広告
Singin' in the Rain 劇団四季

レ・ミゼラブル博多座 一般発売♪

今日からでした。


今日は劇団四季の「アンデルセン」の初日だったのですが、11時に起きたぐらいだから

レミゼのチケット取りどころではありませんでした。

で、さっき売れ行きをチェックしたら、なぜか初日の2列目が空いてました。

千秋楽はもちろん完売。


博多座会に入ってるので前もって予約できていたのだけど、

4枚のうち行けるのが1枚で、第一志望がとれなかったせいで同じ日に2枚ずつ。

1日はビリーの東京行きが後で決まったので仕方なくキャンセル・・・

でもその席が2列目のドセンターで一番いい席だったのに、くぅ~・・・

A席もB席もとてもいい席なんだけどさ~

手放さなきゃなぁ~と思っていたら、「変更できる」と書いてある!!

観劇日の2週間前まで。なんと良心的な!

なんだぁ~、一般発売の前に変更してもらえばよかった・・・

本当、勉強不足で、自分に腹が立つ!


で、藤岡くんみたいなご贔屓がいないレミゼは、キャスト満遍なく観るのが目標で

キャスト表見ながら悩んでいたのですが・・・難しいですね!

そりゃ毎日のように通えば可能でしょうけど、最小日数で達成しようとすると(笑)


でも今のところおさえておきたい、

3バルジャン、光夫ジャベ、昆・唯月エポ、内藤・海宝マリ、ほのかテナ、相葉アンジョ

生田コゼ・・・は押さえました。

川口さん、二宮さん、松原さん、小南さん・・・うまく観れるといいけど。


博多座会でいい席取った人が、都合悪くなり変更して?放出する場合があるので

それはねらい目ですね~。私の席だってめちゃいいもん。

ただ、交換する席がもうないとなると、普通に譲渡かな。とほほ。


今日のアンデルセン、前のD列がごそ~っと4席空席!

関係者じゃないのぉ~?自分で払ってない人だったりして。初日はこれだから嫌ですね。

切に願っていた鈴木涼太さんは、やはり来てくれませんでした。

本当に福岡は寄り付かないって感じですね。(彼の意思じゃないけど!)

でも竹内さんはすご~く良かったです。

横井さんがペーターで竹内さんがハンスって、身長の違いは大きいと思う。

舞台はとりあえず高身長が主役向き、というのはどうしようもない事実。

適材適所ではありますが、例外は少ない気がします。(アッキーとか・・・)


しかし相変わらず四季は開口がすごい・・・・・。


バレエは大好きなので、この作品そういった意味でものすごく見応えあるのだけど

残念ながらストーリー的には今一つ・・・。

「赤毛のアン」ぐらい面白かったらなあ~。

文学的な?作品として、オカタイのは仕方ないにしても、全体にカッチコチ。

まじめ!で、ものすごくアッサリ終わってしまった感じ。

まあね、マダムドーロとハンスのドロドロとした不倫を望むわけじゃないけど

お子様も観るってことで、教科書的な、表面的な内容になっています。

(とはいえ、あの夫婦の実体は、ケンカして燃え上がったり、とても大人向け!

恋愛経験のないハンスにはちょっと理解できないのも納得・・・)


外部の作品を観たら、四季は面白味がなく感じる人もいるでしょうね。

ただ、私は四季には四季の魅力があると思っていて、その変わらない真摯な姿勢に

こちらも身をただすというか、心が浄化される想いがするのです。

今回もその少なくシンプルなセリフの中でも、俳優さんたちが表情や歌やダンスで

精一杯表現されていて、観劇後は胸がいっぱいでした。

ずっとウルウルしていました。

終演後に挨拶とかがあるのを羨ましく思ってましたが、四季はこのままでいて欲しいなあ。

作品の余韻に浸る・・・という点では、四季のやり方は正しい気がします。


ツイッターでも書きましたが、もっと俯瞰して観たかった。

バレエシーンとか、全体を観れた方が美しかったでしょう。



スポンサーサイト

やっぱり最高!「ウェストサイド物語」

やっと、観れました。

新演出になって初めての観劇です。

席はお気に入りのE列センター。リョウと二人で。(前列にA子さん♪)


最初からびっくり。セットがずいぶん変わってる!

マリアの部屋といい、全体に内容がより把握しやすい作りになってますね。

ドックの店の中でやってたことが外になってましたね。


最初の縄張り争いのところから最高にかっこいいんだけど、大好きな振りが出てくると

ニッコニコでした。

バレエ的要素が大きいですが、ともすればだっさー・・・っていう振りも多く

高い技術で上手い人がやるからこそ成り立っているダンスの数々です。

萩原さんと松島さん・・・。

来てくれて超うれしかった。

ふたりとも相変わらずのすばらしさだった。

ベルナルドはこんなに怒鳴ってたっけ・・・?とは思ったけど・・・

あのスチャッ・・・っていうナイフのくだりがまた観れるなんて。


お気に入りの新庄くんもいてくれて嬉しかった!

しかも、Aーラブになって、ものすごい活躍ぶり。

面倒見の良いベイビー・ジョーンの兄貴分になっていたし、アクションの振りもやってた。

とにかく私にはものすごく輝いて見えました。

横井くんのベイビー・ジョーン、ルックスはかわいいしすごく期待してたんだけど

ダンスは・・・好みかもしれないけど、新庄くんが全然好きだったなあ~

ほんとーに、ほんとーに、新庄くんの存在は大きいです!


地元凱旋のチノの林晃平くん。

今までは最後にトニーを・・・って役であまりいい印象はなかったんだけど、

今回チノはマリアを大事に思っていて、やむを得ず・・・って伝わって好感持ちました。

「ミス・サイゴン」で言えば、トゥイの役どころではないですか?

自分は殺されはしないけど、ヒロインを突然かっさらわれるところは似てる!!(笑)


地元のカトクミさん。

アニタ、合ってると思いました。

アメリカの場面、もっとめちゃくちゃハードだった気がするんだけど、ダンス変わった?

なんだか皆さん余裕に見えました。(気のせい?)

今月初め、やはりリョウと、「アラジン」を観たんだけどその時もカトクミさんいた。

また福岡で同じ状況でって不思議な感じ(笑)


マリア、山本紗衣さん。

たぶん、お初に拝見します。

すっごく良かったです。若くて強いイメージ。シュランクに怖い声で言ってるのびっくり。

箱入り娘、お嬢様っぽくはないですね。(今まではそんな感じの人多かった)

でも、アニタに「愛してるならわかるでしょ?」と訴える場面、歌で泣けた~。

初めてかも。すごく感情移入できたんです。

ラストもしっかりマリアの見せ場で終わってた。強さが余計際立ってた。


そしてそして、我らが?田中あっきートニーです。


シンバ以外で、こんなにたっぷりと彼の歌を聴くのは初めてです。

そして、ものすごく・・・『トニー』でした。


阿久津さんと福井さんでは感じなかった、ホンモノっぽいトニー・・・(笑)

松島さんと親友っていうのも違和感なくて、人柄もトニーっぽいし

マリアと恋におちるのも違和感なかった。

歌もすごく良かったです。特に大好きな「マリア」はすばらしかった!

カジモドにキャスティングされてるの、納得しました。

ただひとつ、残念なのは、体型が・・・あっきー、こんなだっけ?

シンバの時の、締まった体の印象が・・・特にサムホエアの時ヤバイ。

白い下着みたいな服の時。

髪型も、おでこ全開でああいう設定なのでしょうか?

P1060284.jpg

他の髪型で見たかった。ちょっと残念。

だけどすてきなトニーでした!


お友だちとも言ってたんだけど、グラッド・ハンドの影が薄い気がしました。

ジーターもいなくなってるし。

西尾さんもいないし、全体にジェッツの歌は弱くなってたかなあ?

あと、セリフが・・・ロボットのように聴こえるのが残念な時はあるなあ。

ちょっと四季と違う舞台を観た後だと、気になっちゃうのでした。

一長一短なんですけどね。はっきり聞こえるのは大事なことなんですが。


やっぱり大好きだぁ、この作品!

劇団四季しかできない、作品のひとつだと思いまする。






「あなたのラインに!!」

「コーラスライン」のこと、やっと語れるっ!

観劇したのは福岡公演の、12月30日、1月1日ですよ・・・。
記憶と感動が薄れてしまう。
毎日あわただしくて、ちっとも書けなかったけど、やっとお休み、記録残したいと思います。

前回福岡公演が2010年。で、私はその後にあった同年の全国公演も観たのでそれ以来になります。

当時の感想→http://nonchin124.blog66.fc2.com/category1-8.html

最近やっと、キャシーのミラーダンスを踊れるようになりました。


あっと、すみません、脳内で、でした・・・(苦笑)


えっ?今から出かける?

帰ってきて、今度こそ、感想アップします!

今日はカンパニーは東京なんですねっ!

そして私はボビーに恋をする

最前列・・・観てきました。お譲りいただいた方、ありがとうございました。

やっぱり近いと楽しい!
何してるか細かい動きがわかるし、小道具も見えるし・・・
何より迫力あるダンスが、目の前で奏でるタップの音が・・・たまりませんっ!

スリーアミーゴズ・・・ 今回よーくわかりました。
私にとってサムは道口さんでミンゴは大塚俊さんって感じなのだけど、全体的にワイスさん
さすが引っ張っていっている感じがしました。二人に比べたらベテランですよね!
バリケードの舞台から来られた阿部よしつぐさん、ほっそいんだけどかっこかわいくって
声もさすがにいいし、もっと歌を聴いてみたいなーって思いました。
アンジョルラスどうだったのかなあ~?

クレイジー・・・って今となってはクラシカルなミュージカルだと思うんだけど
ディズニーものみたいにセリフも歌の流れでどんどん進んでいくのと違って
“間”が多いんですよね~。コメディなんで笑いを目指してる部分が多いんだけど
これがなかなか難しいですよね。お笑いじゃないけど、笑いって会場があったまってないと
キビシイ部分があると思うんです。
ボビーの笑いはしっかりしてるしわかりやすいからそこそこ笑いもおきますが、
その他のところは、しら~・・・・っとなる場面も多く(すみません)むしろ客、キョトンって感じ。
ちょっと時代と合ってないのかな~とは思うけど、私はそれも楽しんじゃいます!

宮田ポリーは、めぐちゃんや花ちゃんの時に笑いがおきてたところでイマイチのとこあるけど
足を踏まれてぶるぶるするところでは、一番うけてた気がする!
だって動きがすごいんだもの!
ダンスが上手いって、とにかくすべての動きが軽やかですよね。
そして近くで見て思ったけど、表情とかもすばらしかった~。
歌もかなり良かった~。今までは、勝気なポリー像は辛うじてあっても、本当にダンスが上手くて
ボビーと対等にわたりあえるっていう感じはなかったから、新鮮極まりないです。
宮田さん、新しいポリーをありがとう!!って感じです。

今日も前半ボビーとポリーが二人で踊るところでウルウルきました。
どんな愛の言葉よりも、あのダンスは二人の距離を近づけ、心を通わせ合ってるんですよね!
もう、心がきゅーっとなるほど大好きなんです。
特に好きなのが、二人向かい合ってポリーがバックで進むところ・・・かっこいいし・・・
後でポリーが、「二人で踊ったダンスが、触れ合った腕が忘れられない!」って言うんだけど
もうこの場面を想うと納得なのです。そして、「ヤッターッ!!」ってボビーが喜ぶのもいいしね。
幸せ感以外の、なにものでもないのです。

話がどんどん飛びますが、新庄くん・・・。
ベイビー・ジョンじゃなくて、ベイビー・ジョーンかぁ(笑) 前の日記、失礼。
ジュニアって、こんなに下働きしてましたっけ?
運転手やら、後片付けやら・・・。後ろ向きな発言も多いし・・・(笑)
新庄くんにはもっと活躍する役をお願いします!なんちゃって~。
どうしても、すっごい踊ってたイメージがあるからですねえ~。

前で観ると、全体で歌って踊る場面が、本当にみんな楽しそうでノリノリで・・・
こっちまで嬉しくなって踊りたくなってしまいますねえ~。

光川アイリーンの場面、相変わらずド迫力だったけど、何気にワイアット、ジュニア、ミンゴ・・・たち
4人が歌うところが好きです!(笑)
ちょっとエビータを思いだすんだなあ~!

ワッキーも相変わらずお元気で!拝見できてうれしいです。
アイーダ時代ってもう何年前?リョウがワッキーとカトクミさんたちにサインもらったっけ・・・。
なんか、ももひきみたいのはいてて、わざわざズボンおろして見せてましたけど、あれサービス?(笑)
スワガードされてましたよね~。どんなかなあ~?

小野さんのワイアットも新鮮です。
なんだかでっかくてたくましいワイアットって・・・珍しい?
要所要所で、「たくましい!頼りになる!」と思うところがありました。
♪ひ~なぎ~く~ なんてひとこと歌って、新人君がやってもおかしくない役だと思うけど
またまた言っちゃうと贅沢ですよねっ! キャスティング、贅沢です!
四季にとっては・・・やはり大事な作品なのかなあ~?敬二さんの思い入れ?
私はとっても嬉しいです。こんな舞台を見せてもらえると!!

松島や~ああ松島や 松島や・・・

芭蕉ではないですが、松島さん、最高です!

今までどの役もすばらしかったですけど、やっぱりボビーは特別ですね。
そうそうできる人はいないと思うし。
もちろんべっちも、ハギーも見たかったですよ?それぞれに見どころはあると思うんです。
でも松島さんのボビーは・・・期待以上で、かっこよくて、おもしろくって・・・
本当に恋しました。
この感動を忘れないようにしたいと思います。
もう二度と、同じ松島さんには会えないと思いますから・・・。

全国公演、まだ7か所目なんですね。
年明けまでず~っと続きますが、どうかお体壊さないよう、がんばって欲しいと思います。
途中でチェンジはあるかな?
ボビー連投は、あまりにハードですよね・・・

でもなあ!!すばらしい松島さんのボビーを、全国の人に観てもらいたいなあ!!

そしてまたいつか、キャナルシティ劇場へ戻ってきてください!!

♪できればいいな・・・やればできるでしょう!!






贅沢の極み~!

久しぶりのCFY!クレイジー・フォー・ユー!!

20年前に敬二さんと知寿さんで観て・・・
敬二さんの超超かっこいいダンスと、知寿さんの魅力的な歌声&キャラクターに魅了され
感動で胸がいっぱい、作品の虜となったのでした。

それから何度かこちらで公演がある度観たけれど、松島ボビー・・・すっごくよかった!!

私はボビーのシャープで色気のあるダンス、タップは敬二さんが一番だと思っていたけれど
松島さんはペアの時のエスコートが安心して観れるし、さすがバレエダンサーと思わされる
美しい動きがたくさんあって本当にすてきだった。
コミカルさも、ものすごい域に達している敬二さんには及ばないでしょうけど
(目の星をつかむ仕草なんて、敬二さんおかしかったなぁ~!)
松島さんの何がいいって、ボビーの“ハート”が感じられたところかなあ~。

かわいらしくて憎めない。より人間っぽい感じ。
敬二さんのボビーはNYのエンタメ界に実際いそうでクールな印象もあるんだけど、
松島さんはポリーに対する想いとか温かさが出ていた気がしました。
演じる年齢的なものもあるかなあ~。

終盤のボビーがひとりで踊るシーンはわくわくして固唾をのんで見守ってました。
すてきだった!「ポリーーーーーッ!!」も決まってた。
バリケードをレ・ミゼラブルのことでおちょくる場面はあるけど、権利書を破るシーンだって
バルジャンが身分証明書を破り捨てる場面に似てますよね。
暗転前のジャンプのかっこいいこと!演出最高!

で、ポリーです。
お初の宮田さん。す・・・スリムだなぁ~!
でも声の違和感のなさは、噂通り知寿さんに似てるからなあ~。
キスされて、「に・・・二度としないでよぉ!」って言うことろ、もっと笑いがあった気がしたけど。
歌は艶のあるきれいな声で、思った以上に良かったです。
ところどころ、そこ、裏声?っていう部分はあったけど、肝心のところが歌えていたので・・・

宮田さんのポリーのすばらしさは、軽やかな動き、ダンスでしょうね!
これは今までの人にない、新鮮な感動でした。
めぐちゃんが体調壊したり(何が原因かは真実は知らないけど)歌い手さんにとってはハードルの高い
役で、キスシーンも多いしさ・・・「よくここまでがんばったなぁ~!」って思うぐらいだったけど・・・
“ダンスが上手い”女の子とはこのこと!って感じでした。
カテコでも二人が出てきてポリーがキスをせがんでしてもらっていたので、なかなかですよね。
今のカンパニーの完成度の高さは、踊りきれる二人の主役の力が大きいですね。

あとー・・・他のキャストでは・・・

ぱっと目立っていたのがビリーの厂ちゃん!
前回も厂ちゃんだったかな。ユタの時はハプニングありで、怪我されたり心配したけど
今はアラジンにキャスティングされたり元気いっぱいイキイキって感じで嬉しかった!

むふふふふ。
ごひいきの新庄くん!!まさかCFYで会えるなんて!
ジュニアは平田さんって強いイメージがあるんだけど、新庄くん、嬉しいよ!
しかしさあ~、男性陣、みんな冴えないカウボーイなわけですよ。
歌えて踊れる人がイッパイいるわけですよ。

大好きな作品なんだけど、そこだけは、モッタイナイ!!
といつも思ってしまうところ(笑)
セリフもひとことって感じだし、ダンスも物足りないっす。女性陣はまだ見どころ多いと思うんです。
ダンサーとして見栄えもするし・・・最後は称えられて・・・いい役ですよね。
まっ仕方ないですよね。多少はどんどん洗練されていく成長ぶりは見られます。
しかしバーの場面なんて、一見、ウエストサイド・・・に似てなくもないのにね。
ねっ、ベイビー・ジョン!

三宅さん・・・すごいなあ。ピート、丸メガネ、かわいい・・・
ピートって知的でかわいいんですよねえ。もう20年されてるんですね。
ある意味すごいなあ~。変わらずいけるなんて!!

松下さんも、変わらずっていう点ではすごい。最初に拝見したのも松下さんだもんね。
フットライトに照らされて~~~!っていう言い方が変わったかなと思ったぐらい。

新しいキャストでいうと、ベラの青羽さん。
おおーーーーーっ。
私は今まで聴いたベラの歌で、一番上手いと思いました!これまた新鮮ポイント!
松島さんとは似通ったところはない感じだけど、二人のベラはさすがに揃ってました。
アクはない感じだったけど、そつなく、好ましいザングラーさんでした。

光川さんのアイリーンも初めてでした。
今まで末次さんや増本さんなどド迫力な女性の印象だったけど、光川さんって・・・大丈夫なん?
って思いましたが、いやぁ~、歌は超上手いし、がんばっていらっしゃいました。
こういうシーン見ると、この作品大人向き?なんて思うんですけどね(笑)
美しすぎるアイリーンでした。
今まで品のいい、歌の上手い・・・って印象の光川さんでしたが、ちょっとファンになりました!
う~ん、ハイレベルっすよ。

それからテスも、初めての加藤久美子さん!

超地元です(笑)
高倉さんにしても同じぐらい地元なんですけどね。
加藤さん、はまり役ちゃいますかぁ~?
すっごく良かったです。ダンスはもちろん、セリフもしっかりしていて・・・
リーダーっぽい感じが出ていました。

ムースが誰かと思ったら佐久間さんじゃないですか~!
ぼーっとした大男ってイメージだけど、かつてはスターの阿久津さんもやってたし・・・
なんと初演はあの岡さんじゃないですかー!!
JCSで佐久間さんが最前でシャウトしているのを見て、きっとどんどん活躍されるだろうな~
とは思っていたんだけど。今度前の席の時しっかり見て聞こうっと。

パッツィーの相馬さん、かわいいし良かった!
オッパイ触られたり、トイレネタあったり、あほっぽいキャラですけどダンスはできる設定だし
いい役ですよね~。

今回は2階の前方で観たので、次の最前列では、違った楽しみ方をしたいと思います。
全体の美しさを見るには、2階は最高なんです。俳優さんたちの視線もきますしね(笑)
工夫がいっぱいの楽しい舞台だし、視覚的にも美しいので一度は2階で観ないと・・・。

前方は前方で、迫力あるダンスを感じられるし、細かい表情やセリフが聞けるから
これまた楽しいです。
金曜マチネ、急遽仕事は半休とるしかないですが、とってみせます。(笑)
そして、大好きなこの作品を、しっかり胸に刻まなければ!!

サークル・オブ・ライフの一員に・・・

報道ステーション観ました。

伊藤綾祐さんがクローズアップされてました。

レイヨウのソロですっごくアップになって力強い声を響かせていらっしゃると思ったら・・・

ヤングシンバ時代の映像まで。(なんだか初演はふにゃふにゃしてたんですね。笑)

福岡でもLK6枠で拝見したけど、今は6枠ってないんですね。(もう3年まえぐらいから?)

ウィキッドのボックも印象深いです。

そして久しぶりに浅利さんの姿も・・・。何度も聞いたお話でしたが、まだしっかりしてらっしゃる?

「生きていることはすばらしい。」 「子どもたちに感動を」

そういう理念はすばらしいと思います。

かくいう私も、約50年続いている「こころの劇場」、“こどもミュージカル”を子どもの頃テレビで観て

もう、衝撃を受けて食い入るように観て、ミュージカルの虜になったひとりです。

すぐさま小学校から演劇部に入って、自分自身も舞台に立つ経験をしたり、

大人になってからは本格的に観劇にはまりました。

最初に観たのは無料だったけど、今では大金?を観劇に使ってるわけですから、

立派に輪の中に入ってる感じですね(笑)

私が劇団四季を好きな理由は、古館さんが浅利さんの話でちょっと言ってたけど、

作品が、とことん管理して枠にはめて、きっちり作り上げられているっていうこと。

発声法や開口など茶化されることもありますが、観ている側からしたら、脚本(セリフ)がすべて

正確に伝えられるというのは、当たり前のようでありがたいことだと思います。

枠にはめられていても決して無個性ではないし、演じる人によって違いを楽しめるのは

レミゼ等他の舞台の複数キャストの楽しみ方と一緒です。

四季は厳しい稽古をされているからこそ、努力の積み重ねが見えるから、こちらも感動する。

「ああ、ここまで合わせるのって、相当練習したんだろうなあ~。」とかね。

やっぱり四季以外の舞台で、そういう努力が見えるような感動は、正直なかなかありません。

(役者の魅力とか、パフォーマンスに感動することはありますけど・・・)

10000回を超えた今、東と西のキャストを見てみると、7年前に福岡で観た方ももちろんいるし

ず~~~~っと支えてこられた役者さんたちがいること、本当にすごいことだと思います。


劇団内にいると、矛盾だとか、許容できない面はいろいろあるかと思うんです。

でも、今のシステムでしか作り得ない舞台があるのも事実です。

そして10000回というLKを初め、キャッツなどもそうですが、公演されてきた“歴史”が

クオリティを下げず、むしろレベルアップしていく、大きな支えになっている気がします。

先輩たちが作り上げてきた土台を崩せない、情熱を引き継ぎたい、という想いは

役者さんにあるんじゃないかなあ?

そんなお話を役者さんの口から聞いたこともあります。

決してトップからの押し付けだけではできないことですよね。

私はそこが、「劇団」のすばらしいところだと思います。


今ではめっきり観る機会もなくなりましたが、四季にはこれからも感動を与える舞台を

作り続けて欲しいと願っています。


   

いろいろ驚いた!

すっかり離れてる四季ですが・・・
全然知らなかった!平田愛咲ちゃんがベルデビューしてたなんて!!

他演目でオーディション受けてたのは知ってたけど、ベルなんですね。
すごいよ!!
ベルは、ヒロイン中のヒロインじゃないですか~?王道というか・・・
四季では4~50代でもヒロインやっちゃいますが、愛咲ちゃんはまだ20代だし、逆に新鮮かもね!
ある意味麻痺してるので、若すぎると感じるぐらいかも(笑)

しかもですよ、ビーストに北澤さんがデビューされてるじゃないですか~。
あの、衣装&メイクは大変でお気の毒ですが、ビーストって役は北澤さんにピッタリだと思う!
歌はもちろんすばらしいし、ぶっきらぼうな態度から紳士に戻っていく・・・
王子に変身したらさぞすてきでしょう!!(あ、でも、あの微妙なカツラが・・・)

静岡で二人共演もあるのかな?
愛咲ちゃんは「王様と私」で藤岡くんと恋人同士だったのでうらやましかったんだけど
今度は北澤さんか~!くく~っ!(笑)

なんにしても、同郷でリョウも同じ舞台に立って、一応“おともだち(知り合い?)”なんで
共々応援していきたいと思います。
そのうちアラジンでも観れたりして~?

アラジンといえば、いつの間にかハギーがジーニーやっていてびっくりでした。
ハギーの飛躍はすごいなあ~。バックに強い味方もいますしね!
本当に、四季を支えるひとりになっていらっしゃいますね。
で、どうぐっちょんもやっとデビュー。怪我されてたんですよね?よかったよかった。
役縛りは大変だから、たくさんの人が演じられるのはいいことだと思います。
観る側は、好みもあってチケットとりに苦労するかもしれませんけど(苦笑)

9月のクレイジーは10時にとりそこなって、勝手にはらかいて(怒って)オケピ待ちなんです。
その後、全国公演でコーラスラインもくるようで、とっても楽しみ!
もう何度もいろんなキャストで観たけど、何しろキャストが豪華ですからね!
私はダンスが好きなので、願ってもない演目です。
俳優さんたちも思い入れが強い作品で(だって、まんまの世界ですもんね~)意気込みも感じるから
本当に大好きです。

さあ、今日、博多座「レ・ミゼラブル」は閉幕ですね~。
寂しいですね~。
もう、しばらく博多座に用はないかなあ~(苦笑)
結局4回しか観れませんでしたが、金額的には結構なもんです。庶民には!ふう~
ほとんどのメインキャストは網羅できて大満足です。
夕方は帰京ラッシュかなあ?

