広告
Singin' in the Rain 2006年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の「LOVE FOREVER! アイーダ」

本日のインタビューはアムネリス役の佐渡寧子さんです!

「物語の前半のまだ女の子であるアムネリスがとっても苦手
後半の、女性としてどんどん成長して覚悟を持つようになった
その過程の心情というのはすごくよくわかったので、
「あ?・・一幕難しいなぁ。」というのをいつも思ってましたね。」

「ですが、自分にもこういう部分があるんだということが(笑)
よくよくわかってきて、逆にそういう本当に女性らしさというものを
愛おしく思うようになりましたね。」

Q.アイーダの見どころは・・・?

「自分のセリフではないんですけれどもね。あの?
アイーダとラダメスが繰り返し歌う、曲の中でですね、
人は迷いながら人生を生きるという節があるんです。
本当に人間というものは迷いながら、だけども・・・
生きていかなくてはならない存在だよな?・・・と
いつも思いますね。
それがすごく、この作品のかなぁって私は思いますけど。・・うん。」

落ち着いた声で淡々と話す佐渡さん。
う?ん・・・知的な感じです。
そうか?やっぱりキャピキャピした雰囲気のアムネリスは苦労してあったのねぇ?。
王女の風格ができてからは、俄然本領発揮って感じですものね。
普段もおきれいだけど、やはり「舞台栄え」するお顔をしていらっしゃる
んだなぁ?、とあらためて思いました。(^▽^;)

インタビューと平行に流れていた歌と映像は

♪勝利ほほえむ♪の冒頭
●アイーダがアムネリスの髪をとくところ。
●寝室にラダメスが入ってきたところ。
♪どうもおかしい♪のパラソルを持って歌うところ。
♪迷いながら♪でアイーダとラダメスが愛し合うところ。

どうでもいいけど、番組の最初と最後に出てくるレポーター?が
「アイダ!」・・・とイをほとんどのばさないのが気になる・・・
ええ、たいしたことないんですけどね・・・(;´▽`A``



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

アイーダのお面

た?まに?は け?んか?に ま?けてこ???い?♪

・・・で、おなじみの東雲堂の二○加煎餅
ガキ大将が友だちを泣かせてきて、母ちゃんに
「早くことわりば(おわびを)言うてきんしゃい、はよぉ!」と叱られ
にわかのお面を目に当て「ごめ?ん・・・。」
と謝るCMはこちらではあまりにも有名です!

四季アイーダがここに目をつけたのはアッパレ!です。
もちろん私もこのお菓子を劇場で買っちゃいました。ふふふ。

昨日来た「アルプ」にもこのお面が入ってました。(裏はイベント情報)

P1020030.jpg


くちぱっちにつけてみました
先日娘がUFOキャッチャーでゲットした・・・。似合うかな?

アイーダはひっそりと?延長になってました。10月29日まで。
楽ではないということは、年内まではいくのかな・・・?
アルプ掲載のアイーダの写真、3人ともきれいです!!

そうそう、40年前くらいからある「二○加煎餅」のCMですが、
ついにリニューアルされるそうで。
こどもがおとなになって、当時の母ちゃんはそのまま(同じ人)ばあちゃん役で
登場するらしい。それも楽しみです!ヽ(´▽`)/




続きを読む

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

エターナル・サンシャイン(2004・米)

チャーリー・カウフマン脚本。アカデミー賞脚本賞をとりました。
内容も奇想天外だが、途中記憶の中でさまよう映像も奇抜で、
色のコントラストや風景などはかなり美しい。

ジム・キャリーが無精ひげで前髪をたらし、ぼそぼそっと物憂い気に喋ると
かなり男前であ?る。
以前から彼は手足が長くハンサムだと思っていたけれど、
映画の最初と最後の部分はかなりかっこいい。

この作品では芸達者な彼がシリアスな演技を・・・と言われていたけど
厳密に言えばシリアスなのは最初と最後で
中盤の記憶が破壊されていく奇想天外な部分は、ドタバタしたり、
子どもになったりとまるでいつもの彼だし、
また彼じゃなきゃできなかったのでは?と思える。

ケイト・ウィンスレットはかなり体当たりな演技で良かった。
体もこどもを産んだって感じでほどよくドッシリしているし。
彼女演じるクレメンタインの率直な愛情表現が見ていて気持ちよかった。
しかし・・・売女呼ばわりされて衝動的に記憶を消してしまったのはあんまりだ。
本当はそこまで思った時点でこの恋は終わってるんですけどね。

イライジャ・ウッドはかなり嫌な男の役です。サイテーです。
う?んと・・・救いもなかった・・・かな?

キルスティン・ダンストは大人になったなぁ?って感じ。
ハイになって下着で踊ってるところは「チアーズ!」とか「クレイジー/
ビューティフル」の天真爛漫で活発な彼女を思い出させた・・・。
「彼女がチョイ役?」と最初驚いたんだけど、実は彼女メアリーのエピソードは
重要な鍵を握っていて、物語を引き締めている。

メアリーを好きなスタン役のマーク・ラファロは「イン・ザ・カット」や
「ハッピー・フライト」で見ているのに全然印象が違ってわからなかった。
しかし3作品ともパッと見、違うよねぇぇ?これぞ役者?
ハワード博士のトム・ウィルキンソンなんて何を見ても同じ雰囲気なのに?。(笑)
しかしマークは今回も魅力が出てましたね。

まあ、ある意味この映画の象徴だから仕方ないけど、
クレメンタインが3度も「チャールズ川」に男を誘うのには・・・。
記憶を失っても所詮同じ人間。考え方も好みもやることも同じで当たり前?。(苦笑)

続きを読む

関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

夢から醒めた夢 開幕・・

しましたね!京都劇場、5月27日(土)より!

キャスト見てびっくりしました。変わっちまいましたね?。
やっぱり・・・デビル????!(ρ_;)
川原さんかぁ?。スワちゃんやランクさんでコミカルな演技もお得意
でしょうから、じきに馴染んでくるのでしょうか?
光枝さ?ん・・・。寂しいな?。
味方さんも、後にされるのかな?

メソは・・・飯村さんですか。ゴンリゴンリ?♪・・・しか知らない。
紗乃さんがマコだったらまた共演となったのに。
どうやらお姿が見えないみたいなんですよね?。
大きく取り上げられたのに・・・退団・・・というパターンが多いから
気になりますね。ε?( ̄、 ̄;)ゞ
飯村さんは、道口さんや有賀くんに比べたらあんまり学生っぽくは見えないかな?
どうなんだろ?あの歌の形相はやはりすごいんだろうか?

2000年の夢醒めのキャスト表がありました。

img018.jpg


マコが樋口さん、エンジェルは原さんですよ・・・。
女性アンサンブルにも懐かしいあの方の名前が・・・。

数年前に観た時は樋口&花代コンビで、メソは有賀くん、
ブチョ?は川地さんでママは大好きな早水さん。

夢醒めは・・・かなり好きですね。死がテーマだからしんみりする場面もあるけれど
全体にほのぼのしていて、役者さんの演技をじっくり楽しめる感じがします。
アイーダなんかだと、観ながらずっと体が緊張している感じだけど
夢醒めは顔がずっとゆるんでいる感じ。(*´∇`*)


img014.jpg


これは2階からのわっか受け取りにチャレンジして、ピエロさんにもらった
ジグソーパズルです。
めちゃくちゃ緊張したけど、入るもんですね!
あれ・・・本当に不思議です?。(*゚ロ゚)ノミO

よろしかったら・・・
関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

☆将軍交代!☆

今朝発表のキャス変・・・。福井さん、さらば?!(ノω・、) ウゥ・・・
そしてあっくんこんにちは!ヾ(=^▽^=)ノ

福井さんは見かけはやさしくて全然強い将軍には見えなかったけど、
智恵さんとはお似合いだったし、いつ聴いても歌は安定していて
何より「丁寧・一生懸命さ」みたいなのが伝わってきて好きでしたよ?

不覚にも昨日の智恵さんとのテレビ出演は・・・見れず・・llllll(-_-;)llllll

阿久津さんは私、初めてじゃなかろうか!?
LKはサカケンでしか見てないような・・・。ぅぉおおおお!楽しみ?♪

でかいし、野心家の荒っぽい将軍って感じはしますよね。
CDで聴く限り、歌は「?」だけど?

しっかし、なにぶんラブストーリーだもんで、アイーダの恋焦がれた相手が
急に変わっちゃうっていうのも変な感じしますね。(;´▽`A``

キスしてたんだよ?・・・ まぁ?・・・仕方ないけど。
役者さんは単なる芝居相手でも、こっちは勝手に
二人はアッツアツみたいにイメージができてたりしますからね。

福井さんはちょっとお休みして・・・キャッツかな?
鹿鳴館は田邊くんが完投するんだろうか。もう終わっちゃうし。
彼はCFYでも登場が待たれているからなぁ!!

アイーダももう少しで変わるだろうけど、やはりキャストが変わると
楽しみが増えるなぁ?。
ワックワクしてきたぞぉ?♪ヽ(^◇^*)/


関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

劇団四季 観劇記録 (その他ごあいさつ)

アイーダ福岡公演(2006・5・25 THU.マチネ)出演者

アイーダ  井上智恵      アムネリス  佐渡寧子
ラダメス  福井晶一      メレブ    有賀光一
ゾーザー  大塚 俊      アモナスロ  石原義文
ファラオ  勅使瓦武志     ネヘブカ   今井美範

★男性アンサンブル
         脇坂真人    イ ギドン   神崎翔馬
         黒川 輝    川東優希    小林遼介
         深堀拓也    影山 徹
★女性アンサンブル
         村井まり子   大石眞由    西村麗子
         杏奈      上延 綾    加藤久美子
         榊原央絵

◆観劇席◆ 2階C席H20

(メモ)
福岡開幕37公演目 ほぼ満席? 中学生団体有り
カテコ最初のほう、ものすごい盛り上がり!賞賛の嵐!
・・・のち、「まだ?」の雰囲気に。ヲタさんは少ないから仕方ない・・・。
アクシデント、特になし。
舞台終わりで大塚俊さんNHKFMに出演。(下にレポあり!)

続きを読む

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

セックスと嘘とビデオテープ(1989・米)

久しぶりに観ましたね。wowowでやってたので・・・。
カンヌで賞をとっただけあって、よくできているのです。(ネタバレです。)

ジェームズ・スペイダーが若いなぁ?。
というか、今年見た授賞式の姿の方が彼だとは信じられない感じでした。私としては!
繊細でちょっと秘密めいた男を好演。母性本能くすぐられまくり!?
同居を嫌がっていたカタブツのアンが出会ってすぐに好意を持つのも納得って感じです。

さらに夫ジョン役のピーター・ギャラガーとの対比がすごい。
彼はもうどうしようもない男。親友の彼女も奥さんの妹も寝取る最低男。
「男は結婚してからもてるんだ!」と堂々と言ってはばからない男。

当時から彼はこの役の印象が強すぎて、私はずっと「イヤなヤツ」と思っていた。
「あなたが寝てる間に」「アメリカン・ビューティー」も観たけど、
やっぱりあんまりいい役じゃなかった・・・(笑)
毛むくじゃらの体だけど、プレイボーイの「顔」なんでしょうかね?

今回の映画では最後にちゃ?んとバチが当るので、ちょっと哀れではありますね。
そしてなぁ?んにもなくなった・・・って感じでしょうか。

主役のアンディ・マクダウェルは正直あんまり好きじゃない。
このアンって女もあまり共感を持つような女性じゃなく、変人って感じなんだけど
そこをとっても好演しています!

妹シンシア役のローラ・サン・ジャコモは、まるで猫みたい。
彼女は姉へのコンプレックスがあり、姉の夫と寝ることで優越感を得ようとするが
姉を想う複雑な気持ちもありモヤモヤした日々を送っている。

グラハムという存在が、彼女にとってもいろんな意味で目を覚まさせてくれることとなる。
何もかもがばれ、姉が店へやってきた時は心の動揺が痛いほどわかった。
ただそこにいたバーの変な客がまたいい味出してるのね・・・。
テーブルクロス・・・ぷっ・・・。

結果的にグラハムはちゃんとできて、アンは得られてハッピーエンドだったんでしょうかね?。
最後のカットの二人の仲睦まじいようす・・・。
とにかくジェームズ・スペイダーの魅力で成り立っている映画のような気がします。

邦題もインパクトがあっていいなぁ?と思っていたら、そのまんまだったのね・・・。
多くを語らずシンプルなんだけどひきつけられてしまう、よくできた映画です。


関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

大塚俊さんラジオ出演レポート・2

じゃあそろそろアイーダのストーリーを短く教えていただけますか・・・?

(俊さん、あらすじ説明する)

このアイーダの物語って男女の恋愛関係じゃなくて親子関係や戦争のことなど
いろんなことを考えさせられるミュージカルだと思いましたね。

そうですか?。

う?んでもなんかね、久々にね恋のトキメキを感じましたよ。

あああ?????純愛ですからね。

ハイ!!(甲高い声)
恋ってすてき、してみたい!と思いました。

いいですよね?。ええ?。

大塚さんはゾーザー、お父さん役なんですけど、大塚さん・・でも随分若いですよね?

だははは・・・そうですね。ハイ。

役作りはどのようにされていらっしゃるんですか?

そうなんですよ、ラダメスと僕はほとんど同じ世代で、親子の役をやっているので?
普通にやっちゃうとどう見たって友達ぃ・・・(笑)になっちゃうんですよ。
もちろん衣装やメイクとかで皺とか書いたり、白髪にしたりしてるんですけど、
僕が普段喋ってる時の声が高めの声なんでそうなっちゃったらダメだ、と演出家に言われて
さらに悪役なんでいろんな声質が求められるんですよね。
で特に低いトーンでなるべく喋るようにして、
ただ歌になると、ラダメスと同じぐらいの高さで歌う曲が出てくるので
その中でトーンを保ちつつ高音を歌うというのが相当今でも苦労しているんですけども・・・
なるべく普段の自分の声を出さないように、常にゾーザーであるように心がけて
低いトーンで喋るように・・(だんだん声を低くする)


あははは今ゾーザーのお声が出ましたね!

ええ?・・・。(笑)

いろいろ陰で役作り苦労されてるんだなぁ?ってわかりました。
開幕して一ヶ月ちょっとたちましたけど、九州のお客さんの反応はどうですか?

そうですね、アイーダ以前にも2回ほど、福岡シティ劇場で
公演させてもらったことがあるんですけど
あの?・・・いつもね、ものすごい拍手が・・・熱いんですよね!


熱い九州のファンの皆さんのためにもお体に気をつけて
これからもがんばってください。本日はありがとうございました!

こちらこそありがとうございました?。

続きを読む

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

大塚俊さんラジオ出演レポート・1 

■5月25日(木)18:00?NHKFMにて放送■(が大塚さん)

(挨拶の後・・・)
なんと大塚さんは今日も公演が終わった後、ここへ駆けつけてくださったんですよね?

はい・・・。つぇっ・・・ふはははは(ふたりで笑う)

大丈夫ですか?お疲れですか?

いえ、大丈夫です!

およそ3時間のお芝居で・・・かなり体力使いますよね?

そうですね・・・。


まず大塚さんご本人のご紹介から。
東京出身で、94年に劇団四季入団。いつから役者になろうと思われたんですか?

役者になるつもりは最初なかったんですよ。(笑いながら。)


え??

あの?ちっちゃい時から、エレクトーンを習ってまして、
音楽関係の仕事をしたいな?とは思ってたんですよ。


え・・・歌うこととか?

う?んとね、歌は絶対食べていけないだろうな、と思って、もうね、
だから昔はCDじゃなくてレコードでしたから
レコード店とか楽器屋さんとかそんなんでもいいから音楽に携わっていたかった。
で、中学・高校とかもバンドとかやってましたんで
でもやっぱりそういうのを仕事にするのはきっと無理だろうなとは漠然と思ってたんですよ。
ですから普通の進学校とかに行ったりしてたんですけども。
高校二年の時に劇団四季のオペラ座の怪人を観たのが初めてのミュージカルだったんですね。


ええ。

その時に同じタイミングで・・・まぁ順序は逆なんですけど、学校の文化祭で
「オペラ座の怪人」をやろうということになって、
ぼく全然知らなかったんですけどテレビCMで「オペラ座の怪人はすごいらしい。」という、うん、
あれはすごい記憶にのこってたんで、あ?あれか?ということになって
それを見て音楽と踊りとお芝居が全部一緒になってああこんなすごいのがあるんだな
・・と思ってそれからちょこちょこ観るようになって
で高校三年生の時に完全にもう進路決めてたんですけども、
その時に見たジーザスクライストスーパースターの公演が決定的になって
「ああ、もうここの劇団に入りたいな」と思ったのが進路変更のポイントでしたよね。


でもやっぱりナマのステージで間近に役者さんのお芝居を見るとか?んどうしますよね??

そーですよね?。テレビとか映画とかと違うね・・・魅力ありますからね?。


そうですよね。私役者さんに聞きたいことがあってですね、3時間の舞台じゃないですか、
セリフというのはすべて頭に入ってるんですよね・・・?

続きを読む

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

アイーダ観劇してきました

20060525190951.jpg


3回目です。
今日は初見の友達と一緒!彼女は二日酔いらしい・・・大丈夫かぁ?

まず感じたこと・・・すごいすご?い!
舞台からの熱気がすごかった!前回よりさらにパワーアップ!
ラダメスとアイーダのデュエットのとこなんて
激しさも情熱も増して、息をのむほどでした。
ネヘブカの「踊れ?。」もばっちりだったし、メレブもすごく良くなってた。
ちょっと元気のないところはあったけど、うまくなったなぁ?という印象。
大塚ゾーザーは前回よりは慎重に歌ってる感じがしたけれど、
やはりまだ音程がぶれるかなぁ?
今日のラジオでも苦労している話をしてあったけど、
実際ちょっと無理のあるキャスティングなんでしょうかね。

初見の友は、「四季って演目によって全然違うね。」
とびっくりしていた。たしかに・・・アイーダは特に斬新かな。
でも歌が満載ですごく楽しめ満足したようです。
もちろん、胸が締め付けられるようなドキドキも最高だったと。
こんな体験、実生活ではもはやできませんからね!(笑)
中学生も多かったけど、カテコでは割れんばかりの拍手がおきていました!いや?感動した?。

入ってすぐのところに例のメッセージボードが掲示してありました。

20060525202251.jpg


こんな感じで10名分。できれば直筆で見たかったな?。
サインは添えてありましたが!

石丸幹二(1999年壁抜け男)加藤敬二(2000年クレイジーフォーユー)
井上智恵(2006年アイーダ)濱田めぐみ(2001年ライオンキング)
柳瀬大輔(2005年美女と野獣)
野村玲子(1997年エビータ)望月龍平(2004年ユタと不思議な仲間たち)
芝 清道(1998年CATS)  村 俊英(1996年オペラ座の怪人)
栗原英雄(2003年コンタクト)

左からこの順番でした。作品はもちろん代表作ですね。
この人選は・・・九州に縁がある人中心に、人気者を揃えた・・・?
個人的には望月くんが入ってるのはうれしい!
しかも内容もいい!

 「また会いたいな。
 ペドロ一家と福岡シティ劇場。
 ワダ ワダ アゲロジャガガーイ!」


私も会いたいよぉ?!・゚・(ノД`;)・゚・ペドロ一家・・・

それにしても田邊くんは入れて欲しかったですね・・・。(; ̄ー ̄A
関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

今週の「LOVE FOREVER! アイーダ」

ついに・・・ついに見た・・・。放送8回目?にして・・・。
たった3分間ほどの番組だけど、アイーダ福岡公演を応援する意味でも
絶対見らないかん!!と思ってたので、見れてヨカッタ。

なんて大袈裟ですが・・・
今日は福井さんのインタビューでした!
内容は先日UPしました西日本新聞の記事と同じだったみたい。

「(ラダメスは)真実の愛を貫いたという点では
すてきな男性だったんじゃないかと思います・・・ハイ。」

「僕の一番好きなシーンはアイーダと出会って初めて心を通わせる歌の場面。
どんなものにもとらわれず、ふたりだけの愛を確かめ合っていく・・・
というところが好きですね。・・・ハイ。」

「肉体が滅んでも、魂というか想いは続くんだな・・・(照れ笑い)
というか、それを・・・僕も信じたいですね。・・・ハイ。」

「見所は、個性的な3人が最初と最後ではずいぶん変わっているので、
その成長の過程を見て欲しいですね。」

とまぁこんな感じでした。
後は観劇後の目を潤ませた女性たちのインタビューが数件。

福井さんは真っ白なお肌で(お髭は濃いけど)つるっつるって印象でした。
ラダメスのメイクが目の周りが濃くてあんまり好きじゃないので
(ペナルティのワッキーに見えてしまうんだよね?。)
この素顔のほうが、断然かっこいいと思った!
もっと老けてらしたかと思ったけど、きれ?でした。


先日の大塚さん出演のラジオはすっかり忘れていたのでガックリきていたら、
またNHKのラジオで生出演されるんですね!
25日夕方!私が観劇する日だぁ?俊さん終わってから直行かぁ?。
今度こそ、わ・す・れ・な・い!

続きを読む

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

どっちが変な顔?

「ファーゴ」を観たのです。
独特の世界観・・・。田舎のなんてことない日常に繰り広げられる
まるで場違いな惨劇。
こちらは「ばっかだなぁ?・・・。」と、登場人物を小ばかにして観ていると、
突然度肝を抜かれることになる。

実在の話・・・と言っているけれど、実はコーエン兄弟が結構好きに作った話らしい。
それでも脚本がなかなかよくできているので、不思議感を味わいながらもおもしろかった。

やはり個性的な俳優陣のおかげだろう。
スティーヴ・ブシェミは散々「変な顔」と連呼され気の毒になったが
私にとっては主役?のウィリアム・H・メイシーのほうが
一度見たら忘れられない顔である。
なんとなく情けなかったり、困った人だったり、強烈な印象をのこしているんだな。
ブシェミの役は歯がガタガタだったから・・・あちらの人は歯並びを気にするから・・・
目もイッちゃってるみたいでちょっと変だったけど。
どちらにしても笑わせてもらいました。

限りなくブラックですね。

ところでこの映画でアカデミー主演女優賞をとったフランシス・マクドーマンド。
美女ではないけどいいよね、表情とか間とかうまい。
「メイシーと夫婦で出てるんだ?」と最初思ったけど
あれはフィリシティ・ハフマンでした。
似てませんかね?・・・ああ、そうですか。

あの方も最近ドラマに映画に大活躍ですね。
よく授賞式でお見かけしましたわ。ご夫婦で。

俳優カップルと言えば、トムのとことか、リースのとことか、サラのとことか
今が旬な夫婦も多いけど・・・
私はアントニオ・バンデラスとメラニー・グリフィスが
「ド迫力」でいいな?なんて思います。はは・・・
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ケヴィン・ベーコンの悪役ぶり

この前「コール」を観たのです。
そんなに期待してなかったけど、誘拐犯にケヴィン・ベーコン、(他2名)
裕福な医者の夫にスチュアート・タウンゼント、その妻シャーリーズ・セロン、
その娘ダコタ・ファニング・・・とめちゃ豪華なキャストではないですか。

夫の役どころは激しくイマイチだったけど(私は彼がくりぃむの有田に見えてしょうがない!)
(でもアバウト・アダムではよかったな?。)

シャーリーズ・セロンは相変わらず存在感あってうまい。
お○りにメスを隠すところ・・・ふう!ドキドキしたぁ?。
ダコタちゃんはもちろん、うまい。彼女にはなんてことない役だったでしょう。
あれ?「マイ・ボディガード」でも誘拐されてたよね?

話はなんだかちょっとちぐはぐした感じを受けました。
「あれ?そういう風にする?」・・・みたいな。
ストーリー的にあまり綿密な感じではなく、ただ役者の演技で魅せるって感じ。

それでケヴィン・ベーコンですが、「激流」「スリーパーズ」並の悪役ぶりでした。
はまってました。
もはや彼は悪く見えて「悪い人」か、悪く見えるけど「いい人」しかできなんじゃなかろうか?
(結局悪く見える。)
でも魅力的な俳優さんだな?とは思います。
奥さん、キラ・セジウィックとはお似合いですね?。
彼女も「個性派」って印象で、ちょい不幸な役がはまってる気がする・・・。
でも本当、ピッタリのカップルです。
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

似顔絵?レミオロメンの人 

ちょっと・・・初めて描いてみました・・・ブレブレですが・・・

つぶらな瞳、個性的なヘアスタイルが特徴ですね

20060520113522.jpg

関連記事

テーマ : 楽描き
ジャンル : 学問・文化・芸術

10周年おめでとう!

5月19日で福岡シティ劇場は10周年を迎えます!

めでたい日じゃ?。本日は息子の誕生日でもありますから?。
13歳。ええ、神木隆之介くんとまったく同じ日に生まれました。
だから何?って言われると困りますが、普通にうれしい共通点です。
穏やかで落ち着いた雰囲気は似ているかな?とも思わなくもないです(!?)

今日劇場では特別な催しがあるのでしょうか?

え?っと先日の続きですが、西日本新聞の記事を載せます。
ネタバレ満載の・・・(笑)

img010.jpg


img011.jpg

関連記事

テーマ : 劇団四季
ジャンル : 学問・文化・芸術

「ザ・ハリケーン」(1999・米)

デンゼル・ワシントンが好きです。

この映画も正直彼が主演じゃなかったらなんとなく避けていたような作品だけど
彼の作品にははずれが少なくいつも感動させられるので・・・観ました。

デンゼル・ワシントンが無実の罪によって30年間も投獄された実在のボクサー、
「ハリケーン」に扮する。

人種差別が大きく関わっているのだが、とにかくダン・ヘダヤ扮するデラ・ペスカ
という刑事が憎たらしいことこの上なし。
カーターの少年時代からず?っと執拗なまでに追いかけて、殺人犯にまで仕立ててしまう。
実在の話とは違う部分もあるのだろうが、この映画で観る限り
この男に腹の中が煮えくり返る思いがする。
肌の色ではないが、「白を黒」と平気で言う差別主義者に「正義」というものは微塵もない。
カーターの波乱の人生を見ていると、本当に怒りと悲しみでやりきれなくなってくる。

そんな中、ヴィセラス・レオン・シャノン扮するレズラの存在が物語をぐっと盛り上げる。

レズラはカーターと同じように不遇な環境で育ち、カナダの活動家の援助を受けて
読み書きを学んでいる純朴な青年。(後に弁護士となる。)
そんな彼が古本市で、カーターが獄中で書いた一冊の自伝を見つける。

同居人のカナダ人が何気なく言った。「本が読む人を選ぶこともあるんだよ。」

本を読んで感動したレズラは、控訴も棄却され絶望感にさいなまれていたカーターへ手紙を送る。
ここから二人のやりとりが始まる。
レズラの存在は彼にとっても「薄暗い世界に差し込む光となり輝きを与えるもの」となった。
このあたりから私はティッシュを何枚も使った・・・。
やがて四人はカーターの無実をはらすために危険を感じながらも奮闘していく・・・。

デンゼルはこういう若い人との共演がとてもうまいと思う。
まるで先生のように相手の魅力をひき出していく。
「君の帰る場所 アントワン・フィッシャー」もすごくよかったが、
あの作品でも同じことを感じた。デンゼルの若者をやさしく見守る目が好きだ。

レズラとの出会いの部分は一番心温まるのだが、獄中でのデンゼルの孤高ぶりも見物である。
人間としての尊厳を守りたい・・・その強い意志が美しい。何やってもかっこいい人です。
カナダ人3人はそこそこの俳優?なのに今ひとつ存在感はなし。
終わり方もハッピーエンドでよかったな?って感じ。判事様様。ちょっと尻すぼみ?

クレジットの部分でご本人?が1993年にWBCからチャンピオンベルトをもらう場面があった。
うれしそうだったけど・・・こういうことをワアワア言ってするあたりアメリカっぽいな・・・と。
チャンピオンベルトは取り返せても彼が失った人生はあまりにも大きいんですけどね・・・。

事件解明については何もはっきりせず物足りない。
でも、全編デンゼル・ワシントンのすばらしい演技が見れたので満足です。
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2年前のミュージクフェアを・・・

昨日ビデオやDVDの整理をしていて目に付き、見てしまいました。
もう何度も何度も見たんだけれど、ビデオテープで録ったものだから画像が悪い・・・(泣)
さらに2週とも最初がちょん切れている・・・(泣)

それよりも薄々感じてはいたけれど、これに出演している役者さんが
ずいぶん四季を去ってしまったということが悲しい?。
その人に限ってこの番組で特に露出が多いような気がするのはナゼ・・・?

マンマミーアの八巻さんなんてすごいアップだし、すぐのアルプでも特集にでてあったんですよね。
体調が悪いとの噂はありましたが・・・。残念。

キャッツでも中村さんが。早水さんに完全に負けていて歌はヤバさを露呈していたけど
カワイイ系で人気もあったのではないかな?

さらにCFYのところでアップで始まる「いづろ?」こと澤村さんも。
本当にお辞めになるギリギリ?夢醒めのピエロで拝見したんですよね。
寂しい?。

コンタクトではもちろんイエロードレスの高久さん・・・。
ミューズ登場!なんてすっごく期待されてたと思うんですけど。
ただ四季に限らず他の場所でも活躍できるような人は、四季で拘束するのは難しいのかなぁ??

そしてそして我らが光枝お父さん!!
あなたのペドロが観れて幸せでした。歌も演技も心に染みました。
デビルも最高でした。今度はニラミンコを立派に引き継がれたあの方がされるんでしょうか?
風の噂?で判断してはいけないと思いますが、すごくおやつれになられたような気がして
心配はしていました。
お姿が見えないだけで、お辞めになってないことを祈ります。

代表のあの方は「役者でなく作品を観てくれ」とおっしゃいますが
それは無理ってものです。
生きた人間が演じているのだから、まるっきり同じにできるわけがないし、
いろんな方の演技が観れるから「リピーター」になれるわけですよ。

しょぼ?ん、としてしまいましたが、このビデオを見ていてまた他の作品熱も蘇ってしまいました。
ついこの間まで拝見していた柳瀬さんの美声に酔い、(全然素顔が見れないのは残念でしたが)
アイーダでは今と違うコンビの歌にじっくり聴き入りました。
濱田さんの表情は秀逸ですね?。早くこの二人でも観てみたいな!
当時は舞台版があんなに濃厚になるとは知りませんでしたが・・・!

大塚さんの活躍も大注目でした。元々ついつい目がいってしまう人ではあったのだけど、
この収録でもコンタクトでは渋くキレキレのダンスを、CFYではノリノリのタップを披露。
ゾーザーという大役もされていて、今や四季にはなくてはならない人って感じですね。
とても人気がある方です。

さらにサービス精神旺盛で愉快な方らしいので、福岡公演のイベントで
そういうお姿が拝見できたらいいなとひそかに期待しています
関連記事

テーマ : 舞台とミュージカル
ジャンル : アイドル・芸能

劇団四季 観劇記録

アイーダ福岡公演 (2006・5・11 THU.マチネ) 出演者

アイーダ  井上智恵      アムネリス  佐渡寧子
ラダメス  福井晶一      メレブ    有賀光一
ゾーザー  大塚 俊      アモナスロ  石原義文
ファラオ  勅使瓦武志     ネヘブカ   今井美範

★男性アンサンブル
         脇坂真人    イ ギドン   神崎翔馬
         黒川 輝    川東優希    小林遼介
         深堀拓也    影山 徹
★女性アンサンブル
         村井まり子   西村麗子   南 千繪
         杏奈      上延 綾   加藤久美子
         榊原央絵

◆観劇席◆ 2階C席G24

(メモ)
福岡開幕22公演目 ほぼ満席? 中学生団体多数
カテコ少々・・・

●5月会員プレゼント「ポーチ」

20060513111916.jpg




関連記事

テーマ : 舞台とミュージカル
ジャンル : アイドル・芸能

劇団四季 観劇記録

せっかくなので出演者情報も載せておこうと思います。
ちゃんとまとめたらいいんでしょうけど、作り方がわかりません・・・。

アイーダ福岡公演 (2006・4・20 THU.マチネ) 出演者

アイーダ  井上智恵      アムネリス  佐渡寧子
ラダメス  福井晶一      メレブ    中嶋 徹
ゾーザー  川原洋一郎     アモナスロ  石原義文
ファラオ  勅使瓦武志     ネヘブカ   今井美範

★男性アンサンブル
         脇坂真人    イ ギドン   大塚 俊 
         神崎翔馬    川東優希    小林遼介
         深堀拓也    影山 徹
★女性アンサンブル
         村井まり子   西村麗子   南 千繪
         杏奈      上延 綾   加藤久美子
         榊原央絵

◆観劇席◆ 1階S席F15

(メモ)
福岡開幕3公演目 たぶん満席
カテコ多数
●4月会員プレゼント「ネイルケアセット」

20060513105228.jpg
 
20060513111231.jpg



●バックステージツアー参加者プレゼント「コースター」

20060513105403.jpg


関連記事

テーマ : 舞台とミュージカル
ジャンル : アイドル・芸能

アイーダ観てきました その2

いつものように、おねえさんが「開演に先立ちまして・・・。」と注意を始める。
「・・背もたれにつけてご覧ください。」
そこんとこ、もっとはっきりヨロシク!!
このセリフも変わったのね?。前は飴のガサガサいう音まで注意してたけど。
今日はぺちゃくちゃ話すな!ってことを言ってた。前からだったかしら?

さあ、始まりました!最初の雰囲気すごく好き!曲が流れるともう感極まってきた。
前回1階の前方だったので、照明や全体の雰囲気は今日初めてわかった気がする。
きれいだ?!・・・でも顔の表情はあんまりわかんない・・・そう遠くはないんだけど残念。
大塚ゾーザーは白髪でなんとか年上をアピール。でも歌が変な音程でムズムズしてしまった。
四季の舞台に立ってるんだから、当然出来上がってはいるんだけど。
観る側もだんだん欲が出てきますからね?!

有賀メレブは・・・あからさまな笑いを結構とってた。特に1階で。
表情とかも細かくやってたのかな?。
個人的には中嶋メレブが好きかな??有賀くんは顔つきがちょっと怖い印象がある。
夢醒め「メソ」の怖かったこと!
大抜擢だった?壁抜けの「新聞少年」は当時かわいかったけどなぁ?。

ダンスはバリバリかっこよかった!やっぱりどんどん良くなっていくものかな?
ゾーザー軍団もヌビア人の踊りもそりゃあ?ステキです。
中学生たちも「あれ、長ラン着て踊りてぇ?!」なんて思ったんじゃないの?
バスタオル巻いてるシーンではドキドキしたんじゃないの?
・・・なんていらん心配をしてしまった私。

福井ラダメスは絶好調って感じだった。(と言ってもまだ2回しか見てません。)
歌はとっても丁寧で、あまくやさしくかなり好感度高いです。
智恵アイーダも安定してるなぁ?。声、きれいよね。迫力もあった。
二人の熱愛度も増してた気がする。毎日毎日ベタベタしてたら本当に恋が芽生えないのかしら?
まあ・・・・・ないでしょうけど。
今日のカテコでは、アイーダから腕をむぎゅっとくんで「好き!」って雰囲気だしてた。
その時々で違うのかな?でも観客はこの姿を見て、ちょっぴり癒されるんですよね?。

もうすっかりはまってしまいました。どんどん涙腺ゆるくなる気がします!
次は再来週です。キャスト誰か変わるかな。。。?

20060512005301.jpg
主要キャストサイン入りポスター


関連記事

テーマ : 舞台とミュージカル
ジャンル : アイドル・芸能

アイーダ観てきました その1

何本も電車に遅れながらも、何とか1時すぎに到着・・・。
「ポーチ、ポーチ」・・・5月のプレゼントまだあるかなぁ?
即座にカウンターへありましたありました!まだ・・・ありました。
と、いうことは、7公演では会員1000人来なかったってことか?。ふ?ん・・・

しかしロビーの雰囲気・・・前回、開幕1週目の時とずいぶん違うなぁ?・・・。
あの時は遠征客も多くロビーは熱気であふれごった返してたっけ。
それが今日は売店にもロビーにも人がまばら・・・。

と、思ったら中学生の団体さんがすでに早々と客席に座ってた(強制的?)からなんですね。
今日の私の席はC席の真ん中ブロックです。
席についてみるとムムッ前がずらっと男子中学生かぁ?。
前かがみになってるなぁ。しかもなんで扇子なんか持ってるの!?
あ?・・不安だ、おとなしく観てくれるだろうか。つづく・・・

20060512001339.jpg


まだたったの22回・・・
関連記事

テーマ : 舞台とミュージカル
ジャンル : アイドル・芸能

アイーダ観てきます!

本日どんより雲っています。さらにヒンヤリ?
今日は2回目のアイーダ観劇です。ええ、ひとりで・・・。
今回まではひとりです!次からお友達と!
でも本当に行って帰るだけ、あんまり時間がないので
一人の方が気楽な面もあります。

つうか、こんなことしてないでさっさと用意して出かけたら!?(自問)

天神でもキャナルでも徘徊したらいいジャン!

しかしいつもダラダラ・・・いや、間に合わなくなってアセアセ!
あせってドーパミンがワンサカ出るのを楽しんでるのでしょうかねぇ?私って。

話変わりますが、今朝のローカルTV、アサデスで俳優の大沢たかおのインタビューを見ました。
「福岡は大好きなんですよ。人もいいし食べもの、お酒はおいしいし・・・。」
「それに・・・一番の理由は・・・女性がきれいじゃないですか・・・!でへへ」
・・・と、野卑な笑いを浮かべておっしゃってました・・・。
ちょっと違和感。いろんな意味で。広瀬香美と結婚してましたよね!
でも福岡って本当に美人度高いと思うなぁ?。まわりを見るとですけど!

さて、本日もまたギリギリかぁ??
では、行ってまいりま?す!
関連記事

テーマ : 舞台とミュージカル
ジャンル : アイドル・芸能

こんな映画が好きです

この人が出ていたら観る!という俳優と、その中でお気に入り作品は・・・

◆マット・デイモン◆
グッド・ウィル・ハンティング、リプリー、ボーン シリーズ、ふたりにくぎづけ

◆ニコラス・ケイジ◆
ペギー・スーの結婚、天使のくれた時間、フェイス/オフ、コン・エアー、他多数

◆レイフ・ファインズ◆
イングリッシュ・ペイシェント、レッド・ドラゴン

◆ロバート・デ・ニーロ◆
恋に落ちて、ゴッド・ファーザーpart2、レナードの朝、他多数

◆ヒュー・グラント◆
ノッティングヒルの恋人、ラブ・アクチュアリー、トゥー・ウィークス・ノーティス、他

◆ハリソン・フォード◆
心の旅、逃亡者、エアフォース・ワン、他

◆ラッセル・クロウ◆
L.A.コンフィデンシャル、ビューティフル・マインド

◆トム・クルーズ◆
レインマン、ザ・エージェント、マグノリア、コラテラル

◆リチャード・ギア◆
プリティ・ウーマン、運命の女

◆デンゼル・ワシントン◆
ボーン・コレクター、ジョンQ、他多数

◆モーガン・フリーマン◆
ショーシャンクの空に、セブン、他多数

◆ブラッド・ピット◆
ジョー・ブラックをよろしく

◆ジョニー・デップ◆
ギルバート・グレイプ、妹の恋人

◆ジョン・キューザック◆
セレンディピティ

◆イーサン・ホーク◆
恋人までの距離、ビフォア・サンセット、大いなる遺産
、リアリティ・バイツ、ガタカ

◆マイケル・ダグラス◆
ディスクロージャー、アメリカンプレジデント、他多数

◆トム・ハンクス◆
ユーガットメール、キャスト・アウェイ

◆メリル・ストリープ◆
クレイマークレイマー、マディソン郡の橋、他多数

◆レニー・ゼルウィガー◆
ブリジット・ジョーンズの日記、他多数

他にも好きな作品は・・・「ダーティ・ダンシング」「君に読む物語」
「オーロラの彼方に」「キューティ・ブロンド」・・

好きな俳優さんは
コメディではベン・スティラー、ウィル・フェレル、スティーブ・マーチン
若手ではアシュトン・カッチャー、ジェイク・ギレンホールなど
女優ではリース・ウィザースプーン、サンドラ・ブロック、ジェニファー・アニストン、
ナタリー・ポートマン、シャーリーズ・セロン、ドリュー・バリモア

かわいくてコメディもできるような人が好きだなぁ?。
関連記事

テーマ : 映画紹介
ジャンル : 映画

     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。