広告
Singin' in the Rain 未分類

自転車で日本縦断!『Start Line』

映画監督 今村彩子さんWEB SITE→https://www.studioaya.com/

自宅から自転車で3分の会場にて。

チケットをいただいて、よくわからないで席に座ったわけですが、

ちゃんと予習しとけばよかったなぁ~。

映画上映前に監督で主演の今村彩子さんの講演がありました。

講演と言っても舞台の真ん中にマイクを持ってぴし~っと立ちっぱなし。

ご自分からそのスタイルで、とおっしゃったのかなぁ?

生まれつき耳が聞こえない彩子さん。ほとんど声に出してお話しされてましたが

目前で対面で代弁されていた方が、前の職場でご一緒だった手話通訳のYさんでした。

さすが!!とてもわかりやすく、感情も入っていてすばらしかったです!

そして今回太宰府にお招きするきっかけとなった、山口さんとの対談。

山口さんも耳がご不自由なのですが、時折大きな声で笑われたり、元気いっぱい。

明るく社交的な印象です。

お二人は熊本地震の支援活動でお知り合いになったらしい。

今日の会話では観客を前に話してるせいか、ちょっとちぐはぐしっちゃってるかな?と思いました。

お互い勘違いして受け取ってるような・・・

でも初恋の話まで飛び出して、楽しかったですね。

メールでも、電話でも、本人目の前にして言葉で伝えられない場合、ちゃんと真意を伝えられるかどうか、コミュニケーションって本当に難しいですね。


本編。


伴走者の自転車やさんの堀田さん。


キビシイ!!

でも優しい。


彼が厳しく言っているのは、交通マナーとか命にかかわる危険なことに対して。

それは本当にごもっともです。

コミュニケーションについては・・・彩子さんちょっとかわいそうだな、と。

だってさ、初めての土地で、何百キロも走ってクッタクタなところ、

初めての店に入って出会った人に、「こちらの方ですか~?」なんて話しかけられる?

そんなの、ゲイノージンのテレビ撮影ぐらいでしょ?できるの・・・。

まず、そんな会話があるなんて、話す方も話かけられる方も、頭にないって。

コミュニケーションをとると言っても、不自然なことは難しいですよね。


道を尋ねる場面とか、1対1で話しかけやすいような場面ぐらいですよね。

口元で言葉を読み取る彩子さんにとって、複数の人との会話はとても難しいことだと知った。

手話の道案内は立体的でわかりやすいということも。

彩子さんが自分が話しかけたり質問したりすることで、相手に迷惑をかける・・・と気にしていらっしゃることはよくわかった。

堀田さんが言うには、もう最初から筆談や自分の状況のことを話したほうが早いって。

わかればこちら側も、少しでも伝わるよう努力はしますよね。

口ははっきり開けて、ゆっくりと、ジェスチャーをまじえながら。


おかしかったのは、なぜか伝えようとして英語になっちゃう人がいたこと(笑)

手話でもできるといいのでしょうけど、声がだめならなんとしてでも・・・ってことで、カタコトの英語が出ちゃうのかなぁ?わからんでもないです。


彩子さん、コミュニケーションでは苦労されてましたが、自転車走行については(交通ルールとメンテ以外は)ものすごく順調に見えました。

全然弱音も吐かないし、こけた様子もないし、お尻が痛いとかもなく、タフだなあ!!と。

そして堀田さんとぶつかり合いながらも、夜にはビールでカンパーイ!

このがんばった後のビールが美味しそうで・・・。

お二人がお酒が飲める人で良かったなぁ~と。ご褒美ですもんね!

スイカを買って美味しそうに食べていらっしゃるのがかわいらしかったです。

うん、彩子さん、タフだ!(笑)

最終的に0.5キロ太ったという彩子さん。(きっと体脂肪は一ケタでしょうね)

12キロも激落ちした堀田さん。この違いはなんなんでしょう!?