お疲れ様でした。次の帰福をお待ちしております!

おう!クレイジー!

久しぶりに劇団四季をチェックしたら、「アラジン」が開幕しており、
ジーニーは瀧山さんだったんだな~って  ぐっちょんもそのうち出るでしょうけどね。
怪我なの~? ハードそうですもんね。心配です。

すっごく評判いいみたいで早く観たいです。
アンサンブルキャスト見ても、がっつり実力派揃えた、って感じですよね。
ダンサーのクオリティの高さは・・・やはりBWものは四季しかできないな、と思います。
だってもう写真だけ見てもポージングといい揃ってて美しいよね。

そして何気なく全国公演をチェックすると・・・
ああーっ、「クレイジー・フォー・ユー」なんだ!!!
福岡はキャナルシティ劇場で9月20日から合計7公演。
超ハッピーで大大大好きなミュージカル♪

しかし気になるキャストはー?
前回の東京公演を見ると、男性は超ベテランがたくさんがんばっちゃってる感あり。
逆に女性は名前を知らない人ばかり。ピチピチをもってきたのかな?
松島さんのボビーは観たことなくて興味あるけど~
わたしゃべっちのボビーも観たことないんですわ。
観れずに死ぬんだろうか? あんなに、いつかはボビー!とワイアットの時から応援していたのに。

まあー、なんにせよ楽しみにしておこう!

6月13日(土)発売開始ですね!

なんで北ばかり!?

なんで~?なんでだ~!?

ひどい~!どいひぃ~!!!

すっかり縁遠くなった劇団四季の公式をのぞいたらば、札幌キャッツの稽古の模様が・・・

夜行列車のアイドルが!?

北澤さん・・・・・。

はっきり言って、福岡キャッツはそれだけを楽しみにしてたんですよ。

一縷の望みを持ってましたが、「オペラ座」に涙を飲みました。

なのに、また、札幌!? なんかあるんですか、北海道に!

名前だけじゃないんですか?北に関係してるのって・・・(苦笑)

あー、悔しい。 べっちのタガーだって見られなかったしさ。

別にキャストに不満があったわけじゃないですけど。 ないものねだりですかねえ。

しかし北澤さんの北縛りにはナゾを感じます。 解せぬ。

今まで200字で感想や要望を送ったら、本当にちゃんと浅利代表が目を通しているみたいで

とってもラッキーな出来事があったことがありました。

まさに、「ペンは剣よりも強し」だなあ~、真剣に訴えてみるもんだな~と思ったものです。

そんな浅利さんも今はイナイか・・・ 200字も、もう何年も送ってないし。

これからの劇団四季はどうなっていくことやら。



今年は年賀状は出せなかったのですが、いただく分には嬉しいです。

特に俳優さんからの年賀状は、飛び上がって大声出して喜んでます。

今まで、差し入れや手紙を送った方の一部が、ご丁寧に年賀状をくださっています。

もちろん全員ではないし、それを期待してこちらも渡してるわけではありませんが・・・。

が、これが、人気なメインの方のほうがきちんとくださるんですから・・・。 

そういうファンを大事にする方だから、ファンが多いともいえるのかな?

数もすごいでしょうに、ありがたいことです。 

もっともっと応援したいって、確かに思いますね!



誰も、奪えやしない



20数年前に観た、加藤敬二さんのボビーのかっこよさが忘れられない。

(このPVは最近のものだけど。・・・花ちゃん!!)

そして、この作品の曲、ストーリー、ダンス・・・の圧倒的なすばらしさ。幸せ感。

これぞ、ミュージカルです!


CMで乱用されてるアイガットリズムももちろん盛り上がるけど、

私はポリーの『Someone To Watch Over Me 』や、

ボビーの『They Can't Take That Away from Me 』 が好きです。

歌詞見てください。 泣けます~。




これは作品が違いますけど。


これも最高!

 




     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: