証

提示を求められる度、探し中だとかモニョモニョ理由をつけていたけれど、もう限界。
出てきそうにもないですしね・・・。はぁー
なんとなく原因は見えてきました。机の下に置いていたゴミ箱に落っこちた可能性大・・・。
先日もカサッと音がしたらSDカードが入っていた・・・。危ない危ない!絵文字名を入力してください

1994年に入会して、会員番号ももちろん覚えていたし馴染みがあったんですよね。
再発行代の1000円も舌打ちでしたが、それより番号が変わるのが悲しかった。
カードくんが空気を読んで、観劇前日に届けてくれました。アップロードファイル

なんと! 変わるのは数字一個だけだったんですね。
あ?よかった。覚えなおさなくてよいしちな♪

これからはサイフから「出したり入れたり」しないで、四季の会員として
誇りを持って?常に携帯したいと思ってま?すハート2

続きを読む

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

すごい盛り上がり!

VFSH0819.jpg


今日はムシムシあつ?いっ!!汗汗
そして福岡シティ劇場はもっとあつ?いっ!おんぷ

えっと、今日平日のマチネですよね・・・?
MMのファンクラブが来てるかと思うぐらい反応よかったです。
いや、初見さんもいたはず。でも最初のアナウンスで笑いがおきた感じから、

「今日は盛り上がるぞ?!」

っていう予感がいたしました。
予感的中、どおっ!とウケル、ウケル・・・
特に、みのさんの「おもいっきりテレビ」風な笑いでした。?
この舞台、笑いのポイントがオバサマ向けなんですよね?。
もちろん、若い人でもおもしろいだろうけど!

お隣に座ってた人が7?80代ぐらいのご婦人とその娘さん?
よくいろんな観劇をしていらっしゃる感じでした。
でも今日はシモネタ系のところで大ウケ。
あちこちで笑いがおきてたけど、毎回笑いが大きくなっていく感じがしますね?。

特にチキチータあたりから客席はノリノリ。エルモ♪♪
笑いはもちろん、三人の熱演には途中で拍手まで・・・
(ドナ登場の場面もちゃんと拍手ありました。・・・前はシーンとしてた・・・)

しかし俳優さんたち、若干声がお疲れ気味でしょうか?絵文字名を入力してください

あんなにバッチリきまってた早水さんの MONEY,MONEY,MONEY、声が裏返ってたし
その他でも危ないところや噛んだり・・・がありました。
だけど抑え気味に歌う♪この手をす?りぬ?ける?・・・なんてこっちも涙・涙だし
♪THE WINNER・・・も相変わらずすっばらしくてっ!

すばらしいと言えば、五十嵐可絵さん!
安定してきましたね?。歌もなかなか聴かせてくれますよ。
決して元気なだけのソフィじゃない。立派ですよ?。(上から目線?・・・)
特に今日感じたのは・・・「きらめきの序曲」がよかったな?!
これって曲もいいですねはーと 声質が合ってますよね。

そうそう、楽しみにしていたお初の明戸ハリーですよ!
登場!・・・まずルックス・・・飯野さんと・・・同じ役!?(すみません。)
でも何より驚いたのは甲高い?お声です。
こんなに高かった!?もっと凄みのある声だと記憶してたんですけど・・・
「どっから出てるの??」系なユニークで舞台人っぽい喋り方ですねっ。
栗原さんや渡辺さんが普通っぽいから余計にそう感じるのかな?
あ・・・ ポン 渡辺さんは普通っぽくはなかった。

だけど慣れたのかな・・・。渡辺サムがかわいく見えてきてしまった・・・。

ハリーとドナがパリの思い出を語る曲・・・。
やっぱり違いますね?。こうも演じる人で違うものか。
明戸さんは歌はアレンジもしていたし、十分に個性的な男の人って感じ。
飯野さんはハリーのやさしいけどおもしろみのない男のイメージが出ていて
ドナも一緒にいると安心してほんわかした空気が流れてた感じ。
明戸さんとは・・・それは感じなかったな?。緊張感ってほどではないけど。
でも・・・なんつうか・・・彼インパクトがありますね!!
結婚式の場面のカミングアウトなんて、とってもわかりやすいお芝居で。
飯野さんは全体的にさら?・・・明戸さんはメリハリがあって細かい・・・。
だけど私的には飯野さんと早水さんのアワ・ラスト・サマーが大好きでしたハート8

カテコも踊っちゃいましたよ?。おんぷsan
まわりもノリノリだったし!!
あ、お隣のお嬢さん(みのさん調)もしっかり立っていらっしゃいました!

やっぱりマンマ・ミーア!はすごい。 四季もすごい。

この盛り上がりは・・・広がっていきそうですよ?!!キラキラ

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

クローザー 「第12話」

2度死んだ女

ある麻薬常習者の女が心臓発作でロス市警に運ばれてきた。
検死をして身元がわかったら大騒ぎ。なんと彼女リサ・バーンズ
3年前にすでに死んだ事になっていた女だったのだ。

容疑者はウィリアム・クローリックという変質者で、すでに死刑が確定していた。
しかし、被害者のリサが別人だとなるとクローリックは誤認逮捕ということになる。
これは当時の検事官パウエルや捜査を担当したフリン、証言した医師たちの不祥事だ。

しかしクローリックが変質者であることに変わりはなかった。
生い立ちから彼は恵まれてはいなかった。
父親は麻薬常習者で母の顔をコンロに焼き付けて殺した。
里親の家ではネコに爆竹を飲ませたり、女の子にアイロンを押し付けたり
転々とするうちにどんどん凶暴になっていった。

彼が好む女には共通点があった。ブロンド・小柄の美人で麻薬常習者という点だ。
そして殺し方は残忍そのものだった。手足を切り落とし、死体に火をつけて燃やす・・・。
アンナ・タンディ殺しでクローリックは、殺害をほのめかすようなことを言っていたが
目撃者が麻薬で死亡し、この事件は不起訴になっていた。

そしてリサ・バ?ンズ殺害事件。彼は否認していたが、状況証拠と精神鑑定などにより
有罪となっていたのだった。

釈放が48時間後に決まり、ブレンダらは本当の被害者を見つけることに躍起になるが
タイム・オーバー。クローリックは釈放されてしまう。

しかしFBIフリッツの応援などにより、40名の失踪者から身元不明の被害者が
サマンサ・ジョーンズであることがわかる。
彼女は容姿・歯型ともリサにそっくりだったため、当時の歯科法学医も見誤ってしまった?
そしてサマンサは、精神鑑定医イーストンの著書にもレイプ被害者として載っていた。

そのレイプ事件の担当もフリンだったため、彼の上司テイラーも見捨てるほど
彼の立場は危うくなった。昇進のため、クローリックの指紋のついたライターや
リサの免許証を車にのこし証拠を捏造したのではないか。
やってないと否定するフリンをブレンダだけは信じた。

ブレンダはクローリックの話からあるヒントを得る。
クローリックは死体が体の中から凄まじく燃えていくのを見ることで興奮したのだ。
それにはマティーニなどの強い酒、燃焼促進剤が必要だった。
サマンサの死体にはそのような形跡はなかったのだ。

一方、フリンの大きな落ち度は立件を急ぐあまり、証拠をすべて検証しなかったことだ。
死体が乗っていた盗難車のテールライトには別人の掌紋があったのだ。

ブレンダは新たな犯人を見つけるべく、グラスに触らせることで掌紋をとる作戦に出た。
リサの元夫と現妻を呼び出し尋問をすることに。
相手を頼んだのはイーストン医師だ。
イヤホンでブレンダから指示を受け、忠実に任務を遂行する彼自身が
まさか罠にはまっているとは思ってもいなかった・・・。

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

ミディアム2 #10

今回の話はいつにも増してオカルトチックでした。
被害者の妄想的なものもあるけれど・・・出たんですもの!ひやー

つぐない

アリソンは夢を見る。夜運転しているとヘッドライトが消え、
目の前に飛び出してきた女の子を轢いてしまう。これは何の暗示なのか?

アリソンはヘッドライトの点検に来たスタンドで一人の女性に出会う。
彼女はテーブルで泣いており、ただごとではない雰囲気。
自宅で怪現象に悩まされ引っ越したいと言う憔悴しきった彼女の姿が浮かぶ・・・。

アリソンは声をかけ、何かあったら・・・と名刺を渡す。
ところがその彼女ナディーンが頭を銃で撃ち自殺してしまう。
ジェームズは彼女の近頃の様子から自殺してもおかしくはなかったと言う。

アリソンはまた夢を見る。ナディーンとジェームズが言い争っている。
妻は「言うべきだ。」と取り乱して言い、夫は「何を誰にだ?」と激しく詰め寄る。
その後、キッチンで夫がタバコを吸っていると銃声が聞こえた。

ある夜アリソンは車を運転していた。夢と同じような状況になりたまらず車を降りると
そこにはメラニーという少女がひき逃げされたという看板があった。
その看板を見つめるとビジョンが浮かんできた。

1年前のナディーンの誕生日。夫婦で酒を飲んだ後ジェームズが車を運転し
二人は上機嫌でいちゃいちゃしていた。
そこへ・・・飼い犬を追った女の子メラニーが飛び出してきた。
放っておけないというナディーンを無視し、ジェームズは車を走らせた。
飲酒している事もあり、罪に問われる事を恐れたからだ。

翌日、事情を聞くためスキャンロンがジェームズを引っぱってきた。
盗難車の話をし、その車がひき逃げ事故を起こした可能性があると告げると
ジェームズはあろうことか妻が運転していて、その罪悪感から自殺したのでは・・・
と、自分がやったことを妻になすりつけたきたのだ。
死人に口なし、証拠がない今、真相は闇に消えたかに思われた。

アリソンは彼女が銃を撃ったその後のビジョンを見る。
なんと、ナディーンはまだ生きていたのだ。
慌てて駆け寄り救急車を呼ぼうとしたジェームズだったが、ナディーンが
事故の事を話そうとしていると知って、電話をかける手をとめる。
そのまま妻の手を握りながら、27分間、彼女が息をひきとるのをただ見つめていた。

アリソンはこのままではいけないと夜中に車を出す。
すると後部座席に・・・ナディーン(の霊)が現れた。
真実を告白するチャンスは何度もあったのにできなかったこと。
そして夫の裏切りは、到底許せるものではない・・・と告げる。

ジェームズは鼻風邪をひいていた。
細工されたガス管からはガスが漏れ、部屋中に充満していた。
そして彼は臭いに気付くことなく、いつものようにタバコに火をつけた。
遠くで消防車のサイレンの音がしていた・・・。

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

リッチ VS プア

踊る!さんま御殿!!・・・おもしろかったです。
麒麟の田村さん、ずば抜けてました。smile-8
土田なんかが牛丼や雨漏りの話をしてたけど、そんな話、霞む霞む!!

住む家がなくなって、家族を公園に集め、「解散!!」・・・と言ったお父さん。
田村さんが友だちの家に住んでた時、別れたお父さんと偶然道で会って、
再び・・・「解散!!」・・・と言われたこと・・・。
そんなお父さんでも今でも大好きだということ・・・。
未だに離れ離れだなんて、びっくりです。
お父さんのこと、恨んでなくてとっても心配してる姿がやさしいな?って思いました。
お父さんと再会できるといいですね?。もきゅw

それにしても、雨絵文字名を入力してくださいがシャワー代わりで「中途半端な雨には腹が立った。」とか
「はっきりせいっ!!」って空に向かって説教したとか・・・笑えますな?。
いや、物悲しくもありますが。絵文字名を入力してください

他にも豪華な食事は体が受け付けないとか!絵文字名を入力してください
翌日必ず下痢したり、高級しゃぶしゃぶは2枚でダウンするんだとか・・・。絵文字名を入力してください

そういえば、ココリコの遠藤が言ってたな?。
まだ売れない頃、どこかのシャワーが100円?でちょっとしか出ないので、
あらかじめ家でシャンプーして泡をつけたままそのシャワーまで移動したって。
実際田中が、街中を頭泡だったまま歩いてるのを見かけたって。
嘘かしら・・・?

最初からリッチな人より、貧乏も体験してる人の方が絶対強いと思いますね。
どんなことをしても生きていけそうだし、物のありがたみもわかるし。

田村さん、このまま幸せになって欲しいです。はぁとvv
関連記事

テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

キャスト変更・・・ドキッ!!

まずは・・・福井ラダメス復活、おめでとうございます! 

誰に言ってるって・・・彼を待ち望んだファンの方や・・・もちろん
ご本人様にも言いたい気持ちです。heart0

福岡での・・・最初の登場シーンでワクワクした気持ち・・・忘れられません。
あの歌声、聴きたいなぁ?・・・ハァハァ
阿久津さんはちょっとお休みなのかな?新作はもうお名前ないし・・・?

こちらに関係あることとしたら、飯野さん・・・お疲れ様でした?ROSE PiNK
あ?飯野さんハリー観れてうれしかったな。

そしてウェルカム!!明戸さん!!
昨日までJCSに出ていらしたのに、いきなりですか!お疲れ様です?。
明戸さんはコンタクト以来かなぁ??どんなハリーか、楽しみです!

今週、観に行きます。スカイの彼はニッセイって噂もありますが、
吉沢さんは・・・こないのかなぁ?
夢のオフステでは出るっぽいことおっしゃってたから期待。

夢醒めといえば、全国は福岡とはずいぶんキャストが変わりましたね?。
メインでは田中部長&花田マコが変わらないぐらい?
野中デビル、あんなにすばらしかったのに、全国でお披露目できないなんて・・・。
ヤクザさんの関係もあるんでしょうか。
石井エンジェルは興味があります。まさにピッタリ。観てみたいな!!
真家さんは、パンフにはピコとして同列に写真がでっかく載っていて
見た目子どもっぽくはないな?・・・って思ったけれど、好評みたいですね。

四季の俳優層の厚さを感じますわ・・・。にたり、


続きを読む

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

ミディアム2 #9

絵画に宿る魂

今回はアリソンの夢からではなかった・・・んですよね?・・・名画から・・・。

公園のトイレで凄まじい血痕が発見される。2?3Lもの血液は
不法入国したメキシコ人グロリア・ソトの物だとわかる。
アリソンは「ジャックス・ギャル・・・」という言葉が浮かび、ある画廊を訪れる。

ジャックス・ギャラリーではジェイソン・モローという男の作品が展示してあり
アリソンはある女の肖像画が被害者のグロリアを描いたものだということに気付く。
そして犯人が女を無残に殺す場面まで見えてしまう・・・。

ジェイソンのアトリエに行くと、確かにグロリアの絵がたくさんあった。
木に靴が吊るしてある絵では、男がその木の側に死体を埋めるビジョンを見る。
犯人はまさにジェイソンかと思われたが彼はグロリアは知らないと言う。

スキャンロンが画廊をまわって集めたジェイソンの絵画の中から、
アリソンはグロリアと一緒に男の赤ちゃんのビジョンを見る。
そしてスキャンロンが、例の木の下に死体を埋めた現場を発見する。
そこから出た2遺体は20年前に殺されたグロリアの母イネスと男児だった。

20年前ならジェイソンは赤ん坊だったはず。
殺されたイネスがメイドとしてデイビッド・モローの家に勤めていたことから
疑惑の目がジェイソンの父、デイビッドに向いた。

かつてモロー夫妻は麻薬におぼれ、妻がAIDSを発症。
ジェイソンにも感染し、かわいそうに息子は死が間近であった。
妻が亡くなりジェイソンも・・・となると、夫のデイビッドに遺産は入ってこない。
デイビッドはイネスの息子トマスに目をつけ、イネスと我が子を殺し
トマスをジェイソンとして育ててきたのだ。

DNA鑑定を迫られると、デイビッドはすべてを告白するしかなかった・・・。


続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

FBI失踪者を追え!3 「第12話」

模範囚の手紙

予告!長々と見せすぎの予告!!
騙してくれましたね・・・え?と実際刺されたとしても血糊を使って演技するのは一緒・・?
まぁ、何はともあれダニーご無事で何より!汗;

失踪者=ジェームズ・マカボイ(ジェレミー・ダビッドソン)は
バーで酔った勢いで男性を殺して服役していた。
彼自身、幼い頃から酒乱の父親の暴力に会い、身を守るためには強くなるしかなかった。
恵まれない境遇もあって、これまでも悪い事ばかりしてきた。
務所では、カンザス率いるアーリア人ギャングの仲間に入っていた。
しかし聖書クラスで司祭の助手をすることで彼に変化が訪れた。

被害者家族との対面では、本当に罪の意識が芽生えていた。
涙の謝罪はその場の誰もが心を打たれた。
無事仮釈放が決まったが、マック(マカボイ)は自分の変化に戸惑っていた。
今さら善人になることなどできるのか、自分にはここがお似合いなのではないか?

二名の強盗殺人を犯したカンザスは、もう1件の殺人容疑、警官殺しがあがって
これが確定すれば死刑は免れない危機に面していた。
従って彼には目撃者である証人ドロレスを始末する必要があった。

外との接触を一切断られているカンザスには仮出所するマックが好都合だった。
しかしマックは殺人依頼を拒否した。
ギャング団から抜ける意思を入れ墨の皮膚をはがして見せた。
その行為がカンザスたちの世界で許されるはずもなかった。

カンザスは看守を買収し、乱闘に紛れてマックを教会へ呼び寄せた。
そこにはある指示を受けたランダルが待っていた。
入所から6週間、守ってきてやったランダルだった。

マックはすべてを理解し、ランダルの行為を受けた。
それが神が示した道だと・・・信じたのだろうか。

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

クローザー 「第11話」

自由を求めて

ロス市警VSFBI

根深い恨みつらみが双方にあるようで、最初から火花がバチバチ。
このドラマの視点だから仕方ないんだろうけど、どう見てもブレンダたちが優勢。
FBI側は協力者としてフリッツを送り込んでくるんだけど、パッとしない・・・。
すべて後手後手だしねぇ。
おまけにFBIの仕事っぷりといえば、まず被害者ラジ・モクタリを
テロリスト的な監視対象とし、金の流れを知る為などと言って200万ドルを渡す。
今回の事件でもFBIが躍起になっているのはその金の回収だ。
家宅捜査は乱暴そのもの・・・取調べには得意の拷問を使いかねない。

「自分がやった。」というアホな男が出てきたように、9・11以降イスラム圏の人たちへの
差別や反感はアメリカではひどいものがあるのだろう。
今回もそういう犯罪かと思われたが、実は・・・夫婦関係が原因だったのですね?。

ブレンダが言ったように、「離婚さえできれば」良かったのだけれど、
頭の中が17世紀のご主人だったらしく、いろいろ民族的な難しさもあって
レイラは「自由を求めたくても」身動きできない状態だったんでしょうね。
しかし、当然殺人が正当化できるはずもなく・・・。

今週もチョコチョコおもしろかったですね。
まずブレンダとガブリエルのコンビ。運転中、口だけワァワァうるさいブレンダに
サングラスを・・・二つも買って来て「これでしっかり見てろ!」って・・・。
古巣に帰ったフリンに、「俺とおまえは扱いが変わらんな?。」
なんて相変わらず意地悪く指摘され、シューンとなっていたのに、
ブレンダに(直接ではないけど)「もっとも優秀な部下・・・」と誉められ
ニヤリ・・・とうれしそうにするところなんか・・・。

ブロベンザの猿芝居もおかしかった!
つっている布をはずしたりつけたり・・・はドリフのコントのようだった。smile-8

タオがコーヒーを淹れてたけど、スプーンで何を投入してたんだろう?
ハチミツみたいなもの・・・。
ブレンダもおいしくてすっごく喜んでいたみたい。気になるな。

地味な顔ぶれながら、チームワークも出てきておもしろくなってきたのに
もうすぐ終わっちゃうんだ・・・。早かったな?・・・

FBIジャクソン役のジャック・コンレイって、映画「トラフィック」で
デル・トロとプールで向き合ってた印象が強い!!(あれも刑事役)
あれはおもしろい場面でしたよね?ハート8


関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

「すべてはその朝始まった」 (2005・米)

怖いっ!こわ?い!こんな映画だとは思わなかった・・・。
J.アニストンが出ているから内容を良く知らずワクワクして観たら・・・
いや、とってもおもしろかったんですけど・・・。

20070619155843.jpg

冒頭、イリノイ州立刑務所。
運動の時間にひとり独房に残りノートに何かを書きとめる男。・・・誰?

チャールズクライヴ・オーウェン)はCM製作の仕事をしていた。
元々は妻と同じ教師だったが、娘エイミーの糖尿病の治療のため
稼ぎのいい現仕事についていた。若干ワンマンな仕事ぶりであった。
エイミーは透析が必要なため、治療しながら自宅での学習を余儀なくされていた。
娘を救うには臓器移植と、高額な治療費が必要だった。
夫婦はこの7年間、そのために必死で金を貯めてきたのだ。

ある朝。チャールズは電車に乗り遅れある女性に出会う。
誰もが目をとめるような魅力的な女性。ルシンダジェニファー・アニストン)だった。

彼女は外見だけでなく、話すと知的でユーモアもありすばらしい女性だった。
チャールズは一番気がかりではあるが、娘の病気中心の家庭生活に
やや疲れていたのかもしれない。
ある日、会社での不当な扱いに憤慨していると、ルシンダから耳元で
「あなたの価値を知らないのよ・・・。」と囁かれ、すっかり舞い上がる。

二人の仲は急速に深まっていった。
ランチに誘い、バーで飲み、家族に嘘をついて・・・二人は宿を探した。

ルシンダは貞節な女だった。夫を裏切ったことなどないと言う。
ギリギリまで拒否していたルシンダだったが、運命には逆らえなかった。
タクシーをたまたま降りた場所にあった場末の宿。無言でふたりは部屋へ向かう。
それはロマンチックな一夜になるはずだった。
ルシンダの耳元で、銃を構える音がしなければ・・・。

続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : 映画

FBI失踪者を追え!3 「第11話」

16歳の誤算

あ?・・・なんだかイライラするエピだった!
「戻ったらいなくなっていた・・・。」というセリフが何回あった?」}」}

失踪したのはタラ・パターソン。父を幼少に亡くし母一人子一人で過ごす。
母親の期待に応えるべく、彼女は成績優秀(オ?ルA)で、進学に有利だからと
入っていた水泳部でも生まれ持った才能を発揮していた。

そんな彼女が様子がおかしくなったのは失踪から4ヶ月前のこと。
水泳部を辞め、他の子のレポートを書いて必死でお金を稼いでいる感じだった。
母親に一度合法ドラッグをやっているところを見つかったことがあり、
金もクスリのためかと思われたが、彼女には別の切羽詰った理由があった・・・。

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

ビックリ特番

劇団四季、新作の「WICKED」ついに明日開幕ですね。

wicked13.jpg


今朝・・・だったんですか、めざましテレビ・・・明日と思ってた・・・。
評判上々みたいで、観れる人がうらやましい!
豪華だし、本当に非現実的、夢の世界。楽しそうですよね?。

先日からビデオを整理してたら、福岡シティ劇場の杮落とし公演、
「オペラ座の怪人」の開幕特番の録画を見つけました。
もう11年前になりますよねぇ?。

RKBアナウンサーの田中みずきさんも10年分若くって。(笑)
今のほうが垢抜けていらっしゃるというか・・・服装の違いもありますか。

とにかく番組の作りが、そこまでやっていいの!?っていうぐらい大胆で。
怪人は村さん、クリスティーヌが井料さん、ラウルが佐野さんだったんですけどね。
今みたいに、インタビューもセリフのように決まってる感じじゃなくて
皆さん、素で話してる感じ。

特に井料瑠美さんなんて、開放的な人なのかな?
「クリスティーヌ役をずっとしたくてついに来た?っ!って感じでした。」
と、手放しの喜びよう。楽譜はすでに手に入れていて、決まった時には
すでに譜が頭に入ってた・・・っておっしゃてましたね。

村さんも衣料さんも(井上さんも)地元でやれる喜びを語り、他の人とは違う、
自分独自の役を見て欲しいって力説してました。
お亡くなりになったカルロッタ役の益満美江さんのインタビューもありました。

井上ちえさんもちらっとインタビューされてました。初々しい!
やはりラウル役の柳瀬さんもちらっと・・・。

開幕までの数日間をカメラが追っかけるんですけど、「そんなとこまで?」というのが多数。
今みたいに四季もガードが固くなかったのかなぁ?
我々がいつも通るエレベーター前に皆さんが集合してるところとか、
楽屋風景、メイクのドアップ、公演中のドタバタしてる舞台袖なんかも映してました。
俳優さんたちも「えっ!?」・・・って表情だった気がする。

ロージー役で今大活躍の青山弥生さんが、メグ・ジリー役で。
元気ハツラツでとってもかわいらしいの!

終演直後もカメラが舞台裏に入って取材。皆さん興奮気味。
井料さんなんて、感激して涙・・・。「お客様の拍手が温かくって・・・。」と。
佐野さんもハアハア言いながら、「良かったです・・・。」みたいに素で受けてました。

今はこういう取材はありえないよなぁ?。
昔はやはり四季も開放的だったのではないでしょうか。こちらが心配しちゃうぐらい。
今では・・・俳優と客との間に大きな隔たりがある気がしますよね。
どちらがいいとは言えませんけど。

今見て新鮮&ビックリな特番でした。
関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

ふたりのロッテ

2007年8月に自由劇場で上演されるんですね。
ビデオを見つけたので観てみました。

この原作本はちょうど私が登場人物と同じ10歳頃に、知り合いから頂いた本。
作者のエーリヒ・ケストナーもだけど、小学生の頃はこの手の外国文学が大好きで!
わくわく・どきどき、夢があるんですよね。
ただ・・・改めてこの本を読むと、翻訳本の文章の硬さに苦笑してしまいます。

・・・それで四季の舞台ですが・・・。

2000年の公演でしょうか?
おとなしく、女の子らしい(原作ではおさげの)ロッテ大月悠さん。
お転婆で男勝りな(原作では巻き毛の)ルイーゼ大月恵さん。

舞台ではショートヘアなんですよね。でもさすが双子、似てますね。
最初に登場するムテジウス校長先生、ど迫力の平野万里さん。
歌はさすがだし、雰囲気から温かさも伝わってきますね?。

ウルリーケ先生秋山知子さん。
この方もなかなか立派な・・・そして歌もお上手で。あまり拝見したことはないかな?

ペーター先生って・・・谷淳三さん。「あつみ」さんとお読みするんですね。
今は宮崎の方に帰って声楽家として活動中?
この舞台では他にも編集者とかお医者さんとかもされてます。

大きな役目を果たす二人の写真を撮った、アイペルダウワー立岡晃さん。
ヨボヨボっぷりがすごい!でもお上手。他に紳士の役も。
何しろこの演目、男の人(俳優)が3人ですよ!!貴重貴重。

そして・・・ルイーゼと暮らしていた音楽家の父親パルフィー氏
あの?柳瀬大輔さん!うふふ、やさしいお父さんでいい感じ。
でも歌らしい歌はほとんどないんですよね?。もったいない?

ロッテと暮らしていた雑誌社に務める母親ケルナー夫人坂本里咲さん。
う?ん、きれいです。ま・・・眉が細い感じ。
やはり歌も出番も多くはないけれど、知的で美しい母親と言うだけでピッタリ。
柳瀬さんとのダンスシーンはまさに「美女と野獣」のあのシーン。

前半の「子どもの家」の場面では、ウィーン組、ミュンヘン組と子どもたちがいっぱい。
群舞&歌があります。大月さんたちが本格的なバレエをされるので見ごたえあり。
テレビのせいなのかな・・・。皆さんの足が・・・すごく・・・たくましく・・・。絵文字名を入力してください

ファミリーミュージカルのアンサンブルだからか、ややバラバラしたところも
あるけれど、女の子たちの中で一際目立つのは・・・高城信江さん!
存在感あるんですよね?。
彼女を目で追ってると、あまりの忙しさにビックリしてしまいました。

最初はウィーン組の子ども。次にいい味出してるレージというメイド。
子どもたちの場面ではまた子どもになり、すぐにレージに戻ってロッテを迎えに行く。
何役もやるのはわかるけど、場面ごとにいったりきたりって感じで大忙し。
でも見事に演じきっていらっしゃいました!彼女大好きだったのにな?・・・。

ルイーゼが料理に苦戦している場面で、ケンカしちゃう相手(アンニー?)がいて
フライパンで見事にホームランっていう楽しいシーンがあります。
そのヤンチャな子は白石涼子さんでした。

そして一番の驚き。パルフィー氏の妻の座を狙う、鼻持ちならない女がいるんだけど
イレーネ嬢が清純派?の木村花代さんだったのね?。
本を読んだ時も、この女のイメージはそうそう、
イジワルで冷たくて・・・それはほとんどダンスでしか表されないけど、
あの木村さんが本当にイジワルそうで・・・良かったです。

ストーリーは両親の離婚で離れ離れになった双子の女の子が、家族4人で暮らせるよう
こっそり入れ替わって、奮闘する・・・というお話。
実際は一度ほどけた糸がまた結びつくのは難しいことなんだろうけど、
両親が別れた時がまだ貧しく、お互いの生活で精一杯だったことが原因で
愛情がなくなったわけではなく、今はお互い成功し余裕も出来たから・・・
ありえないことでもないのかな・・・?
子どもにとっては最高にうれしい結末でしたね。

歌はいかにも文学作品っぽい上品な曲が多い。
きれいなハーモニーを楽しむ感じです。
夢が叶うまで約束・・・の歌がいいかなぁ?
大月姉妹はバレエが専門だった人だろうから、歌は努力したんでしょうね。
「家族揃って一緒に暮らしたい!」という想いは表情からよく伝わってきました。
まさにこの二人のためのような作品でしたね・・・。

★女性アンサンブル

 林梨恵子 ・ 中嶋雅予 ・ 西村沙矢香 ・ 白石涼子
 鈴木智美 ・ 山崎ゆみ子 ・ 矢野香苗子 ・  張 小伊




続きを読む

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

ミディアム2 #8

まったくもう、ジョーってば隅に置けない!

誤解と混乱

アリソンの夢。選挙戦真っ只中のデヴァロスブラッドリー
デヴァロスの名前を書いた人はその場で悲鳴と共に消え、跡には血だまりが・・。
この不吉な暗示は何?

対抗馬のブラッドリーに会い、アリソンはCMのようなヴィジョンを見る。
クライド・モートンという男がレイプ殺人を犯す。
彼は3年前に住居侵入罪で捕まり、デヴァロスがまだ未成年であり更生の余地があると
服役を見送った青年だった。その男が殺人を犯したということで
ブラッドリーはデヴァロスの当時の求刑が甘すぎたと非難するつもりらしいのだ。

一方、夢では・・・。ある女性が自宅に帰って来た時にナイフを持った男に襲われる。
男の顔は見えないが、彼がクライドなのか?

アリソンはスキャンロンに頼み、事件を未然に防ぎ、デヴァロスを勝たせるため
クライドを監視することにする。
ところがクライドはスキャンロンの姿を見た途端逃げ出し、車にはねられ重傷を負う。

デヴァロスに激しく叱責され、自分でも愚かな事をしてしまったと落ち込むアリソン。
病室に見舞った時に彼の側にいたのは、夢で見た被害者の女性だった。

これはどういうこと?クライドに話を聞くと、彼女には別れたがっている夫がいるという。
凶暴で妻キャサリンは過去に暴力も振るわれ、クライドも狙われているという・・・。

事件はこれから起こる!
そう悟ったアリソンはスキャンロンを急いで彼女の自宅に向かわせる。

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

はまってきた?マンマ・ミーア!

初日以来、二回目、行って来ました!
今日は四季の演目は大体1回は観るという友人と?。

気分は晴れやかなのに今日から梅雨入り。アップロードファイル
しかも朝、人身事故のため電車のダイヤが乱れまくり・・・。
通勤電車並みの混雑でノロノロ進む・・・。う?ん。幸先悪し!!絵文字名を入力してください

本日マチネで、初見の方が多そうでした。
席も若干空いていて、拍手は・・・そりゃ?初日と比べたら!サビシー!
ところが笑いは大きかったですね?。おばさまたちにウケまくってましたよ。

正直私も、初日より、断然楽しめました!

前回物足りなかった音響・音量もちょうどいいぐらいになっていて、
迫力が十分伝わってきたし
役者のみなさんもそれぞれ調子が上がってきたのではないかな?

ソフィーは宮崎さんから五十嵐可絵ちゃんに代わってました。
サンキュー・フォー・・・の歌がちょっと今ひとつと思ったけれど
全体に思ったより歌えていらしたし、何よりかわいらしいですね。
しかも自己主張するところがはっきりしていてよかった。
ドナに、「父親がわからないような子どもは作らない!」(だっけ?)
と反抗するところなど・・・気持ちの揺れが伝わってきました。

スカイも田邊さんから岡田亮輔さんに代わって初見。(いい名前だ!笑)
最初のセリフを聞いて・・・「OH!さわやか!」
海外ドラマの吹き替えを聞いてるよう!(笑)
ただし、後は、「田邊さんはああだったな?・・・。」って思ってしまって。´д`トホホ
いや、スカイという役は十分にやり遂げてあったように思います。
(田邊さんが・・・たぶん目立ちすぎるんだな?。ダンスはキビキビだし・・・。)
五十嵐さんとお似合いでした。

とにかく、すべての場面が楽しくて楽しくてちな♪

ちょっとサムイ場面?は冒頭のソフィ・アリ・リサ3人の場面と・・・
父親候補三人が出会って話すところぐらい!(ごめんなさーい)

早水さんはマネー・マネー・マネーから聴かせてくれました?。
あ、でも前回演歌調だと感じたのはこの曲だったみたい・・・。汗
それとスーパー・トゥルーパーですね。(出だしの部分)
だけど歌唱力は圧倒的。しかも何かかわいらしいんですよね?ドナ。

今回、ものすご?くドナに感情移入してしまいました。
三人の元恋人の登場。なかでも一人は自分が深く傷ついて忘れられない人。
再会した時の「マンマ・ミーア」、自分も胸がドキドキ。

そして娘を送り出すときの寂しい気持ち・・・。ウルウル・・・。

サムとの激しいやりとり。他の二人とは違う、本当に気持ちがあるからこそ
真剣で強い口調になってしまう。
吐き出されるドナの今までの恨み・悲しみ・苦しみが伝わってきてせつない。
「S.O.S」は渡辺さんの独特の高音が早水さんとからみあって胸に響きます。

でも、あれですよね。サムって天然っていうか、ヌケてるんですよね?
最初から飄々としてるので、ドナに気持ちがあることがちっともわからない。
暢気に増築の話をしたかと思えば、設計図を床に投げつけて怒る。
何も言わずとも気持ちが伝わってる・・・と思うタイプなのか、
本当に純粋な人なのか・・・?だけど少しサムがわかってきた気がします。
1回目は一本調子に見えてよくわからなかったけど、愛すべきキャラだということ。

飯野さんの甘い歌声がとってもイイノ?heart0 (あ、すみません・・・)
この話に悪役は出ないとおっしゃってたけど、ハリーって本当にいい人。
(別に金を出してくれるからじゃありません。)
ドナにとっても気を許せる親友って感じなのでしょうね・・・飯野さんステキだ?。

カーテンコールも舞台上の皆さん元気イッパイで!
立ってる人が少なくて寂しかったんですけど、力いっぱい拍手してきました。
心から「ありがと?っ!!」って思いました。

ちょっとしたすれ違いから、失った20年間は大きいけれど
この後きっとホテルを増築・改築でもして、ドナはサムのオシリを叩きつつ
仲良くやっていくんだろうな?って・・・そんなことが想像できた舞台でした。
この作品の良さが以前よりわかって私もHAPPYです。おんぷsan





関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

怖い物見たさ・・・

ふくろうって怖い。

怖いけど興味ある。

なんでだろう・・・鳥なのに目が前についているから?絵文字名を入力してください

この顔を見ると、ドキーッとして心臓の鼓動が早まる感じがします。

ここすごいですね。 掛川花鳥園

テレビで見て調べてみました。まさに鳥パラダイス!!


アフリカオオコノハズクのこのゲンキンな?習性・・・。

強いものには弱く、弱いものにはデカイ態度をとる・・・。

笑っちゃいましたわ。  (面白かったので慌ててケイタイで撮りました!)

これが普通の姿。
07-06-12_13-51.jpg


強い敵が現れると、突然体が細長?くなって・・・木の枝のように!?
07-06-12_13-55.jpg


弱い相手には目をまんまるく開き、羽根も広げて威嚇。
(右端の後姿はロックくん。)
07-06-12_13-45.jpg


すっかりなめられていたのは、メンフクロウのロックくん。
07-06-12_13-56.jpg


でも無表情?で「何いきがってんの、コイツ?」って顔のロックくんがおかしい。y4

習性っていっても、強い者と闘うために自分を大きく見せるほうが普通だと思うけど。
身を隠すって意味ではわかるけど、臆病なんでしょうかね?。
ワルでいえば下っ端な感じがしますね!

しかし本当に・・・見れば見るほど・・・ふくろうってユニークですね。


関連記事

テーマ : 動物・植物 - 生き物のニュース
ジャンル : ニュース

クローザー 「第10話」

尽くしすぎた男

先週、重かったからですね。
今週はすっかり明るくおちゃらけた雰囲気でスタートです。
ブレンダ、果敢に縦列駐車に挑むが苦戦する。・・というか当ててたっけ・・・(笑)

殺人現場はダットン家の大邸宅。
死んでいたのはこの家に昔から仕えていた執事のアルバートだった。
アルバートは亡くなったダットン氏の後妻、アンジェリーナ殺害事件の容疑者だった。
一見首吊り自殺のようだったが、アルバートの死体を調べた結果
彼が足が悪かったこと、ハシゴに指紋がなかったことなどから
自殺ではなく殺人事件であることが明確になる。

容疑者はダットン氏の子ども3人。20億ドルという莫大な遺産問題があったからだ。
しかしディアナは薬物中毒。
デブリンはゲイで買春し放題。
デニスは10年前に恋人をゴルフクラブで殴り殺し、ジュネーブで逃亡生活を送っていた。
このどうしようもない3人を庇い、面倒をみていたのが彼らにおじさんと慕われる?
弁護士のブルームだった。

ブルームはブレンダが三人につきつける容疑を、ことごとく晴らしていく。
しかしそれが、自分の首を絞めることになろうとは・・・。
アルバートの体内にあった薬物を手に入れることができ、家の鍵を開けられて
何百万ドルもの金を自由に動かすことが出来た人物・・・
状況がまさにブルーム自身が自白しているようなものだった。



続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

後悔先に立たず・・・?

福岡シティ劇場、通算3000回記念の特別カテコも終わってしまいましたね。

ううう・・・結局行けませんでした・・・。

最近、出事が多いし家庭生活も大事にしなくては・・・ってことで。sc07

でも今週はチケットとっていますおんぷsan

だけど、なぜか、取り返しがつかないことをしてしまったような

いい様のない不安に襲われています。

本当は初日から今日までにもう一回ぐらい観ておくべきだった!?

気になるのはキャスト変更・・・あるんでしょうかねぇ????

はああ・・・タメイキが出てしまいます・・・。

一緒に行く友達も、コーラスラインのマイクを観て以来の彼のファンだから。

ちな♪か?みさ?ま?  おねが?い?・・・

あ、これはドナの(別の役の)持ち歌・・・絵文字名を入力してください

続きを読む

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

FBI失踪者を追え!3 「第10話」

一生懸命書いた記事が消えたので・・・簡単にいきます・・・。

クリスマス。ジャックは幸せだった家族の風景を思い浮かべる・・・。
現実には、親権争いのための宣誓供述が行われることになっていた。

マリアと怪しい関係の弁護士が代理人、
ジャックに対してグサグサと痛いところをついてくる。
ことに、子育てに非協力的だったこと、不在がちだったこと、不倫していたこと、
職業のせいで家族に及ぼす危険性と迷惑・・・。
さらにジャックの自殺した母親のことを持ち出し、ジャック自身も
以前自殺をはかったことがあり精神的に不安定であることを理由に
父親としてふさわしくないと責めた。

ジャックは執拗に責められ、堪えられなくなってイスをガラスに投げつけてしまう。

こんな形勢不利のまま終われない・・・とエドが再度、挽回の場を設けてくれたが
ジャックはそれを断りマリアと二人で話す。

「俺は父親には向いていない。子どもたちを頼む・・・。」


続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

福岡シティ劇場 公演回数・・・

3000回☆ありがとう!!

img097.jpg

img099.jpg

本日、西日本新聞の記事より。クリックで大きくなります。


1996  ★オペラ座の怪人   (圧倒されて、ウットリ・・・地元・村さん大抜擢)
1997  ★エビータ
     ★ヴェニスの商人
     ★美女と野獣     (豪華だし、とにかくHAPPY!)
1998  ★キャッツ      (懐かしさ!そして興奮!)
1999  ★ソング&ダンス   (こういうのもあるんだ・・・。) 
     ★ジーザスクライスト=スーパースター
     ★コーラスライン   (なんか、シブ?イ!) 
     ★壁抜け男      (初演の喜び!オシャレで奇抜!?)
2000  ★スルース
     ★夢から醒めた夢   (保坂ピコ&樋口マコ) 
     ★クレイジー・フォー・ユー (加藤&濱田ペア。まさにクレイジーになる。)
     ★ふたりのロッテ   
     ★ソング&ダンス   (坂健出てた。ダンサー豪華。)
     ★李香蘭       (主演の方の喉の調子が悪く・・・)
2001  ★ライオンキング   (丸2年のロングラン。やっぱりすごい。)
2002   同上
2003  ★コンタクト     (かっこよすぎます!!また観たい。)
     ☆オペラ座の怪人   (村&村田ペアで開幕。)
2004  ☆ジーザスクライスト=スーパースター
     ★ユタと不思議な仲間たち  (予想以上にはまりまくる。感涙。)
     ★王様の耳はロバの耳
     ★人間になりたがった猫    (キャストに狂喜。思い出いっぱい。)
     ★ソング&ダンス2      (宝物のような演目。最高!!)
     ★異国の丘       (意外にも大満足。よかった・・・。)
2005  ☆美女と野獣   (イベントたくさん。堪能する。ベルも野獣も文句なし!)
2006  ★アイーダ      (何もかも満たしているすばらしい作品。) 
2007  ★ブラックコメディ    (あらら、うふふ!・・・って感じ。)
     ☆夢から醒めた夢     (すばらしさを再確認。大・大・大好きだ!)
     ★マンマ・ミーア! (ハッピーな舞台!でも悲しい結末に・・・)
2008  ☆ライオンキング   (劇場の建て直し?満を持して再び登場!)


残念ながら、観てない作品もあります・・・。
JCSとかJCSとかJCSとか・・・っ!!´д`トホホ

テレビ以外で初めて四季の舞台を観たのは、1986年の「ウェストサイド物語」
まだ山口祐一郎さんが在籍してらして、パンフには若々しいお姿とオーラが・・・。

劇場ができる前、ももち浜のテントでは「キャッツ」を観ました。
メルパルクホールで「クレイジー・フォー・ユー」(加藤&保坂ペア)を観て
「ミュージカルって本当にすばらしいっ!!」・・・と幸せな気持ちになる。
私の中で今も一番好きな作品に光り輝いています☆☆☆

他に「赤毛のアン」も観ました。芥川さんと野村さんのコンビです。
1980年代のことですね。

全国公演では「魔法を捨てたマジョリン」「オンディーヌ」を。
「青い鳥」見たかったなぁ?・・・。

シティ劇場で感動をもらった俳優さんたちが、ここへきてあまりにもたくさん
退団されてしまったので、寂しい限りです・・・。

俳優さんたちがどうか幸せな気持ちで舞台に上がれますように!
そしていつまでもシティ劇場の歴史が続きますように・・・アップロードファイル




   

 

続きを読む

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

クローザー 「第9話」

刑罰の境界線

ブレンダ・・・終始怒ってましたね。
少女・弱者に対する犯罪に対してはいつも以上に怒りが増すようです。

河原で見つかった13歳の少女の死体。
死因は頭部損傷だとわかるが、レイプされた後もあった。
被害者マルタは母親カルメンと共にメキシコから不法入国しており
従弟のアレハンドロの紹介でフィリップス家の家政婦をしていた。

カルメンが言うには、フィリップス夫人は大変良くしてくれたという。
学校へも行かせてくれ、保険も賃金もきちんとしてくれていた。

やがて息子オースティンの目撃情報により、ウェインという写真家が容疑者としてあがる。
ウェインには性犯罪歴があった。
ブレンダとガブリエルが彼の家を訪ねたところ、ウェインは自殺をはかってしまう。
彼の撮った写真を調べると、撮影時間によりアリバイは証明され、
被写体は母親が言ったとおり美しい花ばかりであった・・・。

フィリップスが息子の身代わりになって自白したが、彼の弁護士がなかなか来ない間に
犯人のオースティンは母親とメキシコへと逃亡していた。

「このままでは終わらせない!」と、ブレンダはFBIであるフリッツを呼びつけ
オースティンの元へ向かうのだった!

続きを読む

関連記事

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

マンマ・ミーア!の舞台裏

「今ごろ!?」・・・はい、先日放送されたNHKの番組のレポでございます。
ところどころはしょって・・・お送りします。

20070604182530.jpg


時刻は14時。開演4時間半前。
ロージー役の青山弥生さんがご案内役。

照明や舞台装置の説明。
建物のセットはシーンごとにすばやく動いて場面転換。
すべてコンピューターで電動で動くので溝に異物が入ると故障してしまう!
スタッフさんは5時間前から綿密に点検を怠りません。

この舞台の特徴は3度の傾斜になっていること。
後ろのお客様にもすべて見えるようにと、前方が低く、後方が高くなっています。
「役者は腹筋・背筋を鍛えないと、首や腰をやられてしまいます。」

続いて袖の説明。上手側。
コーラスブースと呼ばれる物が4つ並んでいます。
なんと上演中のコーラスは実際にナマでアンサンブルが歌ってるとのこと。
ひとつのブースを覗いてみると、真ん中にモニターがあってヘッドフォンが6つ。
歌ごとに誰がどこに立つか立ち位置まで指定してある紙が貼ってあります。
うちわやイスも1つ用意してありました。
「忙しい時は着替えながら歌う時も・・・。」と言いながら、弥生さん身振り手振り・・・。

舞台真裏は通路があって、女性専用の早着替え部屋があります。
中には衣装がズラ?リ。
通路には音がしないようにマットが敷いてあります。

下手側に行くと、男性が着替えるスペースが・・・といっても机があるのみ・・・。

はい、そして出ましたよ。例の貼り紙が!
バックステージツアーでも見ましたが・・・。怖いですね?・・・(笑)
弥生さんはこの演目はすでに千何百回出演していらっしゃるそうだけど、
この貼り紙のことばどおり、毎回新鮮な気持ちで舞台に立っていらっしゃるそうです。
俳優の鑑ですねぇ?・・・!

時刻は15時半。リハーサル室では発声練習が始まってました。

出演者が練習着でバーを握って「あいうえおいうえおあうえおあい・・・」
とやってます。ずっと一息で繰り返すのです。
ここでカメラがなめるように俳優さんを映す!グッジョブアップロードファイル
知らないアンサンブルさんが多かったんだけど、おかげでお顔がよくわかりました。

何度も何度もVTRをチェックして(必死!!)誰が誰なのかを把握!
2列ははっきりわかったのだけれど、窓側の奥と、入り口側の壁沿いが顔が見えず!
ダディーズメンバー(大御所!?)は窓側に外を向いていらしたようです。定位置かな?

その後舞台上でリハーサル。
カーテンコールのマンマミーアをゆっくり歌いながら動きを確認。
・・・すみません・・・一点ばかり見てしまって・・・。
田邊さん、軽く踊りつつ目はまわりをキョロキョロ。
皆さんの動きや位置のチェックをしてあるんですね?。
一生懸命見たんですけど、エディ役の丹下さんがわからなかった・・・。
リハーサル室でもいなかったし、カウントしてた人なのかな?
しょうこちゃんはリハとはいえ楽しそうにニコニコして踊っていてかわいかった!

続いてドナ役の早水さん、ソフィ役の宮崎しょうこさんのインタビュー。
青山さんも早水さんもきれいにお化粧してあったんだけど、宮崎さんは
スッピンに見えました・・・!自然体でいいですね!?
早水さんはつっかけみたいなのを履いてたし、突撃レポに近い感じがしました。(笑)
本番前のリアルさが飾らずにそのまんま・・・出ていたようです。

早水さんはメイクした後必ずソフィをハグして、母娘になりきってから
舞台に出ていくそう・・・。

宮崎さんは最初と最後の「I HAVE A DREAM」の歌があるのだけど
一日半の間にソフィの心の成長が出ているはずだから、そこを見て欲しい、と。

「劇場を後にする時はスキップをしたくなるような舞台に仕上げたいと思ってます。
お互いにパワーのキャッチボールをしましょう!」・・と早水さん。

早水さんって確か音楽の教師をされていて、イベントなどではシャキシャキ
チャキチャキしていたイメージがあったけれど、インタビューではいつも
緊張していらっしゃるような・・・?絵文字名を入力してくださいでも気取ってなくて好感持てますデス。




関連記事

6月号 アルプやっと届く 

表紙・・・やはり「JCS」ですね?!
もっとも観てないことが悔やまれる作品。ガーン

そしてそして・・・

20070603120406.jpg


「ウェストサイド物語」の再演ですねっ!
「コーラスライン」の再演の時も話が出ていたけど、現代のミュージカルとは違って
ある意味クラシック・・・古臭い? だけどミュージカルの原点と言ってもいいですよね!

今の四季が、どういった舞台を見せてくれるかとっても興味があります。
レナード・バーンスタインの「シンフォニック・ダンス」は学生時代
オーケストラと演奏した思い出もあり、大好きな曲です。

アップロードファイルちゃちゃちゃちゃっ ちゃっちゃちゃっちゃ ちゃちゃちゃちゃっ

「マンボッ!」

・・・なんつってね!アップロードファイル
WSSの中では「マリア」が大好き!
歌い上げて欲しいなぁ?・・・。
なぜか私には、田邊さんが歌ってる姿が目に浮かぶんですけどね?・・ちな♪
ベテランメンバーがどこまで出るか・・・っていうのも注目ですわ・・・!

当時のキャストのプロフィールをまじまじ見てたんですけど・・・(男性分)

20070603122634.jpg


荒川さん、加藤さん、栗原さん・・・若いこと!!
野村玲子さんなんて、アイドルのようにかわいらしいですよ。
今重鎮のメンバーもお若くて別人みたいだし・・・。
軽く20年前の写真ですものね。
ついでに辞めた方で「今」のご活躍を調べてみたりした私です。

煌きの瞬間・・・加藤さん・・・ポーズがすごい・・・。

ユタの写真はうれしかった!
大輔くん、がんばっているのですね?。
さらに20・21ページの「ご挨拶!」・・・いいっ!
ダンジャの増本さん以外は皆さん初・・・でしょう?
なかなかはまってますねぇ?。特に注目したのが西門ゴンゾ!
うは?・・・なんだかスッキリ?。見てみたいなぁ?。
ヒノデロは今までのうりざね顔・・・のイメージと違って、
オカマ顔!?(スミマセン!)だって洋風な美人なんですもの・・・。

「いじめ」がテーマとして大きく取り上げられているけど、私が受けた印象は
「生きていることのすばらしさ、ありがたさ。」
そして、つらい状況も努力によって乗り越えられたり、気持ちの行き違いは
ふとしたことで改善されたりする・・・いつまでも雨の日は続かない・・・
そういう希望みたいなものも受け取れるんじゃないかなぁ??

エクウス。やっぱり望月さんかな?
望月ペッパーを一度でいいから拝見できたらいいなぁ!絵文字名を入力してください

服部良子さんの死は本当に悲しいニュースでした。
病状の経過について細かく書かれてましたが、2年半前というとまさに
「人間になりたがった猫」のトリバーで拝見していた頃・・・?
世話好きで明るくて威勢がよくて・・・ジェニエニドッツと同じく
服部さんのお人柄を表すようなキャラクター。
今でも目に焼きついています。ありがとうございました。

改名問題・・・。ご本人たちが望んで・・・ということなら問題ないことですよね。
だけどキム・スンラさんまで・・・ちょっとビックリ。
わかりづらいとか親しみがないとか、ちょっとおっしゃってる意味がわかりませんが
スンラさんは今までも十分親しみがあったし、歌やお芝居には感動させられました。
どこの国の人でも、その舞台で違和感なく演じてくださるなら、
観ているこちらは無問題なんですけど。
確かに漢字では全然読めない方もいらっしゃるから、呼びやすいというのはあるけど
国籍を隠す必要はないと思いますけどね・・・。


トゥー・・・ ナ?イッ★
20070603120336.jpg

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。