音に敏感で眠るのにも苦労されていて、常に見張り役でそりゃあ心身ともに消耗しますよね。

しかしナニワのお友だちのところで、「耳が聞こえないあなたたちは睡眠のための静寂を手に入れていて得している!!」と言い放っていた堀田さん・・・。

本気だったのかな?それとも病んでた?(笑)

大阪らしく、「耳栓せい!」とか、「そりゃ坊さん(の意見)や!!」と返してたお友だち、さすがでした(笑)

実際は睡眠時耳が聞こえないって、何かあっても気付かないのだから、危険ですよね。


膨大な映像の編集、大変だったでしょうけど、あちこちに恐ろしくきれいな空や風景があって、ロードムービーが大好きな私としてはそこもとても楽しめました。

オーストラリアから来たウィルさんも、彩子さんと同じ状況だけど、本当にお手本のような人との接し方で、立派でしたねえ~

最後海辺で彩子さんが心の悩みを打ち明けるところ感動的でした。

まさに言葉はいらない、ってことですね。





スポンサーサイト

間違っとうやん・・・(苦笑)

自分の「リトルダンサー」の感想を読み返していたら、トニーをトミーと書いてるし、

ちょこちょこ変なこと書いていた(恥)

社長も言ってたけど、改めて映画とは構成が違うな、と。


映画はお母さんの手紙のところでウィルキンソン先生とのつながりを深く描いてますね。

舞台で声に出して読ますのも、ビリーとしては先生をお母さんと重ねて、声で聴いてみたかったのかな、と。

最初、文面を覚えているビリーが、読むのをためらってる先生に続きを促す場面、

なんかちょっと違和感あったけど、今どうかな?


クリスマスの場面は映画はもっと悲惨です。

ビリーの家の貧しさが際立っていて・・・ビリーがかわいそうで。

舞台版はお父さんの歌で家族への愛とかいろんなものを表していて切なくしてますが

トニーの募金とか、クリスマス会の催しとかはちょっと明るいムードでほっとしますね。


おばあさんの歌のところとか演出かっこいいし、

警官隊と炭鉱夫、バレエのレッスンを交錯させるところとか

マイケルとの場面もステキなタップナンバーになってるし(映画でタップはちょこっと)

ストーリーをうまくミュージカルに仕立ててるなぁ~って

私が言うまでもなくトニー賞で評価されてるわけですけど(笑)


女の子バレエのコミカルなシーンが好き!


その中で、先生や周りがビリーの才能に気づいていくシーンが

この作品の見どころであり、観客もワクワクして胸がすく展開となっています!

本当に日本のビリーたちがその過程をうまく表現できるからすごいですよね。


名前ど忘れしちゃったけど、先生の助手みたいなことしてる

ピアノ弾けて歌って踊れるビッグな人のこと、ウィルキンソンが『さん』付けで呼んでるのがなんだか違和感。呼び捨てのほうがしっくりこないかな?

彼の場面も楽しいですよね~


ジョージが「受かると思ってた!」と調子のいいことビリーに言うところ

あの真似ダンス?、何気に好きです(笑)


映画のラストは、アダム・クーパーの登場で、サプライズで言えば数ある映画の中でも

かなりの上位にあると思うのですが、その後のお父さん、トニー、マイケルたちを見れて、

ビリーの活躍さぞ誇らしいだろうなあ、嬉しいだろうなあと、こちらも最高な気分にさせてくれます。

ある意味できすぎなので、舞台版はちょっと含みを持たせてしっとりと・・・

カテコの大騒ぎが待ってるわけですから、より際立つし、上手いですよね~

余韻を残し、観客に想像させるのも、大事ですもんね。


よく、ブロードウェイにしろ、ウェストエンドにしろ、ミュージカル好きな方や

俳優さんたちは話題の舞台をご覧になりますが(うらやましい)

恐らく皆さんが完璧に英語を理解されてるわけじゃないでしょうし、

ストーリーは頭に入っていても、ミュージカルだから、歌とダンスで楽しめる、って感じかなと失礼ながら想像しています。あと、舞台のパフォーマンス、熱量は言葉を超えて伝わるでしょうからね。

もちろんすべてのセリフをしっかり理解できる方もいると思いますが。

 何が言いたいかというと、やはり細かい機微とかは、日本語ですべてを理解した上で

さらに得られる感動もあるかと思うのです。

ぜひぜひすばらしい日本版を、観てない人は観るべきです!

・・・ということでした(笑)






コント『おまえホンマ最低やな!』王決定戦

出演者がすばらしかったので、今夜はミュージカルよりお笑いを選びました?
ACTシアターにほど近いレッドシアターにて。
だいたいタイトル、内容がよくわからなかった。決定戦だから予選があったのかと思ったけど
初めての開催だって~。

司会がレイザーラモン。司会は珍しいって言ってました。
今をときめくHGは最後にちらっとたかしヘアを見せてくれました。
RGは趣味の武術?の先生に喉元を叩かれて声がカスカス。
何度かフォー!をやってくれましたけど。

こじんまりした小屋。
ここで持ち時間8分のコント。
これだけのメンバーで3000円は安くない?びっくりです。

?ザブングル
キングオブコントの予選でだだすべりしたというネタ。
加藤さんのコロコロと変わる態度が笑いどころかな?
大爆笑まではいかなくてもウケてましたよー。

?空中階段
お初でした。
にしても、サイテーといえばダントツだったのでは?
私が大好きな、篤の『建て物探訪』のネタだったんですよー
これが篤は似てないけど、ネタ作ったという彼がいかにもこだわりの家を建てました~って感じの男で、
篤が、家を誉めるとこがなかったら、とりあえず奥さんを誉める、というのを言われてて
その奥さんを…………するネタだったんで(最中お馴染み小田さんのテーマ曲が流れる)、ツボに入ってしまい笑っちゃった!
テレビでは流せない下ネタ、最前列の14歳の前で披露しちゃって…
ほんと、最低でした!(笑ったけど)

?マツモトクラブ
見たくてたまらなかったの~
感動した~!(笑)
田舎に帰ろうとする男を引き留める男。それには超セコい理由があって…
とにかく、いつものように構成がすばらしくて!凝ってます。
もっとネタ見たいなあ~
単独ライブとかあるのかな?
グラサンしてると、RGに三上博に似てると言われてたけど
ナゾ!

?ジャルジャル
娘の影響で単独ライブも行ってるし、一番ネタを見てるかも!でも今日のは初めて。
理解不能者みたいないらつく登場人物はちょこちょこありますねー。
暗転前のちょい変え、絶妙やった!

?カモメンタル
お初でした~。
よしもと以外はなかなか見れないのでき??

ビリー・エリオット2017 観劇

待ちに待ったこの日でした。
何ヵ月も前の発売日に、行けそうで、よさそうな席をとっていたのでした。
そーしたら、最前でコンダクターのすぐ後ろの席ではないですか。
もう鼻血ぶーですよ!(古…)

鼻血と言えば、冒頭の藤岡くんのパンツシーン(笑)
本国のはもっとよれっとしてたイメージでしたが、
めっちゃぴきっとしていて?履きこなされていて似合ってました。
ん?ここ、そんなに触れるとこじゃない?
(正直、凝視はしてません、できません(笑))

いや、他の衣装も、藤岡くんすべて似合っていた!
クリスマス会もエプロンもチュチュも~
そしてトニー兄ちゃん熱かった!怒鳴りまくってると聞いていたけど、自然な感じでした。
先頭きって闘っていて、フラストレーションも溜まってるから当然ですよね。
ただ、家族への愛はしっかり感じました。

そして激しいあのダンス!!
流れるようにsystematicな動きが多いので、乱したら大変なところだけど
見事に溶け込んでいらして…ダンサーさんたちとですね!すごか~
たくさん稽古されたんでしょうねぇ~

やっぱりナマで見ると、炭鉱夫さん、警官隊のダンス&歌は迫力あります。
カクカクした動きあり、タップあり、これはハードだなぁーと。
招致活動もされていた大塚さん。四季でたくさん拝見していて舞台で会えると嬉しいお一人!
奇しくもトゥイと部下が睨みあっていた~~~!(笑)

……この作品を四季がやってたらどうなってたんでしょうねぇ?
メインキャストの方たちが、どうしても面白味にかけていたかも…?
今もきっちりとオリジナルを踏襲されてましたが、四季だともっと自由度がなくなる気がします。
やはりキャラクターが生き生きとあって欲しいと思うのです。

ただ、四季だと良かったのは、専用劇場で恐らくロングランされただろうこと!
して当然の作品です。
ホリプロのえらい人はもう次はない的なことをおっしゃっててびっくり!
まあ、今のビリーは今だけなので、今を見逃すな!ってことなんでしょうねえ~
だけどこの作品を観て、やりたいと思って、次のビリーが現れるわけですから、次がないなんてあり得ないことです。
続けるべきです。
最低、レミゼやサイゴンみたいに隔年でお願いします。
(タイトル、次があることを見越して2017とつけています!)

四季と言えば、原慎一郎さんも、ひときわいい声を響かせていらっしゃいました!
横沢さんや卓士さんも…
この作品がなければレミゼに出ていたのかなぁって方もいますよね!
この作品で拝見できて良かったです。
とにかく、本国版より、みんなめちゃくちゃかっこいい!
歌はわざと田舎で労働者っぽさを出すため、あんな吐き出すような感じらしいですね。
本当に皆さまアッパレです!

まだ全然感想ありますが、明日があるのでこの辺で……?

「恋ひとすじに」(1958年 仏独)

決闘!?
のどかな森の中で、白昼堂々殺人ですか?
そんな時代なんですね……びっくりしました。

アラン・ドロンの特集をやっていて、なんとなく観ました。
彼がまだ新人の頃で、本当に美しいとしかいいようがない容姿です。
涼しい目、鼻筋は通り……
運命が決まってからの寂しそうな演技が良かったです。

相手役のシュナイダーは逆にファニーフェイスというか、愛敬があるかわいらしさで
本当に婚約したというから、ラブラブなのも説得力あります。

にしても、お父さん、かわいそうだよ~……
大切な一人娘を……
そして悪友の男気に泣けた。
自分の地位を捨ててまで訴えたのにね。

若い将校と男爵夫人の恋。
真剣だったとはいえ、不倫ですよね。
その代償は大きかった。
決闘がある時代にするってまさに自殺行為。

最後のクリスティーヌの独白は、まるでウェストサイド物語のマリアそのもの。
悲劇ですから。
でも、アラン・ドロンの魅力はめちゃくちゃ感じることができました!
本当に麗しい、ハンサムの代名詞となったのも納得です!

いつもウッカリ!慣れない病院にて

なんだかムカムカしてきたぞ・・・

これが「クエン酸第一鉄Na錠50mg「サワイ」鉄50mg」の副作用!?


結局再検査しても立派な鉄不足だったのです・・・。


最初に血圧・体温・酸素を取り込めてるか?を調べて、問診。

院長先生優しそうでよかった~!

そう、引っ越したのを機に初めての病院に出向いたのでした。

・・・といっても、母が数か月前骨折でお世話になってたんですけどね。


下瞼の色を見て貧血チェック。これはそうでもなかったもよう。

次に聴診器・・・

あっ、そうか、病院ってこういうのあるんだっけ?

私は単に血液検査をするぐらいに思っていたけど、基本でしたね。

Tシャツの下に下着も着ていたのでモタモタする。

子どもの頃ならなんともないけど、大人のこれってどうなんだろう?

何か所か当てて心音聴いていらしたけど、あれでわかるのかな?

この場面でどこからともなく看護師さんが手助けに来る。

上着を手繰りあげるのを手伝ってくれる。背中もモタモタする。


血液をとって、超音波検査。


職場の健診でもやって異常なしだったんだけど、念のため。

「春日!?」

がちょっと歳とったような検査技師さん。

この前は怖くてエコー中は何もしゃべれなかったんだけど、(当たり前?)

今回は

「脂肪も見えるんですか?肝臓はどんなですか~?」なんて気安く声をかけてみる。

「肝臓・・・なんか不調があるんですか?」

「いえ、こんなに太ってるから脂肪肝とか大丈夫かな~って。」というと、

「皮下脂肪と内臓脂肪は違いますからね~・・・。」

と答えてくれて・・・


でも結局そこまで。あとはダンマリでした。

職場の健診は若いオネエチャンでもっと時間がかかってたけど

今回の技師さんは手際がいい感じがした。

で、肝心の子宮あたりのエコーなんだけど・・・

どうも壁が分厚くなってるように見受けられるらしく、婦人科へ行って

きちんと調べることになりました。

あとは消化器系も原因として多いらしいんだけど、血の詳しい検査で腫瘍マーカー

とかで調べるらしい。とりあえず。

婦人科系もじっくり調べたことはないので、ここらできちんと調べるのは良いと思う。

ヤバイ状況だと困っちゃうなあ~ 

でも治療を進めるにはその辺の産婦人科じゃなくて最初から大病院に行った方がいいかも、って。

紹介状書いてくれました。はぁ~・・・憂鬱だ。


で、この鉄分を補う薬、ちょっと吐き気がするのです。

でも体調は貧血が改善されてぐっと楽になる人が多いらしい。

でも飲み薬が合わなくて注射しかダメな人もいるって。

私はギリギリOkだろうか?

どう改善されるのか、ちょっと楽しみです。

大阪は・・・カレーやで~♪

ふぁ~ねむ~い!
でも今日は早めに博多駅到着で、間に合った~!
何しろ前回の大阪行きは、髪も洗えず、化粧もせず、服は一応着て、電車に飛び乗りましたからねー。
おまけに体調悪い上にお酒飲んで熱出すし・・・
藤岡くんのライブ以外は悪夢でしたが、今回は大丈夫そう!
でもまた、帰りが23時になり、パソコンの椅子に座ったままうとうとして、
目が覚め準備して、二時間ほど寝ただけだからバリねむです!
こんなコンディションで藤岡くんに会っていいんですかねえ~
本当に情けない。

最後の足掻きで、買ったはいいけど、全然飲んでないコラーゲンを
ヨーグルトに入れて食べようとしたけど、それも食べられず。
まあ、ルミに、「今食べたって今さらじゃない?」
と言われたんですけどね!(苦笑)

藤岡くん、テレ欄には美男子って書かれてませんでした?
感想も、カッコいい認定が多かったですね!
なんだか今年の若返り計画が成功して、若いを通り越して
幼くさえ見えます!
おめめパッチリ、
お肌ツルッて感じで。
何にしても、ファンは増
えるし良きことですね!

あと、一時間半!

no title


今日は涼しくていいなあー!
大宮アルディージャは人気チームだからファンも多いね。
別にいやらしい目で見てるわけじゃないんだよ。
いつも思うんだけど、白いユニフォームって筋肉がくっきりだよね。
サッカー選手のお尻ってぷりっぷりで筋肉ーって感じなんだー。

いやらしい目で見てるわけじゃないんだよ!(笑)


関係者が多いのか、目の前にキュートな外国人親子。
あの、選手の、家族かしら?
オマセさんたち!!

試合はまだ均衡を保っています。


え?え?

入れられた!!( ; ゜Д゜)

no title


ピエトロが出店してるのだ!

no title


今日の席はなかなかよい。
スポンサー増えたね~!
お互いに大事にしてるし、いいことだ!
     
しゃれとんしゃあ☆
プロフィール

のりゴロー

Author:のりゴロー
いろんな感想を書いています

興奮してネタバレしてるのでご注意ください

劇団四季は子どものころから好きです

映画も好きです

海外ドラマも好きです

どうしようもないロマンティストだと

手相を見て言われました・・・

歳をとっても変わらないみたいです(苦笑)

よろしくお願いします

※不具合が多いFC2ブログ

 過去の記事の“???”の嵐は、
“~”が文字化けしたものです。
(いろいろ壊れた・・・)
読みにくいでしょうけど放置しています。
スミマセン・・・

それから膨大な日々の日記は、
諸事情で見れなくしています
悪しからずご了承下さい




キャナルシティ劇場について

★四季観劇の記録★

br_decobanner_20111119091902.gif

カテゴリー
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  02  01  12  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: